技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (0 製品)

    (107 トピック)

    (1 インダストリー)

    (4 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

1 - 15 件のうちの 15 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: オブジェクト指向のための関数型プログラミング
Java プラットフォームは、その登場以来ずっとオブジェクト指向プログラミングの領域のものでしたが、熱烈な Java 言語支持者でさえ、アプリケーション開発における『古いものは新しい』という最近の傾向である、関数型プログラミングに注目し始めています。この新しいシリーズでは、Ted Neward が Scala を紹介します。Scala は JVM に対して関数型の手法とオブジェクト指向型の手法を組み合わせたプログラミング言語です。Scala を紹介する中で、なぜ Scala を学ぶために時間を費やす必要があるのか、その理由 (1 つは並行性です) を説明し、また学んだことをすぐに生かせることを示します。
記事 2008/1/22
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: Scitter を使って Twitter を更新する
Scitter クライアント・ライブラリーはほぼ実用的なものになりましたが、最後の仕上げが少し必要です。今回の「多忙な Java 開発者のための Scala ガイド」では、Ted Neward が、Twitter にアクセスするための Scala ベースのライブラリーに対し、更新、表示、削除機能を追加する方法について説明します。
記事 2009/10/20
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: Scitter ライブラリーを機能強化する
Scala の概要について説明することは楽しいのですが、Scala を実用的な方法で使ってみないと、Scala を開発者の「おもちゃ」として捉える場合と、仕事で使う場合の違いはわからないかもしれません。今回は、Twitter にアクセスするための Scala によるクライアント・ライブラリー Scitter を紹介した前回の記事の続きとして、Scala を熱烈に支持する著者の Ted Neward が、前回にも増して便利で興味深い一連の機能を、このクライアント・ライブラリーに追加します。
記事 2009/6/02
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: Scala + Twitter = Scitter
Scala の概要について説明することは楽しいのですが、このシリーズの読者の大部分にとっては Scala を実用的な方法で使ってみないと、Scala を開発者の「おもちゃ」として捉える場合と、仕事で使う場合の違いはわからないかもしれません。今回の記事では Ted Neward が Scala を使って、人気のマイクロブロギング・システムである Twitter にアクセスするためのクライアント・ライブラリーの基本フレームワークを作成します。
記事 2009/5/05
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: Scala の並行性を掘り下げる
主要なチップ・メーカーが、必ずしも高速ではないものの 2 つ以上のコアを並列に実行させるチップをリリースし始めて以来、すべてのソフトウェア開発者の頭の中にあるホットな話題として並行性が急速に登場してきました。この記事は Ted Neward が前回の「Scala での並行性を探る」のフォローアップとして、この並行性の問題を、アクターについて検証しながら深く掘り下げます。アクターとは、お互いの間でメッセージを交換し合うことで作業の調整を行う実行エンティティーです。
記事 2009/4/10
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: Scala での並行性を探る
Java プログラマーの多く (大部分とは言えないまでも) にとって、初めて Scala に注意を向けることになる理由は、並行性を扱う場合やスレッド・セーフなコードを作成する場合に、Scala を使うことでコーディングが容易になることが約束されているからです。「多忙な Java 開発者のための Scala ガイド」の今回は、Ted Neward が、Scala 言語と Scala 環境に用意されている並行性のためのさまざまな機能やライブラリーを深く掘り下げます。
記事 2009/2/04
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: Scala とサーブレット
Scala が完全に JVM 準拠の言語であれば、サーブレットやその他の Web アプリケーションを構築するといった、さまざまな「実際の」環境で Scala を使用することができるはずです。この記事では、サーブレット環境で Scala を使用する方法について詳しく見ていきます。
記事 2008/12/22
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: 電卓を作る、第 3 回
DSL (Domain-specific language: ドメイン特化言語) がホットな話題となっています。関数型言語が大いにもてはやされる理由は、関数型言語を応用することで DSL のような言語を作成できる点にあります。前回までの記事で、テキストを取得して解釈に適したオブジェクト・グラフを生成できるように、AST (Abstract Syntax Tree: 抽象構文木) の基本図式と基本的なフロントエンド・パーサーを作成しました。そこで今回の記事では、そろそろすべてをシームレスなひとつのものにまとめようと筆者は考えています (そうは言っても現時点では取るに足らない程度のものですが)。そして、これまでの作業を振り返り、言語とインタープリターに対して行える拡張に関して提案を行います。
記事 2008/11/25
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: 電卓を作る、第 2 回
DSL (Domain-specific language: ドメイン特化言語) がホットな話題となっています。関数型言語が大いにもてはやされる理由は、関数型言語を応用することで DSL のような言語を作成できる点にあります。今回の「多忙な Java 開発者のための Scala ガイド」では、Ted Neward が「外部」DSL を作成する上での関数型言語の強力さを示す、電卓用の簡単な DSL の作成を続けながら、テキスト入力を AST (Abstract Syntax Tree: 抽象構文木) に変換して解釈する問題に取り組みます。テキスト入力を構文解析し、前回の記事で紹介したインタープリターで使用するツリー構造に変換するために、(この目的専用に設計された Scala の標準ライブラリーである) パーサー・コンビネーターを導入します。(「前回の記事」では電卓用のインタープリターと AST を作成しました。)
記事 2008/10/21
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: 電卓を作る、第 1 回
DSL (Domain-specific language: ドメイン特化言語) がホットな話題となっています。関数型言語が大いにもてはやされる理由は、関数型言語を応用することで DSL のような言語を作成できる点にあります。「多忙な Java 開発者のための Scala ガイド」シリーズの第 8 回である今回は、Ted Neward が、「外部」DSL を作成する上での関数型言語の強力さを示す、電卓用の簡単な DSL の作成を開始します。彼はこの目的のために、Scala の新しい機能である case クラスを説明し、また昔からの関数型機能であるパターン・マッチングを再検証します。
記事 2008/8/26
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: パッケージとアクセス修飾子
実際に作成されたコードは、他のコードから参照できるようにパッケージ化されます。「多忙な Java 開発者のための Scala ガイド」シリーズの今回は Ted Neward が Scala のパッケージとアクセス修飾子について説明します。その後で、apply の仕組みを見ていくことで Scala の関数型の側面についての説明を続けます。
記事 2008/7/29
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: コレクション型
Scala にはオブジェクトがありますが、タプルや配列、リストなどの関数型もあります。Ted Neward による人気シリーズの今回は Scala の関数型の側面を探る作業を開始し、まず関数型言語に共通の型に対する Scala のサポートについて説明します。
記事 2008/6/27
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: 実装継承
Scala では Java 言語の場合とほとんど同様に実装継承がサポートされていますが、Scala の継承には驚くような点がいくつかあります。今回は Ted Neward が Scala 流のポリモーフィズムを紹介します。Scala では関数型言語のスタイルとオブジェクト指向言語のスタイルが混在していますが、それでも Scala は Java プラットフォームでの継承モデルに完璧に対応しています。
記事 2008/5/28
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: trait と振る舞い
Scala は単に関数型の概念を JVM にもたらすだけではなく、オブジェクト指向言語の設計に対する新しい観点を提供してくれます。「多忙な Java 開発者のための Scala ガイド」シリーズの今回の記事では、Scala では trait を活用することでオブジェクトを単純かつ容易に作成できることを Ted Neward が解説します。この記事で学ぶように、trait には Java のインターフェースと C++ の多重継承という、従来提供されている両極端のものと似ている面、異なっている面があります。
記事 2008/4/29
多忙な Java 開発者のための Scala ガイド: クラスの動作
Java 開発者が Scala を理解するための最初のポイントとしてオブジェクトに言及することは妥当なことです。この、「多忙な Java 開発者のための Scala ガイド」の第 2 回である今回は、Ted Neward が言語を評価するための基本前提に従って話を進めます。その前提とは、言語の能力は、新しい機能 (この場合は複素数のサポート) を統合する能力と直接関連させることで評価できる、というものです。この記事では、そうした言語の能力を説明する中で、Scala でのクラスの定義と使い方に関連する興味深い内容についてもいくつか学びます。
記事 2008/2/19

1 - 15 件のうちの 15 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)