製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 8 件のうちの 8 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: JRuby で DSL を作成する
Ruby は現在、内部ドメイン特化言語 (DSL) を作成する最先端の言語として使用されています。Ruby 実装のなかでも最も優れているのは、JVM で動作する JRuby です。シリーズ「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」の今回の記事では、既存の (そして今後作成される) Java コードのメリットを保ちつつ、Ruby の表現力を活用する方法を説明します。イディオムのようなドメイン・パターンを抽出する 1 つの手段として、Ruby で内部 DSL を作成する方法を学んでください。
記事 2010/9/28
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: Groovy で DSL を作成する
内部ドメイン特化言語 (DSL) を Java 言語で作成することは可能ですが、Java 言語の構文は制限されているため、かなり面倒です。内部 DSL を作成するには、JVM をベースにした他の言語のほうが適しています。「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」の今回の記事では、Groovy を使って内部 DSL を作成するときに活用できる機能、そして直面すると思われる問題について説明します。
記事 2010/8/17
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: 流れるようなインターフェース
シリーズ「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」の今回の記事では、新方式の設計でイディオムのようなパターンを抽出する手法を前回に続いて説明します。再利用可能なパターンを識別すれば、コードの残りの部分とは別に、そのパターンを抽出できるはずです。ドメイン特化言語 (DSL) は、簡潔にデータと機能を抽出する数多くの手法を提供します。今月の記事で Neal Ford が紹介するのは、イディオムのようなドメイン・パターンを抽出する内部 DSL を作成する 3 つの方法です。
記事 2010/7/13
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: DSL の使用
シリーズ「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」では、これまで主に技術的なパターンを対象とした新方式の設計に焦点を当ててきました。今回の記事では、ドメイン特化言語 (DSL) の技術を使用して、特定の領域でイディオムのようなパターンを抽出する方法を取り上げます。このシリーズの著者、Neal Ford が、DSL を使用した手法を具体的な例で説明し、この抽象化方式を使ってイディオムのようなパターンを抽出するメリットを明らかにします。
記事 2010/6/08
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: メトリックによる新方式の設計
ソフトウェア・メトリックは、コードのなかに隠れている設計要素を見つけ出し、イディオムのようなパターンとして明らかにするのに役立ちます。シリーズ「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」の今回の記事では、メトリックと視覚化を賢く利用して、思いがけない複雑さによって見つけにくくなった重要なコード要素を発見する方法を紹介します。
記事 2010/3/04
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: イディオムのようなパターンの抽出
今回の記事では、シリーズ「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」のこれまでの記事で説明した新方式の設計についての概念を 1 つの事例研究でまとめ、コードのなかに隠れた意外な設計要素を見つけ、抽出し、利用する方法を紹介します。設計要素を識別する方法を理解しさえすれば、その知識を生かしてコードの設計を改善することができます。新方式の設計によって、今までコード・ベースの重要な部分になるとは予想もしなかったコードの側面を発見できるようになります。
記事 2009/12/08
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: 設計のためのリファクタリング
このシリーズの前回までの記事では、ユニット・テストを行うことでより適切な設計を行えることを説明しました。しかし既に大量のコードがある場合には、その中に隠れている設計要素をどのようにして見つければよいのでしょう。前回の記事では、どのような構造のコードの作成を目指せばよいかを説明しました。今回の記事では、このシリーズの著者である Neal Ford がそうした概念を拡張し、リファクタリングを利用することで新方式の設計を行う手法について説明します。
記事 2009/5/26
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: Composed Method と SLAP
古くなったコード・ベースの中に隠された設計をどのように見つければよいのでしょう。この記事ではコードの構造に関する 2 つの重要なパターンである、Composed Method と SLAP (Single Level of Abstraction Principle) について説明します。これらの原則を既存のコードに適用することによって、それまで隠れたままであった再利用可能な資産を見つけることができ、さらに、それらを抽象化して集めることで、フレームワークにすることができるという利点もあります。
記事 2009/4/21
1 - 8 件のうちの 8 件
概要の表示 | 概要の非表示