製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(121 製品)

(449 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 48 件のうちの 48 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
データ・サイエンス入門, 第 4 回: データ・サイエンスの言語
C、Python、Fortran をはじめ、データ・サイエンスを目的としたプログラミングとアプリケーション向けに開発されて最もよく使われている言語について詳しく説明します。
記事 2018/11/29
セキュリティーと IoT エコシステム
システムの設計と開発において結果論となりがちですが、セキュリティーは製品のライフサイクル全体を通して考慮しなければならない要素です。エクスプロイト件数が急増している分野としては、急成長を続けているモノのインターネット (IoT) 市場が挙げられます。この記事では、IoT のコンテキストによる一連のセキュリティーについて、アクセス・セキュリティー (認証)、データ・セキュリティー (暗号化)、セキュリティー・アナリティクス (ポリシー・ベース制御) を含め、詳しく探っていきます。
記事 2018/11/08
機械学習のモデル
このチュートリアルでは、機械学習で使用するアルゴリズムを詳しく探ります。教師あり学習、教師なし学習、強化学習、ならびにこれらの学習アルゴリズムを有利に生かすモデルについて学んでください。
記事 2018/6/14
AI の言語
初期の自己学習型チェッカー・ゲームからクイズ番組 Jeopardy! で対戦する最近の IBM Watson まで、人工知能 (AI) はコンピューター研究での中心的なテーマとなってきました。AI の歴史、そして AI の使用法と機能を進化させてきた言語について詳しく学んでください。
記事 2018/4/05
深層学習のアーキテクチャー
多種多様な深層学習ニューラル・ネットワークを詳しく探ってください。この記事では、RNN、LSTM/GRU ネットワーク、CNN、DBN、DSN などの深層学習アーキテクチャーについて学び、ニューラル・ネットワークを迅速かつ有効に機能させるために利用できるフレームワークを紹介します。
記事 2018/3/29
再帰型ニューラル・ネットワークの徹底調査
再帰型ニューラル・ネットワークの背後にある考え方を探り、連続するデータに対する予測を行う再帰型ニューラル・ネットワークをゼロから実装する方法を学んでください。
記事 2018/3/29
ニューラル・ネットワークの徹底調査
このチュートリアルでは、ニューラル・ネットワークを掘り下げて調べます。ニューラル・ネットワークの背景について説明し、現在の機会学習においてニューラル・ネットワークが優勢な勢力になっているわけを明らかにします。
記事 2017/12/07
人工知能、機械学習、コグニティブ・コンピューティングの入門ガイド
この記事では、人工知能の歴史を簡単に辿り、ニューラル・ネット・ネットワークと深層学習という最新の手法について概説します。これまで、AI と機械学習の歴史は浮き沈みの繰り返しではあったものの、深層学習やコグニティブ・コンピューティングなどの新しい手法により、この 2 つの分野での水準が大幅に上がっていることは確かです。それはなぜなのかを学んでください。
記事 2017/10/05
SQL インジェクション攻撃に対抗する
セキュリティー上の弱点を突いた攻撃に対する脆弱性のなかで、簡単に対処できるとは言え、OWASP Top 10 の第 1 位に挙げられたのは、SQL (Structured Query Language) などのインジェクション攻撃に対する脆弱性です。この類の攻撃は 1995年から存在していましたが、今でも Web アセットに対して最もよく使われる攻撃手段の 1 つとして存在しています。この記事を読んで、SQL インジェクション攻撃について、さらには本番 Web サイトでこの攻撃がどのように実行されるかについて、理解してください。その上で、IBM Security AppScan Standard を使用して、Web サイトにこの類の脆弱性があるかどうかをテストする方法を学んでください。
記事 2014/7/10
Twitter Storm でビッグ・データをリアルタイムに処理する
Storm は、オープンソースのビッグ・データ処理システムです。Storm はリアルタイム分散処理を対象としている点、そして言語に依存しないという点で、他のビッグ・データ処理システムとは異なります。Twitter の Storm とそのアーキテクチャー、そしてさまざまなバッチ処理ソリューションおよびストリーム・プロセッシング・ソリューションについて学んでください。
記事 2014/3/13
Ruby を使用して Web から情報を抽出する
この記事では、構造化された情報を Web から抽出するための最新の方法について探っていきます。著者である M. Tim Jones が Ruby スクリプトの例を使用して、スクレイピング技術について説明するとともに、目的のデータを取得するために Web API を使用する方法について説明します。
記事 2014/1/23
レコメンダー・システム: 第 2 回 オープンソース・エンジンの紹介
この連載の第 1 回では、レコメンデーション・エンジンを構築するための基本的な手法とアルゴリズムについて紹介しました。連載を締めくくる今回は、レコメンダー・システムを構築するためのオープンソースのソリューションをいくつか紹介するとともに、2 つのオープンソース・ソリューションを実際に使用する方法を説明します。また、単純なクラスタリング・アプリケーションを Ruby で作成し、そのアプリケーションをサンプル・データに適用する方法についても説明します。
記事 2014/1/16
レコメンダー・システム: 第 1 回 手法とアルゴリズムの紹介
大規模な商用 Web サイトやソーシャル Web サイトでは、そのほとんどがユーザーに対して、おすすめの商品を紹介してくれたり、おすすめのユーザーを紹介してつながれるようにしてくれたりします。レコメンデーション・エンジンは膨大なデータを分類し、ユーザーの気に入りそうなものを特定します。この記事では全 2 回からなる連載の第 1 回として、レコメンダー・システムの基礎となる概念を説明し、レコメンダー・システムを駆動するアルゴリズムについて紹介します。第 2 回では、利用可能なオープンソースのレコメンデーション・エンジンについて説明します。
記事 2014/1/16
スケーラブルなクラウド・ソフトウェアの開発を Apache Thrift で単純化する
Apache Thrift は、スケーラブルなサービスをさまざまなプログラミング言語で開発できるフレームワークであり、クラウド環境内のさまざまなコンポーネント間のやりとりを明確に規定することができます。この記事では、Thrift に関連する概念 (複数のプログラミング言語の場合のリモート・プロシージャー・コールに対するインターフェース定義) について紹介した後、複数のプログラミング言語が使用されているクライアント・サーバー・アプリケーションで Thrift を使用する例について説明します。
記事 2013/12/12
データ・サイエンスとオープンソース
データ・サイエンスでは、データから価値ある情報を抽出することを目的として、数学とコンピューター・サイエンスを組み合わせます。この記事ではデータ・サイエンスについて紹介し、この急速に成長している分野での優れたオープンソース・ツールを調査します。
記事 2013/9/12
Virtual Machine Manager で VM を管理する
この記事では、virt-manager の使用方法、このツールが平均的なハードウェアで発揮する能力、そして実行中の VM のパフォーマンスを管理および監視する方法を詳しく探ります。
記事 2012/11/29
次世代のクラウドのためのネストされた仮想化
クラウド・コンピューティングは、現実に、オンライン・ビジネスのビジネス・モデルおよび開発モデルを変えましたが、現在の IaaS (Infrastructure as a Service) クラウド・モデルは、ソフトウェア開発者にかなりの制約を課しています。それは、開発者が使用しなければならないハイパーバイザーが決まっていることです。仮想マシン・イメージに対する要件がクラウド・ユーザーから選択肢を奪っており、一部のユーザーにとってはクラウドへの移行の障害になっています。けれども今や、このモデルは IBM の研究によるブレイクスルーによって変わろうとしています。「ネストされた仮想化」と呼ばれるこの技術は、より深いソリューション・スタックを可能にし、例えばゲスト仮想マシンをゲスト・ハイパーバイザー上に配置し、そのゲスト・ハイパーバイザーを、クラウドが選択したハイパーバイザー上で実行するといったことを可能にします。この記事では、ネストされた仮想化を支える概念と、この技術がクラウドをどのように改善することになるのかを探ります。
記事 2012/9/20
Ruby での REST (REpresentational State Transfer) を理解する
REST (REpresentational State Transfer) は、クラウドで急速に共通語となりつつある、分散通信用のアーキテクチャーです。REST は単純ながらも、多数のクラウド・リソースと全体的な構成および管理を表すのに十分な表現力を備えています。Ruby を使用して単純な REST エージェントを一から開発する方法を学んで、その実装と使い方を理解してください。
記事 2012/9/13
OpenStack によるクラウド・コンピューティングとストレージ
IaaS (Infrastructure as a Service) クラウド・プラットフォームの分野には、かなりの多様なソリューションがあります。そのなかには Nebula や Eucalyptus などの有名なソリューションもありますが、比較的最近この分野に登場したソリューションが、ユーザー数のみならず、サポートする企業の多さという点でも著しい成長を遂げています。そのソリューションとは、オープンソース・プラットフォームの OpenStack です。OpenStack について理解し、これが実際にオープンソース・クラウド・オペレーティング・システムとなるのかどうかを見極めてください。
記事 2012/9/13
Linux カーネル 3.3 と 3.4 の紹介
2012年 3月、Linux カーネルのバージョン 3.3 がリリースされました (続いて 5 月にバージョン 3.4 がリリースされました)。これらのリリースでは、ちょっとした機能の追加やバグ修正が大量に行われたことに加え、いくつかの重要な変更が行われています。例えば、Google Android プロジェクトがマージされたこと、Open vSwitch がマージされたこと、ネットワーク機能に関する何点かの改善がなされたこと (チーミング・ネットワーク・デバイスなど)、ファイルシステム、メモリー管理、仮想化に関してさまざまな更新が行われたことなどが挙げられます。この記事では、バージョン 3.3 と 3.4 で行われた数多くの重要な変更について探り、バージョン 3.5 で予定されている変更についてもチラッと覗いてみましょう。
記事 2012/7/19
オープンソース・クラウドの徹底調査
クラウド・コンピューティングはもはや、これから成長を遂げようとしている技術ではなく、私たちがオンデマンド・アプリケーションを使用する方法と開発する方法を今まさに根本から変えている、価値ある重要な技術となっています。もちろん Linux およびオープンソースでも、クラウドの基盤を (公開インフラストラクチャーおよび専用インフラストラクチャーともに) 提供しています。この記事では、クラウドとそのアーキテクチャーの詳細を探り、この動的でスケーラブルなコンピューティング/ストレージ・プラットフォームを構築するために使用されているオープンソース技術について具体的に説明します。
記事 2012/7/05
演習: Apache Hadoop でログを処理する
監査からエラー管理までの機能をサポートするログは、あらゆるコンピューター・システムに不可欠です。(クラウド環境における場合のように) ログが膨大な大きさになり、ログのソースが増加している今、ログを効率的に処理するスケーラブルなシステムが必要となっています。この演習では、標準的な Linux システムから Apache Hadoop を使用してログを処理する方法を探ります。
記事 2012/6/28
オペレーティング・システムでもあり、汎用プラットフォームでもある Linux についての考察
Linux はあらゆるところで使われています。小型のものであればスマートフォンから、インターネットの仮想バックボーン、そして大型のものであれば最強のスーパーコンピューターに至るまで、Linux が使われています。これらのプラットフォームに期待される機能の多様さを考えると、これほどまで広範に使われるようになるのは大変なことです。この記事では、Linux がいかに幅広く使用されており、小型機器や大型機器、そしてその中間のあらゆる機器をどれほどサポートしているかを説明します。
記事 2012/4/12
Apache Pig でデータを処理する
Apache Pig は、Hadoop および MapReduce プラットフォームを使用して大規模な半構造化データ・セットに対してクエリーを実行するための手続き型高級言語です。Pig では分散されたデータ・セットに対して SQL のようなクエリーを使用できるようにすることで、Hadoop を簡単に使用できるようになっています。この記事を読んで Pig の背後にある言語を探り、単純な Hadoop クラスターで Pig を使用する方法を学んでください。
記事 2012/3/29
Linux におけるシェルの進化
コンピューターで行う日常的なタスクのほとんどには、ポイント・アンド・クリック式のインターフェースで十分ですが、他の環境に勝る Linux の強みをフルに活かすには、GUI の殻を破ってコマンドラインを利用することが結局必要となってきます。利用できるコマンド・シェルには、bash から Korn シェル、C シェル、そして各種の特異なシェルまで、さまざまにあります。この記事を読んでシェルについて学び、自分に最も適したシェルを見つけてください。[注: リスト 2 とリスト 3 に、マイナーな変更を加えました。]
記事 2012/1/20
Spark: 高速なデータ分析のための新たな手段
分散データの分析ツールとして最も注目されているのは Hadoop ですが、この代表的なプラットフォームである Hadoop よりも優れた興味深い機能を持つ別のツールもあります。Spark は、インメモリー・コンピューティングの基本要素を備えたスケーラブルなデータ分析プラットフォームであるため、クラスター・ストレージを使用する Hadoop に優るパフォーマンスを発揮できる場合があります。Spark は Scala 言語で実装されており、Scala 言語を活用しています。そのため、独特のデータ処理環境を実現しています。この記事では、Spark を使用してクラスター・コンピューティングを実行する方法について、また Spark と Hadoop の違いについて説明します。
記事 2011/12/02
Ruby による Twitter のデータ・マイニング
Twitter は、リアルタイムの素晴らしいソーシャル・ネットワーキング・ツールというだけではありません。データ・マイニングの対象にも十分適した情報の宝庫です。Twitter のユーザーたちがさまざまなトピックで生成するツイートは、1 日あたり平均して 14 億件にも上ります。この記事ではデータ・マイニングについて紹介するとともに、オブジェクト指向の Ruby 言語を使用してデータ・マイニングの概念を具体的に説明します。
記事 2011/11/04
Ceylon: 本物の進化なのか、それともありふれた新しい言語なのか
コンピューター・サイエンスにおいてプログラミング言語が歩んできた道には、「次なる大物」になるはずだったものの残骸が散らばっています。ある分野に特化した多くの言語がスクリプティング、あるいは専門のアプリケーションで採用されているのは確かですが、C 言語 (およびその派生言語) と Java 言語の代わりとなるのは至難の業です。その一方、Red Hat の Ceylon はこうしたさまざまな言語の特徴を興味深い形で組み合わせ、よく知られた C スタイルの構文を使用しながらも、関数型の有用な特徴とオブジェクト指向をサポートし、さらに簡潔さに重点を置いています。この記事では、Ceylon について詳しく説明するとともに、この未来の VM 言語がエンタープライズ・ソフトウェア開発のなかでその居場所を見つけることができるかどうかを探ります。更新情報: リスト 7 の fail ブロックについて明確にされました (編集者より)。
記事 2011/7/22
組み込みシステムの仮想化
最近の技術関連のニュースは、サーバーとデスクトップの仮想化に関する話題で溢れていますが、その他にも急速に成長している仮想化技術があります。それは、組み込み仮想化です。携帯電話やセキュリティー・カーネル、そして組み込み並列オペレーティング・システムをはじめ、組み込み分野には仮想化に適したアプリケーションがいくつもあります。この記事では、組み込み仮想化という領域について詳しく探り、組み込み仮想化が身近な組み込みシステムになりつつある理由を説明します。
記事 2011/4/19
Linux とストレージ・エコシステム
Linux はスイス・アーミー・ナイフのように万能なファイルシステムというだけでなく、デスクトップ向けおよびサーバー向けの多種多様なストレージ技術を備えています。ファイルシステムに限らず、Linux には世界最高レベルの NAS および SAN 技術、データ保護、ストレージ管理、クラウドのサポート、SSD ストレージのサポートが統合されています。Linux ストレージ・エコシステムの概要、そしてサーバー市場で Linux が最も大きなシェアを占めている理由を学んでください。
記事 2011/3/29
エミュレーション、そしてコンピューティングの歴史
現在私たちが使用しているコンピューティング・システムは、過去のコンピューティング・システムから派生したものです。これらのコンピューティング・システムの多くには、機能するハードウェアとして使用できるものがもはや存在しなくなっています。Computer History Simulation Project がそのようなハードウェア (そしてオペレーティング・システムとアプリケーション) に再び息を吹き込み、過去のコンピューティング・システムを新しい世代の人達が使って楽しめるようにしている方法を学んでください。
記事 2011/3/22
Processing によるデータ視覚化: 第 3 回 2 次元グラフィックス、3 次元グラフィックス、物理的な動き、そしてネットワーク
連載「Processing によるデータ視覚化」の最終回となるこの記事では、Processing の高度な機能をいくつか取り上げて詳細を探ります。まず 2 次元グラフィックスから始め、3 次元グラフィックス、照明機能へと話題を続けます。次に、グラフィカルな視覚化による物理的な動きのあるアプリケーションを探り、Processing のネットワーク機能について学んだ後、最後にインターネットからのデータを視覚化する単純なアプリケーションを作成します。
記事 2011/2/22
Bochs によるプラットフォームのエミュレーション
Bochs は QEMU と同じようにポーティング可能なエミュレーターです。Bochs では、エミュレートされたプラットフォームを使用して、あるオペレーティング・システムを別のオペレーティング・システムのコンテキストで実行するための仮想化環境を提供します。Bochs はハイパーバイザーではなく、むしろ PC 対応のエミュレーターであり、レガシー・ソフトウェアの役に立ちます。この記事では、Bochs によるプラットフォームのエミュレーション、そしてハードウェア・エミュレーションの手法について説明します。
記事 2011/1/25
Processing によるデータ視覚化: 第 2 回 インターフェース、オブジェクト、画像、そしてアプリケーションを使用した、より高度なデータ視覚化
連載「Processing によるデータ視覚化」の第 1 回では、Processing 言語とその開発環境を紹介し、この言語の基本的なグラフィック機能について具体的な例で説明しました、第 2 回となるこの記事では、UI、オブジェクト指向プログラミングをはじめ、Processing のより高度な機能を取り上げます。画像処理の方法、作成した Processing アプリケーションを Web に適した Java アプレットに変換する方法、そしてデータの視覚化に大いに役立つ最適化アルゴリズムの詳細を学んでください。
記事 2011/1/11
Processing によるデータ視覚化: 第 1 回 言語と環境
グラフィック・アプリケーションや、複雑なデータを表示するアプリケーションを構築するのは、そう簡単なことではありません。グラフィック・ライブラリーにはさまざまなものがありますが、上級ユーザーを対象としたものであったり、提供される API が扱いにくかったりするものです。この問題を、グラフィカルな表現をするための移植可能な環境と言語を作成することで解決したのが、Processing です。Processing の言語と環境を使えば、静的なデータ、動的なデータ (アニメーションなど)、あるいはインタラクティブなデータを表示するアプリケーションを簡単に構築することができます。連載の第 1 回目となるこの記事では、生命科学のシミュレーションを例に、可視化を目的としたアプリケーションの構築について詳しく探ります。
記事 2010/11/30
ネットワーク・ファイルシステムと Linux
NFS (Network File System) は 1984年から使用されていますが、その進化は今でも止まることなく、分散ファイルシステムの基礎となり続けています。現在 NFS は、(pNFS 拡張によって) ネットワーク全体に分散されたファイルに対するスケーラブルなアクセスを可能にするまでになりました。この記事では、分散ファイルシステムの背後にある概念、特に NFS での最近の進歩について詳しく探ります。
記事 2010/11/10
Linux での仮想ネットワーク構築
プラットフォームの仮想化が爆発的に普及しつつあるなか、当然、エンタープライズ・エコシステムの他の部分の仮想化も進んでいます。最近、仮想化が進んできた領域の 1 つとして挙げられるのは、仮想ネットワーク構築の領域です。プラットフォーム仮想化の初期の実装は仮想 NIC を生み出しましたが、現在はさらに多くのネットワークの構成要素が仮想化されるようになっています。例えば、1 台のサーバーまたは複数のサーバーに分散された VM 間の通信をサポートするスイッチもその 1 つです。この記事では、NIC とスイッチの仮想化に焦点を当て、仮想ネットワーク構築の背後にある概念を探ります。
記事 2010/10/27
カーネル・ロギング: API と実装
カーネルの開発では、私たちは深く考えずに printk を使用してロギングを行っていますが、カーネル・ロギングのプロセスと、その基礎となる実装について考えたことはありますか?この記事ではカーネル・ロギングについて、printk でログを作成してユーザー空間のログ・ファイルに挿入するまでのプロセス全体を探ります。
記事 2010/9/30
Linux カーネルによるユーザー空間のメモリー・アクセス
カーネルとユーザー空間はそれぞれに異なる仮想アドレス空間に存在することから、この 2 つの間でデータを移動する際には特別な考慮が必要な事項があります。この記事では、仮想アドレス空間の背後にある概念、そしてユーザー空間との間でデータを移動するためのカーネル API の詳細を探るとともに、メモリーのマッピングに使用できるその他のマッピング手法についても学びます。
記事 2010/8/11
分散複製型ブロック・デバイス、DRBD による高可用性
Linux カーネル 2.6.33 で、DRBD (Distributed Replicated Block Device) と呼ばれる便利な新しいサービスが導入されました。実行中にネットワーク接続された別のホストにブロック・デバイス全体をミラーリングするこのサービスは、ブロック・データの高可用性クラスターの開発を可能にします。この記事を読んで、DRBD を支える概念と Linux カーネルでの DRBD 実装について学んでください。
記事 2010/8/04
Hadoop による分散データ処理: 第 3 回 アプリケーション開発
xHadoop を単一ノードのアーキテクチャーと複数ノードのアーキテクチャーの両方で構成、インストール、そして使用する方法を習得できていれば、早速、Hadoop インフラストラクチャー内のアプリケーションを開発する作業に取り掛かれます。この連載の最後の記事では、Hadoop の API とデータ・フローについて詳しく探り、その使い方について、マッパー (mapper) とリデューサー (reducer) からなる単純なアプリケーションを例に説明します。
記事 2010/7/14
Hadoop による分散データ処理: 第 2 回 拡張編
この連載の第 1 回では、単一ノードのクラスターで Hadoop を使用する方法を説明しました。今回の記事で説明するのは、それよりも高度な、複数のノードを使って並列処理を行うためのセットアップです。この記事ではマルチノード・クラスターに必要な各種のノード・タイプについて説明した後、並列環境での MapReduce 機能について詳しく説明します。また、Hadoop の管理についても、コマンドラインによる管理と Web ベースの管理の両面で調べます。
記事 2010/6/03
Hadoop による分散データ処理: 第 1 回 導入編
Hadoop に焦点を当てるこの連載の第 1 回の記事では、Hadoop ファイルシステム (HDFS) などの基本要素やよく使われるノード・タイプを含め、Hadoop フレームワークの概要を説明します。さらに、単一ノードの Hadoop クラスターをインストールして構成する方法と、MapReduce アプリケーションの詳細についても見て行きます。そして最後に、Hadoop をそのコアとなる Web インターフェースを使用して監視および管理する方法について説明します。
記事 2010/5/18
Ceph: Linux のペタバイト規模の分散ファイルシステム
Linux は、スケーラブルなストレージを使ったシステムを始めとし、スケーラブルなコンピューティング分野への進出を続けています。最近では、Linux の優れたファイルシステムの選択肢に Ceph が追加されました。Ceph は、POSIX に準拠しながらも複製機能および耐障害性を統合している分散ファイルシステムです。この記事で Ceph のアーキテクチャーを探り、Ceph が耐障害性を実現し、大量のデータの管理を単純化する仕組みを学んでください。
記事 2010/5/04
Linux カーネル共有メモリーの徹底調査
ハイパーバイザーとしての Linux には数々の革新技術が盛り込まれていますが、なかでも 2.6.32 カーネルで特に興味深い変更内容の 1 つとなっているのが、カーネル共有メモリー (KSM: Kernel Shared Memory) です。KSM により、ハイパーバイザーは重複するメモリー・ページを 1 つに統合し、同時に稼働する仮想マシンの数を増やすことができます。この記事を読んで、KSM の背後にある概念 (ストレージの重複排除など)、その実装、そして KSM の管理方法を学んでください。
記事 2010/4/07
Linux システム・コールを使用したカーネル・コマンド
Linux システム・コールは私たちが毎日使っているものですが、システム・コールはどのようにしてユーザー空間からカーネスに対して行われるかをご存知ですか。そこで、この記事では Linux システム・コール・インターフェース (SCI) の詳細を説明します。新しいシステム・コールを追加する方法 (そしてその代わりとなる手段)、そして SCI 関連のユーティリティーについて学んでください。[この記事は、カーネル 2.6.18 およびそれ以降に対応するようにコードの内容が変更されています (編集者より)]
記事 2010/2/10
virtio: Linux の I/O 仮想化フレームワーク
Linux カーネルは多様な仮想化方式をサポートしています。このサポートの幅は、仮想化技術の進化、そして新しい仮想化方式の発見 (例えば lguest など) に伴って広がっていくはずです。では、こうした Linux 上で機能する仮想化方式では、どのようにしてベースとなる Linux カーネルを I/O 仮想化に利用しているのでしょうか?その答えは virtio です。すべての仮想化方式で使用されている virtio はハイパーバイザー、そして共通する一連の I/O 仮想化ドライバーを効率的に抽象化してくれます。この記事では virtio を紹介するとともに、近いうちに Linux がハイパーバイザーの選択肢として第一の存在になると思われる理由について説明します。
記事 2010/1/29
libvirt 仮想化ライブラリーの徹底調査
libvirt ライブラリーは Linux の仮想化機能の Linux API です。このライブラリーは Xen や KVM などの多種多様なハイパーバイザーだけでなく、QEMU、そして Linux 以外のオペレーティング・システムを対象とした仮想化製品もサポートします。この記事では libvirt について説明するとともに、その使用方法とアーキテクチャーについても詳しく探ります。
記事 2010/1/05
1 - 48 件のうちの 48 件
概要の表示 | 概要の非表示