製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 25 件のうちの 25 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Servlet 4.0 を導入する
Servlet 4.0 は HTTP/2 のサーバー・プッシュ・テクノロジーを完全に統合しているだけでなく、サーブレットのマッピング URL のランタイム・ディスカバリーにも対応しています。このハンズオン・チュートリアルでは動画のデモを盛り込み、サンプル・コードを記載して、Java サーブレットと JSF アプリケーション内で HTTP/2 サーバー・プッシュと新しい HttpServletMapping インターフェースを使い始められるよう手引きします。
記事 2018/12/06
WebSphere CloudBurst に Rational Automation Framework for WebSphere をプラスする
IT 組織にとって、ミドルウェア・アプリケーション環境の構築、デプロイメント、構成、および再現は、いずれも重要なタスクです。けれども、この一連のタスクには非効率な部分が多々あることが多いため、ミドルウェア・アプリケーション環境を構築してデプロイするまでに相当な時間がかかってしまう可能性があります。また、環境を構成するのにもかなりの経験が必要になり、同じミドルウェア・アプリケーション環境を常に再現するのは極めて困難です。この記事では、WebSphere CloudBurst と Rational Automation Framework for WebSphere を組み合わせて、堅牢な動的 WebSphere クラウド・アプリケーション・インフラストラクチャーを実現する方法を紹介します。
記事 2012/8/09
JSF 2 で RichFaces を使用する
JavaServer Faces (JSF) で使用するために設計された他のリッチ/Ajax コンポーネント・フレームワークと同じく、RichFaces も JSF 2 での大幅な変更に対応するように大々的に変更されました。この記事の著者である Joe Sam Shirah は、以前の記事「An introduction to RichFaces」で RichFaces バージョン 3.1 の機能を紹介しましたが、今回はそれと同じ機能を提供する、新しく変更された RichFaces 4.1 のコンポーネントについて説明します。また、JSF で RichFaces を使用するためのセットアップ要件に関する情報も更新します。
記事 2012/2/10
JSF 2 の魅力: 複合コンポーネントのベスト・プラクティス
連載「JSF 2 の魅力」の今回の記事では、JavaServer Faces の複合コンポーネントを実装する際の 5 つのベスト・プラクティスについて学びます。開発者はこれらのガイドラインに従うことで、ページ作成者でも簡単に拡張できるようなカスタム・コンポーネントを実装することができます。
記事 2011/1/11
JSF 2 の魅力: HTML5 複合コンポーネント: 第 2 回
連載「JSF 2 の魅力」の今回の記事では、著者の David Geary が前回に引き続き、JSF (JavaServer Faces) 2 技術と HTML5 を組み合わせることによってもたらされる威力を紹介します。今回は、HTML5 のドラッグ・アンド・ドロップをカプセル化した JSF 複合コンポーネントを実装する方法を説明します。
記事 2010/11/23
JSF 2 の魅力: HTML5 複合コンポーネント: 第 1 回
HTML5 は、ブラウザー・ベースのアプリケーションに、デスクトップ・ソフトウェアの機能に匹敵するリッチな機能を提供します。連載「JSF 2 の魅力」では今回、JSF (JavaServer Faces) 2 を使ってHTML5 複合コンポーネントを実装し、Java と HTML5 両方の利点を生かす方法を紹介します。
記事 2010/10/12
JSF 2 の魅力: JSF ウィザード
連載「JSF 2 の魅力」の今回の記事では、JSF 2 と CDI (Contexts and Dependency Injection) を組み合わせて Ajax 化したウィザードを実装する方法を説明します。JSF のテンプレート機能と Ajax の実際の動作、そして CDI の依存性注入と対話スコープの使い方を学んでください。
記事 2010/7/06
JSF 2 の魅力: 後から追加する Ajax 複合コンポーネント
JSF (JavaServer Faces) 2 Expert Group のメンバー、David Geary が、JSF 2 技術の詳細を紹介する連載を続けます。今回の記事では、実装済みの複合コンポーネントにページ作成者が Ajax を追加できるようにする方法を説明し、強力ながらもまったくドキュメントがない JSF 2.0 のタグについても詳しく見ていきます。さまざまな目的で再利用できる Ajax 対応の icon コンポーネントを、25 行にも満たない XML で実装する方法を学んでください。
記事 2010/6/01
JSF 2 の魅力: 第 3 回 イベント処理、JavaScript、そして Ajax
JSF (JavaServer Faces) 2 Expert Group のメンバー、David Geary が JSF 2 の新機能を紹介する 3 回の連載は、今回が最終回です。この連載の締めくくりとして、このフレームワークの新しいイベント・モデルと Ajax の組み込みサポートによって、再利用可能なコンポーネントをなお一層のこと強力にする方法を説明します。
記事 2009/7/14
JSF 2 の魅力: 第 2 回 テンプレート機能と複合コンポーネント
JSF (JavaServer Faces) 2 では、2 つの強力な機能によって簡単に変更および拡張ができるユーザー・インターフェースを実装することができます。その 2 つの機能とは、テンプレート機能と複合コンポーネントです。JSF 2 の新機能を紹介する 3 回連載の第 2 回目となる今回の記事では、JSF 2.0 Expert Group のメンバー、David Geary が Web アプリケーションでテンプレート機能と複合コンポーネントを最大限に活用する方法を紹介します。
記事 2009/6/02
JSF 2 の魅力: 第 1 回 Web アプリケーション開発を効率化する
JSF (Java Server Faces) のバージョン 2.0 は、Ajax 化した堅牢な Web アプリケーションを容易に実装できるようにします。この記事は、JSF 2.0 Expert Group のメンバー、David Geary が JSF 2 の新機能を利用する方法を紹介する 3 回連載の第 1 回目です。今回の記事では、XML 構成をアノテーションおよび規約に置き換え、ナビゲーションを簡易化し、そしてリソースに簡単にアクセスできるようにすることによって、JSF 2 で開発を効率化する方法を学んでください。また、JSF アプリケーションで Groovy を使用する方法についても説明します。
記事 2009/5/12
Java EE 技術を使用するための長期的戦略を立てる
技術の変更は当然のことであり、また必要なものですが、変更によって既存のアプリケーションの動作が影響される場合もあります。このような変更の必然性を考えると、Java EE などの仕様の変更に左右される技術に頼るのは危険だと思えるかもしれません。しかし、どの技術を使用するのが適しているかを判断するときに十分な根拠に基づいて技術を選択し、周到な計画を立てることによって、互換性のない変更による影響を最小限に抑えることは可能です。この記事では、読者が根拠に基づいた選択を行えるように情報を提供するとともに、変更による組織への影響を最小限に抑えるための IBM の取り組みについて説明します。
記事 2008/5/14
JSF と CSS、JavaScript を使用して作成する Ajax アプリケーション: 第 2 回 動的な JSF フォーム
この 2 回連載の第 1 回目の記事では、Java 開発者である著者、Andrei Cioroianu が JSF (JavaServer Faces) コンポーネントのスタイル属性を使用し、これらの属性にデフォルト値を設定する方法を紹介しました。2 回目となるこの記事では、標準 JSF コンポーネントが持つ JavaScript 関連の属性を使用する方法を取り上げます。DOM (Document Object Model) API、JavaScript、そして CSS (Cascading Style Sheets) をベースとしたいくつかの Web テクニックを学んでださい。また、Web ページを更新しないで、オプションの JSF コンポーネントを非表示にしたり表示したりする方法、Web ブラウザーで実行されるクライアント・サイドの検証を実装する方法、さらに Web フォームの入力要素に関するヘルプ・メッセージを表示するカスタム・コンポーネントを開発する方法を紹介します。
記事 2008/2/12
JSF と CSS、JavaScript を使用して作成する Ajax アプリケーション: 第 1 回 JSF ページの外観を整える
一般的な Web アプリケーションには、カスケーディング・スタイル・シート (CSS) と JavaScript を JSF (JavaServer Faces) などのサーバー・サイド・フレームワークと一緒に使用する必要があります。CSS によって Ajax やその他のアプリケーション内での Web コンポーネントの視覚的特徴を変更し、見た目のよい独特の外観にすることができるからです。この 2 回連載記事の第 1 回目では、標準 JSF コンポーネントが持つ CSS 関連の属性を利用する方法を説明します。さらに、ネストされたコンポーネントのデフォルト・スタイルを設定するカスタム JSF コンポーネントを作成する方法も学びます。この方法を使えば、Web アプリケーションのすべてのページを統一された外観にするのが非常に簡単になるだけでなく、他のコンポーネントの属性をプログラムによって設定することも可能になります。続く第 2 回目の記事では、JavaScript を使って JSF フォームを一層動的にする方法を紹介します。
記事 2008/1/29
Ajax による JSF フォームの自動保存: 第 3 回
この連載の第 1 回では、Java 開発者である著者の Andrei Cioroianu が Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) によって Web フォームのユーザー入力を送信し、JSF (JavaServer Faces) によって Ajax リクエストを処理する方法を説明しました。続く第 2 回では、サーバー側でのデータ管理を取り上げ、自動的に保存されたフォーム・データを維持するためのデータ・リポジトリーを紹介しました。3 回からなる連載の最終回となるこの記事で説明するのは、おそらく読者が想像する以上に巧妙な JSF フォーム・データのリストア方法です。興味深い JSF 手法として、JSF コンポーネントの immediate および onclick 属性を使用する方法、JSF リクエスト処理のライフ・サイクルのいくつかのフェーズを省略する方法、隠しフォーム要素を使って JSF リスナーを起動する方法を学んでください。この記事ではさらに、JSP/JSF 式を JavaScript コードに組み込む方法や JSF コンポーネントのレンダラーで生成された HTML フォーム要素と併せて JavaScript を使用する方法、そしてアプリケーション Bean のシリアライズおよびデシリアライズを行うサーブレット・コンテキスト・リスナーを実装する方法も説明します。
記事 2007/10/09
シームレスな JSF、第 3 回: JSF と相性のいい Ajax
JSF のコンポーネント・ベースの手法は抽象化を促進しますが、大抵の Ajax 実装は基礎となる HTTP 交換を公開するため、抽象化の妨げとなります。連載「シームレスな JSF」の最終回となるこの記事では、Dan Allen が Seam Remoting API と Ajax4jsf コンポーネントを使って、ブラウザー・サイドの Bean と通信しているかのようにサーバー上の管理対象 Bean と通信する方法を説明します。JSF イベント駆動型アーキテクチャーにふさわしい改善として Ajax を利用するのがどれほど簡単か、そして JSF コンポーネント・モデルに影響を与えずにこの改善を行う方法を学んでください。
記事 2007/6/12
シームレスな JSF、第 1 回: JSF 用にあつらえたアプリケーション・フレームワーク
JSF (JavaServer Faces) は Java Web アプリケーション向けに初めて標準化されたユーザー・インターフェース・フレームワークです。この JSF を拡張する強力なアプリケーション・フレームワークが、Seam です。この 2 つのフレームワークの絶好の相性について、新しい 3 回連載の第 1 回目となるこの記事で学んでください。Dan Allen が、コンテキストに依存した状態管理、RESTful な URL、Ajax remoting、適切な例外処理、そして構成上の規約など、Seam が持つ JSF ライフ・サイクルの拡張機能を紹介します。
記事 2007/4/17
高度なFaceletsプログラミング
この記事は、好評を博した「FaceletsはぴったりとJSFにフィットします」のフォローアップです。今回は、JSF(Java Server Faces)とELとの隙間を埋める橋渡しとして、より高度な方法を紹介します。Webページを『容易に』国際化し、構成コンポーネントにカスタムのロジック・タグを追加し、そしてFacelets開発にメタプログラミングを取り入れる方法を学びましょう。
記事 2006/5/09
FaceletsはぴったりとJSFにフィットします
この記事では、熱狂的なJSF支持者であるRick Hightowerが、Faceletsの素晴らしさについて、つまり容易なHTML風テンプレートと再利用可能な構成コンポーネントについて解説します。
記事 2006/2/21
JSFを信じない人のために: JSFに関するFUDをクリアーする
この4回構成の新シリーズでは、developerWorksに頻繁に投稿しているRick Hightowerが、事実とFUDを切り分けます。
記事 2005/2/03
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
記事 2004/8/18
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する
Struts-Faces統合ライブラリのクラス群をTilesやJSFで動くようにどうカスタム化するか、そうすることの背景・意味、また新しく作られたクラスの一式を実際に動作する例の中でどう使うかの詳細などについて説明していきます。
記事 2003/9/23
1 - 25 件のうちの 25 件
概要の表示 | 概要の非表示