製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(190 製品)

(523 トピック)

(8 インダストリー)

(4 種類)

1 - 6808 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Java の API 設計手法
Java API を設計するときに適用すべき、いくつかの API 設計手法について把握してください。これらの手法は概して、モジュール式環境で適切に使用できる API を設計するのに役立ちます。
記事 2019/2/21
Db2 Docker コンテナーを構築してデプロイする際の考慮事項
このチュートリアルでは、IBM Db2 for Linux, UNIX and Windows を Docker コンテナー内にデプロイする際の考慮事項について説明します。
記事 2019/2/21
IBM App Connect Enterprise V11 アップデートセミナー
2018年12月に開催しましたApp Connect Enterprise V11アップデートワークショップの資料を公開します。 App Connect EnterpriseはIBM Integration Busの後継製品となるIBMの戦略的なアプリケーション統合製品です。 V11となりDockerとの親和性の向上やクラウド・サービスとの連携が大幅に強化されました。
記事 2019/2/15
IBM MQ V9.1 アップデート・セミナー
2018年12月に開催されましたIBM MQ V9.1アップデート・セミナーの資料です。
記事 2019/2/15
知らないかもしれない Cloud Foundry に関する 5 つの事実
Cloud Foundry を初めて導入する際は、Cloud Foundry が PaaS としてどのように採用されているか、その現状を把握してください。この記事では、現在のコンテナー・プラットフォームに関する全体像の中で見落とされがちな Cloud Foundry に関するいくつかの重要な事実を明らかにします。
記事 2019/2/14
軽量のアジャイル統合アーキテクチャーへの移行
アジャイル統合アーキテクチャーにおけるマイクロサービスの利点を探ります。
記事 2019/2/14
WebSphere Liberty ランタイム Tips 集
WebSphere Application Server Liberty の構成に関する Hints & Tips集です。
記事 2019/2/14
Hyperledger Fabric 入門, 第 4 回: Membership Service Provider
第 4 回は Hyperledger Fabric の MSP (Membership Service Provider) について紹介します。
記事 2019/2/12
連載 Domino V10 アプリ開発 #鬼わか 解説: 第 3 回「Node.js を導入してサンプルアプリを動かしてみよう #鬼わか 解説」
連載 「Domino V10 アプリ開発 #鬼わか 解説」のページにアクセスいただき、ありがとうございます。本連載では 2018年10月10日に発表された IBM Notes/Domino 待望の新バージョン「IBM Notes/Domino V10」上でのアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。
記事 2019/2/12
マイクロサービスとコンテナーを併用すべき理由
いくつかの難点はあるとは言え、マイクロサービスはアプリケーションとそのユーザーの需要に対して大きなメリットをもたらすことから、開発者や企業の間で揺るぎない評判を維持しています。適切なレベルのマイクロサービスを確立しさえすれば、開発者と企業はその柔軟性を利用して、アプリケーションの開発や更新を迅速化することができます。この記事では、マイクロサービスとコンテナーが連動する仕組みについて説明します。
記事 2019/2/07
保護されたコンピューティングを IBM Power Architecture 上でサポートする
セキュリティーの影響を受けやすいアプリケーションに関する懸念に対処する。
記事 2019/2/07
Hyperledger Fabric 入門, 第 2 回: Peer/チャネル/Endorsement Policy の解説
今回は第 1 回でも取り上げた Peer について詳しく紹介します。また Peer と関係性のあるチャネル、Endorsement Policy についてもあわせて紹介します。
記事 2019/2/07
Kubernetes ベースのアプリケーションを対象とした継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) セキュア・コンテナー・イメージ・パイプラインを実装する上での IBM のベスト・プラクティス
この記事では、Kubernetes ベースのアプリケーションを対象とした継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) セキュア・コンテナー・イメージ・パイプラインを実装する上での IBM のベスト・プラクティスを紹介します。
記事 2019/1/31
Lightbend Reactive Platform を導入する
Chirper を IBM Cloud Private にデプロイしてください。
記事 2019/1/31
Linux on Power への移植: 妥当な移植結果を最良の移植結果に変えるための 5 つのヒント
Linux on x86 から Linux on Power に移植するのは通常は簡単なことです。けれども開発者は、コンパイル、リンク、またはランタイムのエラーやパフォーマンスの問題を顕著にする可能性のある、この 2 つの間の違いを認識しておく必要があります。この記事では、こうした違いをリストアップし、修正、改善、対処する際の手法を説明します。Linux on x86 と Linux on Power の間の違いとその軽減手法を認識しておくと、可能な限り短時間で、移植作業から最良の結果を出せるようになります。
記事 2019/1/24
Python でのオンデマンド・データ, 第 2 回: itertools のマジック
これまで常に、Python は「バッテリー同梱」をモットーとしてきました。このモットーは包括的な標準ライブラリーを強調する表現です。標準ライブラリーのモジュールの間では固く守られている秘伝は数多くあります。知名度はあまり高くありませんが、itertools もそのようなモジュールの 1 つです。このモジュールがそれほどよく知られていない理由の 1 つにイテレーターとジェネレーターが周知されていないことがありますが、itertools を利用しない手はありません。itertools や関連するモジュール (functools、operators など) に含まれているルーチンを使用すれば、開発者がビッグデータ演算子を開発する時間を大幅に節約できるからです。数々の例から、最もよく使われている MapReduce スタイルのデータ・サイエンス・タスクに itertools を使用して対処する方法を学んでください。
記事 2019/1/24
Python でのオンデマンド・データ, 第 1 回: Python のイテレーターとジェネレーター
Python でのデータ処理について最も古くから知られている方法は、データをリストや辞書などのデータ構造に組み立てて処理することです。こうした手法が功を奏するケースは数多くある一方で、膨大な量のデータを扱う際、この手法は大きな問題の原因となります。それは、コードの処理速度が痛々しいほど遅かったり、メモリーが枯渇したりするという問題です。この問題に対処するには、ジェネレーターとイテレーターが役立ちます。この 2 つの手法が Python で使われてから長い時間が経ちましたが、それほど十分には理解されていません。ジェネレーターとイテレーターと適切に使用すれば、ハードウェアに多大な投資をすることなくタスクを完了できるまでのサイズにビッグデータを縮小することができます。
記事 2019/1/24
Python でのオンデマンド・データ, 第 3 回: コルーチンと asyncio
最近のビッグデータ・アプリケーション内で使用されるデータのほとんどは、Web またはデータベースから取り込まれます。したがって、ビッグデータ・アプリケーションを開発する際は、Web とデータベース全体にわたって大規模にビッグデータを処理するコードを作成する必要がありますが、処理中にすべてのタスクが停止するようなことがあってはなりません。Python 3 では、この問題を軽減する連携マルチタスキング・システムが導入されています。このシステムで使用しているのが、非同期コルーチンです。非同期コルーチンは、ジェネレーターと同様の概念に基づいています。つまり、中断および再開できる特殊な関数から作成されるオブジェクトであることから、複雑で非効率的な処理を複数の単純なタスクに分割できます。これらのタスクが連携することで、CPU と入力/出力との間のトレードオフが最大限になります。わかりやすい一連の例に従って、非同期コルーチンの核心となる手法について学んでください。
記事 2019/1/24
連載 Domino V10 アプリ開発 #鬼わか 解説: 第 2 回「IBM Domino V10 AppDev Pack を導入してみよう #鬼わか 解説」
連載 「Domino V10 アプリ開発 #鬼わか 解説」のページにアクセスいただき、ありがとうございます。本連載では 2018年10月10日に発表された IBM Notes/Domino 待望の新バージョン「IBM Notes/Domino V10」上でのアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。
記事 2019/1/18
IBM Blockchain Platform スターター・プランにサンプル・アプリケーションをデプロイする
のチュートリアルでは、IBM Blockchain Platform 上にネットワークを作成するところから、スマート・コントラクト (チェーンコード) をインストールし、サンプル・アプリケーションを実行してチェーンコードを呼び出すまでの手順を説明します。説明には共有レジャーにデータを取り込んで、レジャーとやり取りするためにローカルのクライアント・アプリケーションからレジャーを呼び出し、クエリーを実行してレジャーを更新する方法も含まれています。
チュートリアル 2019/1/17
再帰的プログラミングをマスターする
命令型言語の開発者が再帰を使用することはそれほどありません。それは、処理に時間がかかり、スペースを無駄にすると思われているからです。けれども、この記事の著者が明らかにするように、処理時間とスペースの問題を最小限に抑えるか、あるいは完全に解消するために使用できる手法がいくつかあります。この記事では、再帰の概念を紹介し、再帰的プログラミング・パターンに取り組んで、実証可能な正しいプログラムを作成するためにそれらのパターンを使用する方法を調べます。この記事に記載するサンプルは、Scheme と C で作成されています。
記事 2019/1/17
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.x および CentOS 7.x に含まれる tuned デーモンのプロファイル
tuned デーモンの throughput-performance プロファイルと balanced プロファイルとの違い
記事 2019/1/17
Hyperledger Fabric 入門, 第 6 回: Hyperledger Fabric v1.4 のプログラミングモデル
第 6 回は Hyperledger Fabric v1.4 で実装されたプログラミングモデルについて紹介します。
記事 2019/1/15
MicroProfile 開発ガイド
マイクロサービスをJavaで開発するための標準仕様であるMicroProfileを利用してマイクロサービスを開発する開発者向けに、MicroProfileの各機能の概要およびAPI、サンプルコード等について解説を行うガイドです。
記事 2019/1/11
Jakarta EE と MicroProfile
オープン Java テクノロジーを使用してクラウド・ネイティブのアプリケーションを作成、デプロイする。
記事 2019/1/10
IBM Power Systems 上で稼働する Hortonworks Data Platform (HDP) に統合された Qlik Sense
Qlik Sense は、データを検出して視覚化できるビジネス・インテリジェンス・ツールです。Qlik Sense では、Hadoop 環境をデータ・ソースとしてサポートしています。この記事では、IBM POWER8 上の Hortonworks Data Platform (HDP) に Qlik Sense を統合して HDP 内のデータの視覚化に使用するために、Qlik Sense をテストした方法を詳しく説明します。
記事 2019/1/10
IBM Power Systems 上で稼働する場合の Scylla のパフォーマンス
Scylla は、Apache Cassandra との互換性を備えたオープンソースの NoSQL データベースです。スケーラビリティーやパフォーマンスという重要な点で、Scylla は Cassandra よりも優れています。IBM POWER8 プロセッサー・ベースのサーバーを使用して Scylla をテストしたところ、データベースの読み取り処理と書き込み処理の両方で、卓越したスループットを発揮しました。この記事では、IBM POWER プロセッサー・ベースのサーバーを使用して行ったテスト、そのパフォーマンス結果、そして IBM POWER プロセッサー・ベースのサーバーで Scylla を実行する価値について説明します。
記事 2019/1/10
IBM iNotes 9.0 - IBM Sametime 9.0 限定利用版 連携 導入ガイド (Windows 版)
当資料は、IBM iNotesクライアント用に「IBM Sametime 9.0 限定利用版 (Limited Use)」を構築するための手順です。構築が完了すると、IBM iNotes 9.0 のユーザーは在席表示機能およびチャット機能を利用できるようになります。
記事 2019/1/09
Eclipse OpenJ9 内のクラス共有
Java 仮想マシン (JVM) の重要なパフォーマンス・メトリックとしてはメモリー・フットプリントと起動時間の 2 つが挙げられますが、クラウド環境では特に、メモリー・フットプリントが非常に重要となります。クラウド環境内では、アプリケーションが使用した分のメモリーに対して料金が発生するためです。このチュートリアルで、Eclipse OpenJ9 内のクラス共有機能を使用して、メモリー・フットプリントを削減するとともに、JVM の起動時間を短縮する方法を学んでください。
記事 2018/12/27
#TryIBMDev: ニュースを検索してトレンドを分析するコグニティブ Bot (Slack 版) を構築する
「すらすらトレンドニュース」は、IBM Cloud で提供される Watson Discovery News サービスを活用し、ニュース記事とブログを追加して継続的に更新される最新のニュースを検索してトレンドの傾向を検出する独自のニュース Bot です。
記事 2018/12/27
#TryIBMDev: ニュースを検索してトレンドを分析するコグニティブ Bot (Slack 版) を構築する
「すらすらトレンドニュース」は、IBM Cloud で提供される Watson Discovery News サービスを活用し、ニュース記事とブログを追加して継続的に更新される最新のニュースを検索してトレンドの傾向を検出する独自のニュース Bot です。
記事 2018/12/27
Cloudant 内でのクエリーを最適化する
Cloudant NoSQL DB を運用する際にクエリーを最適化する方法と、この取り組みにまつわる経験について、さまざまな開発者から集めた洞察を、この記事にまとめます。この記事に記載する情報は、適用する各シナリオに最も適したクエリーについて理解を深め、アプリケーションに提供するデータ・クエリー・サービスの効率を最大限に高める上で役立つはずです。
記事 2018/12/27
流行語の真相: マイクロサービスのパターンの略歴
商用アプリケーションの開発をめぐって最新の話題となっているのは間違いなく、マイクロサービスです。マイクロサービスという新しい流行語がアジャイル、DevOps、RESTful といった以前の流行語に取って代わり、履歴書やカンファレンスで欠かせないトピックとなっています。けれども、マイクロサービスは単なる流行語でも、一過性のブームでもありません。実際のところ、マイクロサービスはその由来となっている概念のすべてを集結させた進化であり、アプリケーション開発における長年の問題の多くを切り抜ける手法となる可能性を見せ始めています。
記事 2018/12/27
連載 Domino V10 アプリ開発 #鬼わか 解説: 第 1 回「IBM Domino V10 を CentOS 7 にインストールしてみよう #鬼わか 解説」
連載 「Domino V10 アプリ開発 #鬼わか 解説」のページにアクセスいただき、ありがとうございます。本連載では 2018年10月10日に発表された IBM Notes/Domino 待望の新バージョン「IBM Notes/Domino V10」上でのアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。
記事 2018/12/26
楽しい、シンプルな IoT 加速度計ゲームを作成する
IBM クラウド内の IBM Watson IoT Platform サービスを利用して、たった 6 ステップでスマートフォン用の IoT ゲームを作成できます。
記事 2018/12/26
IBM Cloud Secure Gateway を利用して Docker コンテナーをエンタープライズ・サービスに接続する
IBM Cloud Secure Gateway は、バックエンド・エンタープライズ・サービスを IBM Cloud アプリに対してセキュアに公開するための柔軟な手段を提供します。IBM Cloud のユーザー・インターフェースを使えば、Secure Gateway を作成するのは比較的簡単です。しかし、このゲートウェイがセキュアであることを確実にしてから利用するには、追加のステップが必要になります。このチュートリアルでは、Secure Gateway を構成する方法、宛先をローカル・エンタープライズ・サービスに設定して追加する方法、Docker コンテナーを利用して企業からの接続を確立する方法、そしてアプリからこのエンタープライズ・サービスにアクセスする方法を紹介します。
チュートリアル 2018/12/26
ブロックチェーンの基礎: 分散型レジャー入門
ブロックチェーン・テクノロジーが組織や機関の取引業務の方法をどのように一変させるようになるのか、その行く末について盛んに予測が行われています。ブロックチェーン・ネットワークの仕組み、ブロックチェーン・ネットワークを利用する方法、そして IBM がこのテクノロジーの進歩に貢献している取り組みについて見ていきましょう。
記事 2018/12/26
IBM Cloud の Node.js アプリケーション用に多要素認証を構成する
パスワードは完全なセキュリティー・ソリューションではありません。パスワードは盗まれることもあれば、共有されることもあります。このチュートリアルでは、2 つ目の認証要素として e-メールによって提供されるランダムな文字列を使用する方法を説明します。さらに、2 つ目の認証要素を要求するのが妥当かどうかを判断するためにアプリケーションが使用する、リスク分析のいくつかの方法についても取り上げます。
記事 2018/12/26
Hyperledger Composer の基礎, パート 1: ブロックチェーン・ネットワークをモデル化してテストする
Hyperledger Composer は、迅速にブロックチェーン・ビジネス・ネットワークを構築してブロックチェーン・アプリケーションのプロトタイプを作成するためのツールです。このチュートリアルに従って、Hyperledger Composer を使い始めてください。
記事 2018/12/25
#TryIBMDev: Watson 翻訳・感情分析を使ったアプリケーションを Kubernetes で動かそう!
「スナップ英訳くん」は文字の画像をアップロードするとその画像から文字を抽出し、抽出した文章、その文章の英訳、その文章の感情分析結果を表示してくれるアプリケーションです。スマートフォンでアプリケーションにアクセスすれば、写真をその場で撮影して、アップロードすることが可能です。
記事 2018/12/25
スパムを識別する自然言語分類子を作成する
Watson Natural Language Classifier は、IBM Cloud 上の IBM Watson コグニティブ・サービス・プラットフォームの一部です。このチュートリアルでは、IBM Cloud 上で Watson Natural Language Classifier を利用して、スパム分類サービスを作成し、このサービスをトレーニングして、その精度をテストします。
記事 2018/12/25
IBM Power Systems 上の Hortonworks で利用できる ISV ソリューション・エコシステム
この記事では、IBM Power System 上の Linux で稼働する Hortonworks Data Platform (HDP) の機能を増補するために利用できる ISV ソリューションをリストアップします。これらのソリューションのカテゴリーは、ビジネス・インテリジェンス (ツール) から先進的なアナリティクスまで、多岐にわたります。
記事 2018/12/25
エッジ上の IoT, 第 3 回: クラウド・アナリティクスとダッシュボード・アプリを IoT ソリューションに統合する
このシリーズの第 1 回で、干し草を貯蔵する納屋の湿度と温度をモニタリングして、危険な状態を識別する方法を説明しました。また、センサーの温度と湿度の測定値を NodeMCU デバイスから IBM Watson IoT Platform に取り込む方法についても説明しました。今回の記事では、これらの測定値をデータベース内に保存する方法、IoT ダッシュボード内で測定値を表示する方法、そしてアラートを生成する方法を説明します。
記事 2018/12/20
IBM Watson Assistant と Apache Solr を利用して自然な形の e-コマース商品検索を実現する
買い物客が最も自然な手段として音声で商品を検索できるよう、Watson Assistant チャットボットに Apache Solr エンタープライズ検索プラットフォームを接続して、チャットボットの会話能力を商品検索に利用してください。
記事 2018/12/20
ブロックチェーンの基礎: Hyperledger Fabric と Hyperledger Composer
名前は似ていても、その違いを知ることが、ブロックチェーン開発を開始する際の重要な鍵となります。ヒント: 一方は優れた開発ツール、もう一方はビジネス・ブロックチェーン・ネットワークの強力なエンジンです。この両方を活用する方法を学んでください。
記事 2018/12/20
単元 23: クラウド内の Java
Java プラットフォームと Java 言語の構造、構文、プログラミング・パラダイムについて学んでください。まずは、Java プラットフォーム上でのオブジェクト指向プログラミングの基本を習得するところから始めてください。基本を習得した後は、複雑な実世界の Java アプリケーションを開発するために必要な、より高度な構文とライブラリーを徐々に学んでいくことができます。
チュートリアル 2018/12/13
Kafka の紹介
分散メッセージングやストリーミング・データに最もよく使われているプラットフォームの 1 つを紹介します。
記事 2018/12/13
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 8 回: IBM Watson Workspace で AI を利用したアプリ連携の実現 #鬼わか 解説(後編)
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/12/13
#TryIBMDev: らくらくトランスクライバー グローバル企業や政府が採用する Drupal に Watson 機能を追加し、スケーラブルに構築する
今回は、IBM Code Patterns で公開されている「Drupal 駆動の Web サイトを Kubernetes 上で実行する」に加えて Tips や追加機能の実装方法を交えてご紹介させていただきます。
記事 2018/12/07
Android 開発入門
Android は Linux オペレーティング・システムをベースとした、よく使われているコンピューティング・プラットフォームです。最初の商用版 Android は、携帯電話向けプラットフォームという形で 2008 年に市場に登場しました。その当時、ビジネス・ユーザー用の携帯電話として最もよく使われていたのは BlackBerry ですが、その一方で、あらゆるセクターにわたって iPhone が大きな話題になり始めていました。また、当時はまだ、携帯電話ユーザーのほとんどが折り畳み式携帯電話を使用してテキストを入力していました。
記事 2018/12/06
Hyperledger Composer Playground を使用して選挙用アプリケーションのプロトタイプを作成する
このチュートリアルでは、Hyperledger Composer ベースの選挙用アプリケーションを簡単に作成する方法、そして Composer Playground を使用してローカルでアプリケーションをテストする方法を説明します。
記事 2018/12/06
Hyperledger Fabric で CouchDB のインデックスを設定し、高速な検索を実現する
Hyperledger Fabric ではステート DB として CouchDB を使用することができ、格納した JSON データに対して多彩な検索を行うことができます。しかし、検索性能を上げるためにはインデックスを適切に設定する必要があります。本稿では、Hyperledger Fabric SDK for Node.js を用いてチェーンコードをインストールする際に、インデックスを設定する方法について説明します。また、インデックスが適切に設定されたか確認する方法についても紹介します。
記事 2018/12/06
Servlet 4.0 を導入する
Servlet 4.0 は HTTP/2 のサーバー・プッシュ・テクノロジーを完全に統合しているだけでなく、サーブレットのマッピング URL のランタイム・ディスカバリーにも対応しています。このハンズオン・チュートリアルでは動画のデモを盛り込み、サンプル・コードを記載して、Java サーブレットと JSF アプリケーション内で HTTP/2 サーバー・プッシュと新しい HttpServletMapping インターフェースを使い始められるよう手引きします。
記事 2018/12/06
#TryIBMDev: バックエンド処理をサーバレスで処理する Watson 画像認識 デスクトップアプリを作成する
IBM Code Patterns の「Run serverless functions with image recognition」をもとに、Watson Visual Recognition を使用した「画像認識 in 11 言語 デスクトップアプリ」を作成しました。 画像をアップロードするとその認識結果を 11 言語から選択した言語で表示してくれます。バックエンドはサーバレスで動いています。
記事 2018/12/05
データ・サイエンス入門, 第 4 回: データ・サイエンスの言語
C、Python、Fortran をはじめ、データ・サイエンスを目的としたプログラミングとアプリケーション向けに開発されて最もよく使われている言語について詳しく説明します。
記事 2018/11/29
IoT 開発から学んだ教訓: 初めての DIY IoT プロジェクトから学んだ教訓
ホーム・オートメーション・システムを (ゼロから) 開発して学んだ教訓を紹介します。これらの教訓を読んで、時間、お金、労力を節約する参考にしてください。
記事 2018/11/29
IBM ブロックチェーンの基礎: 開発者向けクイック・スタート・ガイド
ブロックチェーン革命に参加してください!この developerWorks クイック・スタート・ガイドで対象としている読者は、現在ブロックチェーン・テクノロジーについて調べていて、迅速に本番前のブロックチェーン・ネットワークを開始してサンプル・アプリケーションをデプロイし、クライアント・アプリケーションを開発してデプロイしたいと思っているアプリケーション開発者です。このガイドの単純な手順に従えば、最新の Hyperledger Fabric フレームワークをベースにブロックチェーン・ネットワークをアクティブ化し、チェーン・コード (ブロックチェーン・ネットワーク用のビジネス・ロジック) を作成してインストールし、ビジネス・プロセスとデジタル・インタラクションを効率化するクライアント・アプリケーションを作成できます。
記事 2018/11/29
レーザーカットによるボール紙ロボットの製作
最近、ホームセンター、ものづくりを支援する施設や大学などで、広くレーザーカッター /レーザー加工機をレンタルすることができますので、公開されているデータを利用してボール紙をレーザーカットすることで比較的簡単に作ることができます。近くにある施設を探し、デザインファイルと用紙を持ち込んでまずは型紙をカットしてください。運よくイベントなどでカットずみのボール紙を入手した方もいらっしゃるかもしれません。その場合はこの項目はスキップしてください。
記事 2018/11/23
Rust 入門ガイド: Rust 言語でのコーディングを開始する
新しいプログラミング言語を習得する近道は、お馴染みの古いゲームを作成することです。このチュートリアルで、単純な三目並べのゲームを作成する手順を通して Rust の使い方を学んでください。
記事 2018/11/22
Rust 入門ガイド: Rust の紹介
このチュートリアルでは、Mozilla Rust を紹介します。Rust は安全な静的型付け型コンパイル言語です。
記事 2018/11/22
Hyperledger Fabric 入門, 第 5 回: チェーンコードの書き方
第 5 回は Hyperledger Fabric のチェーンコードの実装方法について紹介します。
記事 2018/11/22
IBM Cloud を利用して、プロジェクトに費やした時間を追跡する, 第 1 回: IBM Cloud、PHP、MySQL を使用してカスタム Web アプリケーションを作成する
この全 2 回からなるシリーズでは、開発者が顧客のプロジェクトに費やした時間を記録するために使用できる、ブラウザー・ベースの時間追跡ツールを作成する方法を紹介します。このツールは、IBM Cloud サービスを利用してアプリケーションとそのデータをホストし、アプリケーションのロジックには Slim PHP マイクロフレームワークを使用します。第 1 回では基本をおさえるために、クラウド・ベースのデータベース・インスタンスを初期化してローカル PHP アプリケーションに接続する方法を説明します。また、Slim フレームワークを使用して、クラウド・データベース・インスタンス上でレコードを追加および変更する方法も説明します。
記事 2018/11/15
IBM Cloud を利用して、プロジェクトに費やした時間を追跡する, 第 2 回: 時間追跡アプリに、プロジェクトごとに費やした時間を記録する機能を追加する
この全 2 回からなるシリーズでは、開発者が顧客のプロジェクトに費やした時間を記録するために使用できる、ブラウザー・ベースの時間追跡ツールを作成する方法を紹介します。このツールは、IBM Cloud サービスを利用してアプリケーションとそのデータをホストし、アプリケーションのロジックには Slim PHP マイクロフレームワークを使用します。第 2 回ではこのアプリケーションに、プロジェクトごとに費やした時間を記録する機能を追加する方法を説明します。時間のエントリーを取得して集計し、プロジェクトごとの労働時間数のレポートを生成します。このレポートは、オンラインで表示できるだけでなく、さらに処理できるよう、構造化形式でダウンロードできるようにもします。最後に、アプリケーションをインターネット上のクラウド内で常に使用できるようにするために、IBM Cloud にアプリケーションをアップロードしてデプロイする手順を紹介します。
記事 2018/11/15
#TryIBMDev: バックエンド処理をサーバーサイド Swift の Kitura と Kubernetes でデプロイし、ショップで使える会員アプリ(iOS 版)を作る
名前は「しょっぷあっぷセブン」。いわゆるショップの会員アプリです。 Swift で書かれた簡単なステップトラッカー iOS アプリケーションをもとに作成します。ユーザーに対し、ポイントの保有数を確認でき、ポイントに応じて買い物ができる、といった良くあるユースケースを想定しているアプリです。iOS アプリのバックエンドは、3つのシンプルな Kitura マイクロサービスを、コンテナオーケストレーションプラットフォームである Kubernetes にデプロイします。
記事 2018/11/14
IBM Datacap insight Edition DTE チュートリアル
当記事は、IBM Datacap Insight Edition製品用のIBM Trade Finance(貿易金融)アセットを使用して、非定型帳票のOCR処理について実際に触れて操作感を体験する手順書です。複数の非定型のインボイスを認識して分類し、所定の項目をOCR処理で抜き出します。アノテーションの追加で抜き出す項目を追加したり、タイトルのキーワード追加で、分類する文書を増やす操作を実施します。
記事 2018/11/12
IBM RPA with Automation Anywhere V10 DTE チュートリアル
IBM RPA with Automation Anywhere は、IBM Business Automation Workflow Express または Digital Business Automation Express と、Automation Anywhere 社の Automation Anywhere Enterprise を同梱した製品です。
記事 2018/11/12
セキュリティーと IoT エコシステム
システムの設計と開発において結果論となりがちですが、セキュリティーは製品のライフサイクル全体を通して考慮しなければならない要素です。エクスプロイト件数が急増している分野としては、急成長を続けているモノのインターネット (IoT) 市場が挙げられます。この記事では、IoT のコンテキストによる一連のセキュリティーについて、アクセス・セキュリティー (認証)、データ・セキュリティー (暗号化)、セキュリティー・アナリティクス (ポリシー・ベース制御) を含め、詳しく探っていきます。
記事 2018/11/08
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 7 回: IBM Watson Workspace で AI を利用したアプリ連携の実現 #鬼わか 解説(前編)
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/11/07
Db2 11.1 速習講座(ハンズオン付き)
Db2 11.1の機能をご紹介する講義資料&ハンズオン資料です。既にデータベース製品のスキルをお持ちの方を対象に、ハンズオンで体感いただきながら速習する内容です。
記事 2018/11/02
IoT ソリューションのガバナンス, 第 3 回: IoT データを管理する
チームが複雑な IoT ソリューションの計画と実装に伴う課題に対処するためにチームに必要となるのは、ガバナンス・モデルです。このシリーズでは、ガバナンス手法の定義から IoT デバイスと IoT データの管理に至るまで、IoT ソリューションのガバナンスへの取り組み方を包括的に説明します。シリーズの第 3 回では、利害関係者が IoT データを正しく安全に使用して IoT データから最大の価値を得られるようにする、完全なデータ・ガバナンス・メカニズムを定義します。さらに、IoT データをそのライフサイクル全体を通して管理しなければならないのはなぜなのかについても説明します。
記事 2018/11/01
App ID を利用して、Node.js クラウド・アプリケーションのシングル・サインオンをスケーリングする
このチュートリアルでは、App ID サービスを利用する際にスケーラブルな Node.js アプリケーションを実装する方法を学びます。この App ID という IBM Cloud サービスを利用すれば、モバイルおよび Web アプリに認証機能を追加して、IBM Cloud 上で実行中の API とバックエンドをセキュリティーで保護することができます。App ID では、スケーラブルなユーザー・レジストリーを使用して e-メール/パスワードで認証を行うことも、ユーザーが各自の Facebook または Google の資格情報を使用してサインインできるよう、ソーシャル・ログインを追加することもできます。App ID を使用すると、ユーザー・プロファイル情報をホストして、その情報を使って魅力あるエクスペリエンスを創り出すことも可能です。
記事 2018/11/01
人工知能を使用してパターンを組み上げる, 第 2 回: 多様な実用的アプリケーションにおける単語分析と n グラム
このチュートリアルでは、n グラムの文字列の概念を踏まえ、単語の n グラムとそこから導出できる単語の統計について調べます。n グラムの出現回数グラフを生成する方法を学んでください。今回は、汎用の言語モデル化タスクに適した濃密で大規模な英語のテキストのソースとして、American National Corpus を探索します。
記事 2018/10/25
人工知能を使用してパターンを組み上げる, 第 3 回: マルコフ連鎖を使用して、文字の相関行列と n グラムを基にテキストを生成する
このシリーズではこれまで、自然言語テキスト・モデルに含まれている文字の相関関係と単語の相関関係の統計を集める方法について学んできました。今回は、学んだ知識を実践に移し、コンピューターに自力でテキストを生成させます。n グラムを完成させるためにランダムに生成された状態遷移に基づいて、文字列または単語のシーケンスを組み立てるプログラムを作成する方法を学んでください。
記事 2018/10/25
IBM Domino Applications on Cloud トライアル環境 初期設定ガイド
本資料は、IBM Domino Applications on Cloud トライアル環境の初期設定手順を説明したものです。
記事 2018/10/22
Java EE 8 Security API 入門, 第 3 回: IdentityStore を使用してユーザー資格情報へのアクセスをセキュリティーで保護する
新たに導入された IdentityStore インターフェースを使用して、Java Web アプリケーション内で RDBMS または LDAP アイデンティティー・ストレージをセットアップして構成する方法を学んでください。
記事 2018/10/18
Java EE 8 Security API 入門, 第 4 回: SecurityContext を使用して呼び出し側のデータを調査する
Java EE Security API について解説するシリーズの最終回では、SecurityContext API を紹介します。この API を使用すると、サーブレット・コンテナーと EJB コンテナーとで一貫した方法によって、呼び出し側のデータを調査できます。SecurityContext で HttpAuthenticationMechanism の宣言型機能を拡張する方法を確認してから、サーブレット・コンテナーを例に、この API を使用して呼び出し側のデータを調査する方法を説明します。
記事 2018/10/18
Hyperledger Fabric がブロックチェーン・ネットワークにもたらす上位 6 つの技術的メリット
ブロックチェーン・テクノロジーは、すでに業界の経営モデルを劇的に変えています。ビジネスのニーズに応じたブロックチェーン・プラットフォームを選ぶ際に検討しなければならない最も重要な特性は何でしょうか?この記事では、最も重要な上位 6 つの特性について説明します。
記事 2018/10/18
セキュアな IoT ソリューションの設計と構築, 第 1 回: IoT のデバイスとゲートウェイをセキュリティーで保護する
この全 3 回からなるシリーズでは、セキュアな IoT ソリューションを開発できるよう、IoT の脆弱性、そしてセキュアな IoT アプリを設計する際の課題について説明します。その上で、テストによってその効果が認められた、デバイスとゲートウェイをセキュリティーで保護する手法として、証明書ベースの認証を含むデバイスの認証、デバイスの許可、アプリケーション ID の検証などを紹介します。
記事 2018/10/11
セキュアな IoT ソリューションの設計と構築, 第 3 回: IoT アプリケーションをセキュリティーで保護する
セキュアな IoT ソリューションの開発手法について説明する、この全 3 回からなるシリーズの第 3 回では、IoT アプリケーションのセキュリティーに注目します。Cloudant データベースに IoT データを安全に保管する方法、保管されたデータをセキュアな API を介して公開する方法、そしてセキュアな API をモバイル・アプリや Web アプリから呼び出す方法を学んでください。
記事 2018/10/11
セキュアな IoT ソリューションの設計と構築, 第 2 回: ネットワーク上の IoT データをセキュリティーで保護する
セキュアな IoT ソリューションの開発手法について説明する、この全 3 回からなるシリーズの第 2 回では、第 1 回で説明した IoT デバイスをセキュリティーで保護するための手法に基づき、今度はネットワーク上のデータ・セキュリティーに目を向けます。具体的には、データ暗号化および IBM Watson IoT Platform の API における API セキュリティーについて説明します。
記事 2018/10/11
IBM Cloud Node.js アプリケーション入門, 第 1 回: Node.js を使用して受付用訪問者記録アプリケーションを作成する
この記事では、組織が受付で訪問者の出入りを記録するために使用できる Node.js アプリケーションを、IBM Cloud を利用して作成する方法を説明します。手順に沿って、Node.js、Express HTTP サーバー・ライブラリー、Cloudant データベースを使用する方法、そして可用性に優れた IBM Cloud 内で一連のタスクを行う方法を学んでください。この記事は、IBM Cloud プラットフォーム上で Node.js プログラミングを行うための基礎入門です。
記事 2018/10/11
IBM Cloud Node.js アプリケーション入門, 第 2 回: Node.js を使用して受付用訪問者記録アプリケーションを作成する
このシリーズの第 1 回では、IBM Cloud 上で Node.js アプリケーションを作成する方法を説明しました。けれども作成したアプリケーションは、応答性に優れているというわけでも視覚的に魅力的というわけでもありません。今回の記事で、Bootstrap のテーマを使用して見栄えの良いアプリケーションに変身させる方法、そして AngularJS ライブラリーを使用して応答性を向上させる方法を説明します。
記事 2018/10/11
IBM Cloud Kubernetes Service を利用して MongoDB レプリカ・セットをデプロイする
IBM Cloud Kubernetes Service 内で MongoDB レプリカ・セットをデプロイする具体的な手順を学んでください。この記事では MongoDB のクラスター要件を概説し、Kubernetes の StatefulSet について紹介した後、StatefulSet をデプロイする方法を説明します。
記事 2018/10/04
畳み込みニューラル・ネットワーク (CNN)
この記事では、畳み込みニューラル・ネットワーク (CNN) について説明し、手書きの数字を分類する単純なネットワークを Python で実装する方法を紹介します。
記事 2018/10/04
IBM MQ on Cloudの紹介
当資料ではIBM Cloudで提供されているIBM MQ on Cloudサービスについてご紹介します。
記事 2018/10/03
今まで知らなかった 5 つの事項: Java 10
Java 9 のすぐ後にリリースされた Java 10 は、プログラミングのプロ、コンテナー・マニア、ガーベッジ・コレクションの天才にとって嬉しい新機能の宝庫です。JDK 10 の新機能を発見するのに今ほどぴったりのタイミングはありません。
記事 2018/9/27
今まで知らなかった 5 つの事項: MicroProfile 1.3
つい最近、Eclipse MicroProfile が Java クラウド・ネイティブ・マイクロサービスの開発を目的とした新しい 5 つの API をリリースしました。この記事では、MicroProfile 1.3 に導入された新機能の注目すべき点を説明します。サンプル・コードを参考に、早速これらの API を使えるようになってください。
記事 2018/9/27
Python 入門ガイド
科学研究で役に立ち、しかも習得しやすいプログラミング言語をお探しですか?そのような言語の候補は、Python をおいて他にありません。このわかりやすくて単純な言語を使用して、代数計算からデータを基にしたグラフ出力の生成に至るまで、あらゆる処理を行うためのリソースを見つけてください。
記事 2018/9/20
Python でのメタプログラミング
この記事では、メタプログラミングを Python で利用する方法と、メタプログラミングによって特定のタスクが単純化される仕組みを説明します。
記事 2018/9/20
IBM Cloud でアプリケーションを作ろう
Cloudでアプリケーションを作ろう。
記事 2018/9/14
IoT ソリューション開発の出発点として単純なホーム・オートメーション・システムを構築する
このチュートリアルに従って、迅速、簡単に、IoT ソリューションの開発を開始してください。わずか 4 つのステップで、単純なホーム・オートメーション IoT ソリューションを構築する方法を学ぶことができます。このチュートリアルではまず、センサーを Raspberry Pi に接続してから、Raspberry Pi をセットアップして構成する方法を説明します。続いて、ホーム・オートメーション・システムのロジックをセットアップする Node-RED フローの作成方法を説明します。そして最後に、プロトタイプ化したシステムを設置して使い始める方法を説明します。
記事 2018/9/13
IoT 中級編: IoT の開発スキルを磨く
developerWorks のこの「IoT 中級編」開発者向けガイドで、引き続き IoT ソリューションの開発スキルを磨いてください。「IoT 中級編」は、モノのインターネット・テクノロジーを使用して新しい革新的なアプリを構築することを目標に、次の段階に進もうとしているアプリケーション開発者を対象としています。
記事 2018/9/13
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル (2018 年 5 月)
2018 年の幕開けは、IoT ガバナンス、IoT セキュリティー、IoT とスマート・ホーム、IoT とブロックチェーン、それに深層学習を使ったコグニティブ IoT に関する連載記事とチュートリアル・シリーズの作成、更新、仕上げに追われて、まさに IoT 一色でした。
記事 2018/9/06
Docker と Kubernetes を導入する
Docker と Kubernetes は次世代の DevOps に不可欠となる要素です。このチュートリアルに従って、Docker イメージをビルドする方法、イメージをローカルで実行する方法、そして IBM Cloud 内で稼働する Kubernetes クラスターに Docker イメージをデプロイできるようにするために IBM Cloud アカウントにイメージをプッシュする方法を学んでください。
記事 2018/9/06
Notes 小ワザ集: 第183回 Lotus Notesスタンダード版 パフォーマンスチューニングのヒント
「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと賢く利用するためのヒントとしてご活用ください。
ヒント 2018/8/31
ブロックチェーンを使用したコーヒー取引: ブロックチェーンの真相
ブロックチェーンは、商品、サービス、情報をセキュアに交換する手段です。この記事では具体例を用いて、ブロックチェーンの中心概念を説明します。これには、参加者間で合意されたビジネス・ロジックを自動的に実行するスマート・コントラクトと、商品やサービスの品質と出所を保証する共有レジャーが含まれます。さらに、ブロックチェーンがコラボレーションを可能にし、新しいビジネス・モデルの誕生を促進する仕組みについても説明します。
記事 2018/8/30
連載: IBM Watson Workspace #鬼わか アプリケーション開発: 第 6 回: IBM Watson Workspace でチャットボット開発 #鬼わか 解説 - 応用編 パート 2 -
本連載では 2017年秋に発表されたビジネス向けチャットソリューション「IBM Watson Workspace」と連携可能なアプリケーション開発を「鬼わかりやすく!」解説します。さまざまなアプリケーションをビジネス向けチャットソリューションと連携させると、こんなに便利なことが出来る!という具体例を開発手法とともに丁寧にお伝えしていきます。1年後には皆さんが自身で開発したアプリケーションと IBM Watson Workspace とが連携したビジネスチャットで、業務がさらに効率化された世界が広がっているに違いないでしょう。
記事 2018/8/30
IoT 開発から学んだ教訓: クローズド・ループのフルスタック IoT コグニティブ・アプリケーションの構築を通して学んだ経験
シリーズ「学んだ教訓」の今回の記事では、生涯にわたるコンピューター・マニアである著者が、IoT とコグニティブという新しい 2 つのテクノロジーを巧妙に改造して、高齢者が自宅で生活できるよう支援するというヘルスケアのシナリオの概念検証を作成した過程を紹介します。その過程で学んだ教訓は、コグニティブ IoT アプリケーションは学習システムでなければならないこと、コンテキストが成功の意味を定義すること、そして人は自分が何を知らないのかを常に自覚しているとは限らないということです。
記事 2018/8/30
IBM Blueworks Live ハンズオン
プロセスを描く、分析する、ウォークスルーするなど、IBM Blueworks Liveの代表的な機能をご紹介したハンズオンです。
記事 2018/8/29
IBM Notes 9.0 Browser Plug-in 機能概要
IBM Domino 9.0 の新機能であるNotes Browser Plugin の基本機能を理解し、利用にあたっての考慮点を理解するための資料です。(本資料は2013年10月11日に開催されたLotus Technical Update Workshopで使用されたものです。)
記事 2018/8/27
1 - 6808 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示