製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(191 製品)

(523 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 6868 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 up 日付 none
YAML の基礎と Kubernetes 内でのその使用方法
このチュートリアルでは、YAML の基本構造と YAML ファイルの作成方法の基礎を学びます。 また、サンプル・ファイルを基に、Kubernetes 内での YAML ファイルの使い方を具体的に説明します。
チュートリアル 2019/7/25
IBM Blockchain Platform スターター・プランにサンプル・アプリケーションをデプロイする
のチュートリアルでは、IBM Blockchain Platform 上にネットワークを作成するところから、スマート・コントラクト (チェーンコード) をインストールし、サンプル・アプリケーションを実行してチェーンコードを呼び出すまでの手順を説明します。説明には共有レジャーにデータを取り込んで、レジャーとやり取りするためにローカルのクライアント・アプリケーションからレジャーを呼び出し、クエリーを実行してレジャーを更新する方法も含まれています。
チュートリアル 2019/1/17
単元 23: クラウド内の Java
Java プラットフォームと Java 言語の構造、構文、プログラミング・パラダイムについて学んでください。まずは、Java プラットフォーム上でのオブジェクト指向プログラミングの基本を習得するところから始めてください。基本を習得した後は、複雑な実世界の Java アプリケーションを開発するために必要な、より高度な構文とライブラリーを徐々に学んでいくことができます。
チュートリアル 2018/12/13
IBM PureApplication SystemでIBM Application Performance Managementの監視を有効にする
IBM Application Performance Management (APM) provides another option to monitor workloads in IBM PureApplication System. This tutorial explains how to create the script package to install and configure APM agents in IBM PureApplication virtual system patterns. It also explains how to apply and execute the script package on the pattern instances manually or in batch mode.
チュートリアル 2017/1/16
Java 開発者のためのブロックチェーン・チェーンコード
現在、ブロックチェーンが、インターネット上でビジネス・トランザクションを実行する方法を変えつつあります。このチュートリアルでは、ブロックチェーン・ネットワークをインストールして、Java 言語で作成されたチェーンコード (スマート・コントラクト) を実行する手順を説明します。
チュートリアル 2017/9/14
IBM Cloud ハンズオン・セミナー 初級編 資料
AIやIoTなど最新テクノロジーを活用したアイディアを素早く実現できるIBM Cloudをご紹介するハンズオン資料を公開いたします。 本ハンズオンは特別なスキルが無くても実施いただけるように最小限のプログラミングでIoTやAIアプリを作成できる内容となっております。AI、IoT活用にご興味のある方は、是非本ハンズオンにチャレンジしてみてください。
チュートリアル 2017/11/28
ブロックチェーンでピザの配送を追跡する
Hyperledger Fabric、Hyperledger Composer、および Python Flask を使用して、エンドツーエンドのブロックチェーン・アプリケーションを作成してください。
チュートリアル 2019/6/20
Watson IoT Platform データとシームレス分析の統合 (第 1 部)
シームレス・ストレージ・ドライバーである Apache Spark ドライバーが開発されました。これは、Watson IoT Platform でのリアルタイム・データと履歴データの間のギャップを取り除き、ネイティブ Spark SQL を使用したすべてのデータの透過的な分析を可能にします。
チュートリアル 2017/11/30
Spring Boot の基礎
Spring Boot のスターター、見解、実行可能 JAR ファイル構造を使用して、「そのまま実行」できる Spring ベースのアプリケーションを迅速に作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2017/9/28
コンテナー化: Docker と IBM Cloud で始めよう
このチュートリアルでは、Dockerfile の概要と、Docker イメージをローカルと IBM Cloud 内のそれぞれでビルドする方法について説明します。
チュートリアル 2019/7/25
WebSocket と SSE による HTTP サーバー Push
Web アプリケーションとモバイル・アプリケーションの中でリアルタイムのストリーミング配信を行うには、WebSocket と SSE という代表的なサーバー Push ソリューションがありますが、この 2 つはどのように異なるのでしょうか?このチュートリアルでは、Python Web アプリケーションを用いて、それぞれのプロトコルの長所と短所を明らかにします。さらに、WebSocket フロントエンド内での接続問題をトラブルシューティングで乗り越える方法を説明します。
チュートリアル 2017/9/28
Javaプログラミング入門, 第 2 回: 実際のアプリケーションに対応するための構成体
引き続き、Java プラットフォーム上でのオブジェクト指向プログラミングについての理解を深めてください。チュートリアル「Java プログラミング入門」の後半となるこの第 2 回では、実際の複雑な Java アプリケーションを開発する際に必要となる、より高度な構文とライブラリーを紹介します。
チュートリアル 2017/9/21
Javaプログラミング入門, 第 1 回: Java 言語の基本
全 2 回からなるこのチュートリアルでは、Java 言語の構造、構文、プログラミング・パラダイムを紹介します。プロの開発者として目にするはずの Java 構文を理解し、堅牢で保守しやすい Java アプリケーションを構築するために使用できる Java プログラミングのイディオムを学んでください。第 1 回で習得するのは、関数型 Java 構文を含め、Java プラットフォーム上でのオブジェクト指向プログラミングに不可欠の要素です。まず、Java オブジェクトを作成する方法、そして Java オブジェクトに動作を追加する方法をひと通り説明した後、Java コーディングのベスト・プラクティスを要約して第 1 回を締めくくります。
チュートリアル 2017/9/21
IBM Blockchain VSCode 拡張機能を使用して商業手形スマート・コントラクトを実行する
IBM Blockchain Platform VSCode 拡張機能を使用してサンプルの商業手形スマート・コントラクトを Hyperledger Fabric ブロックチェーンにデプロイする方法を学び、サンプル・スマート・コントラクトを実際に実行してみましょう。
チュートリアル 2019/5/30
IBM Analytics Engine を利用して Apache Spark シェル内で Apache SystemML を使用する
IBM Analytics Engine を利用して Apache Spark シェル内で Apache SystemML をセットアップして実行する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/5/30
Kubernetes RBAC とサービス・アカウントを使用する
Kubernetes に備わっている強力な側面の 1 つは、アプリケーションによる Kubernetes API の呼び出しによって構成を拡張できることです。
チュートリアル 2019/7/25
機械学習による洞察を本番環境に取り込む
簡単な 6 つのステップで、トレーニング済みの機械学習モデルとパイプラインを本番環境に移行する。
チュートリアル 2019/4/04
Apache Muse を使用して HTTP サーバー用の WSDM インターフェースを作成する
Apache Muse を使用して管理可能リソース用 WS-DistributedManagement (WSDM) 準拠インターフェースを作成する方法を学びましょう。このチュートリアルでは、リソース用の Web サービス・インターフェースを設計する方法、実装用コードを生成する方法、そしてそのコードを Web アプリケーションとしてデプロイする方法を学習します。このチュートリアルで取り扱う管理可能リソースは、一般に「httpd」と呼ばれる広く普及した Apache HTTP Server です。このチュートリアルを修了した時点で、WSDM 準拠の管理クライアントで httpd リソースを操作することができる、Muse ベースのアプリケーション が完成します。
チュートリアル 2006/11/21
Knative でルーティング機能を管理する
「Knative 入門」でルーティングについて軽く触れましたが、このチュートリアルでは使用できるあらゆるルーティング方法を紹介します。
チュートリアル 2019/8/21
IBM Cloud Kubernetes Service 上で Ambassador API ゲートウェイを実行する
このチュートリアルでは、Ambassador について学びます。Ambassador は、Envoy 上に構築された Kubernetes ネイティブの API ゲートウェイ・テクノロジーです。手順に従って Ambassador をセットアップし、そこに IBM Cloud Kubernetes Service (IKS) を統合した後、実際の使用例を確認してください。
チュートリアル 2019/8/21
Db2 Warehouse を利用した空間分析
IBM Db2 Warehouse は、インメモリー処理と、統合された超並列インデータベース分析が組み合わされた高性能の分析エンジンです。Db2 Warehouse では、表データ用に行ベースと列ベースのストレージ・オプションがあるほか、空間データを保管して管理することもできます。
チュートリアル 2019/8/09
Linux の基礎: コンテナーについて学ぶ上での前提条件
Kubernetes の学習コースの多くでは受講者に Linux の基礎知識があることを前提としていますが、万人にこの前提が当てはまるわけではありません。そこで、Windows ユーザー向けのチュートリアルを用意しました。このチュートリアルは、Linux の基本的な概念とコマンドを復習するためにも、Kubernetes を学ぶ上での前提条件を満たすためにも役立ちます。
チュートリアル 2019/7/18
Kubernetes アプリケーションのデバッグとロギング
Kubernetes は、アプリケーションをデプロイ、保守、スケーリングするための一連の基本的なメカニズムを提供し、複数のホストにわたるアプリケーションの一元管理を可能にするオープンソース・システムです。Cloud Native Computing Foundation でホストされているこのオープンソース・プロジェクトを、このチュートリアルでは IBM Cloud Kubernetes Service 上でホストします。
チュートリアル 2019/7/18
Kubernetes でのネットワーキング: ネットワーキングの基本概念について学習するラボ
この一連のラボでは入門者向けに、IBM Cloud Kubernetes Service 内の Kubernetes 上で Docker コンテナーを使用する方法を説明します。最後のラボを完了するまでに、Kubernetes の概要、Docker イメージをビルドして Kubernetes を介してデプロイする方法、アプリケーション・デプロイメントを制御する方法、AI サービスを追加してアプリを拡張する方法、そしてクラスターとアプリをセキュリティーで保護してモニタリングする方法を把握できます。
チュートリアル 2019/7/18
Hyperledger Fabric サンプル・アプリのセキュリティーをカスタム CA で保護し、Kubernetes クラスターにデプロイする
Kubernetes クラスターに Hyperledger Fabric ネットワークをデプロイし、ネットワーク・ノード間の重要な通信に対して TLS を有効にする方法を学んでください。
チュートリアル 2019/7/04
ブロックチェーン・ネットワークを改良してデプロイする
開発ツールをインストールし、ネットワークの単体テストを行って IBM Cloud にデプロイする
チュートリアル 2019/7/04
ローカル・クラスターとリモート・クラスターを使用して Kubernetes アプリケーションを開発する
開発者としては、ローカルでアプリケーション・コードの反復型開発を迅速に進めながらも、開発環境にリモートの本番環境をできるだけ忠実に反映させたいものです。このチュートリアルでは、こうした願いをかなえる方法を紹介します。簡単に説明すると、まず、Minikube を使用して単一ノードの Kubernetes クラスターをローカルでセットアップし、そのクラスターにアプリケーションをデプロイします。その上で、ローカルでは kubeadm-dind-cluster を使用し、リモートでは IBM Cloud Kubernetes Service を利用してマルチノード・クラスターをセットアップします。
チュートリアル 2019/7/12
独自のデータを Watson Discovery サービスで使用する
データを収集してクレンジングし、エンリッチして Watson Discovery にインポートする手順の概要
チュートリアル 2019/6/27
Watson Studio の Neural Network Modeler と Experiments を利用した深層学習モデル
このチュートリアルでは、深層ニューラル・ネットワークを構築し、署名詐欺を検出するモデルを作成します。このプロセスを通して、Watson Studio の Neural Network Modeler でアーキテクチャーを迅速にプロトタイプ化してテストする方法を説明します。また、Neural Network Modeler から生成されたコードをダウンロードする方法、そのコードを Watson Studio の Experiments に接続し、ハイパーパラメーター最適化を処理する方法も説明します。
チュートリアル 2019/6/27
Node-RED で REST API を作成し、API Connect で API を公開する
Node-RED で REST API を作成し、API Connect で API を提供するための内部の詳細を学んでください。
チュートリアル 2019/6/13
山火事の被害を受けた近隣地区を調査して、焼けた家と無傷の家を特定する
ドローンによる航空画像、Watson Studio、Watson Visual Recognition を利用して、山火事の被害を受けた近隣地区を調査して、焼けた家と無傷の家を特定します。
チュートリアル 2019/6/13
PowerAI Vision で物体を検出する
TensorFlow の物体検出API を使用して、ご使用のコンピューター・ビジョン・モデルのレベルを十分に高めてください。
チュートリアル 2019/6/13
PowerAI Vision モデルを作成してデプロイし、iOS アプリ内で使用する
PowerAI Vision を使用してモデルを作成してデプロイし、それを iOS アプリに統合する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/6/13
Watson Visual Recognition でモデルをトレーニングする
atson Visual Recognition の基礎、そして既定の無料枠内で利用する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/6/06
IBM Watson IoT Platform 内で API キーとトークンを生成する方法
IoT 対応デバイスの API キーとトークンを作成する方法を学び、そのデバイスがアプリケーションとやり取りできるようにしてください。
チュートリアル 2019/6/06
IBM Blockchain VS Code 拡張機能を使用してスマート・コントラクトを開発する
IBM Blockchain Platform の Visual Studio Code 拡張機能を使用して、スマート・コントラクトを開発、テスト、デプロイするプロセスを簡素化する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/8/08
Kubernetes 入門: Kubernetes について理解するためのラボ
この一連のラボでは入門者向けに、IBM Cloud Kubernetes Service 内の Kubernetes 上で Docker コンテナーを使用する方法を説明します。最後のラボを完了するまでに、Kubernetes の概要、Docker イメージをビルドして Kubernetes を介してデプロイする方法、アプリケーション・デプロイメントを制御する方法、AI サービスを追加してアプリを拡張する方法、そしてクラスターとアプリをセキュリティーで保護してモニタリングする方法を理解できるようになります。
チュートリアル 2019/7/25
Knative 入門: Knative の知識に身に付けるための演習
最新のサーバーレス・ワークロードのビルド、デプロイ、管理に対応する、Knative という Kubernetes ベースのプラットフォームを紹介します。
チュートリアル 2019/7/25
ローカルの開発用 Hyperledger Composer REST サーバーにインターネット上でアクセスする
ローカルの開発用 Hyperledger Composer REST サーバーにインターネット上でアクセスできるようにする方法を学んでください。
チュートリアル 2019/5/23
プライベート Ethereum ブロックチェーンを IBM Cloud Kubernetes Service にデプロイする
プライベート Ethereum ブロックチェーンを IBM Cloud Kubernetes サービスにデプロイするための手引書
チュートリアル 2019/5/23
Helm 入門: アプリケーション・パッケージ・マネージャ―を理解するための入門者向けラボ
一連の Helm 入門ラボで、Helm を使用してアプリケーションを Kubernetes にデプロイする方法と管理する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/7/25
IBM Watson Studio 対応の Spark サービスを作成する
IBM Watson Studio 上の Jupyter ノートブック内で利用するための Spark サービスを追加する方法
チュートリアル 2019/4/11
アプリケーションのデータをハッカーにとって使い物にならないものにする
Hyper Protect Crypto Services と鍵管理サービスを利用することで、アプリケーションにセキュリティーを簡単に統合し、ハッカーにとってデータを使い物にならないものにする方法を明らかにします。
チュートリアル 2019/4/25
Android Studio 内で Watson Android SDK を使用してアプリケーションを構築する
Watson Android SDK の基礎となっているいくつかの Watson API について学び、Android Studio でサンプル・アプリケーションを構築する
チュートリアル 2019/4/25
クラウド・ベースの健康データを暗号化データベースによって保護する
DBaaS がセキュアかつスケーラブルで高速でなければならない場合の対処方法を探る
チュートリアル 2019/4/18
わずか数分で機械学習モデルをデプロイする
コードを 1 行も作成せずに、Watson Machine Learning を利用して数分で機械学習モデルを作成してデプロイする方法を学ぶ
チュートリアル 2019/4/18
IBM Watson Studio 上に Python ノートブックをデプロイする
ノートブックのデプロイ・プロセスを通して IBM Watson Studio で利用できる機能を学ぶ
チュートリアル 2019/4/11
Watson によって動作するコグニティブ Twitter ボットを作成する
IBM Watson Question and Answer を利用したコグニティブ Twitter ボットを Node-RED アプリケーションとして作成してください。このチュートリアルのステップに従うことで、ほとんどプログラミングをすることなく高度なコグニティブ Twitter ボットを簡単に作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2015/3/19
Watson なら何と答える? Watson QAAPI を Bluemix と NodeExpress で使用する
NodeExpress を使用して、Watson QAAPI サービスを利用する Bluemix アプリケーションを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、アプリケーションを作成するステップを紹介するとともに、Watson の応答構造についても取り上げます。
チュートリアル 2015/3/19
独自のチャットボット・インスタンスをセットアップして IBM Cloud 上の Kubernetes 環境にデプロイする
Watson Assistant と IBM Cloud Kubernetes サービスを結合して、チームの 24 時間体制のカスタマー・エンゲージメントを実現する
チュートリアル 2019/5/09
Bluemix を利用したハイブリッド・クラウドに Java アプリケーションをマイグレーションする、パート 4
Secure Gateway サービスを利用して、Bluemix 内で実行される Java Platform, Enterprise Edition アプリケーションを、Bluemix の外部で実行されるリレーショナル・データベースに接続してください。
チュートリアル 2016/6/17
Model Asset Exchange 入門
無料のオープンソース深層学習モデルをマイクロサービスとしてデプロイしてアプリケーションやサービス内で利用する
チュートリアル 2019/5/09
IBM POWER8 システム上で Weather Research and Forecasting をコンパイルして実行する
並列コンピューティング機能を提供する IBM POWER8 システム上で WRF (Weather Research and Forecasting) モデルとその依存パッケージをコンパイルしてインストールし、データを生成してこのアプリケーションを実行してください。
チュートリアル 2015/2/26
Linux および Windows のシステム管理に最適な 3 つの Android ツール
スマートフォンやタブレットから Android アプリを使用して、自分が使用しているマシンの Windows システムや Linux システム、UNIX システムにリモート接続することにより、システム管理を短い応答時間で行うことができ、どこにいても問題を解決することができます。
チュートリアル 2015/2/19
Lotus Domino Designer での XPages 機能の活用
XPages は Lotus Domino Web 開発者用に追加された最新機能の 1 つであり、今までで最も強力で画期的な機能といえるでしょう。XPages は、これまで Lotus Domino アプリケーション開発では実現できないと考えられていた機能を可能にします。XPages を組み込むことにより、既存のアプリケーションで Web 2.0 のユーザー・エクスペリエンスを簡単に作成できるようになりました。XPages のパワーを紹介するために、このチュートリアルでは、Lotus Domino アプリケーションの個人アドレス帳テンプレートを Web 2.0 対応にする方法を説明します。
チュートリアル 2008/9/24
Kubernetes への NodeJS プロジェクトの移動
IBM Cloud で NodeJS アプリを CloudFoundry から Kubernetes に移す方法について学習します。
チュートリアル 2017/12/15
シェル・スクリプトでの Watson Natural Language Classifier の使用方法
Watson サービスをコマンド・ラインで使用するのは、不可能なことではなく、有益なことです。このレシピは、コマンド・ラインまたはシェル・スクリプトを介して Natural Language Classifier 用 Watson API と対話する方法を理解する上で役立ちます。
チュートリアル 2017/12/21
Node-RED: bot 操作の基礎: まとめ
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 4: コグニティブな Web ページと Messenger ボットの作成
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 3: コミュニティー・ノードと Watson サービスの追加
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 2: Web ページおよび REST API の構築
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 1: Node-RED ボイラープレート・アプリケーションの作成
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: コースの概要
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
非開発者向け Watson API 使用ガイド
このレシピでは、プログラミング言語を使用せずに Watson REST 呼び出しを行う方法を示します。
チュートリアル 2017/12/21
IBM Cloud によってホストされる専用レジストリー入門
IBM Cloud Container Service を使用するメリットの 1 つに、IBM Cloud によってホストされる専用レジストリーにアクセスできることがあります。それによってユーザーは、それぞれの専用レジストリーで Docker イメージをプッシュ/プルできるようになります。
チュートリアル 2017/12/21
Travis CI を使用して Kubernetes ポッドを IBM Cloud Container Service にデプロイする
Travis CI を使用して Kubernetes アプリケーションを IBM Cloud にデプロイする方法について学習します。
チュートリアル 2017/12/21
たった 7 つのステップでコグニティブ IoT アプリを構築する
エッジ・コンピューティング・アーキテクチャーに従って、コグニティブ IoT ソリューションを構築してください。アナリティクスの実行場所をゲートウェイに移し、高度な機械学習によって異常を検出するアプリの作成方法を説明します。
チュートリアル 2017/8/10
Watson Assistant (Watson Conversation) の使い方を学ぶ
この記事ではチャットボットを開発するために必要な Watson Assistant の技術的な解説をします。最低限必要な Watson Assistant の知識を付け、この記事をベースにユニークなサービスを作りましょう。なお、今回の解説範囲にチャット画面 (LINE や Slack、独自開発の UI) との連携部分については含まれません。予めご了承ください。
チュートリアル 2018/3/23
クラウドをポケットに入れて持ち歩く: 第 1 回 サーバー・リストを管理する
SoftLayer の REST API を使用して SoftLayer インフラストラクチャー・サービスを作成、表示、管理するためのモバイル・アプリケーションを作成してください。この全 2 回からなる連載の第 1 回では、モバイル端末に SoftLayer クラウド・サーバーに関する情報を表示する上で必要となるデータを調整する方法を学びます。
チュートリアル 2015/1/22
クラウドをポケットに入れて持ち歩く: 第 2 回 仮想マシンをオーダーして構成する
SoftLayer の REST API を使用して SoftLayer インフラストラクチャー・サービスを作成、表示、管理するためのモバイル・アプリケーションを作成してください。この全 2 回からなる連載の第 2 回では、モバイル端末でサーバーをオーダーして構成する方法を学びます。
チュートリアル 2015/1/22
POWER8 と Intel x86 を使用したハイブリッド OpenStack 環境を構築する
IBM Bluemix は、Cloud Foundry オープンソース・プロジェクトをベースとした PaaS (Platform as a Service) オファリングです。Cloud Foundry オープンソース・プロジェクトは、クラウド・アプリケーションへ容易に組み込めるエンタープライズ・レベルの機能とサービスを提供します。POWER8™ は IBM による最新のプロセッサーです。現在、POWER8 上では、Node.js、Ruby、Java プログラミング言語といった各種のランタイムで作成された Cloud Foundry アプリケーションを実行することができます。POWER8 システムと Intel x86 システムを使用したハイブリッド Cloud Foundry 環境を構築するには、ハイブリッド OpenStack 環境を作成することが最初のステップとなります。OpenStack は、IBM をはじめ、業界をリードする企業が推進している人気の高いオープンソース IaaS (Infrastructure as a Service) プロジェクトです。このチュートリアルでは、PowerKVM 上に OpenStack コンピュート・ノードをセットアップして、そのノードを Intel x86 を使用した OpenStack コントローラー・ノードに接続するプロセスを紹介します。さらにシリーズの今後のチュートリアルでは、BOSH 自動化を有効にして、このハイブリッド OpenStack 環境に Cloud Foundry DEA (Droplet Execution Agent) をデプロイする方法を説明します。
チュートリアル 2015/1/22
Watson Assistant ワークスペースのエクスポート、インポート方法を学ぶ
Watson Assistant で仮想エージェントの作成にチームで取り組むときは、まず、インテントとエンティティーを使用してエージェントのドメインを定義してから、エージェントがダイアログを介して対話する機能を構造化します。
チュートリアル 2019/5/16
1 台の Ubuntu マシン上で Hyperledger Fabric ネットワークを立ち上げる
Ansible と Cello プロジェクトを利用して 1 台の Ubuntu マシン上で Hyperledger Fabric ネットワークを立ち上げる方法を学びます。
チュートリアル 2019/5/16
インメモリー・スピードの Aerospike でビッグデータ・アナリティクスの需要に対応する
最近では、個人のユーザーや企業が抱く多様な期待に応えるために、ハイパフォーマンスかつエンタープライズ・クラスのリアルタイム・ワークロードを、クラウド環境でホストする風潮が高まっています。「瞬時に」検知して応答しなければならないビッグデータ・アプリケーションやコンテキスト駆動型アプリケーションに対し、以前のコストのほんの一部でインメモリー・データベースならではのパフォーマンスを提供するのが、Aerospike です。このキー・バリュー型ストアの Aerospike は、オープンソースのリアルタイム NoSQL データベースとして世界規模のスケーラビリティーを備えており、その動作にはエンタープライズ・グレードの信頼性があります。クラウドはやがて、採算が合うと同時に、プロセス・インテンシブなアプリケーションやデータ・インテンシブなアプリケーションを提供できる環境になる運命にあります。この記事では、IBM SoftLayer クラウド上の Aerospike プラットフォームがビッグデータ・アナリティクスをはじめとする要求の厳しいアプリケーションを根本から変える仕組みを紹介します。
チュートリアル 2016/2/18
モデル駆動型開発とパターンに基づく技術を使って SOA を設計する、第 1 回: UML プロファイルとモデル・テンプレートを作成する
IBM Rational Software Architect を拡張し、また皆さん独自のベスト・プラクティスとアセットを活用して、SOA (Service-Oriented Architecture) ソリューションの設計を自動化する方法を学びましょう。Rational Software Architect が提供するいくつかの機能を組み合わせることで、SOA や他のソリューションを設計する際の生産性を改善することができます。また、こうした自動化機能を利用することで、ソリューションの品質を改善したり、全体的なガバナンス・プロセスをサポートしたりすることもできます。
チュートリアル 2007/4/17
Polymer を使用して再利用可能なカスタム Web コンポーネントを作成する
Polymer の JavaScript API と Web コンポーネント・ライブラリーを使用して、コミュニティー・リポジトリーで共有したり、独自のアプリケーションに組み込んだりするためのカスタム Web コンポーネントを作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/11/27
Polymer を導入して Web Components による革命に参加する
Polymer ライブラリーでは、iOS や Android 上のモバイル・ブラウザーをはじめとする最近のあらゆるブラウザーでサポートしている Web Components テクノロジーを使用しています。皆さんが作成する Web アプリケーションやハイブリッド・モバイル・アプリケーションに、(UI インタラクションの処理、トランジション・アニメーション、柔軟な CSS スタイル設定を含む) 完全なユーザー・インターフェースをカプセル化するカスタム Web 要素を追加してください。
チュートリアル 2014/11/27
Android と XML を使って動的なユーザー・インターフェースを作成する
非営利目的で投票を行ったりデータを収集したりするためのフォームを、簡単にセットアップして使用できる形で提供している Web サイトは数多くあります。このチュートリアルで紹介するのは、Android 向けに同じようなアプリケーション、つまりプログラマーでなくてもモバイル・ユーザーからデータを収集できる動的なユーザー・インターフェースを設計するための単純なアーキテクチャーを紹介です。さらにこのチュートリアルでは、サーバー・サイドとモバイル・サイドの両方でサンプル・フォーム・エンジンを作成する手順を説明します。
チュートリアル 2010/9/07
XPages アプリケーションで作成する図書管理
テクてくロータス技術者夜会で、XPages に関するブログを書くことになり、その題材として、筆者がノーツアプリケーションとして保有していた「図書管理」を XPages で作成するにはどうするのか?ということで記述しました。実際にアプリケーションを作成しながらの連載なので、アプリケーションをどのように作成していけば効率的になるのか?という参考にして頂ければ幸いです。
チュートリアル 2012/3/08
一週間で学ぶ XPages 開発入門 (初級編)
従来の Notes アプリケーション開発者が初めて XPages の開発に触れる時、今までと違う手法に戸惑う事も多いかと思います。本資料は、Notes アプリケーション開発者 (掲示板などが作成できる方) が XPages を使って、一通りの開発を一週間で体験できる事を目指して作成しました。その為、本来の XPages らしさを生かせていない部分が多々ありますがご了承ください。本記事が、最初の一歩の手助けになれば幸いです。
チュートリアル 2012/1/20
MEAN をマスターする: MEAN とレスポンシブ Web デザインを適用した UGLI CRUD
連載の著者である Scott Davis が UGLI (User Group List and Integration) アプリケーションという、ユーザー・グループ管理支援ソフトウェアを紹介します。MEAN スタックの基本的な CRUD (Create、Read、Update、Delete) 機能を探るとともに、Bootstrap フレームワークのレスポンシブ Web デザイン機能の概要を学んでください。
チュートリアル 2014/11/27
Web アプリケーションを Bluemix に移植する
このチュートリアルでは、Bluemix で提供される最新のサービスを利用して、従来の J2EE アプリケーションを Bluemix 上に移植するための詳細なステップを説明します。このチュートリアルとサンプル・コードには、データベース、JMS (Java Message Service)、e-メールなどの機能を使用するアプリケーションを Bluemix に移植する方法が示されています。このチュートリアルは、Web アプリケーションやモバイル・アプリケーションを開発、デプロイするための、IBM のオープン・クラウド・プラットフォーム IBM Bluemix についてのクイック・ハンズオン・ツアーになっています。
チュートリアル 2015/1/08
Sinatra アプリケーションを開発して SoftLayer 上の Docker クラスターで実行する
IBM WebSphere Liberty Profile (Liberty Profile) 上で実行されるサンプル Ruby Sinatra Web アプリケーションを開発し、IBM SoftLayer 仮想サーバー上に Docker コンテナー・クラスターを作成してこのアプリケーションをホストしてください。さらにこのクラスター用のサービス・ディスカバリーを自動化し、負荷の管理と分散を行ってください。
チュートリアル 2014/12/25
モバイル・アプリをテストするために OTA で配布する
IBM Bluemix から IBM Mobile Quality Assurance (MQA) を使用して、モバイル・アプリケーションの OTA 配布を実施する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/12/18
Bluemix 上で稼動する Web アプリケーション開発方法 - Java 編
Bluemix 上のランタイム「Liberty for Java」を利用して Web アプリケーションを開発する手順をステップ・バイ・ステップで解説します。
チュートリアル 2014/12/11
IBM Cloud 上で稼動する Web アプリケーション開発方法 - Node.js 編
IBM Cloud とは、Web アプリケーションやモバイル・アプリケーションを構築、提供、管理するためのオープン・スタンダードをベースとした PaaS (Platform as a Service) 環境です。IBM Cloud では幅広いプログラミング言語やフレームワークを使用することができ、Node.js もそのひとつです。 当記事では IBM Cloud の Node.js 実行環境を使用した、Web アプリケーション開発の流れをステップ・バイ・ステップで解説します。もし Node.js に触れたことがあり、まだ IBM Cloud を体験したことがない場合は、ぜひ無料のトライアル・アカウントを取得して試してみてください。
チュートリアル 2014/12/11
IBM Bluemix のサービスを利用して Java EE アプリケーションに新たな命を吹き込む
既存のアプリケーションを SQLDB、Session Cache、Auto-Scaling といった IBM Bluemix のサービスにマイグレーションしてください。このチュートリアルで取り上げるサンプル・アプリケーションは、10 年前のデイトレード・アプリケーションから作成した新しいアプリケーションである CloudTrader です。
チュートリアル 2014/12/11
BIRT ビューアーを Java および Java EE による Web アプリケーションと統合する
この記事では、BIRT (Business Intelligence and Reporting Tool) レポート・ビューアーを、Java および Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) によるカスタム Web アプリケーションと統合する方法を説明します。さらに、カスタム Web アプリケーションの中で BIRT レポート・ビューアー・アプリケーションの機能を利用する方法についても説明します。
チュートリアル 2014/12/11
MEAN をマスターする: MEAN アプリケーションについて探る
連載「MEAN をマスターする」の最初のチュートリアルでは、Yeoman ジェネレーターを使用して、MEAN アプリケーションを立ち上げました。今回は、このアプリケーションについて探るツアーとして、アプリケーションで受信される初の HTTP リクエストをサーバー・サイド (Node.js および Express) からクライアント・サイド (AngularJS) まで追跡します。
チュートリアル 2014/11/20
JVM の並行性: Scala での非同期イベント処理
Scala の Future クラスと Promise クラスは、イベントを編成して順序付けるノンブロッキング手法を含め、非同期処理を扱う強力な手段を提供します。しかも Scala では、マクロとして実装された async / await 構成体によって、ノンブロッキング型のイベント処理をより簡単に作成することができます。このチュートリアルでは、Future と Promise を使用する基本手法の実際を紹介した後、async / await を利用して、単純なブロッキング型のように見えるコードをノンブロッキング方式で実行されるように変換する方法をデモンストレーションします。
チュートリアル 2014/11/20
Java、Ajax、Cloudant を使ってハングマン・ゲームを作成する
Bluemix のサービスである Liberty for Java ランタイムと Cloudant NoSQL データベースを利用してオンラインのハングマン・ゲームを作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2014/11/13
MEAN をマスターする: MEAN スタックの紹介
Web 開発のエキスパートである Scott Davis による、この全 6 回からなる連載では、MongoDB、Express、AngularJS、および Node.js を使用した前衛的な方法で Web アプリケーションを作成します。連載第 1 回目となる今回のチュートリアルでは、基本的な MEAN アプリケーションを作成する方法に関するデモ、サンプル・コード、そしてその完全な手順を紹介します。また、新しい MEAN アプリケーションを迅速かつ簡単に立ち上げるために使用できる Yeoman ジェネレーターについても説明します。
チュートリアル 2014/11/13
Arduino と Rails を使用して Bluemix 上で IoT アプリケーションを開発する
このチュートリアルでは、モノのインターネット (IoT: Internet of Things) に適用できるテクノロジーを使用するアプリケーションの開発方法を紹介します。このチュートリアルで開発するサンプル・アプリケーションは、加速度計からデータを収集して Web サーバーに保管し、それらのデータを加速度計の読み取り結果として即座に Web ページに表示するというものです。
チュートリアル 2014/10/30
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 2 回 スケッチを作成して IBM IoT Foundation Quickstart に接続する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 2 回) では、IoT (Internet of Things) 用に設計された MQTT (旧称 Message Queueing Telemetry Transport) というプロトコルを紹介し、MQTT を Arduino に実装する方法を説明します。ローカルで MQTT をテストして問題をデバッグするためのツールと手法を学ぶとともに、カスタム・データのグラフ化に対応する IBM Internet of Things Foundation Quickstart に接続する Arduino スケッチを作成してください。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 1 回 回路を組み立てて環境を構築する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 1 回) では、Arduino マイクロコントローラーを紹介するとともに、自宅の機器が正常に動作するよう管理するという問題を解決するために、著者がこの Arduino をどのように利用したかを説明します。また、Arduino のハードウェア・アドオンを紹介し、これらのアドオンを接続する方法、ハードウェアをテストするためのプログラムをロードする方法を説明します。
チュートリアル 2014/11/27
ツイートの件数を地図上で視覚化する WebSocket アプリケーションを作成する
WebSocket、Twitter 検索、Google Maps API を使用してツイートの発信元をリアルタイムで地図上に表示する Node.js Web アプリケーションを作成してください。
チュートリアル 2015/1/15
Docker を IBM POWER Linux プラットフォーム上でビルドして使用する
Docker を POWER Linux プラットフォーム上で使用する方法を学んでください。このチュートリアルでは、gccgo をコンパイラー・バックエンドとして使用して Docker バイナリーをコンパイルする方法や、プライベート Docker イメージをホストする Docker プライベート・リポジトリーを作成する方法についても取り上げています。チュートリアルの最後には、関連する他の参考文献のリストを記載してあります。
チュートリアル 2015/10/01
SQLDB データベースを管理するための DB2 CLI コンソールをビルドする
クイックにビルドして IBM クラウド・プラットフォーム Bluemix にデプロイできるアプリケーションを使用して、SQLDB データベースを簡単に管理します。
チュートリアル 2015/8/27
Single Sign On サービスを利用して、Bluemix Object Storage サービスに対して粒度の細かいアクセス制御を行う
OpenStack の Swift のようなオブジェクト・ストア・サービスを利用するメリットを理解するとともに、このサービスが Bluemix Single Sign On サービスを利用してオブジェクトにセキュアにアクセスするのをどのように支援できるのかを学んでください。
チュートリアル 2015/9/24
IBM IoT Foundation と IBM Bluemix を使用して独自のウェアラブル端末を作成する
ウェアラブル端末に接続し、その端末からクラウドに対してセンサー・データの送信を行う、ハイブリッド・モバイル・アプリを作成してください。このチュートリアルの自分で作成する粋なプロジェクトでは、IBM Bluemix、IBM Internet of Things (IoT) Foundation、Apache Cordova、および WICED Sense Development Kit を使用します。
チュートリアル 2015/5/07
1 - 6868 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示