製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 18 件のうちの 18 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
Java Web サービス: Metro の紹介
Metro Web サービス・スタックは、Web サービスを実装したり、Web サービスにアクセスしたりするための包括的なソリューションを提供します。そのベースとなっているのは JAXB 2.x および JAX-WS 2.x Java 標準のリファレンス実装であり、この実装に WS-* SOAP 拡張技術と実際の Web サービス・デプロイメントをサポートするためのコンポーネントが追加されています。Dennis Sosnoski の連載「Java Web サービス」では今回、この Metro のクライアントおよびサーバー開発の基本原則を取り上げます。
記事 2009/11/03
Java Web サービス: WSDL 1.1 を理解してモデル化する
WSDL (Web Services Description Language) 2.0 が W3C (World Wide Web Consortium) 標準として承認されてから数年経った今でも、Web サービスの記述形式として最も広く使用されているのは、WSDL 1.1 です。けれどもその人気の反面、WSDL 1.1 はいくつかの問題を抱えています。例えば、多種多様なスキーマが使用されていること、Web サービス・スタックによって WSDL 文書の処理方法が異なることなどです。この記事では、WSDL 1.1 のサービス記述がどのように構造化されているかを説明し、WSDL 文書を検証して「ベスト・プラクティス」に沿った形に変換する Java ツールの基本構造を紹介します。
記事 2011/2/08
Java Web サービス: WS-Policy について理解する
WS-Policy は、Web サービスに適用する機能とオプションを構成するための汎用構造を提供します。皆さんは、この連載の WS-Security 構成で使用されている例の他、WS-ReliableMessaging などの他の拡張技術でも WS-Policy を目にしたことがあるでしょう。今回の記事では、WS-Policy 文書の構造、そして WSDL (Web Service Description Language) でポリシーをサービスに関連付ける方法を説明し、サンプルのセキュリティー構成を Apache Axis2、Metro、Apache CXF のそれぞれで試します。
記事 2010/11/02
Java Web サービス: WS-SecurityPolicy をモデル化して検証する
WS-SecurityPolicy では、WSDL (Web Service Description Language) サービス記述の一部としてセキュリティー構成を定義できるようになっています。WS-SecurityPolicy は強力なツールですが、WS-SecurityPolicy 文書を処理するのは骨の折れる作業になりがちです。というのも WS-SecurityPolicy では、アサーションは正しく構造化されていなければ有効にならず、バージョンの名前空間は一貫していなければならないためです。この記事を読んで、WS-SecurityPolicy 文書を作成するときに犯しがちな間違いを知り、WS-Policy と WS-SecurityPolicy を検証および変換できるように Java でモデル化する方法を学んでください。
記事 2011/4/19
Java Web サービス: WS-SecureConversation のパフォーマンス
WS-SecureConversation によって、進行中の Web サービス・メッセージ交換を単純な WS-Security よりも少ない処理オーバーヘッドでセキュアにすることができます。この記事では、Apache Axis2、Metro、Apache CXF という代表的な 3 つのオープンソースの Java Web サービス・スタックで WS-SecureConversation を構成して使用する方法を説明します。さらに、この 3 つのスタックで WS-SecureConversation を使用した場合のパフォーマンスの違いを調べます。
記事 2010/6/22
Java Web サービス: WS-Trust と WS-SecureConversation
WS-Security は、SOAP メッセージ交換にエンタープライズ・レベルのセキュリティー機能を追加しますが、同時にパフォーマンス面でかなりの犠牲を伴います。WS-Trust は、WS-Security をベースとしてセキュリティー・トークンを交換するための手段です。そして WS-SecureConversation は WS-Security と WS-Trust をベースに、進行中のメッセージ交換のパフォーマンスを改善します。今回の連載「Java Web サービス」では、Dennis Sosnoski が WS-Trust と WS-SecureConversation を紹介します。
記事 2010/5/25
Java Web サービス: CXF のパフォーマンス比較
Apache CXF のベースとなっているコンポーネントは Apache Axis2 および Metro とある程度共通していますが、CXF はこの 2 つとは全く異なるアーキテクチャーでコンポーネントを構成しています。Dennis Sosnoski の連載「Java Web サービス」では今回、CXF、Metro、そして Axis2 の各スタックのパフォーマンスを WS-Security を使用した場合と使用しない場合の両方で比較します。
記事 2010/4/27
Java Web サービス: Metro での WS-Security
Metro Web サービス・スタックは JAXB 2.x および JAX-WS 2.x Java 標準のリファレンス実装をベースとしていますが、WS-* SOAP 拡張技術全般に対するサポートも組み込まれています。Dennis Sosnoski の連載「Java Web サービス」の今回の記事では、Metro での WS-Security の構成とその使用方法について説明します。
記事 2009/12/01
Java Web サービス: CXF の紹介
Apache CXF Web サービス・スタックは、JAXB 2.x データ・バインディング (およびそれに代わるその他のデータ・バインディング) および JAX-WS 2.x サービス構成をサポートしています。以前の記事で紹介した JAXB/JAX-WS と同様に、CXF では XML ファイルを使用して JAX-WS の構成情報を拡張します。この記事では、連載「Java Web サービス」の著者である Dennis Sosnoski が、CXF を使ってクライアントおよびサーバーの開発を行う際の基本事項を説明します。
記事 2010/2/09
Java Web サービス: Axis2 WS-Security による署名および暗号化
この記事では、まず公開鍵暗号方式の原理を紹介します。その後、WS-Security がこれらの原理を適用して、公開鍵と秘密鍵のペアに共通鍵を組み合わせて SOAP メッセージに署名を付け、暗号化する方法を説明します。Dennis Sosnoski の連載「Java Web サービス」では今回、WS-Security と WS-SecurityPolicy の署名機能と暗号化機能について、Axis2 と Rampart を用いたサンプル・コードと併せて解説します。
記事 2009/6/16
Java Web サービス: Web サービス・セキュリティーの現状
WS-Security およびそれに関連する標準では、Web サービス・セキュリティーに対してさまざまなオプションを規定しています。この広範なオプションのうち、Web サービス・スタックでテストするのは限られた数のセキュリティー構成だけです。相互運用性のテストに至っては、さらに少ない構成を独自にテストしているに過ぎません。この記事では、Web サービス・スタック間の相互運用性を促進するために業界がこれまで行ってきた取り組みを説明し、3 つの主要なオープンソースの Java スタックがセキュリティーの問題にどの程度まで取り組んでいるのかを比較して要約します。
記事 2010/12/07
Java Web サービス: 第 1 回 Java Web サービス、来るべき一年
この先一年の間には、Webサービスの展望に劇的な変化が起こります。Java開発者の関心対象として、こうした変化に含まれるものとしては、新しいWebサービス・フレームワークと、Webサービスの上に構築される新しい機能レイヤーの両方があります。この記事では、Dennis Sosnoskiが新しい「Java Webサービス」シリーズを始めるに当たって、今後起こる変化や、新しい道筋などを解説します。
記事 2006/2/09
Java Web サービス: (WS-)Security に伴う高コスト
Web サービス・アプリケーションをセキュアにするためにWS-Security が提供する強力な機能は、多くのアプリケーションにとって不可欠なものです。しかしこれらの機能には、パフォーマンスとメッセージのーバーヘッドという点で、かなりの犠牲が伴います。Dennis Sosnoski による連載「Java Web サービス」では、今回、WS-Security または WS-SecureConversation を使用することが Axis2 のパフォーマンスに与える影響に着目し、HTTPS によるセキュア接続という単純な (そしてパフォーマンスに優れた) 方法を選ぶほうがふさわしい場合について説明します。
記事 2009/7/07
Java Web サービス: 第 2 回 Axis2 の徹底調査: AXIOM
Apache Axis2 Web サービス・フレームワークは、SOAP メッセージを効率的に処理するための新たな XML 文書モデル、AXIOM に基づいています。AXIOM は従来の文書モデルとは異なり、アクセスしている文書表現のみをメモリー内に構築します。このオンデマンド構築が何故 SOAP の処理方法として優れているのか、そして AXIOM の全体像のなかで XOP/MTOM 添付、データ・バインディング、パフォーマンスがどのような位置を占めるかを学んでください。
記事 2006/11/30
Java Web サービス: Axis2 WS-Security の基本
Rampart セキュリティー・モジュールを Apache Axis2 にインストールして、Web サービスで WS-Security の機能を使用できるようにする方法を学んでください。今回、Axis2 での WS-Security および WS-SecurityPolicy の使用を焦点に再開した Dennis Sosnoski の連載「Java Web サービス」では、単純な最初のステップとして UsernameToken を取り上げます。連載の以降の記事では、Axis2 と Rampart によって実装する WS-Security、WS-SecurityPolicy について深く掘り下げていきます。
記事 2009/5/26
Java Web サービス: クライアント証明書を使用しない WS-Security
クライアントとサーバーの間でクライアント証明書を使わなくてもセキュアなメッセージ交換を行えるようにする WS-Security の対称暗号化は、Web サービス構成を単純化すると同時に、パフォーマンスにもメリットをもたらします。この暗号化手法はそのまま使用することも、WS-SecureConversation メッセージ交換のブートストラップで使用することもできます。この記事では、Axis2、Metro、CXF という代表的な 3 つのオープンソースの Java Web サービス・スタックを例に、対称暗号化を構成して使用する方法を説明します。さらに、基本的な WS-Security 対称暗号化のパフォーマンスを WS-SecureConversation のパフォーマンスと比較します。
記事 2010/8/03
Java Web サービス: Metro と Axis2 のパフォーマンス比較
Metro Web サービス・スタックと Axis2 スタックが提供する機能は同じです。けれども、Axis2 ではオプションで JAXB および JAX-WS を使用できることを除けば、この 2 つが使用する関連技術の実装はまったく異なります。Dennis Sosnoski の連載「Java Web サービス」では今回、Metro スタックと Axis2 スタックのパフォーマンスの違いを、WS-Security を使用した場合と使用しない場合の両方で比較します。
記事 2010/1/19
Java Web サービス: 第 3 回 Axis2 でのデータ・バインディング
Apache Axis2 Web サービス・フレームワークは、当初から複数の XML データ・バインディング手法をサポートするように設計されています。現行のリリースで完全にサポートしているのは、XMLBeans および JiBX データ・バインディング、そして Axis2 専用に開発されたカスタム ADB (Axis Data Binding) の手法です。この記事では、Axis2 でこれらの異なるデータ・バインディングを使用する方法を紹介するとともに、アプリケーションに応じてデータ・バインディングを使い分ける理由を説明します。
記事 2007/7/26
1 - 18 件のうちの 18 件
概要の表示 | 概要の非表示