製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(191 製品)

(523 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 6868 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 up
Iris Today Archives: ドミノ・デザイナー R5:アウトライン
Iris Today Archives ドミノ・デザイナー R5:アウトライン
記事 1998/11/02
Iris Today Archives: ドミノ・デザイナー R5:フレーム・セット
ドミノ・デザイナーR5の新機能である「フレーム・セット・デザイナー」を使うことで、ノーツ/ドミノ・アプリケーション開発者が「フレーム」を使ったアプリケーションを簡単に開発することが可能になります。
記事 1999/2/01
Python 101
コラムニスト Evelyn Mitchell が、多くの Linux コーダーにおなじみのユニークなオープン・ソース言語 Python について紹介します。Python のパワーとシンプルさに少しでも触れると、もう後には戻れなくなります。Evelyn は、Python を Perl, Java, および Tcl と比較し、明示的なコード・セグメントの観点から相違点を示しています。
記事 1999/9/01
GNOMEnclature: アプリケーションのプログラミングを簡単にする GNOME ライブラリー:第1回
開発者で、GNOME プロジェクトのメンバーでもある George Lebl が、GNOME ライブラリーの機能の概要とアプリケーションの構築法について説明しています。GNOME ライブラリーは、GUI の作成に使用されるだけでなく、ほかの多くのプロジェクトのパーツとしても役立ちます。George Lebl氏 は、簡単な「Hello World」アプリケーションの例によって、GNOME の開発法を使用した開発法を順を追って最後まで説明します。
記事 1999/9/01
Javaにおける国際化対応カレンダー
日付と時刻の国際化対応には、各言語の文字列の表だけでは対処できません。グレゴリオ暦がどこにでも通用すると単純に想定しているプログラムは、異なる言語を使用するだけでなく異なるカレンダーを使用する国々でトラブルを招きます。この記事では、日付と時刻を操作および表示することが可能な Java Class Library 機能について説明しています。また、Java カレンダー・クラスを拡張して、JDK に組み込まれていないカレンダーをサポートさせる方法を学ぶこともできます。最後に、仏教、ヘブライ、イスラムの各暦、および日本の年号をサポートする IBM 提供のクラスについてご紹介します。
記事 1999/9/01
Iris Today Archives: Welcome ページのカスタマイズ
ノーツ R5 では、起動時に表示される画面として 「Welcome ページ」と呼ばれる機能が追加されました。
記事 1999/10/01
Practical Javaからの抜粋:finally キーワードを使ってリソースのリークを回避する
finally キーワードは、 Java の例外処理モデルならではの最高の追加機能であり、他の言語のモデルには類似機能が見られません。この記事では finally キーワードの利便性と構文について考察しています。
記事 1999/11/01
Iris Today Archives: セマフォー パート1
セマフォーは、交通信号と同じようにシステム内の動きをスムーズにするために、他のサーバー・タスクが処理を行う前に、現在動作中のタスクを確実に完了させるための仕組みです。
記事 1999/11/01
Iris Today Archives: ドミノのメール・システムにおける制限機能と制御機能について
この文章では、ドミノのメール・システムにおける制限機能と制御機能について解説します。また、スパム・メールの排除方法についても触れていきます。
記事 1999/11/01
Python 101: コードのテスト
今回、著者 Evelyn は、プログラムを書く際に行われるユニット・テストの長所を説明し、簡潔なサンプル・プログラムを用いてPythonUnit テスト・ツールを解説した後、さらに Python を使用したプログラミングを例示します。
記事 1999/12/01
GNOMEnclature: GNOMEライブラリーによる簡易アプリケーション・プログラミング:第3回
先月の記事では、GNOME ライブラリーを使用した系図プログラムの作成方法を紹介しました。今月は、記憶域内の XML ツリーを操作するための一連のルーチンおよび構造である libxml ライブラリーを使用してデータのロードと保管を行い、アプリケーションを拡張します。
記事 1999/12/01
Iris Today Archives: R5.0.2 の ECL 仕様変更によるセキュリティー強化
ECL のことについて考えたことのある方は少ないでしょう。なぜなら、考えなくてはいけないような場面に出会うことがまずないからです。しかし、R5.0.2 では ECL に多少変更が加えられていますので、これを機会に ECL について見ていきましょう。
記事 1999/12/01
Iris Today Archives: データベース購読
自分の関心のある内容についての情報が登録された場合に、自動的に、そして即時に通知される仕組みがあれば大変便利だと思いませんか?
記事 1999/12/01
TclPro 1.3はTclヘビー・ユーザーにとって「買い」
Linux オペレーティング・システムや Tcl スクリプト言語のようなフリーのソフトウェア製品の重要性や価値が高まるにつれて、商業ベースの様々なアドオンが開発されてきました。その 1 つが TclPro 開発環境 であり、これはプロフェッショナル・プログラマーの生産性を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。
記事 2000/1/01
JFS概説
JFS を使用すると、システム・クラッシュ時のファイル・システムの再始動を高速化することができます。JFS は、データベースのジャーナリング技法を用いて、数秒から数分でファイル・システムを整合性のある状態に復元できますが、これを用いないシステムでは数時間から数日を要します。
記事 2000/1/01
Iris Today Archives: 膨張するメール・ファイルを管理するには パート1
近頃は、誰もがメールが届き過ぎて困るということはよくあることです。オフィスから帰って、1週間後あるいは数日後またはたった一晩が明けてオフィスにやってきた時に受信ボックスが新着メールで溢れかえっているということをいままで何回経験したことでしょう。それらのメールにすべて目を通しますか?大抵のメールを削除してしまうか各メールを適当なフォルダーに振り分けてすべてのメールを保存するしかないのでしょうか?
記事 2000/1/03
Iris Today Archives: R5.0.2bのCOMからのドミノ・オブジェクトへのアクセス
Iris Today Archives: R5.0.2bのCOMからのドミノ・オブジェクトへのアクセス
記事 2000/1/03
Practical Javaからの抜粋:可能な限りスタック変数を使用する
変数を頻繁にアクセスするときは、どこからアクセスするかを考える必要があります。変数をどこに保管するかによって、それをアクセスするコードのパフォーマンスが大きな影響を受けます。ここでは、コードの実行時間を改善する方法を考えましょう。
記事 2000/2/01
最大スワップ・ページ
Linux サーバーのスワップ・パフォーマンスを 10 の数乗倍もの規模で改善させる方法を紹介します。サーバーを最大限に活用するためのこのような簡単な手法を著者 Daniel Robbins がくわしく説明します。
記事 2000/2/01
Practical Javaからの抜粋:インスタンス・メソッドの場合、synchronizedキーワードはオブジェクトをロックし、メソッドやコードをロックしないということを理解する
synchronized キーワードは、 メソッド修飾子またはメソッド内のステートメントとして使用します。この二重の使用法があるために、 synchronized キーワードの正確な機能について多少混乱が生じています。ここでは、synchronized キーワードの使用法について明らかにします。
記事 2000/2/01
チュートリアル: XMLとスクリプト言語
この連載記事では、スクリプト言語を使って XML 文書を処理したり変換したりする方法を取り上げますが、今回は、Perl でそうしたテクニックを活用するための基本的なステップについて説明します。
記事 2000/2/01
Perl 開発者が XML ツールボックスの中身を充実させるには
Perl の世界では、XML を使ったプロジェクトに利用できるいろいろなツールが急速に開発されてきました。この記事では、Perl による XML 開発に欠かせない、合計 20 以上のツール、ライブラリー、モジュールを紹介ます。入手元一覧をクリックすれば各ツールにすばやくアクセスでき、こうして XML 操作のためのパワフルなツールキットを揃えることができます。
記事 2000/3/01
bash 例解: 第1回 Bourneシェルの生まれ変わり(bash)による初歩のプログラミング
bash スクリプト言語によるプログラミングを習得すると、Linux での日常的な作業がとても楽しく、一層生産的になるばかりか、これまで愛用してきた標準的な UNIX 構成体 (パイプラインやリダイレクションなど) をさらに拡張することも可能になります。この 3 回シリーズの連載記事では、Daniel Robbins 氏が bash プログラミングについて実例をまじえながら説明します。まずは初心者のために基本中の基本ともいうべき事柄を取り上げてから、少しずつ詳しい機能を織り混ぜてゆくことになるでしょう。
記事 2000/3/01
コード検査でテストを補う
コードの検査は、バグを除去する上で最も強力な手段の 1 つです。ここでは、コードを検査することによって容易に見つけることのできるプログラミング上の間違いを何種類か取り上げます。
記事 2000/3/01
Java 1.1.8 JVM でのガーベッジ・コレクション
ガーベッジ・コレクションについて解説し、ガーベッジ・コレクションが必要な理由とそれがどのように機能するかについて説明しています。
記事 2000/3/01
Iris Today Archives: ノーツでのグラフィックの取り扱いテクニックについて
Iris Today Archives: ノーツでのグラフィックの取り扱いテクニックについて
記事 2000/3/03
Iris Today Archives: 膨張するメール・ファイルを管理するには パート2
Iris Today Archives : 膨張するメール・ファイルを管理するには パート2
記事 2000/3/03
Perlモジュールによる構文解析
Perl の主要目標の 1 つはテキストの構文解析です。このチュートリアルでは、テキストの構文解析に使用する CPAN モジュールについて説明し、これらのモジュールをユーザー・プログラムで簡単に使用する方法を示します。
記事 2000/4/01
GNOMEnclature: GLib の驚異
GLib は、C のプログラミングを劇的に容易にする、もう 1 つのユーティリティー・ライブラリーです。George が、その機能の概要を紹介しつつ、GLib の採用をお勧めします。
記事 2000/4/01
サーブレットと XML: 組み合わせることの利点
この記事では、Java サーブレットと XML を組み合わせ、XML 文書と DOM ツリーを生成し、データベースとのインターフェースを行う方法について説明します。この中で、いくつかの役立つテクニックをご紹介しましょう。HTTP パラメーターによる処理の制御と、XML ソース文書を用いない DOM ツリーの生成です。
記事 2000/4/01
ヘビー・ウェイト Java コンポーネントとライト・ウェイト Java コンポーネントの混合に関するヒント
オブジェクトが別の制御機構の上に表示されるはずなのに、それが表示されないというような状態になったことはありませんか? 以下の有用なヒントを読んで、オブジェクトの表示を制御する方法を理解してください。
記事 2000/4/01
効率的なスレッド・セーフ・クラスの作成
Java プログラム言語は、マルチスレッド・アプリケーションを作成するための強力な言語サポートを提供します。この記事では、プログラマーが効率的かつスレッド・セーフなクラスを作成する場合に使用できるいくつかのメソッドについて簡単に説明します。
記事 2000/4/01
パーティションの活用: /home の移動編
この新しいヒント集では、Daniel Robbins が、実行中のシステムで区画のレイアウトを変更する方法を説明しています。また、ダウン時間を最小化し、高価につく間違いを起こさないようにするためのうまいやり方もいくつか紹介します。
記事 2000/5/01
Javaアプリケーションでの値による受け渡し
以前に developerWorks に掲載された記事「パラメーターは参照ではなく値によって渡されることを理解する」について寄せられた質問やコメントに対する著者 Peter Haggar からの回答です。
記事 2000/5/01
SDL の使用、第4回: lexおよびyacc
この号では、Linux のすべてのプログラマーが使用している 2 つの有用なツール、lex および yacc について検討します。これらのツールを使用することにより、われわれは、SDL ベースの Linux ゲーム Pirates Ho! で使用する、スクリプト言語と GUI フレームワークを容易に構築することができました。
記事 2000/5/01
パーティションの活用: データの統合編
2 回目のコラムでは、実行中のシステム上でパーティションのレイアウトを変更します。ここでは、/tmp および /var を専用の共用パーティションに移動する方法について説明します。また、ダウン時間を可能な限り小さくしたり、大きな誤りを避けたりするための方法についても、いくつかご紹介します。
記事 2000/5/01
bash 例解: 第 3 回 ebuild システムの探訪
最後の bash 例解 の記事で、Daniel Robbins 氏は Gentoo Linux ebuild システムを取り上げています。これは bash のパワーを示す優れた例となっています。ebuild システムがどのように実装されるかを段階的に示し、数多くの手ごろな bash の技法や設計戦略に触れています。記事の終わりまでには、本格的な bash ベースのアプリケーションの製作に何が関係しているかを十分に把握し、独自の自動ビルド・システムのコーディングを始めることができるでしょう。
記事 2000/5/01
正しいサーバー・サイド・スクリプト記述言語の選び方
この記事では、5 種類の主要なスクリプト記述ツール (Perl、PHP、Python、Tcl、および Java サーブレット) のそれぞれを、6 つの一般的なサーバー・サイド・タスクに適用して、それらの比較を行います。ここでは、構文を見比べて、それぞれの言語が特定のジョブをどのように扱っているのかを評価することができます。サーバー・サイド・スクリプト記述を初めて経験する方や、上記の言語のうち、2、3 しか使用したことがない方は、これらの言語がどのようなものなのかを理解することができるでしょう。現在、特定の言語を使用している場合であっても、他の言語の使い易さ、機能、およびコードの分かりやすさがどの程度のものかを理解することができます。
記事 2000/5/01
Iris Today Archives: ドミノ R5 のユーザー登録を有効に使うには
あなたがドミノの管理者であれば、ユーザー登録から逃れられないでしょう。ユーザーやサーバーが組織に存在するなら、それらを登録する必要があります。適切な認証を用いた信頼性の高いコミュニケーションを実現するためにメール・ファイルを作成したり、ユーザーID を作成したりすることは管理者の手に委ねられています。そして、大規模な組織でドミノの管理をしている場合、ユーザー登録は定期的な作業となるでしょう。
記事 2000/5/01
オープン・ソースを巡る話題: 第 1 回 オープン・ソースの問題点と意義
“オープン・ソースの流れ”に対して言いたいこと/サイエンスとビジネスの転換点/サイエンスの砦を守ること/苫米地英人氏 略歴
記事 2000/6/01
Patterns for e-business
e-businesses を構築する時にたどる道には、反復できるものもあります。多くの会社は、会社というものはユニークであって、e-business の構築方法は、そのたびに実地で学び取る必要があると決めてかかっています。このような考えは、いくつかのサービス提供者やプログラマーによって助長されてきました (そうすることが彼らの利益になり、また、プログラミング技術の腕を発揮できるのですから当然です) が、IBM は 今までの実績から、教訓とアーキテクチャーの方針ないしはパターン を引き出すことができることを学びました。あなたの会社が新興企業であるか、あるいは大量 のレガシー・アプリケーションを抱えているかにかかわらず、これらのパターンを使用することにより、既存のテクノロジーを再利用して、プロジェクトを早く完成させることができます。
記事 2000/6/01
オープン・ソースを巡る話題: 第 3 回 developerWorks に期待する役割
コンピューター・サイエンティストの育成/developerWorks のもうひとつの意義/苫米地英人氏 略歴
記事 2000/6/01
オープン・ソースを巡る話題: 第 2 回 オープン・ソースこそが次世代の“ハッカー”を育てる
オープン・ソースこそが次世代の“ハッカー”を育てる/ハッカーはどう育つのか/「いい音楽を聴かせる」意味/苫米地英人氏 略歴
記事 2000/6/01
GNOMEnclature: GLib の驚異 第 2 回
George Lebl 氏の GLib に関する 2 回目の記事です。前回よりもさらに詳しい内容になっています。まずハッシュ・テーブルの説明から始まり、テーブルの作成、データの挿入と検索、エントリー間の反復処理の話へと続いてゆきます。さらに、トークンと GScanner の使い方を示したコードやセットアップ例も用意されています。
記事 2000/6/01
Iris Today Archives: Java メール転送エージェント
ネットワークや通信回線は日々高速になっていますが、しかしそれらは依然として満足が行くものではありません。常にインターネットや、会社のサーバーと通信ができるわけではありませんし、その回線のもつ最大のスピードで通信できることを保証してくれるわけでもありません。実際、最繁時間には極端に遅くなる回線もあります。
記事 2000/6/30
共通のスレッド: POSIX スレッドの説明
POSIX (Portable Operating System Interface) のスレッドは、コードの応答性とパフォーマンスを向上させる優れた手段です。本稿では、コードでスレッドを使用する方法を説明します。詳細な背景情報が多数網羅されているため、このシリーズの終わりまでには、独自のマルチスレッド・プログラムを作成する準備が整っていることでしょう。
記事 2000/7/01
共通のスレッド: Samba 入門、第2回
前号の記事では、Samba の機能について紹介しました。いよいよ、あなたのシステムで、Samba を動かす時がやってきました。本稿では、Samba (バージョン 2.0.7) のコンパイル、インストール、および初期構成を行って、ユーザー環境で稼働させるためのプロセスを紹介します。
記事 2000/7/01
魅力的なPython: 私の最初のWebベース・フィルター・プロキシー
この記事では、Python によるプログラミング手法を説明するために David が作成したパブリック・ドメイン・ワーキング・プロジェクトである、Txt2Html について紹介します。
記事 2000/7/01
共通のスレッド: Sambaへの招待、第3回
Daniel Robbinsは、前回の記事で、初めて Samba を設定する際の手順を説明しました。さあ、あなたが行いたいことをすべて実行できるように、Samba を構成する時が遂にやって来ました。
記事 2000/7/01
魅力的なPython: DOMの動的性
この記事で David Mertz は、前号のコラムで説明した Python の高レベル xml.dom モジュールの使用について詳しく検討しています。xml.dom を使用した作業が図示され、理解しやすくするコード・サンプルと、完全な XML 文書処理システムに入れられる多くのエレメントをコーディングする方法の説明が付けられています。
記事 2000/7/01
Perl によるツリー・ベース XML のスクリプト作成
XML 文書をツリー構造に解析すると、データのツリー構造を操作できるようになります。文書ツリーにアクセスおよび操作するための機能の使い方を説明すると共に、Perl、DOM、XML、およびデータベースを使用する株取引サンプル・アプリケーションを利用して、取引規則を評価します (Tcl や Python などの他のスクリプト言語で同じテクニックを利用することも可能です)。これは、スクリプト言語を使用した XML 文書の操作および変換についての第 2 回目の記事です。
記事 2000/7/01
リレーショナル・データベースへのオブジェクトのマップ
リレーショナル・データベースへのオブジェクトのマップが最近の開発者にとって問題なのはなぜでしょう。1 つに、Java テクノロジーなどのオブジェクト・テクノロジーは、新しいソフトウェア・システムの開発に応用される最も一般的な環境です。では、このスキルをどのように利用するのかを説明しましょう。
記事 2000/7/01
セキュリティーの法制化
6 月の最後の日、クリントン大統領は、それまでの大統領がかつてしたことのなかったことを行いました。彼は議案を万年筆を使ってではなく、スマート・カードを使って法制化したのです。(実際には、書類にも署名しましたが、昔からの米国憲法が果たしてディジタル署名を許すほど柔軟なものだろうかという議論が、法律家の間で持ち上がりました。) クリントンが法律に署名した 方法ばかりが注目を集めてしまったのは否めませんが、法律そのものも同様に重要なものです。The Electronic Signatures in Global and National Commerce Act (グローバルおよび米国内における商行為の電子的な署名) 法によって、ディジタル署名はペンとインクによる署名と同等の効力を持つものとされたのです。
記事 2000/7/01
Java 命名規則
Scott Ambler によるこの最初のヒントでは、仕事をやりやすくするために、各種の Java エレメントを命名するためのガイドラインがいくつか示されています。
記事 2000/7/01
GNOMEnclature: GOBによるGTK+ウィジェットの作成
George Lebl はコラムの焦点を、GLib の不思議な世界から、より広範囲なトピックに移しました。この記事では、彼は自分が作成した GOB プリプロセッサー言語を使って新しい GTK+ ウィジェットを作成する方法を説明しています。GOB について少し説明し、オブジェクトを作成する方法とウィジェットを派生させる方法が紹介されています。GTK+ オブジェクト・モデルの詳細な機能が実際に動作する様子を見ることもできます。
記事 2000/7/01
Iris Today Archives: 会議室予約データベースを活用する
毎日会議が山ほどあるものですが、会議の主催者にとっては、「どこで会議を開くのか」という深刻な問題があります。あなたの会社や組織がノーツを使っている場合、会議室や備品、といったリソースの使用を管理するのには、会議室予約データベースを使用するのが最も一般的でしょう。
記事 2000/7/05
CORBAテクノロジーに触れる
6 月の記事では、CORBA と Java テクノロジーをなぜ選ぶのかについてお話ししました。今月は、CORBA テクノロジーのさまざまな面がよくわかる簡単な例から話を始めます。ただし、わたしたちの目標を見失わないようにしましょう。つまり、あるコンピューターに常駐するクライアントを使って、別のコンピューター上で実行されているサービスを要求する分散アプリケーションを作成することです。ハードウェアやオペレーティング・システム・ソフトウェアなど細かいことを気にする必要はありません。欲しいのは、クライアントの要求を満たすサービスだけです。
記事 2000/7/06
ユース・ケース・モデルのアクターを識別する
Scott Ambler が、最近記したエッセンス・ユース・ケース・モデルの開発に関するヒントを元に、ユース・ケースのアクターを識別するための見解を提供します。この情報は、Ambler のThe Object Primer 2nd Edition の第 3 章を修正したものです。
記事 2000/7/27
SDLの使用、第5回:Pirates Ho! におけるインターフェース設計の原則
この号の日誌で、著者は、インターフェースの予備設計を開発するときに使用した原則について述べています。著者は、インターフェースの予備設計を開発するときに使用した原則について述べています。
記事 2000/8/01
Sambaのドメイン・コントローラー・サポート
Samba は、ファイルやプリンターの共用に大変適していますが、それ以上のことが可能です。この記事で、Daniel Robbins が示しているのは、Samba のドメイン・コントローラー機能 の設定の仕方です。これにより、Samba は Windows NT ドメインを制御し、ログイン要求をプロセスし、ローミング・ユーザー・プロファイルを保管することができます。
記事 2000/8/01
一般的なスレッド: POSIX スレッドの説明: 第2回
POSIX スレッドは、コードの応答性とパフォーマンスを向上させる優れた方法です。3 回シリーズの第 2 回である今回の記事では、mutex というちょっとした優れた手段により、スレッド化されたコードの整合性を保つ方法について、Daniel Robbins が説明します。
記事 2000/8/01
Linux カーネル2.4 の紹介: 第1回
これは 2 回シリーズの第 1 回です。第 1 回で論じられるのは、正式なリリースがいつごろになるのか、新しいリリースの全体的な機能はどんなものになると予想されるか、メインのハードウェア機能に対する拡張機能という観点から何が期待できるのか、といった点です。
記事 2000/8/01
DEVFS の使い方
カーネルの役割の大部分は、ハードウェア制御に関連しています。というのは、ユーザー・プログラムが必要としているのは、使用したいハードウェア・デバイスを参照する手段だからです。ハードウェア・デバイスによっては、ソケットやファイルシステムのようなインターフェースを通して、暗黙的に使用されるものもあります。しかし、シリアル・ポートやハード・ディスク区画のように、ハードウェア・デバイスを直接参照する必要がある場合も多々あります。このような参照は、通常、/dev ディレクトリーにある特殊なデバイス・ファイルを使用して行われます。本稿では、devfs を紹介します。
記事 2000/8/01
XMLスキーマの使用法の基本: エレメントの定義
新しい XML スキーマの体系が、まもなく W3C 勧告になろうとしています。これは、XML 文書用の豊富な文法的構造を提供し、これまでの DTD の限界を克服することを目的とするものです。この記事では、スキーマの柔軟性を例示し、XML スキーマの体系において XML 文書の最も基礎的な構成ブロックであるエレメントの定義方法を示します。
記事 2000/8/01
OO 設計プロセス: ソフトウェアの設計を始める
この連載は 7 月にスタートしたばかりですが、初回の記事は、設計プロセスの優先順位を定める方法がテーマでした。今月は、ソフトウェアの設計を実際に始めてみましょう。小さすぎず、大きすぎず、程よい時間で完成できるようなプロジェクトを選んでみました。
記事 2000/8/01
IOR、GIOP、IIOP の中を探る
CORBA について教えたり学んだりするときに問題となるのが、クライアントとサーバーの分散を前提とする場合、いきなり最初から複雑になってしまうことです。すぐにネットワークを扱わなければなりません。そこで、今回はネットワークについて見ていきましょう
記事 2000/8/01
魅力的な Python: ステート・マシンの使い方
ステート・マシンは、理論的な意味では、コンピューターおよびプログラミングに関連するほとんどすべてのものの基礎になっています。また、実用的な意味では、ステート・マシンは (特に、Python プログラマーにとって) 多くの通常の問題の解決に役立ちます。David Mertz はこの記事で、ステート・マシンをいつ、どのように Python で書くのかについて、いくつかの実践的な例を挙げて説明しています。
記事 2000/8/01
Javaメンバー関数の文書化
Java メンバー関数を文書化する際の記載内容として、以下の提案を参考にしてください。すべての Java メンバー関数には、関数を理解する上で重要なすべての情報を表す、メンバー関数文書と呼ばれる一種のヘッダーが含まれる必要があります。
記事 2000/8/17
DocBookの概要
この記事では、DocBookについてと、DocBookを使用した単純な文書の作成方法について説明します。Joe Brockmeierが、文書を構文解析して、HTML、PostScript、プレーン・テキスト、およびPDFバージョンを作成するための、文書の作成おおよびSGML-tools Liteの使用方法を示します。
記事 2000/9/01
ヒント: プロンプトの魔術
シェル・プロンプトに少し手を加えるだけで、カラフルで情報満載となるのに、どうして退屈な標準のもので我慢しているのですか? Daniel Robbins は、今回のヒントで、X 端末のタイトル・バーを動的に更新する方法はもとより、自分の好みに合うシェル・プロンプトに手を入れる方法を教えてくれます。
記事 2000/9/01
ヒント: C/C++での総称オブジェクト・リストのコーディング
これまでに、いくつあるか分からないさまざまなオブジェクトをメモリーに保管しておかなければならないような プロジェクトを手にしたことはありませんか?目的によっては、バイナリー・ツリーが最良のソリューションですが、通常は、より簡単なリンク・リストがあることが望ましいです。
記事 2000/9/01
魅力的なPython: cursesプログラミング
ここでは、David Mertz が、Python での curses の使用について説明します。フロントエンド・プログラムから Txt2Html プログラムまで、サンプル・ソース・コードを使用して curses 環境を紹介します。
記事 2000/9/01
魅惑的な Python: Python におけるテキスト処理
他の人気のある幾つかのスクリプト言語と同様、Python は、テキスト・データをスキャンしたり、取り扱ったりするのに優れたツールです。この記事は、Python が初めてというプログラマーのために、Python のテキスト処理機能を要約したものです。
記事 2000/9/01
一般的なスレッド: POSIX スレッドの説明: 第3回
POSIX スレッドについての 3 回シリーズの最後となるこの記事では、条件変数の使用法について Daniel がわかりやすく説明します。Daniel は記事を締めくくるにあたって、すでに学んだ事柄を使ってマルチスレッドの作業班アプリケーションを実装する方法を示します。
記事 2000/9/01
Practical Javaからの抜粋:デッドロックを避けるため、複数のロックを固定されたグローバルな順序で獲得する方法
この記事は、Practical Java (Addison-Wesley 発行)の抜粋です。デッドロックを回避する方法について述べています。
記事 2000/9/01
OMG Interface Definition Language (IDL)
Interface Definition Language (IDL) なしでは話が始まりません。RPC (リモート・プロシージャー・コール) を使って分散システムを作成していたころはもちろん、COM の場合もそうです。この記事では、OMG IDL 組み込みタイプおよびキーワードについて解説します。
記事 2000/9/01
共通テーマ: 実例でわかる sed 第 1 回
この連載の中で、Daniel Robbins 氏は、非常に強力な (しかし、しばしば忘れ去られている) UNIX ストリーム・エディター sed の使い方を説明します。sed は、ファイルのバッチ編集や、既存のファイルを効果的な方法で変更するためにシェル・スクリプトを作成する際には、最高のツールです。
記事 2000/9/01
Iris Today Archives: ドミノ パフォーマンス・チューニングの基礎
あなたがドミノ管理者なら、サーバーがより効率よく稼働して、パフォーマンスが向上すればいいと思うでしょう。システムへの要求は常に変化したり増えていくものですが、サーバーを最大限に活用するということは、常に管理者の重要な役割であると言えます。
記事 2000/9/01
Iris Today Archives: 非表示(Hide-when)の隠れた秘密を明かす
「非表示(hide-when)」の機能はとても強い個性を持ち合わせています。高品質なドミノ・アプリケーションのユーザー・インターフェースを作るために、非表示は、開発キットの中でも最も重要なツールとなるのです。非表示はアプリケーションのユーザー・インターフェース(UI)を改良し、ノーツ・クライアントとWebブラウザーの表示の差を少なくし、そして読者が文書をカスタマイズするのを助けてくれます。しかし、非表示はときに、自身の知性を持つように見られる場合があるのです。Notes.net ディスカッションでの多数の投稿から見ても、非表示はときには「悩みの種」ともなるようです。
記事 2000/9/01
Javaセキュリティーを利用した信頼できるe-mail
e-businessにとって、 インターネット・トランザクション、 とくにメッセージのやり取りは生命線です。この記事では、 e-businessトランザクションでセキュリティーを実現するために開発者が利用できるJavaテクノロジーを紹介します。
記事 2000/9/01
UMLアクティビティー・ダイアグラムの書き方
UML アクティビティー・ダイアグラムは、単一の操作やメソッドの論理、単一の使用ケース、またはビジネス・プロセスの論理の流れを文書化したものです。UML アクティビティー・ダイアグラムを作成するには、The Object Primer 2nd Edition の第 6 章を変更したものである、以下のステップを反復実行する必要があります。
記事 2000/9/07
Javaプログラムにおける効果的なフィールドvisibility
フィールド (属性またはメンバー属性とも言う) は、オブジェクトのデータ面を表します。フィールドの visibility は、Java オブジェクトからそのフィールドに対して行えるアクセスのレベルを定義します。今週の説明は、The Object Primer 2nd Edition の第 7 章と第 8 章を修正したものであり、フィールドの visibility のタイプ、フィールドのインプリメント法、およびフィールドへのアクセス法に焦点を当てています。
記事 2000/9/28
接続プール
J2EE環境における接続プール・リソースの必要性を、種々のリソースとそれらのリソースにアクセスするEJBコンポーネントに共通する性質を基に説明します。
記事 2000/10/01
共通テーマ: 実例でわかる sed 第 2 回
Sed は非常にパワフルで、かつコンパクトなテキスト・ストリーム・エディターです。連載 2 回目のこの記事で、Daniel Robbins 氏は、sed を使って文字ストリングを置換する方法、大きな sed スクリプトの作成方法、行の追加、挿入および変更をする行コマンドの使用法を説明します。
記事 2000/10/01
Practical Javaからの抜粋:共用変数にアクセスするときにはsynchronizedまたはvolatileを使用する
「Practical Java」からの抜粋です。今回は共用変数にアクセスする時のメソッドの使い方についてです。
記事 2000/10/01
ユーザー・エクスペリエンス
今回の記事は、アプリケーション設計への見識を高めようとするデベロッパーを対象とする、Dick Berry によるコラムの第 1 回です。ここでは、ルック・アンド・フィールが氷山の一角に過ぎない理由を説明します。Web ユーザーと非接続ユーザーの別を問わず、まずユーザー・エクスペリエンスから始めることによって、アプリケーションの設計を改善できる理由を見極めてください。
記事 2000/10/01
IDL - Java間のマッピング: 第1回
この記事は、IDL - Java間マッピングを扱う連載の初回です。今月の記事では、基本データ型、構造、およびデータ転送について見ていきます。来月の記事では、より複雑な型について取り上げます。言語マッピングは決して些細なことではありません。CORBA仕様はかなりの部分を割いて、さまざまな言語マッピングについて述べています。
記事 2000/10/01
もしも自分が王様だったら: Java プログラム言語のスレッド化不具合への解決策提案
より強力で、オブジェクト指向の考えを取り入れた、Java 言語のスレッド化モデルの変更を提案しています。
記事 2000/10/01
Iris Today Archives: インサイド・ノーツ:ノーツの仕組みについての資料
あなたはドミノやノーツの中が、本当はどのようになっているか、不思議に思ったことはありませんか?全ての主なコンポーネントや、これらがどのように連携して動いているか、知りたいとは思いませんか?こう思った方はInside Notes(US) という、Notes.net のDocumentation Library(US) よりダウンロードできる新しい本を読んでみるといいとでしょう。
記事 2000/10/02
ユース・ケースの文書化
Scott Ambler が、エッセンス・ユース・ケースとシステム・ユース・ケースの相違について説明し、双方を文書化する上での提案をします (後者に重点を置きます)。
記事 2000/10/05
Accessorを使用するとJavaコードの堅牢性が高まります
Scott Amblerがaccessorの使用方法を説明し、そしてなぜaccessorを開発標準の1つとして推進していくべきかを述べています。この記事は、The Object Primer 2<sup>nd</sup> Edition の第8章を変更したものです。
記事 2000/10/12
Java accessorのなぜなぜ集
この記事では、accessorを使用したほうがよい場合と、使用した場合の欠点について探ります。
記事 2000/10/26
ディストリビューションの作成: 第1回
これは、Daniel RobbinsのLinuxストーリーです。3回シリーズの第1回目では、Stampede Linuxデベロッパーになった経緯と、結果的にStampedeを離れてEnochという彼独自のディストリビューションを始めた理由について述べています。
記事 2000/11/01
共通テーマ: 実例でわかる sed 第 3 回
sedの連載の最後となる今回、Daniel Robbins氏は、sedのパワーの真価を味わせてくれます。はじめに基本的なsedスクリプトをいくつか紹介した後、Quickenで使用される .QIFファイルを判読可能なテキスト・フォーマットへ変換するラジカルなsedスクリプトを解説します。
記事 2000/11/01
洗練されたPerl: 楽々Perlデバッグ
Teodor Zlatanovが、組み込み (標準装備の) PerlデバッガーとCPANのDevel::ptkdbの案内をします。この記事では、特定のツールを考察するというより、むしろデバッグの方式と一般的な概念に注意を向けます。
記事 2000/11/01
Yacc...そしてLexをよみがえらせる
Lex と Yacc は、UNIX の重要かつ強力なツールです。この記事では、正規表現、宣言、マッチング・パターン、変数、Yacc の文法、そしてパーサー・コードについて取り上げます。そして最後に、Lex と Yacc を協働させる方法について説明します。
記事 2000/11/01
Linux ファイル圧縮ツール・ガイド
このガイドをご利用の際は、本文の最初に書かれている著者による内容紹介をご覧の上、索引を利用して、ご希望のツールに関する説明箇所にジャンプしてください。必要に応じて、当記事の全文をお読みください。
記事 2000/11/01
RDFによるWSDLのスーパー・チャージ
Resource Description Frameworkは、XMLオブジェクトのメタデータの定義に使用するWorld Wide Web Consortiumの公式形式です。概念的には、XMLベースのサービスに関するメタデータのコレクションであるWeb Services Description Languageに似ています。この記事では、これら2つの仕様の間にかかる橋に焦点を合わせます。まず、Web Servicesの記述がどのようなRDFファイルになるかの例を示します。次に、RDFビジュアル化ツールを活用してWSDLデータのグラフを生成する方法について説明します。最後に、WSDL用に使用できるRDF図式の一部を示します。
記事 2000/11/01
SOAP アプリケーションで WSDL を活用する方法
本稿では、この WSDL の背景を簡単に取り上げ、技術的な解説を示したいと思っています。XML と XML 名前空間についての知識を前提として話を進めますが、XML スキーマと SOAP についてもいくらかの知識があれば、さらに理解が深まると思います。
記事 2000/11/01
IDL - Java間のマッピング: 第2回
CORBA Junctionの今月の記事では引き続きIDL-Javaマッピングを分析し、より複雑な型、およびヘルパー・クラスについて見ていきます。
記事 2000/11/01
1 - 6868 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示