製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(121 製品)

(449 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 13 件のうちの 13 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Samba のインストールとアップグレード
ほとんどのソフトウェアと同様に、Samba を使用するには、まず Samba をインストールしなければなりません。それにはいくつかの方法がありますが、大きく分けると、ソース・コードをコンパイルしてインストールする方法、そしてビルド済みバイナリー・パッケージをインストールする方法の 2 つに分類することができます。前者は比較的難しい方法ながらも、より柔軟性の高い選択肢です。一方、後者の方法は大抵の Linux ディストリビューションで至って簡単に実行できるものの、サポートするバージョン、適用するパッチ、コンパイル時に指定可能なオプションなどについては、ディストリビューションの保守管理者の決定に従わなければなりません。
記事 2011/4/20
VNC でマルチユーザー・ログインを可能にする
VNC (Virtual Network Computing: 仮想ネットワーク・コンピューティング) は、コンピューターへのリモート・アクセスを可能にするためによく使われているツールです。通常の VNC 構成はシングルユーザーのワークステーション用に最適化されており、VNC ポートにログインすると、シングルユーザーのデスクトップに直接アクセスするようになっています。けれども、この構成はマルチユーザーのコンピューターには不都合です。幸い、代替手段として、VNC を Linux コンピューターの標準的な XDMCP (X Display Manager Control Protocol) サーバーにリンクさせるという方法を使用することができます。こうすれば、VNC ポートにアクセスすると、ユーザーがユーザー名とパスワードを入力できるようになり、単一の VNC サーバー・インスタンスで複数ユーザーのログインを処理することができます。
記事 2012/5/31
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: パフォーマンス・チューニング
システム管理者のための LPIC (Linux Professional Institute Certification) の LPI-302 試験に備えるために、Samba のパフォーマンスを測定する方法、そして Samba の動作速度を向上させる方法を学んでください。
記事 2012/2/03
GRUB 2 への移行
Linux をブートするためのツールは変化しています。具体的には、GRUB (Grand Unified Bootloader) は今や正式には保守が行われているのみでなり、GRUB の開発者達は元々の GRUB を既に見捨て、まったく新たに作成された GRUB 2 というパッケージに移行しています。GRUB 2 の新機能と使い方を学びましょう。
記事 2010/4/14
4 KB セクター・ディスクで Linux を使用する: 実用的なアドバイス
Advanced Format ディスクでは、より一般的な 512 バイトのセクターではなく、4,096 バイトのセクターが使用されます。この違いは、オペレーティング・システムのために 4,096 バイトの物理セクターを 512 バイト単位の論理セクターに分割するファームウェアによって表面的にはわからなくなっていますが、より大きなサイズの物理セクターを使用するということは、ディスクのレイアウトやシステムのパフォーマンスにも影響があるということです。この記事ではその影響について、いくつかの一般的な Linux ファイルシステムに実際に及ぶ可能性のある影響を示すベンチマーク・テストを交えて検討します。Advanced Format ディスクが標準的になっているなか、最適ではない構成による深刻なパフォーマンスの低下を回避したければ、これらのディスクに対処する方法を理解していることが不可欠のスキルとなります。
記事 2014/6/19
QEMU を使ってクロスプラットフォームの開発を行う
Linux の強みの 1 つはクロスプラットフォームという性質にあります。Linux は、x86、x86-64、SPARC、PowerPC、その他多くの CPU (Central Processing Unit) 上で実行することができます。しかし、このようにハードウェアの選択肢が多いため、ソフトウェア開発者は大きな困難に直面します。すべてのプラットフォームでソフトウェアを適切にコンパイルできるように、そして実行できるように保証することは困難です。QEMU パッケージを利用すると、この負担を軽減することができます。QEMU は広範な種類の CPU をサポートするマシン・エミュレーターです。そのため、PowerPC のソフトウェアを x86 コンピューター上で実行したり、x86-64 ソフトウェアを SPARC コンピューター上で実行したりすることができます。この機能は、ソフトウェアのエンディアンネスに関する整合性のテストや、その他 CPU 特有の機能のチェックをする必要があるプログラマーには特に重宝します。また QEMU を使用すると、さまざまなオペレーティング・システムを完全に実行することができます。そのため、FreeBSD やSolaris、さらには Microsoft Windows の下でプログラムをコンパイルして実行できるかどうかを、Linux を終了せずにテストすることができます。
記事 2010/2/09
4KB セクター・ディスクで Linux を使用する: 実用的なアドバイス
2009年 12月以降、ハード・ディスク・メーカーは通常の 512 バイトのセクターではなく、4096 バイトのセクターを使用するディスクを導入するようになっています。この変化は、オペレーティング・システムのために 4096 バイトの物理セクターを 512 バイト単位の論理セクターに分割するファームウェアによって表面的にはわからなくなっていますが、サイズが大きくなった物理セクターを使用するということは、ディスクのレイアウトやシステムのパフォーマンスに影響をもたらします。この記事ではその影響について、一般的な Linux ファイルシステムに考えられる実際の影響を示すベンチマーク・テストを交えて検討します。2010年以降、4096 バイトのセクターを使用するディスクが普及するにつれ、これらの新しいディスクに対処するためのストラテジーがますます重要になってくるはずです。
記事 2010/4/27
ext4 へのマイグレーション
歴代の Linux ファイルシステムのなかで最新の Ext4 は、今までのファイルシステムと同じように重要かつ人気のファイルシステムになりそうです。Linux システム管理者としては、その利点と欠点、そして ext4 にマイグレーションする際の基本手順を認識しておかなければなりません。この記事では、ext4 を導入するタイミング、従来のファイルシステム・メンテナンス・ツールの使い方を ext4 に適応させる方法、さらにこのファイルシステムを最大限利用する方法を説明します。
記事 2008/4/30
Linux パーティションのサイズを変更する: 第 2 回 高度なサイズ変更
Linux システムは、それぞれにサイズが決められた複数のパーティションにインストールされることがよくあります。その一方で、ニーズが変化すると、その変化に応じてパーティションのサイズを変更する必要に迫られることは珍しくありません。Linux にはパーティションのサイズを変更するためのツールがいくつかありますが、パーティションのサイズ変更というタスクを、最初に思ったよりも困難なものにする落とし穴や制約はさまざまにあります。この記事では、パーティション・サイズの高度な変更方法を取り上げ、LVM (Logical Volume Management) 機能の使用方法、トラブルシューティング、そしてパーティションのサイズ変更に代わる手段について説明します。基本的なパーティションのサイズ変更については、この連載の第 1 回で説明しています。
記事 2010/9/01
Linux パーティションのサイズを変更する: 第 1 回 基本編
Linux システムはよく、それぞれにサイズが決まった複数のパーティションにインストールされます。しかし、ニーズの変化に応じてパーティションのサイズを変更する必要に迫られることは珍しくありません。Linux にはパーティションのサイズを変更するためのツールがいくつかありますが、パーティションのサイズ変更というタスクを、当初思ったよりも困難なものにする落とし穴や制約はさまざまにあります。この記事では Linux パーティションのサイズ変更タスクについて、基本的な準備手順から、グラフィカル・ユーザー・インターフェース (GUI) ツールを使用した一般的なサイズ変更シナリオに至るまで説明します。
記事 2010/8/11
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: NetBIOS と WINS
SMB/CIFS ネットワークでの命名方法は他とは異なります。最近のクライアントはインターネット・ドメイン名を使用して互いを参照できるようになっていますが、古いクライアントは、WINS (Windows Internet Name Service) サーバーとして知られる Microsoft 独自のシステム、つまり NBNS (NetBIOS Name Server) に依存していたからです (WINS と NBNS は同義語です)。従って、名前解決のために Samba を適切に構成することが重要となります。さらに、サーバーが特定のサーバー上で使用可能な共有を知るためのメカニズムであるブラウジングの構成も同じく重要です。
記事 2011/12/09
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: CIFS 連携
Linux コンピューターは、Windows ネットワークでサーバーとして機能するだけではありません。クライアントを兼ねることも、あるいはサーバーではなくクライアントとして機能することもできます。その場合、ftp のようなプログラムによってファイルを転送してサーバーを変更するか、Samba またはWindows サーバー・マシンから Linux コンピューターに共有をマウントして、通常のプログラムがサーバー上のファイルに直接アクセスできるようにします。けれどもそうするには、オリジナルの SMB プロトコルとその拡張である CIFS の特徴に留意しなければなりません。このことは特に、Windows Server マシンにアクセスする場合に当てはまります。Windows Server マシンの場合、Linux コンピューターがサポートするすべてのファイルシステム機能にアクセスできるとは限らないからです。
記事 2011/11/25
SWAT の構成
SWAT (Samba Web Administration Tool) は、Web ベースの Samba 管理ツールです。このツールを使用すると、任意のコンピューターから Web ブラウザーを使用して GUI による画面で Samba の設定をすることができます。SWAT はそれ自体がサーバーであるため、すべてのサーバーと同じく最低限の構成が必要です。この記事を読んで、SWAT をインストールして構成する方法、そして SWAT を使用して Samba を管理する方法を学んでください。
記事 2011/10/28
1 - 13 件のうちの 13 件
概要の表示 | 概要の非表示