製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(85 トピック)

(0 インダストリー)

(3 種類)

1 - 634 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Linux の 101 試験対策: ローカリゼーションと国際化対応
ロケールとタイムゾーンの設定を使用して、Linux システム環境を適切な時刻と場所に設定する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 102 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2017/12/07
IBM Cloud と IBM Containers を利用して、Linux ベースのチェス・アプリをクラウド上に配置する
WebSocket を使用して既存の Linux CLI チェス・エンジンをクラウド・サービスとして公開する Docker コンテナーを作成してください。このチュートリアルでは、Docker コンテナーを作成し、それを実行中のコンテナーとして IBM Containers for IBM Cloud にデプロイするプロセスをステップ・バイ・ステップで説明します。チュートリアルにはサンプル・コードの他、ブラウザー内で実行されて WebSocket ベースのサービスを使用する方法を説明する JavaScript チェス・ゲームも付属しています。ここでデモする手法を適用すれば、ほぼすべてのパイプ・ベースの Linux アプリケーションをコンテナー化し IBM Cloud 上でクラウド・サービスとして利用することができます。
記事 2017/11/24
IBM POWER8 上で稼働する Hortonworks Data Platform (HDP) を使用した SAS ソフトウェア
この記事では、SAS が Hortonworks Data Platform (HDP) 上に保管されているデータにアクセスし、そのデータを分析できるようにするために、SAS/ACCESS Interface to Hadoop を使用して環境をセットアップする方法を説明します。この環境は、IBM POWER8 プロセッサー・ベースのサーバー上で稼働します。
記事 2017/11/16
カスタム・スクリプトを使用した、サーバー・リソース使用状況の継続的モニタリング
IT インフラストラクチャーの安定性を確保するためには、モニタリングが不可欠です。要件が変わる中、効率的かつスケーラブルで、カスタマイズできる軽量のモニタリング・ソリューションを選ぶのは、常に難しい課題となります。エージェント・ベースのモニタリング手法では、使用されているモニタリング・ツールのデフォルトであるあらゆるデータを収集しますが、それとは異なり、カスタム・スクリプトを利用すればスマートなモニタリングを実現できます。この記事では、カスタム・スクリプト手法によるシステム・リソースのモニタリングについて説明します。この手法では、どのデータをプルするかを判断できるよう、データ・コレクター・ノード上で実行されるデータ・コレクター・スクリプトがターゲット・システムをポーリングします。
記事 2017/11/02
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムの整合性の維持
Linux ファイルシステムの整合性をチェックする方法、空きスペースを監視する方法、そしてファイルシステムでの単純な問題を修復する方法を学んでください。Linux のシステム管理者として認定するための LPI (Linux Professional Institute) 101 試験に備えて勉強するために、そしてシステムが損傷した後や電源断が発生した後は言うまでもなく、単にファイルシステムをチェックして、良好な状態に保つために、このチュートリアルの内容を利用してください。
記事 2017/8/10
Linux の 101 試験対策: ハードウェア設定の構成
コンピューター・ハードウェアを Linux 用にセットアップする方法と、ハードウェアに関する情報を Linux のコマンドとツールで調べる方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPIC-1 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2017/6/29
perf annotate を使用してパフォーマンスを分析する
この記事では、実際のコードとそのアセンブリー命令に沿ってパフォーマンスを詳細に分析するために、perf annotate を使用する方法をデモンストレーションします。また、アーキテクチャー間でアノテーションを生成する新しい機能を使用して、あるアーキテクチャー上で記録されたプロファイルを別のアーキテクチャー上で分析する方法についても説明します。その一例として、IBM PowerPC 上でプロファイル・データを記録し、ノートブックまたは x86 システム上でアノテーションを生成する手順を紹介します。
記事 2017/5/11
Open Source POWER Availability Tool
IBM POWER アーキテクチャー上で動作する Linux オープンソース・パッケージを検索してください。
記事 2017/1/19
EnterpriseDB Postgres Advanced Server のための IBM Power Systems ソリューション
この記事では、Linux を稼働する IBM Power Systems サーバー上に EnterpriseDB Postgres Advanced Server データベースをインストールしてチューニングする際の一般的な手順について説明します。IBM Power サーバーには、同様の構成の Intel Xeon プロセッサー・ベース・システム (Broadwell) に比べ、遥かに大きな利点があります。
記事 2017/1/05
ハイブリッド (IBM Power および x86) アーキテクチャーのシナリオでの Mesos と Kubernetes
実際の本番環境では、私たちの顧客がハイブリッド・アーキテクチャーやハイブリッド分散システムなどで構成される複雑なアプリケーション実行環境を使用していることは珍しくありません。また、顧客は統合コンテナー・クラウド・プラットフォームを使用する傾向があり、Mesos のフレームワークとしては常に Kubernetes を使用しています。ハイブリッド・アーキテクチャーで Mesos クラスターに Kubernetes をセットアップするには、この記事を参考にしてください。
記事 2016/12/01
リトルエンディアン対応の RHEL 7.1 上に Mesos/Marathon クラスターをセットアップする
この記事では、OpenPOWER サーバー上に Mesos/Marathon クラスターをセットアップする手順を説明します。
記事 2016/11/17
Linux を稼働する IBM Power Systems 上に MongoDB を導入する
Linux を稼働する IBM Power Systems 上に MongoDB を導入すると、ビッグデータ・ワークロードを管理するのに理想的なソリューションになります。MongoDB をインストールおよび使用するにはどのようにするのかを学んで、今日からアプリケーションとデータ・セットとともに、このデータベースを使い始めてください。
記事 2016/11/10
機械学習と、深層学習の基礎知識
この記事では、さまざまなタイプのアナリティクスとの適合性が増してきている機械学習について解説するとともに、深層学習の概要を説明します。機械学習と深層学習を使用する場合の全体的なプロセスと、IBM Power Systems 上で機械学習を導入する際の選択肢を示します。
記事 2016/9/15
Docker コンテナー・ネットワークを使用する
セキュアに連動する Web アプリケーションを構築するには、Docker のネットワーク機能を使用してください。ネットワークとは、定義上、コンテナーを完全に分離するためのものです。したがって、アプリケーションの実行場所とするネットワークを制御することが重要となります。その制御を可能にするのが、Docker コンテナー・ネットワークです。以下の記事で、Docker エンジンがデフォルトで作成するネットワークのタイプについて解説し、独自のユーザー定義ネットワークを作成する方法を紹介します。
記事 2016/9/01
オーケストレーションによって Docker コンテナーを管理する
Docker は、コンテナーをデプロイ、実行、管理するためのツールです。この記事では、Linux on Power Systems 用 Docker バイナリーへのリンクを記載し、そのインストール手順を説明します。
記事 2016/9/01
基本 HTTP 認証でサポートされた Docker プライベート・レジストリーをセットアップする
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.1 LE を実行する OpenPower サーバーに、TLS および HTTP 認証を使用する Docker プライベート・レジストリーをセットアップする方法を学んでください。
記事 2016/8/25
Ubuntu 14.04 が動作する IBM SoftLayer OpenPOWER 上に Apache Bigtop v1.1 を導入するためのクイック・スタート・ガイド
この記事では、Ubuntu 14.04 を実行する IBM SoftLayer POWER8 ベアメタル・サーバー上に Apache Hadoop と Spark Bigtop v1.1.0 のバンドルをインストールするプロセスについて概説します。バンドルされたインストール・スクリプトには、初期ベンチマーク・スイートを実行するための Apache Zeppelin ノートブックが含まれています。
記事 2016/8/12
SoftLayer 内の POWER8 上でオープンソース・データベースを使い始める
IBM SoftLayer POWER8 テクノロジーをベースに MongoDB や EDB Postgres Plus Advanced Server を導入してください。そしてサーバーの注文方法を知って、推奨される Linux ディストリビューションをインストールして、POWER8 上のオープンソース・データベースを使い始めてください。
記事 2016/8/12
IBM Power Virtualization Center (PowerVC) を導入する
クラウド・コンピューティングでは、仮想化が重要な役割を果たします。IBM Power Virtualization Center (PowerVC) は、OpenStack をベースに新たに作成された仮想化管理ツールです。このツールは、Power Systems 環境での仮想リソースの管理を単純化して、管理者の生産性を向上させることを目的に設計されています。このチュートリアルでは、PowerVC の基本概念、インストール方法、基本的な構成方法、ならびにホスト、ストレージ、ネットワークなどの各種リソースを構成する方法を説明します。さらに、仮想マシンとイメージに目を向け、PowerVC を使用して VM を作成および管理する方法を、画面を参考にしながら紹介します。
記事 2016/7/14
Linux の 101 試験対策: ランレベル、ブート・ターゲット、シャットダウン、リブート
Linux システムをシャットダウンまたはリブートする方法、ユーザーにシステムが停止することを警告する方法、そしてシステムの使い方にさまざまなレベルで制限を設けるためのランレベルを切り替える方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、2015年 4月に更新された LPI の試験項目のバージョン 4.0 に対応しており、LPIC-1: Linux Server Professional Certification に備えて勉強するために利用することも、単にシャットダウン、リブート、そしてランレベルの変更について学ぶために利用することもできます。
記事 2016/7/07
Linux の 101 試験対策: RPM および YUM によるパッケージ管理
Linux システム上でパッケージをインストール、アップグレード、そして管理する方法を学んでください。このチュートリアルで焦点とするパッケージ管理ツールは、Red Hat によって開発された RPM (Red Hat Package Manager) と、当初はデューク大学物理学部で Red Hat Linux システムを管理するために開発された YUM (Yellowdog Updater Modified) です。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単に新しいソフトウェアを追加してシステムを最新の状態に維持する最善の方法を探るために利用することもできます。
記事 2016/7/07
Linux の 101 試験対策: LPIC-1 のロードマップ
このロードマップを利用して、基本的な Linux タスクの習得および復習に役立つ IBM developerWorks のチュートリアルを見つけてください。プロフェッショナルの Linux システム管理者として認定されることを目指しているとしたら、このロードマップで紹介するチュートリアルは、Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験および 102 試験に備えるためにも役立ちます。このロードマップは、101 試験と 102 試験の 43 の項目に従って編成されています。LPIC-1 の認定を取得するには、この 2 つの試験に合格する必要があります。
記事 2016/6/30
Linux の 101 試験対策: システム・ファイルの検索と配置
Linux システムでのファイルシステム階層標準 (Filesystem Hierarchy Standard: FHS) に従った正しいファイルの配置場所について学び、重要なファイルとコマンドを検索する方法を覚えてください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単にファイルの編成および管理について調べるために利用することもできます。
記事 2016/5/26
Linux の 101 試験対策: ディスク・クォータの管理
個々のユーザーが許容されている容量以上のスペースを使用することや、ファイルシステム全体が思いがけずフルになることがないように、Linux ファイルシステムにディスク・クォータを設定してチェックする方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、クォータについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムのマウント、アンマウントの制御
Linux ファイルシステムをマウントする方法、USB や IEE 1394 などのリムーバブル・デバイスを構成して使用する方法、そしてフロッピーディスク、CD、DVD に正しくアクセスする方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単に Linux ファイルシステムにアクセスする方法を学ぶために利用することもできます。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: ファイルのパーミッションと所有権の管理
Linux ファイルシステムでのファイルの所有権とパーミッションを管理する方法を学んでください。このチュートリアルでは、suid、sgid、スティッキー・ビットなどのアクセス・モードについて解説し、これらの機能を使用してセキュリティーを強化する方法を説明します。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ファイルの所有権、パーミッション、セキュリティーについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: ハード・リンクとシンボリック・リンクの作成および変更
Linux システム上でファイルのハード・リンクとシンボリック・リンクを作成し、管理する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ハード・リンクとソフト・リンク (別名、シンボリック・リンク) の違いを探り、ファイルをコピーする代わりに、ファイルへのリンクを張る最善の方法を調べるためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: パーティションおよびファイルシステムの作成
ディスク・ドライブにパーティションを作成する方法、そしてパーティションをフォーマットして、Linux システムでスワップ領域またはデータ領域として使用する方法を学んでください。Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えて勉強するためや、単にパーティションと Linux ファイルシステムについて学んで自分で使用するために、このチュートリアルの内容を利用してください。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: シェル環境のカスタマイズと使用
Linux シェル環境をカスタマイズして、単純な bash 関数を作成する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 102 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2016/4/14
IBM POWER8 と x86 に Red Hat Enterprise Linux 7.2 をベア・メタル・モードでインストールする: 比較
この記事は、IBM POWER8 プロセッサー・ベースのシステムに Red Hat Enterprise Linux をベア・メタル・モードでインストールする必要がある管理者に役立つ記事として、x86 システムへのインストール・プロセスとの比較を行います。
記事 2016/4/07
Linux の 101 試験対策: システムのブート
Linux システムのブート・プロセスを操作する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、2015年 4月に更新された LPI の試験項目のバージョン 4.0 に対応しており、Linux システム管理者認定用の LPIC-1 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単にブート・プロセスについて学習するために利用することもできます。
記事 2016/2/11
マイクロサービスの実際: 第 2 回 コンテナーとマイクロサービス ― 理想的なペア
この記事では、Linux コンテナーが、ソフトウェア開発に革命をもたらすとともに、マイクロサービスを強力なものにすることで、業界全体をマイクロサービスへシフトさせている状況を説明します。また、マイクロサービスを正常に導入する上で欠かせない要件と、コンテナー・ベースのインフラストラクチャーではそれらの要件をより簡単に満たせることについても説明します。
記事 2016/2/04
Linux の 101 試験対策: Debian によるパッケージ管理
Linux システムでパッケージをインストール、アップグレード、および管理する方法を学んでください。このチュートリアルで焦点とするパッケージ管理システムは、APT (Advanced Packaging Tool) です。APT は、Debian、そして Debian から派生した Ubuntu などのディストリビューションで使用されています。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、新しいソフトウェアを追加してシステムを最新の状態に維持する最善の方法を知るために利用することもできます。
記事 2016/1/07
Linux の 101 試験対策: ブート・マネージャーのインストール
Linux システムのブート・マネージャーを選択する方法、そして選択したブート・マネージャーを構成する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2015/12/17
IBM AIX と Linux on Power の間でのプロセッサー使用率の違い ― 同一条件での比較
この記事では、IBM AIX と Linux on Power との間でプロセッサー使用率を比較するために、ネットワーク・ワークロードを利用して行った事例研究について説明します。また、同じワークロードを実行する場合でも、AIX プラットフォーム上で実行する場合と Linux on Power プラットフォーム上で実行する場合とでは、IBM Power ハードウェア上でレポートされるシステム全体でのプロセッサー使用率が著しく異なる理由についても探ります。
記事 2015/12/17
Linux の 101 試験対策: 共有ライブラリーの管理
どの共有ライブラリーに Linux の実行可能プログラムが依存しているのかを判断する方法、またそれらのライブラリーをロードする方法を学びましょう。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2015/12/17
企業で利用する Node.js 用の IBM ツール: IBM SDK for Node.js のコア・ダンプ・デバッグ機能
IBM SDK for Node.js と連動する Eclipse アドオンを使用して、Node.js アプリケーションの異常終了とメモリー・リークをデバッグしてください。
記事 2015/12/03
LAMP アプリケーションを Bluemix にマイグレーションする
昔ながらの LAMP アプリケーション (Drupal) を IBM Bluemix にマイグレーションする方法を学んでください。
記事 2015/11/12
Linux on z Systems 向けインライン・アセンブリーの高度な機能
この記事では、Linux on z Systems 向けの IBM XL コンパイラーでサポートされているインライン・アセンブリーの高度な機能について説明します。対象とする読者は、IBM XL コンパイラーが提供する最適化の範囲を超えて、アプリケーションの中で最もパフォーマンスに影響するコード部分を微調整したいと思っているソフトウェア技術者です。
記事 2015/10/22
IBM z Systems の IBM XL C/C++ コンパイラーとインライン・アセンブリーを使用してパフォーマンスを向上させる
IBM XL C/C++ for Linux on z Systems コンパイラーのバージョン 1 が 2015年にリリースされました。Linux on z Systems 向けの IBM コンパイラーでインライン・アセンブリー機能がサポートされたのは、今回が初めてです。インライン・アセンブリーを利用すると、ソフトウェア技術者はアプリケーションの中で最もパフォーマンスに影響する部分をアセンブラーでハンドコーディングすることで、アプリケーションの実行にかかる時間をさらに縮めることができます。この機能は、IBM z Systems のハードウェアの優位性とプログラマーの才能を最大限活かすことで、ハイパフォーマンス・アプリケーションの開発を実現します。この記事は、z Systems のインライン・アセンブリーで使用するアセンブラー命令について紹介することを目的としています。対象とする読者は、IBM XL C/C++ for Linux on z Systems コンパイラーが提供している最適化の範囲を超えて、z Systems 上の高速なアプリケーションの中で最もパフォーマンスに影響するコード部分を微調整したいと思っている上級ソフトウェア技術者です。
記事 2015/10/22
Linux on z Systems 向けインライン・アセンブリーの基礎
インライン・アセンブリーを利用すると、ソフトウェア技術者は C/C++ プログラムの中で最もパフォーマンスに影響する部分をアセンブラー・コードでハンドコーディングすることができます。この機能は、IBM z Systems のハードウェアの優位性とプログラマーの才能を最大限活かすことで、ハイパフォーマンス・アプリケーションの開発を実現します。この記事では、Linux on z Systems 向けの IBM XL コンパイラーでサポートされているインライン・アセンブリーの基礎を説明します。
記事 2015/10/22
Linux の 101 試験対策: ハード・ディスクのレイアウト
Linux システムにおけるディスク・パーティションの構成を設計する方法を学んでください。Linux Professional Institute LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えるためや、自ら活用するために学ぶ上で、このチュートリアルの内容を活用してください。
記事 2015/10/15
OpenPOWER ABI で関数コールのパフォーマンスを向上させる
この記事では、関数コールのパフォーマンスを向上させるために OpenPOWER ABI (Application Binary Interface: アプリケーション・バイナリー・インターフェース) が導入している機能について説明します。64-bit IBM PowerPC ELF ABI Supplement 1.9 (ELF ABI v1) とは異なり、OpenPOWER ABI では、関数記述子を排除して、呼び出す側が環境を初期化しなくても済むようにしています。また、業界の現在のプラクティスに従って、呼び出される側が TOC ポインターを適切に設定するようにし、デュアル・エントリーを導入することで、要求に応じた設定が確実に行われるようにしています。さらに、レキシカルにネストしている関数コールも trampoline を使用してサポートしています。
記事 2015/9/24
IBM PowerPC プロセッサーを使用した、ライブラリー関数の最適化手法
この記事では、Power アセンブリーにおいてアプリケーションの動作を高速化するためのさまざまな最適化手法について説明します。IBM PowerPC プロセッサー専用のアプリケーションに特定の手法を適用することで、プログラム実行時のパフォーマンスが向上します。この記事で取り上げる手法の一部は、現在、Linux glibc のストリング関数とメモリー関数に適用されていて、その結果、大幅なパフォーマンス向上が実現されています。この記事は、IBM Power Architecture のパフォーマンス向上を目的にアセンブリー・コードを作成している IBM AIX および Linux プログラマーを対象としています。
記事 2015/9/17
Linux on Power 向け Docker
Docker は、コンテナーをデプロイ、実行、管理するためのツールです。この記事では、Linux on Power システム向け Docker バイナリーへのリンクを記載し、そのインストール手順を説明します。
記事 2015/9/17
IBM XL コンパイラーにおける OpenMP サポート
Fortran および C/C++ 用の Linux on Power リトルエンディアン対応 IBM XL コンパイラーは、OpenMP API V3.1 の機能に加え、V4.0 から選り抜いた一部の機能をサポートしています。これにより、コンパイラーでマルチコア・ハードウェアを利用してパフォーマンスを高めることが可能になっています。この記事では、最新の XL コンパイラーでサポートされている OpenMP の機能について説明します。さらに、これらの新しい機能を使用する利点を明らかにする例も記載します。
記事 2015/9/10
IBM PowerLinux 対応 IBM Electronic Service Agent による IBM PowerKVM ホストに関する問題報告
この記事では、IBM Electronic Service Agent (ESA) の使用方法と、IBM PowerKVM ホストに関するハードウェアの問題が自動的に報告されるようにするために管理者が行わなければならない構成について説明します。
記事 2015/8/20
IBM Bluemix アプリを対象とした、リモート制御の Raspberry Pi 2 モニターを作成する
IBM Internet of Things Foundation を利用してデバイスとアプリケーションを相互接続する実践プロジェクトを通して、モノのインターネットについて理解してください。このチュートリアルでは、実行中の IBM Bluemix アプリケーションのアップタイムと、このアプリケーションへのアクセス時間をモニタリングするように Raspberry Pi 2 をセットアップして、Bluemix にデプロイできるグラフ作成アプリケーションにそのモニタリング結果を取り込みます。さらに、この Raspberry Pi 2 モニターをリモートで制御するデスクトップ・アプリケーションのコーディングを行います。
記事 2015/7/02
ハイパフォーマンスの AES (Advanced Encryption Standard) アプリケーションを実現する
IBM XL コンパイラーが提供する新しい AES (Advanced Encryption Standard) 組み込み関数について詳細に分析するこの記事では、IBM XL コンパイラーが生成するコードを詳しく調べ、この組み込み関数を使用することでパフォーマンスが向上することを、例を用いて説明します。AES アプリケーションの多くは、連鎖モード (例えば、CBC (Cipher Block Chaining)、PCBC (Propagating Cipher Block Chaining)) またはフィードバック・モード (CFB (Cipher Feedback)、OFB (Output Feedback)) などの動作モードが持つ性質のため、並列化することができません。したがって、ハイパフォーマンスの AES アプリケーションを実現するには、組み込み関数によってパフォーマンスを向上させることが不可欠です。この記事は、IBM POWER8 プロセッサー上でハイパフォーマンスのアプリケーションを実現したいと考えているソフトウェア・エンジニアのためのものです。
記事 2015/6/11
Linux on Power システム用に C/C++ でクロスコンパイルされたアプリケーションを開発する
この記事では、IBM SDK for Linux on Power によって提供される統合環境で、IBM Advance Toolchain と QEMU ユーザー・モードを使用して、IBM Power サーバー用にクロスコンパイルされたアプリケーションを開発する方法を説明します。IBM SDK for Linux on Power は、無料で利用できる Eclipse ベースの統合開発環境 (IDE) です。この SDK によって、Advance Toolchain、ポストリンク最適化ツール、従来の Linux パフォーマンス分析ツール (OProfile、Perf、Valgrind など) が、C/C++ ソース開発環境に統合されます。
記事 2015/3/26
IBM POWER8 システム上で Weather Research and Forecasting をコンパイルして実行する
並列コンピューティング機能を提供する IBM POWER8 システム上で WRF (Weather Research and Forecasting) モデルとその依存パッケージをコンパイルしてインストールし、データを生成してこのアプリケーションを実行してください。
チュートリアル 2015/2/26
FUSE を使用して独自のファイルシステムを開発する
FUSE (Filesystem in Userspace) を使用すると、ファイルシステムの内部について理解したり、カーネル・モジュールのプログラミングを学習したりしなくても、ユーザー空間のファイルシステム・フレームワークを開発することができます。この簡単なステップ・バイ・ステップのガイドに従い、FUSE と AFS のインストール、カスタマイズ、および有効化を行うことによって、完全に機能するユーザー独自のファイルシステムを Linux のユーザー空間に作成することができます。
記事 2015/2/19
Linux および Windows のシステム管理に最適な 3 つの Android ツール
スマートフォンやタブレットから Android アプリを使用して、自分が使用しているマシンの Windows システムや Linux システム、UNIX システムにリモート接続することにより、システム管理を短い応答時間で行うことができ、どこにいても問題を解決することができます。
チュートリアル 2015/2/19
ブート可能な IBM Power サーバーの ISO イメージの検出
大半の ISO イメージは ISO 9660 の何らかの拡張規格を採用しており、BIOS (Basic Input/Output System) によってイメージをブートできるようになっています。その一方、IBM Power Systems ファームウェアではそのような拡張規格を採用していません。これが何を意味するかと言うと、イメージがブート可能であるかどうかを検出する方法は、コンピューター・アーキテクチャーによって異なるということです。ハイパーバイザー、さらには仮想マシン (VM) マネージャーなどのソフトウェアでは、そのソフトウェアで操作しなければならないイメージの数が多いことから、ブート可能であるかどうかの検出に大量のリソースや時間を費やすことはできません。したがって、試行錯誤でイメージをブートしようとする方法や、ファイル・システムにイメージをマウントしてみるという方法でさえも、選択肢から除外されます。この記事では、ISO データ・ストリームを直接読み込んで IBM Power サーバー・イメージがブート可能かどうかを検出するという方法を、この概念を説明する実際の Python コードと併せて紹介します。
記事 2015/2/05
Intel x86 サーバー上で IBM PowerLinux アプリケーションをビルドする方法
IBM Advanced Toolchain for PowerLinux クロスコンパイラーの真の価値は、開発者が使い慣れた開発プラットフォーム (ほとんどの場合、x86) で IBM Power Architecture 用のアプリケーションをコンパイルしてビルドできることにあります。この記事では、開発者がこの Toolchain クロスコンパイラーを使用して、Power Architecture で実行するためのソース・コードを簡単にビルドする方法を説明します。また、クロスコンパイルされたアプリケーションのパフォーマンスと機能に関する質問と、クロスコンパイルされたアプリケーションを IBM PowerLinux サーバーでネイティブにデバッグできるかどうかという質問にも答えます。
記事 2014/12/25
Linux on x86 から Linux on Power へのアプリケーション移植ガイド
この記事では、わかりやすいステップ・バイ・ステップのプロセスに沿って、Linux C/C++ アプリケーションを x86 プラットフォーム (Intel または AMD) から IBM PowerLinux に移植する方法を説明します。まず、この移植を行うための準備として何が必要かを説明してから、32 ビットまたは 64 ビットの x86 コードを PowerLinux 上で実行する場合の実装のヒントを紹介します。
記事 2014/10/09
Software Defined Networking を使用して IaaS を最適化する
この記事では IaaS (Infrastructure as a Service) を、相互運用性、ユーザーとプロバイダーの期待値マネジメント、開発者と管理者の要件、効果的なリスク軽減といった点で強化および最適化する手法としての SDN (Software Defined Networking) ソフトウェア抽象化層を介したネットワーク管理手法 について探ります。
記事 2014/9/18
なぜ Linux on Power なのか?
Linux ベースのアプリケーションを IBM Power ハードウェア上で実行すると、パフォーマンス、信頼性、セキュリティーが同時に強力な形で実現されます。この記事では、IBM Power Systems によってもたらされる戦略的優位の数々を明らかにします。読者の皆さんは、IBM Power Systems には数々の優位性がありながらも、さまざまなデプロイメントを低コストで実現できることに驚くかもしれません。この記事を読むことで、IBM が Linux でのエクスペリエンスを向上させるために使用しているツールについて学び、Linux on Power に対する IBM の将来的なコミットメントを十分に理解してください。
記事 2014/9/04
Zypper を使用して SUSE Linux Enterprise Server をアップグレードする
この記事では、Zypper を使用して SLES (SUSE Linux Enterprise Server) をアップグレードする方法に加え、リポジトリー構成ファイルを作成して変更するプロセスを説明します。
記事 2014/8/28
4 KB セクター・ディスクで Linux を使用する: 実用的なアドバイス
Advanced Format ディスクでは、より一般的な 512 バイトのセクターではなく、4,096 バイトのセクターが使用されます。この違いは、オペレーティング・システムのために 4,096 バイトの物理セクターを 512 バイト単位の論理セクターに分割するファームウェアによって表面的にはわからなくなっていますが、より大きなサイズの物理セクターを使用するということは、ディスクのレイアウトやシステムのパフォーマンスにも影響があるということです。この記事ではその影響について、いくつかの一般的な Linux ファイルシステムに実際に及ぶ可能性のある影響を示すベンチマーク・テストを交えて検討します。Advanced Format ディスクが標準的になっているなか、最適ではない構成による深刻なパフォーマンスの低下を回避したければ、これらのディスクに対処する方法を理解していることが不可欠のスキルとなります。
記事 2014/6/19
Linux システムの起動プロセスをカスタマイズしてモニターする
コンピューター・システムのブートにかかる時間を最小限に短縮することは重要です。それは、自宅のコンピューターを立ち上げる場合でも、数千人のユーザーに対してサービスを提供しているサーバーを再起動する場合でも変わりはありません。この記事では、さまざまな Linux ディストリビューションで使用されている、システムの起動およびシャットダウンの各種メカニズムを話題に取り上げ、新しいサービスを統合する方法、既存の起動構成をカスタマイズする方法を説明するとともに、システム起動構成の動作とパフォーマンスを詳しく調べていきます。
記事 2014/6/05
OpenStack プライベート・クラウド用の Linux イメージと Windows イメージを作成する
この記事では、OpenStack クラウド・オペレーティング・システムを使用して構築されたプライベート・クラウド用に、Linux イメージと Windows イメージを作成する新しい方法を提案します。OpenStack 環境用のイメージを作成するために現在採られている方法は、面倒で時間がかかります。そこで著者たちは、プライベート・クラウドのオペレーターとエンド・ユーザーが今までよりも迅速かつ容易にイメージを作成するためのオンラインのセルフサービス方式を提案します。
記事 2014/5/22
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ3】
このラボでは、オペレーターを追加することで、これまで構築してきたアプリケーションを強化します。これにより、追跡している各車両別に、5 つの観測ごとの平均速度を計算します。その後、Streams Console を使用し、結果を視覚化します。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ4】
このラボでは、オペレーターを追加することで、これまで構築してきたアプリケーションを強化します。これにより、追跡している各車両別に、5 つの観測ごとの平均速度を計算します。その後、Streams Console を使用し、結果を視覚化します。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ2】
このラボでは、車両データのフィルタリング・アプリケーションの開発をさらに進めていきます。また、データ・フローに対する理解を深め、実行中のアプリケーションをモニタリング・確認する Studio 機能について詳しく学びます。分かりやすくするため、データがなくなる前に何が起こっているのかを見られるようにする 2 つの拡張機能を作成していきます。1 つ目は流れを遅くする機能 (そのままでは、Streams は速過ぎます)、2 つ目は複数のファイルを読めるようにする機能です。これは、開発とデバッグの一般的な設計パターンです。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ1】
このラボでは、シンプルなシナリオに合わせ、アプリケーションを開発します。ここでのシナリオは、車両のロケーション、速度、およびその他のセンサーに関するデータをファイルから読み取り、特定の車両の観測値を探し、選んだ観測値を別のファイルに書き込むというものです。これは厳密に言うとデータのストリームではありませんが、ファイル I/O が Streams アプリケーションの開発において、なぜ、どのように重要となるのかを考察し、後ほどデータ・ストリームのシミュレーションに、どのように活用できるのかをお見せします。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【概要】
IBM InfoSphere Streams (「Streams」) により、大容量の変動する情報を継続的かつ非常に迅速に分析できるようになり、ビジネス上の洞察と意思決定を改善できるようになります。また、InfoSphere Streams は、データ・ストリーム内に存在する情報の取り込み、フィルタリング、分析、相関を行う、ユーザーが開発したアプリケーションの実行プラットフォームやサービスともなります。
記事 2014/5/07
KVM 仮想化を使用する
ほとんどの Linux システムでは、仮想マシン (VM) を作成およびサポートするためのデフォルトのオープンソース・メカニズムを、これまで使用していた Xen からカーネルベースの仮想マシン (KVM: Kernel-based Virtual Machine) へと大々的に置き換えています。こうした変化の背景にあるのは、技術に関する問題ではなく、主にビルドやサポートに関する問題ですが、仮想化に関心を持つ多くの企業の IT グループは現実問題として、KVM に使用される管理コマンドや制御ツールについて学ぶ必要があります。同様に、既に Xen 仮想化に投資をしていて KVM に移行しようとする IT 企業は、VM を作り直すのではなく、可能な限り既存の VM を KVM でサポートされるフォーマットに変換する必要があります。
記事 2014/4/24
Twitter Storm でビッグ・データをリアルタイムに処理する
Storm は、オープンソースのビッグ・データ処理システムです。Storm はリアルタイム分散処理を対象としている点、そして言語に依存しないという点で、他のビッグ・データ処理システムとは異なります。Twitter の Storm とそのアーキテクチャー、そしてさまざまなバッチ処理ソリューションおよびストリーム・プロセッシング・ソリューションについて学んでください。
記事 2014/3/13
SoftLayer への移行: Racemi Cloud Path サービスを使用して、Red Hat Enterprise Linux VM インスタンスを SCE から SoftLayer にマイグレーションする
IBM SmarterCloud Enterprise から IBM SoftLayer に Red Hat Enterprise Linux 5.x または 6.x のインスタンスを安全にマイグレーションする方法を学びましょう。
記事 2013/12/19
SoftLayer への移行: Linux インスタンスを SCE から SoftLayer へマニュアルでマイグレーションする
IBM SmarterCloud Enterprise から IBM SoftLayer へ Red Hat Enterprise Linux (RHEL) VM インスタンスをマニュアルでマイグレーションする方法を学びましょう。
記事 2013/12/19
PHP の学習: 第 3 回 認証、オブジェクト、例外、ストリーム処理
このチュートリアルは、単純なワークフロー・アプリケーションの構築プロセスを通して PHP の使用方法を説明する 3 部構成のシリーズ「PHP の学習」の第 3 回です。今回のチュートリアルでは、HTTP 認証の使用方法、ファイルをストリーム処理する方法、そしてオブジェクトと例外の作成方法を学びます。
記事 2013/12/12
Linux ブートの失敗からのリカバリー
カーネルのアップグレードやディスク・スワップ、あるいはその他のシステム変更が行われた後に Linux コンピューターがブートしなくなったとしても、手の施しようがないわけではありません。GRUB (Grand Unified Bootloader) には、ブート・プロセスを制御してリカバリーするための手段がいくつかあります。あるいは、外部ツールを使って緊急ブート・ディスクを作成しておけば、必要に応じてそのディスクに救いの手を求めることができます。この記事では、問題がある状況下でもブートできるようにするための手順および GRUB コマンドについて説明するとともに、BIOS ベースのシステムの「命を救う」外部ツールを紹介します。
記事 2013/11/21
PHP の学習: 第 2 回 ファイルをアップロードし、ファイルの情報を XML または JSON 形式で保管し、表示する
このチュートリアルは、単純なワークフロー・アプリケーションの構築プロセスを通して PHP の使用方法を説明する 3 部構成のシリーズ「PHP の学習」の第 2 回です。PHP の基礎知識を基に、ブラウザーからファイルをアップロードする方法や、セッションについて、あるいは PHP で XML または JSON を処理する方法について学ぶには、このチュートリアルに従ってください。
記事 2013/11/21
共通テーマ: 実例でわかる awk: 第 1 回
awk は、なんとも不思議な名前を持つすばらしい言語です。3 回の連載記事の第 1 回目で、Daniel Robbins 氏は、読者の awk プログラミング・スキルを急速に向上させてくれます。連載を進めるにつれ、より高度なトピックに触れ、最後には高度で実用的な awk アプリケーションのデモをご覧に入れます。
記事 2013/11/14
LyX を使用してグラフィカルな方法で LaTeX 文書を作成する
LyX は、お馴染みのドロップダウンによるコンテンツ駆動のメニュー・システムを使用して、LaTeX 文書を作成、編集するためのグラフィカルなツールです。TeX とその上位のマクロ言語である LaTeX は、強力な文書マークアップ言語であり、Linux ユーザーの間ではデファクト・スタンダードとなっています。しかし、これらの言語を初めて使用するとなると、使用可能なマークアップ・タグや、それらのマークアップ・タグを使用できるコンテキスト、さらにはテキスト・エディターとプレビュー用のツールの使い方などを知らなければならないため、扱いにくい言語かもしれません。LyX は、この LaTeX 文書を処理するプロセス全体を単純化します。それは、Linux 上での作業に限ったことではありません。Linux、UNIX、Windows、および Mac OS X システムに LyX をインストールして使用する方法、さらにはカスタマイズする方法を学んでください。
記事 2013/9/12
bash 例解: 第 2 回 bash による初歩のプログラミングの続編
bash に関する第 1 回の記事では、Daniel Robbins が、このスクリプト言語の基本要素を取り上げて、bash を使用するべき理由を示しました。この第 2 回の記事では、前回の続きから始めて、条件 (if-then) 文やループをはじめとする、bash の基本的な構成体について説明していきます。
記事 2013/8/08
Cobbler によるシステム・インストールの自動化と管理
Cobbler はインストール・サーバーのセットアップと管理に必要なタスクを一元化することで、システムのプロビジョニングを容易に行えるようにします。この記事では、Cobbler に備わっている機能の一部を取り上げて紹介するとともに、Cobbler をインストールする方法、複数のクライアント・マシンを自動的にインストールするのに適した構成を作成する方法を説明します。
記事 2013/7/04
Scribus によるオープンソースのデスクトップ・パブリッシング
Scribus は、レイアウト、フレーム、スタイル、色管理、ドキュメント内の列間のフローに重点が置かれたオープンソースのグラフィカル DTP (Desktop Publishing) ツールです。Scribus は Linux、Windows、Mac OS X プラットフォーム上で実行されるフリー・ソフトウェアであり、従来の DTP ツールの機能の大部分を無料で提供しています。
記事 2013/7/04
Windows の世界で Linux を使用する
インターネット上のほとんどのサーバーにとって最適なオペレーティング・システムである Linux は、デスクトップ・オペレーティグ・システムとして人気上昇中です。けれども、デスクトップ PC 上で Linux に移行しただけでは、仕事や趣味などで作業をするのに必要なリソースのすべてを引き続き操作できることが保証されるわけではありません。この記事では、デスクトップ Linux システムから、これまで使用していた Microsoft Windows のファイルとファイル・サーバーを操作できるようにし、さらに新しいネットワーク・ハードウェアを使用できるようにするために取り組む必要がある追加の構成タスクについて説明します。
記事 2013/7/04
Linux の101 試験対策: ハード・ディスクのレイアウト
Linux システムにおけるディスク・パーティションの構成を設計する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2013/1/17
Python で GObject をラップする
GTK+ の C モジュールを Python で使用できるようにラップする方法がわかれば、いつでも好きなときに、特段 C 言語に長けていなくても、C 言語でコーディングされた GObject を Python で利用できるようになります。
記事 2012/12/13
vi 入門 ― チート・シート手法
このチュートリアルでは、強力なビジュアル・エディターである vi の使い方を説明します。このチュートリアルで目指しているのは、習得を早めるチート・シート手法を使うことで、長い時間をかけずに vi を使いこなせるようになることです。ファイル内での移動、テキストの編集、挿入モード、テキストのコピー・アンド・ペーストなどの操作方法、そしてビジュアル・モードやマルチウィンドウ編集などの重要な Vim 拡張機能を使用する方法を短時間で学んでください。
記事 2012/12/13
OpenSSL API によるセキュア・プログラミング: 第 1 回 API の概要
OpenSSL はセキュアな通信のための最もよく知られたオープン・ライブラリーですが、その API の使い方を学ぶのは一筋縄では行きません。それは、マニュアルの記述が不十分なためです。その欠落している部分をこの記事の情報で補って、API を使いこなせるようになってください。この記事では、基本的な接続をセットアップした後、OpenSSL の BIO ライブラリーを使用して、セキュアな接続をセットアップする方法、非セキュアな接続をセットアップする方法の両方を解説します。さらに、エラーの検出方法についても簡単に説明します。
記事 2012/12/06
OpenSSL API によるセキュア・プログラミング: 第 2 回 セキュアなハンドシェーク
SSL (Secure Sockets Layer) セッション期間中のハンドシェークをセキュアにすることは、極めて重要です。それは、接続に関するセキュリティーのほぼすべてがハンドシェーク内でセットアップされるためです。侵入者が信頼できる発信元になりすます中間者 (Man In The Middle: MITM) 攻撃からSSL ハンドシェークを守る方法を学んでください。この記事では、デジタル証明書の概念、そして OpenSSL API によるデジタル証明書の処理方法についても説明します。
記事 2012/12/06
PHP の学習: 第 1 回 アカウントを登録し、承認を求めるファイルをアップロードし、承認されたファイルを表示してダウンロードする
このチュートリアルは、単純なワークフロー・アプリケーションの構築プロセスを通して PHP の使用方法を説明する 3 部構成のシリーズ「PHP の学習」の第 1 回です。今回のチュートリアルでは、HTML フォームを使用する基本的な PHP ページの作成手順と、データベースへのアクセス方法を説明します。
記事 2012/11/29
Virtual Machine Manager で VM を管理する
この記事では、virt-manager の使用方法、このツールが平均的なハードウェアで発揮する能力、そして実行中の VM のパフォーマンスを管理および監視する方法を詳しく探ります。
記事 2012/11/29
アクセス不可能になったインスタンスを QEMU を使用してリカバリーする
何らかの問題が発生して、IBM SmarterCloud Enterprise 上の Linux インスタンスにアクセスできないものが見つかったとしたら、どうしますか?この記事では、アクセス不可能になった Linux インスタンスをリカバリーする手順を説明します。その手順とは、プライベート・イメージを取り込み、そのイメージを永続ストレージにコピーし、QEMU を使用してイメージをブートするか kpartx でイメージをマウントして問題を修正した後、クラウドに再びインポートするというものです。
記事 2012/11/22
System V のセマフォー API を使用して POSIX のセマフォー API を実装する
「POSIX API を使用する必要があるものの、開発プラットフォーム (z/OS など) が POSIX API をサポートしていない」ということはないでしょうか?あきらめることはありません。System V のセマフォー API を使用して POSIX のセマフォー API を実装することで、皆さんが作成したコードをより多くのプラットフォームで使用できるようにし、そのコードを保守できる状態に保つ方法を学びましょう。
記事 2012/11/15
Python、機械学習、そして NLTK ライブラリーについて探る
機械学習は IT、数学、自然言語が組み合わされたものであり、通常はビッグデータ・アプリケーションに使用されます。この記事では Python プログラミング言語と Python の NLTK ライブラリーについて説明し、続いてそれらを機械学習プロジェクトに適用する方法について説明します。
記事 2012/11/08
レジリエントな仮想サーバーを確実に準備する
IBM PureFlex System は便利なことに、ハードウェアが事前に統合されて、管理スタックがプリロードされた状態で提供されます。けれども、PureFlex System でレジリエントな仮想サーバーをホストできるようにするには、あらかじめ、いくつかのステップを手作業で行わなければなりません。この記事では、著者たちがレジリエントな仮想サーバー (この記事では Red Hat の KVM ハイパーバイザーを使用します) をセットアップしてデプロイする方法を説明し、実演します。説明する手順は、IBM PureFlex System のファースト・リリースにフィックスパックを適用したバージョンで有効です。
記事 2012/10/18
Spring Roo 入門: 第 7 回 Spring Roo を使って Spring MongoDB アプリケーションを開発する
MongoDB は、非常によく使われている、水平スケーリング可能なドキュメント指向の NoSQL データストアです。Spring Roo バージョン 1.2 では、MongoDB をデータ・ストレージ・ソリューションとして使用した Spring アプリケーションを構築することができます。この記事では MongoDB について紹介した後、Spring Roo を使ってエンタープライズ Spring MongoDB アプリケーションを構築します。
記事 2012/10/04
Yocto Project を使用して組み込み用のカスタム Linux ディストリビューションを作成する
組み込み Linux 開発を容易に行い、さまざまなアーキテクチャー間で移植できるようにすることを目標に発足したオープンソース・プロジェクトが Yocto Project です。この記事では Yocto Project について紹介し、このプロジェクトを利用する方法について順を追って説明します。
記事 2012/9/27
科学計算プラットフォームとしての Linux を探る
Linux は科学計算に適した非常に優れたプラットフォームであり、学術界でさまざまなタスクを実行するために極めてよく使用されています。特定のアプリケーションに対応した Linux オープンソース・プロジェクトは数多くありますが、そのなかで Sage 数学プロジェクトではより包括的な問題解決機能を提供しています。この Sage をはじめとする、ひときわ高い注目を集めている科学アプリケーションの多くでは Python が主要言語として使用されており、この記事ではそれら Python を使用した科学アプリケーションを取り上げます。
記事 2012/9/13
Ruby での REST (REpresentational State Transfer) を理解する
REST (REpresentational State Transfer) は、クラウドで急速に共通語となりつつある、分散通信用のアーキテクチャーです。REST は単純ながらも、多数のクラウド・リソースと全体的な構成および管理を表すのに十分な表現力を備えています。Ruby を使用して単純な REST エージェントを一から開発する方法を学んで、その実装と使い方を理解してください。
記事 2012/9/13
Linux ビギナーのための基本タスク
Windows を使い慣れているユーザーにとって、初めての Linux システムは、今までとは少し勝手が違うと思うことでしょう。Linux システムでおそらく最初に行うことになるであろうタスクの 1 つが、IBM の Linux 向け拡張ソフトウェアを始めとする追加のソフトウェアをインストールすることです。多くの場合、Linux システムにソフトウェアをインストールするには、まずログインし、タスクによってはスーパー・ユーザー (または root) に切り替えてからターミナル・ウィンドウまたはシェル・ウィンドウを開き、CD-ROM ドライブ、DVD ドライブ、または USB ドライブをマウントしなければなりません。この記事では、このような Linux ユーザーとしての初めてのタスクを含め、Linux の基本的なタスクについて説明します。
記事 2012/8/23
グリーン IT を促進する ― アプリケーションのマイグレーションおよびリホストの実用ガイド
このガイドは、分散環境からアプリケーションのワークロードを移行した実際の経験を基に作成されています。具体的には、Power、pSeries、または RS/6000 ハードウェア上の AIX ワークロード、Sun ハードウェア上の Solaris ワークロード、あるいは x86 ハードウェア (つまり、IBM eServer から IBM System z までの主に IBM System z9 または z10 モデル) 上の Linux ワークロードなどです。
記事 2012/8/09
LPI 試験対策: ネットワーク・クライアントの管理
このチュートリアルは、Linux での中級レベルのネットワーク管理について取り上げる全 7 回からなるシリーズの第 5 回目です。今回も引き続き、David Mertz が LPI (Linux Professional Institute) の LPIC-2 (中級レベルの管理) 202 試験に備えるためのお手伝いをします。今回のチュートリアルではいくつかのプロトコルを取り上げ、ネットワーク内のクライアントのネットワーク設定を集中化して構成する方法をプロトコル別に検討します。DHCP は、IP アドレスの割り当てをはじめ、クライアント・マシンとの基本ハンドシェークを確立するために広く使われているプロトコルです。上位レベルでは、ネットワーク上のマシンの間で任意の情報を共有するために、NIS と (NIS よりも一般的な) LDAP が使用されています。このチュートリアルでは、柔軟でネットワーク化されたユーザー認証システム、PAM についても説明します。
記事 2012/8/02
Windows システム管理者のための Linux: GNOME デスクトップ・ツールを使って Linux を管理する
Linux で作業するということは、コマンドライン・ツールしか使えないということではありません。確かに、経験豊富な Linux 管理者のほとんどは、管理上の利便性と効率性からコマンドライン・ツールを使用していますが、GNOME プロジェクトが提供している優れたツールを使用すれば、グラフィカル・ユーザー・インターフェース (GUI) で Linux サーバーを管理することもできます。これらのツールを使用すると、Microsoft Windows の経験を生かして比較的すんなりと Linux に転向できることがわかるはずです。
記事 2012/7/26
Linux カーネル 3.3 と 3.4 の紹介
2012年 3月、Linux カーネルのバージョン 3.3 がリリースされました (続いて 5 月にバージョン 3.4 がリリースされました)。これらのリリースでは、ちょっとした機能の追加やバグ修正が大量に行われたことに加え、いくつかの重要な変更が行われています。例えば、Google Android プロジェクトがマージされたこと、Open vSwitch がマージされたこと、ネットワーク機能に関する何点かの改善がなされたこと (チーミング・ネットワーク・デバイスなど)、ファイルシステム、メモリー管理、仮想化に関してさまざまな更新が行われたことなどが挙げられます。この記事では、バージョン 3.3 と 3.4 で行われた数多くの重要な変更について探り、バージョン 3.5 で予定されている変更についてもチラッと覗いてみましょう。
記事 2012/7/19
1 - 634 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示