製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 61 件のうちの 61 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Java、Ajax、Cloudant を使ってハングマン・ゲームを作成する
Bluemix のサービスである Liberty for Java ランタイムと Cloudant NoSQL データベースを利用してオンラインのハングマン・ゲームを作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/11/13
IBM Worklight を使用して構築する IBM Watson 用モバイル・アプリケーションのプロトタイプの作成
この記事では、一般的なコンテキストであるか IBM Watson でのコンテキストであるかに関わらず、先進的なモバイル・アプリケーションの構築に関心があるアーキテクトと開発者を対象に、IBM Watson および病院のバックエンド・システムとのインターフェースを取る、癌専門医用の高度なモバイル・アプリケーションのプロトタイプの設計と実装について説明します。このプロトタイプを構築した IBM チームのメンバーが、チームが IBM Worklight を Dojo Mobile および Apache Cordova とともに使用して、プロジェクトの技術的課題にどのように対処したかを説明します。
記事 2013/9/05
JSF 2 で RichFaces を使用する
JavaServer Faces (JSF) で使用するために設計された他のリッチ/Ajax コンポーネント・フレームワークと同じく、RichFaces も JSF 2 での大幅な変更に対応するように大々的に変更されました。この記事の著者である Joe Sam Shirah は、以前の記事「An introduction to RichFaces」で RichFaces バージョン 3.1 の機能を紹介しましたが、今回はそれと同じ機能を提供する、新しく変更された RichFaces 4.1 のコンポーネントについて説明します。また、JSF で RichFaces を使用するためのセットアップ要件に関する情報も更新します。
記事 2012/2/10
jQuery、ZK、Java コードを融合させ、Ajax 開発を強化する
jQuery を使用すると、サーバー・サイドの Java アプリケーションと容易に通信をすることができます。しかしエンタープライズ Web アプリケーションを作成する場合には、コードが複雑になり、また jQuery を使用してサーバーとクライアントとの間でセキュアに通信しようとすると、非常に時間がかかり、エラーも発生しがちになります。アプリケーション全体を Pure Java コードで実装することができれば、その方がはるかに容易です。ビジネス・ロジックを制御したり、クライアント・サイドを制御することでもたらされるあらゆるメリットを活用したりすることができたらよいと思いませんか?この記事では、ZK ツールと Java EE 技術を使用し、クライアント・サイドの機能を犠牲にせずに Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) アプリケーション開発を強化する方法について学びます。
記事 2010/10/19
JSF 2 の魅力: JSF ウィザード
連載「JSF 2 の魅力」の今回の記事では、JSF 2 と CDI (Contexts and Dependency Injection) を組み合わせて Ajax 化したウィザードを実装する方法を説明します。JSF のテンプレート機能と Ajax の実際の動作、そして CDI の依存性注入と対話スコープの使い方を学んでください。
記事 2010/7/06
JSF 2 の魅力: 後から追加する Ajax 複合コンポーネント
JSF (JavaServer Faces) 2 Expert Group のメンバー、David Geary が、JSF 2 技術の詳細を紹介する連載を続けます。今回の記事では、実装済みの複合コンポーネントにページ作成者が Ajax を追加できるようにする方法を説明し、強力ながらもまったくドキュメントがない JSF 2.0 のタグについても詳しく見ていきます。さまざまな目的で再利用できる Ajax 対応の icon コンポーネントを、25 行にも満たない XML で実装する方法を学んでください。
記事 2010/6/01
ZK での CDI プログラミング・モデルを探る
JSR (Java Specification Request) 299: CDI (Contexts and Dependency Injection) for the Java EE platform では、強力なサービス一式を定義しています。これらのサービスには、タイプ・セーフな Java EE コンポーネントの依存性注入とコンポーネント間での対話を可能にするイベント通知モデルが含まれていて、Java EE Web 層から簡単に Java EE サービスにアクセスできるようになります。基本的に、移植可能な CDI エクステンション・メカニズムを使用することで、Java EE Web 層で使用されているあらゆるサード・パーティーのフレームワークから CDI サービスを利用することができます。この記事では、「ZK を使ったリッチ・インターネット・アプリケーション」のサンプル・アプリケーションを拡張する手順を通して、ZK フレームワークと、その強力な CDI サービスとの統合によって実際のサンプル・アプリケーションを変更する方法を説明します。
記事 2010/5/25
Jackson JSON プロセッサーと Apache Wink を組み合わせて使う
Apache Wink は急速に JAX-RS 1.0 仕様のデファクト実装の 1 つになりつつあります。JSON へのマーシャリング/JSON からのアンマーシャリング用として、標準的な Apache Wink ディストリビューションには JSON.org や Jettison などのプロバイダーが含まれていますが、これらのプロバイダーは配列の表現に少し問題があると同時に、戻り型が制限されています。そのため、JAX-RS サービスのコーディングや、JAX-RS サービスのクライアントとしての Ajax (Asynchronous JavaScript and XML) アプリケーションのコーディングは簡単ではありません。この記事では、JSON プロバイダーとして Jackson を使うように既存の Apache Wink 対応 Web アプリケーションを構成し、いくつかの問題を解決する方法について学びます。一例として Jackson 対応の簡単な JAX-RS Web サービスのサンプル・コードを使用し、Jackson プロバイダーの長所について説明します。
記事 2010/4/20
JavaScript フレームワークの比較
最近の Web サイトや Web アプリケーションは、リッチな対話性を実現するためにクライアント・サイドの JavaScript に大幅に依存する傾向があります。この傾向を顕著にしているのは、非同期 HTTP リクエストの出現です。非同期 HTTP リクエストの場合、サーバー・サイドのスクリプトやデータベース・システムからデータやレスポンスを返す際に、ページを最新の状態に更新する必要がありません。この記事では、対話性と応答性に極めて優れた Web サイトおよび Web アプリケーションを素早く簡単に作成できるようにする JavaScript フレームワークの仕組みを探ります。
記事 2010/2/02
GWT の魅力: 第 2 回 上級編
GWT (Google Web Toolkit) では、ブラウザーで動作するデスクトップ風のアプリケーションを実装することができます。この 2 回の連載の後半では、David Geary がイベントの受信、タイマーの使用、そしてイベント・プレビューなど、さらに高度な GWT の機能を使用する方法を説明します。
記事 2009/10/20
GWT の魅力: 第 1 回 Google Web Toolkit を利用して各地を訪ね回る
GWT (Google Web Toolkit) では、ブラウザーで動作するリッチ・クライアントのユーザー・インターフェースを Java 言語で実装することができます。この 2 回の連載記事では、David Geary が最新バージョンの GWT に関する情報を提供し、デスクトップのような Web アプリケーションを実装する方法を説明します。
記事 2009/9/01
JSF 2.0 の Ajax と GMaps4JSF
GMaps4JSF は Google マップと JSF (JavaServer Faces) を統合する JSF マッシュアップ・ライブラリーです。GMaps4JSF を利用すると、ストリート・ビューの複雑なパノラマやマップを数個の JSF タグで作成することができます。また、さまざまなコンポーネントを容易にマップに追加することができます。この記事では JSF 2.0 アプリケーションの中で GMaps4JSF を構成する方法を説明し、また JSF 2.0 の Ajax (Asynchronous JavaScript and XML) を簡単に紹介します。この記事を利用して、JSF 2.0 の Ajax と GMaps4JSF の両方を使用する簡単なマッシュアップ・アプリケーションの作成方法を学びましょう。
記事 2009/8/25
Google App Engine for Java: 第 2 回 キラー・アプリケーションを構築する
Google App Engine for Java のようなクラウド・プラットフォームの本質は、プロ級の品質を備えたスケーラブルなキラー・アプリケーションを考え出し、構築し、デプロイできるところにあります。しかも、混乱に陥ることもなく、あまり費用をかけずに実現することができます。Google App Engine for Java を紹介するこの 3 回からなる連載の第 2 回では、第 1 回で取り上げた既製のサンプル・アプリケーションの枠を超え、App Engine for Java を使って単純な連絡先管理アプリケーションを作成し、デプロイするプロセスを手順に沿って説明します。
記事 2009/8/11
JSF 2 の魅力: 第 3 回 イベント処理、JavaScript、そして Ajax
JSF (JavaServer Faces) 2 Expert Group のメンバー、David Geary が JSF 2 の新機能を紹介する 3 回の連載は、今回が最終回です。この連載の締めくくりとして、このフレームワークの新しいイベント・モデルと Ajax の組み込みサポートによって、再利用可能なコンポーネントをなお一層のこと強力にする方法を説明します。
記事 2009/7/14
JavaScript EE: 第 3 回 JSP で Java Scripting API を使用する
この連載の前の 2 回の記事では、JavaScript ファイルをサーバー上で実行し、Ajax でリモート JavaScript 関数を呼び出す方法を説明しました。今回の記事では、サーバー・サイドの JavaScript コードを JSP (JavaServer Pages) 技術で使用する方法、JavaScript が無効にされた Web ブラウザーでも機能する Ajax (Asynchronous JavaScript and XML) ユーザー・インターフェースを作成する方法を紹介します。紹介するサンプル・コードは、皆さん独自のアプリケーションで再利用できる小さな JSP タグ・ライブラリーや、(Web サーバー上または Web ブラウザーで実行可能な) JavaScript コードによって生成される動的 Web フォームで構成されています。
記事 2009/6/02
Dojo 1.x を使ってウィジェットを開発する
Dojo JavaScript ツールキットを使用して HTML ウィジェットを開発する上での基本を学んでください。この記事では Dojo ツールキットについて紹介し、開発プロセスに役立ついくつかの例を記載します。単純なウィジェットから次第に複雑なウィジェットの例へと進むなかで、開発段階で発生する可能性のある共通の問題を明らかにし、解決します。
記事 2009/4/28
Web 2.0時代のWebアプリケーションセキュリティー
Ajax(Asynchronous JavaScript + XML)やマッシュアップ(Mashup)に代表されるWeb 2.0技術は、そのリッチで使いやすいユーザーインターフェイスや高速なレスポンス性から、現在のWebアプリケーション開発のトレンドの一つとなっています。
記事 2009/4/24
XML: GWT と PHP とのブリッジ
GWT (Google Web Toolkit) アプリケーションでは、昔ながらの Java の流儀でサーブレットに接続することもできますが、PHP による Web サービスを使って XML でデータを送受信することもできます。この記事では XML 文書の生成方法と処理方法を Java 言語の場合と PHP の場合の両方について説明します。
記事 2009/4/07
JavaScript EE: 第 2 回 Ajax でリモート JavaScript 関数を呼び出す
記事 2009/3/31
JavaScript EE: 第 2 回 Ajax でリモート JavaScript 関数を呼び出す
この連載の第 1 回では、javax.script API を Ajax (Asynchronous JavaScript and XML) アプリケーションと Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) アプリケーションで使用する方法、そしてサーバー・サイドの JavaScript ファイルを実行できる Java サーブレットを作成する方法を学びました。今回の記事では、サーバーとクライアントの両方で JavaScript を使用する Web アプリケーションのために、RPC (Remote Procedure Call) メカニズムを実装する方法を説明します。さらにいくつかの興味深い方法として、Java インターフェースを JavaScript で実装する方法、XMLHttpRequest ラッパーを作成する方法、Ajax のデバッグを容易にする方法、そして JSP タグ・ファイルを使用して JavaScript コードを生成する方法も学びます。
記事 2009/3/31
XQuery をプレゼンテーション層に使用する
多くの Web アプリケーションでは、モデル・ビュー・コントローラー (MVC) パターンを用いて 3 つの関心事を切り分けます。プレゼンテーションに XQuery を使用することで、ビューを担当する開発者は、このアプリケーションで使用しているアプリケーション・サーバーやプログラミング言語がどんなものであってもそれに縛られることなく、強力なプレゼンテーション・エフェクトを作成することができます。この記事では、他のビュー技術に勝る XQuery を使用するメリットと、XQuery をプレゼンテーション層に実装する方法を詳しく説明し、現実に即した実装例を紹介します。
記事 2009/3/10
Groovy によるソーシャル・マッシュアップ
Twitter4J、Google マップ、そしてほんの少しの Ajax を組み合わせて Twitter 友達のマップを表示できる Groovy によるマッシュアップを作成しましょう。
記事 2009/2/24
JavaScript EE: 第 1 回 サーバー・サイドで JavaScript ファイルを実行する
JavaScript をサーバーの Java コードと組み合わせて、サーバーとクライアントの両方で同じ JavaScript ルーチンを自由自在に使えるようにしてください。それに加え、この連載で紹介する手法を使えば、Ajax クライアントと Ajax 以外のクライアント両方に共通するコード・ベースを利用することができます。サーバー・サイドのコードの大部分は今でも Java 言語で作成されているため、結局は Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) の機能を JavaScript に公開しなければならなくなります。そこで、この連載を通して、サーバー・サイドで JavaScript ファイルを実行してリモート JavaScript 関数を Ajax で呼び出し、Java Scripting API を JSP (JavaServer Pages) 技術で使用する方法を学んでください。
記事 2008/12/16
Ajax 対応の JSP TagLib コントロールを作成する: 第 2 回 自動入力コントロールとフィールド・バリデーター・コントロール
ビジネス分野のアプリケーションで使用できる Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) コントロールを作成しましょう。この記事で作成する構成可能な JSP (JavaServer Pages) TagLib ベースのコントロールは、JSON (JavaScript Serialized Object Notation)、JavaScript スクリプト言語、そして CSS (Cascading Style Sheets) を利用して作成します。このような標準的な JSP TagLib コントロールを簡単にアプリケーションに組み込んで、より直観的で応答性に優れたインターフェースを提供する方法を学んでください。
記事 2008/11/25
Grails をマスターする: JSON と Ajax による非同期 Grails
Web 2.0 開発には、JSON (JavaScript Object Notation) と Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) が不可欠です。連載「Grails をマスターする」では今回、Scott Davis がこの Web フレームワークに JSON と Ajax ならではの機能を組み込む方法を紹介します。
記事 2008/11/18
容易になった Ajax と Java 開発: 第 4 回 JSP タグ・ファイルを使用して JSF 風のコンポーネントを作成する
かつての JSP (JavaServer Pages) と JSF (JavaServer Faces) は、それぞれに異なる EL (Expression Language: 式言語) の変形バージョンを使っていましたが、JSP 2.1 では EL が統一されています。この統一によって新しい可能性が広がり、今では遅延評価される値 (deferred-value 属性) と遅延評価されるメソッド (deferred-method 属性) をカスタム JSP タグで使用できるようになりました。そこで、この記事では JSF コンポーネントを作成するより遥かに単純で簡単な手段として、JSP タグ・ファイルをベースとした Java Web コンポーネントを開発する方法を紹介します。
記事 2008/7/29
容易になった Ajax と Java 開発: 第 3 回 DOM、JavaScript、JSP タグ・ファイルを使って UI 機能を作成する
第 2 回では、セットアップと構成を最小限にするための規則、そして JSP タグ・ファイルを使用して HTML フォームを作成する方法を紹介しました。連載第 3 回となるこの記事で学ぶのは、JavaScript をベースにクライアント・サイド、サーバー・サイドのバリデーターを開発し、それぞれに対応する JavaScript コードをバックアップする JSP タグ・ファイルとして実装する方法です。さらに、アプリケーションを再起動しなくても変更時に自動的にリロードされるリソース・バンドルを使用する方法も説明します。
記事 2008/7/22
容易になった Ajax と Java 開発: 第 2 回 セットアップと構成を最小限にするための規則に従う
たいていの Web フレームワークで目標とされるのは、さまざまなアプリケーションのニーズと開発スタイルに対応するために、できる限り柔軟かつ拡張可能にすることです。残念ながら、このような試みが結果的にフレームワークを複雑にし、処理のオーバーヘッド、そして大規模な構成ファイルをもたらす場合がよくあります。この記事では開発と保守を容易に行えるように、JSTL (JSP Standard Tag Library) と JSP タグ・ファイルを使ってデータ・バインディング、ページ・ナビゲーション、スタイル規則を実装する方法を紹介します。また、動的な属性を使ったカスタム JSP タグを作成し、アプリケーションを簡単に素早く変更できるようにする方法も学んでください。さらに記事の最後のセクションには、Ajax を使用して Web フォームをサブミットするサンプルも記載しています。
記事 2008/5/20
Grails をマスターする: Ajax をほんの少し加えた多対多の関係
Web アプリケーションで多対多 (m:m) の関係を扱うには、さまざまな注意が必要になります。連載「Grails をマスターする」の今回の記事では、Scott Davis が Grails で m:m の関係をうまく実装する方法を説明します。GORM (Grails Object Relational Mapping) API とバックエンド・データベースではこの関係をどのように扱うか、そして Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) を少し使うことでユーザー・インターフェースをいかに効率的なインターフェースにできるかを学んでください。
記事 2008/4/15
Java Portlet Specification V2.0 (JSR 286) の新たな内容とは?
Java Portlet Specification のバージョン 2.0 (JSR 286) の全容を学んでください。仕様の内容と API の数が 2 倍以上になったバージョン 2.0 では、ほとんどの使用事例をベンダーの拡張機能なしで実装することができます。また、ポートレットのプログラミング・モデルにはイベントと共通レンダリング・パラメーターが用意されているため、現在使用しているポートレットから大規模な複合アプリケーションを構築したり、さまざまなシナリオでポートレットを再利用したりすることができます。
記事 2008/3/18
JSF と CSS、JavaScript を使用して作成する Ajax アプリケーション: 第 2 回 動的な JSF フォーム
この 2 回連載の第 1 回目の記事では、Java 開発者である著者、Andrei Cioroianu が JSF (JavaServer Faces) コンポーネントのスタイル属性を使用し、これらの属性にデフォルト値を設定する方法を紹介しました。2 回目となるこの記事では、標準 JSF コンポーネントが持つ JavaScript 関連の属性を使用する方法を取り上げます。DOM (Document Object Model) API、JavaScript、そして CSS (Cascading Style Sheets) をベースとしたいくつかの Web テクニックを学んでださい。また、Web ページを更新しないで、オプションの JSF コンポーネントを非表示にしたり表示したりする方法、Web ブラウザーで実行されるクライアント・サイドの検証を実装する方法、さらに Web フォームの入力要素に関するヘルプ・メッセージを表示するカスタム・コンポーネントを開発する方法を紹介します。
記事 2008/2/12
JSF と CSS、JavaScript を使用して作成する Ajax アプリケーション: 第 1 回 JSF ページの外観を整える
一般的な Web アプリケーションには、カスケーディング・スタイル・シート (CSS) と JavaScript を JSF (JavaServer Faces) などのサーバー・サイド・フレームワークと一緒に使用する必要があります。CSS によって Ajax やその他のアプリケーション内での Web コンポーネントの視覚的特徴を変更し、見た目のよい独特の外観にすることができるからです。この 2 回連載記事の第 1 回目では、標準 JSF コンポーネントが持つ CSS 関連の属性を利用する方法を説明します。さらに、ネストされたコンポーネントのデフォルト・スタイルを設定するカスタム JSF コンポーネントを作成する方法も学びます。この方法を使えば、Web アプリケーションのすべてのページを統一された外観にするのが非常に簡単になるだけでなく、他のコンポーネントの属性をプログラムによって設定することも可能になります。続く第 2 回目の記事では、JavaScript を使って JSF フォームを一層動的にする方法を紹介します。
記事 2008/1/29
ヒント: 非同期コールバックを最大限に利用する
JavaScript アプリケーションで Ajax データ・ソースに対する非同期コールバックを最大限に利用するためには、ある程度工夫した処理が必要です。このヒントでは、なぜ Ajax データ・ソースに対して非同期コールバックを使う必要があるのかについて説明します。また、相互に依存するアプリケーションのデータ・ソースを適宜利用できるように調整し、いつでも非同期呼び出しに対応できるようにする例についても説明します。
記事 2007/12/11
Java EE と Web 2.0 との出会い
標準 Java EE (Java Platform, Enterprise Edition 5) ベースの手法で開発した Web 2.0 アプリケーションはパフォーマンスとスケーラビリティーに関する深刻な問題に直面します。その理由は、同期 API の使用をはじめ、Java EE プラットフォーム設計の基礎となる多くの原則が、Web 2.0 ソリューションの要件には適用されないためです。この記事では、Java EE と Web 2.0 での手法の違いを解説し、非同期設計がもたらすメリットを検討するとともに、Java プラットフォームで非同期 Web アプリケーションを開発する際のソリューションをいくつか取り上げて評価します。
記事 2007/11/06
Java EE と Web 2.0 との出会い
記事 2007/11/06
AjaxTags で Ajax 開発を容易にする
Web 2.0 の時代には、Web ベースのアプリケーションのユーザビリティーと応答性に関する開発者やユーザーの期待はずっと高くなっています。この 2 年間ほど岩の下に住んでいたのでもない限り、皆さんはAjax (Asynchronous JavaScript + XML) の手法について聞いたことがあるはずです。Ajax を使えば、洗練されていていて、応答性が良く、しかも非常に動的なブラウザー・ベースのユーザー・インターフェースを、ブラウザーがページをリロードせずに作成することができます。この記事では AjaxTags について見ていきます。AjaxTags は Java/JavaScript ライブラリーであり、JSP ページに Ajax の機能を容易に統合することができます。
記事 2007/10/23
Ajax による JSF フォームの自動保存: 第 3 回
この連載の第 1 回では、Java 開発者である著者の Andrei Cioroianu が Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) によって Web フォームのユーザー入力を送信し、JSF (JavaServer Faces) によって Ajax リクエストを処理する方法を説明しました。続く第 2 回では、サーバー側でのデータ管理を取り上げ、自動的に保存されたフォーム・データを維持するためのデータ・リポジトリーを紹介しました。3 回からなる連載の最終回となるこの記事で説明するのは、おそらく読者が想像する以上に巧妙な JSF フォーム・データのリストア方法です。興味深い JSF 手法として、JSF コンポーネントの immediate および onclick 属性を使用する方法、JSF リクエスト処理のライフ・サイクルのいくつかのフェーズを省略する方法、隠しフォーム要素を使って JSF リスナーを起動する方法を学んでください。この記事ではさらに、JSP/JSF 式を JavaScript コードに組み込む方法や JSF コンポーネントのレンダラーで生成された HTML フォーム要素と併せて JavaScript を使用する方法、そしてアプリケーション Bean のシリアライズおよびデシリアライズを行うサーブレット・コンテキスト・リスナーを実装する方法も説明します。
記事 2007/10/09
Ajax による JSF フォームの自動保存: 第 2 回
連載「Ajax による JSF フォームの自動保存」の第 1 回では、Java 開発者である著者、Andrei Cioroianu が Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) および JSF (JavaServer Faces) 技術を用いて、Web フォームを自動的に保存する Java アプリケーションを作成する手順を紹介しました。この手順に沿って、JavaScript と XMLHttpRequest を使ってフォーム・データを取得、エンコード、送信する方法、Ajax リクエストの処理に JSF リクエスト処理のライフ・サイクルを適応させる方法、JSF コンポーネント・ツリーから送信されたデータをサーバー側で取得する方法を理解できたはずです。3 回連載の 2 回目となるこの記事では、ブラウザー・セッション間で匿名ユーザーを識別する方法、複数のユーザーとページに対して自動保存されたフォーム・データを管理する方法、データ・リポジトリーを選択する方法、そしてスレッド・セーフの問題に対処する方法を説明します。
記事 2007/9/18
XForms を Google Web Toolkit と統合する、第 1 回: GWT の JSNI (JavaScript Native Interface) を紹介する
この 4 回シリーズでは、GWT (Google Web Toolkit) と XForms とを組み合わせて動的な Web アプリケーションを作成する方法を説明します。第 1 回ではまず、GWT と XForms とを組み合わせて使う場合の問題をボトムアップの方法で説明します。それぞれの技術の基盤をいくつか調べ、両者をうまく共存させるための共通基盤を検証します。こうした作業は、GWT と XForms の両方を使う Web アプリケーションを開発するための基礎となります。
記事 2007/9/18
コード品質を追求する: Ajax アプリケーションのユニット・テスト
Ajax アプリケーションを作るのはワクワクすることですが、そのアプリケーションのユニット・テストには実に四苦八苦します。今回の記事で Andrew Glover が取り上げるのは、そんな Ajax のマイナス面 (マイナス面のひとつである)、非同期 Web アプリケーション特有のユニット・テストの問題です。彼が発見したように、Google Web Toolkit の助けを借りれば、この非同期 Web アプリケーションのコード品質の問題を思ったより簡単に解決することができます。
記事 2007/7/24
Cypal Studio for GWT を使って Ajax 開発をもっと簡単にする
GWT (Google Web Toolkit) を使えば、Java プログラマーが完全に Java プログラミング言語でリッチな Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) アプリケーションを作成することができます。この GWT 構造の管理サポートするのが、Eclipse IDE 用に設計された Cypal Studio for GWT です。この記事を読んで、Cypal Studio for GWT が GWT モジュールの新規作成を支援する方法、そしてリモート・プロシージャー呼び出しをサポートして Web アプリケーションを簡単に表示、デプロイできるようにする仕組みを学んでください。
記事 2007/6/19
シームレスな JSF、第 3 回: JSF と相性のいい Ajax
JSF のコンポーネント・ベースの手法は抽象化を促進しますが、大抵の Ajax 実装は基礎となる HTTP 交換を公開するため、抽象化の妨げとなります。連載「シームレスな JSF」の最終回となるこの記事では、Dan Allen が Seam Remoting API と Ajax4jsf コンポーネントを使って、ブラウザー・サイドの Bean と通信しているかのようにサーバー上の管理対象 Bean と通信する方法を説明します。JSF イベント駆動型アーキテクチャーにふさわしい改善として Ajax を利用するのがどれほど簡単か、そして JSF コンポーネント・モデルに影響を与えずにこの改善を行う方法を学んでください。
記事 2007/6/12
レガシーなやり方を高度な GWT コントロールに導く
GWT (Google Web Toolkit) は、Java プログラミング言語で Ajax アプリケーションを開発するためのライブラリーやツールを提供しています。しかし残念なことに、GWT の標準 UI コントロール (ウィジェット) のギャラリーは、最近のエンタープライズ・アプリケーションで要求される高度な機能を提供していません。この記事は、この高度な機能を提供するための手法を説明します。比較的単純なコーディングによって一般的な JavaScript グリッド・コンポーネントと GWT アプリケーションとを統合することで、GWT コントロールに高度な機能を持たせる方法を学びましょう。
記事 2007/4/24
作って学ぶ、今どきのWebサービス: 第5回 Amazon Webサービスを料理してみる
Webサービスを使いこなすといっても、Web検索の機能をアプリケーションに統合するだけでは、いまいち面白みがありません。今回は、Amazon.comが提供するAmazon Webサービスを料理してみましょう。
記事 2007/3/30
作って学ぶ、今どきのWebサービス: 第4回 Webサービスって実はこんなに簡単
前回まで3回に渡って、PerlにおけるWebプログラミングの基礎を解説してきました。今回は一歩進めて、より実用的なアプリケーションを作るため、その足がかりとなるであろうXML Webサービスの使い方について解説していきたいと思います。
記事 2007/3/30
Google Web Toolkit、Apache Derby、Eclipse を使用して Ajax アプリケーションをビルドする 第 2 回: 信頼できるバックエンド
GWT (Google Web Toolkit) を使用した Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) アプリケーションのビルド方法についての連載第 2 回目では、Web アプリケーションのための Apache Derby データベースをビルドして GWT の制御に使用する方法について学びます。第 1 回の記事では GWT の概要と、GWT を使用して Web アプリケーションのリッチ・クライアント・フロントエンドを作成する方法を紹介しました。今回は舞台裏に回り、データベース、そして GWT が使用できる形式にデータを変換するためのコードでバックエンドをセットアップする方法について学びます。この記事を読み終える頃には、フロントエンドとバックエンドが対話する準備が完了しているはずです。
記事 2007/1/23
境界を越える: JavaScript の言語機能
JavaScript はプログラミング言語の厄介者として、あざけりの対象となりがちです。その原因には、貧弱な開発ツールや、HTML ページ用の文書オブジェクト・モデルとして複雑で一貫性に欠けること、ブラウザーによって実装が異なることなどがあげられます。しかし JavaScript は、単なるオモチャをはるかに上回るものです。この記事では、Bruce Tate が JavaScript の言語機能を探ります。
記事 2006/12/19
境界を越える: Ajax on Rails
Web ページの対話性を高める技術、Ajax に対する熱狂が、さらに高まっています。また Ruby on Rails フレームワークの人気も高まっていますが、その理由の 1 つは Ajax と非常にうまく統合できるという強みがあるためです。Ajax on Rails が、なぜそれほど強力な組み合わせなのか、この記事で学びましょう。
記事 2006/12/05
Ajax と REST、第 2 回
Ajax の人気は急上昇しています。古い Web フレームワークでは Ajax をサポートするための改良が進行中で、新たな Ajax のみでのフレームワークの開発が進んでいます。また、Ajax の採用を検討中であったり、Ajax アプリケーションの構築をすでに開始したという組織も多数あります。そんなブームとは裏腹に、Ajax アプリケーションのデプロイメントに成功した組織は数えるほどです。2 回連載のこの最後の記事は、実際の IT アプリケーションで Ajax を使用するべきかどうかを判断する際の手掛かりとなるとともに、Ajax 開発の成功率を高めることを目的としています。
記事 2006/11/14
Ajax と REST、第 1 回
サーバー・サイド Web アプリケーションがリッチ・アプリケーション・モデルに従ってパーソナライズされたコンテンツを配信し、ますます実体験のようになるにつれ (没入型 Web アプリケーション)、そのアーキテクチャーが Web のアーキテクチャー・スタイル、REST (Representational State Transfer) に違反することも多くなってきています。このような違反によって、アプリケーションのスケーラビリティーは損なわれ、システムはより複雑になります。Ajax アーキテクチャーは REST との調和を実現することによって、没入型 Web アプリケーションがそのようなマイナス効果を排除し、REST 本来の特性を十分活用できるようにします。
記事 2006/10/02
境界を越える: Rails のマイグレーション
Ruby on Rails は進歩的な Web 開発フレームワークであり、過激な概念、例えばコンフィギュレーションよりも規約優先、メタプログラミング偏重、ドメイン固有言語、オブジェクト・リレーショナル・マッピングではなくデータベース・ラッピングなどを実装しています。この記事では、Rails のスキーマ・マイグレーションの考え方、つまり各データベース・スキーマの変更を、ベースとなるオブジェクト・モデルから分離する考え方について検証します。
記事 2006/8/15
AppFuse を使用する 7 つの簡単な理由
Spring、Hibernate、あるいは MySQL などの Java プラットフォームを対象としたオープン・ソース・ツールを使い始めるのは難しい場合があります。オープン・ソース・プロジェクトの統合につきものの悩みの種を取り除いてくれるのが、AppFuse です。
記事 2006/8/08
Ajax と Java EE との統合を容易にする
Ajax が一般的になるにつれ、このホットな話題についての俗説を払拭し、また Ajax を使う上での問題に取り組む必要性が高まってきました。この記事では、シニア IT スペシャリストである Patrick Gan が、Java EE Web アプリケーションに Ajax 技術を導入する場合、開発ライフサイクル全体において、どのような影響が考えられるかを検証します。
記事 2006/7/25
DWR が Ajax によるポートレット間メッセージングを簡単にする
オープン・ソースの DWR (Direct Web Remoting ) ライブラリーを使うと、Java クラスが JavaScript クラスに自動的に変換されるため、Java 開発者は Ajax 開発を簡単に行うことができます。DWR と JSR-168 準拠のポートレットを使って、Ajax アプリケーションを素早く簡単にビルドする方法を学びます。
記事 2006/7/14
Java開発者のためのAjax: Google Web Toolkitを探る
この記事では、リモートのWeb APIから気象情報をフェッチしてブラウザーに表示する、単純なGWTアプリケーションの作成手順を説明します。その中で、GWTの機能について可能な限り多く取り上げるようにし、また皆さんが突き当たりそうな潜在的な問題についても触れることにします。
記事 2006/6/27
境界を越える: 継続とWeb開発、そしてJavaプログラミング
『境界を越える』シリーズは、Javaではない言語が大きな問題をどのように解決しているかを学び、そうした解決方法が今日のJava開発者にとって何を意味するのかを考えます。今回の記事では、SmalltalkのSeasideのようなフレームワークの背景技術である、継続(continuation)を探ります。
記事 2006/3/21
Ajax をマスターする: 第 3 回 Ajax での高度な要求と応答
多くの Web 開発者たちにとって、シンプルな要求を行って、シンプルな応答を受け取ることができれば、それですべての必要は満たせます。しかし Ajax をマスターしたいのであれば、HTTP ステータス・コード、Ready 状態、そして XMLHttpRequest オブジェクトを完全に理解することが必須です。今回の記事では、Brett McLaughlin が各種のステータス・コードを紹介し、そのそれぞれをブラウザーがどのように処理するかを説明します。そして最後に、使用されることは少ないものの Ajax を使用して実行できる HTTP 要求を紹介します。
記事 2006/2/14
Ajax をマスターする: 第 2 回 JavaScript と Ajax を使用して行う非同期要求
大抵の Web アプリケーションでは、サーバーから HTML ページをまるごと取得する要求/応答モデルを使用します。このモデルを使用したやり取りは、ボタンをクリックしてサーバーからの応答を待ち、また別のボタンをクリックして再び待機するといったものになってしまいます。一方 Ajax と XMLHttpRequest オブジェクトを使用すれば、ユーザーがサーバーからの応答を待つ必要のない要求/応答モデルを使用することができます。今回の記事では、Brett McLaughlin が特定のブラウザーに依存しないように XMLHttpRequest インスタンスを作成する方法、要求を作成して送信する方法、そしてサーバーからの応答を処理する方法を説明します。
記事 2006/1/17
Ajax による SOAP Web サービスの呼び出し - パート 2: Web サービス・クライアントの拡張
今回は、Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) の設計パターンを使用して Web ブラウザー・ベースの SOAP Web サービス・クライアントを実装する方法について解説します。このパート 2 では、Web Services Addressing Language仕様および Web Services Resource Framework仕様への基本サポートを実装することにより、前回の JavaScript ライブラリーの諸機能を拡張します。
記事 2006/1/10
Ajax をマスターする: 第 1 回 Ajax の紹介
HTML、JavaScript、DHTML、そして DOM からなる Ajax は、魅力のない Web インターフェースをインタラクティブな Ajax アプリケーションに変換するための卓越した手法です。この記事では Ajax のエキスパートである著者が、Ajax を構成する技術が連動して極めて効率的な Web 開発を容易に実現する仕組みを、その概要から詳細に至るまで実例で説明します。さらに XMLHttpRequest オブジェクトをはじめ、Ajax の中心となる概念についても明らかにします。
記事 2005/12/06
SPARQL で RDF データを検索する
RSS のような RDF フォーマットで保存されるデータが増えてきたために、特定な情報を見つけるための簡単な方法が必要になってきました。強力な、新しいクエリー言語である SPARQL は、その要求に応えるものであり、これを利用することによって、RDF の山の中から必要なデータを容易に見つけることができます。SPARQL の機能を訪ねるツアーに出かけましょう。Jena Semantic Web Toolkit を使って、皆さん自身の Java アプリケーションから SPARQL クエリー行う方法を学びます。
記事 2005/10/01
1 - 61 件のうちの 61 件
概要の表示 | 概要の非表示