製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(39 製品)

(89 トピック)

(0 インダストリー)

(4 種類)

201 - 661 件のうちの 300 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
IBM Cognos 8 Go! Mobile によるスマートフォンからの情報活用
本稿ではIBM Cognos 8 Go! Mobileの特長とインストール、レポートの実行と参照について紹介します。
記事 2009/11/06
Flex マイクロブロギング・アプリケーションで pureXML を利用する: 第 3 回 pureXML Web サービスを使用して、マイクロブログ・エントリーを HTML ページに公開する
IBM DB2 の pureXML 機能を使用すれば、XML をそのままの形式でデータベースに保管することができ、XML を変更する必要がありません。一方 Adobe Flex アプリケーションは、XML を直接読み取って Flex ユーザー・インターフェースに取り込むことが可能です。この 3 回の連載記事で作成するマイクロブロギング・アプリケーションでは、pureXML、Web サービス、そして Adobe Flex を利用できるだけでなく、さらにマイクロブロギングでの近況アップデートを Twitter に公開することもできます。連載の第 1 回では、Web サービスについて説明し、マイクロブログ・データベースを作成およびテストして、DB2 pureXML を使用した Web サービスを有効にする方法を説明しました。第 2 回では Adobe Flex と ActionScript を利用してアプリケーションのユーザー・インターフェースを作成しました。連載の最終回となる今回の記事では、サンプル pureXML Web サービスを使用して、マイクロブログのエントリーを HTML ページに公開する方法を説明します。
記事 2009/11/03
Flex マイクロブロギング・アプリケーションで pureXML を利用する: 第 2 回 Flex でアプリケーション・ユーザー・インターフェースを作成する
IBM DB2 の pureXML 機能を使用すれば、XML をそのままの形式でデータベースに保管することができ、XML を変更する必要がありません。一方 Adobe Flex アプリケーションは、XML を直接読み取って Flex ユーザー・インターフェースに取り込むことが可能です。この 3 回の連載記事で作成するマイクロブロギング・アプリケーションでは、pureXML、Web サービス、そして Adobe Flex を利用するだけでなく、さらにマイクロブロギングでの近況アップデートを Twitter に公開することもできます。連載の第 1 回では、Web サービスについて説明し、マイクロブログ・データベースを作成およびテストして、DB2 pureXML を使用した Web サービスを有効にする方法を説明しました。第 2 回となる今回の記事では、Adobe Flex と ActionScript を利用してアプリケーションのユーザー・インターフェースを作成します。
記事 2009/11/03
DB2 9.7 Oracle互換
DB2 9.7で強化されたOracle互換機能について、ご説明いたします。
記事 2009/10/19
pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 1 回 DB2 pureXML による JSON の保管とクエリー
記事 2009/10/13
pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 1 回 DB2 pureXML による JSON の保管とクエリー
記事 2009/10/13
Amazon EC2でDB2を試そう
この記事ではAmazonが提供するクラウド・サービス、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)で DB2を利用するためのセットアップ方法をご紹介しています。Amazon EC2はハードウェアを持たない環境において DB2を使ったアプリケーションを開発するのに非常に適した環境ですので、ぜひお試しください。
記事 2009/10/05
OpenLDAPを使用したIBM Cognos 8 BIの認証設定方法
IBM Cognos 8 BIでは、外部認証プロバイダを利用した認証サービスをおこないますが、そこにあらかじめ定義されたユーザーやグループを利用してロール・ベースの情報アクセスのフィルタリング設定が可能です。この記事では、SUSE Linuxで利用されるOpenLDAPを使用して、IBM Cognos 8 BI認証およびセキュリティーの設定を行う方法を紹介します。この記事はCognos 8 BIを構築・管理するシステム管理者の方を対象読者と想定しています。OpenLDAPの基本設定やIBM Cognos 8 BIのインストールが既に行われている環境を前提として書かれています。
記事 2009/9/11
IBM Cognos 8 BIとTivoli Access Manager のインテグレーション
IBM Cognos 8 BI は、企業内の膨大なデータを意思決定に活用するためのビジネス・インテリジェンス機能を提供する製品です。単一のサービス指向アーキテクチャー (SOA)上に構築されており、情報の一貫性維持および統制に優れたプラットフォームです。また、IBM Tivoli Access Manager for e-businessは、複数のWebアプリケーションに対して一元的なアクセス管理を実現する製品です。不正アクセスを防止しながらユーザーの利便性を向上させます。この記事では、IBM Cognos 8 BIとIBM Tivoli Access Manager for e-business を統合し、シングルサインオンを実現した設定例を示します。なお、異なるオプションで構成する場合には事前に動作確認されることをお勧めします。
記事 2009/8/20
IBM Data Studioクイック・スタート
このドキュメントではIBM Data Studio for Windowsをインストールする方法をご紹介します。
記事 2009/8/18
Optim Development Studio インストール・ガイド
この記事ではOptim Development Studio 2.2をWindowsプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 この製品はダウンロード可能な評価版もあり、製品の評価に利用することができます。 評価版は使用期限がある以外は製品版と同じですので、インストール方法も同じです。
記事 2009/8/12
IBM Data Studio インストール・ガイド
この記事ではIBM Data Studio 2.2をWindowsプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 この製品はダウンロード可能な評価版もあり、無償で利用することができます。
記事 2009/8/12
Optimデモ: Optimでクレジット・カードのテスト・データも安全に作成
企業の情報漏洩を考える上で、テストデータに関してもデータ保護によるリスク回避が必要です。 IBM Optim Data Privacy Solutionは、データの意味を維持してマスキング、機密情 報保護と正確なテスト実施を両立できるソリューションです。
記事 2009/8/01
情報の観点から考える SOA デザイン、第 4 回: SOA で標準モデリング・パターンを適用することの価値
SOA デザインでの標準モデリングのアプローチおよび価値を発見しましょう。どのようにすれば SOA で標準データ・モデルを標準メッセージ・モデルと一致させることができるかを検討します。「情報の観点から考える SOA デザイン」連載第4回のこの記事では、テクノロジーやツールからは離れた、データ・モデリングおよびメッセージ・モデリングの概念について学習します。ここで学習する概念をIBM® のソフトウェア製品を使用して実装する方法については、後続の記事で解説します。
記事 2009/8/01
DB2 9.7デモ: CLP PlusでPL/SQLを実行する
DB2 9.7からの新機能、SQL*Plusと同じ操作で利用できるC LP Plusのデモです。簡単なPL/SQL関数を作成して実行して みました。
記事 2009/8/01
DB2 9.7デモ: CLP PlusでDUAL表を操作してみる
DB2 9.7からの新機能、SQL*Plusと同じ操作で利用できるC LP Plusのデモです。DUAL表を使ってTO_CHAR関数やI NITCAP関数を実行します。
記事 2009/8/01
DB2 pureXMLデモ: XML DB(DB2 pureXML)によるコンテンツ管理のデモ
XML DB(DB2 pureXML)によるコンテンツ管理のデモです。XML形式でデータを格納しているため、ツリー構造のデータをそのまま管理す ることができます。また、新しい項目の追加なども簡単です。
記事 2009/8/01
IBM InfoSphere Information Server パラレルエンジン 概説: 前編
2008年9月に IBM InfoSphere Information Server バージョン 8.1がリリースされました。Information Serverは情報統合のためのスイート製品群であり、IBMの推進する Information On Demand (IOD)を実現するための中核の製品として位置付けられています。本稿では、Information Serverの実行エンジンである通称パラレルエンジンについて紹介するとともに、パラレルエンジンをより効率的に利用する方法について技術的に解説します。前編では、パラレルエンジンの概略とサンプル・ジョブについて、後編ではサンプル・ジョブが解釈・実行される際の詳細とチューニング方法の例を解説します。
記事 2009/7/24
IBM InfoSphere Information Server パラレルエンジン 概説: 後編
2008年9月に IBM InfoSphere Information Server バージョン 8.1がリリースされました。Information Serverは情報統合のためのスイート製品群であり、IBMの推進する Information On Demand (IOD)を実現するための中核の製品として位置付けられています。本稿では、Information Serverの実行エンジンである通称パラレルエンジンについて紹介するとともに、パラレルエンジンをより効率的に利用する方法について技術的に解説します。前編では、パラレルエンジンの概略とサンプル・ジョブについて、後編ではサンプル・ジョブが解釈・実行される際の詳細とチューニング方法の例を解説します。
記事 2009/7/24
IBM Cognos Series 7 to IBM Cognos 8 Upgrade
本書は、IBM Cognos Series 7 の移行ツールに用意されている資料を補足するための資料です。IBM Cognos Series 7 の PowerPlay と Upfront のコンテンツを IBM Cognos 8 BI にアップグレードするための準備作業の注意点を取り上げています。
記事 2009/7/14
DB2 9.7 インストール・ガイド(Linux編)
この記事ではDB2 9.7 Enterprise Server EditionをLinuxプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 Workgroup Server Edition、Express Edition、Express-Cなど他のエディションについてもインストール方法は同じですので、 この記事を参考にして下さい。またダウンロード可能な評価版もあり、製品の評価に利用することができます。 評価版は使用期限がある以外は製品版と同じですので、インストール方法も同じです。
記事 2009/7/07
DB2 9.7 インストール・ガイド(Windows編)
この記事ではDB2 9.7 Enterprise Server EditionをWindowsプラットフォームにインストールする方法をご紹介します。 Workgroup Server Edition、Express Edition、Express-Cなど他のエディションについてもインストール方法は同じですので、 この記事を参考にして下さい。またダウンロード可能な評価版もあり、製品の評価に利用することができます。 評価版は使用期限がある以外は製品版と同じですので、インストール方法も同じです。
記事 2009/7/07
企業のためのクラウド・コンピューティング: 第 3 回 WebSphere CloudBurst を使ってプライベート・クラウドを構築する
この連載記事の第 1 回では、クラウド・コンピューティング全般について説明しました。そこではクラウドを構成する各階層、そしてさまざまなクラウドのタイプを、それぞれの利点や欠点と併せて紹介し、またクラウド・コンピューティングを取り巻く動向がエンタープライズ開発者にとって重要である理由を説明しました。第 2 回ではパブリック・クラウドに注目し、IBM WebSphere sMash と IBM DB2 Express-C を使用して、パブリック・クラウドによるインフラ上にホストされた Web アプリケーションを実現する方法を説明しました。今回の記事では IBM WebSphere CloudBurst と IBM WebSphere Application Server Hypervisor Edition を紹介し、これらの新しい製品を使用することで、WebSphere エンタープライズ環境が、いかにプライベート・クラウド・コンピューティングの多大なメリットを享受できるようになるかを説明します。
記事 2009/6/24
pureXMLでJasperReportsを楽しもう
JasperReportsは、SQLを発行し、その結果をレポーティングすることができます。しかし、XQueryはサポートしていません。簡単な拡張で、JasperReportsでXQueryが使えるようになります。
記事 2009/6/19
IBM Optimが提供する3つのソリューション
エンタープライズデータ管理製品である「IBM Optim」が提供する3つのソリューションをご紹介します。
記事 2009/6/01
DB2 9.5 インストール・ガイド(Linux編)
このドキュメントでは、DB2 Workgroup Server Edition 9.5 for Linuxをインストールする方法をご紹介します。
記事 2009/6/01
DB2 9.5 インストール・ガイド(Windows編)
このドキュメントではDB2 Enterprise Server Edition 9.5 for Windowsをインストールする方法をご紹介します。
記事 2009/6/01
DB2の基礎: 日付と時刻で遊ぶ
重要: この記事を読むまえに、特記事項に目を通してください。 この記事は、IBM DB2 Universal Database for Linux、UNIX、Windowsを対象に執筆されています。
記事 2009/5/28
IBM Cognos8 BI インストールガイド
本稿は、Windows が動作するコンピューターに、IBM Cognos 8 BI Version8.3のMetrics StudioおよびSDKを除いたコンポーネントすべてをインストールする場合に必要な設定を短時間で行い、短期間のうちに運用に入っていただくことを目的としています。本稿は、以下に明記してある製品を使用し、ステップ・バイ・ステップ形式で書いてあります。不必要な項目につきましては、読み飛ばしていただいても構いません。本稿で取り上げていない製品やより詳細な説明が必要な際は、該当する製品のマニュアル等ご参照ください。
記事 2009/5/26
DB2 での pureXML パフォーマンスのための 15 のベスト・プラクティス
DB2 9 では、pureXML サポートが導入されています。これはつまり、XML データが固有の階層フォーマットで保管され、クエリーされることを意味しています。DB2 では、XML データをクエリーするために SQL/XML と XQuery という 2 つの言語を提供しています。また、DB2 9 は高度な XML 索引機能を持ち、XML Schema 検証をサポートしています。DB2 のパフォーマンスに関する従来からのガイドラインの大部分は XML データにも適用できますが、この記事では特に XML に固有のパフォーマンスについてのヒントを説明します。この記事は、DB2 9.5 用に更新されています。[2009年5月26日: リスト 12 およびリスト 13 のコードを修正しました (編集者より)。]
記事 2009/5/26
PMML として保管されたデータ・マイニングの結果を DB2 の XQuery を使って抽出する
データ・マイニングは、構造化されたデータの中にあるルールやパターンを発見するプロセスです。DB2(R) のデータ・マイニングでは、InfoSphere(R) Warehouse の一部である Intelligent Miner(R) を使用します。Intelligent Miner はデータ・マイニングの結果を XML ベースの PMML (Predictive Model Markup Language) フォーマットで保管します。DB2 9 が発売されてからは、XML で保管された情報を XQuery を使って効率的に処理できるようになりました。データ・マイニングの結果を基に独自のアクセス方法を作成することが、DB2 の XQuery によってどれほど容易になるかを学びましょう。
記事 2009/5/21
企業のためのクラウド・コンピューティング: 第 2 回 Amazon EC2 パブリック・クラウドでの WebSphere sMash と DB2 Express-C
この連載記事の第 1 回では、クラウド・コンピューティング全般、クラウドを構成する各層、そしてそれぞれに異なるクラウドのタイプをその利点および欠点と併せて紹介し、クラウド・コンピューティングへの移行がエンタープライズ開発者にとって重要である理由を説明しました。今回の記事ではパブリック・クラウドに注目し、IBM WebSphere sMash と IBM DB2 Express-C の AMI (Amazon Machine Image) を使用して EC2 パブリック・クラウド・インフラストラクチャーにホストされた Web アプリケーションを提供する方法を説明します。
記事 2009/5/20
Optim Products for z/OSの機能
IBM Optim Products for z/OSでは主に3つのSolutionが提供されていますが、この区分けとは別に主に4つの製品コンポーネントを持っており製品画面やマニュアルはこれらのコンポーネントに基づいて提供されています。 この記事では、これら4つのコンポーネントの紹介と3つのSolutionの関係について説明します。
記事 2009/5/20
Optim: データ・プライバシー・ポリシーのカスタマイズ手法
IBM Optim Data Privacy Solution バージョン1.2は、多様なデータ・プライバシー・ポリシーを提供し、データソース内のさまざまな機密情報をマスクすることができます。さらに、ユーザーが独自のデータ・プライバシー・ポリシーを作成することで、より複雑なデータのマスクや、企業独自のルールに従ったマスクも可能になります。本稿では、データ・プライバシー・ポリシーの作成手法とその具体例を紹介します。
記事 2009/5/11
DB2 9.7 の新しい pureXML フィーチャーでビジネス・インテリジェンスと XML データのスケーラビリティーを強化する
IBM DB2(R) for Linux(R), UNIX(R), and Windows(R), Version 9.7 には、pureXML 対応のデータベース設計、管理、開発の新しいフィーチャーが用意されています (2009年4月22日発表)。企業がより効果的に XML データをビジネス・インテリジェンス環境に統合する上で DB2 バージョン 9.7 の技術がどのように役立つのか、そして企業はますます増えていく XML データにどのようにして対処できるのかを学んでください。この記事では pureXML に関する新しい機能の要点をまとめ、その使用方法を説明するとともに、サンプル・アプリケーションのシナリオを検討します。
記事 2009/4/23
Optim: IBM Optim for z/OSのインストール
この記事では、Optim for z/OS V6.1の 導入手順について、実際の操作画面や設定値を示しながら説明します。
記事 2009/4/20
Optim: Data Growth Solutionについて
この記事では、IBM Optim for z/OS V6.1のData Growth Solutionの機能であるデータベースのアーカイブ方法について説明します。
記事 2009/4/20
IBM Database Encryption Expertを利用してデータを保護する: 第 4 回 データベースのバックアップ・イメージの保護
IBM Database Encryption Expert (DEE) は、アプリケーションがファイル・システムに書き込むデータやデータベースのバックアップ・イメージを暗号化し、アクセス制御する機能を提供します。DEE Version 1.1 Fix Pack 3では、DB2に加えて、新たにIDS (Informix® Dynamic Server) がサポートされ、さらに多くのプラットフォームに対応するようになりました。この連載では、DEEの機能やメカニズム、操作方法、いくつかのシナリオなどを紹介します。第4回は、データベースのバックアップ・イメージの保護について説明します。
記事 2009/4/17
DB2 マイグレーション・ガイド: DB2 9.5移行におけるFAQ集
このシリーズは、DB2を安全に確実にマイグレーションするための情報をまとめたものです。 この資料は、2008年度に実施されたDB2 9 への移行検討TCT(技術検討会)において、よく寄せられた質問に関する回答をまとめ、FAQとしたものです。 移行における具体的な質問事項とその回答を記載していますので、移行検討の際の参考資料としてご利用ください。
記事 2009/4/12
Optim: Optim 管理コンソール
IBM Optim Data Privacy Solutionは、データ・ソース内の機密情報をマスクすることで、データの安全性を保持するソリューションです。2009年2月に発表されたIBM Optim Data Privacy Solution バージョン1.2(以下、Optim V1.2)は、データのマスクの機能をSOAに基づいたWebサービスとして実現しています。データ管理サービスの実行とモニターを行うユーザーインターフェースを提供するためにOptim管理コンソール(以下、管理コンソール)がWebアプリケーションとして実装されています。本稿ではOptim V1.2における管理コンソールの使用方法を、例を交えながら具体的に紹介します。
記事 2009/4/10
Optim: データ・プライバシー・ポリシーを使用したデータのマスク手法
IBM Optim Data Privacy Solutionは、データソース内の機密情報をマスクすることで、データの安全性を保持するソリューションです。2008年12月に発表されたIBM Optim Data Privacy Solution バージョン1.2 (以下Optim V1.2)は、今までのOptimとは全く異なるアーキテクチャーとインターフェースを実装したことで、より使いやすくよりスケーラブルなデータのマスク環境を提供しています。本稿ではOptim V1.2を使用したデータのマスク方法を、例を交えながら具体的に紹介します。
記事 2009/4/10
DB2 マイグレーション・ガイド: DB2マイグレーション・ロードマップ
このシリーズは、DB2を安全に確実にマイグレーションするための情報をまとめたものです。 この資料は、DB2のマイグレーションを行う際の手順の全体を俯瞰し、その概要を把握することを目的とした資料をご紹介します。
記事 2009/3/31
DB2 マイグレーション・ガイド: DB2 9.5の新機能と設定手順概要
このシリーズは、DB2を安全に確実にマイグレーションするための情報をまとめたものです。 この資料は、V9.5 にマイグレーションする際に導入可能な新機能とその設定手順の概要を 把握し、導入を検討する際の参考としていただくことを目的として作成しています。
記事 2009/3/31
DB2 マイグレーション・ガイド: DB2 9.5移行手順ガイド
このシリーズは、DB2を安全に確実にマイグレーションするための情報をまとめたものです。 この資料は、DB2 V8.2以前のバージョンから、DB2 9.5 への移行手順を、いくつかのシナリオを想定して記述したものです。 既存システム上のDB2を移行する際、手順作成のガイドとして参照してください。
記事 2009/3/31
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(3)マルチディメンション・クラスタリング(MDC)表
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
XML DBデザイン・ガイド: 第6章 付録
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第6章は付録で、用語集や参考文献などをご紹介します。
記事 2009/3/17
XML DBデザイン・ガイド: 第5章 アプローチ別XML DB設計ケーススタディ
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第5章ではアプローチ別XML DB設計のケーススタディについて詳しく解説します。
記事 2009/3/17
XML DBデザイン・ガイド: 第4章 XMLスキーマ管理
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第4章ではXMLスキーマ管理について詳しく解説します。
記事 2009/3/17
XML DBデザイン・ガイド: 第3章 XML DB物理設計
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第3章ではXML DBの物理設計について詳しく解説します。
記事 2009/3/17
XML DBデザイン・ガイド: 第2章 XMLスキーマ設計
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。 このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第2章ではXMLスキーマ設計について詳しく解説します。
記事 2009/3/17
XML DBデザイン・ガイド: 第1章 開発プロセスとデータモデリング
このシリーズは、XML DBをデザインの流れ、デザインの際に必要な考慮点をまとめたものです。 DB2のpureXML機能を活用するためには、格納、照会に適したXMLスキーマの設計、ハイブリッドDB用物理設計が必要です。このガイドでは、従来のデータモデリングとの整合性を維持し、XML DBを設計するために必要な作業をステップバイステップで解説しています。 第1章では開発プロセスとデータモデリングを詳しく解説します。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(2)パーティション表
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(1)パーティション・データベース
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第4章 大規模ワークロードの管理
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第3章 圧縮によるストレージ格納効率の向上
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第2章 区分化によるアクセス効率の向上(4)ハイブリッド構成
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
データウェアハウス(DWH)設計ガイド: 第1章 大規模DBへの挑戦
この記事は、DB2 V9.5 for Linux,UNIX and Windowsをベースとし、データウェアハウスを設計する上でのガイドとして作成されました。 大規模なデータベースにおいてデータウェアハウスを構築する際に利用されるDB2の機能を、概要、設計のポイント、考慮点という観点から解説しています。 InfoSphere Balanced Warehouseを導入されたシステム、またデータウェアハウス環境を構築される際にお役立てください。
記事 2009/3/17
Informix Dynamic Server MACH 11 のための Linux 共有ディスクを構成する
IBM Informix Dynamic Server (IDS) Version 11.50 用の真の共有ディスクを構成する方法を学びましょう。この記事では IDS の SD (Shared Disk) セカンダリー・サーバーを Ubuntu Linux 上にセットアップして稼働させる方法を説明します。ここで説明する方法は他の Linux ディストリビューションにも容易に応用することができます。
記事 2009/3/05
簡単!DB2の設計: 4.構成パラメーター
この記事では、DB2の構成パラメーターについてご紹介します。
記事 2009/3/05
簡単!DB2の設計: 2.データベース、表スペース、表の作成
この記事では、データベース、表スペース、表を作成する際に、どのような選択肢がありそれぞれどのような特徴があるのかを説明していきます。
記事 2009/3/05
簡単!DB2の設計: 3.ディスク計画と物理配置
この記事では、DB2のディスク計画と物理配置について、ご紹介します。
記事 2009/3/05
簡単!DB2の設計: 1.データ容量の見積もり
この記事では、データベースサーバーを構築する際、DB2としてはどのようなオブジェクトを作成し、どの程度の容量を見積もればいいのかという観点から説明していきます。
記事 2009/3/05
IBM Database Encryption Expertを利用してデータを保護する: 第 3 回 オンライン・データの保護
IBM Database Encryption Expert (DEE) は、アプリケーションがファイル・システムに書き込むデータやデータベースのバックアップ・イメージを暗号化し、アクセス制御する機能を提供します。この連載では、DEEの機能やメカニズム、操作方法、いくつかのシナリオなどを紹介します。第3回は、アクセス制御と暗号化によるオンライン・データの保護機能を提供するDEE File System Agent (DEE FS Agent)について説明します。オンライン・データの暗号化のための暗号化キーの作成からポリシーの作成・適用、暗号化キー変換ユーティリティの利用法を紹介します。
記事 2009/2/27
DB2 Express-C 9.5 for Windows クイックインストール
このドキュメントではDB2 Express-C 9.5.2 for Windowsをインストールする方法をご紹介します。 (9.5用のインストール資料としても使用できます)
記事 2009/2/20
IBM OmniFind Enterprise Editionによる検索システムの統合: 第2回 セキュア検索のためのカスタマイズ
IBM OmniFind Enterprise Edition(以下OmniFind)は、製品として1ノード、2ノード、4ノード構成をサポートしており、検索システムの規模に応じて最適なノード構成を選択することが可能です。第1回目では、複数のOmniFindシステムに対して検索を行う、LocalFederatorを利用した検索アプリケーションのカスタマイズ手法を説明しました。しかし、LocalFederatorは検索結果の統合は行いますが、ユーザー情報の制御やグループ情報の取得など、セキュア検索に必要な処理は一切行いません。このような処理は、LocalFederatorで検索を行う前に、アプリケーション側で行う必要があります。第2回目の今回は、複数のOmniFindシステムを統合した際にもセキュア検索を可能とするために、前回のESSearchApplicationをさらにカスタマイズする方法を説明します。
記事 2009/2/20
DB2のセキュリティー: 第5回 LBACの概要とLBACによる行レベルのアクセス制御
この記事では、LBACの概要についてご紹介いたします。
記事 2009/2/19
DB2のセキュリティー: 第7回 IBM Data Encryption Expertを利用したデータの暗号化
この記事では、IBM Database Encryption Expertの概要を紹介します。
記事 2009/2/19
DB2のセキュリティー: 第6回 LBACによる列レベルのアクセス制御
この記事では、LBACの概要についてご紹介いたします。
記事 2009/2/19
InfoSphere Federation Server、Replication ServerV9.5のインストールガイド for Linux、Unix
InfoSphere Information IntegrationV9.5 製品のUnixおよびLinuxのインストール ガイドです。
記事 2009/2/19
DB2のセキュリティー: 第2回 DB2監査機能の概要と構成方法
この記事では、DB2の監査機能とその構成方法を紹介します。
記事 2009/2/19
DB2のセキュリティー: 第4回 3層Webシステム構成時の監査方法
この記事では、DB2の監査機能に関して、3層Webシステム構成時の監査方法についてご紹介したいと思います。
記事 2009/2/19
DB2のセキュリティー: 第3回 監査機能使用時の運用方法
この記事では、DB2の監査機能に関して、運用方法についてご紹介したいと思います。
記事 2009/2/19
DB2のセキュリティー: 第1回 認証・権限・特権・ROLEの概念と役割
この記事では、DB2のセキュリティーに関して、認証・権限・特権・ROLEについて、ご紹介します。
記事 2009/2/19
IBM OmniFind Enterprise Editionによる検索システムの統合: 第1回 LocalFederatorによる複数システムの統合
IBM OmniFind Enterprise Edition(以下OmniFind)は、製品として1ノード、2ノード、4ノード構成をサポートしています。検索システムの規模に応じて最適なノード構成を選択することが可能であり、様々な要件に柔軟に対応することができます。しかし、場合によっては、5ノード以上の構成にしたいことや、ノードの役割を柔軟に設定したいこともありえます。本連載では、OmniFindに付属のESSearchApplicationをカスタマイズすることによって、複数のOmniFindシステムを統合し、柔軟なノード構成に対応する方法を説明します。
記事 2009/2/13
4GL 関数を Web サービスとしてデプロイする
IBM Informix の 4GL 関数を Web サービスとしてデプロイする方法を学びましょう。この記事では、w4gl と呼ばれるユーザー・インターフェース (UI) ツールと、(w4gl が使用する) w4glc と呼ばれるバックエンド・ツールの概要を説明します。
記事 2009/2/12
IBM Database Encryption Expertを利用してデータを保護する: 第 2 回 主なセットアップとメンテナンス
IBM Database Encryption Expert (DEE)は、アプリケーションがファイル・システムに書き込むデータやデータベースのバックアップ・イメージを暗号化し、アクセス制御する機能を提供します。この連載では、DEEの機能やメカニズム、操作方法、いくつかのシナリオなどを紹介します。第2回は、主なセットアップとメンテナンスについて解説します。
記事 2009/2/06
IBM Content Analyzerの基礎技術
IBM Content Analyzerの基盤技術であるテキストマイニングとUIMAに関する解説です。
記事 2009/2/05
エンタープライズ・コンテンツ管理:ICA自動デモンストレーション
IBM Content Analyzerにより、お客様の声やブログなどを分析することにより、早期の不具合発見によるコスト削減や、お客様満足度向上、新製品開発などに大きく貢献します。IBM エンタープライズ・コンテンツ管理のソリューションをデモンストレーションにより体感ください。
記事 2009/2/05
IBM FileNet P8 API による上質なコードの作成 (パート 2): FileNetをスパイする
この記事では、FileNet P8 APIを使用しているときに、ネットワークを流れるデータ量、およびメモリー上のデータ量を調査するための 3 種類の手法を紹介します。プログラム・コードのパフォーマンス・チューニングでは、これらの 2 つの数値が非常に重要になることが分かっています。この記事では、ネットワーク・トレース、P8 Content Java™ API ロギング、およびオブジェクト・インスタンスの内容をダンプ出力するカスタム・クラス ObjectDumper について説明していきます。ObjectDumper クラスの説明を理解すると、P8 Content API とそのオブジェクト・モデルへの理解が深まります。
記事 2009/2/05
エンタープライズ・コンテンツ管理:FileNet自動デモンストレーション
FileNetによるビジネス・プロセスの最適化とプロセス上でのビジネス・コンテンツの活用が、業務に効率性をもたらし、コスト削減を実現、事業目標の達成に貢献します。IBM エンタープライズ・コンテンツ管理/ビジネスプロセス管理のソリューションをデモンストレーションにより体感ください。
記事 2009/2/05
DB2 pureXMLを活用しよう! PHPからpureXMLを利用するためのヒントとサンプル
この資料はPHPからpureXMLを利用するためのサーバおよびクライアント環境をWindowsでセットアップする方法と、実際にPHPからDB2 pureXMLへアクセスするためのヒントをご紹介します。また、サンプルコードもダウンロードしていただけます。
記事 2009/2/05
Web サービスを利用した .NET からの OmniFind 検索の実行
この記事では、IBM OmniFind Enterprise Edition の Web サービス・インターフェースを利用して、基本的な Microsoft .NET 検索アプリケーションを実装する方法を学習します。OmniFind Enterprise Edition では、パワフルな Java アプリケーション・プログラミング・インターフェースを使用して、開発者が J2EE または Java ベースのカスタム・アプリケーションに検索機能を組み込むことができるほか、Web サービスのプログラミング・インターフェースを使用して、Web サービスおよび SOAP 標準をサポートする任意のプログラミング言語で検索を実行することも可能です。
記事 2009/2/05
XQueryで簡単マッシュアップ・プログラミング
最近ではWeb APIや、Atom、RSSなどのフィードのほとんどがXML形式で公開されていますが、これらのXMLインスタンスを複数組み合わせてプログラミング言語だけでマッシュアップすることは、少々面倒なコーディングが必要になってしまいます。この記事では、インターネット上に公開されているさまざまなフィードやWeb APIをXQueryを使って簡単にマッシュアップする方法をご紹介します。
記事 2009/2/01
簡単! DB2の運用: 第5回 ログと回復管理
この記事では、DB2のログと回復管理についてご紹介いたします。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, UNIX and Windowsを前提としています。
記事 2009/1/30
簡単! DB2の運用: 第4回 セルフチューニング・メモリー
この記事では、DB2のオートノミック・コンピューティング機能の一つであるセルフチューニング・メモリーについて説明します。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, Unix, Windowsを前提としています。
記事 2009/1/23
IBM FileNet P8 機能概説: Part 6 – FileNet Business Process Frameworkで始めるビジネス・プロセス管理
FileNet P8のビジネス・プロセス管理 (BPM) 機能を導入すると、コーディングなしに簡単にBPM環境を構築することが可能です。実業務で使われるBPMアプリケーションの多くはエンドユーザーが直接使用するので、その画面やセキュリティには多種多様な機能が求められます。FileNet Business Process FrameworkはFileNet BPM環境で稼働する、簡単な設定のみで使用可能なWebアプリケーションです。本稿ではFileNet Business Process Frameworkの機能、アーキテクチャーを実際の画面イメージを交えて紹介します。
記事 2009/1/20
XML Forms Generator と Data Studio との統合: 第 2 回 XFG での DB2 pureXML のサポート
記事 2009/1/20
簡単! DB2の運用: 第3回 DB2の安定稼働(ヘルス・モニター)
この記事では、DB2の監視ツールであるヘルス・モニターについてご紹介いたします。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, UNIX and Windowsを前提としています。
記事 2009/1/16
JDBC を使用して DB2 9.5 の GPX XML を操作する
IBM DB2 9 および 9.5 には pureXML フィーチャーを生かした多数の XML 機能が導入されています。この記事を読んで、XML メタデータを管理するなどの管理機能、そして XML を操作および保管するなどのアプリケーション開発機能を、JDBC を使用して実行する方法を学んでください。
記事 2009/1/15
IBM DataQuant と DB2 pureXML による XML データ対応のビジネス・レポートの作成
DB2 pureXML に保管されている XML データを基にレポートを作成するための、汎用ビジネス・インテリジェンス・ツール IBM DataQuant を使ってみましょう。ビジネスの内情把握と分析のために、DataQuant を利用して、DB2 に保管された XML データにアクセスし、レポートやチャート、ダッシュボードなどで個々のデータ要素を使えるようにする手順に従ってください。
記事 2009/1/15
IBM FileNet P8 機能概説: Part 5 – BPMアジャイル開発
FileNet P8の主要な機能としてビジネスプロセス管理(BPM)が挙げられます。ワークフローのモデリングを行う際にBPMN(Business Process Modeling Notation)を用いて記述するケースがあり、記述方法が簡単なため、ビジネスアナリストやビジネスユーザーも要件定義に参加することが可能となります。本稿では、BPMNで表現されたフロー図をFileNetに取り込むことを起点として、コードを記述することなくワークフローシステムを開発する例を紹介します。ここではeFormsを使って、紙帳票を電子化する架空のプロジェクト(プロジェクトX)を扱い、いかに俊敏にシステム構築できるかを説明します。
記事 2009/1/13
IBM FileNet P8 機能概説: Part 4 – IBM ECMコンプライアンス技術概説
2007年12月に「IBM FileNet P8 機能概説: Part 3 - コンプライアンス管理」を執筆後、IBM ECM (Enterprise Content Management, 企業規模コンテンツ管理)、特にコンプライアンス管理製品の周辺は劇的に変化しました。社会全体としてコンプライアンス(法令順守)を求める声が強まる中、コンテンツ、特に電子メールの証跡としての重要性は更に増し、IBMは既存製品パッケージ群を整理、拡張することで、お客様のビジネスニーズに迅速かつ的確に応えようとしています。 この記事では、IBM FileNetを含むIBM ECM製品全体のコンプライアンス機能に関する最新テクノロジーを、可能な限り歴史的な経緯や内部アーキテクチャ、旧製品呼称等も織り込みながら紹介し、IBM ECMの目指す方向性と共に概説します。
記事 2009/1/09
簡単! DB2の運用: 第2回 自動メンテナンス
この記事では、DB2の自動メンテナンスについてご紹介いたします。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, UNIX and Windowsを前提としています。
記事 2009/1/09
pureQuery を使用した Java アプリケーションで pureXML データを操作する
pureQuery と IBM DB2 pureXML はどちらも、それぞれの分野で革新的なデータベース技術となっています。pureQuery はハイパフォーマンスの Java データ・アクセス・プラットフォームであり、重点が置かれているのは、データベースのデータを使用するアプリケーションの開発および管理タスクを単純化することです。一方の pureXML は DB2 9 で導入されたネイティブ XML データ管理技術で、階層ストレージ技術、XML 照会言語 (XQuery および SQL/XML)、XML 索引付け技術、その他の XML 関連機能で構成されています。この記事では DB2 アプリケーションのパフォーマンスと管理しやすさを最大限に引き出すために、この 2 つの技術を組み合わせ、pureXML データを操作する pureQuery アプリケーションを開発する方法を説明します。
記事 2009/1/08
情報の観点から考える SOA デザイン、第 5 回: SOA での InfoSphere Data Architect の価値および使用
IBM InfoSphere™ Data Architect、IBM Industry Models、および IBM Information Server を使用した統一メタデータ管理で、プロセス、サービス、およびデータ・モデルを連携する方法について学びましょう。これらのツールを使用することで、SOA プロジェクトの進行が加速します。シリーズ「情報の観点から考える SOA デザイン」の第 5 回では、SOA におけるデータ・モデリング・パターンをサポートする製品の主な特長について述べます。
記事 2008/12/25
簡単! DB2の運用: 第1回 DB2の運用
この記事では、DB2を運用するに当たって、どのような作業が必要か全体像を考察します。また、それらの作業を助けるDB2の機能をご紹介します。この記事は、DB2 V9.5 for Linux, Unix, Windowsを前提としています。
記事 2008/12/24
IBM Database Encryption Expertを利用してデータを保護する: 第 1 回 主な機能とメカニズム
IBM Database Encryption Expert (DEE) は、アプリケーションがファイル・システムに書き込むデータやデータベースのバックアップ・イメージを暗号化し、アクセス制御する機能を提供します。DEE Version 1.1 Fix Pack 3では、DB2に加えて、新たにIDS (Informix Dynamic Server) がサポートされ、さらに多くのプラットフォームに対応するようになりました。この連載では、DEEの機能やメカニズム、操作方法、いくつかのシナリオなどを紹介します。第1回は、主な機能とメカニズムについて解説します。
記事 2008/12/19
XML Forms Generator と Data Studio との統合: 第 1 回 アプリケーションを作成して統合に取り掛かる
記事 2008/12/19
XML Forms Generator と Data Studio との統合: 第 1 回 アプリケーションを作成して統合に取り掛かる
記事 2008/12/19
XML データベースによるデータの扱い方を比較する
XML が使用される機会が増えるにつれ、構造が可変のデータを無理に不適切なデータ構造に変換せずに保管できるシステムが要求されるようになってきています。そうした要求には、ネイティブ XML データベースも、XML サポートを統合したリレーショナル・データベースも応えることができます。そこで疑問となるのは、どういう理由で XML に対応した従来のデータベース、またはネイティブ XML データベースのいずれかを選択するのか、という点です。この記事では、eXist、Mark Logic、そして IBM DB2 Express-C などを含め、いくつかの異なるソリューションによるデータの扱い方を比較します。そしてそれらの違いを実際の長所短所として説明します。
記事 2008/12/16
201 - 661 件のうちの 300 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示