製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 54 件のうちの 54 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
TSAM 拡張機能を使用して J2EE アプリケーションを管理する
IBM Tivoli Service Automation Manager (TSAM) 7.2.2 では拡張機能の概念を導入し、新しい IT サービス自動化ソリューション (TSAM では、「サービス定義」と呼ばれます) を実装したり、既存のサービス定義に機能を追加したりすることができる TSAM ソフトウェア・コンポーネントのセットを用意しています。この記事では、システムのニーズに応じてロード・バランサー・ポリシーを調整する方法、ビジネス・アプリケーションのワークロードの変化に合わせてアプリケーション・サーバーを追加および除去する方法、そしてファイアウォール・ルールを変更する方法とそのような変更が必要になる理由を説明します。
記事 2012/5/10
XADisk を使用してファイルシステムにトランザクションを活用する
部分的なデータをファイルに格納する Java アプリケーションでは、トランザクションを使用してファイルシステムにアクセスできると大きなメリットがあります。オープンソースの XADisk を活用し、トランザクションによってファイルにアクセスする方法を学びましょう。
記事 2012/2/03
Spring Roo 入門: 第 4 回 Spring Roo と Cloud Foundry による、クラウドでの迅速なアプリケーション開発
今回は、Roo での迅速な開発をさらに一歩進めて、クラウド内で実行されるアプリケーションを作成します。そのために使用するのは、VMWare によって作成された初のオープンソースの PaaS (Platform as a Service) プロジェクトである Cloud Foundry です。この環境の詳細を説明した後、Roo シェルを使ってアプリケーションを Cloud Foundry にデプロイします。
記事 2012/1/06
クラウドの特徴を備えるように Java EE コンテナーを拡張する
この記事では、クラウド・アプリケーションおよび Java Enterprise Edition アプリケーションの基本的な特徴を概説し、それらを比較対照して類似点と相違点を明らかにします。そして、並列性、弾力性、マルチテナンシー、そしてセキュリティーといったクラウドが持つ特徴を備えるように Java EE コンテナーおよびアプリケーションを拡張するための一連のストラテジーを定義し、またそのためのパターンを紹介します。
記事 2011/6/10
Web アプリケーションをマルチテナント型 SaaS ソリューションに変換する
シングル・テナント型の Web 対応アプリケーションをすでに構築してあるとしても、そのアプリケーションをクラウド環境に対応させて、クラウドのなかで有効に機能させなければなりません。この場合、アプリケーションを本格的なマルチテナント型のクラウド対応 SaaS アプリケーションに変換するために必要な手順をご存知でしょうか?この記事では、サンプル Web アプリケーションを例に、クラウド対応のアプリケーションへの変換を成功させるために必要な考慮事項と変更内容を具体的に説明し、この目標を達成するための手順を概説します。最後におまけとして、著者の会社がマルチテナンシーへの「プラグイン的な」手法となるように設計したソフトウェアを紹介します。
記事 2010/12/14
Java Web サービス: WS-SecureConversation のパフォーマンス
WS-SecureConversation によって、進行中の Web サービス・メッセージ交換を単純な WS-Security よりも少ない処理オーバーヘッドでセキュアにすることができます。この記事では、Apache Axis2、Metro、Apache CXF という代表的な 3 つのオープンソースの Java Web サービス・スタックで WS-SecureConversation を構成して使用する方法を説明します。さらに、この 3 つのスタックで WS-SecureConversation を使用した場合のパフォーマンスの違いを調べます。
記事 2010/6/22
Apache Click について学ぶ
Apache Click について学びましょう。Apache Click は MVC (Model-View-Controller) パターンや JSP (JavaServer Pages) を使わずに Web アプリケーションを作成することができる Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) Web アプリケーション・フレームワークです。この記事では、単純な Web ページを表示する例と、別の Web ページに表示されるデータを送信する Web フォームを作成する例を説明します。
記事 2010/1/26
XQuery をプレゼンテーション層に使用する
多くの Web アプリケーションでは、モデル・ビュー・コントローラー (MVC) パターンを用いて 3 つの関心事を切り分けます。プレゼンテーションに XQuery を使用することで、ビューを担当する開発者は、このアプリケーションで使用しているアプリケーション・サーバーやプログラミング言語がどんなものであってもそれに縛られることなく、強力なプレゼンテーション・エフェクトを作成することができます。この記事では、他のビュー技術に勝る XQuery を使用するメリットと、XQuery をプレゼンテーション層に実装する方法を詳しく説明し、現実に即した実装例を紹介します。
記事 2009/3/10
IBM OmniFind Enterprise Editionによる検索システムの統合: 第2回 セキュア検索のためのカスタマイズ
IBM OmniFind Enterprise Edition(以下OmniFind)は、製品として1ノード、2ノード、4ノード構成をサポートしており、検索システムの規模に応じて最適なノード構成を選択することが可能です。第1回目では、複数のOmniFindシステムに対して検索を行う、LocalFederatorを利用した検索アプリケーションのカスタマイズ手法を説明しました。しかし、LocalFederatorは検索結果の統合は行いますが、ユーザー情報の制御やグループ情報の取得など、セキュア検索に必要な処理は一切行いません。このような処理は、LocalFederatorで検索を行う前に、アプリケーション側で行う必要があります。第2回目の今回は、複数のOmniFindシステムを統合した際にもセキュア検索を可能とするために、前回のESSearchApplicationをさらにカスタマイズする方法を説明します。
記事 2009/2/20
IBM OmniFind Enterprise Editionによる検索システムの統合: 第1回 LocalFederatorによる複数システムの統合
IBM OmniFind Enterprise Edition(以下OmniFind)は、製品として1ノード、2ノード、4ノード構成をサポートしています。検索システムの規模に応じて最適なノード構成を選択することが可能であり、様々な要件に柔軟に対応することができます。しかし、場合によっては、5ノード以上の構成にしたいことや、ノードの役割を柔軟に設定したいこともありえます。本連載では、OmniFindに付属のESSearchApplicationをカスタマイズすることによって、複数のOmniFindシステムを統合し、柔軟なノード構成に対応する方法を説明します。
記事 2009/2/13
COBOL のように死んだ言語
Java が間もなく消え去るという最近の報告を見聞きした皆さんは、Java というプラットフォームを捨ててもっと優れたものに移行する時が来たのだろうかと思っていることでしょう。しかし結論を下す前に一歩下がって Java のエコシステムとその競合とを検証し、冒頭の噂が内容を伴ったものかどうかを調べてみましょう。つまりアメリカ大統領の一般教書演説にならい、Java プラットフォームの評価に関して高慢も偏見も交えずに Java の一般教書演説をしてみようというわけです。
記事 2008/5/27
容易になった Ajax と Java 開発: 第 2 回 セットアップと構成を最小限にするための規則に従う
たいていの Web フレームワークで目標とされるのは、さまざまなアプリケーションのニーズと開発スタイルに対応するために、できる限り柔軟かつ拡張可能にすることです。残念ながら、このような試みが結果的にフレームワークを複雑にし、処理のオーバーヘッド、そして大規模な構成ファイルをもたらす場合がよくあります。この記事では開発と保守を容易に行えるように、JSTL (JSP Standard Tag Library) と JSP タグ・ファイルを使ってデータ・バインディング、ページ・ナビゲーション、スタイル規則を実装する方法を紹介します。また、動的な属性を使ったカスタム JSP タグを作成し、アプリケーションを簡単に素早く変更できるようにする方法も学んでください。さらに記事の最後のセクションには、Ajax を使用して Web フォームをサブミットするサンプルも記載しています。
記事 2008/5/20
Java EE 技術を使用するための長期的戦略を立てる
技術の変更は当然のことであり、また必要なものですが、変更によって既存のアプリケーションの動作が影響される場合もあります。このような変更の必然性を考えると、Java EE などの仕様の変更に左右される技術に頼るのは危険だと思えるかもしれません。しかし、どの技術を使用するのが適しているかを判断するときに十分な根拠に基づいて技術を選択し、周到な計画を立てることによって、互換性のない変更による影響を最小限に抑えることは可能です。この記事では、読者が根拠に基づいた選択を行えるように情報を提供するとともに、変更による組織への影響を最小限に抑えるための IBM の取り組みについて説明します。
記事 2008/5/14
Generics と並行性でコレクションにスパイスを利かせる
Java Collections Framework は Java プラットフォームの重要な特徴です。デスクトップ・アプリケーションとエンタープライズ・アプリケーションはいずれも、操作対象の項目を収集するのが一般的だからです。この記事では、Java SE 6 でこのフレームワークに加えられた拡張機能を利用しながらコレクションを操作する方法を紹介します。Generics と並行性を利用することで、HashMap や TreeSet よりも遥かにアプリケーションの管理および拡張が容易になります。
記事 2008/4/08
Java EE 5: その威力と生産性、そして軽減された複雑さ
Java EE 5 (Java Platform, Enterprise Edition 5) のコンテナー・サポート、開発者向けツール、教材が改善され、そして開発者コミュニティーが実績を積んだことから、このプラットフォームを導入する組織は着実に増えてきています。この記事では Java EE 5 での新しい生産性向上機能と強化された API の概要を説明し、その単純化された開発モデルを実証する Web サービスの例を紹介します。
記事 2007/11/29
Java EE と Web 2.0 との出会い
標準 Java EE (Java Platform, Enterprise Edition 5) ベースの手法で開発した Web 2.0 アプリケーションはパフォーマンスとスケーラビリティーに関する深刻な問題に直面します。その理由は、同期 API の使用をはじめ、Java EE プラットフォーム設計の基礎となる多くの原則が、Web 2.0 ソリューションの要件には適用されないためです。この記事では、Java EE と Web 2.0 での手法の違いを解説し、非同期設計がもたらすメリットを検討するとともに、Java プラットフォームで非同期 Web アプリケーションを開発する際のソリューションをいくつか取り上げて評価します。
記事 2007/11/06
Java EE と Web 2.0 との出会い
記事 2007/11/06
Geronimo への転向: 統合パッケージを使用する: GlassFish JSTL 1.2 と Apache Geronimo 2.0
Apache Geronimo チームが、新しい話題の Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) 5.0 仕様の実装に成功しました。Java EE 5 で注目に値する特徴の 1 つは、新規 JSTL (Java Standard Tag Library) 仕様です。JSTL 1.2 の鍵である統一式言語により、JSF (JavaServer Faces) と併せてJSTL 選り抜きの機能を使用できるようになります。連載「Geronimo への転向」では今回、Java Web 技術の歴史を振り返って JSTL 1.2 の重要性を説明し、Geronimo チームが JSTL 1.2 サポートを Geronimo に追加するために、どのように GlassFish JSTL 1.2 の実装を活用したかを紹介します。
記事 2007/8/28
Java Web サービス: 第 3 回 Axis2 でのデータ・バインディング
Apache Axis2 Web サービス・フレームワークは、当初から複数の XML データ・バインディング手法をサポートするように設計されています。現行のリリースで完全にサポートしているのは、XMLBeans および JiBX データ・バインディング、そして Axis2 専用に開発されたカスタム ADB (Axis Data Binding) の手法です。この記事では、Axis2 でこれらの異なるデータ・バインディングを使用する方法を紹介するとともに、アプリケーションに応じてデータ・バインディングを使い分ける理由を説明します。
記事 2007/7/26
Javaの理論と実践: volatile を扱う
Java 言語に元々含まれている同期機構として、synchronized ブロック (およびメソッド) と volatile 変数の 2 つがあります。どちらも、スレッド・セーフにコードを描画するために提供されています。2 つのうち、volatile 変数の方が同期の仕組みとしては強力でない (しかし場合によると、より単純、あるいはコストが安い) のですが、誤った使い方をしやすいものでもあります。今回の Java の理論と実践では、Brian Goetz が volatile 変数を正しく使うためのパターンをいくつか調べ、volatile 変数を適用できる限界について注意を促します。
記事 2007/6/19
Apacheの戦士Geronimoが持つ実力: 第1回 勇気を出してジェロニモとお近づきになってみる
J2EEアプリケーションサーバ「Apache Geronimo」が静かにブレイクの兆しを見せています。本連載では、このGeronimoの魅力に迫っていきます。まず、Geronimoの導入ポイントと、Eclipse+Web Tools Platformを使った開発の流れを紹介しましょう。
記事 2007/5/25
Apacheの戦士Geronimoが持つ実力: 第2回 WTPを使用したWebアプリケーション開発
前回は、Geronimoの導入と、アプリケーション開発環境となるEclipseとWeb Tools Platform(WTP)をインストールしました。今回は、WTPを使用して簡単なWebアプリケーションを開発する方法を紹介します。
記事 2007/5/25
Axis2 と JiBX を使って Java クラスを Web サービスに変換する: 第 1 回 XML を使って Java クラスから Web サービスを定義する
XML は、ほとんど何についてでも定義できるという意味で強力です。しかも、大部分のアプリケーションにとって、特にこのシリーズの目的である Axis2 と JiBX にとっては、外部から読み取り可能なフォーマットの基本でもあります。それに加え、Web サービスがより一般的になってきたため、レガシーの Java プロジェクトを完全機能の Web サービスに変換することの緊急度が次第に高まっています。これまで、Web サービスの自動生成は 1 つのサービスや1 つのクラスに限定されていましたが、現在では、既存のプロジェクトの中にあるさまざまな Java クラスから 1 つ以上のサービスを生成するという選択肢があります。この記事は 2 回シリーズの第 1 回として、XML を使って既存の Java クラスから Web サービスを定義します。
記事 2007/3/20
Javaの理論と実践: Java 5 の言語機能を以前の JDK で使う
Java 5 には、Generics や列挙、アノテーション、Autoboxing、そして拡張 for ループなど、いくつかの強力な言語機能が追加されています。しかし多くの職場では相変わらず JDK 1.4 やそれ以前のバージョンが使われており、今後もしばらく、それが続くかもしれません。しかしそうした職場の開発者も、Java 5 以前の JVM へのデプロイを続けながら、こうした強力な言語機能を利用できるのです。今回の「Java の理論と実践」では、久しぶりに戻ってきた Brian Goetz が、そのための方法を解説します。
記事 2007/2/27
Java Web サービス: 第 2 回 Axis2 の徹底調査: AXIOM
Apache Axis2 Web サービス・フレームワークは、SOAP メッセージを効率的に処理するための新たな XML 文書モデル、AXIOM に基づいています。AXIOM は従来の文書モデルとは異なり、アクセスしている文書表現のみをメモリー内に構築します。このオンデマンド構築が何故 SOAP の処理方法として優れているのか、そして AXIOM の全体像のなかで XOP/MTOM 添付、データ・バインディング、パフォーマンスがどのような位置を占めるかを学んでください。
記事 2006/11/30
IBM WebSphere 開発者向け技術ジャーナル: スタンドアロン Java アプリケーションを WebSphere MQ V6.0 で実行する
IBM WebSphere MQ V6.0 でメッセージを送受信する J2SE アプリケーションの開発方法を学んでください。この方法で開発するアプリケーションは J2EE の標準 JMS と JNDI API を使用しますが、J2EE アプリケーション・サーバーでのデプロイメントは必要ありません。
記事 2006/10/25
Apache Geronimo PetStore デモの分析
実際的な手順に従って、ビジネスに実用できるエンタープライズ・アプリケーションを構築してみませんか。iBATIS PetStore アプリケーションは、Sun Java BluePrints プログラムから作成されたサンプル・アプリケーションです。このアプリケーションは、iBATIS パーシスタンス・フレームワーク、Java のみによる Apache Derby データベース、そして Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) の機能を使用して単純なクロスプラットフォーム・エンタープライズ・アプリケーションを開発する方法を教えてくれます。この記事では、iBATIS、Derby、Apache Geronimo の機能を活用して柔軟かつ実用的な PetStore アプリケーションの実装を作成する際に参考にできるヒントと技法を紹介します。
記事 2006/10/03
Java Web サービスのデプロイ
複数コンテナーでの Java Web サービスのデプロイメントは、開発者に問題を提起するはずです。Java コミュニティーがどのようにこの問題を対処し始めているかについて学ぶとともに、いくつかのデプロイメント記述子の実装についても学びます。
記事 2006/7/28
Ajax と Java EE との統合を容易にする
Ajax が一般的になるにつれ、このホットな話題についての俗説を払拭し、また Ajax を使う上での問題に取り組む必要性が高まってきました。この記事では、シニア IT スペシャリストである Patrick Gan が、Java EE Web アプリケーションに Ajax 技術を導入する場合、開発ライフサイクル全体において、どのような影響が考えられるかを検証します。
記事 2006/7/25
EJB 3.0 Java Persistence APIを使用したエンタープライズ・アプリケーションの設計
この記事では、Enterprise JavaBeans(EJB)3.0の新しいJava Persistence API(JPA)を活用したJava Platform, Enterprise Edition(Java EE 5)の設計手法について紹介します。JPAは、Hibernateなどのサード・パーティ製フレームワークに頼る必要のない、標準的なオブジェクト関連マッピング・ソリューションを提供します。
記事 2006/3/28
Java Web サービス: 第 1 回 Java Web サービス、来るべき一年
この先一年の間には、Webサービスの展望に劇的な変化が起こります。Java開発者の関心対象として、こうした変化に含まれるものとしては、新しいWebサービス・フレームワークと、Webサービスの上に構築される新しい機能レイヤーの両方があります。この記事では、Dennis Sosnoskiが新しい「Java Webサービス」シリーズを始めるに当たって、今後起こる変化や、新しい道筋などを解説します。
記事 2006/2/09
Apache Geronimo に Web サービスをデプロイする
この記事では、Javaの専門家である Kunal Mittalが、GeronimoのWebサービス機能の紹介として、標準的なJ2EE Webサービス・コードをGeronimoで書き、開発する方法を解説します。
記事 2005/6/28
Geronimoの中でTomcatの力を解き放つ
この記事ではTomcatのベテラン・ユーザーであるSing Liが、GeronimoをTomcat用にコンフィギュレーションしなおす方法を解説します。Tomcatおなじみの基本機能をGeronimoで利用するにはどうすべきか、そして、それらの機能を強化する方法を学びましょう。
記事 2005/6/14
JCA 1.5 第3回: メッセージ・インフロー
3回シリーズ最終回の今回は、新しいメッセージ・インフロー契約(message-inflow contract)を紹介します。
記事 2005/6/07
JCA 1.5 第2回: 作業管理とトランザクション・インフロー
2回目の今回は、新しいJCA作業管理契約(JCA work-management contract)を紹介します。
記事 2005/5/03
ApacheのBeehive入門
この記事では、Beehiveを使い始めるための手掛かりを紹介し、またBeehiveアプリケーションを作るためのEclipseプラグインである、Pollinateを簡単に紹介します。
記事 2005/4/19
JCA 1.5第1回: 最適化とライフサイクル管理
今回は、3回シリーズの第1回として、J2EE(Java 2 Enterprise Edition)のConnector Architecture、JCA 1.5で行われた最適化を紹介します。
記事 2005/4/05
JCAトランザクションを理解する
この記事では、別々のEIS(エンタープライズ情報システム)がどのようにしてJ2EE Connector Architecture を介してトランザクションにて機能できるかを説明します。
記事 2004/10/19
SDOの紹介
J2EE プログラミング・モデルと API が原因で、開発者が技術固有の構成、プログラミング、そしてデバッグにあまりにも多くの時間を費やすことになっていると考えているのなら、ぜひ、この記事を読んでください。Java™ 開発者の多くが、異種のデータに一様にアクセスできるという方法には懐疑的で、この問題の解決策を提案する各種のプログラミング・フレームワークに失望した経験があります。この記事では、Java 開発者である Bertrand Portier と Frank Budinsky が、SDO (Service Data Objects) を使用した次世代のデータ・プログラミングを紹介します。
記事 2004/9/28
Javaの理論と実践: J2EEをコンテナから誘い出す
今回は、J2EEコンテナ外に存在するいくつかのJ2EE技術をどのようにしてJ2SEアプリケーションに使うかについて見て行きます。
記事 2004/4/20
コンテナを使わないオブジェクト・リレーション・マッピング
この記事ではdeveloperWorks に定期的に寄稿しているRick Hightowerが現実世界での例を使って、企業用途にとって興奮すべき新しい技術の2つを紹介します。
記事 2004/4/13
メッセージを理解する: J2EE 1.4のメッセージング
この記事では、特にメッセージングに関するJ2EE仕様の変更に着目します。何を変更すべきか、何を現状維持出来るか、そしてどのような新しい可能性が待ち受けているかを、ここで学べます。
記事 2004/4/09
WS-AtomicTransactionとJTAによる分散トランザクション
この記事では、Webサービス・トランザクションの概念と、トランザクション・サービスとの相互動作、具体的にはJ2EEのトランザクション・モデルとJava Transaction APIとの相互動作について紹介します。
記事 2004/1/27
J2EEパスファインダー: Java Servlet 2.4のフィルタリング
最終回である今回は、典型的なフィルタの実装方法を3つのステップを通して説明します。さらに、正式リリースされたJava Servlet 2.4仕様から、興味深い変更のいくつかについてもこっそり教えてくれます。
記事 2004/1/27
J2EE パスファインダー: JAASとJSSEを備えたJavaセキュリティ
今回の記事では、エンタープライズJava開発者であり、教育者であるKyle Gabhart氏が、Java Authentication and Authorization Service (JAAS)とJava Secure Socket Extension (JSSE)を紹介します。
記事 2003/11/25
上級DAOプログラミング
この記事では、自分の新しいXMLデータ・バインディング用のフレームワークをJavaアプリケーションの中で使って作業する方法を示します。
記事 2003/10/07
強いインパクトのあるウェブ層クラスタリング: 第2回 JavaSpacesで適応性、拡張性を持ったソリューションを構築する
記事 2003/9/30
Struts、Tiles、JavaServer Facesを統合する: 主な登場者
記事 2003/9/23
強いインパクトのあるウェブ層クラスタリング: 第1回 JavaSpacesで適応性、拡張性を持ったソリューションを構築する
記事 2003/7/01
Tomcatを使いやすくする: Tomcat 5のフィルター処理の技
新しいTomcat 5サーバーは、フィルターを使って新しいレベルの配備の柔軟性を実現します。この記事では、新しい機能拡張をひととおり解説した後、実際的な例題をいくつか紹介します。
記事 2003/3/25
JSTL入門: 式言語
新シリーズ第1回となる本稿では、JSPページでスクリプト要素の使用を避けるためにJSTLタグを使用する方法を示し、また、ソフトウェア保守を単純化する方法について学びます。
記事 2003/2/01
Javaモデリング: UMLワークブック 第4回
この記事では、ユース・ケース・ダイアグラムの基本コンポーネントの1つであるアクターについて詳しく取り上げています。アクターは、UMLモデリングに不可欠であるだけでなく、Javaアプリケーションの作成にも重要な役割を果たしており、さらに、J2EEアプリケーション設計のパターンを提案することもできます。
記事 2002/6/01
EJB例外処理のベスト・プラクティス
J2EEとEJBテクノロジーは共に多くの利点を提供しますが、これらの利点によって新たな問題も発生します。この記事では、より迅速な問題解決のためのEJB例外処理のベスト・プラクティスを明らかにしています。
記事 2002/5/01
接続プール
J2EE環境における接続プール・リソースの必要性を、種々のリソースとそれらのリソースにアクセスするEJBコンポーネントに共通する性質を基に説明します。
記事 2000/10/01
1 - 54 件のうちの 54 件
概要の表示 | 概要の非表示