製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 26 件のうちの 26 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Java Integration ステージにおけるユーザコードのデバッグ
IBM InfoSphere Information Server バージョン 9.1 から提供されている Java Integration ステージを使用することにより、InfoSphere Data Stage and Quality Stage のパラレル・ジョブから Java コードを呼び出し、データを加工・変換する ETL (Extract, Transform, Load) ジョブに統合することが可能となります。お客様がもつ Java コードの資産や多種多様なオープンソース API やフレームワークの利用により、より付加価値の高いデータの生成が可能となります。本稿では、Java Integration ステージ上で動作するユーザコードのデバッグ方法について説明します。
記事 2015/10/14
Java の診断を IBM スタイルで: 第 1 回: IBM Monitoring and Diagnostic Tools for Java - Dump Analyzer の紹介
Java アプリケーションがますます複雑になった今、Java アプリケーションの問題を診断するのは容易なことではありません。場合によっては外部サービス組織との広範な作業も必要になってきます。そんななか、診断を正しい方向に導く指針があれば時間と経費の両面での節約になります。IBM Monitoring and Diagnostic Tools for Java - Dump Analyzer は、フォーマット済みシステム・ダンプで基本的な分析を行い、簡潔なレポートを生成して次に取るべき措置を示すツールです。
記事 2013/8/22
Java の診断を IBM スタイルで: 第 5 回 Health Center によってアプリケーションを最適化する
IBM Monitoring and Diagnostic Tools for Java - Health Center は、実行中の Java アプリケーションを監視するためのツールです。このツールはシステムの正常性に関するあらゆる側面を図やグラフ、表などでレポートするだけでなく、問題を修正するための推奨案も示してくれます。Health Center には極めてオーバーヘッドの低いメソッド・プロファイラーや、ガーベッジ・コレクション・ビジュアライザー、競合のボトルネックを識別するロック・プロファイラー、そして構成エクスプローラーが組み込まれています。このツールを使ってアプリケーションのパフォーマンス、構成、そして安定性に関する問題を診断し、修正する方法を学んでください。
記事 2013/8/22
STAF/STAX によるテストの自動化と継続的インテグレーション
リグレッション・テストとインクリメンタル・テストは、数百、あるいは数千もの要件で構成されるアプリケーションをテストする際に重要な役割を果たします。インクリメンタル・テストは手動で実行できる場合もありますが、リグレッション・テストには自動化ツールまたは自動化フレームワークが欠かせません。さまざまなオペレーティング・システム、アーキテクチャー、ミドルウェア・ソフトウェア (アプリケーション・サーバーやデータベースなど) に対応するのであれば、なおのこと自動化フレームワークが差し迫って必要になってきます。この記事では、STAF/STAX テスト自動化フレームワークについて概説し、STAF/STAX を使用して複雑なテスト・ベッドでのテストの自動化と継続的インテグレーションに対応するためのフレームワークを構築する方法を説明します。
記事 2013/6/06
ダンプからデバッグする
Memory Analyzer は、Java プロセスのダンプからメモリー・リークやメモリー・フットプリントの問題を診断する強力なツールです。しかも、診断用のコードを組み込まなくても Java コードの実態を詳細に入手できるため、たった 1 つのダンプから難解な問題のデバッグをすることができます。この記事では、ダンプを生成する方法、そして生成したダンプを使ってアプリケーションの状態を調べる方法を学びます。
記事 2011/3/15
マルチコア・システムでの Java 並行性バグのパターン
並行性に関するバグのパターンを調べることで、並行プログラミングに対する全般的な認識が深まると同時に、機能しない、あるいは機能しない可能性のあるコーディング・イディオムを学ぶことができます。この記事では、Zhi Da Luo、Yarden Nir-Buchbinder、Raja Das の 3 人の著者が、マルチコア・システム上で実行される Java アプリケーションのスレッド・セーフティーやパフォーマンスを脅かす、あまり知られていない 6 つの並行性に関するバグを明らかにします。
記事 2010/12/21
Swing コードをデバッグし、テストする
他の Java 開発者のコードを使用したり保守したりする必要がある場合、デバッグやテストをすると、そのコードの動作を理解しやすくなります。しかし GUI のコードの場合には、それに合った適切なツールがない限り、効果的なデバッグやテストを実践するのは困難です。この記事で紹介する 2 つのオープンソース・ツール、Swing Explorer と FEST-Swing を使用すると、Swing UI のデバッグやテストが簡単に行える上に信頼性の高いものになります。この記事では、著者の Alex Ruiz がこの 2 つのツールを使って UI の構造を理解する方法、UI の動作をテストする方法、そして問題のトラブルシューティングを行う方法について説明します。
記事 2010/2/02
Java の診断を IBM スタイルで: 第 5 回 Health Center によってアプリケーションを最適化する
記事 2009/10/07
コラボレーションによるデバッグ: 第2回 RTCサンプルを使用したデバッグ例の紹介
IBM Rational Application Developer for WebSphere Software V7.5では、初のJazzベースの製品であるIBM Rational Team Concert Clientが統合され、コラボレーションによるソフトウェア開発環境を提供しています。この記事では、その一例としてコラボレーションによる、Javaプログラムのデバック機能を容易に体験できるように一台のPCへのインストールと設定方法を交えてご紹介します。セッション・デバッグにより、リモート環境にあるデベロッパー間でデバッグを行う場合やチーム内の他のユーザーにデバッグを依頼する場合などに活用でき、チーム開発における生産性をあげることが可能になります。
記事 2009/3/13
コラボレーションによるデバッグ: 第1回 インストール
IBM Rational Application Developer for WebSphere Software V7.5では、初のJazzベースの製品であるIBM Rational Team Concert Clientが統合され、コラボレーションによるソフトウェア開発環境を提供しています。この記事では、その統合の成果であるコラボレーションによるJavaプログラムのデバックについて、一台のPCでも容易に体験できるようなインストールと設定方法を交えてご紹介します。セッション・デバッグにより、リモート環境にあるデベロッパー間でデバッグを行う場合やチーム内の他のユーザーにデバッグを依頼する場合などに活用でき、チーム開発における生産性をあげることが可能になります。
記事 2009/3/06
Eclipse を使ってリモートで Java アプリケーションをデバッグする
Java アプリケーションのデバッグを必ずしもローカルのデスクトップ上で行う必要はありません。リモート・デバッグを構成するさまざまな接続タイプを使用して、デバッグ作業を分散させる方法を学びましょう。この記事では、リモートでのアプリケーションのデバッグをセットアップするための機能と例について説明し、そのデバッグ方法を示します。
記事 2008/12/09
Javaの理論と実践: JMX を使ったアプリのインスツルメンテーション
デバッガーやプロファイラーはアプリケーションの動作の実態を教えてくれますが、私たちがこのようなツールを持ち出してくるのは通常、重大な問題が発生したときだけです。モニター・フックをアプリケーションに組み込めば、デバッガーを使用しなくてもプログラムが何を行っているか簡単に理解できるようになります。JMX (Java Management Extensions) が Java SE プラットフォームに統合され、jconsole ビューアーが汎用モニター GUI を提供するようになった今、これまで以上に簡単、効率的に JMX でアプリケーションにウィンドウを組み込めます。
記事 2006/9/19
コード品質を追求:ソフトウェア設計者にとってのコード品質
よく設計されたソフトウェア・アーキテクチャーのほとんどは、システムの拡張性、保守性、および信頼性をサポートすることを目的としています。残念ながら、品質問題を軽視すれば、ソフトウェア設計者の努力は水の泡になります。今回の「コード品質を追求する」では、品質のエキスパートであるAndrew Gloverが、ソフトウェア・アーキテクチャーの長期的存続に影響するコードの品質面を継続的に監視し、訂正する方法を説明します。
記事 2006/4/25
ConTestを使用したマルチスレッド・ユニットのテスト
この記事ではConTestというツールを紹介します。これは、並列プログラムのテストやデバッグ、カバレッジの測定に使用するツールです。これから説明しますが、ConTestは単体テストに代わるものではなく、並列プログラム上での単体テストの問題点を解決する補助的なテスト手法です。
記事 2006/4/04
レガシー・コードのテスト
この記事ではjEditを例として使用し、これまでにテストしたことのないレガシー・コードのテスト・スイートを開発する方法について紹介します。jEditは人気の高いオープン・ソースのテキスト・エディターですが、テスト・スイートはまったく用意されていません。jEditを使用した開発をより生産的に、効率的に、楽しいものにするテスト・スイートを開発していきます。
記事 2006/4/04
クラス・ローディング問題の神秘を解く 第2回: クラス・ローディングに関する基本的な例外
この4回シリーズの記事では、アプリケーション開発者が問題を理解し、デバッグできるようになることを目標に、Java のクラス・ローディングを検証しています。この第2回では、IBM Hursley Labs のLakshmi ShankarとSimon Burnsが、幾つかの例外に関して取り上げます。これらは非常に簡単なものですが、新人の開発者でも経験豊かな開発者でも、しばしば戸惑いがちな問題でもあります。
記事 2005/12/06
クラス・ローディング問題の神秘を解く 第1回: クラス・ローディングとデバッグ・ツール
皆さんがJava開発を行う中で出会いがちなローディングに関する様々な問題を、Lakshmi ShankarとSimon Burnsが解説し、また問題発生の原因と、その解決方法を解説します。第1回の今回は、Javaのクラス・ローディングがどのように動作するのか、またJVMで利用可能な、クラス・ローディングの問題を診断する上で役立つツールについて解説します。
記事 2005/9/29
効果的なログ習慣がエンタープライズ開発を楽にする
エンタープライズ・アプリケーションで効果的なログを行うためには、よく練った計画と、訓練が必要です。この記事では、コンサルタントであるCharles Chanが、プロジェクトの最初から効果的なログ・コードを書くためのベスト・プラクティスを紹介します。
記事 2005/8/09
Cobertura でテスト対象範囲を調べる
この記事では、コード・カバレッジ (テスト対象範囲) に関するベスト・プラクティスを使って Cobertura を活用する方法を解説します。
記事 2005/5/03
PMDでバグを退治する
この記事ではPMDに組み込まれているルールの使い方と、Javaコードの品質を改善するためにカスタムのルール・セットをどのように作るかを説明します。
記事 2005/1/07
Javaの理論と実践: バグを確実につぶす
今回は、このコラムで説明してきた設計原則にコードが合致するかどうかの静的解析にFindBugsを使う方法を説明します。
記事 2004/6/29
FindBugs 第2回: カスタムのチェック機能を書く
シリーズ第2回目の今回は、アプリケーション特有のバグを検出するチェック機能(detectors)を書く方法を説明します。
記事 2004/5/25
FindBugs 第 1 回: コード品質を改善する
2 部構成のこのシリーズでは、上級ソフトウェア・エンジニアがコードの品質改善や、隠れているバグを取り去るのにどれほど役に立つかを説明します。
記事 2004/5/25
Javaコードの診断: 深さ優先visitorと、破綻したディスパッチ
Visitorパターンの変形である 深さ優先visitor を使ってコードをどのように簡潔にできるかを、具体的に説明します。技法の説明、さらにその利点と便利さを示して、これを使用する際のバグ・パターンについて注意を促します。
記事 2002/1/01
Merlin の魔術: 例外とロギング
今回は、Merlin リリースの新たなロギングと例外の機能のはたらきについて説明し、評価とダウンロードに使用できるサンプル・プログラムを紹介します。
記事 2001/12/01
log4jによって可能になるログの制御
Java用のポピュラーなロギング・パッケージであるlog4jの機能と設計理論について説明します。
記事 2001/1/01
1 - 26 件のうちの 26 件
概要の表示 | 概要の非表示