製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(204 製品)

(529 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 7021 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
連載「IBM Cloud Private」, 第 4 回: IBM Cloud Private 上でアプリケーションを作ってみよう
IBM は、Docker によるコンテナ型仮想化基盤を用いたプライベート・クラウドを実現するためのソフトウェア製品として、IBM Cloud Private (ICP) を提供します。ICP は、オンプレミス環境において Kubernetes をベースとして IBM 拡張したコンテナ実行・管理機能を実装した基盤製品であり、さらに必要なアプリケーション開発ランタイムや,コンテナ上で様々な IBM ミドルウェアを利用できます。本連載は、ICP のセットアップからアプリ稼働までを順を追って実際に試せるハンズオン形式で進めますので、ぜひ皆様もお楽しみください。
記事 2018/2/15
連載「Microservice Builder」, 第 5 回: MicroProfile Config を Kubernetes 環境で利用する
今回は、WAS Liberty ベータ版が提供する opentracing-1.0 フィーチャーを利用して、Microservice Builder ファブリックの分散トレースをもっと簡単に利用してみます。前回は、サービスにトレース用コードを埋め込むことで分散トレースを取得しましたが、opentracing-1.0 フィーチャーを利用すると、トレース用コードを埋め込む必要がなくなります。
記事 2018/2/15
連載「Microservice Builder」, 第 4 回: Microservice Builder ファブリックの分散トレースを利用する
今回は、Microservice Builder ファブリックの分散トレースを使用して、サービスの連携状況をトレースしてみます。マイクロサービス環境では、1 つの要求を処理するために複数のサービスが連携して稼働することになりますが、サービスのトレースが個別に出力されてしまうと解析するのが非常に面倒になります。今回ご紹介する分散トレースを利用することで、マイクロサービス間の連携状況が簡単にトレースできるようになります。
記事 2018/2/15
IBM Cloud 上の Weather Data サービスと Business Rules サービスを利用して、事業運営に関する意思決定を自動化する, 第 1 回: サンプル Weather Cancellation サービスを導入する
気象事象に対応して気象データを考慮した上で、IT 業務に関する意思決定が行われるように自動化することで、企業はよりスマートに事業を運営できるようになります。この記事では、複数のサービスを結合して、ビジネス・ルールを実行するという方法で気象データを考慮した意思決定を自動化する手順を説明します。ビジネス意思決定を自動化すると、通知の送信、価格の調整、プロモーションの生成、IoT デバイスのトリガー、ビジネス・プロセスの開始などといった、さまざまなアクションを実行できるようになります。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Visual Recognition サービスを使用して画像に含まれる顔を認識および識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Visual Recognition サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定の画像を基に、その画像に含まれる顔を探して、その人物の認識を試みます。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Personality Insights サービスを使用してテキストを分析する (Java API)
ここに記載するコードは、Watson Personality Insights サービスの Java API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定のテキストを基に、その話者の開放性、誠実性、外向性、協調性、情緒安定性、そしてニーズを分析します。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Tone Analyzer サービスを使用して文書のトーンを識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Tone Analyzer サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定のテキストを基に、その話者のトーンを評価して、怒り、嫌悪、喜び、不安、悲しみなどといった感情のレベルを検出します。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Visual Recognition サービスを使用して画像に含まれるオブジェクトを識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Visual Recognition サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、Watson が特定の画像を基に、その画像に含まれるオブジェクトの識別を試みます。
記事 2018/2/15
連載「IBM Cloud Private」, 第 3 回: IBM Cloud Private を複数ノード構成でセットアップしてみよう
IBM は、Docker によるコンテナ型仮想化基盤を用いたプライベート・クラウドを実現するためのソフトウェア製品として、IBM Cloud Private (ICP) を提供します。ICP は、オンプレミス環境において Kubernetes をベースとして IBM 拡張したコンテナ実行・管理機能を実装した基盤製品であり、さらに必要なアプリケーション開発ランタイムや,コンテナ上で様々な IBM ミドルウェアを利用できます。本連載は、ICP のセットアップからアプリ稼働までを順を追って実際に試せるハンズオン形式で進めますので、ぜひ皆様もお楽しみください。
記事 2018/2/15
連載「Microservice Builder」, 第 3 回: MicroProfile Fault Tolerance で障害許容性を向上させる
マイクロサービス環境では、1 つの要求を処理するために複数のサービスが連携して稼働することになります。このような環境では、1 つのサービスで発生した障害が他のサービスに波及し、玉突き状に全てのサービスに影響が及ぶことが想定されます。このため、1 つのサービスで発生した障害が他のサービスに波及することを食い止め、障害許容性と回復性を向上させる必要があります。今回は、MicroProfile Fault Tolerance を使用して、サービス間連携の障害許容性と回復性を向上させてみます。
記事 2018/2/15
Watsonサンプル・コード: Watson Language Translator サービスを使用してテキストを翻訳する (Java API)
ここに記載するコードは、Watson Language Translator サービスの Java API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキスト、ソース言語、ターゲット言語に基づき、Watson がそのテキストを翻訳し、1 つ以上の結果を返します。
記事 2018/2/08
Watsonサンプル・コード: Watson Natural Language Classifier サービスを使用して自然言語のコンテキストを識別する (Java API)
ここに記載するコードは、Watson Natural Language Classification サービスの Java API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキストとコンテキストに基づき、Watson がテキストを分析し、そのテキストに関連するカテゴリーのリストを返します。
記事 2018/2/08
初めての IoT 開発から学んだ教訓
この記事に、初めての IoT 開発経験から私が学んだ教訓をまとめます。これらの教訓を読んで、IoT 開発に特有の課題のいくつかに対処する方法を学んでください。
記事 2018/2/08
Watsonサンプル・コード: Watson Natural Language Classifier サービスを使用して自然言語のコンテキストを識別する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Natural Language Classification サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキストとコンテキストに基づき、Watson がテキストを分析し、そのテキストに関連するカテゴリーのリストを返します。
記事 2018/2/08
Watsonサンプル・コード: Watson Language Translator サービスを使用してテキストを翻訳する (node.js API)
ここに記載するコードは、Watson Language Translator サービスの node.js API の使用法を説明するものです。このサービスでは、指定されたテキスト、ソース言語、ターゲット言語に基づき、Watson がそのテキストを翻訳し、1 つ以上の結果を返します。
記事 2018/2/08
Node-RED を使用してリアルタイムのチャット・アプリケーションを 5 分で作成する
今や、IBM Cloud と Node-RED を使用すれば、リアルタイムの Web アプリケーションを作成するのは簡単です。この記事では、コンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップして互いにつなぎ合わせるだけで、リアルタイムのチャット・アプリケーションを数分で作成する方法を紹介します。
記事 2018/2/06
Hyperledger Fabric がブロックチェーン・ネットワークにもたらす上位 6 つの技術的メリット
現在、地球上で最も画期的な新しいテクノロジーとして挙げられるのは、業界の運用モデルを一変させる可能性を秘めたブロックチェーンです。業界向けブロックチェーン・ソリューションに使用するプラットフォームを選ぶ際に検討しなければならない最も重要な特性は何でしょうか?この記事では、最も重要な上位 6 つの特性について説明します。
記事 2018/2/06
PowerVC の OpenStack REST API を探る
IBM PowerVC (Power Virtualization Center) は、Power Systems 環境における仮想リソースの管理を単純化することを目的として OpenStack をベースに設計された、IBM Power プラットフォーム用 IaaS クラウド・ソリューションです。PowerVC では、GUI でも RESTful API でも、Power System の仮想管理タスクを行えるようになっています。この記事では、PowerVC Standard Edition と Cloud PowerVC Manager の両方の REST API にハイライトを当てます。
記事 2018/2/06
Docker コンテナーを使用して迅速にモノのインターネット・アプリケーションを開発する
無線モジュール、センサー、マイクロコントローラーがコモディティー化されて入手しやすくなったこともあって、モノのインターネット (IoT) の急速な成長が進んでいます。しかし、IoT は機器の製造業者にとってだけのビッグ・ニュースではありません。相互に接続された機器の数が増えるにつれ、これらの機器とインターフェースを取って、機器から生成される膨大な量のデータを処理するアプリケーションの需要も高くなってきています。この高まる需要に対応するには、Web およびモバイル・アプリケーションの開発者は、IoT を対象とした開発をスタートさせて、現在の開発プラクティスをこの新しいアプリケーション領域の課題に対処するように適応させていかなければなりません。そのような開発プラクティスの 1 つが、コンテナーを使用する方法です。コンテナーは、仮想化を実現するための軽量の手法であり、開発者はコンテナーを広範に適用することで、IoT アプリケーションの開発、テスト、デプロイ、更新を迅速に行えるようになります。
記事 2018/2/06
スパムを識別する自然言語分類子を作成する
Watson Natural Language Classifier は、IBM Cloud 上の IBM Watson コグニティブ・サービス・プラットフォームの一部です。このチュートリアルでは、IBM Cloud 上で Watson Natural Language Classifier を利用して、スパム分類サービスを作成し、このサービスをトレーニングして、その精度をテストします。
記事 2018/2/06
Eclipse Orion の紹介: クラウドの中でクラウドに対応
Eclipse Orion プロジェクトの目標は、Web の中で Web を対象に開発することのみに焦点を合わせた、ブラウザー・ベースでオープンソースのツール統合プラットフォームを作成することです。Orion のツールは JavaScript で作成されており、ブラウザー内で実行されます。また、Orion のコンポーネントは個別に利用することもできます。この記事では Orion の概要を紹介するとともに、Orion のツールを理解する上で役立つリソースと解説を提供します。
記事 2018/2/05
IBM Cloud でカスタムの Go ビルドパックを使用する
IBM Cloud では Go プログラミング言語をデフォルトでサポートしていませんが、この記事で、IBM Cloud でも Go で作成されたアプリケーションをホストできることをデモンストレーションします。著者は、単純な数学演算を実行する Web アプリケーションを開発し、カスタム・ビルドパックを使用してそのアプリケーションを IBM Cloud にデプロイする方法を紹介します。
記事 2018/2/05
Geospatial Analytics サービスを利用してモバイル端末をモニターする
IBM Cloud の Geospatial Analytics サービスを利用する Node.js スターター・アプリケーションを取得して実行し、拡張してください。Geospatial Analytics サービスを利用すると、モノのインターネットに接続された移動中の端末をモニターすることができます。Geospatial Analytics サービスは、MQTT からの端末メッセージ・ストリームを分析し、1 つ以上の地域に関して端末の位置情報をリアルタイムで追跡します。
記事 2018/2/05
IBM のさまざまなクラウド・テクノロジー: その全体像
現在利用可能な各種のクラウド・コンピューティング・システムについて詳しく探るとともに、クラウド・インフラストラクチャー上に実際のアプリケーションをデプロイする上で役立つガイドラインを参考にしてください。
記事 2018/2/05
IBM Integration Bus Callable Flow
当資料では IBM Integration Bus V10.0.0.4 で追加された Callable Flow 機能についてご紹介します。
記事 2018/2/02
Git/Jenkins 連携によるルール・アプリケーション開発の自動化
本ガイドでは、DevOps に取り組む環境の多くで採用されている Git と Jenkins で構築されているシステムに、ルール・アプリケーションのコード管理、ビルド自動化、デプロイ自動化を実装する方法についてガイドします。
記事 2018/2/02
IBM API Connect クラスター環境導入ガイド
当資料は、IBM API Connect での過去の冗長化機能の実装例を参考に構成における検討ポイントと考慮点、導入手順をまとめたものです。API Connect V5.0.7.2を前提としています。
記事 2018/2/02
IBM Integration Bus V10 Kafka 連携機能紹介
当資料では IBM Integration Bus V10.0.0.7 で追加された Kafka 連携機能についてご紹介します。
記事 2018/2/02
専有データ・セットと公開データ・セットを視覚化して分析する, 第 1 回: Watson for Real World Evidence の概要
このシリーズでは、IBM Watson for Real World Evidence を紹介します。このクラウド・ベースの対話式 Watson Health Life Sciences プラットフォームでは、意思決定者、アナリスト、データ・サイエンティストなどのユーザーが仮説を生成してテストすることができます。
記事 2018/2/01
専有データ・セットと公開データ・セットを視覚化して分析する, 第 3 回: サンプル・ノートブックの実地検証
このシリーズでは、IBM Watson for Real World Evidence を紹介します。このクラウド・ベースの対話式 Watson Health Life Sciences プラットフォームでは、意思決定者、アナリスト、データ・サイエンティストなどのユーザーが仮説を生成してテストすることができます。
記事 2018/2/01
専有データ・セットと公開データ・セットを視覚化して分析する, 第 2 回: 標準的なワークフロー
このシリーズでは、IBM Watson for Real World Evidence を紹介します。このクラウド・べースの対話式 Watson Health Life Sciences プラットフォームでは、意思決定者、アナリスト、データ・サイエンティストなどのユーザーが仮説を生成してテストすることができます。
記事 2018/2/01
IBM ブロックチェーンの基礎: 開発者向けクイック・スタート・ガイド
ブロックチェーン革命に参加してください!この developerWorks クイック・スタート・ガイドの対象読者は、現在ブロックチェーン・テクノロジーについて調べていて、迅速にブロックチェーン・ネットワークを開発し、アプリケーションをデプロイする方法を探しているアプリケーション開発者です。このガイドの単純な手順に従えば、最新の Hyperledger Fabric フレームワークをベースにブロックチェーン・ネットワークをアクティブ化し、チェーン・コード (ブロックチェーン・ネットワーク用のビジネス・ロジック) を作成してインストールし、ビジネス・プロセスとデジタル・インタラクションを効率化するクライアント・アプリケーションを作成できます。
記事 2018/2/01
ブロックチェーンの基礎: 用語集と使用事例
最近、ブロックチェーンが盛んに話題になっています。馴染みのない言葉の意味を理解して、どの業界がこのテクノロジーから利益を得られるかを見極めてください。
記事 2018/2/01
ブロックチェーンの基礎: 分散型レジャー入門
ブロックチェーン・テクノロジーが組織や機関の取引業務の方法をどのように一変させるようになるのか、その行く末について盛んに予測が行われています。ブロックチェーン・ネットワークの仕組み、ブロックチェーン・ネットワークを利用する方法、そして IBM がこのテクノロジーの進歩に貢献している取り組みについて見ていきましょう。
記事 2018/2/01
ビジネス・ルールと予測モデル・マークアップ言語を使用して、十分な情報に基づく意思決定を自動化する
専門家が作成したビジネス・ルールを使用すれば、ビジネスの意思決定を自動化できます。けれども最近では、より優れた意思決定の基盤として、データ・マイニングによって作成された予測モデルを使用するという傾向が強まってきています。この記事では、ビジネス・ルールと予測モデルという異なる 2 つの要素がそれぞれに持つ利点を生かすために、予測モデルによる評価をビジネス・ルールに統合する方法を説明します。
記事 2018/1/25
NBAにおけるソーシャル・メディアの力、影響、実績, 第 2 回: 個々の NBA プレイヤーを調査する
このチュートリアル・シリーズで、Python、pandas、Jupyter Notebook と少々の R を使用して、ソーシャル・メディアが NBA に与える影響を分析する方法を学んでください。第 2 回では、個々の NBA プレイヤーのスポンサー収入データ、実際の試合出場中の成績、そして Twitter と Wikipedia によるソーシャル・メディアの力との間にある関係を詳しく探ります。
記事 2018/1/25
NBAにおけるソーシャル・メディアの力、影響、実績, 第 1 回: データ・サイエンスと機械学習を使用して、チームの評価額と観客動員数の関係を調査する
このチュートリアル・シリーズで、Python、pandas、Jupyter Notebook と少々の R を使用して、ソーシャル・メディアが NBA に与える影響を分析する方法を学んでください。この第 1 回では NBA のチームを中心として、データ・サイエンスと機械学習の基礎を説明します。
記事 2018/1/25
Watson Conversation の使い方を学ぶ
この記事ではチャットボットを開発するために必要な Watson Conversation の技術的な解説をします。最低限必要な Watson Conversation の知識を付け、この記事をベースにユニークなサービスを作りましょう。なお、今回の解説範囲にチャット画面 (LINE や Slack、独自開発の UI) との連携部分については含まれません。予めご了承ください。
チュートリアル 2018/1/24
IBM Watson Workspace 利用ガイド
当資料は、これからIBM Watson Workspace を利用・検討される方に向けて、IBM Watson Workspace の概要や利用方法を簡易に紹介することを目的とします。
記事 2018/1/22
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル (2017 年 8 月)
この記事ではご参考までに、モノのインターネットに関する記事のうち、最も人気の高い 4 件を抜粋し、そのハイライトを紹介します。
記事 2018/1/18
Db2 Warehouse (旧 dashDB Local) 利用ガイド
Db2 Warehouse 基本情報を以下のカテゴリーで体系別にまとめた資料です。 ソリューション/サービスの理解や Db2 Warehouse を実際に操作する際にご活用ください。
記事 2018/1/18
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル
この記事に、これまでに抜粋した最もよく読まれているチュートリアルのすべてを集めています。
記事 2018/1/18
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル (2017 年 12 月)
この記事ではご参考までに、モノのインターネットに関する記事のうち、最も人気の高い 5 件を抜粋し、そのハイライトを紹介します。
記事 2018/1/18
ビヘイビア駆動開発者向け Infrastructure as Code 入門
この記事では、ビヘイビア駆動開発とは何か、そして Ansible による Infrastructure as Code プロジェクトに対してビヘイビア駆動開発をどのように適用できるかを説明します。常に最新の状態に維持された、実行可能なサーバー・ドキュメントを作成する方法を学んでください。
記事 2018/1/18
IBM Watson を利用して言語翻訳機能をアプリケーションに追加する
IBM Cloud アプリケーションに、言語翻訳機能を追加してください。このチュートリアルでは、Node-RED と Language Translation サービスを利用して、ユーザーが入力したテキストを翻訳し、そのテキストを基にセンチメント分析を実行するアプリケーションを作成します。
記事 2018/1/18
IBM Domino 9.0.1 Server インストールガイド Windows版
本資料は、IBM Domino 9.0.1 Server を Windows サーバー環境にインストールするための手順を説明したものです。
記事 2018/1/17
IBM Cloud ハンズオン・セミナー 中級編 資料
最新の IBM Cloud (Bluemix) の提供機能を利用しつつ、Node.js でチャット・ボットのアプリ開発を体験していただきます。Node.js を少しでも触ったことのある方を対象としてお勧めしますが、一部のコードを修正して動作確認していく流れで進みますので、IBM Cloud 初心者の方でも体験可能です。IBM Cloud (Bluemix) で本格的な開発に入る前の、アプリ開発の手順や Watson を用いたアプリ開発をお考えの方に最適なトレーニングとなっています。
記事 2018/1/16
IBM Client Application Access 1.0 利用ガイド
これまでのIBM Notes Browser Plug-in (NBP) が名称変更され、新たにIBM Client Application Access (ICAA)となりました。さらにICAA 1.0ではブラウザから独立したスタンドアロンアプリケーションとなりました。当資料では、ICAAの概要に加え、導入や利用上の注意をご紹介しています。
記事 2018/1/15
HTTP/2 の内幕
1996 年以来の初の HTTP プロトコルのメジャー・アップデートである HTTP/2 は、開発者たちがそれまで 20 年間にわたって積み重ねてきた進歩と発見を正式な形にしたものです。HTTP/2 がリッチな Web アプリケーションをさらに充実させることを目的に、転送パフォーマンスを改善し、待ち時間を短縮し、アプリケーションのスループット向上を促す仕組みを学んでください。
記事 2018/1/11
VMware 環境および復旧ソリューションを IBM Cloud Local System 内でホストする、第 1 回: ホスト型 VMware 環境を導入する
IBM Cloud Local System および PureApplication System ファームウェア V2.2.3 のリリースにより、ワークロードをより柔軟に実行して管理できる、構成済みのホスト型 VMware 環境を自動的に作成できるようになっています。このシリーズは、W1500、W2500、W3500、および W3550 モデルのユーザーを対象に、このファームウェアに備わっている高度な機能を利用する方法をステップ・バイ・ステップで説明するためのものです。第 1 回では、ホスト型 VMware 環境を IBM Cloud Local System 内で作成してデプロイします。説明する手順をとおして、リソースを割り当てる方法、VMware コンポーネントに対する外部アクセスを構成する方法、仮想マシンを構成して VMware にデプロイする方法の詳細を学んでください。
記事 2018/1/11
Watson の API を組み合わせた音声自動翻訳アプリケーション「Speech to Speech」
「Speech to Speech」は、IBM Watsonの APIを組み合わせ、リアルタイムで音声を多言語に翻訳するアプリケーションです。以下の一連の処理を動的に行うことで、通訳のようなアプリケーションを簡単に作成することができます。ここでご紹介するWatson APIは無料、期限なし、カード不要で使えるIBM Cloudライト・プランに含まれますので気軽に作ることができます。
記事 2018/1/11
IBM iNotes 9.0.1 - IBM Sametime 9.0.1 FP1 限定利用版連携導入ガイド (Windows版)
当資料は、IBM iNotesクライアント用に「IBM Sametime 9.0.1 FP1 限定利用版 (Limited Use)」を構築するための手順です。構築が完了すると、IBM iNotes 9.0 のユーザーは在席表示機能およびチャット機能を利用できるようになります。
記事 2018/1/10
マイクロサービス入門
このチュートリアルでは、マイクロサービスによって、クラウド・アプリケーションがより管理しやすくなるとともに、アプリケーションのスケーラビリティーと信頼性が向上する仕組みを説明します。クラウド・アーキテクチャーにおけるマイクロサービスの役割を概説し、マイクロサービス・ベースのシステムと従来型のモノリシックなモデルを比較対照します。
記事 2018/1/10
連載「Microservice Builder」, 第 1 回: Microservice Builder と WAS Liberty でマイクロサービスを開発する
この連載では、マイクロサービスの開発から Kubernetes 環境でのテスト稼働を通じて、Microservice Builder, WAS Liberty, MicroProfile の機能をご紹介します。Kubernetes 環境で稼働するマイクロサービスが、慣れ親しんだ Java 言語とツールで簡単に開発できることを実感頂けることでしょう。
記事 2018/1/09
IBM HTTP Server (IHS) Version 9 ガイド&Tips
IBM HTTP Server (IHS) Version 9 の大きな変更点は,ベースとなっている Apache HTTP Server が 2.2 から 2.4 にあがったことです。そのため一部の設定についてはバージョンアップの際に変更が必要となる場合があります。この資料は IHS V9 の新機能およびバージョンアップに当たっての設定の変更点について解説します。
記事 2018/1/09
連載「IBM Cloud Private」, 第 2 回: IBM Cloud Private 上でアプリケーションを動かしてみよう
IBM は、Docker によるコンテナ型仮想化基盤を用いたプライベート・クラウドを実現するためのソフトウェア製品として、IBM Cloud Private (ICP) を提供します。本連載は、ICP のセットアップからアプリ稼働までを順を追って実際に試せるハンズオン形式で進めますので、ぜひ皆様もお楽しみください。
記事 2018/1/09
連載「Microservice Builder」, 第 2 回: MicroProfile Config を Kubernetes 環境で利用する
この連載では、マイクロサービスの開発から Kubernetes 環境でのテスト稼働を通じて、Microservice Builder, WAS Liberty, MicroProfile の機能をご紹介します。Kubernetes 環境で稼働するマイクロサービスが、慣れ親しんだ Java 言語とツールで簡単に開発できることを実感頂けることでしょう。
記事 2018/1/09
IBM Quantum Computing で計算してみよう
IBM は 2016年5月4日に世界で初めて、量子コンピューターをクラウドで公開し、誰でも使えるようにしました。2017年11月には 50 量子ビットの試作機の製作と稼働に成功、12月には 20 量子ビットのお客様への提供を始めました。この記事では、この IBM Quantum Experience の使い方や量子コンピューターの概念、簡単なアルゴリズムについて解説します。
記事 2017/12/27
Node-RED: bot 操作の基礎: コースの概要
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: まとめ
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 4: コグニティブな Web ページと Messenger ボットの作成
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 3: コミュニティー・ノードと Watson サービスの追加
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 2: Web ページおよび REST API の構築
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 1: Node-RED ボイラープレート・アプリケーションの作成
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
マイクロサービスへのリファクタリング: 第 1 回 モノリスから移行する際の考慮事項
ここのところ、マイクロサービスが開発の世界に旋風を巻き起こしています。この全 3 回からなるシリーズでは、マイクロサービスが重要な理由、マイクロサービスへの移行手法を計画する際に考慮すべき要因、データ分析の役割を取り上げ、マイクロサービスへの移行プロセスをステップ・バイ・ステップで説明します。第 1 回ではマイクロサービスについて紹介し、アプリケーションをリファクタリングしてマイクロサービス・アーキテクチャーを利用する際の考慮事項を説明します。
記事 2017/12/21
非開発者向け Watson API 使用ガイド
このレシピでは、プログラミング言語を使用せずに Watson REST 呼び出しを行う方法を示します。
チュートリアル 2017/12/21
IBM Cloud によってホストされる専用レジストリー入門
IBM Cloud Container Service を使用するメリットの 1 つに、IBM Cloud によってホストされる専用レジストリーにアクセスできることがあります。それによってユーザーは、それぞれの専用レジストリーで Docker イメージをプッシュ/プルできるようになります。
チュートリアル 2017/12/21
Travis CI を使用して Kubernetes ポッドを IBM Cloud Container Service にデプロイする
Travis CI を使用して Kubernetes アプリケーションを IBM Cloud にデプロイする方法について学習します。
チュートリアル 2017/12/21
シェル・スクリプトでの Watson Natural Language Classifier の使用方法
Watson サービスをコマンド・ラインで使用するのは、不可能なことではなく、有益なことです。このレシピは、コマンド・ラインまたはシェル・スクリプトを介して Natural Language Classifier 用 Watson API と対話する方法を理解する上で役立ちます。
チュートリアル 2017/12/21
Kubernetes への NodeJS プロジェクトの移動
IBM Cloud で NodeJS アプリを CloudFoundry から Kubernetes に移す方法について学習します。
チュートリアル 2017/12/15
PHP と Passport サービスを利用して IBM Cloud アプリケーション内で容易にユーザーを管理、認証する, 第 2 回: ロール・ベースのアクセス制御機能とパスワード回復機能を PHP アプリケーションに追加する
この全 2 回からなるチュートリアル・シリーズでは、カスタム・コードを一切作成せずに、IBM Cloud アプリケーションに迅速にユーザー管理機能とアクセス制御機能を追加する方法を紹介します。第 2 回では、ユーザーの追加、変更、削除をサポートする、アプリケーション用にカスタマイズしたユーザー管理ダッシュボードを開発する方法、ユーザー・ロールに応じてアプリケーション・リソースへのアクセスを保護する方法、そしてパスワードを回復するためのワークフローを実装する方法を説明します。このシリーズでは、Slim PHP マイクロフレームワークと併せて、IBM Cloud の Passport アイデンティティーおよびアクセス管理サービスを利用します。
記事 2017/12/14
PHP と Passport サービスを利用して IBM Cloud アプリケーション内で容易にユーザーを管理、認証する, 第 1 回: ゼロから始めることなく、ユーザー認証および管理機能をアプリケーションに追加する
この全 2 回からなるチュートリアル・シリーズでは、カスタム・コードを一切作成せずに、IBM Cloud アプリケーションに迅速にユーザー認証を追加する方法を紹介します。ユーザーの追加、アクティブ化、非アクティブ化をサポートするユーザー・ダッシュボードをアプリケーションに追加するにはどのようにするのかを説明するとともに、アプリケーション・リソースへのアクセスを保護するために、パスワード・ベースの認証によるログイン・ワークフローを実装する方法を説明します。このシリーズでは、Slim PHP マイクロフレームワークと併せて、IBM Cloud の Passport アイデンティティーおよびアクセス管理サービスを利用します。
記事 2017/12/14
サンプル Liberty アプリケーションを作成して IBM Cloud にデプロイする
IBM は 2014年 10月初旬に IBM Cloud プラットフォームに Watson サービスを導入しました。このチュートリアルでは、現在利用可能なサービスと SDK を紹介するとともに、Watson Question and Answer サービスを利用したアプリケーションを IBM Cloud にデプロイする方法を紹介します。このチュートリアルでデプロイするのは、Java ベースのアプリケーションです。
チュートリアル 2017/12/14
DB2 for LUW 11.1 移行手順ガイド
当SILはDB2 for LUW 11.1への移行作業手順と、移行に関する考慮点などの参考情報をまとめたものです。
記事 2017/12/13
連載: 事例に学ぶパフォーマンスの向上
この連載では、パフォーマンスに影響する各要素で、考慮しなければならないポイントや、チューニング方法について紹介していきたいと思います。また実際にあったプロジェクトでの解決法などもご紹介予定です。 IBM BPMの導入や開発に携わっている、またはこれから携わる予定のエンジニア向け連載です。
記事 2017/12/12
MobileFirst Foundation V8.0 導入ガイド、プッシュ通知と分析サーバ設定
MobileFirst Foundation V8.0 のWAS Liberty coreとDB2を使用した場合のコマンドラインによる導入ガイド、企業内でのプッシュ通知と分析サーバー使用時の考慮点を解説します。
記事 2017/12/12
連載: 事例に学ぶパフォーマンスの向上: 第10回 Webサービス呼出の設定
Webサービスの接続設定時やWebサービスの呼出実行時にパフォーマンスが劣化することがあります。その原因と対応策について説明します。
記事 2017/12/12
IBM API Connect 分析データ 外部出力構成ガイド
当資料は、IBM API Connect v5.0.7でリリースされた新機能である分析データの外部出力機能について、構成方法および考慮点をまとめたものです。
記事 2017/12/12
Db2モニタリング情報取得ツール(MON_GET_*)
本資料は、モニター表関数を使用してDb2 for LUWの性能情報を取得するためのスクリプトのサンプルと使用ガイドを提供します。
記事 2017/12/11
Dbモニタリング分析ツール (MON_GET_PKG_CACHE_STMT)
当ツールは、Db2のモニター結果をもとにワークロードを分析するツールの第2弾です。
記事 2017/12/11
Db2モニタリング分析ツール (MON_GET_DATABASE)
当ツールは、Db2 10.5以降で提供されているMON_GET_DATABASE表関数から取得したデータベースのモニター結果(csv)を元に、データベースの負荷状況を可視化するツールです。AIXおよびLinux向けに提供されているnmonやnmon analyzerのように、Db2の管理を行う技術者が短時間でデータベースの全体像を把握し、必要に応じてさらなる調査をするための手がかりを得られるようにすることを目的としています。
記事 2017/12/11
連載「Liberty on Docker 入門」, 第 6 回: Amalgam8 を利用して、リクエストをルーティングしよう
サーバーの仮想化技術のデファクトスタンダードとなったDockerは、ITシステムの構成と運用を大きく効率化することができるポテンシャルをもっており、多くの企業で導入が検討されたり実際に導入されたりしています。この連載では、IBMの次世代Java EEアプリケーションサーバーであるWAS LibertyをDockerと組み合わせ、サーバー環境の構築を改善していく場合の様々なノウハウを、実際に試してみることができるハンズオン形式でお伝えします。
記事 2017/12/08
連載「IBM Cloud Private」, 第 1 回: IBM Cloud Private (ICP) をセットアップしてみよう
IBM は、Docker によるコンテナ型仮想化基盤を用いたプライベート・クラウドを実現するためのソフトウェア製品として、IBM Cloud Private (ICP) を提供します。本連載は、ICP のセットアップからアプリ稼働までを順を追って実際に試せるハンズオン形式で進めますので、ぜひ皆様もお楽しみください。
記事 2017/12/08
ニューラル・ネットワークの徹底調査
このチュートリアルでは、ニューラル・ネットワークを掘り下げて調べます。ニューラル・ネットワークの背景について説明し、現在の機会学習においてニューラル・ネットワークが優勢な勢力になっているわけを明らかにします。
記事 2017/12/07
Watsonサンプル・コード: Watson Tone Analyzer サービスを利用して文書のトーンを識別する
Watson Tone Analyzer サービスの Java API の使用法を説明するコードを記載します。Watson はテキストを基に話者のトーンを評価して、怒り、嫌悪、喜び、不安、悲しみなどといった感情のレベルを検出します。
記事 2017/12/07
Linux の 101 試験対策: ローカリゼーションと国際化対応
ロケールとタイムゾーンの設定を使用して、Linux システム環境を適切な時刻と場所に設定する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 102 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2017/12/07
Watson IoT Platform データとシームレス分析の統合 (第 1 部)
シームレス・ストレージ・ドライバーである Apache Spark ドライバーが開発されました。これは、Watson IoT Platform でのリアルタイム・データと履歴データの間のギャップを取り除き、ネイティブ Spark SQL を使用したすべてのデータの透過的な分析を可能にします。
チュートリアル 2017/11/30
アジャイル手法に沿ったソフトウェア・プロジェクトのスコーピング
このチュートリアルでは、プロジェクトの要件を完全に見極め、変更のプレッシャーに対処し、目的にかなったソフトウェア製品のデリバリーを予定通りに、予算の範囲内で達成するために、アジャイル方法論を採用してプロジェクトのスコーピング・プロセスを管理する利点について探ります。
記事 2017/11/30
ハイブリッド・クラウドに使用する認証方式を把握する
IBM Cloud 内での選択肢には、ユーザー認証に関する多様な要件が伴います。この記事では、IBM Cloud ユーザーを管理および認証する方法として考えられる、さまざまな可能性について説明します。記事の説明で焦点とするのは、アプリケーションを開発および保守するために IBM Cloud プラットフォームにログインする必要がある開発者、管理者、オペレーターです。IBM Cloud をベースに実行されるアプリケーションでは、その目的に応じた任意の認証方式を使用できます。
記事 2017/11/30
IBM Cloud 上で Clojure Web アプリを作成する
関数型プログラミングを開始しませんか? Lisp ベースの Clojure は、評判の高い関数型プログラミング言語です。Node.js を使用して、IBM Cloud 上にデプロイされた Web アプリケーションの一部として Clojure プログラムを実行する方法を学んでください。
記事 2017/11/30
IBM Cloud ハンズオン・セミナー 初級編 資料
AIやIoTなど最新テクノロジーを活用したアイディアを素早く実現できるIBM Cloudをご紹介するハンズオン資料を公開いたします。 本ハンズオンは特別なスキルが無くても実施いただけるように最小限のプログラミングでIoTやAIアプリを作成できる内容となっております。AI、IoT活用にご興味のある方は、是非本ハンズオンにチャレンジしてみてください。
チュートリアル 2017/11/28
IBM Cloud と IBM Containers を利用して、Linux ベースのチェス・アプリをクラウド上に配置する
WebSocket を使用して既存の Linux CLI チェス・エンジンをクラウド・サービスとして公開する Docker コンテナーを作成してください。このチュートリアルでは、Docker コンテナーを作成し、それを実行中のコンテナーとして IBM Containers for IBM Cloud にデプロイするプロセスをステップ・バイ・ステップで説明します。チュートリアルにはサンプル・コードの他、ブラウザー内で実行されて WebSocket ベースのサービスを使用する方法を説明する JavaScript チェス・ゲームも付属しています。ここでデモする手法を適用すれば、ほぼすべてのパイプ・ベースの Linux アプリケーションをコンテナー化し IBM Cloud 上でクラウド・サービスとして利用することができます。
記事 2017/11/24
IoT 初級編: IoT 開発を開始する
この developerWorks クイック・スタート・ガイドに従って、IoT ソリューションの開発を開始してください。「IoT 初級編」は、モノのインターネット・テクノロジーに初めて取り組むアプリケーション開発者と、迅速に開発を進めるための手段を探しているアプリケーション開発者を対象としています。
記事 2017/11/24
位置認識機能を備えた IoT アプリを作成する、第 2 回: ジオターゲティング広告を IoT デバイスに配信する PHP アプリを作成する
この記事は、全 2 回からなるシリーズ「位置認識機能を備えた IoT アプリを作成する」の第 2 回です。位置認識機能を備えたアプリを作成する場合、IoT デバイスからリアルタイムのデータを受信するようになってもまだ五合目にすぎません。このようなアプリを完成させるためには、受信したデータに対して何らかのアクションが実行されるようにする必要があります。この記事では、PHP、MySQL、そして IBM Watson IoT Platform のルールを使用して、IoT デバイスからの着信データ・ストリームを処理し、その計算結果またはコマンドをリアルタイムでクラウドに送信する方法を説明します。有用な IoT ベースのアプリケーションを構築するには、このような双方向通信が鍵となります。
記事 2017/11/24
位置認識機能を備えた IoT アプリを作成する、第 1 回: IoT デバイスから GPS データを取得して使用する PHP アプリを作成する
この記事は、全 2 回からなるシリーズ「位置認識機能を備えた IoT アプリを作成する」の第 1 回です。IoT アプリを作成しようとする PHP 開発者にとって、作業に取り掛かるのは困難な場合があります。そのような PHP 開発者のために、このチュートリアルではPHP で駆動する IBM Cloud IoT アプリケーションを構築するプロセスをステップ・バイ・ステップで解説します。このアプリケーションは、接続されたデバイスから IBM Watson IoT Platform に送信される位置情報データにサブスクライブし、Google Maps API を使用して、その位置情報データを地図の画像に反映させます。
記事 2017/11/24
IBM POWER8 上で稼働する Hortonworks Data Platform (HDP) を使用した SAS ソフトウェア
この記事では、SAS が Hortonworks Data Platform (HDP) 上に保管されているデータにアクセスし、そのデータを分析できるようにするために、SAS/ACCESS Interface to Hadoop を使用して環境をセットアップする方法を説明します。この環境は、IBM POWER8 プロセッサー・ベースのサーバー上で稼働します。
記事 2017/11/16
OpenWhisk アクションを呼び出す
developerWorks サンドボックスの最大の利点の 1 つは、コードを IBM Cloud にデプロイできることです。コードをデプロイする場合、コードは OpenWhisk アクションになります。この記事では、デプロイした後の OpenWhisk アクションにアクセスする 4 つの方法を説明します。
記事 2017/11/16
Facebook Login for Apps をアプリケーションに統合する
アプリケーションにソーシャル認証を統合するときは OAuth 2.0 クライアントの実装が必要になります。その上で、ソーシャル・アイデンティティー・プロバイダーと許可コード・フローを実行してからアイデンティティー・プロファイル・リソースを取得することになります。この記事では、ISAM と、よく使われているソーシャル・メディア・アウトレットとして Facebook、LinkedIn、Instagram の 3 つを利用します。
記事 2017/11/16
Go プログラミング言語で SoftLayer Cloud API を操る
Go プログラミング言語で SoftLayer Cloud API を使用する場合の一部始終を学んでください。このチュートリアルでは、SoftLayer 内のサービスを利用する方法、データ構造をナビゲートして使用する方法、オブジェクトのマスクとフィルターを設定する方法、ならびに VM の順序付け方法などを、簡潔かつ慣用的な形で説明します。
記事 2017/11/09
実行可能かつデプロイ可能な OpenWhisk 対応のコードを作成する
developerWorks サンドボックスの最大の利点としては、ブラウザー内でコードを実行することも、コードを IBM Cloud (Bluemix) にデプロイすることもできるという点が挙げられます。コードをデプロイする場合、コードは OpenWhisk アクションになります。ただし、OpenWhisk では JavaScript コードまたは Java コードが特定のインターフェースをサポートすることが要件となるため、そうなっていなければコードをデプロイすることができません。このチュートリアルでは、すべてを正常に機能させるためのルールと要件を説明します。
記事 2017/11/09
1 - 7021 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示