製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(196 製品)

(524 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 6837 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
GDPR 準拠のアプリケーションを開発する, 第 3 回: アプリケーションのプライバシー・リスクを最小限に抑える
シリーズの第 3 回では、アプリケーションのプライバシー・リスクを軽減する実用的なアプリケーション開発手法について説明します。プライバシー・リスクを軽減するソリューションには、データベース暗号化や仮名化を利用すること、厳重なアプリケーション・セキュリティーを確保することなどが含まれます。
記事 2018/8/09
GDPR 準拠のアプリケーションを開発する, 第 1 回: 開発者向け GDPR ガイド
この記事は、欧州一般データ保護規制 (GDPR) 準拠のアプリケーションを開発する方法を説明する全 3 回からなるシリーズの第 1 回です。第 1 回では GDPR の要点を解説し、このプライバシーに関する規制が、EU 市民によって使用されるアプリケーションの開発とサポートにどのような影響を与え、どのように適用されるのかを説明します。
記事 2018/8/09
GDPR 準拠のアプリケーションを開発する, 第 2 回: アプリケーションのプライバシー仕様
この記事では、ソフトウェア開発ライフサイクル内にプライバシー・リスクの評価と軽減対策を統合する際のガイダンスについて説明します。この記事は、欧州一般データ保護規制 (GDPR) 準拠のアプリケーションの開発を焦点とした全 3 回からなるシリーズの第 2 回です。
記事 2018/8/09
Notes 小ワザ集: 第188回 IBM Connections との連携(2):プロフィール
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと賢く利用するためのヒントとしてご活用ください。
記事 2018/8/09
IBM Watson Workspace 利用ガイド
当資料は、これからIBM Watson Workspace を利用・検討される方に向けて、IBM Watson Workspace の概要や利用方法を簡易に紹介することを目的とします。
記事 2018/8/08
Notes 小ワザ集: 第187回 IBM Connections との連携(1):アクティビティ
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと賢く利用するためのヒントとしてご活用ください。
記事 2018/8/03
Mavo を使用した迅速な Web アプリケーション開発の紹介, 第 1 回: オープンソースの Web アプリケーション・フレームワーク、Mavo を導入する
素晴らしいアイデアを Web アプリケーションの形にしたくても、それにはプログラミングのスキルが足りない気がすると思っていませんか?そうだとしたら、Mavo に目を向けてください。このオープンソースの Web アプリケーション・フレームワークを使用すれば、JavaScript のスキルやサーバー・サイドの裏技を使わなくても、誰もが完全なデータ駆動型 Web アプリケーションを HTML で直接作成できます。Mavo の使いやすいデータ編集インターフェースとその直感的な式言語は、より多くの人々が Web アプリケーションを開発することを可能にします。
記事 2018/8/02
Mavo を使用した迅速な Web アプリケーション開発の紹介, 第 2 回: 複数のプロパティー、プラグイン、GitHub ストレージを Mavo で処理する
プラグインによって、Mavo が Web アプリケーションを開発するための一層強力なフレームワークになる仕組みを学んでください。この記事では、Mavo にデータ・アイテムのコレクションを管理させて、GitHub をアプリケーションのマルチユーザー・ストレージとして使用する方法を説明します。
記事 2018/8/02
Notes 小ワザ集: 第177回 メールのデフォルトフォントを設定する
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと賢く利用するためのヒントとしてご活用ください。
ヒント 2018/8/01
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 5 回: IBM Watson Workspace でチャットボット開発 #鬼わか 解説 - 応用編 パート 1 -
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/7/31
Hyperledger Composer の基礎, パート 1: ブロックチェーン・ネットワークをモデル化してテストする
Hyperledger Composer は、迅速にブロックチェーン・ビジネス・ネットワークを構築してブロックチェーン・アプリケーションのプロトタイプを作成するためのツールです。このチュートリアルに従って、Hyperledger Composer を使い始めてください。
記事 2018/7/26
Notes 小ワザ集: 第190回 IBM Connections 連携用プラグインのインストール
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと賢く利用するためのヒントとしてご活用ください。
記事 2018/7/25
Notes 小ワザ集: 第40回 チャットの内容をメールDBに保存する
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。
記事 2018/7/23
TensorFlow 入門
TensorFlow は数ある機械学習用オープンソース・ソフトウェア・ライブラリーのうちの 1 つに過ぎません。このチュートリアルで、TensorFlow の概要とこれをサポートしているプラットフォーム、そして TensorFlow をインストールする際の考慮事項を把握してください。
記事 2018/7/19
Db2 Warehouse (旧 dashDB Local) 利用ガイド
Db2 Warehouse 基本情報を以下のカテゴリーで体系別にまとめた資料です。 ソリューション/サービスの理解や Db2 Warehouse を実際に操作する際にご活用ください。
記事 2018/7/19
IBM Blockchain Platform Starter プランで Hyperledger Fabric ネットワークを立ち上げよう
IBM Blockchain Platform Starter プランの立ち上げ方とその活用方法についてご紹介します。
記事 2018/7/13
DevOps をコグニティブおよび人工知能システムに適応させる
このチュートリアルでは、コグニティブ・アプリケーションまたは人工知能アプリケーション向けに DevOps の最良の部分を改良し、適応させる「コグニティブ DevOps」プロセスの概要を説明します。具体的には、トレーニング・データ、モデル化、パフォーマンスの評価を含め、コグニティブ・システムのトレーニング・プロセスに DevOps を適用する方法を見ていきます。
記事 2018/7/12
IBM Blockchain Platform を支えるハイセキュリティ基盤「LinuxONE」
ブロックチェーンを稼動させるうえにおいて、そのプラットフォーム基盤におけるセキュリティは非常に重要なポイントになります。本稿では IBM Blockchain Platform Enterprise プランを基盤として支える LinuxONE のセキュリティについて解説させていただきます。
記事 2018/7/12
モノリシック・アプリケーションのマイクロサービスへのリファクタリングのチュートリアル
本資料は、これからマイクロサービスについて学習しようとしている方々を対象として、Java EEアプリケーションをもとにして、チュートリアル形式でマイクロサービスの概要、開発の流れ、開発環境の構築、アプリケーションの移行を紹介するものです。 本資料を順番に読み進めることで、マイクロサービスに必要な要素が学べる様に構成されています。 各章では、実際に実行する手順が詳細に説明されていますので、読者の方々それぞれの環境でマイクロサービスの開発・実行の環境が構築できます。
記事 2018/7/06
MicroProfile 開発ガイド
マイクロサービスをJavaで開発するための標準仕様であるMicroProfileを利用してマイクロサービスを開発する開発者向けに、MicroProfileの各機能の概要およびAPI、サンプルコード等について解説を行うガイドです。
記事 2018/7/06
Hydra のブートストラップ方法を学ぶ
OAuth 2.0 と OpenID の基本概念は、ユーザーがアプリケーション (「アプリケーション X」) を使用して何らかの操作を実行する際に、アプリケーションにアクセスするための要件として、企業またはビジネス (「サービス Z」) のアカウントにアクセスして、ユーザーに代わってそのアカウントで許可を要求するというものです。有効かつセキュアな方法で許可を付与できるようにするには (つまり、ユーザーからの信頼を損なうことなく、ユーザーの資格情報を直接要求すること)、Hydra のようなツールをサービス Z に統合できます。これにより、アプリケーション X がユーザーに代わり、許可されたリクエストを実行できるようになります。
記事 2018/7/05
RPA 適用の方法と効果を可視化する
このハンズオンでは、架空のシナリオを用いてRPAの適用を検討したり、RPA適用効果の可視化をしたりする手順を紹介します。
記事 2018/7/04
IBM MQ Docker サポートの紹介
当資料では IBM MQのDocker サポートについてご紹介します。
記事 2018/7/03
IBM MQ メッセージング REST API 機能の紹介
当資料では IBM MQ V9.0.4 で提供されたメッセージング REST API 機能についてご紹介します。
記事 2018/7/03
WebSphere Liberty をオープン化 ~ Open Liberty 事始め, 後編
この記事では前編にて Open Liberty の概要、後編にて Open Liberty を Eclipse Open J9 と 組み合わせてサンプル・アプリケーションを実際に動かす手順をご紹介いたします。
記事 2018/6/22
ラムダ関数による迅速なプロトタイピング
管理作業を可能な限り少なくするという、クラウドが提示する展望は、ラムダの持つサーバーレスであるという特性によって満たされます。この新しいクラウド・パラダイムでは、より簡単にプロトタイピングや実験を行うことができ、これまでよりも短時間でフィードバックを収集できるようになります。この記事では、ワークフローをいかに効率化できるか、ワークフローの効率化が初期段階のクラウド・プロジェクトにどのような意味を持つのか、そしてこの新しいパラダイムがどのようにコンテナーに適合するのかを探ります。
記事 2018/6/22
スマートフォンを IoT デバイスに変身させる
スマートフォンをセンサー・デバイスに変身させる方法、スマートフォンからクラウド内の Watson IoT プラットフォームにセンサー・データを送信する方法、そしてセンサー・データを処理して視覚化する IBM Cloud アプリケーションを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、Internet of Things サービスと Node-RED サービスを利用する Android アプリと 2 つの IBM Cloud アプリを作成します。
記事 2018/6/21
IBM Cloud 上の Decision Composer で大きく視野を広げる
このチュートリアルの手順に従って、Decision Composer アプリケーションを Business Rules サービスにデプロイし、Hadoop 内で実行する方法を学んでください。IBM Cloud Liteは無償で利用できます。
記事 2018/6/14
機械学習のモデル
このチュートリアルでは、機械学習で使用するアルゴリズムを詳しく探ります。教師あり学習、教師なし学習、強化学習、ならびにこれらの学習アルゴリズムを有利に生かすモデルについて学んでください。
記事 2018/6/14
Component Pack for IBM Connections 6.0.0.5
当資料は品質検証として行った Component Pack for IBM Connections 6.0.0.5 Elasticsearch インストールの結果報告書を元に、インストール概要および Hint & Tips について記載しています。
記事 2018/6/14
Hyperledger Fabric 入門, 第 3 回: コンセンサス/Ordering Service/Kafka/Zookeeper
第 3 回は Hyperledger Fabric のコンセンサス、Ordering Service について紹介します。
記事 2018/6/14
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 4 回: IBM Watson Workspace でチャットボット開発 #鬼わか 解説
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/6/07
Watson Retrieve and Rank から Watson Discovery への移行, 第 1 回: Watson Retrieve and Rank から Watson Discovery サービスに移行する
記事 2018/5/31
MQTT と「モノのインターネット」サービスを探る
MQTT を使用して、IBM Watson IoT Platform の Java 用クライアント・ライブラリーを使用した機器サイドのプログラムとアプリケーション・サイドのプログラムを開発する方法を学んでください。
記事 2018/5/31
IoT マルウェア攻撃の徹底調査
自宅の中や企業ネットワーク上 (またはその両方) で IoT デバイスを使っている場合、それらのデバイスは攻撃にさらされています。場合によっては、すでに攻撃を受けてセキュリティーが侵害されているのに、まるでそのことに気付いていないのかもしれません。この記事では、IoT デバイスはどのような仕組みで動作するのか、IoT マルウェア攻撃とはどういったものなのか、そして IoT デバイスを攻撃から守るにはどうしたらよいのかという 3 つの点について考えます。
記事 2018/5/24
IBM Cloud Continuous Delivery の紹介, パート 2: IBM Cloud サービスを利用するアプリをデプロイする
IBM Cloud と IBM Cloud Continuous Delivery を紹介するこのシリーズで、これらの製品をどのように利用して時間の無駄をなくすのかを把握してください。このパート 2 では、パート 1 で作成した単純なアプリを使用して、IBM Cloud サービスを利用するアプリをデプロイする方法を説明します。続くパート 3 では、IBM Cloud の新しいサービスを利用するコードを作成する方法を説明します。パート 4 では、Delivery Pipeline サービスを利用する方法を説明します。このサービスを利用して、チームの他のメンバーがプロジェクトのリポジトリーにコードをプッシュするたびに自動的にアプリケーションが IBM Cloud にデプロイされるようにします。
記事 2018/5/24
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 3 回: IBM Watson Workspace へのアプリ登録 #鬼わか 解説
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/5/18
連載「IBM Cloud Private Community Edition V2.1.0」, 第 2 回: オフライン環境でのインストール編
本連載では、IBM Cloud Private 2.1.0 Community Edition のインストール手順を示します。Community Edition はお試し版の位置づけですので無償で利用できます。第 1 回ではインターネット接続環境でインストールします。第 2 回ではインターネット非接続環境でインストールします。本項は第 2 回です。
記事 2018/5/18
連載「IBM Cloud Private Community Edition V2.1.0」, 第 1 回: オンライン環境でのインストール編
本連載では、IBM Cloud Private 2.1.0 Community Edition のインストール手順を示します。Community Edition はお試し版の位置づけですので無償で利用できます。第 1 回ではインターネット接続環境でインストールします。第 2 回ではインターネット非接続環境でインストールします。本項は第 1 回です。
記事 2018/5/18
ハイブリッド・クラウドに使用する認証方式を把握する
IBM Cloud 内での選択肢には、ユーザー認証に関する多様な要件が伴います。この記事では、IBM Cloud ユーザーを管理および認証する方法として考えられる、さまざまな可能性について説明します。記事の説明で焦点とするのは、アプリケーションを開発および保守するために IBM Cloud プラットフォームにログインする必要がある開発者、管理者、オペレーターです。IBM Cloud をベースに実行されるアプリケーションでは、その目的に応じた任意の認証方式を使用できます。
記事 2018/5/17
Hyperledger Fabric 入門, 第 2 回: Peer/チャネル/Endorsement Policy の解説
今回は第 1 回でも取り上げた Peer について詳しく紹介します。また Peer と関係性のあるチャネル、Endorsement Policy についてもあわせて紹介します。
記事 2018/5/17
IBM iNotes 9.0 - IBM Sametime 9.0 限定利用版 連携 導入ガイド (Windows 版)
当資料は、IBM iNotesクライアント用に「IBM Sametime 9.0 限定利用版 (Limited Use)」を構築するための手順です。構築が完了すると、IBM iNotes 9.0 のユーザーは在席表示機能およびチャット機能を利用できるようになります。
記事 2018/5/14
マイクロサービス / Dockerコンテナー / Kubernetes 概要
本プレゼンテーションは 2018年3月7日 (水)、3月13日 (火) 実施の Web セミナー "今日から始めるクラウド・ネイティブ・コンピューティング" の説明資料を改編したものです。
記事 2018/5/10
IBM Cloud をプラットフォームとして選択する理由のトップ10
このトップ 10 リストでは、なぜ開発者はクラウド・プラットフォームとして IBM Cloud を選択することになるのかという点について Carl Osipov が見解を示します。
チュートリアル 2018/5/10
IBM Cloud の Node.js アプリケーション用に多要素認証を構成する
パスワードは完全なセキュリティー・ソリューションではありません。パスワードは盗まれることもあれば、共有されることもあります。このチュートリアルでは、2 つ目の認証要素として e-メールによって提供されるランダムな文字列を使用する方法を説明します。さらに、2 つ目の認証要素を要求するのが妥当かどうかを判断するためにアプリケーションが使用する、リスク分析のいくつかの方法についても取り上げます。
記事 2018/5/10
Data Science Experience (Watson Studio) で始めるデータ分析
Data Science Experience(DSX)とは、分析に必要なツールがまとまった環境です。この記事では、DSX を IBM Cloud から利用し、データの可視化や予測を行います。
記事 2018/5/08
IBM API Connect アセンブル作成ガイド
当資料は、IBM API Connect での過去のアセンブル実装例を参考に構成方法および考慮点をまとめたものです。API Connect V5.0.8.1 / DataPower V7.6.0.4 を前提としています。
記事 2018/5/08
スマートフォンをセンサー兼アクチュエーターに変身させる
このチュートリアルでは、Watson IoT Platform を利用して単純な IoT ソリューションを作成するために、スマートフォンをセンサーに変身させてデータの読み取りと送信を行わせる方法、さらにデータを読み取ってアクションを実行するアクチュエーターとしても機能させる方法を説明します。
記事 2018/4/26
Java EE 8 の新機能
クラウドとリアクティブ・プログラミング向けに作成された次期 Java Platform Enterprise Edition は、今後数年のうちに、エンタープライズ・アプリケーション開発を方向付けることになるでしょう。この記事では、Java エンタープライズ・セキュリティー、JSON バインディング、HTTP/2 サーバー・プッシュなどに対応するための新しい API とアップグレードについて紹介します。
記事 2018/4/26
Hyperledger Fabric 入門, 第 1 回: 基本的な構成
Hyperledger Fabric の基本的な構成について紹介します。
記事 2018/4/24
IBM Blockchain Platform にアプリケーションをデプロイする
このチュートリアルでは、IBM Blockchain Platform (Enterprise Membership Plan) 上にネットワークを作成し、そのネットワーク上のチャネル内にスマート・コントラクト (チェーンコード) をインストールして、サンプル・アプリケーションをネットワークにデプロイする方法を説明します。さらに、共有レジャーにデータを取り込む方法、レジャーに対してクエリーを実行する方法、レジャーを更新する方法も学んでください。
記事 2018/4/19
Spring Framework 5 の新機能
Spring Framework 5.0 は今後数年のうちに、開発者が Spring ベースのアプリケーションを理解して作成する方法を変えていくでしょう。Spring 5 では、そのコア構造に関数型プログラミング・モデルとリアクティブ・プログラミング・モデルを統合しています。さらに、主要な依存関係を更新し、レガシーの重荷から解放されてパフォーマンス・ブーストを達成しながらも、お馴染みの Spring Framework のルック・アンド・フィールを維持している仕組みを学んでください。
記事 2018/4/19
WebSphere Application Server V9.0へのマイグレーションガイド - WAS Liberty編 -
WebSphere Application ServerのV7.0~V8.5から最新のWAS V9.0 Libertyへのマイグレーションにあたっての注意点を解説します。
記事 2018/4/18
WebSphere Liberty をオープン化 ~ Open Liberty 事始め, 前編
この記事では前編にて Open Liberty の概要、後編にて Open Liberty を Eclipse Open J9 と 組み合わせてサンプル・アプリケーションを実際に動かす手順をご紹介いたします。
記事 2018/4/17
基本的な Apache Cassandra アーキテクチャーをセットアップする
分散型 Apache Cassandra データベースを構成してインストールする方法を学んでください。分散型 Apache Cassandra データベースは、高可用性を備え、ペタバイト規模のデータを処理することができます。また、単一障害点がなく、読み取り/書き込み処理のレイテンシーもわずかです。このような特徴を備えたデータベースは、優れたサービス・レベルのデータベース・ソリューションを目指す多くの大企業および機関で使用されています。
記事 2018/4/12
Data Science Experience 内で Watson と Spark を利用して、ソーシャル・メディアの投稿から洞察を引き出す
ビッグデータ用に最適化されたアナリティクス・ソリューションに Watson Developer Cloud のサービスを統合すると、ソーシャル・メディアの投稿からも洞察を引き出せるようになります。
記事 2018/4/12
IoT の新たなテクノロジーと既存のテクノロジーを使用してコネクテッド・シティーを構築する
交通渋滞などの都市問題の解決、そして市民の安全および生活の質の向上を図る手段を IoT に求める都市が世界中で増えてきています。この記事では、コネクテッド・シティーの詳細を探り、このように都市規模で IoT ソリューションを開発するイニシアチブに付随する課題のいくつかを取り上げて詳しく解説します。
記事 2018/4/12
PHP アプリケーションを自動的にテストして IBM Cloud にデプロイする
このチュートリアルで、無償の IBM Cloud Continuous Delivery サービスを利用して、IBM Cloud へのデプロイと GitHub コード・リポジトリーを関連付ける方法を学んでください。このチュートリアルでは、PHP アプリケーションをモニターして GitHub から IBM Cloud 開発環境にデプロイするように IBM Cloud Continuous Delivery ツールチェーンを構成するプロセスを案内します。さらに、Travis CI を統合して、GitHub コード・リポジトリー内でプル・リクエストを作成、テスト、マージできるようにする方法も説明します。
記事 2018/4/12
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 2 回: GraphQL API Explorer の使い方 #鬼わか 解説
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/4/06
IBM Domino REST API 利用ガイド
Domino サーバー上のデータベースに対して REST API でアクセスする方法についてわかりやすく解説します。
記事 2018/4/06
AI の言語
初期の自己学習型チェッカー・ゲームからクイズ番組 Jeopardy! で対戦する最近の IBM Watson まで、人工知能 (AI) はコンピューター研究での中心的なテーマとなってきました。AI の歴史、そして AI の使用法と機能を進化させてきた言語について詳しく学んでください。
記事 2018/4/05
Watson を利用するコツ: Watson Visual Recognition 内でカスタム分類子を使用するためのベスト・プラクティス
このチュートリアル・シリーズで、Watson サービスを利用する際のコツをつかんでください。
記事 2018/4/05
環境のセキュリティーをスマート・ロックで確保する, 第 1 回: インターネット接続のない環境向けのスマート・ロックを作成する
NodeMCU ボードを使用してスマート・ロックを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、ブラウザーからスマート・ロックを制御するための Web サーバーを作成する方法、そしてインターネットに接続されていないデバイスに対して使い捨てのパスワードを使用して認証を行う方法を説明します。
記事 2018/4/05
Hyperledger Composer を使用して強力なブロックチェーン・クエリーを作成する
Hyperledger Composer に組み込まれているネイティブのリッチなクエリー言語を使用すると、資産、トランザクション、その他のリソースに関する複雑かつ強力なクエリーを簡単に実行できます。それにはまず、Hyperledger Composer を使用してクエリーをモデル化し、そのクエリーをランタイム Hyperledger Fabric にデプロイします。後は、アプリケーション内で名前別にクエリーを使用すればよいだけです。さらに、Hyperledger Composer によって自動的に生成される REST API を使って、簡単にクエリーを使用することもできます。この機能がなかったとしたら、コード内でアドホック・クエリーを作成した後、返される結果を理解するのに苦労することになっていたでしょう。
記事 2018/4/05
IBM Integrated Analytics System 利用ガイド
本 Web ページは統合データ分析プラットフォームである IBM Integrated Analytics(IIAS) に関する概要情報、及び利用にあたり役に立つ情報を以下のカテゴリーで体系別にまとめています。IIAS に関する製品、ソリューションの理解や IIAS/Db2 Warehouse を実際に操作する際にご活用ください。
記事 2018/3/30
知力がつまったデータ, 第 1 回: データに十分に注意して人工知能、機械学習、コグニティブ・コンピューティングを最大限に利用する
人工知能とコグニティブ・アプリケーションの開発においてデータが果たす極めて重要な役割をしっかりと理解してください。常に明示的に認められていたわけではありませんが、AI の歴史全体を通して、データの重要性は徐々に高まってきました。その背景を理解するとともに、パターンの分析とトレーニングに使用可能なデータの品質と量がすべてを一変させる可能性がある理由を学んでください。AI は Web 上で復活を遂げていますが、AI には良質のデータ・コーパスが不可欠であるという認識は広がっていません。データ・コーパスは AI の活力源であると同時に、データ・コーパスから特定の偏見や統計の偏りという問題が取り込まれたとすると、AI は利益以上に大きな害をもたらすことになります。そのような危険を回避する方法を学んでください。各種の AI 手法におけるデータの役割と、それらの手法をサポートするデータ・セットの特性を理解することが、成功する AI アプリケーションを開発する際に優位に立つ秘訣です。
記事 2018/3/29
ビジネスブロックチェーン本格展開のためのプラットフォーム「IBM Blockchain Platform」
ビジネスでブロックチェーンを使うためのプラットフォーム「IBM Blockchain Platform」をご紹介します。
記事 2018/3/29
深層学習のアーキテクチャー
多種多様な深層学習ニューラル・ネットワークを詳しく探ってください。この記事では、RNN、LSTM/GRU ネットワーク、CNN、DBN、DSN などの深層学習アーキテクチャーについて学び、ニューラル・ネットワークを迅速かつ有効に機能させるために利用できるフレームワークを紹介します。
記事 2018/3/29
再帰型ニューラル・ネットワークの徹底調査
再帰型ニューラル・ネットワークの背後にある考え方を探り、連続するデータに対する予測を行う再帰型ニューラル・ネットワークをゼロから実装する方法を学んでください。
記事 2018/3/29
IoT アーキテクチャーによって IoT ソリューションの開発を単純化する
データ駆動型 IoT アーキテクチャーを計画する際は、この記事で説明する戦略を適用してください。これらの戦略は、開発を単純化し、複雑さに対処するのに役立ちます。さらに、IoT ソリューションのスケーラビリティー、柔軟性、堅牢性を確保する上でも効果があります。
記事 2018/3/29
IBM API Connect 課金機能 利用ガイド
当資料は IBM API Connect v5.0.7.2でリリースされた新機能の、API利用に対する課金機能について、その構成方法と考慮点をまとめたものです。API Connect v5.0.8.2を前提としています。
記事 2018/3/29
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル
この記事に、これまでに抜粋した最もよく読まれているチュートリアルのすべてを集めています。
記事 2018/3/28
IBM Power Systems 上の Hortonworks で利用できる ISV ソリューション・エコシステム
この記事では、IBM Power System 上の Linux で稼働する Hortonworks Data Platform (HDP) の機能を増補するために利用できる ISV ソリューションをリストアップします。これらのソリューションのカテゴリーは、ビジネス・インテリジェンス (ツール) から先進的なアナリティクスまで、多岐にわたります。
記事 2018/3/28
PHP、jQuery Mobile、Google ToDo リストを活用してモバイル・フレンドリーな ToDo リスト・アプリを作成する
ToDo リストを作成および管理するためのシンプルなモバイル・アプリを作成したければ、Slim PHP マイクロフレームワーク、jQuery Mobile、Google ToDo リスト API を使用すると簡単です。この記事では、私がそれを行った方法を紹介します。
記事 2018/3/28
IoT 初級編: IoT 開発を開始する
この developerWorks クイック・スタート・ガイドに従って、IoT ソリューションの開発を開始してください。「IoT 初級編」は、モノのインターネット・テクノロジーに初めて取り組むアプリケーション開発者と、迅速に開発を進めるための手段を探しているアプリケーション開発者を対象としています。
記事 2018/3/27
IoT プラットフォームを使用して IoT アプリケーションの開発を効率化する
この記事では、IoT プラットフォームの主な機能を探り、汎用の包括的 IoT プラットフォームの代表例をいくつか紹介します。IoT ソリューションを迅速に開発し、短時間で IoT データから最大限の価値を引き出すには、IoT プラットフォームを導入する必要があります。その理由を学んでください。
記事 2018/3/27
モノのインターネットの中ですべてのモノを接続する
この IoT 接続ガイドでは、IoT ネットワーキング向けに広く採用されているテクノロジーと標準を紹介し、特定のネットワーク・プロトコルを優先的に選択するほうがよいことがあるのはなぜなのかを説明します。また、IoT でのネットワーキングに関する主な考慮事項と課題についても取り上げます。
記事 2018/3/27
次の IoT プロジェクトに最適なハードウェアを選択する
この記事では、IoT で一般的に使用されているマイクロコントローラー (例えば Arduino)、シングル・ボード・コンピューター (例えば Raspberry Pi)、組み込みデバイスなどの各種のハードウェアについて、特定の機種に偏ることなく概観します。IoT のコンテキストで、ハードウェアの大まかな構成要素と主要な特性を、必要なセキュリティー機能とファームウェア機能の概要を織り交ぜて紹介するとともに、特定の IoT プロジェクト向けに開発者が特定のタイプのハードウェアを他に優先して選択することになる局面、場所、理由に関するガイダンス、そしてさまざまな業界での使用事例を説明します。
記事 2018/3/27
IBM Cloud の紹介
IBM Cloud 内でアプリケーションの開発とデプロイを開始する方法をご覧ください。Doug Tidwell が、世界中で利用できるアプリを開発してデプロイする際の基本的な手順を説明します。
記事 2018/3/26
Watson Assistant (Watson Conversation) の使い方を学ぶ
この記事ではチャットボットを開発するために必要な Watson Assistant の技術的な解説をします。最低限必要な Watson Assistant の知識を付け、この記事をベースにユニークなサービスを作りましょう。なお、今回の解説範囲にチャット画面 (LINE や Slack、独自開発の UI) との連携部分については含まれません。予めご了承ください。
チュートリアル 2018/3/23
楽しい、シンプルな IoT 加速度計ゲームを作成する
IBM クラウド内の IBM Watson IoT Platform サービスを利用して、たった 6 ステップでスマートフォン用の IoT ゲームを作成できます。
記事 2018/3/22
上位にランキングすべき結果を Watson に学習させる
関連性学習機能を使用して独自の検索データ・コレクションで Watson をトレーニングすると、ユーザーがより迅速に、質問に対する正しい回答を見つけられるようになります。このチュートリアルでは、Watson が機械学習テクノロジーを使用して、クエリー内からコーパスに適用できる特定の信号を検出する仕組みについて説明します。
記事 2018/3/22
今まで知らなかった 5 つの事項: Apache Maven のプラグイン
Maven を最大限に利用しきれていませんか?それは誰にとっても同じことです!プラグインのゴールが Maven のライフサイクルにどのように対応するのかを学んで、GitHub の Maven Site、Codehaus の Maven Cargo を含め、作成するプロジェクトを次のレベルに引き上げる 4 つのプラグインを導入してください。
記事 2018/3/22
SAS Foundation の混合ワークロードに対応する新しいソフトウェア定義型コンバージド・インフラストラクチャーの徹底調査
この記事では、SAS Foundation Mixed Analytics ワークロードをデプロイするための新しいソフトウェア定義型コンバージド・インフラストラクチャーの背景を詳しく説明します。IBM Elastic Storage Server (ESS)、IBM Spectrum Scale、IBM POWER8、および Mellanox ネットワーキング・テクノロジーを使用したこのコンバージド・インフラストラクチャーに適用されたテスト構成とテスト・シナリオ、そしてそれらのテストによるパフォーマンス結果と、結果に応じたチューニング手段を詳細に記載します。最適なパフォーマンスを達成できるよう、このインフラストラクチャーに含まれる各コンポーネントのチューニング方法ならびにソリューションのチューニング方法を学んでください。
記事 2018/3/22
IBM Watson Workspace 開発ガイド
当資料は、IBM Watson Workspace および IBM Watson Work Services における開発を始める方に向けて、開発の概要や例を簡易に紹介することを目的とします。
記事 2018/3/20
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 1 回: IBM Watson Workspace と IBM Watson Work Services #鬼わか 概要
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/3/16
Clojure を使用して OpenWhisk のアクションを作成する, 第 2 回: Clojure OpenWhisk の複数のアクションを結合して有用なシーケンスにする
全 3 回からなるチュートリアル・シリーズの第 2 回では、Clojure OpenWhisk の複数のアクションを結合してシーケンスにすることで、実際にブラウザーからリクエストを受信し、処理し、有用な結果を返すサンプル・アプリケーションに仕上げます。
記事 2018/3/15
IBM BPM SAML Web SSO 構成ガイド
当ガイドは、SAML を利用して IBM Business Process Manager (以下、BPM) との間でシングル・サインオンを行うための設定方法を整理し、特に利用の多い bookmark style SSO 方式についての設定項目や手順をガイドすることを目的としています。
記事 2018/3/15
WebSphere Liberty ランタイム Tips 集
WebSphere Application Server Liberty の構成に関する Hints & Tips集です。
記事 2018/3/15
Java 8 のイディオム: 完璧なラムダ式がたった 1 行である理由
ラムダ式を短く簡潔に作成できれば、関数型スタイルのプログラミングがもたらす主なメリットの 1 つである、コードの可読性を高めることになります。読みにくく、複数行にわたるラムダ式は、読んで理解しにくいだけでなく、テストするにも再利用するにも難しいことから、重複する作業を繰り返したり、コードの品質を低下させたりする原因となりがちです。今回のチュートリアルで、理解しやすく、テストしやすく、再利用しやすいコードにするために、単一行のラムダ式を作成する方法を学んでください。
記事 2018/3/15
Clojure を使用して OpenWhisk のアクションを作成する, 第 1 回: Lisp ダイアレクトを使用して OpenWhisk のわかりやすく簡潔なコードを作成する
このチュートリアルでは、Lisp ベースの関数型プログラミグ言語 Clojure を使用して、OpenWhisk のアクションを作成する方法を説明します。Clojure では、JavaScript で作成されたアクションよりもわかりやすく、簡潔なアクションを作成することができます。副次効果に依存しないプログラミングを促す関数型プログラミングは、FaaS (Function as a Service) にはぴったりのパラダイムです。コードのさまざまな部分を異なるアクションに組み込むことによって、コードが細分化されたモジュールになり、保守しやすくなります。
記事 2018/3/15
IBM Cloud Private アナウンスメントセミナー資料 (2017/12/6 開催)
2017年12月6日に開催された「IBM Cloud Private アナウンスメントセミナー」の資料です。
記事 2018/3/15
IBM MQ セキュリティ
当資料では MQv7.1 で追加されたチャネル・セキュリティ、および、MQv8 で追加された接続セキュリティ機能を解説しています。
記事 2018/3/15
Java 8 のイディオム: 関数型インターフェース
Java 8 では、ラムダ式が関数型インターフェースの型として扱われています。この記事では、この設計上の意思決定が Java 言語の古いバージョンとの後方互換性をサポートする仕組みを説明した後、Java プログラム内でのカスタム関数型インターフェースと組み込み関数型インターフェースの両方の例を見ていきます。カスタム・インターフェースを使うのが当然のように思える場合でも、通常は、組み込みインターフェースを使用するのが最善の結果となる理由を理解してください。
記事 2018/3/15
Docker Registry を Raspberry Pi 上のプルスルー型キャッシュとしてセットアップする
低速のインターネット接続で、複数のユーザーが Docker イメージをダウンロードして作業しているとしたら、Docker Registry を Raspberry Pi 上のキャッシュとして使用することをお勧めします。こうすることによって、Docker を使用する際の時間と帯域幅の節約が可能になります。Raspberry Pi は持ち運びできて、値段が手頃で、しかも消費電力がごくわずかという、卓越したコンピューターです。このチュートリアルで説明するソリューションを作成すると、イメージをダウンロードするたびにイメージが Pi 上でキャッシュされて、以降のすべてのリクエストでは、ローカル・キャッシュから同じイメージが配信されるようになります。
記事 2018/3/08
IBM Cloud Continuous Delivery の紹介, パート 1: 単純なアプリをデプロイして更新する
IBM Cloud と IBM Cloud Continuous Delivery を紹介するこのシリーズで、これらの製品を利用して、時間の無駄をなくす方法を発見してください。このシリーズでは、単純なアプリケーションを迅速かつ簡単にデプロイする方法、IBM Cloud サービスを使用するアプリをデプロイする方法、および新しい IBM Cloud サービスを利用するためのコードを作成する方法を説明します。セットアップ不要の Web IDE を試し、アジャイルな計画ツールを使用する方法を学ぶこともできます。このシリーズのサンプルに取り組むことで一連の知識を得られるだけでなく、おまけとして、オンライン・ストアで商品の価格を自動的にチェックしてくれるアプリケーションを手に入れることができます。このアプリケーションがあれば、お気に入りの商品がセールに出されているかどうかを確かめるために Web を見て回る必要がなくなります!
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 1 回: Docker 内で Minecraft サーバーを実行する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。 第 1 回では、Minecraft および Docker の開発環境をローカルに構築するとともに、Minecraft 用のカスタム・サーバーを構築する上での Docker の強力さを確かめます。さらに、ローカルにホストされた独自のサーバー上で実際に Minecraft をプレイし始めます!
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 3 回: Kubernetes 内で Spigot サーバーを稼働させる
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。この第 3 回では、第 2 回で作成したプラグインを次の段階に進めるために、Web 上の IBM Cloud 内でプラグインが動作するようにします。
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 2 回: Docker と Eclipse を使って Minecraft 用のプラグインを作成する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成したプラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 2 回では、Eclipse でローカル開発環境を構築してから、独自のサーバー・サイド Minecraft プラグインを開発、作成して、そのプラグインをローカル Docker イメージにエクスポートします。
記事 2018/3/08
IBM Blueworks Live REST API を活用する, 第 4 回: Blueworks Live REST API を利用して Java アプリケーションを作成する
Blueworks Live REST API に関するこのシリーズの第 4 回では、REST API 呼び出しの結果を Java™ アプリケーションで処理する方法を説明します。
記事 2018/3/01
1 - 6837 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示