製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(191 製品)

(523 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 11 件のうちの 11 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 up 日付 none
OSLC サーバーにアクセスするための Firefox アドオンを作成する
OSLC (Open Services for Lifecycle Collaboration) サーバーにアクセスするための独自のクライアント・アプリケーションを作成することには、2 つの利点があります。1 つは余分なウィジェットを取り除けること、そしてもう 1 つは余分なステップを省けることです。この記事では、OSLC サーバーにアクセスするクライアント・アプリケーションを作成する上での課題と、Mozilla Firefox アドオンを作成して実装することにより、これらの課題に対処する方法を説明します。アドオンのサンプルは、この記事からダウンロードすることができます。
記事 2013/1/24
Rational Quality Manager - Rational Functional Tester 連携によるテスト効率化
当ガイドは、テスト自動化ツールであるRational Functional Tester(以降、RFTと記述)のユーザー向けに、テスト管理ツールであるRational Quality Manager(以降、RQMと記述)と組み合わせたテスト効率化について記述しています。自動テストを効率的に進めるために、進捗管理や履歴管理、さらに分散環境でのリモート実行について、どのようにツールを活用できるかまとめた資料です。
記事 2011/2/25
Rational Quality Manager に Slack および Jenkins を統合する
使いやすさとチーム・コラボレーションに役立つ Slack と Jenkins を統合して、Rational Quality Manager のテスト自動化ワークフローを拡張します。
記事 2016/9/23
Rational Quality Manager アップデート情報
この記事ではRational Quality Manager のアップデート情報を説明しています。必要とするバージョンの資料をダウンロードしてご利用ください。
記事 2010/4/30
Rational Quality Manager テストツール連携ガイド
RQM を使用すると、他のテスト・ツール内で作成した自動テスト・スクリプトを管理、実行できます。 Rational Functional Tester(RFT)、Rational Performance Tester(RPT)、Rational Service Tester、Rational Robot、および Rational AppScan Tester Editionを使用して作成された既存のテストを参照するテスト・スクリプトを作成できます。本記事では、RQMとRFT/RPTを統合して利用する方法とそのメリットを解説します
記事 2009/10/02
Rational Quality Manager 導入ガイド
この記事ではRational Quality Manager日本語版のダウンロードからインストール、起動まで、導入方法をわかりやすく解説します。
記事 2011/2/25
Rational Quality Manager 評価ガイド - IBM Rational Quality Manager を使用してプロジェクトを管理しよう -
この記事では、Rational Quality Manager で新しいプロジェクトを設定する方法について説明し、プロジェクト内で Rational Quality Manager を使用して実行できる基本的な事項をいくつか紹介します。
記事 2009/10/02
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品 3.0.1 導入ガイド
当ガイドは、Rational solution for Collaborative Lifecycle Management および Rational Team Concert v3.0.1、Rational Requirements Composer v3.0.1、Rational Quality Manager v3.0.1を新規に導入するための手順をまとめた資料です。
記事 2011/7/22
ソフトウェアの生産を迅速化する DevOps
さまざまなテクノロジーを扱う企業にとって、事業を運営する上での要求を満たせるだけの短期間で IT ソフトウェア・ソリューションを生産するのは、次第に難しさを増しています。IT ソフトウェア・ソリューションを生産するプロセスは、たくさんの人手を要します。このプロセスでは手順を何度も繰り返す必要があり、しかもコードの統合、コンパイル、テストに、24 時間いっときも注意を怠ることはできません。これに対する対応としては、問題のあるところにリソースを追加で投入することが、一見、論理的な解決策のように思えますが、それよりも有効な解決策があります。それは、大量生産の自動化にも持ちこたえられるレジリエンシー (回復力) を備えたフレームワークを使用して、ソフトウェア・アプリケーションの開発を迅速化することです。そのようなフレームワークとなる DevOps を、RAD (Rapid Application Development) と組み合わせることで、企業は高い品質標準を維持しながらも、ペースの速いプロトタイピング、テスト、デリバリーを実施できるようになります。
記事 2014/8/07
メトリックの使用による CLM レポートの価値の向上
コラボレーティブ・ライフサイクル管理 (CLM) のための Rational ソリューションは、お客様の開発プロジェクトの全ライフサイクルを管理するために、1 つのプラットフォームとしてまとまって機能する 1 セットのシームレスな統合アプリケーションです。お客様のチームがプロジェクトのために協力して作成するアプリケーションおよびライフサイクル・データが CLM によるレポートのためにデータ・ウェアハウス内で提供されます。CLM には 200 を超えるサンプル・レポートが含まれますが、Rational Reporting for Development Intelligence (RRDI) コンポーネントまたは IBM Rational Insight のいずれかを追加することにより、CLM サンプルをカスタマイズし、お客様独自のレポートを作成するための設計ツールを利用できます。こうしたツールにより、運用データ (ODS) およびメトリックの 2 つのメイン・カテゴリーにグループ化されたウェアハウス内のデータにアクセスできます。この資料では、利用可能なメトリックおよびその使用方法について詳細に説明します。
記事 2013/2/01
要求駆動型開発 & 要求駆動型品質管理 ― Rational DOORSとRational Quality Managerの連携 ―
本資料はIBM Rational Quality Manager(テスト管理)のユーザー、または、Rational DOORS(要求管理)ユーザー向けに、IBM Rational Quality Manager Interface for Rational DOORSを利用した連携環境の構築手順、基本操作について説明する資料です。環境構築手順を解説した「導入・設定ガイド」と基本的な操作手順を記した「基本操作ガイド」の2つのガイドを含んでいます。
記事 2010/8/27
1 - 11 件のうちの 11 件
概要の表示 | 概要の非表示