製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 26 件のうちの 26 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
developerWorks Technology からのお知らせ: 2015 年の選り抜きの Java 関連チュートリアル
developerWorks Technology のエディターが、2015年に Java 開発者向けに公開された、選り抜きのチュートリアルを紹介します。
記事 2016/2/11
Play を使った Web アプリケーション開発: 第 1 回: Play Framework と Scala でユーザー認証を管理する
Play Framework アプリケーション用のユーザー管理を実装するために Scala のスキルを活用してください。このチュートリアルでは、認証と承認を扱う基本的な Play アプリケーションを作成する方法を Pablo Pedemonte が説明します。このアプリケーションのコードは、皆さん独自の Play プロジェクトのスターター・コードとして、ユーザー管理機能の開発時間を短縮するために利用することもできます。
記事 2016/1/21
JVM の並行性: Akka を使って非同期に振舞う
並行プログラミングに対する手法として長きにわたって確立されているアクター・モデルを使用すると、並行性とスケーラビリティーに優れたアプリケーションを簡単に構築できるようになります。この記事でアクター・モデルについて学び、Akka で実装したモデルを Scala または Java で扱うようになってください。
記事 2015/10/22
JVM の並行性: Akka を使ってアクター・アプリケーションを作成する
アクター・アプリケーションには、シングルスレッド・アプリケーションで用いられる線形アプローチとは異なるスタイルのプログラミングが必要です。ツールキットおよびランタイムとして Akka を使用してシステムを構築する方法について、Scala コードのアクターとメッセージという観点でさらに深く探ってください。
記事 2015/10/15
JVM の並行性: Scala での非同期イベント処理
Scala の Future クラスと Promise クラスは、イベントを編成して順序付けるノンブロッキング手法を含め、非同期処理を扱う強力な手段を提供します。しかも Scala では、マクロとして実装された async / await 構成体によって、ノンブロッキング型のイベント処理をより簡単に作成することができます。このチュートリアルでは、Future と Promise を使用する基本手法の実際を紹介した後、async / await を利用して、単純なブロッキング型のように見えるコードをノンブロッキング方式で実行されるように変換する方法をデモンストレーションします。
チュートリアル 2014/11/20
Java.next: 次に採用する JVM 言語を選択する
Java.next 言語はどれを取っても、次に採用するプログラミング言語にはぴったりの候補です。そのうちの 1 つを選ぶには、どうすればよいのでしょう?この重大な決定を左右する要素を調査してください。
記事 2014/7/24
JVM の並行性: Java 8 での並行処理の基礎
Java 8 には、並行プログラムをはじめとする各種プログラムの作成を容易にする、新しい言語機能と追加クラスが組み込まれています。この記事で、CompletableFuture や Stream などの Java 8 の機能拡張によって実現された、この言語の新しい強力な並列処理サポートについて学んでください。これらの新しい機能と、この連載の最初の記事で探った Scala の機能のいくつかの間には、類似点があることに気付くはずです。
記事 2014/7/03
Java.next: 並行性を比較対照する
スレッド化、並行性、並列性には、おそらく Java.next 言語の間で最も顕著な違いがあります。今回の記事では、Scala、Groovy、Clojure の既存の関数型のコードを並列コードにする簡単な方法を説明した後、Scala でのアクター並行性モデルを調べます。
記事 2014/6/12
JVM の並行性: Java と Scala での並行処理の基礎
Java プラットフォームでは、あらゆる JVM ベースの言語での並行プログラミングを強力にサポートしています。Scala は Java 言語の並行性サポートを拡張し、さらに多くの方法によりプロセッサー間で処理を共有して結果を調整できるようにしています。この JVM の並行性に関する新しい連載の第 1 回では、Java 7 における最先端の並行プログラミングを取り上げ、Scala による機能強化をいくつか紹介します。この記事は、Java 8 における並行性の機能を理解するための準備にも役立ちます。
記事 2014/5/29
Java.next: メモ化、そして関数型での相乗効果
Scala と Clojure はどちらも関数型言語であり、Groovy もライブラリーによって関数型の機能を数多く取り入れます。連載 Java.next の今回の記事では、各 Java.next 言語でのメモ化の実装方法と、関数型の機能を結合して、コードを簡潔に表現する方法を探ります。
記事 2014/5/22
Java.next: シノニムのややこしさを克服する
前回の Java.next の記事 (「関数型のコーディング・スタイル」) では、Scala、Groovy、Clojure といった 3 つの言語での関数型コーディング・スタイルを比較対照しました。今回の記事では、連載の著者である Neal Ford が Java.next 言語でのフィルター関数、マップ関数、および集約関数について、さらに深く掘り下げます。3 つの言語では、これらの重要な関数型構成体にさまざまな名前が付けられていますが、この若干ややこしい言語間での違いを整理できるように、一連の簡潔なコーディング・サンプルを記載します。
記事 2014/5/15
Java.next: 関数型のコーディング・スタイル
すべての Java.next 言語には、開発者がより上位の抽象化レベルで考えることを可能にする、関数型プログラミングの構成体があります。しかし言語によって用語が異なるため、同様の構成体であることに、なかなか気付かないことがあります。今回の記事では、Java.next 言語のそれぞれで、共通の関数型プログラミングの構成体がどのような形で現れるのかを明らかにし、それらの機能の実装詳細における微妙な違いを指摘します。
記事 2014/1/30
Java.next: カリー化と部分適用
カリー化と部分適用は、すべての Java.next 言語に組み込まれている手法ですが、その実装方法は言語によって異なります。今回の記事では、カリー化と部分適用について説明し、この 2 つの手法の違いを明らかにします。そして、Scala、Groovy、Clojure のそれぞれでの実装の詳細 (そして実際の使用例) を紹介します。
記事 2014/1/23
Java.next: ミックスインとトレイト
Java 言語の主要なパラダイムである「単一継承を使用したオブジェクト指向」は、プログラミング問題の大半を効果的にモデル化しますが、すべての問題をカバーするわけではありません。Java.next 言語は、このパラダイムをさまざまな方法で拡張します。その方法には、ミックスインとトレイトも含まれます。連載「Java.next」の今回の記事では、ミックインとトレイトに共通するメカニズムを明らかにし、Groovy のミックスインと Scala のトレイトとの微妙な違いについて探ります。
記事 2013/10/24
Java.next: 継承を伴わない拡張、第 3 回
Java.next 言語 ― Groovy、Scala、および Clojure ― では、Java 言語の拡張に関する制約をさまざまな方法で是正しています。連載「Java.next」の今回の記事で取り上げるのは、Groovy のメタプログラミング機構で使用できる驚異的な拡張機能です。
記事 2013/10/03
関数型の考え方: 関数型プログラミングの人気が高まっている理由
当面、Scala や Clojure などの関数型言語に移行する気はないとしても、Java 開発者は関数型のパラダイムを今すぐ学んでおくべきです。主流のプログラミング言語はいずれ、どれもが関数型に近いものになることでしょう。今回の記事で、Neal Ford がその理由を探ります。
記事 2013/8/01
Java.next: 継承を伴わない拡張、第 1 回
Groovy、Scala、および Clojure には多くの拡張メカニズムが用意されている一方、継承となると、事実上 Java 言語の継承が唯一の手段となります。今回の記事では、Java.next 言語での Java クラス拡張手段としてのカテゴリー・クラス、ExpandoMetaClass、暗黙の型変換、プロトコルについて見ていきます。
記事 2013/7/11
Java.next: Groovy、Scala、Clojure の共通点、第 2 回
Java 言語に関する共通の不満は、単純なタスクやデフォルトにも定型的な処理がありすぎて、混乱を招きがちであることに関連しています。3 つの Java.next 言語ではいずれも、これらの領域でより賢明な手法を取っています。連載「Java.next」の今回の記事では、Groovy、Scala、Clojure が Java 言語で扱いにくかった部分をどのように解決しているかを紹介します。
記事 2013/6/20
Java.next: Groovy、Scala、Clojure の共通点、第 3 回
Clojure、Scala、Groovy の間にある共通点を話題にしたこの 3 回からなる記事の最終回では、これら 3 つの言語が、例外、式、そして null (いずれも Java 言語で問題となっている領域) をどのように扱っているのかを探ります。これらの Java.next 言語では、それぞれの言語の特性を際立たせる独自の実装によって、Java 言語が持つ欠点に対処しています。
記事 2013/6/20
Java.next: Groovy、Scala、Clojure の共通点、第 1 回
Java.next 言語 (Groovy、Scala、Clojure) の間には、相違点よりも共通点の方が多く、機能や便利さの多くの点で共通する方向に向かっています。今回の記事では、演算子を多重定義できないという Java 言語の昔からの問題に、3 つの言語がそれぞれどのように対処しているかを探ります。また、関連する概念である、演算子の結合規則と優先順位についても説明します。
記事 2013/6/13
Java.next: Java.next 言語
この記事は、Groovy、Scala、Clojure という 3 つの次世代 JVM 言語の詳細な比較を行うために、Neal Ford によって新たに開始される developerWorks の連載です。この第 1 回では、皆さんが現時点でメインのプログラミング言語として Java を使い続けることにしているかどうかに関わらず、この 3 つの言語の類似点と相違点を理解することによって何が得られるのかを説明します。
記事 2013/5/30
関数型の考え方: 関数型のデザイン・パターン、第 3 回
Gang of Four (GoF) の Interpreter デザイン・パターンは、ある言語から新しい言語を作成することによって、その言語を拡張するように促すパターンです。ほとんどの関数型言語では、演算子の多重定義やパターン・マッチングなど、さまざまな方法で言語を拡張できるようになっています。Java ではこのような拡張手法を一切使用できませんが、次世代の JVM 言語では、実装の詳細は異なるとはいえ、言語の拡張が可能になっています。この記事では Neal Ford が、Groovy、Scala、および Clojure で Interpreter デザイン・パターンの目的を実現するために、Java では使用できない方法で関数型言語を拡張する方法を調査します。
記事 2012/6/14
Scala で作る Eclipse プラグイン
Eclipse は Java で作られており、プラグインを追加していくことでユースケースに合った開発環境を実現することができます。他方、オブジェクト指向と関数型の特徴を併せ持つ Scala は JVM 上で動きますので、Eclipse のプラグインを Scala でも記述できます。簡単なプラグイン作成の例を通して、Scala で実装する Eclipse のプラグイン作成に必要な設定を説明します。
記事 2012/4/19
関数型の考え方: 不変性
不変性は、関数型プログラミングの基本要素の 1 つです。連載「関数型の考え方」の今回の記事では、Java 言語における不変性のさまざまな側面を取り上げ、Java の不変クラスを作成する昔ながらの方法と新しい方法を説明します。さらに、Java 実装に伴う厄介な作業を大幅に取り除ける方法として、Groovy で不変クラスを作成する 2 つの方法を紹介します。そして最後に、この抽象化がどのような場合に適しているかを説明します。
記事 2011/9/02
関数型の考え方: 関数型の観点で考える、第 1 回
バグが少ない上に生産性が高いという特徴を引っ提げた関数型プログラミングへの関心が、最近、爆発的に高まっています。けれども多くの開発者が、ある種のジョブに対して関数型言語のどこが魅力的であるのか理解しようとして、理解できずに終わっています。新しい言語の構文を学ぶのは簡単ですが、今までとは違う考え方を学ぶのは大変です。連載「関数型の考え方」の第 1 回目では、著者の Neal Ford が、関数型プログラミングの特徴的な概念をいくつか紹介し、これらの概念を Java と Groovy の両方で使用する方法を説明します。
記事 2011/7/01
IBM のとがった人たち ~ 「IBM Japan Geeks」: 勉強会レポート(前編): 「Scala」と「Android」
IBMにて2008年2月より毎月開催されている勉強会「IBM Japan Geeks」。40名以上の“Geek”が登録しているというこの会では、さまざまな言語や最新技術をディープに情報交換しています。そこで CodeZineがこの勉強会に参加し、これまで発表のあったもののうち、反響のあった4編をバージョンアップして再現していただきました。この会の模様を2回に分けてレポートします。
記事 2008/8/29
1 - 26 件のうちの 26 件
概要の表示 | 概要の非表示