製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(211 製品)

(526 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 130 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
セキュアな IoT ソリューションの設計と構築, 第 3 回: IoT アプリケーションをセキュリティーで保護する
セキュアな IoT ソリューションの開発手法について説明する、この全 3 回からなるシリーズの第 3 回では、IoT アプリケーションのセキュリティーに注目します。Cloudant データベースに IoT データを安全に保管する方法、保管されたデータをセキュアな API を介して公開する方法、そしてセキュアな API をモバイル・アプリや Web アプリから呼び出す方法を学んでください。
記事 2016/11/03
コグニティブ IoT アプリケーション対応のブロックチェーンを実装する、第 1 回: IBM Blockchain 内のスマート・コントラクトにデバイスのデータを統合する
医療業界、倉庫業、運送業、物流業をはじめとする多種多様な業界で、モノのインターネット (IoT) ソリューションが採用されて成功を収めています。けれども現在のクラウド・ベースの集中型 IoT ソリューションではスケーリングするのが難しく、大企業が直面するセキュリティーの課題に対処できない可能性があります。そのようなセキュリティー問題を解決する手段となるのが、参加ノード間のトランザクションおよびピア・ツー・ピア通信の分散型レジャーとしてのブロックチェーンです。この記事では、ブロックチェーン対応の IoT ソリューションの概要を説明し、マルチパートナー環境での IoT アプリケーションに IBM Blockchain プラットフォームを利用する方法をデモします。
記事 2017/10/05
コグニティブ IoT アプリケーション対応のブロックチェーンを実装する、第 2 回: 車載センサーのデータを使用して Blockchain 内でスマート・トランザクションを実行する
コグニティブ IoT アプリケーション対応のブロックチェーンの実装を開始してください。この全 2 回からなるシリーズの第 1 回では、IoT ソリューション内でブロックチェーンを使用するという手法について説明し、さまざまな業界でこの 2 つのテクノロジーを利用して完全に自動化されたセキュアなソリューションを構築している例を取り上げました。この第 2 回では、BM Watson IoT Platform と IBM Blockchain サービスを利用して使用ケースを構築する例を紹介します。
記事 2017/10/05
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 2 回 スケッチを作成して IBM IoT Foundation Quickstart に接続する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 2 回) では、IoT (Internet of Things) 用に設計された MQTT (旧称 Message Queueing Telemetry Transport) というプロトコルを紹介し、MQTT を Arduino に実装する方法を説明します。ローカルで MQTT をテストして問題をデバッグするためのツールと手法を学ぶとともに、カスタム・データのグラフ化に対応する IBM Internet of Things Foundation Quickstart に接続する Arduino スケッチを作成してください。
チュートリアル 2014/11/27
セキュアな IoT ソリューションの設計と構築, 第 1 回: IoT のデバイスとゲートウェイをセキュリティーで保護する
この全 3 回からなるシリーズでは、セキュアな IoT ソリューションを開発できるよう、IoT の脆弱性、そしてセキュアな IoT アプリを設計する際の課題について説明します。その上で、テストによってその効果が認められた、デバイスとゲートウェイをセキュリティーで保護する手法として、証明書ベースの認証を含むデバイスの認証、デバイスの許可、アプリケーション ID の検証などを紹介します。
記事 2017/7/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 1 回 回路を組み立てて環境を構築する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 1 回) では、Arduino マイクロコントローラーを紹介するとともに、自宅の機器が正常に動作するよう管理するという問題を解決するために、著者がこの Arduino をどのように利用したかを説明します。また、Arduino のハードウェア・アドオンを紹介し、これらのアドオンを接続する方法、ハードウェアをテストするためのプログラムをロードする方法を説明します。
チュートリアル 2014/11/27
セキュアな IoT ソリューションの設計と構築, 第 2 回: ネットワーク上の IoT データをセキュリティーで保護する
セキュアな IoT ソリューションの開発手法について説明する、この全 3 回からなるシリーズの第 2 回では、第 1 回で説明した IoT デバイスをセキュリティーで保護するための手法に基づき、今度はネットワーク上のデータ・セキュリティーに目を向けます。具体的には、データ暗号化および IBM Watson IoT Platform の API における API セキュリティーについて説明します。
記事 2016/11/03
深層学習を利用して異常を検出するコグニティブ IoT ソリューションを開発する、第 3 回: Deeplearning4j を使用して異常を検出する
この記事は、全 5 回からなるシリーズ「深層学習を利用して異常を検出するコグニティブ IoT ソリューションを開発する」の第 3 回です。今回は、Deeplearning4j を使用した深層学習ソリューションの例を取り上げ、IoT センサーが収集する大量のデータを、このソリューションを使用して分析する方法を説明します。
記事 2017/10/26
深層学習を利用して異常を検出するコグニティブ IoT ソリューションを開発する、第 1 回: 深層学習および長期/短期記憶ネットワークの紹介
この記事は、全 5 回からなるシリーズ「深層学習を利用して異常を検出するコグニティブ IoT ソリューションを開発する」の第 1 回です。今回は、深層学習とニューラル・ネットワークの概要を説明し、この 2 つを利用して、IoT センサーが収集する膨大な量のデータをどのようにして分析するのかを紹介します。
記事 2017/10/26
深層学習を利用して異常を検出するコグニティブ IoT ソリューションを開発する、第 2 回: 異常検出用のデータを生成する
この記事は、全 5 回からなるシリーズ「深層学習を利用して異常を検出するコグニティブ IoT ソリューションを開発する」の第 2 回です。今回は、Node-RED を使用してテスト・データ・シミュレーターを作成する方法を説明します。
記事 2017/10/26
IoT デバイスに対する脅威を識別して防ぐ
モノのインターネット (IoT) がセキュアではない場所に置かれていて、セキュアではないネットワークを介して通信していることはよくあります。この記事では、IoT デバイスに対する主な脅威について説明し、それらの脅威に対処する方法を提案します。
記事 2017/10/12
IoT サービスと GPS サービスを Bluemix で統合して健康のために役立てる
この記事では、単純な Node.js アプリケーションの例を用いて、Bluemix エコシステムに用意されている Wearable Fitness および Pitney Bowes Travel Boundary Service という 2 つのサービスを利用するアプリケーションを開発する方法を紹介します。また、この特定のアプリケーションのアイデアを開発に移す上での課題と、地図および地図データを扱う複雑さについても議論します。
記事 2014/10/16
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 4 回 クエリー用 GUI の Web ページをデプロイする
このチュートリアルは、Arduino Uno と IBM Internet of Things (IoT) Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する、全 4 回からなるシリーズの最終回です。今回は、IBM Bluemix 上で温度および湿度データをグラフ化するための簡単な GUI の Web ページを Nginx にデプロイすることで、すべてが盛り込まれた例を完成させるとともに、CORS を有効にするために Node-RED の構成に変更を加える方法についても見ていきます。
チュートリアル 2014/11/27
IoT プラットフォームを使用して IoT アプリケーションの開発を効率化する
この記事では、IoT プラットフォームの主な機能を探り、汎用の包括的 IoT プラットフォームの代表例をいくつか紹介します。IoT ソリューションを迅速に開発し、短時間で IoT データから最大限の価値を引き出すには、IoT プラットフォームを導入する必要があります。その理由を学んでください。
記事 2017/10/12
IoT アプリでのコグニティブ・コンピューティングの開発を迅速に行う
この記事では、新たに発表されたIBM Watson IoT Platform のコグニティブ機能について説明した後、これらの新しい機能で実現可能なことを示す実際の顧客の例を詳しく見て行きます。
記事 2016/3/17
Watson および IoT Platform サービスを利用してホーム・アシスタント・モバイル・アプリケーションを構築する
このチュートリアルでは、モバイル・アプリケーションで Watson Conversation、Text to Speech、および Speech to Text サービスを利用してユーザーの命令を理解し、IBM IoT Platform サービスを介してデバイスを制御する方法を説明します。さらに、このモバイル・アプリからコマンドを受信し、イベントをモバイル・アプリに送信する Raspberry Pi を、ホーム・ゲートウェイとして統合する方法、そして Object Storage サービスを利用して画像を保管する方法を説明します。
記事 2017/10/26
次の IoT プロジェクトに最適なハードウェアを選択する
この記事では、IoT で一般的に使用されているマイクロコントローラー (例えば Arduino)、シングル・ボード・コンピューター (例えば Raspberry Pi)、組み込みデバイスなどの各種のハードウェアについて、特定の機種に偏ることなく概観します。IoT のコンテキストで、ハードウェアの大まかな構成要素と主要な特性を、必要なセキュリティー機能とファームウェア機能の概要を織り交ぜて紹介するとともに、特定の IoT プロジェクト向けに開発者が特定のタイプのハードウェアを他に優先して選択することになる局面、場所、理由に関するガイダンス、そしてさまざまな業界での使用事例を説明します。
記事 2017/8/24
たった 7 つのステップでコグニティブ IoT アプリを構築する
エッジ・コンピューティング・アーキテクチャーに従って、コグニティブ IoT ソリューションを構築してください。アナリティクスの実行場所をゲートウェイに移し、高度な機械学習によって異常を検出するアプリの作成方法を説明します。
チュートリアル 2017/8/10
IoT を自宅に導入する: 自動車と自宅をつなげる
シンプルなスマート・デバイス (Raspberry Pi、Bluetooth デバイス、プログラマブル電源タップ) とシンプルな IoT プラットフォーム (IBM Bluemix、IBM Watson IoT Platform、MQTT) を使って、帰宅途中の自動車が自宅に近づくと、電灯などの電化製品の電源をオンにする IoT を構築してください。
記事 2016/11/24
初めての IoT アプリを構築する
Bluemix 上で Node-RED と Twilio を利用して、皆さん初めての IoT アプリを構成してください。この記事では、リモート・サーバーを監視し、ユーザーにコンピューターまたは IT ネットワークがダウンしているかどうかを通知する、完全な IoT ソリューションを作成します。
記事 2017/6/15
Bluemix を利用してセキュアな IoT 医療ソリューションを構築する、パート 1
医療ソリューションにモノのインターネット (IoT) を使用すると、データ・プライバシー、安全性、ガバナンス、信頼などの面で、大きなセキュリティー問題が生じます。IBM Watson IoT Platform は、デバイスとアプリケーションをクラウドに接続するセキュアな手段となります。2 つのパートからなるこのシリーズでは、Watson IoT Platform サービスと IBM Integration Bus Healthcare Pack を利用するサンプル・ソリューションを取り上げます。パート 1 では、Android アプリに接続された心臓モニター・センサー・デバイスが取得したデータを、オンプレミス・データベースにセキュアに送信する方法を説明します。パート 2 では、このソリューションを設計して実装する方法を説明します。
チュートリアル 2016/6/30
スマートフォンを IoT デバイスに変身させる
スマートフォンをセンサー・デバイスに変身させる方法、スマートフォンからクラウド内の Watson IoT プラットフォームにセンサー・データを送信する方法、そしてセンサー・データを処理して視覚化する Bluemix アプリケーションを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、Internet of Things サービスと Node-RED サービスを利用する Android アプリと 2 つの Bluemix アプリを作成します。
記事 2017/7/27
IoT サイバー攻撃の脅威に立ち向かう
現在、モノのインターネット (IoT) によって、ビジネス・オペレーションの方法が変わりつつあります。これは倉庫保管、輸送、ロジスティクスの分野に顕著であり、こうしたビジネス・オペレーションの変化によって、(万一ハッカーにセキュリティーの壁を打ち破られた場合には、それに対処する時間と費用が必要になることから) IoT デバイスのセキュリティーがよりいっそう重要なものになってきています。この記事では、堅牢な IoT ソリューションをセキュアに開発するためのベスト・プラクティスを概説します。
記事 2015/12/03
IoT 開発のベスト・プラクティス
IoT (モノのインターネット) の分野で開発する際には、接続、セキュリティー、プライバシーを考慮しなければなりません。さらに、デバイスが常時接続された状態にあるという性質上、消費電力、チップの処理速度、メモリー、そしてファームウェアの更新についても考慮しなければなりません。これらの重要な要素のすべてが、IoT 製品の成否を左右します。この記事では、皆さんが IoT の「モノ」を成功させる可能性をより高められるよう支援するために、優れたモバイル開発パターンについて詳しく調べるとともに、これらのパターンを IoT 開発にどのように適用できるかについても詳しく取り上げます。
記事 2015/10/29
ゼロから始めず IBM developerWorks Recipes を利用して IoT アプリケーションを構築する
オープン・コミュニティーの IBM developerWorks Recipes について詳しく調べてください。そこでは、IBM Bluemix 上で IoT アプリの開発を始めるにあたって、レシピを参照することや、レシピに手を加えること、あるいはレシピを作成することができます。
記事 2015/10/08
モノのインターネット (IoT) を導入する
モノのインターネット (IoT) の時代が到来しました。今や、センサー対応のスマート端末をはじめ、多種多様な機器がインターネットに接続しており、これらの機器は同じくインターネットに接続された新しいアプリケーションやソリューションで利用されています。モノのインターネットは、テクノロジー・コストの大幅な低下や、さまざまな形態での接続が普及するなど、複数の要因が重なったことで、急激に私たちの日常生活に入り込むようになっています。この記事では、モノのインターネット (IoT) の重要な概念を探り、IoT ソリューションを構築する際の 4 つの主なステップを説明します。
記事 2016/3/31
IBM IoT Foundation と IBM Bluemix を使用して独自のウェアラブル端末を作成する
ウェアラブル端末に接続し、その端末からクラウドに対してセンサー・データの送信を行う、ハイブリッド・モバイル・アプリを作成してください。このチュートリアルの自分で作成する粋なプロジェクトでは、IBM Bluemix、IBM Internet of Things (IoT) Foundation、Apache Cordova、および WICED Sense Development Kit を使用します。
チュートリアル 2015/5/07
Geospatial Analytics を利用して、ネットワーク接続された車両の IoT アプリを作成する
Bluemix 上にモノのインターネット (IoT) による Connected Vehicle スターター・キットをデプロイし、「モノのインターネット」サービスと Geospatial Analytics サービスを利用して拡張してください。このスターター・キットを使用すると、街中を走っている車両のシミュレーション、表示、管理が可能になり、通知用のジオフェンスを設定することも可能になります。
記事 2015/4/30
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 3 回 Node-RED を使ってカスタム・アプリケーションを作成する
このチュートリアルは、Arduino Uno と IBM Internet of Things (IoT) Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する、全 4 回からなるシリーズの第 3 回です。今回は、組織と機器を IBM IoT Foundation に登録します。続いて、Arduino 回路と第 2 回で作成したスケッチから MQTT プロトコルを利用して送られてくる温度および湿度データを取得して Mongo データベースに保管する単純なアプリケーションを、Node-RED を使用して作成します。また、Node-RED のフローとして、データベースに対してクエリーを実行する Web サービスを実装するフローを作成します。
チュートリアル 2015/3/12
「現場の気付き」をビジネス化する組み立て可能なIoTシステム - IBM Internet of Things Foundation
手間やコストをかけずスピーディに「モノのインターネット」によるビジネス創出の可能性を試行錯誤できるIoTに特化したクラウドであるIBM IoT Foundationをご紹介します。 プログラミングなどのITスキルをあまり必要とせずにドラッグ &ドロップで使用可能であり、『モノ』の現場での知恵やひらめきをシステムへ繋いでIoTでの新たな価値の創造を試みたいビジネスパーソンのかたへお奨めです。
記事 2015/1/07
Arduino と Rails を使用して Bluemix 上で IoT アプリケーションを開発する
このチュートリアルでは、モノのインターネット (IoT: Internet of Things) に適用できるテクノロジーを使用するアプリケーションの開発方法を紹介します。このチュートリアルで開発するサンプル・アプリケーションは、加速度計からデータを収集して Web サーバーに保管し、それらのデータを加速度計の読み取り結果として即座に Web ページに表示するというものです。
チュートリアル 2014/10/30
IoT デバイスから GPS データを取得して使用する PHP アプリを作成する
IoT アプリを作成しようとする PHP 開発者にとって、作業に取り掛かるのは困難な場合があります。そのような PHP 開発者のために、このチュートリアルではPHP で駆動する IBM Bluemix IoT アプリケーションを構築するプロセスをステップ・バイ・ステップで解説します。このアプリケーションは、接続されたデバイスから IBM Watson IoT Platform に送信される位置情報データにサブスクライブし、Google Maps API を使用して、その位置情報データを地図の画像に反映させます。
記事 2017/8/03
EasyMock を使用してテストを容易にする
この記事では著者の Elliotte Rusty Harold が、モック・オブジェクト、具体的には EasyMock フレームワークを使って、いくつかの困難なユニット・テストを容易に行う方法を説明します。このオープンソース・ライブラリーを利用すると時間を節約することができ、またモック・オブジェクトのコードが簡潔で読みやすいものになります。
記事 2009/4/28
Java の新しい Math クラス: 第 1 回 実数
この 2 回シリーズの記事では、Elliotte Rusty Harold が昔ながらの java.lang.Math クラスの「新しい」機能について調べます。第 1 回では純粋に数学的な関数に焦点を当て、第 2 回では浮動小数点数の演算用に設計された関数について調べます。
記事 2008/10/28
ファズ・テスト
ファズ・テストは単純な手法ですが、コード品質に与えるその影響は計り知れません。この記事では Elliotte Rusty Harold が、障害部分を調べるためにランダムな不良データを故意にアプリケーションに注入すると、どのような結果になるかを説明します。また、チェックサム、XML データ・ストレージ、そしてコード検証など、ランダム・データに対するプログラムの脆弱性を解消するための防衛的コーディング手法についても説明しています。そして最後に、コードを守るための決定的手法として、コード・クラッカーとしての思考を持つ訓練で記事を締めくくっています。
記事 2006/9/26
訛りのない Java 言語を話す
この記事では Elliotte Rusty Harold が Java 言語とそのコミュニティーでの固有の慣用表現、方言、訛りについて詳しく説明します。この記事のガイダンスに従えば、C/C++ やその他の言語から Java に転向したプログラマーでも、Java 言語のネイティブ・スピーカーの仲間に加われます。
記事 2010/1/12
ヒント: 例外をスローできない場合
この記事では、オーバーライドが必要なメソッドに、十分拡張できる throws 節がない場合に、インターフェースを実装する問題、つまりクラスをサブクラス化する問題について Elliotte Rusty Harold が検討します。今回のヒントでは、チェック例外を処理することもスローすることもできない場合の選択肢を探ります。
記事 2010/4/06
デジタル企業におけるハイブリット統合プラットフォーム
企業のアプリケーション、データ、サービスがオンプレミスとクラウド内の両方に拡散するという状況では、ビジネス・プロセス・モデルのありとあらゆる要件に、単一の統合プラットフォームで対処することは不可能です。モバイルと IoT を含め、あらゆる統合のニーズを満たすには、多種多様な統合コンポーネントで構築されたハイブリッド統合プラットフォームが必須となります。この記事では、ハイブリッド統合プラットフォームを配置する使用ケースを 3 つ紹介し、最適に構成されたミドルウェア・コンポーネントを使用して、このようなプラットフォームを設計する手順を説明します。
記事 2017/8/31
JUnit 4 の現状を紹介する
この記事では、コード・テストの偏執狂、Elliotte Harold が JUnit 4 を取り上げ、この新しいフレームワークを皆さんの作業の中でどのように使用するかについて解説します。この記事は、既に JUnit に経験のある読者を対象にしています。
記事 2005/9/13
Java の新しい Math クラス: 第 2 回 浮動小数点数
この 2 回シリーズの記事では、Elliotte Rusty Harold が昔ながらの java.lang.Math クラスの「新しい」機能について調べます。第 1 回では純粋に数学的な関数に焦点を当て、第 2 回では浮動小数点数の演算用に設計された関数について調べます。
記事 2009/1/13
モノのインターネットの中ですべてのモノを接続する
この IoT 接続ガイドでは、IoT ネットワーキング向けに広く採用されているテクノロジーと標準を紹介し、特定のネットワーク・プロトコルを優先的に選択するほうがよいことがあるのはなぜなのかを説明します。また、IoT でのネットワーキングに関する主な考慮事項と課題についても取り上げます。
記事 2017/10/19
MQTT の基本知識
この記事では、MQTT プロトコルを技術の面から紹介します。MQTT とは何か、MQTT が IoT アプリケーションに適している理由、そして MQTT を使用したアプリの開発を始める方法を説明します。
記事 2017/8/24
ついに声で始動!BB-8、Watson Speech to Text で動く
エントリーレベルの技術者が、Bluemix、JavaScript などを学びながら、IoT や Watson Speech to Text について理解することができます。
記事 2016/8/19
Docker コンテナーを使用して迅速にモノのインターネット・アプリケーションを開発する
無線モジュール、センサー、マイクロコントローラーがコモディティー化されて入手しやすくなったこともあって、モノのインターネット (IoT) の急速な成長が進んでいます。しかし、IoT は機器の製造業者にとってだけのビッグ・ニュースではありません。相互に接続された機器の数が増えるにつれ、これらの機器とインターフェースを取って、機器から生成される膨大な量のデータを処理するアプリケーションの需要も高くなってきています。この高まる需要に対応するには、Web およびモバイル・アプリケーションの開発者は、IoT を対象とした開発をスタートさせて、現在の開発プラクティスをこの新しいアプリケーション領域の課題に対処するように適応させていかなければなりません。そのような開発プラクティスの 1 つが、コンテナーを使用する方法です。コンテナーは、仮想化を実現するための軽量の手法であり、開発者はコンテナーを広範に適用することで、IoT アプリケーションの開発、テスト、デプロイ、更新を迅速に行えるようになります。
記事 2016/3/24
MQTT と IBM Bluemix の「モノのインターネット」サービスを探る
機器とアプリケーションを相互に接続するには、MQTT (Message Queue Telemetry Transport) を使用する Bluemix の「モノのインターネット」(IoT) サービスが単純ながらも強力な手段となります。このチュートリアルでは、IoT サービスの背後で MQTT が効果的に機能する仕組みを理解した上で、IoT サービスを Java および Node-RED エディターとともに使用してアプリケーションを作成する簡単なプロセスに従ってください。
チュートリアル 2015/4/30
スマートフォンをセンサー兼アクチュエーターに変身させる
このチュートリアルでは、Watson IoT Platform を利用して単純な IoT ソリューションを作成するために、スマートフォンをデータの読み取りと送信を行うセンサーに変身させる方法、さらにデータを読み取ってアクションを実行するアクチュエーターとしても機能させる方法を説明します。
記事 2017/3/24
レガシー・コードのテスト
この記事ではjEditを例として使用し、これまでにテストしたことのないレガシー・コードのテスト・スイートを開発する方法について紹介します。jEditは人気の高いオープン・ソースのテキスト・エディターですが、テスト・スイートはまったく用意されていません。jEditを使用した開発をより生産的に、効率的に、楽しいものにするテスト・スイートを開発していきます。
記事 2006/4/04
Java XPath API
XPath 式は、詳細な DOM (Document Object Model) ナビゲーション・コードよりもずっと簡単に書くことができます。XML 文書から情報を抽出する場合、最も手軽で単純な方法は、XPath 式を Java プログラムの中に埋め込んでしまう方法です。Java 5 では、XPath を使って文書をクエリーするための、XML オブジェクト・モデルに依存しないライブラリー、javax.xml.xpath パッケージが導入されています。
記事 2008/8/25
Cobertura でテスト対象範囲を調べる
この記事では、コード・カバレッジ (テスト対象範囲) に関するベスト・プラクティスを使って Cobertura を活用する方法を解説します。
記事 2005/5/03
ヒント: XHTML に対して適切な MIME タイプを送信するように Apache を構成する
このヒントは、Microsoft Internet Explorer など、標準に準拠しないブラウザーには相変わらず text/html を送信する一方、XHTML (Extensible Hypertext Markup Language) 文書をサポートするブラウザーには XHTML 文書をメディア・タイプ application/xhtml+xml でタグ付けするように Apache を構成する方法について説明します。
記事 2007/3/06
PMDでバグを退治する
この記事ではPMDに組み込まれているルールの使い方と、Javaコードの品質を改善するためにカスタムのルール・セットをどのように作るかを説明します。
記事 2005/1/07
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル (2017 年 5 月)
この記事ではご参考までに、モノのインターネットに関する記事のうち、最もよく読まれている 5 件のハイライトを紹介します。
記事 2017/5/25
XMLデータを管理する: タグURI
URI(Uniform Resource Identifier)は、インターネット上の情報資源を、必ずしも位置指定することなく識別することができます。タグは単純なアルゴリズムで、固有のわかりやすいURIを作成する一方で競合を回避します。このことは、URIをIDとして使用するRDF、Atomやその他のシステムと密接な関係があります。
記事 2006/1/24
XMLデータの管理:eXist - オープン・ソースのネイティブXMLデータベース
XMLの人気が高まるにつれて、管理しなければならないXMLドキュメントが大量にあることに気づくユーザーが増えています。この明らかなニーズに応えるために、ネイティブXMLデータベースが開発されています。この記事では、そのようなデータベースの1つであるオープン・ソースのeXistについて解説します。
記事 2005/6/27
XMLデータの管理: XMLカタログ
XMLカタログによって、ドキュメントの消費者はXMLドキュメントそのもので指定された実際のURLまたはパブリック識別子を一群のURLで置き換えることができます。
記事 2005/5/13
XMLデータの管理: XMLドキュメントの識別
この記事では、XMLドキュメントでよく使われるファイル拡張子とMIMEメディア・タイプについて述べます。
記事 2005/4/29
HTML 5 の新要素
HTML 5 は、2000年以降初めて、HTML に新しい要素を導入します。新しい構成要素には aside と figure、そして section があります。新しいインライン要素には time と meter、そして progress があります。新しい埋め込み要素には video と audio があります。新しい対話要素には details と datagrid、そして command があります。
記事 2007/8/07
PHP で XML をプル型構文解析する
PHP 5 に同梱された XMLReader ライブラリーについて学びましょう。XMLReader ライブラリーを利用すると、PHP ページでの XML 文書処理を、効率的なストリーミング・モードで行うことができます。
記事 2008/1/11
なぜ XForms なのか
この記事は、XForms が解決しようとしている問題、つまり国際化やアクセシビリティー、機器に対する非依存性などについて説明します。こうした問題に直面している人達にとっては、XForms を十分に検討する必要があります。一方こうした問題に関係のない人達は、もっと単純なソリューションを利用した方が賢明かもしれません。最終的に判断するのは、皆さん自身です。
記事 2006/10/31
PHP での SimpleXML 処理
PHP のバージョン 5 にバンドルされた SimpleXML エクステンションについて学びましょう。SimpleXML エクステンションを使うと、PHP ページで XML をクリエリーし、検索し、修正し、そして PHP で使いやすい構文で再公開することができます。
記事 2006/10/10
UTF-8でのXMLドキュメントのエンコード
Unicodeは、現存する他のすべての重要なコンピュータ化文字セットのスーパーセットです。UTF-8は、Unicode文字セットの適切なバイナリー・エンコードです。この記事は、すべてのXMLドキュメントがもっぱらUTF-8で生成されるべきであると主張しています。その結果、ドキュメントの世界がより堅牢で、より相互運用性の高いものになります。
記事 2005/8/30
ヒント: XSLT での再帰によるループ
このヒントでは、名前付きテンプレートと xsl:call-template、xsl:with-param、および xsl:param 要素を使用してこの機能を備える方法を説明します。
ヒント 2005/6/29
ブロックチェーンとシェアリング・エコノミー 2.0
現在、私たちはブロックチェーン・テクノロジー・サイクルの幕開けの時代にいます。ビットコインはブロックチェーンの最初の、そして最も注目すべきアプリケーションですが、それは単なる始まりに過ぎません。今や、私たちは中央当局が存在しなくてもネットワーク内で信用を提供可能にするテクノロジーを手にしています。開発者にとってのブロックチェーンの可能性と、このテクノロジーに将来何が待ち受けているかを学んでください。
記事 2016/7/28
よりスマートな健康管理用ウェアラブル端末を作成する: パート 2 Watson サービスを利用したコグニティブ・アプリケーションを設計する
この記事では、堅牢なコグニティブ・コンピューティング・プラットフォームである IBM Watson を、皆さんのウェアラブル・プロジェクトで利用するとよい理由を説明します。また、Watson をウェアラブル・プロジェクトに統合する方法についても説明します。
記事 2015/10/15
よりスマートな健康管理用ウェアラブル端末を作成する: パート 1 健康管理にウェアラブル端末とコグニティブ・コンピューティングを利用するメリットを調べる
この記事では、健康管理分野における現在のウェアラブル・コンピューティングのトレンドについて詳しく見ていき、現在のハードウェア・オファリングで実現できることと、これらのハードウェア・オファリングにはない分析機能で実現できることの間にあるギャップを探ります。ウェアラブル端末メーカーは、Watson のようなコグニティブ・コンピューティング・プラットフォームを利用することで、製品を市場に出すまでの時間をどのようにして縮めることができるのか、また現在のウェアラブル端末の貧弱なオファリングと、ウェアラブル端末の可能性とのギャップを Watson はどのようにして埋めることができるのか、といったことも見ていきます。
記事 2015/10/15
IBM Bluemix アプリを対象とした、リモート制御の Raspberry Pi 2 モニターを作成する
IBM Internet of Things Foundation を利用してデバイスとアプリケーションを相互接続する実践プロジェクトを通して、モノのインターネットについて理解してください。このチュートリアルでは、実行中の IBM Bluemix アプリケーションのアップタイムと、このアプリケーションへのアクセス時間をモニタリングするように Raspberry Pi 2 をセットアップして、Bluemix にデプロイできるグラフ作成アプリケーションにそのモニタリング結果を取り込みます。さらに、この Raspberry Pi 2 モニターをリモートで制御するデスクトップ・アプリケーションのコーディングを行います。
記事 2015/7/02
サイバー・フィジカル・システムとスマート・シティ
現代の都市環境は、サイバー・フィジカル・システム (CPS) とスマート・シティに関する課題を数多く抱えています。この記事では CPS について紹介した後、このテクノロジーを使用した実際の例を取り上げます。また、スマート・シティが近い将来に直面するであろう社会的な問題と技術的な問題についても説明します。
記事 2015/6/25
Bluemix の 1 年: アプリのトップ 10
どの Bluemix アプリが dW 編集チームのお気に入りのリストに入ったかをご覧ください。水の節約から、Watson の利用、フィットネスの記録、駐車した車の探索まで、このリストにはあらゆるものが含まれています。
記事 2015/5/14
企業におけるモノのインターネットの導入に弾みをつける
Bluemix サービス、Pebble スマートウォッチ、Meteor を利用して、モノのインターネット・アプリ ― 販売追跡システム ― を迅速に稼働状態にしてください。
記事 2015/3/19
Web ユーザーと Pebble ユーザーのための Where? アプリを作成する
「どこ?」の質問に答えるアプリケーションを作成します。クライアント・アプリケーションをサポートするための REST API を提供するバックエンド Node.js アプリケーションを、Bluemix 上でビルドしてデプロイします。 次に 2 つのクライアント・アプリケーション (1 つは Web 用、1 つは Pebble スマートウォッチ用) をビルドします。
記事 2015/3/19
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 3
3 部構成シリーズのこの 3 番目のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした低コストの植物モニター・ソリューションの作成方法を説明します。この最後のチュートリアルでは、デスクトップ・デバイスおよびモバイル・デバイス用にセンサー・データをビジュアライズする HTML5 アプリケーションを作成します。データを Cloudant データ・ストアから利用可能にするためにオープン・データ API を作成します。
チュートリアル 2015/3/12
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 2
3 部構成シリーズのこの 2 番目のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした低コストの植物モニター・ソリューションを作成する方法を説明します。Node-RED アプリケーションを保護し、コードの変更に応じた Bluemix への自動デプロイメントをセットアップします。
チュートリアル 2015/3/12
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 1
3 部構成シリーズのこの最初のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした室内用鉢植え植物をモニターするソリューションを低コストで作成する方法を説明します。このソリューションでは、センサー・データの収集とビジュアライゼーション、およびソーシャル・ネットワークへの更新情報の投稿に IBM Bluemix を使用します。
チュートリアル 2015/3/12
IBM SoftLayer の中で VoltDB データベースを使用してリアルタイムのアナリティクスを実行する
データは、企業が綿密に練った計画を、自信を持って明確な形で推進するために利用する、戦略的資産です。データ駆動型の経営によって、企業はビジネスで発生するあらゆる類の予期せぬ難題や変化に対処することができます。その具体的な方法は、分散されたさまざまなソースから体系的に抽出したデータをすべて収集し、IT 対応のより深いアナリティクス・プロセスを適用して実用的な洞察を引き出すというものです。前例のない膨大な量のデータが取り込まれるようになっている今、データ・アナリティクスを行うための従来のプラットフォームやインフラストラクチャーは制約に直面しており、私たちにはビッグデータとファストデータに対応できる、堅牢でレジリエンシーを備えたアルゴリズムとエンド・ツー・エンドのソリューションが必要です。いくつかの製品ベンダーにより、取り込んで統合されただけのデータを価値ある情報へとスムーズに格上げできるようにするビッグデータ・アナリティクス・システムが提供されています。その中から、この記事では VoltDB が SoftLayer クラウド内でハイパフォーマンスのリアルタイム・ビッグデータ・アナリティクスを可能にする仕組みを説明します。
記事 2015/10/29
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第4部): IBMによるDB2に対応するNoSQLの通信リスナーを使用する
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。この記事では、IBMによるDB2に対応するNoSQLの通信リスナーについて紹介します。本通信リスナーはMongoDBの通信プロトコルに基づいてメッセージを解析します。そのため、MongoDBのコミュニティーに提供されるさまざまなドライバーを使用し、これらのドライバーを使用する際に身に着けたスキルを活用することによって、DB2をJSONストアとして使用したうえでJSON文書の保存・更新・検索を行うことができます。
記事 2013/10/21
XML 妥当性検証のための Java API
妥当性検証を行うと、スキーマで指定されるルールに文書が準拠しているかどうかを調べることができます。DTD、W3C XML Schema Language、RELAX NG、Schematron など、どのようなスキーマ言語がサポートされるかは、パーサーやツールによって異なります。Java 5(TM) には汎用の妥当性検証 API (Application Programming Interface) が追加されており、この API を使用することで、これらの言語や他の言語で作成されたスキーマに対して文書を比較することができます。この、XML を妥当性検証するための API について、この記事を読んで学びましょう。
記事 2010/2/10
Javaの理論と実践: 可変性か、不変性か?
今月の Javaの理論と実践では、不変性のメリットと、不変クラス作成時のガイドラインについて説明します。
記事 2002/2/18
Javaの理論と実践: 1.4.1 JVM中のガーベジ・コレクション
今回の記事では、どのように1.4.1JVMがガーベジ・コレクションを処理しているのか、マルチプロセッサ・システム用の新しいガーベジ・コレクションのオプションのいくつかを含めて調査します。
記事 2003/11/25
Javaの理論と実践: XQueryによるscreen-scraping
今回は、XQueryをHTMLのscreen-scrapingエンジンとして効果的に使う方法を解説します。
記事 2005/3/22
Javaの理論と実践: スレッド・セーフの特性について
スレッド・セーフは「全てかゼロか」の命題ではなく、定義が難しいものです。しかし、クラスがスレッド・セーフであるかどうかの分類をJavadocの中に記述する手間をかけるのは非常に重要なことなのです。
記事 2003/9/23
Javaの理論と実践: 優れたHashMapの構築
util.concurrentパッケージのConcurrentHashMap機能は、HashtableやsynchronizedMapよりも高い並行性が備わっています。
記事 2003/8/21
LDD Today: お気に入りスマート・アイコンの作成
お気に入りスマート・アイコンの作成
記事 2001/8/01
Javaの理論と実践: パフォーマンスの都市伝説
この記事では、Javaのパフォーマンス・チューニングに関して広く語られている、都市伝説と同様の特徴を多く持った説をいくつか取り上げて検討します。
記事 2003/4/22
システム負荷を軽減したスレッド化: 同期化を敵視することはありません
3回シリーズで、Java言語のマルチスレッド・プログラミングの裏に潜む主要な問題について考察していきます。第1回は、同期化についてです。
記事 2001/7/01
Javaの理論と実践: volatile を扱う
Java 言語に元々含まれている同期機構として、synchronized ブロック (およびメソッド) と volatile 変数の 2 つがあります。どちらも、スレッド・セーフにコードを描画するために提供されています。2 つのうち、volatile 変数の方が同期の仕組みとしては強力でない (しかし場合によると、より単純、あるいはコストが安い) のですが、誤った使い方をしやすいものでもあります。今回の Java の理論と実践では、Brian Goetz が volatile 変数を正しく使うためのパターンをいくつか調べ、volatile 変数を適用できる限界について注意を促します。
記事 2007/6/19
システム負荷を軽減したスレッド化: 競合を低減させる
競合を減らしてプログラムにおけるスケーラビリティーを改善するための、各種の技法を紹介しています。
記事 2001/9/01
Javaの理論と実践: アトミックで行く
この記事では、java.util.concurrentにアトミック変数クラスが追加されたことによって、いかに高度にスケーラブルな非ブロック・アルゴリズムがJavaで開発できるようになったかを解説して行きます。
記事 2004/11/23
TestNGでJavaユニット・テストを楽々行う
この記事では、Javaアプリケーションのテスト用の新しいフレームワークであるTestNGを紹介します。
記事 2005/1/06
システム負荷を軽減したスレッド化: 常に共用が最善とは限らない
シリーズ第3回のこの記事では、ThreadLocal を紹介し、その実力を活用するためのヒントをお教えします。
記事 2001/10/01
Javaの理論と実践: ファイナル・アンサー?
final は、クラスやメソッドの宣言では過度に使用される一方、誤った使い方をされることの多いキーワードです。今月は、final の有効な使用法に関するいくつかのガイドラインを説明します。
記事 2002/10/01
Javaの理論と実践: スレッドはどこへ消えた?
スレッドは、注意していないと、(スタック) トレースに形跡を残さず、サーバー・アプリケーションから跡形もなく消えてしまう可能性があります。今回の記事では、「無許可離隊」してしまうスレッドを防止し検出するためのいくつかのテクニックを紹介します。
記事 2002/9/01
Javaの理論と実践: スレッド・プールとワーク・キュー
どのサーバー・アプリケーションでもたいてい、スレッド・プールとワーク・キューに関する問題が出てきます。今回の記事では、スレッド・プールを使用する動機、いくつかの基本的な実装と調整のテクニック、回避すべきいくつかの一般的な障害について説明します。
記事 2002/7/01
Javaの理論と実践: 安全な構築のテクニック
今回の記事では、「構築中に this 参照を拡張させる」一般的なスレッド化の問題について取り上げています。無害に見えるこの行動は、予測不可能で望ましくない結果をJavaプログラムにもたらす可能性があります。
記事 2002/6/01
Javaの理論と実践: それをドキュメント化しなければならないか
Java言語は、Javadocコメント規約によるAPIドキュメンテーションへの統合アプローチを採用しています。今回の記事では、Javaドキュメンテーションの現状について苦言を呈し、もっと有益なJavadocを作成するためのいくつかのガイドラインを提示しています。
記事 2002/8/01
Lotus Notes/Domino カレンダー・アプリケーションの構築
多くのユーザーは Lotus Notes カレンダーを「そのまま」使用しています。しかし、カレンダー機能は、独自に構築したカスタム・アプリケーションに組み込むことができるのをご存じでしょうか。この記事では、その方法について説明します。
記事 2005/9/30
Javaの理論と実践: 動的コンパイルとパフォーマンス測定
今回の記事では、動的コンパイルによってパフォーマンス・テストが複雑になる事例の中から幾つかを解説します。
記事 2004/12/21
Javaの理論と実践: パフォーマンス管理 -- しっかり計画していますか?
この記事では、Java言語を使用したプロジェクトで最もよく見られるいくつかのパフォーマンスに関する失敗について説明します。
記事 2003/3/25
さまざまな機器とプラットフォームの組み合わせに対応したモバイル・アプリケーションをクラウドに統合する際の難題を解決する
最近、もはや切っても切れない関係になっているものとして、互いに密接に関係し合うクラウド・コンピューティングとモバイル・アプリケーションがあります。しかし、モバイル・アプリケーションをクラウドに統合しようとすると、その最初のステップに難題が待ち受けている場合があります。この記事では、MEAP (Mobile Enterprise Application Platform: モバイル・エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム) の概要と、MEAP を選択することが皆さんの環境にとって最善のモバイル開発モデルとなる理由を説明します。また、クラウド指向の MEAP の実例として、著者が作成に関与した Convertigo Mobilizer を紹介します。
記事 2012/9/20
Javaの理論と実践: ガベージコレクションとパフォーマンス
今回の記事では、コレクタの選び方によるパフォーマンスへの影響、コーディング形式の違いによるガベージコレクションへの影響、さらにメモリ確保やそれに関連する動作がJava仮想マシンに与える負担について論じます。
記事 2004/1/27
Javaの理論と実践: 初期化の原子性を使用可能にする
今回は、APIの設計手法として、self-returnイディオムを使うことによって、ある状況では、皆さんのAPIがユーザーにとって非常に使いやすくなることを説明します。
記事 2005/4/27
1 - 130 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示