製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 10 件のうちの 10 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
万人のためのオートメーション: 人手を介さない自動負荷テスト
大抵の場合、負荷テストはサイクルの後のほうに追いやられてしまいますが、この作業を後回しにする必要はありません。連載「万人のためのオートメーション」では今回、オートメーションのエキスパートである Paul Duvall が開発サイクル全体を通して問題を見つけ、修正する方法を説明します。その方法とは、JMeter テストを実行する定期インテグレーション・ビルドを作成することです。
記事 2008/4/08
万人のためのオートメーション: プッシュボタンによるドキュメント作成
ソフトウェア製品を提供する上で、プロジェクトのドキュメントの作成は必要悪の 1 つです。でも想像してみてください。ボタンのクリック 1 つでドキュメントを作成できたとしたらどうでしょう。連載「万人のためのオートメーション」では今回、オートメーションのエキスパート、Paul Duvall がオープンソースのツールを使って UML (Unified Modeling Language) 図、ビルド図、ERD (Entity-Relationship Diagram: エンティティー・リレーションシップ図)、さらにはユーザー・マニュアルの作成まで自動化する方法を紹介します。
記事 2008/6/10
万人のためのオートメーション: Ivy による依存関係の管理
プロジェクトやツール間にあるソース・コードの依存関係を管理するのは厄介な作業となりがちですが、必ずしもそう決めてかかる必要はありません。オートメーションのエキスパートである Paul Duvall が連載「万人のためのオートメーション」で今回説明するのは、大規模な Java プロジェクトであれば必ず必要になってくる無数の依存関係の管理に、Apache Ant プロジェクトの Ivy 依存関係管理ツールで対処する方法です。
記事 2008/5/06
万人のためのオートメーション: デプロイメントの自動化パターン、第 1 回
Java デプロイメントは大抵の場合、面倒でエラーを起こしやすい手作業です。そして、それが原因でユーザーにソフトウェアを利用可能にするまでの時間に遅れが生じることは珍しくありません。連載「万人のためのオートメーション」の今回は、2 部構成の記事の第 1 回目として、オートメーションのエキスパート Paul Duvall が、信頼性が高く、一貫性のある繰り返し可能なデプロイメント・プロセスを作成するための重要なパターンをまとめて紹介します。このデプロイメント・プロセスは、ワン・クリックで Java アプリケーションをデプロイすることができます。
記事 2009/1/13
万人のためのオートメーション: 継続的インテグレーションのアンチパターン、第 2 回
継続的インテグレーション (CI) はプロジェクトでのリスクを軽減する上で極めて有効ですが、それと同時に、コーディングに関連する日常のタスクがなおのこと重要になってきます。CI アンチパターンを話題にした 2 回連載の第 2 回目となるこの記事では、オートメーションのエキスパートであり、『Continuous Integration: Improving Software Quality and Reducing Risk』の著者でもある Paul Duvall が引き続き一連の CI アンチパターンを取り上げ、さらに肝心なその回避方法を伝授します。
記事 2008/3/04
万人のためのオートメーション: オートメーションによるデプロイメントの円滑化
自動ビルドは開発チームのためだけのものではありません。自動ビルドを拡張することで、ソフトウェアを開発から実動へと容易に移行させることもできます。「万人のためのオートメーション」では今回、オートメーションのエキスパート、Paul Duvall が Ant を Java Secure Channel と組み合わせて使用して、リモートでソフトウェアを複数のターゲット環境にデプロイする方法を説明します。
記事 2008/1/08
万人のためのオートメーション: 継続的インテグレーションのアンチパターン、第 1 回
継続的インテグレーション (CI) はプロジェクトでのリスクを軽減する上で極めて有効ですが、それと同時に、コーディングに関連する日々の取り組みがなおのこと重要になってきます。連載「万人のためのオートメーション」では今回、オートメーションのエキスパートであり、『Continuous Integration: Improving Software Quality and Reducing Risk』の著者でもある Paul Duvall が一連の CI アンチパターンを一つひとつ明らかにし、さらに肝心なその回避方法を伝授します。
記事 2007/12/04
万人のためのオートメーション: 継続的インテグレーション・サーバーの選択
継続的インテグレーション (CI) サーバーにはありとあらゆる選択肢があるため、自分にぴったりのものを決めるのは大変です。連載「万人のためのオートメーション」の第 2 回では、開発オートメーションのエキスパート、Paul Duvall が一貫した評価基準とわかりやすいサンプルを使い、Continuum、CruiseControl、および Luntbuild に絞ってオープン・ソース CI サーバーを調べます。
記事 2006/9/05
万人のためのオートメーション: プッシュボタンによるドキュメント作成
記事 2008/6/10
万人のためのオートメーション: Eclipse プラグインによるコードの改善
コードをビルドする前にコードに潜む問題を発見できるとしたらどうでしょう。大変興味深いことに、JDepend や CheckStyle などの Eclipse プラグインをツールとして使うと、問題がソフトウェアに現れる前にそれを見つけ出すことができます。連載「万人のためのオートメーション」では今回、オートメーションのエキスパート Paul Duvall が、開発ライフ・サイクルの初期段階で問題を防ぐための静的分析プラグインを Eclipse でインストール、構成、そして使用する例を紹介します。
記事 2007/1/11
1 - 10 件のうちの 10 件
概要の表示 | 概要の非表示