製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 33 件のうちの 33 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Servlet 4.0 を導入する
Servlet 4.0 は HTTP/2 のサーバー・プッシュ・テクノロジーを完全に統合しているだけでなく、サーブレットのマッピング URL のランタイム・ディスカバリーにも対応しています。このハンズオン・チュートリアルでは動画のデモを盛り込み、サンプル・コードを記載して、Java サーブレットと JSF アプリケーション内で HTTP/2 サーバー・プッシュと新しい HttpServletMapping インターフェースを使い始められるよう手引きします。
記事 2018/12/06
JavaScript EE: 第 3 回 JSP で Java Scripting API を使用する
この連載の前の 2 回の記事では、JavaScript ファイルをサーバー上で実行し、Ajax でリモート JavaScript 関数を呼び出す方法を説明しました。今回の記事では、サーバー・サイドの JavaScript コードを JSP (JavaServer Pages) 技術で使用する方法、JavaScript が無効にされた Web ブラウザーでも機能する Ajax (Asynchronous JavaScript and XML) ユーザー・インターフェースを作成する方法を紹介します。紹介するサンプル・コードは、皆さん独自のアプリケーションで再利用できる小さな JSP タグ・ライブラリーや、(Web サーバー上または Web ブラウザーで実行可能な) JavaScript コードによって生成される動的 Web フォームで構成されています。
記事 2009/6/02
Ajax 対応の JSP TagLib コントロールを作成する: 第 2 回 自動入力コントロールとフィールド・バリデーター・コントロール
ビジネス分野のアプリケーションで使用できる Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) コントロールを作成しましょう。この記事で作成する構成可能な JSP (JavaServer Pages) TagLib ベースのコントロールは、JSON (JavaScript Serialized Object Notation)、JavaScript スクリプト言語、そして CSS (Cascading Style Sheets) を利用して作成します。このような標準的な JSP TagLib コントロールを簡単にアプリケーションに組み込んで、より直観的で応答性に優れたインターフェースを提供する方法を学んでください。
記事 2008/11/25
容易になった Ajax と Java 開発: 第 3 回 DOM、JavaScript、JSP タグ・ファイルを使って UI 機能を作成する
第 2 回では、セットアップと構成を最小限にするための規則、そして JSP タグ・ファイルを使用して HTML フォームを作成する方法を紹介しました。連載第 3 回となるこの記事で学ぶのは、JavaScript をベースにクライアント・サイド、サーバー・サイドのバリデーターを開発し、それぞれに対応する JavaScript コードをバックアップする JSP タグ・ファイルとして実装する方法です。さらに、アプリケーションを再起動しなくても変更時に自動的にリロードされるリソース・バンドルを使用する方法も説明します。
記事 2008/7/22
Java EE 技術を使用するための長期的戦略を立てる
技術の変更は当然のことであり、また必要なものですが、変更によって既存のアプリケーションの動作が影響される場合もあります。このような変更の必然性を考えると、Java EE などの仕様の変更に左右される技術に頼るのは危険だと思えるかもしれません。しかし、どの技術を使用するのが適しているかを判断するときに十分な根拠に基づいて技術を選択し、周到な計画を立てることによって、互換性のない変更による影響を最小限に抑えることは可能です。この記事では、読者が根拠に基づいた選択を行えるように情報を提供するとともに、変更による組織への影響を最小限に抑えるための IBM の取り組みについて説明します。
記事 2008/5/14
AjaxTags で Ajax 開発を容易にする
Web 2.0 の時代には、Web ベースのアプリケーションのユーザビリティーと応答性に関する開発者やユーザーの期待はずっと高くなっています。この 2 年間ほど岩の下に住んでいたのでもない限り、皆さんはAjax (Asynchronous JavaScript + XML) の手法について聞いたことがあるはずです。Ajax を使えば、洗練されていていて、応答性が良く、しかも非常に動的なブラウザー・ベースのユーザー・インターフェースを、ブラウザーがページをリロードせずに作成することができます。この記事では AjaxTags について見ていきます。AjaxTags は Java/JavaScript ライブラリーであり、JSP ページに Ajax の機能を容易に統合することができます。
記事 2007/10/23
Geronimo への転向: 統合パッケージを使用する: GlassFish JSTL 1.2 と Apache Geronimo 2.0
Apache Geronimo チームが、新しい話題の Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) 5.0 仕様の実装に成功しました。Java EE 5 で注目に値する特徴の 1 つは、新規 JSTL (Java Standard Tag Library) 仕様です。JSTL 1.2 の鍵である統一式言語により、JSF (JavaServer Faces) と併せてJSTL 選り抜きの機能を使用できるようになります。連載「Geronimo への転向」では今回、Java Web 技術の歴史を振り返って JSTL 1.2 の重要性を説明し、Geronimo チームが JSTL 1.2 サポートを Geronimo に追加するために、どのように GlassFish JSTL 1.2 の実装を活用したかを紹介します。
記事 2007/8/28
JSON を使ったキャッシング
データ検証は、すべてのエンタープライズ Web アプリケーションにとって最も困難な、そして変化し続ける部分です。多くの場合、検証メタデータによって、JavaScript モジュールの中にサーバーサイド・コードが混在することになります。この記事では、サーバー・コードの助けを借りてクライアントサイドにメタデータをキャッシュするという、スマートな方法を学びます。サーバー・コードが JSON (JavaScript Object Notation) フォーマットでストリング化されたメタデータを提供するのです。またこの手法では、マルチバリュー属性とマルチグループ属性を、Ajax と似た方法で処理することができます。
記事 2006/10/17
高度なFaceletsプログラミング
この記事は、好評を博した「FaceletsはぴったりとJSFにフィットします」のフォローアップです。今回は、JSF(Java Server Faces)とELとの隙間を埋める橋渡しとして、より高度な方法を紹介します。Webページを『容易に』国際化し、構成コンポーネントにカスタムのロジック・タグを追加し、そしてFacelets開発にメタプログラミングを取り入れる方法を学びましょう。
記事 2006/5/09
FaceletsはぴったりとJSFにフィットします
この記事では、熱狂的なJSF支持者であるRick Hightowerが、Faceletsの素晴らしさについて、つまり容易なHTML風テンプレートと再利用可能な構成コンポーネントについて解説します。
記事 2006/2/21
StrutsとVelocityを統合する
この記事では、Strutsアプリケーションの中にVelocityテンプレート・エンジンを統合する方法と、使い方について説明します。説明としては、最初に公式を示し、その後から順を追って手順を説明します。
記事 2005/9/20
国際化JSPアプリケーションを構築する
この記事では、JSPアプリケーション設計の鍵となる問題は何かを明確にし、実践的手法に基づく2つの解決手段を示します。
記事 2005/3/29
JSFを信じない人のために: JSFに関するFUDをクリアーする
この4回構成の新シリーズでは、developerWorksに頻繁に投稿しているRick Hightowerが、事実とFUDを切り分けます。
記事 2005/2/03
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
J2EEパスファインダー: 5つの簡単なステップでJSPカスタム・タグを実装する
この記事では、自分の新しいXMLデータ・バインディング用のフレームワークをJavaアプリケーションの中で使って作業する方法を示します。
記事 2003/10/22
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
Struts-Faces統合ライブラリのクラス群をTilesやJSFで動くようにどうカスタム化するか、そうすることの背景・意味、また新しく作られたクラスの一式を実際に動作する例の中でどう使うかの詳細などについて説明していきます。
記事 2003/9/23
JSPベスト・プラクティス: JSPタグのカスタム属性を作る
今回は、カスタムのタイム・スタンプ・タグ(lastModified)を属性で拡張する方法について説明します。
記事 2003/8/05
J2EEパスファインダー: ステートフルなWebアプリケーションの作成と管理
今回の記事では、Java開発者でありコンサルタントであるKyle Gabhart氏が、ステートフルなWebアプリケーションを開発するための4つのJ2EEセッション・スコープの適切な処理について説明いたします。
記事 2003/7/30
JSPベスト・プラクティス: taglib入門
今回の記事では、スクリプトレットをJSPのカスタム・タグへ変換する方法、カスタム・タグをカスタム・タグ・ライブラリーへ追加する方法、JSPの開発でカスタム・タグを使用する方法について説明いたします。
記事 2003/7/23
JSPベスト・プラクティス: タイム・スタンプの力
今回は、JSPページへタイム・スタンプを追加することによって、Webサイトの使いやすさを向上させる方法、および追加方法の様々なテクニックについて説明しています。
記事 2003/7/01
JSPベスト・プラクティス: Webサイトへコンテンツをインポートする
今回の記事では、ベテランWeb開発者であるBrett McLaughlin氏がこの方法について解説します。
記事 2003/6/17
JSPベスト・プラクティス: JSTLでJSPページを書き換える
今回の記事では、Brett McLaughlin氏がJSTLについて概説し、その高機能なタグを使用するようJSPページを変換する方法について説明します。
記事 2003/5/27
JSTL入門 第4回: SQLおよびXMLコンテンツへのアクセス
IBM, IBM Japan, e-business,日本IBM,e-business on demand,ThinkPad,ホームページビルダー
記事 2003/5/20
JSPベスト・プラクティス:JavaBeansコンポーネントとJSPテクノロジーの組み合わせ
JavaBeansコンポーネントとJSPテクノロジーを組み合わせてデータの保存やWebページ間のデータの受け渡しを行う方法を説明するとともに、より動的なサイトの設計につながる組み合わせについて詳しく説明します。
記事 2003/5/13
JSPベスト・プラクティス: JSPのインクルード・インクルード・メカニズムを使用してルック・アンド・フィールを向上させる
新シリーズ第1回のこの記事では、JavaServer Pagesの include のメカニズムをご紹介します。include を使用してWebサイトやWebアプリケーションのページに静的なヘッダーおよびフッター・ファイルを組み込む方法を説明します。
記事 2003/4/15
JSTL入門: プレゼンテーションがすべて
全4回シリーズの第3回となる今回の記事で、再びJSTLを取り上げ、データを書式設定および国際化対応させるための fmt タグについて説明します。
記事 2003/4/15
JSTL入門: 核心(core)に触れる
前回は、JSP標準タグ・ライブラリー(JSTL)の概要を学びました。今回の記事では、引き続きJSTLを調べ、core ライブラリー内のフロー制御とURL管理に役立つタグを中心に説明します。
記事 2003/3/18
JSTL入門: 式言語
新シリーズ第1回となる本稿では、JSPページでスクリプト要素の使用を避けるためにJSTLタグを使用する方法を示し、また、ソフトウェア保守を単純化する方法について学びます。
記事 2003/2/01
JSPおよびJDBCテクノロジーによる動的Webベース・データ・アクセス
JSPおよびJDBCテクノロジーを用いて、Webサイトの静的、動的、さらにデータベースのコンテンツを統合する方法について説明します。
記事 2001/9/01
JavaServer Pagesテクノロジーを使用した動的XMLの生成
実際の例を使いながら、XML文書テンプレートとしてJSPページを作成する方法を見ていきましょう。
記事 2000/12/01
1 - 33 件のうちの 33 件
概要の表示 | 概要の非表示