製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(39 製品)

(89 トピック)

(0 インダストリー)

(4 種類)

1 - 661 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 down 日付 none
IBM Database Encryption Expertを利用してデータを保護する: 第 1 回 主な機能とメカニズム
IBM Database Encryption Expert (DEE) は、アプリケーションがファイル・システムに書き込むデータやデータベースのバックアップ・イメージを暗号化し、アクセス制御する機能を提供します。DEE Version 1.1 Fix Pack 3では、DB2に加えて、新たにIDS (Informix Dynamic Server) がサポートされ、さらに多くのプラットフォームに対応するようになりました。この連載では、DEEの機能やメカニズム、操作方法、いくつかのシナリオなどを紹介します。第1回は、主な機能とメカニズムについて解説します。
記事 2008/12/19
多層にわたる XML のプログラミング: パフォーマンス、忠実性、そして開発の単純化のために中間層で XML を使用する
この記事で、データベースおよび中間層で XML データを操作する手法として、パフォーマンスに優れた自然な手法を学んでください。記事では XML データベースと Atom サービスの XML データを統合する Web アプリケーションを例に、この手法を説明します。そしてこのようなアプリケーションを構築する手段として、XML データベース、JDBC 4.0 の SQLXML サポート、そして IBM WebSphere Application Server V7.0 Feature Pack for XML を使用します。
記事 2010/3/31
Google Web Toolkit、Apache Derby、Eclipse を使用して Ajax アプリケーションをビルドする 第 2 回: 信頼できるバックエンド
GWT (Google Web Toolkit) を使用した Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) アプリケーションのビルド方法についての連載第 2 回目では、Web アプリケーションのための Apache Derby データベースをビルドして GWT の制御に使用する方法について学びます。第 1 回の記事では GWT の概要と、GWT を使用して Web アプリケーションのリッチ・クライアント・フロントエンドを作成する方法を紹介しました。今回は舞台裏に回り、データベース、そして GWT が使用できる形式にデータを変換するためのコードでバックエンドをセットアップする方法について学びます。この記事を読み終える頃には、フロントエンドとバックエンドが対話する準備が完了しているはずです。
記事 2007/1/23
Apache Derby で Eclipse プラグインを開発する
Apache Derby データベースでリソース索引付け機能を使って Eclipse プラグインを開発する方法を実演します。Derby データベースを Eclipse に組み込んで使用すれば、セキュリティーやネットワークの問題 (接続が不安定になったり、待ち時間が長くなるなど) が一切ない SQL データベースをクライアント側に作成できます。情報を保管して、前に保管されたデータを素早く検索する簡単な方法としては、SQL データベースと JDBC API を使用します。
記事 2007/1/16
Google Web Toolkit、Apache Derby、Eclipse を使用して Ajax アプリケーションをビルドする 第 4 回: デプロイメント
この連載ではこれまで 3 回の記事で、GWT (Google Web Toolkit) を使って単純ながらも機能的な Web アプリケーションをビルドしました。今までは、GWT のホスト・モードを使用して、このアプリケーションを編集し、デバッグしてきました。そのため、Java 開発ツール内で Web サーバー環境をシミュレートできましたが、残念ながらすべてのユーザーにこの Web アプリケーションを実行するためだけに Eclipse をダウンロードしてもらうのは、現実的ではありません。そこで連載 4 回目となる今回の記事では、Java Web アプリケーション・サーバー内で GWT をデプロイする方法と、Apache Derby データベースを使って GWT を動作させる上でのヒントを紹介します。
記事 2007/2/27
DB2 UDB V7 運用管理
DB2 UDB V7 運用管理の資料です。
記事 2007/12/21
Apache Derbyを使用した開発 - 3連単を当てる: Apache Derbyを使用したJavaデータベース開発、パート1
Apache Derby データベースと連動する Java アプリケーションを作成する旅にようこそ! 旅の始まりとなるこの記事では、Derby 組み込み JDBC (Java Database Connectivity) ドライバーを使って、組み込み Derby データベースに接続する方法を説明します。さらに、データベース・メタデータ、そして Derby によって生成される可能性がある Java アプリケーションの SQL エラーや警告を正しく処理する方法についても学んでください。
記事 2006/12/12
Apache Derby を使用した開発 ― 3 連単を当てる: Apache Derby を使用した Java データベース開発、パート 4
SQL カーソルの概要、そして SQL カーソルを使用して Apache Derby データベースで動的にデータを変更する方法を学んでください。SQL カーソルは、ij ツールを使って明示的に使用することも、該当する Java メソッドを呼び出して暗黙的に使用することもできます。この機能をマスターすれば、ビジネス・アプリケーションに合わせて選択的にデータを変更可能な Java アプリケーションを作成できるようになれるはずです。
記事 2007/4/17
Apache Derby を使用した開発 ― 3 連単を当てる: Apache Derby を使用した Java データベース開発、パート 3
Java プログラムから Apache Derby データベースを変更する方法を学んでください。今回は連載の前の 2 回の記事を基に、Java アプリケーション内から Apache Derby データベースのテーブルを作成および削除する方法、データを挿入、更新、削除する方法を説明します。また、JDBC の Statement および <code>PreparedStatement</code> クラスの使用方法、そして SQL バッチによってパフォーマンスを改善する方法も取り上げます。
記事 2007/2/20
インフォメーション・インテグレーション
インフォメーション・インテグレーションの技術情報です。
記事 2007/9/11
学習コンテンツのためのXMLベースの情報アーキテクチャー、第1回:DITA特殊化デザイン
記事は、学習およびトレーニング分野における再利用可能コンテンツとe-learning配信に関する豊富な背景知識に直接基づいています。この第1回では、学習のための統一的なコンテンツ・モデルの出発点になるDITA XML拡張セットを提案します。
記事 2005/8/05
Apache Derby を使用した開発 -- 3連単を当てる: Apache Derby によるデータベース開発第 5 回
このシリーズの前回の記事を元に、より強力な SELECT 文を開発します。クエリーで選択された複数のデータ行を変更するための ORDER BY 節や DISTINCT キーワードの使い方や、クエリーの中に基本的な算術演算子を含める方法を学びましょう。
記事 2006/7/11
Apache Derbyを使用した開発 -- 3連単を当てる : 第3回 Apache Derbyによるデータベース開発
自己記述式のSQLコマンド・ファイルの作り方を学びましょう。SQLコマンドと有用なコメントをテキスト・ファイルの中に置くことによって、コマンドを好きなだけ繰り返し実行することができます。この記事では、SQLスクリプト・ファイルの基本的な原理を紹介した後、スクリプト・ファイルを実行するための3つの方法について説明します。
記事 2006/5/12
MySQL を超える
MySQL は最もよく使われるプログラムの 1 つですが、多くの開発者は MySQL をそのまま使用するのではなく、独自の機能を提供する他のプロジェクトへと分岐させる必要があると感じています。現在、MySQL には多くの興味深いサブプロジェクトや分岐製品が存在しています。
記事 2011/11/25
情報の観点から考える SOA デザイン、第 5 回: SOA での InfoSphere Data Architect の価値および使用
IBM InfoSphere™ Data Architect、IBM Industry Models、および IBM Information Server を使用した統一メタデータ管理で、プロセス、サービス、およびデータ・モデルを連携する方法について学びましょう。これらのツールを使用することで、SOA プロジェクトの進行が加速します。シリーズ「情報の観点から考える SOA デザイン」の第 5 回では、SOA におけるデータ・モデリング・パターンをサポートする製品の主な特長について述べます。
記事 2008/12/25
DB2 9.5 pureXML入門 - pureXMLサンプル・データベース
DB2 9以降の新機能であるpureXMLを体験して下さい。サンプルデータを使って、XMLデータベースを作成し、XQueryを試してみましょう!
記事 2008/10/01
Eclipse で軽量の OSGi アプリケーションを構築する
OSGi は、Java の世界とその他多くの分野で、動的なモジュール・システムを構築するための事実上の業界標準となっています。この記事では、Eclipse で OSGi アプリケーションを開発する際のプロセス、シナリオ、ソリューション、プラクティスを、相関するサンプル・コードを用いて説明します。OSGi フレームワークとそのコア・サービスについて系統立てて理解してください。
記事 2011/11/25
連合データにアクセスするWebコンポーネントの構築
連合データにアクセスするWebコンポーネントの構築
記事 2002/9/01
PHP と DB2 9、そして Xajax を組み合わせ、Ajax を使う
PHP は Web アプリケーションの開発に一般的に使われるスクリプト言語です。また Ajax (Asynchronous JavaScript and XML) は、JavaScript とDOM (Document Object Model)、そして XMLHttpRequest 技術を組み合わせ、クライアントとサーバーとの間で動的な対話動作を行わせるための Web 技術です。PHP で Ajax を使うための PHP クラス・ライブラリーには、さまざまなものがあります。そのうちの 1 つが、オープンソースでオブジェクト指向の PHP クラス・ライブラリーである Xajax です。この記事では、PHP と Ajax、そして Xajax を実装し、Linux、UNIX、Windows 用の IBM DB2 9 にアクセスする動的な Web アプリケーション・ソリューションを開発する方法について学びます。
記事 2007/1/25
DB2 7.2とVisual Basic 6.0 - ADOの連結および非連結フォーム
DB2 7.2とVisual Basic 6.0 - ADOの連結および非連結フォーム
記事 2004/12/15
DB2 UDBでの低レベル・アクセス制御の実装
DB2 UDBでの低レベル・アクセス制御の実装
記事 2004/11/26
IBM DB2 UDBとOracleのバックアップおよびリカバリーの比較: 第 2 回
IBM DB2 UDBとOracleのバックアップおよびリカバリーの比較
記事 2004/7/22
情報活用インフラ「DB2 Data Warehouse Edition」が提供するBIテクノロジー: 第1回 先進のBIフロントエンド、DB2 Alphablox
先進のBIフロントエンド、DB2 Alphabloxの連載記事です。
記事 2005/11/21
DB2 UDB EEE :チューニングのためのクイック・リファレンス
DB2 UDB EEE :チューニングのためのクイック・リファレンス
記事 2002/5/23
DB2問題判別 習熟シリーズ: 第6回 パフォーマンスの問題判別
DB2問題判別 習熟シリーズ 第6回 パフォーマンスの問題判別
記事 2005/11/16
DB2問題判別 習熟シリーズ: 第4回 DB2の問題判別ツール
DB2問題判別 習熟シリーズ 第4回 DB2の問題判別ツール
記事 2005/11/16
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2問題判別 習熟シリーズ: 第2回 インストールの問題判別
DB2問題判別 習熟シリーズ 第2回 インストールの問題判別
記事 2005/10/31
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第10回ステップ2-DWHの構築、ステップ3-情報の分析
IBM Red Brick Warehouseの連載「赤レンガ倉庫6丁目2番地 」です。
記事 2005/9/30
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第6回 販売およびマーケティング向けソリューション・テンプレート(小売業編)
IBM Red Brick Warehouseの連載「赤レンガ倉庫6丁目2番地 」第6回です。
記事 2004/11/26
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第5回 消費者信用の分析ソリューション・テンプレート(金融サービス編)
IBM Red Brick Warehouseの連載「赤レンガ倉庫6丁目2番地 」第5回です。
記事 2004/11/26
赤レンガ倉庫6丁目2番地: 第2回 Red Brick 6.20新機能のご紹介
IBM Red Brick Warehouseの連載「赤レンガ倉庫6丁目2番地 」第2回です。
記事 2004/11/26
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 Net Search Extender-第3話
DB2 Net Search Extender(以下NSE)の3回目では、SQLスカラー関数でNSEが提供する いくつかの検索方法を使ってみましょう。
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第四話
カンタン!DB2テクテク第1歩 エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第四
記事 2005/11/30
情報活用インフラ「DB2 Data Warehouse Edition」が提供するBIテクノロジー: 第4回 DB2 Data Warehouse Editionのご紹介
連載:DB2 DB2 先進のBIフロントエンド、DB2 Alphabloxの第4回です。
記事 2006/2/15
情報活用インフラ「DB2 Data Warehouse Edition」が提供するBIテクノロジー: 第2回 QMFへの第一歩
連載:DB2 DB2 先進のBIフロントエンド、DB2 Alphabloxの第2回 QMFへの第一歩です。
記事 2005/12/16
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DPropR-第三話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DPropR-第3話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 Net Search Extender-第1話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 Net Search Extender-第1話
記事 2005/11/30
困ったときの、DB2 UDB調査ポータル
このポータルで紹介する手順で調査をおこなうと、多くの場合に30分で半数が解決できます。 パスポート・アドバンテージ(以下PA)テクニカル・サービスに支援依頼を行う場合にも、初期資料を準備でき約20時間解決が早くなることが、過去事例で判明しています。
記事 2006/5/04
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 Table Editor-第1話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 Table Editor-第1話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 クエリー・パトローラー-第二話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 クエリー・パトローラー-第二話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 クエリー・パトローラー-第一話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 クエリー・パトローラー-第一話
記事 2005/11/30
ビジネス・インテリジェンスが情報を活かす!: 第2回 「DB2 Data Warehouse Edition V9.1」が提供するETL(DWE SQL Warehousing Tool)
連載:ビジネス・インテリジェンスが情報を活かす!-第2回
記事 2006/10/23
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 XMLエクステンダー:第2話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 XMLエクステンダー:第2話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 XMLエクステンダー:第1話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2 XMLエクステンダー:第1話
記事 2002/8/01
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DPropR-第二話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DPropR-第2話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DPropR-第一話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DPropR-第1話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: 第2回 Red Brick Warehouse
カンタン!DB2テクテク第1歩 Red Brick Warehouse-第2回
記事 2005/12/16
ビジネス・インテリジェンスが情報を活かす!: 第3回 分析アプリケーションの構築 (DWE Cube ViewsとDB2 Alphablox)
「データ分析」をテーマにして、DWE Cube ViewsとDB2 Alphabloxを紹介
記事 2007/3/14
ビジネス・インテリジェンスが情報を活かす!: 第1回 情報活用インフラ「DB2 Data Warehouse Edition V9.1」の新機能と情報系のデータモデル
連載:ビジネス・インテリジェンスが情報を活かす!-第1回
記事 2006/10/23
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2コネクト 第3話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2コネクト 第3話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2コネクト 第2話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2コネクト 第2話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2コネクト 第1話
カンタン!DB2テクテク第1歩 DB2コネクト 第1話
記事 2005/11/30
クラウド上に PHP 開発環境を作る
Linux データ・サーバーと Web アプリケーション・サーバーをプロビジョニングする方法、秘密鍵を変換する方法、SSH によってサービスに接続する方法、構成済みの PHP ディストリビューションをインストールする方法、そして接続をテストする方法を学んでください。
記事 2011/3/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
エージェントレスな手法を使用して効率的なバックアップとリカバリーを行う
クラウドに関する現在の状況は数年前とは少し異なるようです。大きな違いの 1 つは、今やクラウドには一般コンシューマー向けの Web アプリケーションが置かれるのみならず、企業向けの製品レベルのアプリケーションもクラウドでホストされるようになっている点です。また、仮想化されたクラウド・データ・センターは、高速かつ効率的な方法でのデータ・アクセスおよびデータの格納、さらには潜在する問題が発生した場合のエンタープライズ・アプリケーション・データのデータ・リカバリーなどを行う上で効果的なバックアップを実践しているため、こうしたデータの扱いをするための優れた選択肢となります。この記事では、従来のエージェント・ベースのバックアップ手法よりも優れたクラウド指向のデータ・リカバリー手段を提供するエージェントレスなバックアップ手法を提案します。まず始めにバックアップ手法の選択肢を紹介し、続いて著者らが開発した、IBM SmarterCloud Enterprise 上で実行される実際のエージェントレス・クラウド・リカバリー・システムについて説明します。
記事 2012/11/08
ボリュームは 11 に設定 - DB2構成パラメーターのチューニング
記事 2006/7/03
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 V8 + WebSphere Studio V5でつくるDB2のWebサービス機能
記事 2007/2/14
DB2 EveryplaceによるPalmデバイス用モバイル・アプリケーションの作成
記事 2002/9/05
DB2 EveryplaceによるPalmデバイス用モバイル・アプリケーションの作成
記事 2002/9/05
DB2 EveryplaceによるPalmデバイス用モバイル・アプリケーションの作成
記事 2002/9/05
DB2 EveryplaceによるPalmデバイス用モバイル・アプリケーションの作成
記事 2002/9/05
DB2 EveryplaceによるPalmデバイス用モバイル・アプリケーションの作成
DB2 EveryplaceによるPalmデバイス用モバイル・アプリケーションの作成
記事 2002/9/05
DB2 によるXMLスキーマの進化とXMLデータの管理
「DB2 によるXMLスキーマの管理とXML データの妥当性検証」では、XMLスキーマを利用したXMLデータの妥当性検証と、その情報の取得方法などについて述べましたが、この記事では、XMLスキーマの進化におけるXMLデータの管理方法について紹介します。なお、この記事は、DB2 9.7 for Linux, UNIX and Windows に基づいて述べられています。
記事 2009/11/19
DB2 EveryplaceによるPalmデバイス用モバイル・アプリケーションの作成
記事 2002/9/05
DB2 UDB バージョン8で英語のOS上にマルチバイト文字セット(MBCS)データベースを設定する
記事 2004/11/26
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築: データベースの最後のレコードを参照
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
DB2 EveryplaceによるワイヤレスJava用アプリケーションの構築
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 クエリー・パトローラー-第三話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: DB2 クエリー・パトローラー-第三話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第四話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第四話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第三話
記事 2005/11/30
DB2問題判別 習熟シリーズ
このシリーズは、DB2データベース環境のサポートおよび開発に携わる人々が直面する問題やエラーの、すばやい発見と解決を支援するために作られています。当シリーズを通じて、DB2に用意されている問題判別機能やツールの最適な使用方法について習熟できます。なお、当シリーズはDB2 V7.2を対象としています。DB2 V8.1を対象とする場合には、そのことが明記されています。
記事 2007/9/12
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第三話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第三話
記事 2005/11/30
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第三話
記事 2005/11/30
PureApplication System 仮想パターン構築の極意: 第 3 回 仮想パターン構築において役立つ手法 (その 2)
当シリーズでは、ISV アプリケーションを IBM PureApplication System 上の仮想アプリケーション・パターン (Virtual Application Pattern: 以下、VAP) と仮想システム・パターン (Virtual System Pattern: 以下、VSP) として構築する上で筆者らが得たノウハウやベスト・プラクティスをご紹介します。その中で今回は、問題発生時の対応の際に役立つ手法を中心にご紹介します。
記事 2012/11/29
IBM Cloud 上の Decision Composer で大きく視野を広げる
このチュートリアルの手順に従って、Decision Composer アプリケーションを Business Rules サービスにデプロイし、Hadoop 内で実行する方法を学んでください。IBM Cloud Liteは無償で利用できます。
記事 2018/6/14
カンタン!DB2テクテク第1歩 拡張機能編: エンタープライズ・コンテンツ管理とは-第三話
記事 2005/11/30
インフォメーション・インテグレーション
WebSphere Information Integrator OmniFind Editionの技術情報です。
記事 2006/9/26
1 - 661 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示