製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(39 製品)

(89 トピック)

(0 インダストリー)

(4 種類)

201 - 661 件のうちの 300 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 down 日付 none
IBM Database Encryption Expertを利用してデータを保護する: 第 5 回 DB2 HADRやPower HA(旧称:HACMP)と共にDEEを利用する
IBM Database Encryption Expert (DEE) は、アプリケーションがファイル・システムに書き込むデータやデータベースのバックアップ・イメージを暗号化し、アクセス制御する機能を提供します。第5回では、DB2の高可用性災害時リカバリー(HADR)機能やIBMの高可用性ソリューションであるPower HA (旧称HACMP)と共に利用する方法について説明します。
記事 2010/4/09
IBM Accelerator for Machine Data Analytics 第1部: マシンデータのスピーディーな分析
さまざまなデータソースが生成するM2Mデータ(マシンデータ、センサーデータ、ログなど)は、企業内で大量に発生しています。IBM Accelerator for Machine Data Analyticsを活用すれば必要なシステムを簡単に実装できるため、準構造化、非構造化、構造化の特徴を持つテキスト・データをスピーディーに分析することができます。
記事 2013/3/18
IBM Optim Solution V7.2: Data Growth Solution
この記事では、IBM Optim Solution V7.2(以下Optimと呼ぶ)が提供するソリューションの1つである、Data Growth Solutionについて説明します。Data Growth Solutionとは、データベース上の古くなったデータをアーカイブすること により、データベースのパフォーマンス向上を図る機能です。
記事 2010/10/04
IMS データベース診断ツール: IMS HP Pointer Checker V3.1 新機能と移行ガイド
IMS High Performance Pointer Checker for z/OS, V3.1(5655-U09)(以下HPPC)は、IMS のフル・ファンクション・データベースの診断ツールです。データベースの統計情報解析と、データベースの整合性チェック機能をもち、IMSデータベース運用には欠かせない強力なツールです。最近、旧バージョンのHPPC V2.1や V2.2から最新のV3.1へ移行したいというお問い合わせを多くいただいています。本稿では V3.1への移行と機能拡張点について解説します。また、2010年2月10日にアナウンスされたIMS Database Solution Pack for z/OS V1.1(5655-S77) のHPPCについても説明します。
記事 2010/2/26
DB2 によるXMLスキーマの管理とXML データの妥当性検証
XMLスキーマには、名前空間を持つものや持たないもの、複数のXMLスキーマから構成されるもの、複数の名前空間から構成されるものなどがあります。この記事では、それらのXMLスキーマやXML データを例に取り上げ、DB2 を利用したXMLスキーマの登録方法やXML データの妥当性検証方法、妥当性検証に利用したXMLスキーマの取得方法などについてご紹介します。 なお、この記事は、DB2 9.7 for Linux, UNIX and Windows に基づいて述べられています。
記事 2009/11/19
UDFとXQueryでSQLに正規表現パワーを!
この記事では、DB2 9 のSQL上で正規表現を使用する為のUDF (ユーザー定義関数) をご紹介します。
記事 2010/1/04
性能かコーディング量か?RubyにおけるXMLライブラリーの選び方
Rubyを使ってXMLデータを扱おうとした時、私たちは幾つかの選択肢からその方法を選ぶことができますが、実用面から考えた時にはパフォーマンス面での性能が利用可否に大きく影響します。本稿では特にREXMLとLibXml-Rubyの2つのライブラリーを取り上げ、XMLデータに対して処理を行った際のパフォーマンスについて確認します。その結果から、それぞれのライブラリーがどのようなシーンに向いているかについて考察します。
記事 2008/9/24
OpenLDAPを使用したIBM Cognos 8 BIの認証設定方法
IBM Cognos 8 BIでは、外部認証プロバイダを利用した認証サービスをおこないますが、そこにあらかじめ定義されたユーザーやグループを利用してロール・ベースの情報アクセスのフィルタリング設定が可能です。この記事では、SUSE Linuxで利用されるOpenLDAPを使用して、IBM Cognos 8 BI認証およびセキュリティーの設定を行う方法を紹介します。この記事はCognos 8 BIを構築・管理するシステム管理者の方を対象読者と想定しています。OpenLDAPの基本設定やIBM Cognos 8 BIのインストールが既に行われている環境を前提として書かれています。
記事 2009/9/11
Optim: Data Growth Solutionについて
この記事では、IBM Optim for z/OS V6.1のData Growth Solutionの機能であるデータベースのアーカイブ方法について説明します。
記事 2009/4/20
Optim: データ・プライバシー・ポリシーを使用したデータのマスク手法
IBM Optim Data Privacy Solutionは、データソース内の機密情報をマスクすることで、データの安全性を保持するソリューションです。2008年12月に発表されたIBM Optim Data Privacy Solution バージョン1.2 (以下Optim V1.2)は、今までのOptimとは全く異なるアーキテクチャーとインターフェースを実装したことで、より使いやすくよりスケーラブルなデータのマスク環境を提供しています。本稿ではOptim V1.2を使用したデータのマスク方法を、例を交えながら具体的に紹介します。
記事 2009/4/10
Optim: データ・プライバシー・ポリシーのカスタマイズ手法
IBM Optim Data Privacy Solution バージョン1.2は、多様なデータ・プライバシー・ポリシーを提供し、データソース内のさまざまな機密情報をマスクすることができます。さらに、ユーザーが独自のデータ・プライバシー・ポリシーを作成することで、より複雑なデータのマスクや、企業独自のルールに従ったマスクも可能になります。本稿では、データ・プライバシー・ポリシーの作成手法とその具体例を紹介します。
記事 2009/5/11
電子メール・アーカイブへの IBM Classification Module の適用
この資料では、IBM Classification Module バージョン 8.6 の概要および IBM Content Collector バージョン 2.1 との統合について説明します。このソリューションを導入すると、電子メールを分類して、エンタープライズ・コンテンツ管理 (ECM) システムの検出しやすいフォルダーにアーカイブすることができます。コンテンツがミッション・クリティカルな情報として分類されている場合は、電子メールをレコード管理システムの制御下にあるレコードとして宣言することができます。ここでは、IBM Classification Module バージョン 8.6 をインストールする方法、IBM Content Collector バージョン 2.1 用の拡張可能タスク経路を定義する方法、フォルダーへの電子メールの分類を自動化する方法、およびレコード宣言用に電子メールをマークする方法について学びます。
記事 2008/12/16
Optim: Test Data Management Solutionについて(その2)
この記事では、IBM Optim for z/OS V6.1のTest Data Management Solution(とData Privacy Option)において、ユーザーEXITを用いたデータのマスク方法について説明します。
記事 2008/3/21
Optim: Test Data Management Solutionについて(その1)
この記事では、IBM Optim for z/OS V6.1のTest Data Management SolutionとData Privacy Optionを用いて、本番環境のDB2表から、個人情報などをマスクしたテスト用のデータの作成方法について説明します。
記事 2008/3/21
Optim: Optim 管理コンソール
IBM Optim Data Privacy Solutionは、データ・ソース内の機密情報をマスクすることで、データの安全性を保持するソリューションです。2009年2月に発表されたIBM Optim Data Privacy Solution バージョン1.2(以下、Optim V1.2)は、データのマスクの機能をSOAに基づいたWebサービスとして実現しています。データ管理サービスの実行とモニターを行うユーザーインターフェースを提供するためにOptim管理コンソール(以下、管理コンソール)がWebアプリケーションとして実装されています。本稿ではOptim V1.2における管理コンソールの使用方法を、例を交えながら具体的に紹介します。
記事 2009/4/10
Optim Products for z/OSの機能
IBM Optim Products for z/OSでは主に3つのSolutionが提供されていますが、この区分けとは別に主に4つの製品コンポーネントを持っており製品画面やマニュアルはこれらのコンポーネントに基づいて提供されています。 この記事では、これら4つのコンポーネントの紹介と3つのSolutionの関係について説明します。
記事 2009/5/20
IBM Cognos 8 BIとTivoli Access Manager のインテグレーション
IBM Cognos 8 BI は、企業内の膨大なデータを意思決定に活用するためのビジネス・インテリジェンス機能を提供する製品です。単一のサービス指向アーキテクチャー (SOA)上に構築されており、情報の一貫性維持および統制に優れたプラットフォームです。また、IBM Tivoli Access Manager for e-businessは、複数のWebアプリケーションに対して一元的なアクセス管理を実現する製品です。不正アクセスを防止しながらユーザーの利便性を向上させます。この記事では、IBM Cognos 8 BIとIBM Tivoli Access Manager for e-business を統合し、シングルサインオンを実現した設定例を示します。なお、異なるオプションで構成する場合には事前に動作確認されることをお勧めします。
記事 2009/8/20
情報の観点から考える SOA デザイン、第 4 回: SOA で標準モデリング・パターンを適用することの価値
SOA デザインでの標準モデリングのアプローチおよび価値を発見しましょう。どのようにすれば SOA で標準データ・モデルを標準メッセージ・モデルと一致させることができるかを検討します。「情報の観点から考える SOA デザイン」連載第4回のこの記事では、テクノロジーやツールからは離れた、データ・モデリングおよびメッセージ・モデリングの概念について学習します。ここで学習する概念をIBM® のソフトウェア製品を使用して実装する方法については、後続の記事で解説します。
記事 2009/8/01
IBM Data Studio インストール・ガイド
この記事ではIBM Data Studio 2.2をWindowsプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 この製品はダウンロード可能な評価版もあり、無償で利用することができます。
記事 2009/8/12
OpenStack で DB2 をサポートする
OpenStack は、データ・センター内にある大規模な計算リソース、ストレージ・リソース、ネットワーク・リソースのプールを制御するクラウド・オペレーティング・システムです。すべてのリソースはダッシュボードで管理され、管理者はダッシュボードでリソースを制御できる一方、ユーザーは Web インターフェースからリソースをプロビジョニングすることができます。OpenStack はデフォルトのデータベースとして MySQL、SQLite、PostgreSQL をサポートしています。この記事では、OpenStack で迅速に DB2 をサポートできるようにする方法を説明します。
記事 2012/12/06
DB2 9.7デモ: CLP PlusでPL/SQLを実行する
DB2 9.7からの新機能、SQL*Plusと同じ操作で利用できるC LP Plusのデモです。簡単なPL/SQL関数を作成して実行して みました。
記事 2009/8/01
DB2 9.7デモ: CLP PlusでDUAL表を操作してみる
DB2 9.7からの新機能、SQL*Plusと同じ操作で利用できるC LP Plusのデモです。DUAL表を使ってTO_CHAR関数やI NITCAP関数を実行します。
記事 2009/8/01
DB2 pureXMLデモ: XML DB(DB2 pureXML)によるコンテンツ管理のデモ
XML DB(DB2 pureXML)によるコンテンツ管理のデモです。XML形式でデータを格納しているため、ツリー構造のデータをそのまま管理す ることができます。また、新しい項目の追加なども簡単です。
記事 2009/8/01
Optimデモ: Optimでクレジット・カードのテスト・データも安全に作成
企業の情報漏洩を考える上で、テストデータに関してもデータ保護によるリスク回避が必要です。 IBM Optim Data Privacy Solutionは、データの意味を維持してマスキング、機密情 報保護と正確なテスト実施を両立できるソリューションです。
記事 2009/8/01
PHPアプリケーションをMySQLからDB2に移行するプロセス: 第3部PHPコードの変換
PHPアプリケーションをDB2に移行する意義を確認したうえで、IBMのイントラネット・アプリケーションの事例に基づいて、移行の計画を立て、実行し、その後のメンテナンスを行い、発生する可能性のあるリスクに対応する方法について説明します。本シリーズは4部に分かれており、IBM社内でibm.comのコンテンツの製作のために使用されるミッション・クリティカルなPHPに基づくイントラネット・アプリケーション(グローバルに4,000名のユーザーが存在)をMySQLからDB2にスムーズに移行したプロジェクトから得られた教訓について説明します。本第3部では、PHPコードを変換するステップについて説明します。
記事 2012/8/27
ネイティブ XML データベースを最適化するための 6 つのヒント
RSS、Atom、マッシュアップ、そして桁外れの検索要件に対応するための技術などが発展してきたおかげで、ネイティブ XML データベースは検索アプリケーションや検索サービスの重要な一部となっています。ネイティブ XML データベースでは、構造が可変の大量のデータに対して非常に効率的に検索を実行することができます。この記事では、XQuery とネイティブ XML データベースを使用するアプリケーションのパフォーマンスを最大限に高めるための常識的なガイドラインをいくつか説明します。
記事 2009/12/15
サーバー集約と運用効率向上の機能をDB2の中に見る
企業の中で情報システム部門の役割が増しています。経済状況や個人情報保護法のような規制の強化などの流れの中で外注化は徐々に削減され、情報システム部門自身がシステム開発と運用の主導権を取り戻そうとしています。情報システム部門が置かれたこのような状況の中で、IBM DB2がどのような役割を果たすことができるのか?
記事 2010/3/26
IBM FileNet P8 API による上質なコードの作成 (パート 2): FileNetをスパイする
この記事では、FileNet P8 APIを使用しているときに、ネットワークを流れるデータ量、およびメモリー上のデータ量を調査するための 3 種類の手法を紹介します。プログラム・コードのパフォーマンス・チューニングでは、これらの 2 つの数値が非常に重要になることが分かっています。この記事では、ネットワーク・トレース、P8 Content Java™ API ロギング、およびオブジェクト・インスタンスの内容をダンプ出力するカスタム・クラス ObjectDumper について説明していきます。ObjectDumper クラスの説明を理解すると、P8 Content API とそのオブジェクト・モデルへの理解が深まります。
記事 2009/2/05
pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 3 回 pureXML 対応の OpenSocial ガジェットの作成
OpenSocial ガジェットの Web 2.0 技術を利用すれば、開発者は簡単に、iGoogle や MySpace、そして Hi5、LinkedIn などの人気の高い Web サイトに自分のアプリケーションを組み込むことができます。この記事で DB2 の pureXML 機能を使用したアプリケーションを作成しながら、OpenSocial ガジェットの詳細を学んでください。今回が最終回となるこの 3 回からなる連載では、OpenSocial 対応のあらゆる Web サイトにデプロイできるガジェットをユーザー・インターフェースとして備えた pureXML アプリケーションを構築する方法を説明しています。この記事で説明する手順に従えば、第 1 回目の記事で説明した JSON データを、第 2 回目の記事で作成した JSON Universal Services を使用して保管、取得するユーザー・インターフェースを作成することができます。
記事 2009/11/10
Flex マイクロブロギング・アプリケーションで pureXML を利用する: 第 2 回 Flex でアプリケーション・ユーザー・インターフェースを作成する
IBM DB2 の pureXML 機能を使用すれば、XML をそのままの形式でデータベースに保管することができ、XML を変更する必要がありません。一方 Adobe Flex アプリケーションは、XML を直接読み取って Flex ユーザー・インターフェースに取り込むことが可能です。この 3 回の連載記事で作成するマイクロブロギング・アプリケーションでは、pureXML、Web サービス、そして Adobe Flex を利用するだけでなく、さらにマイクロブロギングでの近況アップデートを Twitter に公開することもできます。連載の第 1 回では、Web サービスについて説明し、マイクロブログ・データベースを作成およびテストして、DB2 pureXML を使用した Web サービスを有効にする方法を説明しました。第 2 回となる今回の記事では、Adobe Flex と ActionScript を利用してアプリケーションのユーザー・インターフェースを作成します。
記事 2009/11/03
IBM FileNet P8 API による上質なコードの作成 (パート 1): 文書の処理
この記事では、IBM FileNet® P8 Content API を使用して HelloDocument という簡単なアプリケーションを作成する方法を取り上げます。コーディング・パターンに基づく一連の簡単な操作によって、さまざまなカスタム操作を実行できるようになります。P8 API は多種多様な機能をサポートしており、初めて使用する方にはやや操作しにくい部分もあります。これは、カスタム・アプリケーションを簡単に作成できるようになるための入門資料です。P8 での開発経験が豊富な方にとっても、この記事やこのシリーズの続編は役立つものと思います。続編では Process API と Content API の両方に関する具体的な内容を詳しく取り上げていく予定です。
記事 2008/8/16
InfoSphere DataStage XMLおよび Web サービス・パックを使用したデータの変換と統合
IBM InfoSphere™ DataStage® XML および Web サービス・パックは、XML および Web サービスが含まれる環境において迅速なデータ統合ソリューションの提供を支援する DataStage のコンポーネントです。DataStage Web サービスおよび XML パックの主な機能と操作を詳しく調べてみましょう。データの変換および統合の方法を学び、これら 2 つのパックを使用した Google 検索の Web サービスを実現します。本資料では 4 つの例を上げ、それぞれに簡単な概要、詳細なステップ、説明、および図が付けられています。
記事 2009/12/18
InfoSphere DataStage Enterprise Edition による DB2 リモート接続の構成
本資料は、 DB2 Enterprise Stage を使用してリモート DB2® インスタンスへの接続を構成する方法を段階的に説明します。また、同じ環境で実行した場合の DB2 API Stage と DB2 Enterprise Stage のパフォーマンスの比較も行います。
記事 2009/12/15
IBM InfoSphere Content Collector 詳説
IBM InfoSphere Content Collectorは電子メール、ファイル・システム、コンテンツなどさまざまな形式に対応するアーカイブ・ソリューションです。Lotus DominoサーバーやMicrosoft Exchange Server内の電子メール、Windowsファイル・システム上のファイルを自動的、または対話的にアーカイブ、プレビュー、復元、検索できます。2009年10月に発表された最新版のバージョン2.1.1からは一般のLotus NotesデータベースやMicrosoft SharePointからのアーカイブもサポートします。
記事 2009/11/20
DB2のセキュリティー: 第2回 DB2監査機能の概要と構成方法
この記事では、DB2の監査機能とその構成方法を紹介します。
記事 2009/2/19
Amazon EC2でDB2を試そう
この記事ではAmazonが提供するクラウド・サービス、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)で DB2を利用するためのセットアップ方法をご紹介しています。Amazon EC2はハードウェアを持たない環境において DB2を使ったアプリケーションを開発するのに非常に適した環境ですので、ぜひお試しください。
記事 2009/10/05
データベース・セキュリティー・ブランケット
現実を認めましょう。データベース・セキュリティーの話題は、ベンチマークの世界新記録やこれまでにないほどのダウン時間の短さに関するレポートに比べると、あまり人を熱くさせません。あなたがセキュリティー・トークンや暗号化に関する、興味をひく記事を最後に読んだのは、いつのことですか?しかし、セキュリティー・ブリーチ(抜け穴)となると頭が熱くなる人は多く、去年しきりに報道されたいくつかのe-businessからのクレジット・カード番号の漏えい事件のように、顧客の信頼を損なう恐れがあります。最高にわくわくする話題ではないとしても、セキュリティーはデータベース管理システムを使用する企業にとって、不可欠な考慮事項です。また、Eスペースに参加する企業が増えるにつれて、私用データと公用データを分けることは特に重要になってきました。
記事 2001/3/01
DB2 UDB V8.2 for Linuxクイックインストール
DB2 UDB V8.2(Stinger) for Linuxクイックインストール
記事 2004/8/19
Dbモニタリング分析ツール (MON_GET_PKG_CACHE_STMT)
当ツールは、Db2のモニター結果をもとにワークロードを分析するツールの第2弾です。
記事 2017/12/11
Db2モニタリング分析ツール (MON_GET_DATABASE)
当ツールは、Db2 10.5以降で提供されているMON_GET_DATABASE表関数から取得したデータベースのモニター結果(csv)を元に、データベースの負荷状況を可視化するツールです。AIXおよびLinux向けに提供されているnmonやnmon analyzerのように、Db2の管理を行う技術者が短時間でデータベースの全体像を把握し、必要に応じてさらなる調査をするための手がかりを得られるようにすることを目的としています。
記事 2017/12/11
Db2モニタリング情報取得ツール(MON_GET_*)
本資料は、モニター表関数を使用してDb2 for LUWの性能情報を取得するためのスクリプトのサンプルと使用ガイドを提供します。
記事 2017/12/11
DB2 9.7 の新しい pureXML フィーチャーでビジネス・インテリジェンスと XML データのスケーラビリティーを強化する
IBM DB2(R) for Linux(R), UNIX(R), and Windows(R), Version 9.7 には、pureXML 対応のデータベース設計、管理、開発の新しいフィーチャーが用意されています (2009年4月22日発表)。企業がより効果的に XML データをビジネス・インテリジェンス環境に統合する上で DB2 バージョン 9.7 の技術がどのように役立つのか、そして企業はますます増えていく XML データにどのようにして対処できるのかを学んでください。この記事では pureXML に関する新しい機能の要点をまとめ、その使用方法を説明するとともに、サンプル・アプリケーションのシナリオを検討します。
記事 2009/4/23
IBM Cognos8 BI インストールガイド
本稿は、Windows が動作するコンピューターに、IBM Cognos 8 BI Version8.3のMetrics StudioおよびSDKを除いたコンポーネントすべてをインストールする場合に必要な設定を短時間で行い、短期間のうちに運用に入っていただくことを目的としています。本稿は、以下に明記してある製品を使用し、ステップ・バイ・ステップ形式で書いてあります。不必要な項目につきましては、読み飛ばしていただいても構いません。本稿で取り上げていない製品やより詳細な説明が必要な際は、該当する製品のマニュアル等ご参照ください。
記事 2009/5/26
IBM Content Analyzer (ICA) Redbook
IBM Content Analyzer(ICA)のRedbookの紹介です。
記事 2008/11/06
IBM DataQuant と DB2 pureXML による XML データ対応のビジネス・レポートの作成
DB2 pureXML に保管されている XML データを基にレポートを作成するための、汎用ビジネス・インテリジェンス・ツール IBM DataQuant を使ってみましょう。ビジネスの内情把握と分析のために、DataQuant を利用して、DB2 に保管された XML データにアクセスし、レポートやチャート、ダッシュボードなどで個々のデータ要素を使えるようにする手順に従ってください。
記事 2009/1/15
DB2 9.5による統合されたオンライン高速バックアップ機能の検証レポート
Your article abstract goes here. Put the main points and key phrases at the start of the abstract, because DB2 9.5の新機能であるACS(Advance Copy Services)、及びTSM for ACS v5.5.0との連携機能について稼動検証を行い、検証時の手順とガイドをレポートにまとめました。
記事 2008/11/05
Optim Development Studio インストール・ガイド
この記事ではOptim Development Studio 2.2をWindowsプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 この製品はダウンロード可能な評価版もあり、製品の評価に利用することができます。 評価版は使用期限がある以外は製品版と同じですので、インストール方法も同じです。
記事 2009/8/12
Optim 管理コンソールの新機能
IBM Optim Data Privacy Solution V2.1 は、機密情報をマスクしたテストデータを作成する機能を提供します。マスクの種類としては、データをルールに則って変換するルール・ベース・ポリシー、各国語毎に用意された架空の名前や住所が登録されている表(ルックアップ表)に置き換えるルックアップ・ポリシー、さらにきめ細かくデータを変換するために利用可能なJavaScriptポリシーがあります。これらのポリシーはOptimデザイナーで作成され、Optimデザイナーから直接実行するか、または、Optim管理サーバーに公開し、Optim管理コンソールから実行します。この記事では、Optim管理コンソールの機能について説明します。
記事 2010/10/27
エンタープライズ・コンテンツ管理:FileNet自動デモンストレーション
FileNetによるビジネス・プロセスの最適化とプロセス上でのビジネス・コンテンツの活用が、業務に効率性をもたらし、コスト削減を実現、事業目標の達成に貢献します。IBM エンタープライズ・コンテンツ管理/ビジネスプロセス管理のソリューションをデモンストレーションにより体感ください。
記事 2009/2/05
WebSphere DataPower および DB2 pureXML、パート 2: WebSphere DataPower の監査ログとしての DB2 pureXML
XML 文書インスタンスの構造および内容の検証における重要な側面は、検証の失敗を追跡できることです。このシリーズのパート 1 では、XML スキーマおよび Schematron による XML 文書インスタンスの構造および内容の検証について説明しました。検証は IBM WebSphere® DataPower® SOA アプライアンスによって実行されました。この記事では、簡単にアクセスおよび照会を行える監査ログを提供することにより、IBM DB2® pureXML™ が WebSphere DataPower SOA アプライアンスをさらに補完できる方法ついて確認してください。この記事で説明するサンプル・シナリオは、XML 文書インスタンスの交換が行われるあらゆる状況に適用できます。
記事 2008/6/19
IBM Cognos Series 7 to IBM Cognos 8 Upgrade
本書は、IBM Cognos Series 7 の移行ツールに用意されている資料を補足するための資料です。IBM Cognos Series 7 の PowerPlay と Upfront のコンテンツを IBM Cognos 8 BI にアップグレードするための準備作業の注意点を取り上げています。
記事 2009/7/14
pureQuery を使用した Java アプリケーションで pureXML データを操作する
pureQuery と IBM DB2 pureXML はどちらも、それぞれの分野で革新的なデータベース技術となっています。pureQuery はハイパフォーマンスの Java データ・アクセス・プラットフォームであり、重点が置かれているのは、データベースのデータを使用するアプリケーションの開発および管理タスクを単純化することです。一方の pureXML は DB2 9 で導入されたネイティブ XML データ管理技術で、階層ストレージ技術、XML 照会言語 (XQuery および SQL/XML)、XML 索引付け技術、その他の XML 関連機能で構成されています。この記事では DB2 アプリケーションのパフォーマンスと管理しやすさを最大限に引き出すために、この 2 つの技術を組み合わせ、pureXML データを操作する pureQuery アプリケーションを開発する方法を説明します。
記事 2009/1/08
IBM InfoSphere Information Server パラレルエンジン 概説: 後編
2008年9月に IBM InfoSphere Information Server バージョン 8.1がリリースされました。Information Serverは情報統合のためのスイート製品群であり、IBMの推進する Information On Demand (IOD)を実現するための中核の製品として位置付けられています。本稿では、Information Serverの実行エンジンである通称パラレルエンジンについて紹介するとともに、パラレルエンジンをより効率的に利用する方法について技術的に解説します。前編では、パラレルエンジンの概略とサンプル・ジョブについて、後編ではサンプル・ジョブが解釈・実行される際の詳細とチューニング方法の例を解説します。
記事 2009/7/24
SQLプロシージャーのパフォーマンス:そのヒントと秘訣
SQLプロシージャーのパフォーマンス:そのヒントと秘訣
記事 2003/6/01
テレコム業界のデータ・ウェアハウジング - 新たな解答を求めて
テレコム業界において、競争力を確保する上で顧客や製品、それらの利潤性に関する情報が、なにより重要であると認識されるようになってきました。乱戦模様を呈する今日の環境下では、データ・ウェアハウジングを狭い意味でとらえるのではなく、データ・ウェアハウス・アプリケーションに新しい基準を適用しなければなりません。
記事 2004/11/26
Informix製品の日本語処理機能解説: 第1回 Informix Language Supplementのご紹介
IBM Informix 製品の多くのメディアボックスには、International Language Supplement (以下「ILS」と省略)という CDが含まれています。この資料では、ILS の役割やインストール方法について説明します。
記事 2005/11/22
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 Net Search Extender-第4話
DB2 Net Search Extender(以下NSE)の4回目では、ストアードプロシージャーやSQL表値関数を利用して、複数テキスト索引に対しての検索を行い、3つのインターフェースのそれぞれの特徴についてまとめていきます。
記事 2005/11/30
情報活用インフラ「DB2 Data Warehouse Edition」が提供するBIテクノロジー: 第3回 ベストパフォーマンス・サマリー表を作成する“最適化アドバイザー”
連載:DB2 DB2 先進のBIフロントエンド、DB2 Alphabloxの第3回です。
記事 2006/1/10
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 XMLエクステンダー:第4話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 XMLエクステンダー:第4話
記事 2005/11/30
IBM Cognos 8 Go! Mobile によるスマートフォンからの情報活用
本稿ではIBM Cognos 8 Go! Mobileの特長とインストール、レポートの実行と参照について紹介します。
記事 2009/11/06
名前付きパラメーターを使って CallableStatement を処理する
IBM Informix Dynamic Server (IDS) の強力な新機能、「CallableStatement 内の名前付きパラメーター」について学んでください。パラメーターを順番で識別する代わりに、名前で識別することを可能にするこの機能は、CallableStatement が適用可能な範囲を広げ、順番によってもパラメーター名によっても CallableStatement を使用できるようにします。この記事では、パラメーターを識別するこの 2 つの手法の違いを説明し、パラメーターを順番で指定する代わりに名前付きパラメーターを使用した場合の利点を探ります。
記事 2008/2/21
IBM InfoSphere Information Server パラレルエンジン 概説: 前編
2008年9月に IBM InfoSphere Information Server バージョン 8.1がリリースされました。Information Serverは情報統合のためのスイート製品群であり、IBMの推進する Information On Demand (IOD)を実現するための中核の製品として位置付けられています。本稿では、Information Serverの実行エンジンである通称パラレルエンジンについて紹介するとともに、パラレルエンジンをより効率的に利用する方法について技術的に解説します。前編では、パラレルエンジンの概略とサンプル・ジョブについて、後編ではサンプル・ジョブが解釈・実行される際の詳細とチューニング方法の例を解説します。
記事 2009/7/24
DB2 9.7 インストール・ガイド(Windows編)
この記事ではDB2 9.7 Enterprise Server EditionをWindowsプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 Workgroup Server Edition、Express Edition、Express-Cなど他のエディションについてもインストール方法は同じですので、 この記事を参考にして下さい。またダウンロード可能な評価版もあり、製品の評価に利用することができます。 評価版は使用期限がある以外は製品版と同じですので、インストール方法も同じです。
記事 2009/7/07
情報の観点から考える SOA デザイン、第 1 回: 情報の観点から考えるサービス指向アーキテクチャー (SOA) の概要
この記事は、サービス指向アーキテクチャー (SOA) を設計するアーキテクトや現場の方々を対象としています。ここでは、情報の観点から考える SOA デザインを代表するパターンと機能を紹介します。ここで扱う主なパターンは、ビジネス・グロッサリー、標準モデル、およびデータ品質分析です。これらのパターンが SOA でどのように位置付けられているか確認し、どのように SOA ソリューションに貢献するか検討します。また、関連 IBM 製品である IBM InfoSphere Information Server、InfoSphere Data Architect、および IBM Industry Models を紹介します。 これは、連載第一回目の記事です。次回以降の記事では、各パターンをさらに詳しく検討し、それぞれを実装するために IBM 製品をどのように使用したらよいか説明します。
記事 2008/1/24
pureXMLでJasperReportsを楽しもう
JasperReportsは、SQLを発行し、その結果をレポーティングすることができます。しかし、XQueryはサポートしていません。簡単な拡張で、JasperReportsでXQueryが使えるようになります。
記事 2009/6/19
WebSphere DataPower および DB2 pureXML、パート 1: WebSphere DataPower および DB2 pureXML を使用した XML スキーマ検証および内容の検証
IBM DB2® pureXML™ および IBM WebSphere® DataPower® SOA アプライアンスが相互に補完し合って、どのように効果的なアプリケーションを実現し、検証された XML 文書へ柔軟で高速なアクセスを提供するかを理解します。WebSphere DataPower アプライアンスは XML 検証を実行し、DB2 pureXML データベースは XML ストレージ、索引付け、および照会を管理します。
記事 2008/5/29
Informix Dynamic Serverのレプリケーション テクノロジー
IBM Informix® Dynamic Server (IDS) は、強力なレプリケーション テクノロジーを備えた、長い実績のあるデータベースです。エンタープライズ・レプリケーション (ER) と高可用性データ・レプリケーション (HDR) は、何年もの間、信頼できるテクノロジーとしてお客様にご愛用いただいています。このたび、最新バージョンがIDS 11.1から11.5になり、遠隔スタンドアロン副サーバーおよび共用ディスク副サーバーという新しいテクノロジーが加わってさらに強固なものになりました。この記事では、各レプリケーション・テクノロジーの特徴を簡単に説明した後、それぞれの基本的な使用法を詳細に解説します。
記事 2008/7/03
PHP 用の DB2 ヘルス・モニター・サンプル・アプリケーションの作成: パート 2: DB2 pureXML、それとも DOM を選びますか?
DB2 9 pureXML テクノロジーを使用することで、ビジネスでのデータ保全性を高めて、レガシー・データのロックインを回避できます。アプリケーション開発者はタスクに最適なストレージ・メディアを使用できるようになり、以前は Web サービスの利用に必要とされていた中間層アプリケーション・ロジックが不要になります。DBA は、データベース・サーバーにロジックを集中化できます。これはパフォーマンスの最適化に貢献します。さらに重要なことは、pureXML テクノロジーにより、データの記述、取得、保管というデータベースが最も得意とする部分にデータベースを使用して、従来のアプリケーション開発に立ち返ることで開発の複雑さを軽減することができます。この記事では、DB2 ヘルス・モニター・サンプル・アプリケーションを例として用いながら、どうすればこれが可能になるかを示します。
記事 2008/1/03
pureXMLおよびDB2 Spatial Extenderを使用してGeography Markup Language (GML)をサポートする
Geography Markup Language (GML) は、地理的な特性についての情報、およびそれに関連する属性をXML文書で表現するために作り替えられたXMLスキーマです。IBM DB2® などの多くの主要なデータベース・システムが、XML文書をネイティブに処理する機能を備えています。GML文書をDB2データベースに保管する一方で、実際の地理的な部分は DB2 Spatial Extenderおよびその空間タイプ階層によって管理するという方法を学習します。
記事 2008/7/18
PHP 用の DB2 ヘルス・モニター・サンプル・アプリケーションの作成: パート 1: DB2 9 を使用して SOA をインプリメントする
サービス指向アーキテクチャー、特に Web サービスへの最近の支持の高まりを受けて、データベース管理システムにおける発展が求められるようになっています。IBM DB2 9 は、開発者が SOA などの設計パラダイムを利用する上で中間層アプリケーション・ロジックを追加導入することなく、アプリケーションに最も適したテクノロジーを使用できるデータベース・ソリューションとなっています。 DB2 ヘルス・モニター・サンプル・アプリケーションを例として使用しながら、これを可能にする方法を見ていきます。
記事 2007/12/20
DB2 pureXMLを使ってXMLスキーマを進化させる
XMLを使用する多くのシステムでは、時間と共にXMLスキーマが進化します。この記事では、そうした変更を、大きな変更であれ小さな変更であれ DB2® のXSR (pureXML Schema Registry) 機能を使って処理するための方法を学び、またスキーマの進化 (展開) の一例を、順を追って説明します。
記事 2008/3/20
DB2セルフスタディ・キット: データベース設計
本資料は、DB2のデータベースを設計の主に物理設計を実施することを目的に、設計に必要となる項目や設計のポイントについてご紹介しています。
記事 2008/10/18
XML DBデザイン・ガイド: 第6章 付録
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第6章は付録で、用語集や参考文献などをご紹介します。
記事 2009/3/17
IBM OmniFind Enterprise Editionによる検索システムの統合: 第2回 セキュア検索のためのカスタマイズ
IBM OmniFind Enterprise Edition(以下OmniFind)は、製品として1ノード、2ノード、4ノード構成をサポートしており、検索システムの規模に応じて最適なノード構成を選択することが可能です。第1回目では、複数のOmniFindシステムに対して検索を行う、LocalFederatorを利用した検索アプリケーションのカスタマイズ手法を説明しました。しかし、LocalFederatorは検索結果の統合は行いますが、ユーザー情報の制御やグループ情報の取得など、セキュア検索に必要な処理は一切行いません。このような処理は、LocalFederatorで検索を行う前に、アプリケーション側で行う必要があります。第2回目の今回は、複数のOmniFindシステムを統合した際にもセキュア検索を可能とするために、前回のESSearchApplicationをさらにカスタマイズする方法を説明します。
記事 2009/2/20
IBM OmniFind Enterprise Editionによる検索システムの統合: 第1回 LocalFederatorによる複数システムの統合
IBM OmniFind Enterprise Edition(以下OmniFind)は、製品として1ノード、2ノード、4ノード構成をサポートしています。検索システムの規模に応じて最適なノード構成を選択することが可能であり、様々な要件に柔軟に対応することができます。しかし、場合によっては、5ノード以上の構成にしたいことや、ノードの役割を柔軟に設定したいこともありえます。本連載では、OmniFindに付属のESSearchApplicationをカスタマイズすることによって、複数のOmniFindシステムを統合し、柔軟なノード構成に対応する方法を説明します。
記事 2009/2/13
DB2 pureXMLを活用しよう! PHPからpureXMLを利用するためのヒントとサンプル
この資料はPHPからpureXMLを利用するためのサーバおよびクライアント環境をWindowsでセットアップする方法と、実際にPHPからDB2 pureXMLへアクセスするためのヒントをご紹介します。また、サンプルコードもダウンロードしていただけます。
記事 2009/2/05
XML DBデザイン・ガイド: 第5章 アプローチ別XML DB設計ケーススタディ
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第5章ではアプローチ別XML DB設計のケーススタディについて詳しく解説します。
記事 2009/3/17
XQueryで簡単マッシュアップ・プログラミング
最近ではWeb APIや、Atom、RSSなどのフィードのほとんどがXML形式で公開されていますが、これらのXMLインスタンスを複数組み合わせてプログラミング言語だけでマッシュアップすることは、少々面倒なコーディングが必要になってしまいます。この記事では、インターネット上に公開されているさまざまなフィードやWeb APIをXQueryを使って簡単にマッシュアップする方法をご紹介します。
記事 2009/2/01
Informix Dynamic Server のロック: IDS におけるロック動作の理解とロック競合の分析 (第 1 回)
この記事は、IBM の戦略的データ・サーバー、Informix Dynamic Server (IDS) のロック・メカニズムについて説明する 2 回シリーズの 1 回目です。IDS はハイエンドのオンライン・トランザクション処理 (OLTP) や組み込みソリューションに最適な製品です。ロック技法を理解し、ロック競合を分析するために、この記事をお役立てください。
記事 2008/10/31
IDS のロック: IDS におけるロック動作の理解とロック競合の分析 (第 2 回)
この記事は、IBM の戦略的データ・サーバー、Informix Dynamic Server (IDS) のロック・メカニズムについて説明する 2 回シリーズの 2 回目です。IDS はハイエンドのオンライン・トランザクション処理 (OLTP) や組み込みソリューションに最適な製品です。ロック技法を理解し、トレースを実行して IDS 環境でのロック競合を分析するために、この記事をお役立てください。
記事 2008/10/31
DB2セルフスタディ・キット: データベース管理
本資料は、DB2のデータベース管理のバックアップ/リカバリ、メンテナンス、監視の運用設計をすることを目的に、設計に必要となる項目や、設計、運用の手順についてご紹介しています。
記事 2008/10/18
DB2 9.7 インストール・ガイド(Linux編)
この記事ではDB2 9.7 Enterprise Server EditionをLinuxプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 Workgroup Server Edition、Express Edition、Express-Cなど他のエディションについてもインストール方法は同じですので、 この記事を参考にして下さい。またダウンロード可能な評価版もあり、製品の評価に利用することができます。 評価版は使用期限がある以外は製品版と同じですので、インストール方法も同じです。
記事 2009/7/07
XML DBデザイン・ガイド: 第4章 XMLスキーマ管理
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第4章ではXMLスキーマ管理について詳しく解説します。
記事 2009/3/17
XPathやXQueryの実行環境を準備する
このドキュメントではIBM Data Studio for Windowsを使ったXPathやXQueyの実行方法について説明します。
記事 2008/2/15
IBM Data Studioクイック・スタート
このドキュメントではIBM Data Studio for Windowsをインストールする方法をご紹介します。
記事 2009/8/18
基本に戻る: Apache Derby の ij ツール をスクリプト記述する
最近では誰もが Web アプリケーションをビルドしています。でも、ほんの少しのデータだけが必要な場合はどうでしょう?Derby のメイン・コマンドラインツールである ij は、まさにそのために設計されたものです。この記事では、ij の高度なスクリプト機能の使い方を説明します。
記事 2006/7/18
多層にわたる XML のプログラミング: 第 2 回 XML データベース・サーバーを利用する効率的な Java EE アプリケーションを作成する
この連載の第 1 回では、アプリケーション・サーバー層とデータベース・サーバー層の両方にわたり、一時 XML データおよび永続 XML データを操作するための宣言型プログラミングの手法を紹介しました。今回は、サーバー・サイドの Java アプリケーションで一時 XML データと永続 XML データを操作する方法をさらに詳細に検討します。実例とサンプル・コードに沿って、データベース管理システムでの XML の索引付け機能とクエリー・フィルタリング機能が、大量の XML データを扱う Java EE アプリケーションにとって重要なパフォーマンスのメリットをもたらす仕組みを説明します。さらに、一時 XML データと永続 XML データを結合する方法についても詳しく見ていきます。
記事 2010/10/11
【永久保存版】これであなたもAlphabloxの使い手
DB2 Alphablox特集の第一弾として、基本的なAlphabloxの機能と使い方を一ヶ月間に渡ってご紹介します。
記事 2005/9/22
Alphablox: パフォーマンスチューニングガイド
Alphablox 8.4に対して効果的なパフォーマンス・チューニングを行い、メモリー使用量や画面表示パフォーマンスを調整するための以下の方法をガイドします。
記事 2006/11/07
OLAPサーバーを利用したDB2 Alphabloxアプリケーション開発ガイド : アウトライン、メンバーの制御
DB2 Alphablox特集第 2 弾の第 1 回目は、OLAP サーバーを使って多次元分析アプリケーションを作成する方法を紹介します。 PresentBlox、DataBloxに加えて、RepositoryBloxを使いながらユーザーまたはグループごとにアウトラインを使い分けるという、実践的なアプリケーションの作成方法について解説します。
記事 2005/12/09
Alphabloxキューブを利用したAlphabloxアプリケーション開発ガイド (DB2 Cube Viewsとの連携) : Alphabloxキューブ編
ここではAlphabloxと抜群の相性をもつDB2 Cube Viewsとの連携によりAlphabloxキューブを作成する手法と、Alphablox開発ガイドの第二弾で解説されたPresentBloxとAlphabloxキューブを利用した多次元分析アプリケーションを開発する手法について解説します。
記事 2005/9/30
リレーショナルデータベースを利用したAlphabloxアプリケーション開発ガイド: 第3回 接続プール設定編
Alphablox開発ガイドの第三弾では、リレーショナルデータベースを使用する際にWebSphere Application Server上で接続プールを作成し、データ接続のパフォーマンスを向上させる手順について解説します。
記事 2005/9/22
リレーショナルデータベースを利用したAlphabloxアプリケーション開発ガイド: 第2回 ReportBlox編
Alphablox開発ガイドの第二弾では、Alphabloxからリレーショナルデータベースのデータを照会・分析するアプリケーション開発を行う際の手順について、(2) ReportBlox編として、リレーショナルデータベースを対象にした表形式のレポートを、PresentBloxに比べてより複雑な形式での出力を可能にするReportBloxを使用してアプリケーションを開発する手法について解説します。
記事 2005/9/15
リレーショナルデータベースを利用したAlphabloxアプリケーション開発ガイド: 第1回 PresentBlox編
本稿ではAlphabloxからリレーショナルデータベースのデータを照会・分析するアプリケーション開発を行う際の手順について、(1) PresentBlox編として、Alphabloxの最もベーシックな部品であるPresentBloxを使用してアプリケーションを開発する手法について解説します。
記事 2005/9/09
Cloudscapeと3つの「C」
IBM Cloudscapeは、Javaで記述された軽量なリレーショナルデータベースシステムです。IBMにはCloudscape以外にもDB2、Informixというデータベース製品がありますが、これらの中でCloudscapeは非常に小さなフットプリントを持つデータベースとして位置づけられています。Cloudscapeは軽量ながら、トランザクション、クラッシュリカバリー、トリガー、ビュー、インデックス、ストアードプロシージャをサポートする、マルチユーザー、マルチセッション対応の完全なリレーショナルデータベースシステムです。構成方法としてローカル関数呼び出しの感覚で使用可能な「埋め込み型」と、通常のデータベースと同様の「クライアントサーバー型」の2種類があります。 本稿では3つの「C」という観点でCloudscapeの特徴を紹介します。
記事 2005/5/13
IBMの無償講義テキスト「SQL&データベース入門」プレビュー
本稿ではIBMアカデミック・イニシアティブ、今回のプログラムの詳細を説明します。また提供される講義用テキストの内容も紹介します。後半ではIBM Cloudscape/Apache Derbyデータベースを利用した演習方法について説明します。
記事 2005/6/03
OmniFind Enterprise Edition v8.4 スタートアップ・ガイド
初めてOmniFind に触れる方でも簡単に製品のインストールや検索エンジンの構成、検索アプリケーションの利用ができるように、製品のスクリーンショットを多用したガイドをここに公開します。
記事 2007/10/01
データベース管理者の管理コスト低減のためのDB2 Tools製品紹介: Recovery Expert V2.1 Fast Backupとは
今回紹介するRE Fast Backupは、昨年6月にGAされたRE V2.1において新規に追加されたコンポーネントの1つであり、近年ますます利用されてきているネットワーク・ストレージ上のデータベースを高速にバックアップする機能を有しています。
記事 2006/7/07
DB2 Data Warehouse Edition Version 9.1: UNIX環境でのアプリケーション開発ガイド (2) 開発編
DB2 Data Warehouse Edition Version 9.1(以下、DWE)は、2006年3月に発表された、統合データウェアハウジング・プラットフォームです。DWEは、ビジネスインテリジェンスに関連したDB製品に対して、開発から分析まで一元化された環境を提供します。(2) 開発編では、DWEのデータウェアハウス・サーバーや、アプリケーション・サーバーをSUSE LinuxおよびAIX上で動作させた際のDesign Studioでのアプリケーションの開発手法について解説します。
記事 2006/12/15
Informix Dynamic Server のスケジューラと SQL API の使用
IBM Informix Dynamic Server 11 (IDS 11) は、管理および保守タスクの自動化に役立つ新機能を提供します。ここでは、新しいスケジューラと SQL API によって DBA の日常業務をどのように簡略化できるかを説明します。
記事 2007/9/27
201 - 661 件のうちの 300 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示