製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(91 トピック)

(0 インダストリー)

(4 種類)

1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル up 種類 none 日付 none
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: Groovy で DSL を作成する
内部ドメイン特化言語 (DSL) を Java 言語で作成することは可能ですが、Java 言語の構文は制限されているため、かなり面倒です。内部 DSL を作成するには、JVM をベースにした他の言語のほうが適しています。「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」の今回の記事では、Groovy を使って内部 DSL を作成するときに活用できる機能、そして直面すると思われる問題について説明します。
記事 2010/8/17
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: イディオムのようなパターンの抽出
今回の記事では、シリーズ「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」のこれまでの記事で説明した新方式の設計についての概念を 1 つの事例研究でまとめ、コードのなかに隠れた意外な設計要素を見つけ、抽出し、利用する方法を紹介します。設計要素を識別する方法を理解しさえすれば、その知識を生かしてコードの設計を改善することができます。新方式の設計によって、今までコード・ベースの重要な部分になるとは予想もしなかったコードの側面を発見できるようになります。
記事 2009/12/08
進化するアーキテクチャーと新方式の設計: 流れるようなインターフェース
シリーズ「進化するアーキテクチャーと新方式の設計」の今回の記事では、新方式の設計でイディオムのようなパターンを抽出する手法を前回に続いて説明します。再利用可能なパターンを識別すれば、コードの残りの部分とは別に、そのパターンを抽出できるはずです。ドメイン特化言語 (DSL) は、簡潔にデータと機能を抽出する数多くの手法を提供します。今月の記事で Neal Ford が紹介するのは、イディオムのようなドメイン・パターンを抽出する内部 DSL を作成する 3 つの方法です。
記事 2010/7/13
1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示