製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(85 トピック)

(0 インダストリー)

(3 種類)

101 - 213 件のうちの 200 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
System V のセマフォー API を使用して POSIX のセマフォー API を実装する
記事 2010/10/28
Perl スクリプトを Solaris から Linux にポーティングする
Perl 言語はプラットフォーム間でのポーティングが可能ですが、システム管理に使用されるスクリプトの大部分はプラットフォーム特有のリソースを利用しています。Solaris 用として作成されたスクリプトは Solaris 特有のパス名やシステム・コマンドを使用しており、Linux にはそれらのパス名やコマンドと等価なものがない場合があります。この記事では、Solaris から Linux に Perl スクリプトをポーティングする際、直接マッピングすることができない場合にコードを再調整するための手順について説明します。
記事 2010/10/20
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムのマウント、アンマウントの制御
Linux ファイルシステムをマウントする方法、USB や IEE 1394 などのリムーバブル・デバイスを構成して使用する方法、そしてフロッピーディスク、CD、DVD に正しくアクセスする方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、Linux ファイルシステムにアクセスする方法を学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/10/20
Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする: 第 3 回 スケーラビリティーの確立
この連載ではこれまで、サンプル Linux アプリケーションをクラウドにマイグレーションし、信頼性に関する基本的な機能を構成してきました。アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする方法について説明する連載の第 3 回目となる今回は、いよいよクラウドが持つ動的な性質を利用します。その方法は、負荷に応じてインフラストラクチャーを拡大縮小することです。さらに、静的アセットの一部をクラウドのエッジに保管するようにアプリケーションを更新します。
記事 2010/10/06
Perl を Python にポーティングする
レガシーの Perl を Python へポーティングする作業は、尻込みしたくなるような作業です。この記事では、レガシー・コードを扱う際のセオリーを、やってはならないことを含め、いくつか紹介します。
記事 2010/9/01
Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする: 第 2 回 アプリケーションの信頼性の向上
この記事では、Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする方法を説明する連載の第 2 回として、ロード・バランサーと永続ディスクを取り入れることによって、アプリケーションをより堅牢なものにします。複数のサーバーを使用して、データを安全にバックアップする方法を学んでください。
記事 2010/8/03
独自の機能を GIMP に追加する
GIMP (GNU Image Manipulation Program) はデジタル画像を編集および操作するための堅牢なアプリケーションです。オープンソースのソフトウェアであるため、どの開発者でもこのソフトウェアを変更して、さらに機能を追加することができます。この記事を読んで、GIMP コードを使用する方法、Git リポジトリーからプロジェクトをビルドする方法、そしてコード・ツリーで検索対象を見つけ出す方法を学んでください。記事ではサンプル・アプリケーションとして、このプログラムのための全く新しいペインティング・ツールを作成します。
記事 2010/7/20
Hadoop による分散データ処理: 第 3 回 アプリケーション開発
xHadoop を単一ノードのアーキテクチャーと複数ノードのアーキテクチャーの両方で構成、インストール、そして使用する方法を習得できていれば、早速、Hadoop インフラストラクチャー内のアプリケーションを開発する作業に取り掛かれます。この連載の最後の記事では、Hadoop の API とデータ・フローについて詳しく探り、その使い方について、マッパー (mapper) とリデューサー (reducer) からなる単純なアプリケーションを例に説明します。
記事 2010/7/14
Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする: 第 1 回 初期マイグレーション
クラウド・コンピューティングと IaaS (Infrastructure as a Service) については、十分なドキュメントがありますが、稼働中のアプリケーションをクラウド環境に移す方法について説明したドキュメントはほとんどありません。この連載で、アプリケーションをクラウドに移す方法、そしてクラウドが提供する機能を利用する方法を学んでください。第 1 回では、物理サーバーからクラウド・サーバーに直接マイグレーションする方法を説明します。
記事 2010/7/13
4KB セクター・ディスクで Linux を使用する: 実用的なアドバイス
2009年 12月以降、ハード・ディスク・メーカーは通常の 512 バイトのセクターではなく、4096 バイトのセクターを使用するディスクを導入するようになっています。この変化は、オペレーティング・システムのために 4096 バイトの物理セクターを 512 バイト単位の論理セクターに分割するファームウェアによって表面的にはわからなくなっていますが、サイズが大きくなった物理セクターを使用するということは、ディスクのレイアウトやシステムのパフォーマンスに影響をもたらします。この記事ではその影響について、一般的な Linux ファイルシステムに考えられる実際の影響を示すベンチマーク・テストを交えて検討します。2010年以降、4096 バイトのセクターを使用するディスクが普及するにつれ、これらの新しいディスクに対処するためのストラテジーがますます重要になってくるはずです。
記事 2010/4/27
新しい観点から見たオープンソース
例えば、コスト削減の必要に迫られているとします。けれども、あなたは管理者ではなく、ソフトウェア開発者またはコンピューターに詳しいユーザーであるか、あるいは単に、自分の給与に見合った最終収益を維持しなければならない立場にいます。このような状況は、オープンソース・ソフトウェアのソリューションを導入するにはまさにぴったりです。オープンソース・ソフトウェアのソリューションを導入するとなると、これから 3 週間はプログラミングの方法や makefile の作成方法を覚えるために費やすことになると思うかもしれませんが、そうはなりません。この記事を読んで、作業環境に効率性をもたらすには、オープンソースがいかに柔軟で、いかに有効な手段となるかを理解してください。
記事 2010/4/20
Linux の 101 試験対策: vi によるファイルの編集
ほとんどすべての UNIX および Linux システムに備わっている vi エディターの使用方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/10
Linux の 101 試験対策: 正規表現を使用したテキスト・ファイルの検索
正規表現を使用する方法、そして正規表現を使ってファイルシステム上のファイルの中身を検索する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/03
Linux の 101 試験対策: プロセスの作成、モニター、およびプロセスへのシグナル送信
Linux でのプロセス管理について学んでください。この記事では、プロセスをフォアグラウンドとバックグラウンドとの間で切り替える方法、実行中のプロセスを調べる方法、プロセスへシグナルを送信する方法、そしてログアウト後も引き続きプロセスを実行させる方法を説明します。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/02
Linux の 101 試験対策: プロセス実行の優先度
アプリケーションが必要とする処理時間を十分確保できるように、プロセスの優先度を設定および変更する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/02
Linux の 101 試験対策: テキスト・ストリームとフィルター
テキストの操作には、カット・アンド・ペースト以外にもたくさんありますが、特に GUI を使用していないとなれば、テキスト操作の数の多さは尚更のことです。テキスト操作について、Linux Professional Institute Certification (LPIC) 101 試験に備えるため、または自ら活用するために学んでください。この記事では、Ian Shields が GNU テキスト・ユーティリティー・パッケージに含まれるフィルターを使用して Linux でテキストを操作する方法を手ほどきします。この記事を読み終わる頃には、エキスパートのごとくテキストを操作できるようになっているはずです。[注意深い読者からご指摘いただき、リスト 7 の最初の行を修正しました (編集者より)]
記事 2010/1/26
Linux の 101 試験対策: Linux コマンドライン
GUI も確かに優れてはいるものの、Linux の真の実力を発揮させるのにコマンドラインに代わるものはありません。この記事では、Ian Shields が LPI 認定のための重要な機能を中心に、bash シェルの主要な機能の一部を紹介します。記事を読み終わる頃には、echo や exit などの基本的な Linux コマンドを使いこなせるだけでなく、環境変数の設定やシステム情報の収集も難なく行えるようになっているはずです。[リスト 8 に続く「注:」の最初の 2 つに記載されている ID (PID) を正しい ID に更新しました (編集者より)]
記事 2009/8/31
分散型の Web 開発の様相を変える Git
アプリケーション、Web サイト、オペレーティング・システムのどれを作成する場合であれ、バージョン管理システムは大部分の開発プロジェクトのコア・コンポーネントです。ほとんどのプロジェクトには複数の開発者が関係し、また多くの場合、そうした人達は物理的に遠く離れた場所で作業を行います。分散型のバージョン管理システムは決して新しいものではありませんが、Git バージョン管理システムは開発者同士のやり取りや共同作業をサポートする独特の機能を持っています。
記事 2009/8/25
Beagle Board で Linux をブートする
Beagle Board はオープン・ハードウェアによるシングルボード・コンピューターであり、安価であると同時に、満足できる程度の速さで Linux を実行することができます。この記事では、Beagle Board について学ぶと同時に、Linux 開発環境を安価で手に入れる方法も学びましょう。
記事 2009/8/18
Subversion ユーザーのための Git: 第 1 回 Git 入門
DVCS (分散バージョン管理システム) には、集中型の VCS に勝るメリットがいくつもあります。そして DVCS モデルを検討しようとしている Subversion ユーザーにとっては、Git が出発点として最適です。2 回からなる連載の第 1 回である今回は、Subversion を基準に、Git のインストール方法、リモート・リポジトリーのセットアップ方法、そして Git の基本的なコマンドの使い方について説明します。
記事 2009/8/04
XML での文書生成と情報の再利用: 第 1 回 XML を使用した文書のパブリッシング
XML は、あらゆる構造化データ・セットに含まれるデータ項目とサブコンポーネントを識別する手段となりますが、XML の根本は文書を作成してその出力を生成するところにあります。XML 文書マークアップのための明確なオープン・スタンダード、そして XML 文書の構文解析およびフォーマット変換に使用できる無料のツールの数々のおかげで、文書の作成とフォーマット設定用の完全な環境を UNIX や Linux システムに簡単にインストールして構成することができます。
記事 2009/7/07
Linux ハイパーバイザーの徹底調査
最近 Linux に対して行われた革新のなかで最も重要なものの 1 つとして挙げられるのは、Linux がハイパーバイザー (他のオペレーティング・システムのためのオペレーティング・システム) へ変身したことです。この革新により、Linux をコアに使用した多くのハイパーバイザー・ソリューションが登場しています。この記事では、ハイパーバイザーの背後にある概念と、Linux をプラットフォームとして使用する具体的なハイパーバイザーとして KVM と Lguest の 2 つを探ります。
記事 2009/5/31
UNIX について語る: Squirrel という移植可能なシェル・スクリプト言語
特定のプラットフォームで特定のシェルを実行するという特異性に縛られたくなかったら、Squirrel Shell を試してください。Squirrel Shell は、UNIX、Linux、Mac OS X、そして Windows のどのシステムでも同じように有効に機能する高度なオブジェクt ト指向のスクリプト言語を提供します。つまり、一度スクリプトを作成すれば、そのスクリプトをどのシステムでも実行できるということです。
記事 2009/3/17
Informix Dynamic Server MACH 11 のための Linux 共有ディスクを構成する
IBM Informix Dynamic Server (IDS) Version 11.50 用の真の共有ディスクを構成する方法を学びましょう。この記事では IDS の SD (Shared Disk) セカンダリー・サーバーを Ubuntu Linux 上にセットアップして稼働させる方法を説明します。ここで説明する方法は他の Linux ディストリビューションにも容易に応用することができます。
記事 2009/3/05
Linux クラウドの自動インストール
クラウド・コンピューティングとストレージは、物理リソース (プロセッサー、ストレージなど) をインターネットで拡張可能かつ共有可能なリソース (「サービス」としてのコンピューティングとストレージ) に変身させます。この物理リソースのサービスへの変換は、仮想化によって一段とスケーラブルかつ効率的になります。ここで言っている仮想化は新しい概念というわけではなく、サーバーを仮想化して物理システムを共有できるようにするということです。クラウド・コンピューティングでは、ユーザーは実際のリソースがどこにあるのか、そしてリソースがどのように構成されているのかを知らなくても、大量のコンピューティング・リソースやストレージ・リソースにアクセスすることができます。ここで大きな役割を果たすのは、ご想像のとおり Linux です。この記事を読んで、クラウド・コンピューティングについて、そして雲の向こうにどうしてペンギンがいるのか (インターネットの向こうになぜ Linux が必要なのか) を理解してください。
記事 2009/2/11
Linux によるクラウド・コンピューティング
クラウド・コンピューティングとストレージは、物理リソース (プロセッサー、ストレージなど) をインターネットで拡張可能かつ共有可能なリソース (「サービス」としてのコンピューティングとストレージ) に変身させます。この物理リソースのサービスへの変換は、仮想化によって一段とスケーラブルかつ効率的になります。ここで言っている仮想化は新しい概念というわけではなく、サーバーを仮想化して物理システムを共有できるようにするということです。クラウド・コンピューティングでは、ユーザーは実際のリソースがどこにあるのか、そしてリソースがどのように構成されているのかを知らなくても、大量のコンピューティング・リソースやストレージ・リソースにアクセスすることができます。ここで大きな役割を果たすのは、ご想像のとおり Linux です。この記事を読んで、クラウド・コンピューティングについて、そして雲の向こうにどうしてペンギンがいるのか (インターネットの向こうになぜ Linux が必要なのか) を理解してくだい。
記事 2009/2/11
IBM System p での SLES (SUSE) と RHEL (Red Hat) の比較
大半のシステム管理者は、IBM System p に Linux をインストールしようと計画すると重要な問題に突き当たります。それは、どの Linux ディストリビューションをインストールするべきかという問題です。そこで、この記事では Red Hat と Novell による 2 つのディストリビューションを比較し、それぞれの利点と欠点を検討します。さらに、LoP (Linux on POWER) について取り上げ、2 つのディストリビューションの歴史とその IBM との関わり、そして決定プロセスのなかで考慮しなければならない要素について説明します。そして最後に、論理ボリュームを作成する際に欠かせない SLES (SuSE Linux Enterprise Server) と RHEL (Red Hat Enterprise Linux) の比較検討を行います。
記事 2008/11/18
Linux プロジェクトの公開資料: セキュリティー
このページに示す資料は、IBM Linux Technology Center のメンバーが Linux のセキュリティーの話題に関して開発コミュニティーに提供したものです。
記事 2008/11/08
怠惰な Linux: 怠け者のクラスター管理者のための 11 の秘訣
「クラスター」の意味は人それぞれに違います。この記事のコンテキストで言うと、クラスターに最適な定義はスケールアウトです。通常、スケールアウト構成のクラスターには Web ファーム、レンダー・ファーム、ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) システムなど、同じタイプのコンポーネントがいくつもあります。管理者たちは、スケールアウト・クラスターで変更を行うとなると、それがどんなに小さな変更であれ何十万回と変更を繰り返さなければならないと言うでしょう。その一方、極めて怠惰な管理者たちはスケールアウトの管理技術をマスターしているため、ノードがいくつあろうと作業量は変わりません。この記事の著者たちが、そんな極めつけの怠け者である Linux 管理者の頭の中を覗き込み、彼らが作業を減らす秘訣を解き明かします。
記事 2008/10/22
Firefox 拡張機能を利用して Google カレンダーに暗号化機能を組み込む
最近の Web アプリケーションは、オンライン・ストレージ、オンライン・アクセス、オンライン・コラボレーションにさまざまなメリットをもたらしています。しかし、一部のアプリケーションは別としても、ユーザー・データを暗号化するアプリケーションはほとんどありません。この記事では、よく使われるオンライン・カレンダー・アプリケーションのユーザー・データに基本的な暗号化サポートを追加するために必要なツールとコードを紹介します。Firefox 拡張機能の非常に優れた柔軟性と Gnu Privacy Guard を利用して、Google のカレンダー・アプリケーションに暗号化された予定に関する記述のみを保存し、適切な復号化キーを持つユーザーには、この記述をプレーン・テキストで表示する方法を説明します。
記事 2008/7/15
コア・パートナー: 第 4 回 PlayStation 3 Wi-Fi ネットワークを管理する
Terra Soft Solutions 社の IT マネージャーである Aaron Johnson が、Cell Broadband Engine をベースとした Sony PlayStation 3に組み込まれた Wi-Fi ネットワークを構成し、暗号化する方法をステップバイステップで紹介します。さらに、PS3 で無線ネットワークを有線ネットワークに切り替える方法を説明する簡単な 16 のステップも学んでください。
記事 2008/6/17
Linux フラッシュ・ファイルシステムの徹底調査
読者のみなさんは、JFFS (Journaling Flash File System) や YAFFS (Yet Another Flash File System) という言葉は耳にしたことがあると思いますが、ファイルシステムの基礎をフラッシュ・デバイスに置くということが何を意味するのかおわかりでしょうか?この記事では、Linux 向けフラッシュ・ファイルシステムの概要を説明し、基礎となる消耗デバイス (フラッシュ・メモリー) の管理をウェア・レベリングによって行う方法、そして利用できる各種のフラッシュ・ファイルシステムをその基本的設計と併せて紹介します。
記事 2008/5/20
ext4 へのマイグレーション
歴代の Linux ファイルシステムのなかで最新の Ext4 は、今までのファイルシステムと同じように重要かつ人気のファイルシステムになりそうです。Linux システム管理者としては、その利点と欠点、そして ext4 にマイグレーションする際の基本手順を認識しておかなければなりません。この記事では、ext4 を導入するタイミング、従来のファイルシステム・メンテナンス・ツールの使い方を ext4 に適応させる方法、さらにこのファイルシステムを最大限利用する方法を説明します。
記事 2008/4/30
PlayStation 3 での Linux 開発: 第 3 回 簡単な方法で X11 をスリムにする
ソニーの PlayStation 3 (PS3) は Linux を実行することができます。しかし Linux を適切に実行させるためには少し調整が必要です。シリーズ最終回であるこの第 3 回では、Peter Seebach が、より小さなメモリー範囲に収まるように X11 をスリムにする方法について説明します。
記事 2008/4/08
tput を理解する
UNIX が持つ最も強力な資産の 1 つは、ユーザーにとって便利なようにシェル・スクリプトを作成できることです。シェル・スクリプトは、単純な 1 行のものから数千行に及ぶものまであり、多くの場合にメニュー・ベースのスクリプトへと進化し、スクリプトの作成者は単純にスクロールして表示するテキスト以上のものをユーザーに表示しようとします。また場合によると、単純な 1 行か 2 行の出力しかユーザーに表示されないシェル・スクリプトを作成することで、警告メッセージを強調したいと考えることもあります。
記事 2008/4/01
PlayStation 3 での Linux 開発: 第 2 回 メモリーを有効に利用する
ソニーの PlayStation 3 (PS3) は Linux を実行することができます。しかし Linux を適切に実行させるためには少し調整が必要です。このシリーズの 2 回目である今回は Peter Seebach が、メモリーは一体どこに使われているのかを調べ、そうしたメモリーを有効に利用する方法について説明します。
記事 2008/3/31
PlayStation 3 での Linux 開発: 第 1 回 単なるゲーム機を超える
ソニーの PlayStation 3 (PS3) は Linux を実行することができます。しかし Linux を適切に実行させるためには少し調整が必要です。この記事はシリーズの第 1 回として、Peter Seebach が PS3 Linux の特徴や利点を紹介し、また少し調整するだけでメリットが得られる問題をいくつか説明します。
記事 2008/3/18
Cell/B.E. コンテナーの仮想化: 第 1 回 概念とアーキテクチャー、そしてツール
この 3 回連載の記事では、コンテナー仮想化 (オペレーティング・システム仮想化) として知られる、ハードウェア・リソースを中心としたソフトウェア仮想化について説明し、オープンソースのプロジェクトである OpenVZ を介してコンテナー仮想化の例を示します。ソフトウェアによる手法を使った Cell/B.E. プロセッサーの仮想化に必要なコンポーネントと手法のすべてを包括的に概説する連載の第 1 回目では、Cell/B.E. プロセッサーの仮想化に関連する基本概念、そして OpenVZ および Cell/B.E. アーキテクチャーの特徴と Cell/B.E. 上で OpenVZ がどのようにして動作するかを説明するとともに、OpenVZ ツールの一部を紹介します。
記事 2007/12/11
POSIX ファイル・ケイパビリティー root の権限を分配する
Linux は長年、ケイパビリティーを使用してきましたが、POSIX ファイル・ケイパビリティーが備わったのは最近のことです。POSIX ファイル・ケイパビリティーは root ユーザーの権限を、例えばファイルを読み取る機能や、別のユーザーが所有するプロセスをトレースする機能などの特権に分割します。このようなケイパビリティーをファイルに割り当てることで、特権を持たないユーザーでも、指定されたこれらの特権によってファイルを実行できるようにすることができます。この記事で、ケイパビリティーを使ったプログラミングの手法、そしてシステムの setuid root バイナリーがファイル・ケイパビリティーを使用できるようにする方法を学んでください。
記事 2007/10/16
IBM Installation Toolkit: Linux on POWER をロードする
IBM Installation Toolkit for Linux on POWER によって、仮想化された Power マシンでも仮想化されていない Power マシンでも Linux のインストールを簡単なものにすることができ、ブート可能なレスキュー DVD を作成することができます。そしてこのツールキットは Power プラットフォームのすべてを活用するために必要なソフトウェアを提供しています。このツールキットを使って、Red Hat Enterprise Linux と SUSE Linux Enterprise Server を IBM System p マシンと System i5 マシンにインストールする方法を学びましょう。
記事 2007/9/26
QEMU によるシステムのエミュレーション
QEMU は、PC システム全体を対象としたオープンソースのエミュレーターです。QEMU ではプロセッサーをエミュレートするだけでなく、必要なすべてのサブシステム (ネットワーク用ハードウェアやビデオ・ハードウェアなど) もエミュレートすることができます。さらに、対称型マルチプロセッシング・システム (最大 255 基の CPU) やその他のプロセッサー・アーキテクチャー (ARM、PowerPC など) といった高度なシステムをエミュレートすることも可能です。この記事では、QEMU とそのアーキテクチャーについて探り、Linux ホストでゲスト・オペレーティング・システムをエミュレートする方法を紹介します。
記事 2007/9/25
Python でのメタクラス・プログラミング、第 3 回
プログラミングが技巧的になりすぎると、設計が複雑になり、コードが脆弱になり、学習曲線がなだらかになり、そして何よりも困ったことに、デバッグが困難になります。著者の Michele と David は、彼らが以前に執筆した記事「Python でのメタクラス・プログラミング」が熱狂的に受け入れられたため、その後必要以上に技巧的になってしまったことに責任を感じています。この記事では、プログラマーが技巧的なプログラミングを避けるための支援をすることで、その修正を図ります。
記事 2007/9/25
Web サーバーのクラスターをセットアップする 5 つの簡単なステップ
Linux Virtual Server と Heartbeat v2 を使用した 5 つの簡単なステップで、複数の物理または仮想 Linux サーバーにまたがる高可用性 Apache Web サーバー・クラスターを構成してください。
記事 2007/8/22
Linux のヒント: スケジュール・ジョブの持続時間をコントロールする
例えば皆さんが、真夜中に 30 分間、いくつかのトレースを実行することで面倒な問題をデバッグしなければならない、あるいは単純に、Linux システムを目覚まし時計として使いたいとしましょう。このヒントは、cron や at の機能を使って開始したジョブを、一定時間実行した後に、あるいは他の判断基準を満たした時に、停止する方法について説明します。このヒントは AppleTalk ネットワーキング・パッケージ (Netatalk) での timeout コマンドに関する情報を含むように変更されました (編集者より)。
ヒント 2007/8/02
Linux のヒント: cron と at を使ったジョブ・スケジューリング
皆さんはシステム使用率が低い真夜中にジョブを実行しなければなりません。あるいは毎日、あるいは毎週ジョブを実行しなければならないかもしれません。しかし皆さんは、そんなことをするよりも眠りたい、あるいは他の方法で人生を楽しみたいと思うはずです。そういうときにジョブをスケジューリングすると役立ちますが、ジョブをスケジューリングすると、ルーチン・タスクを自動的に行わせることができたり、またタスクを必ず毎回同じ方法で処理することができます。このヒントでは、定期的に、あるいは将来のある時点で、ジョブが実行されるようにスケジューリングするために、cron 機能と at 機能を使う方法について説明します。
記事 2007/7/18
LAMP システムを調整する: 第 3 回 MySQL サーバーを調整する
LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんど制御することができません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。シリーズ最終回の今回は、最大の効率を実現するためにデータベース・レイヤーを調整する方法について説明します。
記事 2007/6/07
新入学生/新社会人応援企画: 第3回 あるWebプログラマーの作業環境
春は出会いと別れの季節。入学や就職で、新しい生活を始める人も多いでしょう。それを機にPC環境もそろそろ大人への階段を上ってもいいかもしません。ここでは、はてなという企業でプログラマーとして働くあの人の開発環境を紹介することで、プロが好む作業環境を考えてみます。
記事 2007/5/11
新入学生/新社会人応援企画: 第4回 あるWebプログラマーの作業環境
はてなという企業でプログラマーとして働くあの人の開発環境には欠かすことのできない三種の神器が存在します。後編となる今回は、前回紹介できなかった神器を紹介するとともに、意外と知られていないWebプログラマーの生態についてもみてみましょう。
記事 2007/5/11
新入学生/新社会人応援企画: 第2回 Windows上でLinuxを走らせてみよう
Linuxを使ってみたいとは思っても、Windowsから完全に移行するのはまだ早いかな、とお考えのあなた。Windows上でLinuxを動作させることができるcoLinuxを使って、まずはLinuxに触れてみてはいかがでしょうか。
記事 2007/5/11
新入学生/新社会人応援企画: 第2回 Windows上でLinuxを走らせてみよう
記事 2007/5/11
LAMP システムを調整する: 第 2 回 Apache と PHP を最適化する
LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんどコントロールできません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。今回の第 2 回は、Apache と PHP を最適化するために必要なステップに焦点を当てます。
記事 2007/4/30
障害発生時の金科玉条: 第5回 PDツールでシステムの内部情報に迫れ(前編)
PDを行う際に心強い味方となってくれるのがさまざまなツール類です。ツールを利用することで、ログや設定ファイルからだけでは分からない、システムの内部情報についても知ることができます。そこで今回は、過負荷状態となったときOSの内部ではどのような動作が行われているのか、幾つかのツールを使用して探ってみましょう。
記事 2007/4/27
Linux PD-障害発生時の金科玉条: 第6回 PDツールでシステムの内部情報に迫れ(後編)
過負荷状態となったとき、OSの内部ではどのような動作が行われているのでしょうか。ここでは、幾つかのツールを使用して、ステータスの解釈やデータ分析を行ってみましょう。問題を解決するには、まず問題を知れ、です。
記事 2007/4/27
Linux通へのステップバイステップ: 第1回 ちょっぴりLinuxが語れるようになる基礎知識
Linuxディストリビューションは数多く、どれを選ぶか悩むところです。特にここ最近で各ディストリビューターやプロジェクトに動きがあり、数年前とは状況が変わってきています。ディストリビューション選びのポイントとなる部分を整理し、Linuxディストリビューションのいまを掌握していきましょう。
記事 2007/4/27
新入学生/新社会人応援企画: 第1回 ディストリビューションの選び方、試し方
春は出会いと別れの季節。入学や就職で、新しい生活を始める人も多いでしょう。そこで本連載では、新入学生/新社会人応援企画として、オープンソースで作る環境構築を解説していきます。また、デスクトップ環境のほか、新しくプログラミングを始める人のために、Web/Java開発の第一線でいまどのように環境が使われているかを紹介します。
記事 2007/4/27
Linux通へのステップバイステップ: 第1回 ちょっぴりLinuxが語れるようになる基礎知識
記事 2007/4/27
Sugar と XO ラップトップで、子供たち一人ずつに 1 台のラップトップを
One Laptop per Child (OLPC) は、世界中の子供たちにコンピューター技能を広めるために、ソフトウェアが付属した低コストのラップトップ (USD100) を開発するという使命を掲げた組織です。そのコンピューターの対象は子供たちであるため、今までにないユーザー・インターフェースとアプリケーションを提供して、子供が表現や学習用のツールを試せるようにしなければなりません。OLPC のオペレーティング・システムは Linux カーネルの移植版ですが、Sugar という独特なインターフェースを備えています。この記事では、Sugar ヒューマン・インターフェースの概要、標準的な PC でQEMU を使って OLPC ラップトップを仮想化する方法、そして Sugar と OLPC の機能を紹介します。
記事 2007/4/24
障害発生時の金科玉条 第4回 ハードウェアかOSか、それが問題だ
障害発生時にPDに必要なハードウェア関連情報の収集方法を解説する本稿。今回は、ハードウェアRAIDの監視について解説します。
記事 2007/4/20
障害発生時の金科玉条: 第3回 ハードウェアかOSか、それが問題だ
I/O関連のトラブルやカーネルパニックなどの原因にハードウェアがかかわっているのは多々あることです。しかし、実際にそのような状況に直面した場合、どのように原因を探れば良いのでしょうか。今回から2回に分けて、PDに必要なハードウェア関連情報の収集方法について解説していきましょう。
記事 2007/4/20
Linux カーネル仮想マシンを探る
Linux と柔軟性は切り離せないものですが、仮想化のオプションにしてもそれは同じことです。しかし最近では、カーネル仮想マシン (KVM) の登場によって Linux 仮想化の全体像が変わってきています。KVM は主流の Linux カーネル (V2.6.20) に統合される初の仮想化ソリューションです。Linux ゲスト・オペレーティング・システムの仮想化をサポートする KVM は、Windows でさえも仮想化を認識するハードウェアでサポートします。この記事で、Linux KVM のアーキテクチャーについて、そして Linux KVM と Linux カーネルとの統合が Linux の使い方を変えるかもしれない理由について学んでください。
記事 2007/4/18
64 ビット Linux での Power Architecture の Time Base Register
Power Architecture 技術の Time Base Register を使用し、PowerPC および Cell/B.E. (Cell Broadband Engine) マイクロプロセッサーで動作する Linux で、ナノ秒レベルの時刻を測定してください。この精度の高い時刻測定が役に立つアプリケーションとしては、トランザクション (通常は暗号化されるか、またはデジタル署名が付いた 1 回だけ使用されるメッセージ) へのタイムスタンプ付与、コードのプロファイル作成、そして微小時間の正確なソフトウェア遅延の実装などがあります。
記事 2007/4/04
coLinux による仮想化
最近の仮想化には、VmWare、Xen、そして KVM (Kernel-based Virtual Machine) が盛んに使われていますが、Linux と Microsoft Windows を連携させて実行できることをご存知でしたか? この記事では Cooperative Linux (coLinux) に焦点を当て、仮想化の簡単な紹介から始めて、coLinux による仮想化の手法、そして Windows 上で coLinux を起動して動作させる方法を説明していきます。
記事 2007/3/31
LAMP システムを調整する: 第 1 回 LAMP アーキテクチャーを理解する
LAMP (Linux, Apache, MySQL, PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんどコントロールできません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。今回の第 1 回は、LAMP のアーキテクチャーと、測定を行うための方法、そして Linux のカーネルやディスク、ファイル・システムなどの基本的な調整方法について説明します。今後の記事では、Apache と MySQL、PHP のコンポーネントの調整方法について調べます。
記事 2007/3/31
作って学ぶ、今どきのWebサービス: 第1回 何はなくともCPANを知ろう
最近のWebかいわいでは、Webアプリケーション同士が連携してどんどん面白いサービスが生まれています。しかし、Web上のサービスは手元にソフトウェアも何も残らないので、どうしても雲をつかむような分かりにくさがあります。そこで本連載では、Webサービスを実際に利用/作成しながら、そういった「今どき」のテクノロジーを学んでみたいと思います。
記事 2007/3/30
作って学ぶ、今どきのWebサービス: 第1回 何はなくともCPANを知ろう
記事 2007/3/30
作って学ぶ、今どきのWebサービス: 第2回 RSSフィードの料理はLWPとXML::RSSにおまかせ
今回から、いよいよPerlプログラミングの世界に入っていきましょう。手始めに、PerlにおけるWebプログラミングの要ともいえるLWPを用いた、HTTPコンテンツをPerlでHackする手法を解説します。
記事 2007/3/30
作って学ぶ、今どきのWebサービス: 第3回 XML::SimpleであらゆるXML文書を料理する
RSSにおけるXML::RSSのように、専用のモジュールがある場合にはそれを使えばよいのですが、そうでない場合は汎用のXMLパーサーモジュールを使ってパースすることになります。今回は、XML::Simpleを使ってあらゆるXML文書を料理できるようにしてみます。
記事 2007/3/30
VMware ESX Server を使用して Linux 仮想マシンで DB2 Enterprise 9 をセットアップする
この記事では VMware Infrastructure コンポーネントを紹介し、VMware ESX Server 製品を使って 64 ビットの Linux 仮想マシン上に DB2 Enterprise 9 をセットアップする手順を説明します。
記事 2007/3/08
アプリケーションの並列化で Linux のブートをより高速に行う
Linux について特に開発者たちが持っている一番大きな不満の 1 つは、Linux がブートする際の速度です。Linux は、細かい設定をしなくてもデフォルトでクライアント・デスクトップまたはサーバーとしてすぐに機能する汎用オペレーティング・システムです。このような柔軟性を持つ Linux は幅広い用途に向いてはいるものの、特定の構成に対応するのに最適とは言えません。この記事では、初期化プロセスを並列化するための 2 つのオプションをはじめ、Linux のブート速度を向上するための方法を説明します。また、ブート・プロセスのパフォーマンスをグラフを使って視覚的に表示する方法についても紹介します。
記事 2007/3/06
Fedora Live CD を作成する
Fedora Linux は一般的で成熟した Linux ディストリビューションであり、多くの人が Fedora をベースとした Live CD ディストリビューションを作成していますが、Fedora プロジェクト自体は 2006年の12月まで、最初の正式な Live CD をリリースしませんでした。Fedora Live CD 作成ツールである Pilgrim をリライトしたものを使って、使いやすい、独自のカスタム Live CD を作る方法を学びましょう。
記事 2007/2/28
Power アーキテクチャーのためのアセンブリー言語 第 4 回: 関数コールと PowerPC の 64-ビット ABI
ABI (Application Binary Interface) とは、作成した言語やコンパイルしたコンパイラーが異なるプログラム同士がそれぞれの関数を互いに呼び出せるようにするための一連の規則のことです。4 回からなる連載の最終回となるこの記事では、64-ビットのELF システム (UNIX ライクなシステム) に対応した PowerPC ABI について説明し、PowerPC ABI を使用して関数を作成し、呼び出す方法についても取り上げます。64-ビットの PowerPC ABI がどのように機能するかを詳しく知ることで、アセンブリー言語でプログラミングしているかどうかに関わらず、POWER5 や他の PowerPC ベースのプロセッサーに対応した 64-ビットのプログラムを一層効率的に作成できるようになります。この記事では取り上げていませんが、32-ビット ABI もあります。
記事 2007/2/28
Linux のヒント: Bash のテスト関数と比較関数
皆さんは、Bash シェルの膨大なテスト・オプションや比較オプションで混乱していないでしょうか。このヒントでは、さまざまなタイプのファイル・テストや算術テスト、文字列テストの神秘を解き明かします。このヒントによって、どういう場合に test や [ ]、[[ ]]、(( ))、あるいは if-then-else といった構成体を使うべきかを理解できるはずです。
記事 2007/2/20
Linux のヒント: CUPS を使って DVI ファイルを印刷する
皆さんは、Linux で DVI ファイルや他のファイルを印刷しようとして「unsupported format」メッセージを受け取ったことはないでしょうか。このヒントでは、既存のツールを組み合わせて DVI ファイル印刷用の CUPS プリント・フィルターを作成する方法を説明します。
記事 2007/2/07
Power アーキテクチャーのためのアセンブリー言語: 第 3 回: PowerPC 分岐プロセッサーでのプログラミング
これまでの 2 回の記事では、POWER5 プロセッサー上で 64-ビットの PowerPC 命令セットを使用してプログラムがどのように動作するか、また PowerPC 命令セットがどのようにしてメモリーをアドレス指定するか、そして位置に依存しないコードを作成する方法について説明してきました。今回の記事では、PowerPC 命令セットに用意されている非常に効果的な条件命令および分岐命令の使い方に焦点を当てます。
記事 2007/1/17
仕事中に口笛を吹いて、コンピューターにコマンドを実行させる
Linux あるいは Microsoft Windows とオープンソースの sndpeek プログラム、そして単純な Perl スクリプトを使って、特定のトーン・イベント・シーケンスを読み取らせ (つまり文字どおりコンピューターに向かって口笛を吹いたり、ハミングしたり、そして歌を歌ったりし)、こうしたトーンに基づいてコマンドを実行しましょう。コンピューターに向かって、ベートーベンの交響曲第 5 番の最初の数小節を、短くて低いトーンの口笛で吹くことで、E メールをチェックしたり、スクリーンセーバーのロックを解除したりすることができます。口笛を吹いて、作業効率を高めましょう。
記事 2007/1/09
仮想 Linux
仮想化の意味は、人によってさまざまです。目下、仮想化で大きな焦点となっているのは、サーバーの仮想化、つまり複数の独立したオペレーティング・システムを単一のホスト・コンピューターでホストすることです。この記事では、仮想化の背後にある意図を説明した後、仮想化を実装する方法をいくつか取り上げます。さらに、Linux でのオペレーティング・システムの仮想化など、世間に出回っている仮想化技術についても目を向けてみます。
記事 2006/12/29
Linux 対応のデータ可視化ツール
Linux 上でデータをグラフィカルに表示するアプリケーションは、単純な二次元グラフから三次元曲面、そしてサイエンティフィック・グラフィックス・プログラミング、グラフィカル・シミュレーションまで多岐にわたります。幸いにも、可視化ツールには gnuplot、GNU Octave、Scilab、MayaVi、Maxima、OpenDX など、多数のオープン・ソースが揃っています。ツールのそれぞれには利点と欠点があり、対象となるアプリケーションも異なるため、さまざまなオープン・ソース・グラフィカル表示ツールを学んで、そのなかからご使用のアプリケーションに最適なものを選択できるようにしてください。[この記事は OpenDX を追加記載するために更新されています (編集者)。]
記事 2006/11/30
Apache Proxy のディレクティブ (mod_proxy) を使って LAMP セキュリティーを改善する
この記事では Nick Maynard が、Apache の mod_proxy モジュールを使って LAMP セットアップのセキュリティーを改善する方法の概要を説明します。この記事は Linux のみを対象としますが、ここで説明する原則のいくつかは、他のオペレーティング・システムにも適用することができます。
記事 2006/11/29
m17n を使って世界中にコードを移植する
Linuxアプリケーションを世界中で使えるようにするためには、しかも西欧の言語と世界各国の多くの言語との間に不公平を生じさせないためには、どんなに複雑な言語であっても任意の言語を入力でき、また保存、取得、描画できる、ローカライズしたアプリケーションを提供できなければなりません。多言語化ライブラリー、つまり m17n は、UNIX ライクのプラットフォームのあらゆる言語に対して、単一の国際化ソリューションを提供します。
記事 2006/10/17
オープンソースのロボット・ツールキット
ロボットを作るためには、組み込みのファームウェアやハードウェア設計、センサーの選択、コントロール・システムの設計、そして機械設計など、様々な分野でのスキルが必要です。しかしシミュレーション環境を利用すれば、開発に高いコスト (そして時間) をかけなくても、テストや測定、ロボット・アルゴリズムの視覚化などのための仮想的な場を作ることができます。この記事では、Linux 用のオープンソースのロボット技術ツールキットをいくつか紹介し、それらの機能を実際に使ってみながら、皆さんが最適なものを選ぶ際の参考にしたいと思います。
記事 2006/9/05
Bluetooth と Serendipity サーバーを使ったモバイル・ロケーション・アウェアネス
ワイヤレス技術によって、私達 1 人 1 人のつながりは増えました。それと同時に、どこででも携帯電話が鳴るおかげで、私達の注意はそがれてしまうようになりました。もし、ワイヤレス技術によって、注意がそがれる程度を軽減できるとしたらどうでしょう。Bluetooth ベースの WPAN (wireless personal area network) と、Serendipity サーバーのようなソーシャル・ネットワーキング技術を使えば、それが可能なのです。
記事 2006/8/29
IBM BusyBox を使って組み込み Linux システムを単純化する
BusyBox は、多くの標準的な Linux® ユーティリティーを 1 つの実行可能プログラムとして実装したものです。BusyBox には、cat や echo のような単純なユーティリティーの他、grep や find、mount、telnet など、もっと大がかりで複雑なツールも含まれています (ただし、従来のバージョンよりもオプションは少なくなっています)。
記事 2006/8/15
Git を使ってソース・コードを管理する
Git は、Linus Torvalds が開発した、Linux カーネルの開発を管理する上で役立つオープン・ソースのリビジョン・コントロール・ソフトウェアです。ダウンロードして、独自のカーネル・ハッキング、または自分自身のソフトウェア開発プロジェクトのために使うことができます。
記事 2006/7/06
Linux on POWERにEclipseをインストールし、使用する
この記事では、Eclipseのインストールと使い方の解説として、特にIBM POWERプロセッサー・ベースのシステムで実行するLinuxにEclipseをインストールし、使用する方法を学びます。また、サンプルのJava プログラムとCプログラムを通して、Eclipseを使ってアプリケーションをコンパイルし、実行する方法も学びます。
記事 2006/5/05
GNUプロファイラーによるコード処理速度の向上
アプリケーション性能の向上が無駄な作業に終わることはまずありませんが、プログラム実行時にどの部分で最も時間を費やしているのかは、常に明確になっているわけではありません。gprofを使用して、ユーザー空間およびLinux のシステム呼び出しの双方において、性能のボトルネックになっている部分を突き止める方法を説明します。
記事 2006/4/03
Opensource:LinuxとXdmxを使用した分散型マルチヘッド・サポート
この記事ではXdmxと簡単な構成情報を使用して、1台のデスクトップ・コンピューターと3台のラップトップPCが4つのモニターを共有するコンピューティング環境を設定していきます。また、Chromiumとギガビットのネットワーク速度を利用し、複数のマルチメガピクセル画面に対してリアルタイムの3-D画像を送信する高性能の表示構成を紹介します。
記事 2006/3/28
MD5 crypt による Linux での Java アプリの保護
UNIX/Linux PAM互換システムは、crypt()システム・コールに対するGNU MD5拡張に基づく認証を使用します。この記事では、これらの拡張を説明し、UNIX/Linuxシステムと互換性のあるMD5 cryptのJava実装を示します。
記事 2006/1/10
Windows用Linuxスクリーンセーバー
Microsoft Windowsの標準的なインストール手順でインストールできて、Windowsの標準的なスクリーンセーバーとして動作するLinux LiveCDを構成し、パッケージにしてみます。この記事では、オープン・ソース・ソフトウェアについての最大の関心事に答えて、Linuxが、そう、Windowsの環境下で走ることを実証します。
記事 2005/12/20
WebSphere Application ServerV6.0 for Linux on POWERをインストールする
IBM WebSphere Application Server V6.0 for Linux on POWERのインストールと構成を行い、確認します。この記事のステップでは、管理コンソールとサンプル・プログラムの使用法も説明します。また、WebSphere Application Serverに含まれている「Plants by WebSphere」という名前のJ2EETM e-コマース・アプリケーションについても調べます。
記事 2005/12/16
Linux on POWERの動的論理パーティショニング
この記事は、Linux on Powerシステム管理者またはアプリケーション開発者を対象として、Linuxで動的LPARを有効にする方法、動的LPARを使用してパーティションのリソースを制御する方法、およびこれらのリソースの変化を調べる方法を解説します。
記事 2005/9/29
.NETアプリをLinux対応にするMono
この記事では、Monoをシステムにインストールする手順と、LinuxとMicrosoft(R) Windows(R)の両方で動作する、Monoによってコンパイルされた初めてのサンプルC#アプリケーションを開発する手順を説明します。
記事 2005/9/19
Linuxでの高可用性ミドルウェア、第5回:IBM DB2 Universal Database
この記事では、Linux High Availability solution for IBM DB2 Universal Databaseのセットアップと実装について解説します。これは、堅牢なオンデマンド・ビジネス・アプリケーションを構築するための柔軟で費用効果の高いデータベース・プラットフォームを提供するデータベース管理システムです。
記事 2005/7/14
囲い込まれた分散データを支援するOpenAFS
次世代のNFSライクなファイル・システムが、頭の痛いデータ問題の解答となるかもしれない
記事 2005/5/17
Solarisからx86の Linuxへの移植ガイド
この移植ガイドでは、Linux/x86への移行計画に関するアドバイスのほか、開発環境やアーキテクチャの違いについても説明します。
記事 2005/4/29
災害がVMwareを襲うとき
この記事では、問題を探す場所と解釈の方法など、システム障害についていくつかのガイドを述べ、修正に関する疑問に答えます。
記事 2005/4/14
Linux での Bugzilla を使用したバグの追跡
この記事では、Linux システムに Bugzilla をインストールするための段階的なガイドを示します。
記事 2005/3/18
Xenでのひととき: 仮想化したLinuxでアプリケーションをテストする
この記事では、Fedora Coreを使ってXenをインストールする方法を説明します。
記事 2005/3/15
Linuxでの高可用性ミドルウェア、第4回:IBM WebSphere Application Server
この記事では、WebSphere Application Serverの高可用性構成を構築するためのステップ・バイ・ステップの手順を説明します。
記事 2005/3/10
洗練されたPerl: データベース・テーブルにPerlを埋め込む
今回の記事では、Class::DBI CPANモジュールとMySQLを使って、データベース・テーブルにPerlを埋め込む方法を紹介します。
記事 2005/3/09
Linuxでの高可用性ミドルウェア、第3回: IBM LoadLeveler
ここではLoadLevelerに組み込みの高可用性機能を使ってLoadLevelerクラスターの高可用性を実現する方法、そしてオープン・ソースの高可用性ソフトウェアを使って、それをさらに強化する方法について学びます。
記事 2005/2/28
101 - 213 件のうちの 200 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示