製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 15 件のうちの 15 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
STAF/STAX によるテストの自動化と継続的インテグレーション
リグレッション・テストとインクリメンタル・テストは、数百、あるいは数千もの要件で構成されるアプリケーションをテストする際に重要な役割を果たします。インクリメンタル・テストは手動で実行できる場合もありますが、リグレッション・テストには自動化ツールまたは自動化フレームワークが欠かせません。さまざまなオペレーティング・システム、アーキテクチャー、ミドルウェア・ソフトウェア (アプリケーション・サーバーやデータベースなど) に対応するのであれば、なおのこと自動化フレームワークが差し迫って必要になってきます。この記事では、STAF/STAX テスト自動化フレームワークについて概説し、STAF/STAX を使用して複雑なテスト・ベッドでのテストの自動化と継続的インテグレーションに対応するためのフレームワークを構築する方法を説明します。
記事 2013/6/06
Spring Roo 入門: 第 6 回: Spring Roo 1.2 を使って Spring MVC および GWT アプリケーションを開発し、Cloud Foundry にデプロイする
Spring Roo は、バージョン 1.2 のリリースで大幅に進歩しました。この記事では、マルチモジュール・プロジェクトや MongoDB サポート、JSF サポートをはじめ、この最新リリースにおける数々の新機能を紹介します。その後、Spring Roo を使って実際にマルチモジュール GWT Web アプリケーションを開発し、Cloud Foundry にデプロイする方法を説明します。
記事 2012/10/04
Spring Roo 入門: 第 5 回 Spring Roo のアドバンスド・アドオンおよびラッパー・アドオンを作成する
Spring Roo のアドバンスド・アドオンは、Java コードをアプリケーションに追加するためのメカニズムとなります (例えば、ドメイン・オブジェクトの equals メソッドと hashcode メソッドを作成可能なアドオンを作成するなど)。アドバンスド・アドオンのテンプレートは、addon create コマンドで作成することができます。テンプレートがあれば、開発者のさまざまな要件を満たすために、そのテンプレートを拡張することができます。この記事では、アドバンスド・アドオンを作成する手順を具体的に説明します。
記事 2012/5/17
JSF 2 の魅力: 複合コンポーネントのベスト・プラクティス
連載「JSF 2 の魅力」の今回の記事では、JavaServer Faces の複合コンポーネントを実装する際の 5 つのベスト・プラクティスについて学びます。開発者はこれらのガイドラインに従うことで、ページ作成者でも簡単に拡張できるようなカスタム・コンポーネントを実装することができます。
記事 2011/1/11
Flex 4 アプリケーションと Java Web アプリケーションを作成する
RIA (Rich Internet Application) では、さまざまな技術を同時に使用する場合がよくあります。技術を適切にグループ分けして選択することで開発時間を短縮することができ、またユーザーに対し、完全でリッチなインターネット・エクスペリエンスを提供することができます。サーバー・サイドで Java EE プラットフォームのコンポーネントを使用し、クライアント・サイドで Adobe Flex プラットフォームを使用し、永続ストレージとして MySQL データベース・サーバーを使用する方法を学びましょう。
記事 2010/4/27
Simple を使って XML シリアライズを行う
Java 開発者には、XML (Extensible Markup Language) オブジェクトへのシリアライズと XML オブジェクトからのデシリアライズに関してはさまざまな選択肢があります。Simple はそうした選択肢の一例であり、競合する他の技術に勝るメリットがいくつもあります。この記事では、XML 通信システムの中で Simple を使う方法について、入門的な概要を説明します。
記事 2009/11/24
Spring での Object/XML マッピングのサポートを探る
Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) コミュニティーの中で、Spring は広く受け入れられたフレームワークになりつつあります。Spring の最新リリースの新機能の 1 つとして、O/X (Object/XML) マッピングがサポートされています。この API を利用することで、Java オブジェクトを XML に、あるいは XML を Java オブジェクトに変換することができます。この記事では、Spring の Object/XML マッピングの使い方と、そのメリットについて学びます。
記事 2009/10/20
Grails をマスターする: Groovy Server Pages によるビューの変更
GSP (Groovy Server Pages) は、Grails Web フレームワークの Web の部分になります。連載「Grails をマスターする」の第 3 回目では、Scott Davis が GSP の操作について詳細に説明します。Grails TagLib は簡単に使用できること、そして GSP のコード・フラグメントを組み合わせたり、scaffold により自動的に生成されるビューのデフォルト・テンプレートをカスタマイズしたりするのも簡単であるということを学んでください。
記事 2008/3/11
SOA のサービスにアセット・ベースの開発を適用する: 第 1 回 SOA とアセット開発のツール、ライフサイクル、そしてガバナンス
記事 2007/11/29
Java Web サービス: 第 3 回 Axis2 でのデータ・バインディング
Apache Axis2 Web サービス・フレームワークは、当初から複数の XML データ・バインディング手法をサポートするように設計されています。現行のリリースで完全にサポートしているのは、XMLBeans および JiBX データ・バインディング、そして Axis2 専用に開発されたカスタム ADB (Axis Data Binding) の手法です。この記事では、Axis2 でこれらの異なるデータ・バインディングを使用する方法を紹介するとともに、アプリケーションに応じてデータ・バインディングを使い分ける理由を説明します。
記事 2007/7/26
StrutsとVelocityを統合する
この記事では、Strutsアプリケーションの中にVelocityテンプレート・エンジンを統合する方法と、使い方について説明します。説明としては、最初に公式を示し、その後から順を追って手順を説明します。
記事 2005/9/20
JFaceウィザードの開発
JFaceウィザードは、Standard Widget Toolkit (SWT) 内の他のコンポーネントと組み合わせて使用することにより、ユーザー入力を系統的に収集し、データの検証を実行するための柔軟なメカニズムを提供します。
記事 2003/5/21
Eclipse Platform を使用した C/C++ 開発
この記事では、Eclipse で使用可能な最も優れた C/C++ ツールキットである C/C++ Development Toolkit (CDT) の使用方法を学習します。
記事 2003/4/22
エンタープライズ・レベルのRMI-IIOP
この記事では、RMIとCORBAの結び付きから生まれたRMI-IIOPを紹介し、シンプルなJavaベースのRMI-IIOPクライアント/サーバー型アプリケーションを構築して実行する方法を示します。
記事 2002/3/01
CORBAテクノロジーに触れる
6 月の記事では、CORBA と Java テクノロジーをなぜ選ぶのかについてお話ししました。今月は、CORBA テクノロジーのさまざまな面がよくわかる簡単な例から話を始めます。ただし、わたしたちの目標を見失わないようにしましょう。つまり、あるコンピューターに常駐するクライアントを使って、別のコンピューター上で実行されているサービスを要求する分散アプリケーションを作成することです。ハードウェアやオペレーティング・システム・ソフトウェアなど細かいことを気にする必要はありません。欲しいのは、クライアントの要求を満たすサービスだけです。
記事 2000/7/06
1 - 15 件のうちの 15 件
概要の表示 | 概要の非表示