製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(106 トピック)

(1 インダストリー)

(4 種類)

1 - 989 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Java EE 8 の新機能
クラウドとリアクティブ・プログラミング向けに作成された次期 Java Platform Enterprise Edition は、今後数年のうちに、エンタープライズ・アプリケーション開発を方向付けることになるでしょう。この記事では、Java エンタープライズ・セキュリティー、JSON バインディング、HTTP/2 サーバー・プッシュなどに対応するための新しい API とアップグレードについて紹介します。
記事 2018/4/26
Spring Framework 5 の新機能
Spring Framework 5.0 は今後数年のうちに、開発者が Spring ベースのアプリケーションを理解して作成する方法を変えていくでしょう。Spring 5 では、そのコア構造に関数型プログラミング・モデルとリアクティブ・プログラミング・モデルを統合しています。さらに、主要な依存関係を更新し、レガシーの重荷から解放されてパフォーマンス・ブーストを達成しながらも、お馴染みの Spring Framework のルック・アンド・フィールを維持している仕組みを学んでください。
記事 2018/4/19
今まで知らなかった 5 つの事項: Apache Maven のプラグイン
Maven を最大限に利用しきれていませんか?それは誰にとっても同じことです!プラグインのゴールが Maven のライフサイクルにどのように対応するのかを学んで、GitHub の Maven Site、Codehaus の Maven Cargo を含め、作成するプロジェクトを次のレベルに引き上げる 4 つのプラグインを導入してください。
記事 2018/3/22
Java 8 のイディオム: 完璧なラムダ式がたった 1 行である理由
ラムダ式を短く簡潔に作成できれば、関数型スタイルのプログラミングがもたらす主なメリットの 1 つである、コードの可読性を高めることになります。読みにくく、複数行にわたるラムダ式は、読んで理解しにくいだけでなく、テストするにも再利用するにも難しいことから、重複する作業を繰り返したり、コードの品質を低下させたりする原因となりがちです。今回のチュートリアルで、理解しやすく、テストしやすく、再利用しやすいコードにするために、単一行のラムダ式を作成する方法を学んでください。
記事 2018/3/15
Java 8 のイディオム: 関数型インターフェース
Java 8 では、ラムダ式が関数型インターフェースの型として扱われています。この記事では、この設計上の意思決定が Java 言語の古いバージョンとの後方互換性をサポートする仕組みを説明した後、Java プログラム内でのカスタム関数型インターフェースと組み込み関数型インターフェースの両方の例を見ていきます。カスタム・インターフェースを使うのが当然のように思える場合でも、通常は、組み込みインターフェースを使用するのが最善の結果となる理由を理解してください。
記事 2018/3/15
Minecraft とIBM Cloud, 第 1 回: Docker 内で Minecraft サーバーを実行する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。 第 1 回では、Minecraft および Docker の開発環境をローカルに構築するとともに、Minecraft 用のカスタム・サーバーを構築する上での Docker の強力さを確かめます。さらに、ローカルにホストされた独自のサーバー上で実際に Minecraft をプレイし始めます!
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 3 回: Kubernetes 内で Spigot サーバーを稼働させる
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。この第 3 回では、第 2 回で作成したプラグインを次の段階に進めるために、Web 上の IBM Cloud 内でプラグインが動作するようにします。
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 2 回: Docker と Eclipse を使って Minecraft 用のプラグインを作成する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成したプラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 2 回では、Eclipse でローカル開発環境を構築してから、独自のサーバー・サイド Minecraft プラグインを開発、作成して、そのプラグインをローカル Docker イメージにエクスポートします。
記事 2018/3/08
Watsonサンプル・コード: Watson Visual Recognition サービスを使用して画像に含まれるオブジェクトを識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Visual Recognition サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定の画像を基に、その画像に含まれるオブジェクトの識別を試みます。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Visual Recognition サービスを使用して画像に含まれる顔を認識および識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Visual Recognition サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定の画像を基に、その画像に含まれる顔を探して、その人物の認識を試みます。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Personality Insights サービスを使用してテキストを分析する (Java API)
ここに記載するコードは、Watson Personality Insights サービスの Java API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定のテキストを基に、その話者の開放性、誠実性、外向性、協調性、情緒安定性、そしてニーズを分析します。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Tone Analyzer サービスを使用して文書のトーンを識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Tone Analyzer サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定のテキストを基に、その話者のトーンを評価して、怒り、嫌悪、喜び、不安、悲しみなどといった感情のレベルを検出します。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Language Translator サービスを使用してテキストを翻訳する (Java API)
ここに記載するコードは、Watson Language Translator サービスの Java API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキスト、ソース言語、ターゲット言語に基づき、Watson がそのテキストを翻訳し、1 つ以上の結果を返します。
記事 2018/2/08
Watsonサンプル・コード: Watson Natural Language Classifier サービスを使用して自然言語のコンテキストを識別する (Java API)
ここに記載するコードは、Watson Natural Language Classification サービスの Java API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキストとコンテキストに基づき、Watson がテキストを分析し、そのテキストに関連するカテゴリーのリストを返します。
記事 2018/2/08
Watsonサンプル・コード: Watson Natural Language Classifier サービスを使用して自然言語のコンテキストを識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Natural Language Classification サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキストとコンテキストに基づき、Watson がテキストを分析し、そのテキストに関連するカテゴリーのリストを返します。
記事 2018/2/08
Watsonサンプル・コード: Watson Language Translator サービスを使用してテキストを翻訳する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Language Translator サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキスト、ソース言語、ターゲット言語に基づき、Watson がそのテキストを翻訳し、1 つ以上の結果を返します。
記事 2018/2/08
マイクロサービスへのリファクタリング: 第 1 回 モノリスから移行する際の考慮事項
ここのところ、マイクロサービスが開発の世界に旋風を巻き起こしています。この全 3 回からなるシリーズでは、マイクロサービスが重要な理由、マイクロサービスへの移行手法を計画する際に考慮すべき要因、データ分析の役割を取り上げ、マイクロサービスへの移行プロセスをステップ・バイ・ステップで説明します。第 1 回ではマイクロサービスについて紹介し、アプリケーションをリファクタリングしてマイクロサービス・アーキテクチャーを利用する際の考慮事項を説明します。
記事 2017/12/21
Watsonサンプル・コード: Watson Tone Analyzer サービスを利用して文書のトーンを識別する
Watson Tone Analyzer サービスの Java API の使用法を説明するコードを記載します。Watson はテキストを基に話者のトーンを評価して、怒り、嫌悪、喜び、不安、悲しみなどといった感情のレベルを検出します。
記事 2017/12/07
Java 8 のイディオム: パススルーに代わる手段
パススルー・ラムダ式のバリエーションの数は限られていますが、ほぼ常に、これらのラムダ式が引き起こす面倒はラムダ式の価値を打ち消してしまいます。一般的なパススルーのバリエーションをコード内で識別する方法を学び、そのそれぞれを単純で表現豊かなメソッド参照で置き換えた場合の結果を確かめてください。
記事 2017/10/09
Spring Boot の基礎
Spring Boot のスターター、見解、実行可能 JAR ファイル構造を使用して、「そのまま実行」できる Spring ベースのアプリケーションを迅速に作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2017/9/28
Java 8 のイディオム: 役に立つコーディングの慣例への賞賛
Java 8 で慣例としている関数合成の表記は、作成するコードの品質を高めるだけでなく、他の開発者たちとの関係にも良い影響を与える可能性があります。
記事 2017/9/21
Javaプログラミング入門, 第 2 回: 実際のアプリケーションに対応するための構成体
引き続き、Java プラットフォーム上でのオブジェクト指向プログラミングについての理解を深めてください。チュートリアル「Java プログラミング入門」の後半となるこの第 2 回では、実際の複雑な Java アプリケーションを開発する際に必要となる、より高度な構文とライブラリーを紹介します。
チュートリアル 2017/9/21
Javaプログラミング入門, 第 1 回: Java 言語の基本
全 2 回からなるこのチュートリアルでは、Java 言語の構造、構文、プログラミング・パラダイムを紹介します。プロの開発者として目にするはずの Java 構文を理解し、堅牢で保守しやすい Java アプリケーションを構築するために使用できる Java プログラミングのイディオムを学んでください。第 1 回で習得するのは、関数型 Java 構文を含め、Java プラットフォーム上でのオブジェクト指向プログラミングに不可欠の要素です。まず、Java オブジェクトを作成する方法、そして Java オブジェクトに動作を追加する方法をひと通り説明した後、Java コーディングのベスト・プラクティスを要約して第 1 回を締めくくります。
チュートリアル 2017/9/21
Java 開発者のためのブロックチェーン・チェーンコード
現在、ブロックチェーンが、インターネット上でビジネス・トランザクションを実行する方法を変えつつあります。このチュートリアルでは、ブロックチェーン・ネットワークをインストールして、Java 言語で作成されたチェーンコード (スマート・コントラクト) を実行する手順を説明します。
チュートリアル 2017/9/14
今まで知らなかった 5 つの事項: マルチスレッド Java プログラミング
マルチスレッド・プログラミングで簡単なものはありません。しかし JVM がコードの構成体の微妙な違いをどのように処理するかを理解していると、マルチスレッド・プログラミングにも役立ちます。この記事では、著者の Steven Haines が、同期メソッド、volatile 変数、アトミック・クラスを扱う場合に、十分理解した上で判断するのに役立つ 5 つのヒントを説明します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: Java のパフォーマンス・モニタリング、第 1 回
質の悪いコード (または質の悪いコード作成者) を非難しても、パフォーマンスのボトルネックを見つけたり Java アプリケーションの処理速度を改善したりするためには役立ちません。同様に、推測も役に立ちません。そこで、Ted Neward が皆さんの関心を Java パフォーマンス・モニタリング用ツールに向けるために、まずは JConsole という Java に付属のプロファイラーを使用する際の 5 つのヒントを紹介します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: Java Database Connectivity
JDBC、つまり Java Database Connectivity は、JDK 全体の中で最も頻繁に使われるパッケージの 1 つでありながら、JDBC の機能をフルに利用している Java 開発者や JDBC の最新機能を利用している Java 開発者はごく稀です。この記事では Ted Neward が JDBC の新機能を紹介します。具体的には、自動的にスクロールし、オンザフライで更新できる ResultSet、データベース接続が開いているか否かによらず動作する Rowset、ネットワークを 1 度素早く往復するだけで複数の SQL 文を実行できるバッチ更新、などについて説明します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: Java のパフォーマンス・モニタリング、第 2 回
JDK に JConsole というフル機能のプロファイラーが付属していることを今まで知らなかった人であれば、この記事で紹介するスタンドアロンの 5 つのプロファイリング・ユーティリティーについて知ると、さらに驚くことでしょう。スレッド不足、デッドロック、オブジェクトのリークといったパフォーマンスのボトルネックを解決する上で、Java プロセスのモニタリングや分析のための軽量な (そして場合によると実験的な) ツールがどれほど役立つかを学びましょう。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: 日常的な Java ツール
Java ツールの中には、うまくカテゴリーに分類することができず、「役に立つ機能」といった注釈の下にまとめられがちなものがあります。今回の「今まで知らなかった 5 つの事項」では、(結局どこかにしまい込んでしまうことになっても) あると便利な一連のツールについて説明します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: Apache Maven
皆さんはプロファイルについて十分理解しているかもしれませんが、Maven でプロファイルを使用すると、さまざまな環境で特定の動作を実行できることをご存じでしょうか。今回の「今まで知らなかった 5 つの事項」では Maven のビルド機能以外の機能について説明します。そのなかには、プロジェクトのライフサイクルを管理するための基本ツールについての説明も含まれています。この記事で紹介する 5 つのヒントを参考にすれば、生産性を高めることや、Maven で容易にアプリケーションを管理することが可能になります。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: java.util.concurrent 第 1 回
優れたパフォーマンスを実現し、なおかつアプリケーションが破損しないように動作するマルチスレッド・コードを作成する作業は、ともかく非常に困難です。そこで java.util.concurrent が登場します。この記事では著者の Ted Neward が、CopyOnWriteArrayList、BlockingQueue、ConcurrentMap などの並行コレクション・クラスで標準的なコレクション・クラスを置き換え、並行プログラミングの要求に応える方法について説明します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: Swing を強化する
Swing は古いツールキットです。素晴らしいユーザー・インターフェースが登場する、はるか以前に開発されたため、Swing にはリッチな UI の作成に必要なコンポーネントの一部が欠けています。幸いなことに、Substance、SwingX、Java Look-and-Feel Graphics Repository などのオープンソース・プロジェクトにより、そのギャップを埋めることができます。この記事では著者の Steven Haines が、ツリー・テーブルや、構文の強調表示、その他の機能を苦労せずに Swing の UI に追加する方法について説明します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: java.util.concurrent 第 2 回
java.util.concurrent には並行処理に有効なコレクションの他にも、マルチスレッド・アプリケーションでのスレッドの制御や実行に役立つ作成済みのコンポーネントが導入されています。この記事では、Ted Neward が java.util.concurrent パッケージの中で Java プログラミングに必ず必要な事項をさらに 5 つ紹介します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: Java 6 コレクション API の場合: 第 1 回
Java 6 コレクション API は単なる配列の置き換え以上の機能を持っていますが、配列の置き換えは出発点として悪くはありません。この記事では Ted Neward が、Java コレクション API のカスタマイズ方法や拡張方法の基本を含め、コレクションをさらに活用するための 5 つのヒントを紹介します。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: JAR
多くの Java 開発者は JAR に関して基本事項以上のことは考えもせず、単にクラスをバンドルして本番サーバーに送るために JAR を使用しているにすぎません。しかし JAR は単に ZIP ファイルをリネームしたもの以上の機能を備えています。この記事では、Spring の依存関係や構成ファイルを JAR に含めるためのヒントを始めとし、Java Archive ファイルの機能を最大限に利用する方法について学びましょう。
記事 2017/8/31
今まで知らなかった 5 つの事項: Java 6 コレクション API の場合: 第 2 回
Java のコレクションはどこででも使えますが、軽く考えてはいけません。コレクションには知られていない性質があり、適切に扱わないとトラブルにつながる場合があります。今回の「今まで知らなかった 5 つの事項」では、Ted Neward が Java コレクション API の可変かつ複雑な側面を説明します。このヒントによって、Iterable、HashMap、SortedSet を一層活用できるようになり、コードにバグが発生しなくなるはずです。
記事 2017/8/31
Java 8 のイディオム: 関数型プログラミングへの移行の近道
Java プログラムに関数型手法を容易に導入する最初のステップは、命令型ではなく、宣言型の考え方でプログラミングする方法を学ぶことです。
記事 2017/7/06
Java 8 のイディオム: 関数合成およびコレクション・パイプライン・パターン
コード内でコレクションを繰り返し処理する方法は、無限ループだけではありません。関数合成とコレクション・パイプラインは、ステートメントではなく式を使ってコレクションをソートできる、Java での 2 つのパターンです。
記事 2017/7/06
Java 8 のイディオム: 従来の for ループに代わる関数型の手法
for ループは至るところで使用されているかもしれませんが、代わりがきかないわけではありません。Jave での複雑な繰り返し処理であっても、range、iterate、および limit メソッドが厄介な手間を省く仕組みを学んでください。
記事 2017/7/06
Java Streams, Part 3: Streams の内幕
このシリーズでは、Java 言語アーキテクトである Brian Goetz が、Java SE 8 で導入された Java Streams ライブラリーの詳細を解説します。この java.util.stream パッケージは、ラムダ式の力を利用することによって、コレクションや配列などのさまざまなデータ・セットに対し、関数型スタイルのクエリーを簡単に実行できるようにします。今回の記事で、クエリーを微調整して可能な限り効率化するにはどのようにするのかを学んでください。
記事 2016/10/27
Java Streams, Part 2: Streams を使用した集約
このシリーズでは、Java 言語アーキテクトである Brian Goetz が、Java SE 8 で導入された Java Streams ライブラリーの詳細を解説します。この java.util.stream パッケージは、ラムダ式の威力を利用することによって、コレクションや配列などのさまざまなデータ・セットに対し、関数型スタイルのクエリーを簡単に実行できるようにします。今回の記事では、java.util.stream パッケージを使用して、どのようにして効率的にデータを集約および要約するのかを学んでください。
記事 2016/10/27
Java Streams, Part 1: java.util.stream ライブラリー入門
このシリーズでは、Java 言語アーキテクトである Brian Goetz が、Java SE 8 で導入された Java Streams ライブラリーの詳細を解説します。この java.util.stream パッケージは、ラムダ式の威力を利用することによって、コレクションや配列などのさまざまなデータ・セットに対し、関数形式のクエリーを簡単に実行できるようにします。
記事 2016/10/27
Java Streams, Part 5: 並列ストリームのパフォーマンス
この全 5 回からなるシリーズ「Java Streams」の最終回となるこの記事では、前回の記事を引き継いで、並列処理の効率性に影響を与える要因について説明し、それらの概念を Streams ライブラリーに当てはめて考えます。一部のストリーム・パイプラインが他のパイプラインよりも並列化になぜすぐれているのかを明らかにし、独自のストリーム・コードを使用して並列化効率をどのように分析するのかを紹介します。
記事 2016/10/27
Java Streams, Part 4: 並行処理から並列処理へ
この全 5 回からなるシリーズ「Java Streams」の第 4 回では、並列処理の効率性を決定付ける要因を特定し、歴史的および技術的観点から説明します。並列実行を目的とした Streams ライブラリーを最適に利用するには、これらの決定要因を理解することが基礎となります (次回の記事で、今回説明する原則をそのまま Streams に当てはめます)。
記事 2016/10/27
Elasticsearch を Java アプリケーションの中で使用する
使いやすい REST API と、クラスターの自動スケーリングを組み合わせた Elasticsearch は、全文検索の分野を席巻しています。Elasticsearch をコマンド・シェルから、そして Java アプリケーション内から使用する方法について、この実践的な入門チュートリアルで学んでください。
記事 2016/7/07
Bluemix を利用したハイブリッド・クラウドに Java アプリケーションをマイグレーションする、パート 4
Secure Gateway サービスを利用して、Bluemix 内で実行される Java Platform, Enterprise Edition アプリケーションを、Bluemix の外部で実行されるリレーショナル・データベースに接続してください。
チュートリアル 2016/6/17
Minecraft とBluemix: 第 4 回 Bluemix 上で Minecraft に Watson を統合する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、Bluemix を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、Bluemix を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 4 回では、Bluemix の Watson コグニティブ・サービスを利用するプラグインで Spigot サーバーを拡張し、ゲーム・プレイに科学的な知識を少し加えます。
記事 2016/6/02
Docker: 今どきの開発者への朗報
Docker を使用することで、より生産的にコーディングを行い、より効率的にスキルを高めてください。コンテナー化されたアプリケーションを扱うことで、開発環境を整えて、依存関係の競合を取り除き、開発および学習にかかる時間を削減してください。
記事 2016/4/28
developerWorks Technology からのお知らせ: 2015 年の選り抜きの Java 関連チュートリアル
developerWorks Technology のエディターが、2015年に Java 開発者向けに公開された、選り抜きのチュートリアルを紹介します。
記事 2016/2/11
Play を使った Web アプリケーション開発: 第 1 回: Play Framework と Scala でユーザー認証を管理する
Play Framework アプリケーション用のユーザー管理を実装するために Scala のスキルを活用してください。このチュートリアルでは、認証と承認を扱う基本的な Play アプリケーションを作成する方法を Pablo Pedemonte が説明します。このアプリケーションのコードは、皆さん独自の Play プロジェクトのスターター・コードとして、ユーザー管理機能の開発時間を短縮するために利用することもできます。
記事 2016/1/21
Bluemix を利用したハイブリッド・クラウドに Java アプリケーションをマイグレーションする、パート 1
このチュートリアルでは、ハイブリッド・アプリケーションを階層化する方法を紹介するとともに、企業内にそのまま残すのが最善のサービスとの接続を維持しながら、Tomcat 上で実行されるアプリケーションまたは WebSphere アプリケーションを Bluemix へマイグレーションする方法をステップバイステップで説明します。また、アプリケーションが Bluemix Liberty Java ビルドパック内で実行されるものであるかどうかを判断するために使用できるツールを紹介し、クラウド内またはオンプレミスの SQL データベースに接続する方法や、セッション・パーシスタンス、スケーリング、ロギングをはじめとするクラウドの重要な考慮事項に対処するためにアプリケーションを更新する方法についても説明します。
記事 2015/12/24
Bluemix を利用したハイブリッド・クラウドに Java アプリケーションをマイグレーションする、パート 2
Eclipse ツールを使用して、Tomcat 上で実行されるアプリケーションを IBM Bluemix へ迅速マイグレーションしたくはありませんか?このチュートリアルでは、Tomcat 上で実行されるアプリケーションを分析、マイグレーション、そして Bluemix 内の Liberty for Java へデプロイするように Eclipse ツールをセットアップする方法をステップバイステップで説明します。さらに、Java ランタイムと SQL Database をセットアップする方法や、アプリケーションをデータベースにバインドする方法も説明します。
記事 2015/12/24
Bluemix を利用したハイブリッド・クラウドに Java アプリケーションをマイグレーションする、パート 3
このチュートリアルでは、スタンドアロンの Java プログラムを Bluemix 内で実行する方法を検討します。その中で Cloud Foundry マニュアルのナビゲーション方法、CF コマンド・ライン・ツールの使用方法、Cloud Foundry および Bluemix でのデバッグ方法についての専門家によるヒントを紹介します。
記事 2015/12/24
Vaadin を使用してクラウド内でフルスタック Java のアプリを開発する
Vaadin Rich Web Starter ボイラープレートを利用して、DB2 をバックエンドに持つ 3 層構造の注文デスク・アプリを数分でカスタマイズして Bluemix クラウドにデプロイしてください。
記事 2015/11/26
Vaadin を使用したフルスタック Java の Web 開発
Web アプリで魅力的な対話型のユーザー・エクスペリエンスを創り出すために、Java Web 開発者が (最新のブラウザーの基礎となっている) JavaScript、CSS、HTML5 を学ばなければならないことはよくあります。Java 開発者は、オープンソースの Vaadin フレームワークを使用することで、100% Java の世界の中でフルスタックの制御をできるようになります。
記事 2015/11/26
JVM の並行性: Akka を使って非同期に振舞う
並行プログラミングに対する手法として長きにわたって確立されているアクター・モデルを使用すると、並行性とスケーラビリティーに優れたアプリケーションを簡単に構築できるようになります。この記事でアクター・モデルについて学び、Akka で実装したモデルを Scala または Java で扱うようになってください。
記事 2015/10/22
JVM の並行性: Akka を使ってアクター・アプリケーションを作成する
アクター・アプリケーションには、シングルスレッド・アプリケーションで用いられる線形アプローチとは異なるスタイルのプログラミングが必要です。ツールキットおよびランタイムとして Akka を使用してシステムを構築する方法について、Scala コードのアクターとメッセージという観点でさらに深く探ってください。
記事 2015/10/15
Java Integration ステージにおけるユーザコードのデバッグ
IBM InfoSphere Information Server バージョン 9.1 から提供されている Java Integration ステージを使用することにより、InfoSphere Data Stage and Quality Stage のパラレル・ジョブから Java コードを呼び出し、データを加工・変換する ETL (Extract, Transform, Load) ジョブに統合することが可能となります。お客様がもつ Java コードの資産や多種多様なオープンソース API やフレームワークの利用により、より付加価値の高いデータの生成が可能となります。本稿では、Java Integration ステージ上で動作するユーザコードのデバッグ方法について説明します。
記事 2015/10/14
Java マルチテナンシーの紹介
最近、IBM SDK, Java Technology Edition, Version 7 Release 1 に含まれる形で、マルチテナント型 JVM がテクノロジー・プレビューとして利用できるようになりました。単一のマルチテナント型 JVM で複数のアプリケーションを実行すれば、クラウド・システムでアプリケーションの起動時間を短縮できるとともに、アプリケーションのメモリー・フットプリントを削減することができます。この記事では、マルチテナント型クラウド JVM を支えるテクノロジーを紹介し、この JVM を使用することでもたらされるメリットとそれに伴う代償の主なものを説明します。
記事 2015/10/08
Bluemix DevOps Services デリバリー・パイプラインで Maven を使用する
既存の Apache Maven プロジェクトを Bluemix DevOps Services のデリバリー・パイプラインに統合する方法と、Maven プロジェクトを Bluemix DevOps Services プロジェクトとして使用できるようにセットアップする方法を学んでください。
記事 2015/8/06
Java、Weka、そして dashDB サービスを利用してデータ・マイニング・アプリケーションを構築する
dashDB サービス (以前は Analytics Warehouse サービス、または BLU Acceleration サービスと呼ばれていました) は、IBM Bluemix 上でデータウェアハウジングとアナリティクスをサービスとして提供します。開発者は、クラウド内で提供される、極めて高速に動作する IBM BLU データベースのテクノロジーを利用して重要な分析アプリケーションを開発し、デプロイすることができます。IBM BLU 列指向データベースを活用し、Weka 統計分析ツールを使用してデータ・マイニング・アプリケーションを開発する方法を学んでください。
記事 2015/7/16
Liberty JAAS ログイン・モジュールを使用して Bluemix のシングル・サインオンに対応する
このチュートリアルでは、Bluemix の SSO サービスを利用して Liberty に対応した認証を行う手法を紹介します。ユーザー・ログインに Bluemix の SSO サービスを利用するサンプル・アプリケーションを作成してください。このサンプル・アプリケーションは、認証に成功すると Liberty サーバーが必要なオブジェクト (Subject、Principal、Session) をすべて作成する Liberty アプリケーションで、Bluemix の SSO 機能を利用することができます。そして、認証メカニズムがアプリケーション・コードから抽象化されるように、SSO サービスを利用した JAAS 認証を使用します。
記事 2015/5/28
3 層からなるリッチな Web アプリを手早く作成する: 第 2 回 アプリケーション層を作成する
この全 3 回からなるチュートリアル・シリーズでは、IBM Rational Application Developer と IBM Bluemix を使用して、多層 Java Enterprise Edition (JEE) アプリを迅速に作成およびホストする方法を学びます。データ・モデルとデータベースの作成、Java Persistence API (JPA) を使用するデータ・アクセス・コードの生成、Enterprise JavaBeans (EJB) と Web サービスの作成、データを表示および変更するためのリッチな Web UI の Dojo による作成、といった各ステージに要する時間を短縮する方法を理解してください。アプリケーションが完成したら、IBM の Platform as a Service (PaaS) である IBM Bluemix にデプロイします。
記事 2015/5/14
3 層からなるリッチな Web アプリを手早く作成する: 第 1 回 データベースを作成する
この全 3 回からなるチュートリアル・シリーズでは、IBM Rational Application Developer と IBM Bluemix を使用して、多層 Java Enterprise Edition (JEE) アプリを迅速に作成およびホストする方法を学びます。データ・モデルとデータベースの作成、Java Persistence API (JPA) を使用するデータ・アクセス・コードの生成、Enterprise JavaBeans (EJB) と Web サービスの作成、データを表示および変更するためのリッチな Web UI の Dojo による作成、といった各ステージに要する時間を短縮する方法を理解してください。アプリケーションが完成したら、IBM の Platform as a Service (PaaS) である IBM Bluemix にデプロイします。
記事 2015/5/14
3 層からなるリッチな Web アプリを手早く作成する: 第 3 回 リッチな Web UI を作成する
この全 3 回からなるチュートリアル・シリーズでは、IBM Rational Application Developer と IBM Bluemix を使用して、多層 Java Enterprise Edition (JEE) アプリを迅速に作成およびホストする方法を学びます。データ・モデルとデータベースの作成、Java Persistence API (JPA) を使用するデータ・アクセス・コードの生成、Enterprise JavaBeans (EJB) と Web サービスの作成、データを表示および変更するためのリッチな Web UI の Dojo による作成、といった各ステージに要する時間を短縮する方法を理解してください。アプリケーションが完成したら、IBM の Platform as a Service (PaaS) である IBM Bluemix にデプロイします。
記事 2015/5/14
Java でクラウド・アプリケーションを作成および管理する
完全な継続的インテグレーションを実現するには、クラウド内でのアプリケーションのデプロイメントを自動化する必要があります。このチュートリアルには、Cloud Foundry の Java クライアント・ライブラリーを使用して、IBM Bluemix 内でのアプリケーションの作成および管理を自動化する方法を示すサンプル・コードが含まれています。
チュートリアル 2015/4/23
Java プログラミングで実装する OAuth 2.0 クライアント: 第 3 回 認可コードによるグラント
この複数のパートで構成されるシリーズは、あらゆる OAuth 2.0 対応サーバーとインターフェースを取るために使用できる、汎用的かつ再利用可能な OAuth 2.0 クライアントを開発する上で役に立ちます。第 1 回では、リソース・オーナー・パスワード・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明し、第 2 回では、クライアント・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明しました。第 3 回となる今回の記事では、認可コードによるグラントを実装する方法を説明します。
チュートリアル 2015/4/02
Java プログラミングで実装する OAuth 2.0 クライアント: 第 2 回 クライアント・クレデンシャル・グラント
この複数のパートで構成されるシリーズは、あらゆる OAuth 2.0 対応サーバーとインターフェースを取るために使用できる、汎用的かつ再利用可能な OAuth 2.0 クライアントを開発する上で役に立ちます。第 1 回では、リソース・オーナー・パスワード・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明しました。第 2 回となる今回の記事では、クライアント・クレデンシャル・グラントを実装する方法を説明します。
チュートリアル 2015/4/02
developerWorks の最前線から: 2014 年のオープン・テクノロジー関連のベスト・コンテンツ
developerWorks では、サイトの開設 15 周年をお祝いしていますが、技術に関する全体的な様相が、今年ほど刺激的または複雑だったことはありません。数え切れないほどの製品、プロジェクト、テクニックがあるなかで、余計な情報は省いて、現在ホットなものを概観します。
記事 2014/12/25
JVM の並行性: Scala での非同期イベント処理
Scala の Future クラスと Promise クラスは、イベントを編成して順序付けるノンブロッキング手法を含め、非同期処理を扱う強力な手段を提供します。しかも Scala では、マクロとして実装された async / await 構成体によって、ノンブロッキング型のイベント処理をより簡単に作成することができます。このチュートリアルでは、Future と Promise を使用する基本手法の実際を紹介した後、async / await を利用して、単純なブロッキング型のように見えるコードをノンブロッキング方式で実行されるように変換する方法をデモンストレーションします。
チュートリアル 2014/11/20
Java、Ajax、Cloudant を使ってハングマン・ゲームを作成する
Bluemix のサービスである Liberty for Java ランタイムと Cloudant NoSQL データベースを利用してオンラインのハングマン・ゲームを作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/11/13
IBM PureApplication System における WebSphere eXtreme Scale ベースのキャッシュ・サービスを探る
クラウド・エンタープライズ・アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティーの問題に対処するには、キャッシュ・サービスがソリューションとしてよく使われます。この記事では、IBM PureApplication System のクラウド・システムに用意されている 3 つのキャッシュ・サービスについて探ります。対象とするのは、組み込みキャッシュ・サービス、WebSphere eXtreme Scale をベースにクラスターで仮想システム・パターンを使用して作成するキャッシュ・サービス、そして同じく WebSphere eXtreme Scale をベースに仮想システム・パターンとコア OS イメージを使用して作成するキャッシュ・サービスです。
記事 2014/10/02
JVM の並行性: ブロックすべきか、すべきでないか?
Java 8 で追加された CompletableFuture クラスには、非同期処理の完了に対処する新しい方法が用意されており、その中にはノンブロッキング手法で複数のイベントを作成して結合するやり方も含まれています。この記事では、イベントの完了に対処する際にブロッキング手法を使用する場合とノンブロッキング手法を使用する場合の違いを、読者が理解する助けとなるように説明し、さらにはノンブロッキング手法を優先するべき理由についても説明します。
記事 2014/10/02
Java のマルチテナンシー: 構成オプション、テナント・ライフサイクル、そして分離の実際
IBM SDK Java Technology Edition バージョン 7 リリース 1 では、マルチテナント型 JVM をテクノロジー・プレビューとして利用できるようになっています。単一のマルチテナント型 JVM の中で複数のアプリケーションが実行されるようにすることで、クラウド・システムはアプリケーションの起動時間を短縮することや、アプリケーションのメモリー・フットプリントを削減することができます。この記事を読むことで、テナントのライフサイクルを検証し、使用可能な構成オプションのいくつかを学んで、テナント・アプリケーションで静的フィールドを分離するメリットを確かめてください。この記事は、以前の developerWorks 記事「Java マルチテナンシーの紹介」を基に作成されています。
記事 2014/10/02
SLDT を使用してデータを SoftLayer オブジェクト・ストレージに転送する
SoftLayer は、OpenStack Swift をベースにしたオブジェクト・ストレージ・サービスを提供しています。SoftLayer API や、cURL などのコマンドライン・ツールを使用すれば、オブジェクト・ストアとの間でのファイル転送を行うことができますが、大容量のファイルを扱うとなると、面倒な作業になることがあります。この記事では、SLDT という単純な Java ツールを使用して、認証、オブジェクトのセグメント化、SoftLayer オブジェクト・ストアとの間でのデータ転送などを扱う方法を説明します。
記事 2014/9/18
Software Defined Networking を使用して IaaS を最適化する
この記事では IaaS (Infrastructure as a Service) を、相互運用性、ユーザーとプロバイダーの期待値マネジメント、開発者と管理者の要件、効果的なリスク軽減といった点で強化および最適化する手法としての SDN (Software Defined Networking) ソフトウェア抽象化層を介したネットワーク管理手法 について探ります。
記事 2014/9/18
Web サービスを統合した、移植可能な Java 旅行アプリを作成する
クラウド上で Java PaaS Web アプリケーションを開発およびデプロイする方法を学んでください。
記事 2014/8/07
IBM SmarterCloud Orchestrator対応の Windows イメージを作成する
IBM SmarterCloud Orchestrator からデプロイできるイメージを作成するには、オペレーティング・システムの知識、イメージのデプロイ先とするハイパーバイザーとそれに対応するハイパーバイザー・マネージャーの知識が必要です。この記事を読んで、SmarterCloud Orchestrator 対応の Windows イメージを簡単かつ円滑に作成する方法を学んでください。
記事 2014/7/31
Java.next: 次に採用する JVM 言語を選択する
Java.next 言語はどれを取っても、次に採用するプログラミング言語にはぴったりの候補です。そのうちの 1 つを選ぶには、どうすればよいのでしょう?この重大な決定を左右する要素を調査してください。
記事 2014/7/24
Java.next: Java.next としての Java 8
連載「Java.next」の今回の記事では、皆さんが次に使用するプログラミング言語の有力な候補として Java 8 リリースを取り上げます。ラムダ式ブロックと Stream API がどのような形で Java を最新の言語にアップグレードするかを理解してください。
記事 2014/7/10
JVM の並行性: Java 8 での並行処理の基礎
Java 8 には、並行プログラムをはじめとする各種プログラムの作成を容易にする、新しい言語機能と追加クラスが組み込まれています。この記事で、CompletableFuture や Stream などの Java 8 の機能拡張によって実現された、この言語の新しい強力な並列処理サポートについて学んでください。これらの新しい機能と、この連載の最初の記事で探った Scala の機能のいくつかの間には、類似点があることに気付くはずです。
記事 2014/7/03
Java 8 言語での変更内容
Java 8 には、より簡単にプログラムを作成できるようにする、重要な新しい言語機能が組み込まれています。ラムダ式が定義する、インライン・コード・ブロック用の新しい構文は、遥かに少ないボイラープレートで匿名内部クラスと同様の柔軟性を実現します。また、Java 8 で加えられたインターフェースに対する変更によって、既存のインターフェースに追加をしても、既存のコードをそのまま使用できるようになりました。この記事では、これらの Java 8 での変更内容をともに使用する方法を説明します。
記事 2014/6/26
Java.next: Clojure での並行処理
すべての Java.next 言語のなかで、Clojure は並行処理に関して最も急進的な手法を採用しています。この記事では、Epochal Time Model、ソフトウェア・トランザクション・メモリーをはじめとする、Clojure の並行処理に関するさまざまな側面のうちのいくつかを取り上げて、詳細を探ります。
記事 2014/6/19
Java.next: 並行性を比較対照する
スレッド化、並行性、並列性には、おそらく Java.next 言語の間で最も顕著な違いがあります。今回の記事では、Scala、Groovy、Clojure の既存の関数型のコードを並列コードにする簡単な方法を説明した後、Scala でのアクター並行性モデルを調べます。
記事 2014/6/12
JVM の並行性: Java と Scala での並行処理の基礎
Java プラットフォームでは、あらゆる JVM ベースの言語での並行プログラミングを強力にサポートしています。Scala は Java 言語の並行性サポートを拡張し、さらに多くの方法によりプロセッサー間で処理を共有して結果を調整できるようにしています。この JVM の並行性に関する新しい連載の第 1 回では、Java 7 における最先端の並行プログラミングを取り上げ、Scala による機能強化をいくつか紹介します。この記事は、Java 8 における並行性の機能を理解するための準備にも役立ちます。
記事 2014/5/29
Java.next: メモ化、そして関数型での相乗効果
Scala と Clojure はどちらも関数型言語であり、Groovy もライブラリーによって関数型の機能を数多く取り入れます。連載 Java.next の今回の記事では、各 Java.next 言語でのメモ化の実装方法と、関数型の機能を結合して、コードを簡潔に表現する方法を探ります。
記事 2014/5/22
Java.next: シノニムのややこしさを克服する
前回の Java.next の記事 (「関数型のコーディング・スタイル」) では、Scala、Groovy、Clojure といった 3 つの言語での関数型コーディング・スタイルを比較対照しました。今回の記事では、連載の著者である Neal Ford が Java.next 言語でのフィルター関数、マップ関数、および集約関数について、さらに深く掘り下げます。3 つの言語では、これらの重要な関数型構成体にさまざまな名前が付けられていますが、この若干ややこしい言語間での違いを整理できるように、一連の簡潔なコーディング・サンプルを記載します。
記事 2014/5/15
DITADoclet と DITA API 特殊化を利用して DITA Java API リファレンス・マニュアルを生成する
DITADoclet と DITA API 特殊化を組み合わせることで、時間を節約しながらも、品質の高い API ドキュメントを Java ソース・コードから直接作成します。
記事 2014/5/08
Java ベースのワークロードを対象とした、クラウドでのトランスペアレントなネットワーク高速化
Java Sockets over RDMA (JSOR) は、Linux プラットフォーム向けの IBM SDK Java Technology Edition Version 7 に含まれる新しい通信ライブラリーです。JSOR は RDMA 対応の高速ネットワーク・アダプターを活用することにより、クラウド環境で実行されるクライアント・サーバー・アプリケーションのスループットを改善し、遅延を軽減します。JSOR の基礎となる技術について学び、このライブラリーの使い方を知り、JSOR のパフォーマンスを他の通信プロトコル・ベースのソリューションと比較しましょう。
記事 2014/4/24
Apache Tomcat でのバナー・グラビングを廃絶する
バナー・グラビングを足がかりとして、本格的なサイバー攻撃が開始されることはよくありますが、これを防ぐのは簡単です。Apache Tomcat インストール済み環境を、そのバージョン情報を基にした不正行為から保護するために、Server.xml および ServerInfo.properties ファイルのデフォルト・パラメーターを無効にする方法を学んでください。
記事 2014/3/13
Twitter Storm でビッグ・データをリアルタイムに処理する
Storm は、オープンソースのビッグ・データ処理システムです。Storm はリアルタイム分散処理を対象としている点、そして言語に依存しないという点で、他のビッグ・データ処理システムとは異なります。Twitter の Storm とそのアーキテクチャー、そしてさまざまなバッチ処理ソリューションおよびストリーム・プロセッシング・ソリューションについて学んでください。
記事 2014/3/13
サーバー・クラスター対応の Java アプリケーションを構築する
極めてスケーラブルな Java エンタープライズ・アプリケーションを開発する場合、サーバーをクラスタリングするのが当たり前のことになってきています。けれども今のところ、Java EE ではアプリケーション・レベルでサーバー・クラスターに対応できるようにはなっていません。この記事では、分散型エンタープライズ Java アプリケーションにおいて、サーバー・グループのコーディネーションをするために、Apache ZooKeeper と LinkedIn の Norbert という 2 つのオープンソース・プロジェクトを利用する方法を Mukul Gupta と Paresh Paladiya が紹介します。
記事 2014/2/20
Java.next: 関数型のコーディング・スタイル
すべての Java.next 言語には、開発者がより上位の抽象化レベルで考えることを可能にする、関数型プログラミングの構成体があります。しかし言語によって用語が異なるため、同様の構成体であることに、なかなか気付かないことがあります。今回の記事では、Java.next 言語のそれぞれで、共通の関数型プログラミングの構成体がどのような形で現れるのかを明らかにし、それらの機能の実装詳細における微妙な違いを指摘します。
記事 2014/1/30
Node.js と MongoDB を使用してモバイル・アプリを開発する: 第 1 回 チームが採用した手法とその結果
Node.js (サーバー・サイドの JavaScript) を使用して Systems of Engagement (人と関わりあうシステム) を開発する利点を探ってください。この記事では、IBM Extreme Blue チームが Node.js と MongoDB を使用して、Systems of Engagement (人と関わりあうシステム) の概念を実証するアプリケーションである IBM Passes で挙げた成果を紹介します。このチームが Node.js と MongoDB を使用した経験は、企業でも使われ始めているこれらのソリューションを使用することで、いかに迅速なアプリケーション開発が実現できるかについて、興味深い洞察をもたらしてくれます。
記事 2014/1/30
Java.next: カリー化と部分適用
カリー化と部分適用は、すべての Java.next 言語に組み込まれている手法ですが、その実装方法は言語によって異なります。今回の記事では、カリー化と部分適用について説明し、この 2 つの手法の違いを明らかにします。そして、Scala、Groovy、Clojure のそれぞれでの実装の詳細 (そして実際の使用例) を紹介します。
記事 2014/1/23
External Data Service の概説
IBM Content Navigator における External Data Service の概要と構成方法を解説し、ユース・ケースに基づいてその機能について詳しく紹介します。
記事 2013/12/12
Apache Lucene および Solr 4 による次世代の検索とアナリティクス
Apache Lucene と Solr は、組織が簡単かつ劇的にデータ・アクセス能力を高めることを可能にする、極めて能力の高いオープンソースの検索テクノロジーです。Lucene および Solr のバージョン 4.x では、データ駆動型アプリケーションに、今まで以上に簡単にスケーラブルな検索機能を追加できるようになっています。この記事では、Lucene と Solr のコミッターである Grant Ingersoll が、関連度、分散検索、ファセット処理に関係する、最新の Lucene と Solr の機能を紹介します。高速かつ効率的でスケーラブルな次世代のデータ駆動型アプリケーションを構築するために、これらの機能を利用する方法を学んでください。
記事 2013/12/05
VoltDB 入門
NoSQL データベースが持つスケーラビリティーを実現するとともに、従来のリレーショナル・データベース・システムが持つ ACID 特性を備えたインメモリー・データベース、VoltDB について学んでください。この記事では、データベース・テーブルを設計してパーティショニングし、Java コードで作成されたストアード・プロシージャーを使用してデータの格納と取得を行う方法を説明します。さらに、VoltDB をベースに作成されたキー・バリュー型ストアである VoltCache についても探ります。
記事 2013/11/14
Java アプリから動的に PDF ファイルを生成する
アプリケーションで PDF 文書を動的に作成する必要がある場合、iText ライブラリーが必要です。オープンソースの iText ライブラリーを使用すると、PDF を簡単に作成することができます。この記事では iText を紹介するとともに、iText を使用して Java アプリケーションから PDF 文書を生成する方法について順を追って説明します。また、iText についての理解を深めるために、サンプル・アプリケーションを作成します。
記事 2013/11/14
関数型の考え方: 遅延処理、第 2 回
クロージャーをサポートする言語では、遅延評価を簡単に実装することができます。連載「関数型の考え方」の今回の記事では、Groovy のクロージャーをビルディング・ブロックとして使用して遅延リストを作成する方法を説明します。その後、言語によってはフィールドの初期化を遅延できるという点を含め、遅延評価のパフォーマンス上および概念上のメリットを探ります。
記事 2013/10/31
1 - 989 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示