製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(191 製品)

(523 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 10 件のうちの 10 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その6 モデルベースのハンドオフは忠実さを保存する
モデルや文章を下流のエンジニアリングへとハンドオフ(引渡し)するのを支える良いシステムエンジニアリングモデルを作り上げることを学びましょう。
記事 2013/12/13
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その4 デザインパターンは証明済みの解決策の再利用である
Bruce Douglassの心得トップ10シリーズのその4では、他の設計者たちの経験や知識を、抽象化もしくはデザインパターンの再利用という形で活用することについて考えてみましょう。
記事 2013/12/27
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その5 必要なダイアグラムは4つ(プラス1)のみ
モデリングの心得トップ10のその5では、UMLやSysMLを採用する際の簡便な方法としてBruce Douglassが作成したプロファイルである「最小SysML」を説明します。
記事 2013/12/20
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その1 品質を保証する唯一の効果的な方法は継続的検証である
Bruce Douglassが継続的検証の重要性を説明します。これは欠陥を避けるだけでなく、品質を向上させプロジェクトにおけるやり直しを大幅に削減するのに役立ちます。
記事 2014/1/24
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その2 欠陥は直すより避けたい
Bruce Douglassによるシステムエンジニアのためのモデリング心得トップ10シリーズの今回の話題では、なぜ欠陥を直すよりそれを避けるべきなのかについて彼が考えを語ります。
記事 2014/1/18
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その10 7 ± 2を忘れよ
システムエンジニアは、厳密さがより求められる状況にUML標準やSysML標準を採用するという形で対応をしてきました。これらの標準は複雑であり、これらの言語を使ってどのようにすれば最良にモデリング技法を適用して効果的に要求やアーキテクチャを明確に記述できるのか、あるいは、どのようにすればモデリングを使ってトレード分析やシステムエンジニアリングに必要なさまざまな分析を遂行することができるのか、といったことにガイドを提供しているわけではありません。Douglass博士は、30年以上にわたり何百ものプロジェクトに対してコンサルテーションを提供してきました。彼は、その知見や深い経験を、このモデルベース・システムエンジニアリングの心得トップ10リストの中で皆さんと共有します。
記事 2013/11/15
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その9 全てのモデルは抽象だが役に立つものもある
システムエンジニアは、厳密さがより求められる状況にUML標準やSysML標準を採用するという形で対応をしてきました。これらの標準は複雑であり、これらの言語を使ってどのようにすれば最良にモデリング技法を適用して効果的に要求やアーキテクチャを明確に記述できるのか、あるいは、どのようにすればモデリングを使ってトレード分析やシステムエンジニアリングに必要なさまざまな分析を遂行することができるのか、といったことにガイドを提供しているわけではありません。Douglass博士は、30年以上にわたり何百ものプロジェクトに対してコンサルテーションを提供してきました。彼は、その知見や深い経験を、このモデルベース・システムエンジニアリングの心得トップ10リストの中で皆さんと共有します。
記事 2013/11/22
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その7 要求モデルで、高くつく欠陥を早期に回避できる
Bruce Douglassが、より完全でより的確でより精密でより正確な要求をどのように作成するかについて説明します。
記事 2013/12/06
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その3 作業成果物が同じストーリーを語っていることを確認せよ
トレーサビリティリンクは、個々の作業成果物がシステム開発中に構築される他の全ての作業成果物とその細部において一貫性を持っていることを確実にします。
記事 2014/1/10
システムエンジニアのためのモデリング心得 トップ10: その8 ナプキン・モデルは会話を始めるには良い方法だが、締めくくるには最悪である
ナプキンの上に精密でない考えをスケッチするようなことをして、あえてシステムを失敗作にするようなことはやめましょう。システムエンジニアのためのモデリング心得シリーズその8では、軽量モデルから高忠実なモデルを目指すことを考えてみましょう。
記事 2013/11/29
1 - 10 件のうちの 10 件
概要の表示 | 概要の非表示