製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 23 件のうちの 23 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
Java 開発 2.0: Objectify-Appengine による Twitter のマイニング、第 1 回
NoSQL の利便性をさらに広げる、新たなクラスのツールが登場してきています。そのうちの 1 つ、Objectify-Appengine は、アプリケーションと GAE データストアの間に Hibernate スタイルのマッピング層を提供します。今月の記事で紹介するのは、Objectify の JPA に対応した (ただし、これに依存してはいない) 便利な API です。Andrew Glover が Twitter のリツイートを Bigtable にマッピングする方法を手順に沿って説明し、Google App Engine にデプロイする準備を整えます。
記事 2010/11/09
Java 開発 2.0: ElasticSearch によるスケーラブルな検索
この 10 年で、英語で「グーゴゥ」と発音する単語が表す内容は大きく変わり、検索技術は驚くほど進化しました。クラウド対応の新しい検索プラットフォームの 1 つによって、単純でスケーラブルな検索機能を Java エンタープライズ・アプリケーションに実現する方法を学んでください。
記事 2013/1/10
Java 開発 2.0: クラウド・コンピューティング用の Java アプリケーション・データをセキュアにする
クラウドの導入を検討している組織にとって、データ・セキュリティーは深刻な懸念事項ですが、多くの場合、クラウド・データのセキュリティーを心配する必要はありません。連載「Java 開発 2.0」の今回の記事では、秘密鍵による暗号化と AES (Advanced Encryption Standard) を使用して、機密性の高いアプリケーション・データをクラウドでセキュアに保つ方法を説明します。またこの記事は、分散クラウド・データ・ストアに対して実行される条件付き検索を最大限に効率化する上で重要な暗号化戦略についての簡単なチュートリアルにもなっています。
記事 2012/2/23
Java 開発 2.0: Redis を実際に使用する
Redis には memcached と多くの共通点がありますが、機能の数という点では Redis のほうが充実しています。今月の連載「Java 開発 2.0」では、Andrew がは自作の位置情報ベースのモバイル・アプリケーションに、試しに Redis を追加して (Java ベースの Redis クライアント Jedis で) 使用してみます。Redis が単純なデータ・ストアとして機能する仕組みを学んだ後、今度は Redis を超高速の軽量キャッシュとして使用してみます。
記事 2012/1/27
Java 開発 2.0: Heroku の PaaS を使用してアプリケーションを Git にコミットする
Heroku について学びましょう。Heroku はクラウドでの Java アプリケーションの開発とデプロイメントに、使いやすさと構成の柔軟さという強力な組み合わせをもたらす Ruby ベースの PaaS ソリューションです。
記事 2012/1/06
Java 開発 2.0: Hadoop MapReduce によるビッグ・データ分析
Apache Hadoop は現在、分散されたデータの分析に最も良く使われているツールです。Hadoop は、ほとんどの Java 2.0 技術と同じく、スケーラブルに作られています。この記事では、Hadoop の MapReduce プログラミング・モデルについて説明した後、大企業と中小企業両方の情報ニーズに対応するために、この MapReduce プログラミング・モデルを使用してデータを分析する方法を説明します。
記事 2011/1/18
Java 開発 2.0: Hibernate Shards によるシャーディング
シャーディングはすべての人にとって有効な手段というわけではありませんが、リレーショナル・システムでサイズの大きいデータを扱う必要がある場合に有効な手段の 1 つです。場合によってはシャーディングを実行するということは、すなわちデータのスケーラビリティーやシステムのパフォーマンスを犠牲にすることなく、信頼性の高い RDBMS を維持できることを意味します。連載「Java 開発 2.0」の今回の記事では、シャーディングが有効な場合とそうでない場合を説明し、シャーディングを実際に利用してテラバイト規模のデータを処理できる単純なサンプル・アプリケーションを作成します。
記事 2010/8/31
Java 開発 2.0: 容易な EC2
Java Web アプリケーションのホスティング用に EC2 インスタンスをプロビジョニングする作業は簡単です。この連載「Java 開発 2.0」の今回の記事では、Groovy、Spring、Hibernate を (Grails フレームワークを介して) 活用する Web アプリケーションを素早く作成し、EC2 インスタンスにデプロイする方法について説明します。
記事 2009/10/27
Java 開発 2.0: Objectify-Appengine による Twitter のマイニング、第 2 回
Google App Engine (GAE) はアプリケーションをスケーリングするだけではありません。お気に入りのツールを使って、かなりの短期間でアプリケーションを構築するのにも役立ちます。今回は、Andrew Glover が索引付けとキャッシングのための仕掛けを追加して、この連載でサンプルとして作成している Twitter マイニング・アプリケーションのドメイン・モデルを完成させます。そして完成したドメイン・モデルに Twitter の OAuth 認可メカニズムと GAE のキューを追加し、さらに誰もがお気に入りの JavaScript ライブラリーである jQuery によって JSON と Ajax を少し追加して、サンプル・アプリケーションを仕上げます。
記事 2010/12/14
Java 開発 2.0: Google App Engine のための Gaelyk
Google App Engine が導入されたことにより、Google App Engine を対象としたアプリケーションの開発を容易にするためのフレームワークが相次いで登場しました。そんなフレームワークの 1 つが、Gaelyk です。Groovy で作成されたこのフレームワークは、データ・ストアを利用した軽量のアプリケーション開発を簡単にします。しかも、このフレームワークで実現できるスケーラビリティーは圧倒的です。
記事 2009/12/15
Java 開発 2.0: Amazon の SimpleDB によるクラウド・ストレージ、第 1 回
Amazon の SimpleDB を利用してデータを保管する方法やデータに対してクエリーを実行する方法を実際に経験して学んでください。このクラウド・ベースのキー・バリュー型のデータ・ストアには、Amazon Web サービスのインフラストラクチャーの魅力が詰まっています。
記事 2010/6/15
Java 開発 2.0: Google App Engine よ、こんにちは
オープンソースのソリューションと、サービスとして提供されているインフラストラクチャーを利用する (借りる) ことによって、より優れたソフトウェアを迅速に、しかも低コストで実現できる方向へと Java 開発は変貌しつつあります。Andrew Glover は、Java 開発をこうした方向へと導くさまざまな力 (要素) をまとめて Java 開発 2.0 という造語で表し、この Java 開発 2.0 に関連するツールと技術を話題にした新しい連載を始めます。連載第 1 回目となるこの記事では、Java 開発 2.0 の到来を告げ、そのコンセプトを Google の App Engine for Java を利用して素早く実現する方法を説明します。
記事 2009/8/18
Java 開発 2.0: EC2 も借りられます
連載「Java 開発 2.0」の今回の記事では、Andrew Glover が Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) 用にアプリケーションを開発してデプロイする方法を実際の手順に沿って紹介します。EC2 と Google App Engine との違いを学び、Eclipse プラグインと簡潔な Groovy 言語を利用して、単純な Web アプリケーションを EC2 で素早く稼働させる方法を学んでください。
記事 2009/9/29
Java 開発 2.0: NoSQL
現在、Bigtable や CouchDB などの NoSQL データ・ストアが Web 2.0 時代の脇役から主役へと変わりつつあります。それは、NoSQL データ・ストアによってスケーラビリティーの問題が解決され、さらに圧倒的なスケーラビリティーがもたらされるためです。Google と Facebook は NoSQL を採用した有名企業の一例にすぎません。そして NoSQL の時代はまだ始まったばかりです。スキーマレスなデータ・ストアは基本的に従来のリレーショナル・データベースとは異なりますが、皆さんが考えるほど使用するのが難しいわけではありません。特にリレーショナル・モデルではなく、ドメイン・モデルから取り掛かることで、意外と簡単に利用することができます。
記事 2010/5/11
Java 開発 2.0: MongoDB: (適切なすべての) RDBMS の動作をする NoSQL データ・ストア
NoSQL データベースの世界を探っているとしたら、NoSQL RDBMS とも称される MongoDB を調査の対象に含める価値はあります。この記事では MongoDB がサポートしているカスタム API、対話型シェル、RDBMS 方式の動的クエリー、素早く簡単な MapReduce による計算について説明します。さらに、MongoDB のネイティブ Java 言語のドライバーと便利な Groovy ラッパーである GMongo を使ってデータを作成、検索、操作する方法も紹介します。
記事 2010/9/28
Java 開発 2.0: Amazon SQS によるクラウド・ベースのメッセージング
Amazon SQS (Simple Queue Service) はメッセージ指向ミドルウェア (MOM: Message-Oriented Middleware) から必要な概念を採り入れていますが、ある特定の実装言語またはフレームワークしか使用できないわけではありません。メッセージ・キューイング・システムをインストールして保守する負担を軽減するとともに、AWS の従量課金によるスケーラビリティーを活用するために Amazon SQS を利用する方法を学びましょう。
記事 2011/3/22
Java 開発 2.0: Gretty を使った超軽量の Java Web サービス
Gretty は、Web サービスを構築するために作られた新しいタイプの超軽量フレームワークの 1 つです。超高速の Java NIO API をベースにした Gretty は、Web エンドポイントのドメイン特化言語として Groovy を使用し、Grape を使用して Maven スタイルの依存性管理を行います。この記事を読んで、Gretty を使用して Java Web サービス・アプリケーションを構築してデプロイする方法を学んでください。
記事 2011/9/16
Java 開発 2.0: Kilim の紹介
並行プログラミングは Java 開発 2.0 の中心となっていますが、おそらくこれは、スレッド・ベースの並行性ではありません。今回の記事では、Andrew Glover がマルチコア・システムにおける並行プログラミングでアクターがスレッドに勝る理由を説明し、並行プログラミングと分散プログラミングを 1 つに組み合わせたアクター・ベースのメッセージ・パッシング・フレームワーク Kilim を紹介します。
記事 2010/4/13
Java 開発 2.0: Java 開発者のための JavaScript
かねてから Java 開発者は JavaScript のことを、実際のプログラミングには軽量すぎるだけでなく、スクリプトを記述する代替手段として使うにも魅力のない、おもちゃのような言語であると見なしてきました。それにもかかわらず、JavaScript は未だ健在であり、しかも GWT や Node.js などの画期的な Web 技術の基礎として使われています。連載「Java 開発 2.0」の今回の記事では、Andrew Glover が現在の Java 開発者にとって JavaScript が重要なツールである理由を説明します。その後、JavaScript の変数、型、関数、クラスを含め、最近の Web で極上のアプリケーションを構築するために必要となる構文について手ほどきします。
記事 2011/6/03
Java 開発 2.0: Amazon の SimpleDB によるクラウド・ストレージ、第 2 回
どのようなタイプのアプリケーションでも、大抵は Grails などのリレーショナル・フレームワークを使えば、ドメイン・オブジェクトをモデル化するのはわけないことです。では、SimpleDB の場合はどうでしょうか。SimpleDB について 2 回にわたって紹介する連載の後半では、Andrew Glover が前回使用した Amazon SDK の代わりに SimpleJPA を使って SimpleDB のクラウド・ストレージにオブジェクトを永続化する方法を紹介します。SimpleJPA では、(JPA のように) ドメイン・モデリングに POJO (Plain Old Java Object) を使用できるだけでなく、プリミティブ・データ型を Amazon で使用できるストリングに自動変換してくれます。まさに、これ以上単純なクラウド・ストレージ手法はありません。
記事 2010/8/03
Java 開発 2.0: Elastic Beanstalk という伸縮自在な豆の木に登る
自分が使っている環境をより自由に制御したい一方、PaaS のプラグ・アンド・プレイ的なスケーラビリティーも気に入っている人々にとって、Beanstalk は Google App Engine に代わる絶好の手段となるはずです。Andrew Glover が案内するこの Beanstalk のツアーでは、位置情報を利用したモバイル・アプリケーションを Play フレームワークと MongoDB を使って構築するところから始め、このアプリケーションを Beanstalk 環境に移植する手順を具体的に説明します。Beanstalk を構成するのは、簡単かつ実りのある作業です。著者が言うように、Beanstalk には、GAE が提供する以上の選択肢と柔軟性があるからです。
記事 2011/2/22
Java 開発 2.0: Groovy の RESTClient を使用して REST によって CouchDB の操作を行う
この数年におけるオープンソースの世界での急激な技術革新は、Java 開発者の生産性を向上させる結果となりました。かつては当たり前に開発に時間がかかっていたツールやフレームワーク、そしてソリューションを、今では無料で入手できるからです。このオープンソースの舞台に前途有望なソリューションとして新たに登場したのが、Apache CouchDB です。Web 2.0 向けデータベースとして一部の人々から支持されている CouchDB は、その全体像を把握しやすく、Web ブラウザーと同じように簡単に使用することができます。連載「Java 開発 2.0」の今回の記事では、CouchDB について紹介するとともに、Groovy の RESTClient によって CouchDB の威力を発揮させる方法を説明します。
記事 2009/11/17
Java 開発 2.0: Amazon RDS で Play フレームワークを使用する
拡大し続ける Amazon の PaaS ファミリーの 1 つ、Amazon RDS では、数回クリックするだけでアプリケーションのリレーショナル・データ・ストレージの容量を増やすことができます。
記事 2011/8/26
1 - 23 件のうちの 23 件
概要の表示 | 概要の非表示