製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(191 製品)

(523 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 9 件のうちの 9 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
IBM Rational Software Developmentチーム製品Version 7の発表
開発、テスト、デプロイの間のギャップを埋めるテクノロジーとフレームワークを提供する、IBM Rational Software Development Platform team products の最新リリースについてご紹介します。
記事 2007/6/29
コンプライアンスの管理:ITフレームワークの概要
地理的分散開発(GDD)を実現するための、ビジネス要件について検討し、GDD戦略を成功させる上で IBM Software Development Platformがどのように役立つのか解説します。第2回
記事 2006/4/11
Ant を使ってプロジェクト・ビルドを自動的に生成する
ステップバイステップの説明に従ってビルド手順を自動化し、IBM Rational Software Development Platform (SDP) 用の Ant の組み込みサポートを使用して生産性と品質を向上させましょう。その際、IBM WebSphere ファミリーのアプリケーション・サーバーを使用して Ant をデプロイできます。
記事 2007/1/30
地理的分散開発
地理的分散開発(Geographically Distributed Development:GDD)は、さまざまな国や地域、時間帯の異なる場所にあるプロジェクト・チームの調整を可能にする、ソフトウェア開発形態です。この記事では、GDDを成功させるための重要分野をすべて支えるライフ・サイクル・ソリューションである、IBM Software Development Platformをご紹介します。
記事 2005/9/15
情報の観点から考える SOA デザイン、第 5 回: SOA での InfoSphere Data Architect の価値および使用
IBM InfoSphere™ Data Architect、IBM Industry Models、および IBM Information Server を使用した統一メタデータ管理で、プロセス、サービス、およびデータ・モデルを連携する方法について学びましょう。これらのツールを使用することで、SOA プロジェクトの進行が加速します。シリーズ「情報の観点から考える SOA デザイン」の第 5 回では、SOA におけるデータ・モデリング・パターンをサポートする製品の主な特長について述べます。
記事 2008/12/25
大規模組織のためのアジャイルな構成管理
大規模企業は、大規模かつ複雑であるからこそアジャイル開発の原則を採用する必要があります。この記事では、大規模企業におけるアジャイル・プラクティスの必要性と適用方法について解説します。
記事 2006/12/19
ソフトウェア・サービスのためのUML 2.0プロファイル
この記事は、ソフトウェア・サービスのためのUMLプロファイルである、UML 2.0用のプロファイルについて説明します。このプロファイルを利用すると、サービスのモデル化やSOA(service-oriented architecture)、サービス指向ソリューションなどを実現することができます。このプロファイルはIBM Rational Sofware Architectに実装されており、複雑な顧客シナリオのモデル開発に活用されています。また、サービス指向ソリューションの開発に関する懸念事項についての教育用にも使われています。
記事 2005/4/13
極Blog的“ビジネス駆動型開発”を読み解く
ソフトウェア開発チームにも必要な「ガバナンス・ダッシュボード」とは?
記事 2006/11/22
極Blog的“ビジネス駆動型開発”を読み解く
Rationalが提唱する「ビジネス駆動型開発(BDD)」とは、なにか?
記事 2006/5/24
1 - 9 件のうちの 9 件
概要の表示 | 概要の非表示