製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(39 製品)

(89 トピック)

(0 インダストリー)

(4 種類)

101 - 661 件のうちの 200 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 down 日付 none
新しくなった DB2 バージョン 9.5 での pureXML 機能強化の概要
この記事では、DB2 バージョン 9.5 での pureXML の強化された機能および新機能について説明します。XML をネイティブ・データ型としてサポートするようになった DB2 バージョン 9 には、SQL/XML および XQuery 言語のサポートに加え、スキーマのサポート、パブリッシング関数、そしてユーティリティーや分解等々の XML サポートといった機能が備わっています。DB2 V9.5 ではこれらの機能のいくつかを強化するとともに、XML をさらに効率的に処理するための新機能を導入しています。この記事では DB2 V9.5 での機能強化と新機能について、新しいバージョンが XML の処理を効率化し、簡易化する仕組みとの関連で解説します。
記事 2007/11/01
Optim: IBM Optim for z/OSのインストール
この記事では、Optim for z/OS V6.1の 導入手順について、実際の操作画面や設定値を示しながら説明します。
記事 2009/4/20
DB2 9 の XML パフォーマンス特性
DB2 9 XML と IBM POWER5+、AIX 5.3、そして TotalStorage DS8100 を使って、証券取引をシミュレートした処理環境のパフォーマンスとスケーラビリティーの特性を学びましょう。このシナリオでは、金融業界の標準であるFIXML スキーマを使います。またこの記事では、TPoX (Transaction Processing over XML) データベース・ベンチマークを使って結果を得ています。
記事 2007/1/30
XMLTABLE の例証: 第 1 回 XML データをリレーショナル・フォーマットで取得する
SQL/XML の XMLTABLE 関数を最大限に活用する方法を知りたくありませんか? XML データをリレーショナル・フォーマットで取得する方法を学びたくありませんか? この記事では XMLTABLE 関数について詳細に説明するとともに、DB2 9 for Linux, UNIX, and Windows や DB2 9 for zOS で XMLTABLE 関数を使用する方法を示す一連のサンプルを紹介します。
記事 2007/8/30
さらにもう1つの上級スクリプト記述に関する記事
さらにもう1つの上級スクリプト記述に関する記事
記事 2002/11/14
SQLに正規表現マッチングのパワーを活用
SQLに正規表現マッチングのパワーを活用
記事 2003/1/23
DB2をバックエンドとしたDelphiでのWebサービスの構築
DB2をバックエンドとしたDelphiでのWebサービスの構築
記事 2002/12/05
情報の観点から考える SOA デザイン、第 3 回: SOA デザインでの InfoSphere Business Glossary の価値および使用
IBM のツール、具体的に言うと IBM InfoSphere® Business Glossary と IBM Information Server の統合メタデータ管理が SOA の中でどう役立つのかについて学習しましょう。連載「情報の観点から考える SOA デザイン」第3回目のこの記事では、InfoSphere Business Glossary に関連する重要な製品を紹介し、お客様のニーズおよび目的に最適なビジネス・グロッサリーの使用法を詳しく説明します。
記事 2008/10/01
db2look を使用してのオプティマイザーのアクセス・プランの再作成
db2look ツールでは、DB2® Universal Database™ (DB2 UDB) が実稼働環境に対して使用するアクセス・プランと同じプランをテスト環境用に再作成する手段を提供します。以下に db2look ツールのセットアップ方法の詳細を説明します。
記事 2005/8/04
DB2 Data Warehouse Edition Version 9.1: UNIX環境でのアプリケーション開発ガイド(1) 構成編
DB2 Data Warehouse Edition Version 9.1(以下、DWE)は、2006年3月に発表された、統合データウェアハウジング・プラットフォームです。DWEは、ビジネスインテリジェンスに関連したDB製品に対して、開発から分析まで一元化された環境を提供します。(1) 構成編では、DWEのデータウェアハウス・サーバーや、アプリケーション・サーバーをSUSE LinuxおよびAIX上で動作させる際の構成について解説します。
記事 2006/12/08
IBM DB2 ユニバーサル・データベース V7のサスペンド I/O を使用した分割ミラー
IBM DB2 ユニバーサル・データベース V7のサスペンド I/O を使用した分割ミラー
記事 2002/4/01
DB2モニタリング・データへのSQLアクセス:スナップショットの収集
DB2モニタリング・データへのSQLアクセス:スナップショットの収集
記事 2003/5/01
DB2 Universal Databaseでの数値シーケンス自動生成
DB2 Universal Databaseでの数値シーケンス自動生成
記事 2003/2/27
DB2 UDB Stingerとオートノミック・コンピューティング
IBM DB2 Universal Database V8.1では、機能豊富なツールやモニターが数多く実装され、DB2データベースがDBAに依存することなく自己のヘルス状態をモニターすることが可能になりました。DB2 "Stinger" では、ツールセットの再設計、モニターの改良、新しいヘルス・データ検索インターフェースなどにより、現行のオートノミック機能がさらに強化、拡張されています。
記事 2004/6/11
DB2 UDB でトリガーにSQL プロシージャー言語を使用
DB2 UDB バージョン 7.2 (あるいは DB2 V7.1 Fixpak 3 付き) のリリースで、トリガー機能は大幅に拡張されました。この記事は、トリガーの役割と、新機能の活用方法をいくつかの例を通して説明します。
記事 2001/10/24
複雑なクエリーに対応したスター・スキーマ処理
複雑なクエリーに対応したスター・スキーマ処理
記事 2004/11/26
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第一話
カンタン!DB2テクテク第1歩 エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第1話
記事 2006/12/20
IBM DB2 Universal Databaseをアプリケーションに透過的にインストールする
IBM DB2 Universal Databaseをアプリケーションに透過的にインストールする
記事 2003/2/01
DB2の全文検索製品
DB2 UDB V7.2には、テキスト・エクステンダー、ネット・サーチ・エクステンダー、およびテキスト情報エクステンダーという3種類の全文検索製品があります。この白書では、各エクステンダーのアーキテクチャー、ならびにそれに伴う長所と短所について解説します。また、どのような場合にどのエクステンダーを使用すべきかについてのガイドライン、製品戦略、および代替アプローチについても説明します。
記事 2005/4/27
DB2 V8 Javaアプリケーション用にSQLJを検討する
DB2 V8 Javaアプリケーション用にSQLJを検討する
記事 2003/2/01
DPropRのご紹介
DPropRのご紹介
記事 2004/11/26
Webアプリケーションで異種データに対処する
Webアプリケーションで異種データに対処する
記事 2002/8/22
DB2 ストレージあれこれ
DB2 ストレージあれこれ
記事 2004/11/26
異種プラットフォーム間におけるDB2 UDBデータベース移行ガイド
異種プラットフォーム間におけるDB2 UDBデータベース移行ガイド
記事 2001/10/16
DB2で全メモリーを活用する!
DB2で全メモリーを活用する!
記事 2001/7/03
DB2 SQLアクセス・パスのチューニング
DB2 SQLアクセス・パスのチューニング
記事 2003/1/23
DB2問題判別 習熟シリーズ: 第8回 アプリケーションの問題判別
DB2問題判別 習熟シリーズ 第8回 アプリケーションの問題判別
記事 2005/11/16
DB2問題判別 習熟シリーズ: 第5回 データベース・エンジンの問題判別
DB2問題判別 習熟シリーズ 第5回 データベース・エンジンの問題判別
記事 2005/11/16
DB2問題判別 習熟シリーズ: 第3回 接続の問題判別
DB2問題判別 習熟シリーズ 第3回 接続の問題判別
記事 2005/11/16
DB2問題判別 習熟シリーズ: 第1回 問題判別の概要
DB2問題判別 習熟シリーズ 第1回 問題判別の概要
記事 2005/10/04
Informix製品の日本語処理機能解説: 第2回 正しい日本語処理のための環境設定
正しい日本語処理のための環境設定:UNIX ( およびLinux) 、 Windows版のILSを導入する手順のご紹介です。
記事 2006/4/07
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 Net Search Extender-第2話
DB2 Net Search Extender(以下NSE)の2回目では、 実際にNSEを使ってテキスト索引を作成し、検索していきましょう。
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 XMLエクステンダー:第3話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 XMLエクステンダー:第3話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第二話
カンタン!DB2テクテク第1歩 エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第二話
記事 2002/11/27
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 クエリー・パトローラー-第三話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 クエリー・パトローラー-第三話
記事 2005/11/30
パフォーマンス事例研究
IBM と Zend Technologies の協力の下で生まれた Zend Core for IBM は、IBM データ・サーバー用として業界で唯一認定された、フルサポートの PHP 開発・実稼動環境です。Zend Core for IBM と IBM DB2 9 の優れたパフォーマンス、スケーラビリティー、総所有コストを実証しています。
記事 2006/10/11
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: 第1回 Red Brick Warehouse
カンタン!DB2テクテク第1歩 Red Brick Warehouse-第1回
記事 2006/8/02
XML DBデザイン・ガイド: 第3章 XML DB物理設計
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第3章ではXML DBの物理設計について詳しく解説します。
記事 2009/3/17
マニュアル
DB2 Developer Domainサイトのコンテンツ関連のマニュアル「インフォミックス」のご紹介です。インフォミックスの日本語版マニュアルがPDF形式でダウンロードできます。
記事 2008/1/29
インフォメーション・インテグレーション
レプリケーション、ホスト連携の技術情報です。
記事 2007/1/15
マニュアル
DB2 Developer Domainサイトのコンテンツ関連のマニュアル「インフォミックス」のご紹介です。インフォミックスの日本語版マニュアルがPDF形式でダウンロードできます。
記事 2008/2/03
カンタン!DB2テクテク第1歩:拡張機能編
DB2 Developer Domain連載、カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編です,
記事 2008/3/10
WebSphere Performance Benchmark Sample on Windows 2000入門
WebSphere Performance Benchmark Sample on Windows 2000入門
記事 2002/5/23
XML DBデザイン・ガイド: 第2章 XMLスキーマ設計
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第2章ではXMLスキーマ設計について詳しく解説します。
記事 2009/3/17
XML DBデザイン・ガイド: 第1章 開発プロセスとデータモデリング
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第1章では開発プロセスとデータモデリングを詳しく解説します。
記事 2009/3/17
WebSphere Application Server における DB2 機能の活用
WebSphere Application Server における DB2 機能の活用
記事 2005/12/28
DB2 における UNION ALL ビューを使用した区分化
DB2 における UNION ALL ビューを使用した区分化
記事 2006/4/07
IBM Content Analyzer の Rule Editor を使用してセマンティック・ルールを作成する
IBM® Content Analyzer の Rule Editor には、豊富なユーザー・インターフェースが用意されています。Rule Editor の画面上から簡単な方法でセマンティック・ルール(意味的規則)を作成することができ、大容量の非構造化情報に隠されているパターンと傾向を見つけることができます。この記事では、IBM Content Analyzer を使用したテキスト解析の概要を紹介し、Rule Editor のインターフェースを使用してセマンティック・ルールを作成、テストするために必要な手順を説明します。
記事 2008/9/25
Flex マイクロブロギング・アプリケーションで pureXML を利用する: 第 1 回 DB2 pureXML を使って Web サービスを機能させる
IBM DB2 の pureXML 機能を使用すれば、XML をそのままの形式でデータベースに保管することができ、XML を変更する必要がありません。一方 Adobe Flex アプリケーションは、XML を直接読み取って Flex ユーザー・インターフェースに取り込むことが可能です。この 3 回の連載記事で作成するマイクロブロギング・アプリケーションでは、pureXML、Web サービス、そして Adobe Flex を利用するだけでなく、さらにマイクロブロギングでの近況アップデートを Twitter に公開することもできます。
記事 2012/2/23
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(2)パーティション表
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(1)パーティション・データベース
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第4章 大規模ワークロードの管理
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第3章 圧縮によるストレージ格納効率の向上
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(4)ハイブリッド構成
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
XQuery による更新機能
XML を変更するには、XML 用の問い合わせ言語、XQuery を使用することができます。この記事を読んで、メモリーや DB2 pureXML データベースに保管された XML を変更するさまざまな方法を学んでください。この記事では、医療、ビジネス、金融デリバティブ、そして IT (Information Technology: 情報技術) という 4 つの異なる業界で DB2 pureXML を利用して XML を変更するそれぞれの方法を説明します。そして最後に、サブ文書の更新、あるいは文書全体の置換と保管された XML のバージョン管理を行うために XQuery を使用する場合についてのガイドラインを紹介します。
記事 2008/10/09
XML データベースによるデータの扱い方を比較する
XML が使用される機会が増えるにつれ、構造が可変のデータを無理に不適切なデータ構造に変換せずに保管できるシステムが要求されるようになってきています。そうした要求には、ネイティブ XML データベースも、XML サポートを統合したリレーショナル・データベースも応えることができます。そこで疑問となるのは、どういう理由で XML に対応した従来のデータベース、またはネイティブ XML データベースのいずれかを選択するのか、という点です。この記事では、eXist、Mark Logic、そして IBM DB2 Express-C などを含め、いくつかの異なるソリューションによるデータの扱い方を比較します。そしてそれらの違いを実際の長所短所として説明します。
記事 2008/12/16
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第1章 大規模DBへの挑戦
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
DB2 pureXML アプリケーションを 1 日で作成する
すべてをカバーする XML アーキテクチャーを利用して、情報の保管、表示、操作を行う完全な DB2 アプリケーションを作成してください。簡単な反復作業によってアプリケーションの開発、強化、修正を行うことができれば、アジャイル・アプリケーション開発手法を推進することになります。
記事 2008/12/11
保守が容易で拡張性を持った XML フォーマットを作成する
XML は構造化された文書やデータを交換するための通信フォーマットです。残念ながら多くの場合、たいした計画や設計もされず、開発を行う中で深く考えずにその場で XML フォーマットが選択されてしまっています。適切な XML フォーマットを前もって設計すれば、その通信に関係する全員の要求を満足させることができます。しかし事前に設計を行わないと、途中で何度もフォーマット変更を繰り返す羽目になります。変更が必要となる可能性の低い、十分にアジャイルなフォーマットを設計する方法を学びましょう。そうすることによって、新しい拡張機能を単に追加するだけで全体的な変更をしなくても新しい要件に対応することができるようになります。
記事 2008/8/12
ボリュームは 11 に設定 - DB2構成パラメーターのチューニング
ボリュームは 11 に設定 - DB2構成パラメーターのチューニング
記事 2002/4/01
パフォーマンス重視のDB2 SQLコーディング:基礎
パフォーマンス重視のDB2 SQLコーディング:基礎
記事 2002/10/01
LinuxへのApache+Tomcat+DB2インストール
LinuxへのApache+Tomcat+DB2インストール
記事 2006/3/13
DB2の基礎: 日付と時刻で遊ぶ
重要: この記事を読むまえに、特記事項に目を通してください。 この記事は、IBM DB2 Universal Database for Linux、UNIX、Windowsを対象に執筆されています。
記事 2009/5/28
DB2 Universal Database のトランザクション・ロギング概要
DB2 Universal Database のトランザクション・ロギング概要
記事 2003/1/23
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 Table Editor-第2話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 Table Editor-第2話
記事 2005/11/30
IBM FileNet P8 機能概説: Part 3 – コンプライアンス管理機能
この連載ではこれまでIBM FileNet P8の3つの主要な機能のうち、コンテンツ管理機能、ビジネス・プロセス管理機能について紹介しました。本稿では、残る最後の機能、コンプライアンス管理機能について説明します。これまでの機能と同様に、コンプライアンス管理機能も他の2つの機能と相互に連携しながら、企業規模のコンプライアンス管理を実現します。
記事 2007/12/21
IBM FileNet P8 機能概説: Part 2 – ビジネス・プロセス管理機能
FileNet P8の主要な機能としてビジネス・プロセス管理(BPM)がコンテンツ管理、コンプライアンス管理と共に挙げられます。BPMを対象とした製品は多数ありますが、FileNetが持つBPM機能の特徴はコンテンツ管理と一体となったビジネス・プロセス管理です。ビジネス・プロセスからFileNetのリポジトリーに格納されたコンテンツへのアクセスをコーディングなしに容易に行うことができるため、実装や運用のコストを低く抑え、ユーザビリティーの高いBPM機能を実現することが可能となっています。本稿ではFileNet P8のBPM機能を実際の画面イメージとビジネス・プロセスの具体例を交えて紹介します。
記事 2007/12/14
Web サービスを利用した .NET からの OmniFind 検索の実行
この記事では、IBM OmniFind Enterprise Edition の Web サービス・インターフェースを利用して、基本的な Microsoft .NET 検索アプリケーションを実装する方法を学習します。OmniFind Enterprise Edition では、パワフルな Java アプリケーション・プログラミング・インターフェースを使用して、開発者が J2EE または Java ベースのカスタム・アプリケーションに検索機能を組み込むことができるほか、Web サービスのプログラミング・インターフェースを使用して、Web サービスおよび SOAP 標準をサポートする任意のプログラミング言語で検索を実行することも可能です。
記事 2009/2/05
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 2 回 Optim Designerによる抽出サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solutionはアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データベースからデータを外部ファイルに保存する手順について説明します。
記事 2014/7/31
Linuxでの高可用性ミドルウェア、第5回:IBM DB2 Universal Database
この記事では、Linux High Availability solution for IBM DB2 Universal Databaseのセットアップと実装について解説します。これは、堅牢なオンデマンド・ビジネス・アプリケーションを構築するための柔軟で費用効果の高いデータベース・プラットフォームを提供するデータベース管理システムです。
記事 2005/7/14
DB2デザイン・ガイド: ロックの基礎【V9.7対応】
DB2 Linux Unix Windows での基本的なロックのしくみを解説した資料です。V9.7 に対応しています。
記事 2011/2/24
Guardium ポリシー作成の基礎知識
IBM InfoSphere Guardiumは、データベースの監視とセキュリティーのための製品で、データベース・アクティビティーを監査し、レポートの作成を行います。この記事では、Guardiumのセキュリティーおよび監査の方針を決定するポリシーの観点から適切なログの収集を行うための設定を解説します。
記事 2014/7/31
InfoSphere Guardium によるデータベースの監視を開始する
この記事では、IBM InfoSphere Guardium を導入された方が、新たにデータベースの監視を開始するために必要なステップのリストを紹介し、各ステップで行うこと、注意点等を説明します。
記事 2012/1/13
pureQuery について学ぶ: 第 1 回 Java データベース・アプリケーション作成のための IBM の新しいパラダイム
pureQuery プロジェクトは、データベース・アプリケーション開発者に設計および実装の両フェーズで大幅に生産性を向上させる手軽な GUI ベースの手段を提供します。これを実現するのは、データにアクセスして操作する際にユーザーが起動する、リレーショナル・データから Java オブジェクトへの自動変換です。変換後のオブジェクトは、ビジネス・ロジックやベースとなるコードを作成する際に、通常の OO プログラミング・パラダイムでそのまま使用することができます。問い合わせ言語を Java 自体に統合する pureQuery の機能によって、実質的に、従来の JDBC プログラミングは排除されることになります。この記事は、pureQuery に関するシリーズの第 1 回です。
記事 2007/12/14
IBM Mashup Center で FusionCharts Free グラフ・ウィジェットを使用する
記事 2011/3/17
Guardium Active/Standby 環境におけるエージェントのログ送信先コレクターの取得方法
IBM InfoSphere Guardiumは、データベースの監視とセキュリティのための製品で、データベース・アクティビティを監査し、レポートの作成を行います。この記事では、Guardium コレクターを Active/Standby 環境で利用している際に、エージェントのログ送信先コレクターを取得する方法に関して説明します。
記事 2014/10/22
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第5回 消費者信用の分析ソリューション・テンプレート(金融サービス編)
記事 2005/11/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第5回 消費者信用の分析ソリューション・テンプレート(金融サービス編)
記事 2005/11/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第4回 システム構築に有効なソリューション・テンプレート(医療保険事業編)
記事 2005/11/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第4回 システム構築に有効なソリューション・テンプレート(医療保険事業編)
記事 2005/11/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第1回 実績ある情報系データベース「Red Brick Warehouse」~最新メジャーリリース6.20のテクニカル・ブリーフ
記事 2005/11/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第1回 実績ある情報系データベース「Red Brick Warehouse」~最新メジャーリリース6.20のテクニカル・ブリーフ
記事 2005/11/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第1回 実績ある情報系データベース「Red Brick Warehouse」~最新メジャーリリース6.20のテクニカル・ブリーフ
記事 2005/11/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第1回 実績ある情報系データベース「Red Brick Warehouse」~最新メジャーリリース6.20のテクニカル・ブリーフ
記事 2005/11/30
IBM Content AnalyzerのTEXT_MINERの新機能
IBM Content AnalyzerのTEXT_MINERの新機能です。
記事 2008/11/06
Modeler と Cognos BI を連携してテキストマイニングの手法で SNS から事業に役立つ知見を導出するための手法
本稿ではテキストマイニングの手法でビッグデータから事業に役立つ知見を導出する例をご紹介します。ビッグデータの定義として、数テラバイトから数ペタバイトにもおよぶ大量のデータの集積物であるという容量の観点での定義と、企業システムで通常扱っているような構造化データではなく不定形なテキストなど非構造化データであるという多様性の観点での定義と、二つの観点での定義が知られています。本稿では、容量 (Volume) ではなく多様性 (Variety) という観点で、ビッグデータ=非構造化データをビジネスへ活用する方法を模索します。
記事 2013/12/24
DB2 ユニバーサル・データベースにおけるデータ値の暗号化
DB2 ユニバーサル・データベースにおけるデータ値の暗号化
記事 2005/12/21
FileNetによるBPMアプリケーションの構築: 第2回:Business Process Framework (BPF)を利用したFileNet Webアプリケーションの構成
本記事は、全3回連載の第2回目になります。本連載では、IBM FileNet P8プラットフォームとビジネス・プロセス・フレームワーク(BPF)によるビジネス・プロセス管理(BPM)アプリケーションの構築手順をご紹介します。架空の貿易会社XYZ社を例にあげて説明してい行きます。第2回目の記事では、BPFの紹介とBPF Explorerの利用方法について説明していきます。契約書管理Webアプリケーションとコンテンツ・エンジン、プロセス・エンジン、BPF Explorerに関連する構成ファイルについては、文末に添付します。
記事 2007/1/28
DB2 UDB バージョン8で英語のOS上にマルチバイト文字セット(MBCS)データベースを設定する
DB2 UDB バージョン8で英語のOS上にマルチバイト文字セット(MBCS)データベースを設定する
記事 2004/11/26
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第3回 システム構築に有効なソリューション・テンプレート(通信事業編)
IBM Red Brick Warehouseの連載「赤レンガ倉庫6丁目2番地 」第3回です。
記事 2005/9/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第4回 システム構築に有効なソリューション・テンプレート(医療保険事業編)
IBM Red Brick Warehouseの連載「赤レンガ倉庫6丁目2番地 」第4回です。
記事 2005/9/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第三話
カンタン!DB2テクテク第1歩 エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第三話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 クエリー・パトローラー-第四話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 クエリー・パトローラー-第四話
記事 2002/10/01
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(3)マルチディメンション・クラスタリング(MDC)表
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
eDiscovery Manager/Analyzer V2.2 詳説
この記事では、eディスカバリーのソリューションを支援するeDiscovery ManagerとeDiscovery Analyzerの概要を紹介し、eDiscovery Manager / Analyzerが膨大な電子情報から訴訟などに関連する情報を効率よく収集し、どのように高度な解析を行うかについて説明します。
記事 2011/7/15
DB2のセキュリティー: 第4回 3層Webシステム構成時の監査方法
この記事では、DB2の監査機能に関して、3層Webシステム構成時の監査方法についてご紹介したいと思います。
記事 2009/2/19
簡単! DB2の運用: 第4回 セルフチューニング・メモリー
この記事では、DB2のオートノミック・コンピューティング機能の一つであるセルフチューニング・メモリーについて説明します。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, Unix, Windowsを前提としています。
記事 2009/1/23
簡単! DB2の運用: 第3回 DB2の安定稼働(ヘルス・モニター)
この記事では、DB2の監視ツールであるヘルス・モニターについてご紹介いたします。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, UNIX and Windowsを前提としています。
記事 2009/1/16
簡単! DB2の運用: 第5回 ログと回復管理
この記事では、DB2のログと回復管理についてご紹介いたします。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, UNIX and Windowsを前提としています。
記事 2009/1/30
簡単! DB2の運用: 第2回 自動メンテナンス
この記事では、DB2の自動メンテナンスについてご紹介いたします。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, UNIX and Windowsを前提としています。
記事 2009/1/09
101 - 661 件のうちの 200 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示