製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(39 製品)

(89 トピック)

(0 インダストリー)

(4 種類)

101 - 661 件のうちの 200 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
InfoSphere BigInsightsを活用して分析するソーシャル・メディアのデータと構造化データ
コードやスクリプトを書くことなくビッグデータを活用したいのであればBigSheetの活用を検討すべきでしょう。BigSheetsは、オープンソースのApache Hadoopプロジェクトに基づいて構築されたIBM InfoSphere BigInsightsのプラットフォームに含まれるビジネス・アナリスト向けのスプレッドシート形式のツールです。本記事ではBigSheetsの基本的な使用方法を説明し、BigInsightsに含まれるサンプル・アプリケーションを使って収集したソーシャル・メディアのデータと構造化データを分析する方法を紹介します。BigSheetsを使って行う、データのモデリング、組み込まれたマクロや関数を使ったデータの加工、分析内容を可視化するためのグラフの作成、そして分析結果をさまざまな出力形式でエクスポートする方法を確認いただけます。
記事 2012/8/02
クラウドでのデータベース
データの専門家は、サービスとしてのデータベース (DataBase as a Service) を提供するためにクラウド・コンピューティングの概念を採用しています。これにより、サービスの利用者は、管理の負担を減らすことができ、満足を得ることができています。この記事では、DataBase as a Service の提供を開始するための 3 つのステップを説明します。
記事 2012/7/19
PHPアプリケーションをMySQLからDB2に移行するプロセス: 第2部データの移行
PHPアプリケーションをDB2に移行する意義を確認したうえで、IBMのイントラネット・アプリケーションの事例に基づいて、移行の計画を立て、実行し、その後のメンテナンスを行い、発生する可能性のあるリスクに対応する方法について説明します。本シリーズは4部に分かれており、IBM社内でibm.comのコンテンツの製作のために使用されるミッション・クリティカルなPHPに基づくイントラネット・アプリケーション(グローバルに4,000名のユーザーが存在)をMySQLからDB2にスムーズに移行したプロジェクトから得られた教訓について説明します。本第2部では、データベースの移行のステップについて説明します。
記事 2012/6/13
プラグインを使って新しいアプリケーションを IBM PureSystems にデプロイする: 第 2 回
IBM PureSystems を導入すると、クラウド・コンピューティングが新しいレベルへと引き上げられます。IBM PureSystems を利用するようにアプリケーションを準備する 1 つの方法は、アプリケーションとこのシステムの間を橋渡しするプラグインを作成することです。連載の第 1 回では、SugarCRM を IBM PureSystems 上で実行可能にするために行った開発作業について説明しました。SugarCRM は LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP) スタックを必要とする PHP アプリケーションですが、LAMP はそのままの IBM PureSystems ではサポートされません。そのため、チームは新しいパターン・タイプと、Linux および IBM AIX のベース・イメージを基にアプリケーションのモデル化、デプロイメント、操作をサポートする一連のプラグインを開発しました。今回の記事では、このプロジェクトから学んだ教訓を取り上げます。
記事 2012/6/07
MapReduce フレームワークのための SQL ライクな言語を使用する
MapReduce の実装のなかから、自分の持っているスキル、好み、そして要件に最も適した実装を選んで大規模データの分析ジョブに対処してください。MapReduce は単純かつ強力なプログラミング・モデルであり、汎用マシンからなる大規模なクラスターで大量のデータを処理するスケーラブルな並列アプリケーションを簡単に開発することができます。MapReduce はアプリケーションを分散プログラムの実行の詳細から切り離しますが、多くのプログラマーは MapReduce プログラミング・スタイルに不慣れであり、SQL ライクな言語を使ってタスクをこなすことを好みます。この記事では、そのようなプログラマーのために MapReduce フレームワークに宣言型インターフェースを追加することを目的に設計された上位レベルの言語およびシステムの概要を説明します。
記事 2012/5/31
IBM PureApplication System に対する準備: 第 3 回 データベースのオプションを選択する
連載の第 3 回では、IBM PureApplication System に統合されている DB2 データベース・フォーマットを取り上げます。この記事では PureApplication System にさまざまな形で用意されている DB2 について説明し、それらのなかから状況に応じて適切なオプションを選択するためのお手伝いをします。また、PureApplication System 内部で DB2 を使用する場合に推奨されるベスト・プラクティスも紹介します。
記事 2012/5/24
IBM PureFlex System への仮想クラウド・アプライアンスのデプロイメントを自動化する
IBM PureFlex System はクラウド対応のエキスパート・インテグレーテッド・システムであり、実証済みのパターンによってインフラストラクチャーとアプリケーション・レイヤーを統合することができます。また特定のニーズ専用に最適化することができるため、ワークロードの実行に必要なすべてのインフラストラクチャー要素を 1 つのシステムとして提供することができます。デプロイ時間を短縮できる IBM PureFlex System のメリットをさらに生かすために、クラウド・アプライアンスのデプロイメントを自動化する IBM Virtual Appliance Factory ツールキットがあります。このツールキットを利用することにより、クラウド・アプライアンス (つまり適切に構成されたオペレーティング・システムとミドルウェアをアプリケーションと統合したもの) を KVM や PowerVM によるクラウド環境に自動的にデプロイすることができます。この記事では IBM Virtual Appliance Factory ツールキットについて説明します。
記事 2012/5/24
IBM Workload Plug-in Development Kit を使用する
Eclipse でサンプル環境を構築する方法、コマンドラインから新規プロジェクトを作成する方法、コマンドライン・ツールを使用して 1 つのプラグインとパターン・タイプをビルドする方法、そして Eclipse フレームワークでプラグインを作成する方法を学びましょう。
記事 2012/5/24
仮想アプリケーション・パターンの作成とカスタマイズ
Platform as a Service の仮想アプリケーション・パターンを実現するためには、アプリケーション中心のデプロイメント・モデル、(個々のコンポーネントとポリシーで構成される) 仮想アプリケーション、それらのアプリケーションが使用するインフラストラクチャーとミドルウェア、そしてワークロード特有のコンテンツを組み合わせる必要があります。ワークロード特有のコンテンツとは拡張機能つまり「プラグイン」であり、仮想アプリケーション・パターンを記述およびデプロイするために使用されるコンポーネント、リンク、ポリシーを定義します。仮想アプリケーション・パターンの例には IBM SmarterCloud Enterprise クラウドにも IBM PureSystems にも使用できるパターンなどがあります。この記事では、IBM Workload Plug-in Development Kit を使い始めるための基本事項について、またこのツールを使用して仮想アプリケーション・パターンを作成する方法とカスタマイズする方法について説明します。
記事 2012/5/24
プラグインを使って新しいアプリケーションを IBM PureSystems にデプロイする: 第 1 回
IBM PureSystems の導入は、クラウド・コンピューティングを新しいレベルへと引き上げます。IBM PureSystems を利用するようにアプリケーションを準備する 1 つの方法は、アプリケーション・パッケージとこのシステムとの間を橋渡しするプラグインを作成することです。この記事では、IBM Cloud 研究所チームの専門家たちが SugarCRM を IBM PureSystems 上で実行可能にするために行った開発作業について説明します。
記事 2012/5/17
仮想アプリケーション・パターンを使用してアプリケーション・サービスを管理する
仮想アプリケーション・パターンは、IBM PureApplication System 環境に不可欠の要素です。仮想アプリケーション・パターンによって、ユーザーはクラウド・アプリケーション・インフラストラクチャーを迅速に構築し、管理することができます。それは、仮想アプリケーション・パターンがアプリケーションを記述し、そのアプリケーションに適切なインフラストラクチャーを構成するためのツールを採用して、そのインフラストラクチャーにアプリケーションをデプロイするからです。何年にもわたるアプリケーション・インフラストラクチャーのデプロイメント経験とベスト・プラクティスを取り込んだ IBM PureApplication System の仮想アプリケーション・パターンには、特定のタイプのアプリケーション・ワークロードをホストする、さまざまなミドルウェア要素に最適なソリューションがカプセル化されています。この記事では、仮想アプリケーション・パターンと、エコシステムでのその位置付けを概説します。そして、仮想アプリケーション・パターンを構成するコンポーネントと機能について説明した後、仮想アプリケーション・パターンの基本的な作成方法と使用方法を紹介します。
記事 2012/5/17
仮想システム・パターンを使用してトポロジーを管理する
仮想システム・パターンは、IBM PureApplication System 環境に不可欠の要素です。仮想システム・パターンによって、ユーザーはクラウド・ミドルウェア・トポロジーを迅速に構築し、管理することができます。それは、仮想システム・パターンがミドルウェア・トポロジーを記述し、そのトポロジーをクラウドに自動的に構成するためのツールを採用するからです。何年にもわたるインフラストラクチャー管理の経験とベスト・プラクティスが取り込まれた IBM PureApplication System の仮想システム・パターンには、さまざまなミドルウェア・イメージとランタイム構成に基づく再現可能なトポロジー定義がカプセル化されていて、ユーザーがデプロイ対象のミドルウェア全体を制御できるようになっています。この記事では、仮想システム・パターンと、エコシステムでのその位置付けを概説します。そして、仮想システム・パターンを構成するコンポーネントと機能について説明した後、仮想システム・パターンの基本的な作成方法と使用方法を紹介します。
記事 2012/5/17
DB2 Express-C 10.1 for Windows クイックインストール
このドキュメントでは DB2 Express-C 10.1 for Windows をインストールする方法をご紹介します。
記事 2012/5/16
DB2 Express-C 10.1 for Linux クイックインストール
このドキュメントでは DB2 Express-C 10.1 for Linux (以下 DB2 Express-C) をインストールする方法をご紹介します。
記事 2012/5/16
ウェザー・リポート: 再構築可能なアプリケーション・ショーケースを作成する
IBM WebSphere の新興技術エバンジェリストである Dustin Amrhein が、ショーケースとしてのエンタープライズ・アプリケーション環境を WebSphere CloudBurst アプライアンスを使用して構築するに至るまでの作業について紹介します。この環境は、さまざまなクライアント・セッションをホストすることや、オンデマンドで再構成することができるため、それらのクライアント・セッションの多種多様なインスタンスをサポートすることができます。
記事 2012/4/26
複雑なクラウド・アプリケーションのテスト・システムを構成する
クラウド・アプリケーションは次第に複雑なものになっており、クラウド・ソリューションを迅速に提供しようとすると、そのソリューションが本番レベルのアプリケーションであろうと、複雑な仮想アプリケーションやシステム・パターンであろうと、その作業はより難しいものになっています。この難題に対処するために、この記事では実用的で容易に再現可能な CLM (Collaborative Lifecycle Management) システムを構築し、それに伴う複雑さを検証します。この CLM システムはデータベースとして DB2 を使用し、WebSphere Application Server 上で実行されます。
記事 2012/4/19
シングルテナント型アプリケーションをマルチテナント型アプリケーションに変換する
この記事では、著者たちがシングルテナント型 SOA アプリケーションをマルチテナント型クラウド・ソリューションに変換する作業のなかで得た経験を紹介し、ベスト・プラクティスを詰め込んだ 7 つの重要なヒントを紹介します。
記事 2012/3/29
オンライン停止を最小にする IMS 全機能データベース診断方法
本稿では、IMS High Performance Image Copy for z/OS, V4R2 (5655-N45) と IMS High Performance Pointer Checker for z/OS, V3.1 (5655-U09) を使って、IMS 全機能データベースの整合性を保つ方法について解説します。データベースが利用できない時間を大幅に減らし、簡単で自動化されたIMS 全機能データベースの整合性診断方法を身に付けることができます。
記事 2012/3/22
簡単にできる!OracleからDB2 9.7への移行ステップ: 移行概要
この記事では、OracleからDB2 9.7への移行ステップと関連情報について、ご紹介したいと思います。
記事 2012/2/29
簡単にできる!OracleからDB2 9.7への移行ステップ: .NETアプリケーション移行
この記事では、Oracleにアクセスする.NETプログラムを、DB2用に移行する方法をご紹介します。
記事 2012/2/29
簡単にできる!OracleからDB2 9.7への移行ステップ: PL/SQLをDB2上で実行!
この記事では、Oracle上で稼動していたPL/SQLをDB2で実行する方法についてご紹介します。
記事 2012/2/29
簡単にできる!OracleからDB2 9.7への移行ステップ: GUIでラクラク!OracleからDB2へのDDL/データ移行
この記事では、他社DBMSからのDDL/データ抽出をサポートするツールであるIBM Data Movement Tool の使用方法をご紹介します。
記事 2012/2/29
Flex マイクロブロギング・アプリケーションで pureXML を利用する: 第 1 回 DB2 pureXML を使って Web サービスを機能させる
IBM DB2 の pureXML 機能を使用すれば、XML をそのままの形式でデータベースに保管することができ、XML を変更する必要がありません。一方 Adobe Flex アプリケーションは、XML を直接読み取って Flex ユーザー・インターフェースに取り込むことが可能です。この 3 回の連載記事で作成するマイクロブロギング・アプリケーションでは、pureXML、Web サービス、そして Adobe Flex を利用するだけでなく、さらにマイクロブロギングでの近況アップデートを Twitter に公開することもできます。
記事 2012/2/23
InfoSphere Guardium が提供する情報漏えい対策ソリューション
IBM InfoSphere Guardium (以下 Guardium) は、データベース監査ログを一元管理し、ログ収集、加工、レポート出力、確認までに関わる膨大な工数を削減し、DBA を含む全てのアクセスをリアルタイムに監視しながら、既存環境のパフォーマンスへの影響は最小限に抑えることが可能な最適なソリューションです。
記事 2012/2/23
InfoSphere Guardium Installation Manager のインストールと Guardium クライアントの管理
この記事では、InfoSphere Guardium のクライアント・モジュールのインストールや設定を、Guardium コレクターから実行することを可能にする Guardium Installation Manager ついて説明します。
記事 2012/2/23
InfoSphere Guardium によるデータベースの監視を開始する
この記事では、IBM InfoSphere Guardium を導入された方が、新たにデータベースの監視を開始するために必要なステップのリストを紹介し、各ステップで行うこと、注意点等を説明します。
記事 2012/1/13
InfoSphere Guardium アーキテクチャー
IBM InfoSphere Guardium は、データベース・アクセスを監視し、監査ログの管理と監査レポートの作成を行います。この記事では、Guardium のデータベース・アクティビティ監視機能とアーキテクチャーについて解説します。
記事 2011/12/16
Spark: 高速なデータ分析のための新たな手段
分散データの分析ツールとして最も注目されているのは Hadoop ですが、この代表的なプラットフォームである Hadoop よりも優れた興味深い機能を持つ別のツールもあります。Spark は、インメモリー・コンピューティングの基本要素を備えたスケーラブルなデータ分析プラットフォームであるため、クラスター・ストレージを使用する Hadoop に優るパフォーマンスを発揮できる場合があります。Spark は Scala 言語で実装されており、Scala 言語を活用しています。そのため、独特のデータ処理環境を実現しています。この記事では、Spark を使用してクラスター・コンピューティングを実行する方法について、また Spark と Hadoop の違いについて説明します。
記事 2011/12/02
OptimとFederation Serverを用いたCSVファイルのマスキング
Optim Test Data Management SolutionのData Privacy Optionは、リレーショナル・データベース上の個人情報をマスクするソリューションです。InfoSphere Federation Serverを利用して、ファイルをDB2上のニックネームとして公開すると、Optim Data Privacy Optionはファイル内のデータをマスクすることができます。本稿では、CSVファイルのマスキング手法について具体的に説明します。
記事 2011/11/28
Eclipse で軽量の OSGi アプリケーションを構築する
OSGi は、Java の世界とその他多くの分野で、動的なモジュール・システムを構築するための事実上の業界標準となっています。この記事では、Eclipse で OSGi アプリケーションを開発する際のプロセス、シナリオ、ソリューション、プラクティスを、相関するサンプル・コードを用いて説明します。OSGi フレームワークとそのコア・サービスについて系統立てて理解してください。
記事 2011/11/25
MySQL を超える
MySQL は最もよく使われるプログラムの 1 つですが、多くの開発者は MySQL をそのまま使用するのではなく、独自の機能を提供する他のプロジェクトへと分岐させる必要があると感じています。現在、MySQL には多くの興味深いサブプロジェクトや分岐製品が存在しています。
記事 2011/11/25
IBM SmartCloud Enterprise に Hadoop ベースのデータ分析を導入する
クラウド・コンピューティングとビッグ・データ分析は相性が良く、クラウドは弾性、リソースへのオンデマンド・アクセス、そして公共料金のような課金制というメリットをもたらす一方で、ビッグ・データの処理や分析はクラウドのリソースを利用するためのフレームワークを提供します。クラウドと Hadoop を組み合わせれば、大量の構造化データおよび非構造化データを処理することも可能になります。この記事では、IBM SmartCloud Enterprise に (InfoSphere BigInsights Basic という形の) Hadoop を導入する方法を説明します。3 つのノードからなるクラスターを構成して、クラスターが機能していることを検証する方法を学んでください。
記事 2011/11/11
PHPアプリケーションをMySQLからDB2に移行するプロセス: 第1部移行の準備
PHPアプリケーションをDB2に移行する意義を確認したうえで、IBMのイントラネット・アプリケーションの事例に基づいて、移行の計画を立て、実行し、その後のメンテナンスを提供する方法について説明します。本シリーズは4部に分かれており、IBM社内でibm.comコンテンツの製作のために使用されるミッション・クリティカルなPHPに基づくイントラネット・アプリケーション(グローバルに4,000名のユーザーが存在)をMySQLからDB2にスムーズに移行したプロジェクトから得た教訓を説明します。本第1部では、移行準備のステップについて説明します。
記事 2011/11/09
Workload Deployer を使用した仮想アプリケーションの容易な自動化
仮想アプリケーションとは、エンタープライズ・ミドルウェア・コンポーネントにデプロイ可能な業界標準の成果物と、デプロイメント後のアプリケーションのランタイム動作を制御する一連のポリシーからなる、お客様向けに設計されたエンティティーです。この記事では、パターンを使用した作成プロセスの自動化を含め、仮想アプリケーション構築の背後にある概念を明らかにし、IBM Workload Deployer バージョン 3.0 を使用する実例を紹介します。
記事 2011/9/02
IBM Cognos BI 10.1へのアップグレード
本記事は、主にIBM Cognos BI 10.1へのアップグレードの全般的な情報をまとめます。アップグレード作業のワークフローや具体的なアップグレード方法の紹介、さらに前提条件、役に立つ機能、推奨事項、注意事項などの有用な情報がまとめられており、アップグレード作業の具体的なイメージについて理解を深めることができます。
記事 2011/7/25
Optim Test Data Management Solution: Data Privacy Option V7.3.1導入および構成【第1回】
Optim Test Data Management Solution – Data Privacy Optionは、個人情報をマスキングしたテスト・データを生成するツールです。この記事では、Optimをインストールし構成する手順をご紹介します。第1回では、構成の概要および準備について説明します。
記事 2011/7/20
Optim Test Data Management Solution: Data Privacy Option V7.3.1導入および構成【第2回】
Optim Test Data Management Solution – Data Privacy Optionは、個人情報をマスキングしたテスト・データを生成するツールです。この記事では、Optimをインストールし構成する手順をご紹介します。第2回では、Optim Client の導入および構成について説明します。
記事 2011/7/20
Optim Test Data Management Solution: Data Privacy Option V7.3.1導入および構成【第4回】
Optim Test Data Management Solution – Data Privacy Optionは、個人情報をマスキングしたテスト・データを生成するツールです。この記事では、Optimをインストールし構成する手順をご紹介します。第4回では、Optim Server の導入および構成について説明します。
記事 2011/7/20
Optim Test Data Management Solution: Data Privacy Option V7.3.1導入および構成【第3回】
Optim Test Data Management Solution – Data Privacy Optionは、個人情報をマスキングしたテスト・データを生成するツールです。この記事では、Optimをインストールし構成する手順をご紹介します。第3回では、処理対象データベースの指定について説明します。
記事 2011/7/20
eDiscovery Manager/Analyzer V2.2 詳説
この記事では、eディスカバリーのソリューションを支援するeDiscovery ManagerとeDiscovery Analyzerの概要を紹介し、eDiscovery Manager / Analyzerが膨大な電子情報から訴訟などに関連する情報を効率よく収集し、どのように高度な解析を行うかについて説明します。
記事 2011/7/15
IBM Case Manager 概説
ケース管理(Case Management)という新しいBPMの考え方があります。ケース管理では、従来のBPMではカバーしきれなかった柔軟で対応性に富んだプロセスをサポートする必要があります。IBM Case Manager は、ケース管理システムの設計および構築の作業を単純化するツールと、ケース担当者が容易にケースを管理できるようにするための機能を提供しています。 本稿では、このケース管理とIBM Case Managerについてご紹介いたします。
記事 2011/7/15
ICC V2.2 活用方法: メールの添付文書だけをアーカイブするには
IBM Content Collector (以下 ICC) は、Eメールやファイルを保管する機能を提供します。通常Eメールを保管する場合は、メール本文、およびメールに添付された画像ファイルやオフィス文書ファイルも同時に保管しますが、この文書では、Eメールの本文は保管せずに、Eメールに添付されたファイルだけを保管する方法を説明します。
記事 2011/7/08
ICC V2.2 活用方法: 有効期限を過ぎた文書を削除する
リポジトリーに日々保管される文書は、通常、適切なタイミングで削除する必要があります。IBM Content Collector(以下 ICC)は各文書の保管時に、保存日付を自動的に割り当てる機能があります。保存日付を過ぎた文書は、ICCのExpiration Managerツールを使用して削除することができます。この文書では保存日付の割り当て、およびExpiration Managerツールの使用方法について説明します。
記事 2011/7/08
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 10回シリーズ
新企画、「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」がはじまります。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやすく5分程度で解説するコーナーです。お楽しみに!
記事 2011/7/04
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 第7回 5分でわかる!PL/SQLをDB2で動かす
「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」です。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやす く5分程度で解説するコーナーです。第7回は、DB2でサポートされるPL/SQLについての解説です。
記事 2011/7/04
ICC V2.2 活用方法: メールをIBM FileNet P8のフォルダーに保管するには
IBM Content Collector(以下 ICC)はユーザーが指定したタスク経路により、Eメールやファイルをさまざまな方法でフィルタリングしたり、プロパティー値を付与したり、フォルダーに保管したりすることができます。ここでは、EメールをIBM FileNet P8(以下 P8)のフォルダーに保管し簡単に検索、取得ができるようにする方法について説明します。
記事 2011/7/01
ICC V2.2 活用方法: IBM FileNet P8 に保管されたメールを検索可能にする
IBM Content Collector(以下 ICC)を使用してP8に保管された文書は、ICC の検索アプリケーションやIBM eDiscovery Manager(以下、eDM)で全文検索を行うことができます。しかし、インストール直後の状態では、IBM FileNet P8(以下 P8)の全文検索エンジンがICCの属性情報を認識しないため、正しく検索できません。本文ではP8に保管されたメールを検索可能にする手順について説明します。この手順に従って必要な構成を行い、インデックスを作成してください。なお、P8のバージョンは4.5.1を想定しています。異なるバージョンの場合は手順が異なります。
記事 2011/7/01
DB2 Express-C 9.7.4の新機能
IBM DB2 Express-C最新版によって、以前であれば DB2 for Linux UNIX and Windowsの有償バージョンでのみ提供されていた重要な機能をさらに強化してご提供できるようになりました。パフォーマンス、アプリケーション開発、ストレージ、セキュリティー等に関連する新機能の活用法をご確認ください。
記事 2011/6/14
DB2 Express-C 9.7.4 for Windows クイックインストール
このドキュメントではDB2 Express-C 9.7.4 for Windowsをインストールする方法をご紹介します。
記事 2011/5/27
Optim 相互運用性モデルを利用したデータ・アーカイブの実行
IBM InfoSphere Optim Data Masking Solution は、機密情報をマスクしてテストデータを作成する機能を提供します。構成に使用するOptim Designerはアーカイブや抽出などの構成も行うことができ、IBM InfoSphere Optim Data Growth Solutionと連携して処理を実行します。前バージョンであるV2.1ではその処理をOptim Designer上からのみ実行可能でしたが、 V2.2ではデータ管理サービスとしてOptim Management Serverに公開できるようになりました。これによりData Masking Solution特有の処理だけでなく、Data Growth Solutionが提供しているアーカイブ等の処理もWeb GUI環境から実行できます。この記事ではOptim Designerからアーカイブを構成し、Optim Management Serverに公開し、実行する手法を紹介します。
記事 2011/5/27
DB2 Express-C 9.7.4 for Linux クイックインストール
このドキュメントではDB2 Express-C 9.7 for Linux(以下DB2 Express-C)をインストールする方法をご紹介します。
記事 2011/5/27
IBM Mashup Center で FusionCharts Free グラフ・ウィジェットを使用する
記事 2011/3/17
クラウド上に PHP 開発環境を作る
Linux データ・サーバーと Web アプリケーション・サーバーをプロビジョニングする方法、秘密鍵を変換する方法、SSH によってサービスに接続する方法、構成済みの PHP ディストリビューションをインストールする方法、そして接続をテストする方法を学んでください。
記事 2011/3/14
「IBM Cognos 製品におけるJDK/JREの脆弱性(CVE-2010-4476)」への対応について
2011年2月の初週にJavaクラス・ライブラリーに対する重大なセキュリティー上の脆弱性が公表されました。Java Runtime Environment (JRE) が特定の文字列をバイナリーの浮動小数点値に変換するとハングアップします。この問題がどのように IBM Cognos 製品に影響するかを説明します。
記事 2011/2/25
DB2デザイン・ガイド: ロックの基礎【V9.7対応】
DB2 Linux Unix Windows での基本的なロックのしくみを解説した資料です。V9.7 に対応しています。
記事 2011/2/24
IBM Cognos BI/TM1とTivoli Directory Serverの統合
最近、ビジネスプランニングツールのIBM Cognos TM1と、レポーティングツールのIBM Cognos BIとを合わせてシステムを構築されるケースが増えてきました。本稿では、ユーザーの認証に使用する情報を共有化することで、ユーザー情報の管理を軽減する方法を述べます。
記事 2011/1/20
DB2 マイグレーション・ガイド: DB2 V8からV9.5/V9.7へうまく移行するためのガイド
このシリーズは、DB2を安全に確実にマイグレーションするための情報をまとめたものです。この資料は、V9.5/9.7を新規導入、およびDB2 V8からV9.5/9.7に移行するにあたっての推奨事項、考慮事項に関して、2010年7月時点で判明している技術情報を集めてあります。V9.5/9.7新規導入時、V9.5/9.7移行計画時に参照して頂き、V9.5/9.7のスムーズな導入、移行を実現して下い。
記事 2010/12/15
Web アプリケーションをマルチテナント型 SaaS ソリューションに変換する
シングル・テナント型の Web 対応アプリケーションをすでに構築してあるとしても、そのアプリケーションをクラウド環境に対応させて、クラウドのなかで有効に機能させなければなりません。この場合、アプリケーションを本格的なマルチテナント型のクラウド対応 SaaS アプリケーションに変換するために必要な手順をご存知でしょうか?この記事では、サンプル Web アプリケーションを例に、クラウド対応のアプリケーションへの変換を成功させるために必要な考慮事項と変更内容を具体的に説明し、この目標を達成するための手順を概説します。最後におまけとして、著者の会社がマルチテナンシーへの「プラグイン的な」手法となるように設計したソフトウェアを紹介します。
記事 2010/12/14
Java環境からXQueryを使用する
XMLのデータ・フォーマットは検索が非常に困難なことがありますが、つい最近XQuery APIが導入された結果、XMLの検索は柔軟かつ容易に実行できるようになりました。SAX、DOM、JDOM、JAXPなどを使用してXML文書で作業するJava™プログラマーにとって、XQuery API for Javaがプログラマーのツールキットに加わったのは歓迎すべきことです。Javaプログラマーは、XQueryの能力を活用するのにシステム呼び出しや扱いにくいAPI に頼る必要はありません。Sun標準化パッケージには、すべてが含まれています。
記事 2010/12/03
Optim Data Privacy Solution for SAP Applications を利用したテスト・開発環境での機密情報保護
Optim Data Privacy Solution for SAP Applications は、テスト環境や開発環境において SAP Human Capital Management モジュールの個人情報保護を実現するためのソリューションです。この記事では、日本語特有の処理に注目しながら、Optim Data Privacy Solution for SAP Applications の導入方法から実際の使用方法までを紹介します。
記事 2010/10/29
Optim 管理コンソールの新機能
IBM Optim Data Privacy Solution V2.1 は、機密情報をマスクしたテストデータを作成する機能を提供します。マスクの種類としては、データをルールに則って変換するルール・ベース・ポリシー、各国語毎に用意された架空の名前や住所が登録されている表(ルックアップ表)に置き換えるルックアップ・ポリシー、さらにきめ細かくデータを変換するために利用可能なJavaScriptポリシーがあります。これらのポリシーはOptimデザイナーで作成され、Optimデザイナーから直接実行するか、または、Optim管理サーバーに公開し、Optim管理コンソールから実行します。この記事では、Optim管理コンソールの機能について説明します。
記事 2010/10/27
ロール・ベース・セキュリティーを使用したダイナミックレポーティングの概念に関して
ロール・ベース・セキュリティーとは、企業体などで、職位や職種ごとの役割に応じて情報にセキュリティーをかけることを言います。この技術を利用すれば、異なるユーザーの職種や役割に合わせて表示する情報をコントロールできます。そのため、同じ用途で複数のレポートを作成せずとも、単一のレポートのフォーマットを作成するだけで対応が可能になるダイナミックなレポートを作成できます。上記の利点としては主に、「全社的なコンセプトの共有」と「データ・インテグリティー」、レポート書式の統一化により「メンテナンスの簡便化」」があげられます。本稿では、IBM Cognos 8 BIを利用して上記を実現する方法を論じています。この記事はCognos 8 BIを構築・管理するシステム管理者の方を対象読者と想定しており、本例で使用するOpenLDAPの基本設定やIBM Cognos 8 BIのインストールが既に行われている環境を前提として書かれています。
記事 2010/10/14
多層にわたる XML のプログラミング: 第 2 回 XML データベース・サーバーを利用する効率的な Java EE アプリケーションを作成する
この連載の第 1 回では、アプリケーション・サーバー層とデータベース・サーバー層の両方にわたり、一時 XML データおよび永続 XML データを操作するための宣言型プログラミングの手法を紹介しました。今回は、サーバー・サイドの Java アプリケーションで一時 XML データと永続 XML データを操作する方法をさらに詳細に検討します。実例とサンプル・コードに沿って、データベース管理システムでの XML の索引付け機能とクエリー・フィルタリング機能が、大量の XML データを扱う Java EE アプリケーションにとって重要なパフォーマンスのメリットをもたらす仕組みを説明します。さらに、一時 XML データと永続 XML データを結合する方法についても詳しく見ていきます。
記事 2010/10/11
IBM Optim Solution V7.2: Data Growth Solution
この記事では、IBM Optim Solution V7.2(以下Optimと呼ぶ)が提供するソリューションの1つである、Data Growth Solutionについて説明します。Data Growth Solutionとは、データベース上の古くなったデータをアーカイブすること により、データベースのパフォーマンス向上を図る機能です。
記事 2010/10/04
Cognos クラウドのベスト・プラクティス: 高可用性を実現するための設定の選択
高可用性の目標は、バックアップ・メカニズムを提供し、プライマリー・システムに障害が発生した場合にはリクエストとデータ処理をスタンバイ・システムに転送できるようにすることです。けれどもユーザーおよびシステムの要件はそれぞれに異なるため、すべてに共通する 1 つの理想的な構成というものはありません。この記事では、Cognos ソリューションを高可用性、そして障害回復に対応するようにセットアップおよび保守するさまざまな方法を提案します。
記事 2010/9/03
Cognos クラウドのベスト・プラクティス: 単一イメージのトポロジーから複数イメージのトポロジーへの移行
従来のデータ・センターと同じように、クラウドの場合でも Cognos をデプロイするには複数のマシンが必要になることがあります。そうなると、クラウド・ソリューションにも複数のイメージが必要になってきます。この場合、パフォーマンス、スケーラビリティー、そして高可用性などの基準から、最終的に複数イメージのトポロジーとなるのが通常です。この記事では、このような複数のイメージからなるトポロジーを管理する上でのベスト・プラクティスを説明します。
記事 2010/8/25
Optim Data Growth Solution for Oracle E-Business Suiteを利用したOracle E-Business Suiteの情報ライフサイクル管理
IBM Optim Data Growth Solution for Oracle E-Business Suiteは、Oracle E-Business Suiteの情報ライフサイクル管理のソリューションです。Oracle E-Business Suiteのモジュールごとに、古くなったデータをアーカイブすることができ、さらに不要となったデータを削除することができます。また、アーカイブ後もOracle E-Business Suiteコンソールからデータを照会することができます。この記事では、IBM Optim Data Growth Solution for Oracle E-Business SuiteによるOracle E-Business Suiteの情報ライフサイクル管理方法と、アーカイブ・データをOracle E-Business Suiteコンソールでシームレスに照会するための構成方法について紹介します。
記事 2010/8/03
Optimアーカイブ・ファイルのODBC/JDBCアクセスと他のデータソースとの統合
IBM Optim Data Growth Solutionは、データベースにある古いデータをアーカイブする機能や、アーカイブ・ファイルのデータをODBCやJDBCでアクセスする機能を提供します。さらに、InfoSphere Federation Serverと組み合わせて使用することで、他のデータソースをSQL文で結合して照会することができます。本記事では、その仕組みと構成方法について述べます。
記事 2010/7/12
IMSライブラリー管理・保守ツール: IMS LIU V2.1への移行ガイドと新機能
IMS Library Integrity Utilities for z/OS, V2.1(5655-U08)(以下LIU)は、誤ったIMSライブラリーを使うことで引き起こされるデータベースの破損防止や、IMSデータベースの運用に必要なライブラリーの管理や保守を容易にするツールです。本稿では、旧バージョンとの互換性と、LIU V2.1の新機能を説明した後、Integrity Checkerのセットアップや移行手順、LIU V2.1 User's Guideに記述されていないLICONファイルのサイズ見積もり方法を紹介します。また、2010年2月10日にアナウンスされたIMS Database Solution Pack for z/OS V1.1(5655-S77)とIMS Fast Path Solution Pack for z/OS V1.1(5655-W14)にパッケージされているLIUについても説明します。
記事 2010/7/02
徹底的にOracleとの互換性を高めたDB2 9.7なら移行の手間も大幅削減
たとえライセンス費用が安くても、移行に手間がかかればそのメリットはなくなってしまう。最新版のDB2 9.7では、Oracleとの互換性を大幅に向上させており、移行の手間を大きく削減している。特にPL/SQLエンジンの実装、ロックメカニズムの変更は大きな変化であり、Oracleに慣れた技術者にとっても、これらによって今回のバージョンアップでDB2がかなり身近な存在になったと感じるはずだ。
記事 2010/6/28
Struts 2 による動的なデータ処理
この記事では、Web ベースのアプリケーションでの動的データの処理が Apache Struts 2 によっていかに楽になるかを学びます。Struts 2 の最も一般的な使用ケースについて、サンプル・コードを示していくつか例を挙げながら説明した後、Action、Interceptor、Result などの強力な機能を使って UI フィールドにデータベースのデータを設定する方法を詳しく探ります。また、アプリケーションをモジュール化する方法として、アプリケーションが値のリストからロードする際にデータ値を設定する方法と、必要なデータをフィールドに事前に入力する方法についても学びます。
記事 2010/6/15
データベースの特徴を理解し、自社に最適なデータベースを選択する
データベースは、基本的な機能だけしか使っていなければ、それぞれの製品の差はなかなか見い出しにくいものだ。各データベースの特徴を引き出し、より効果的にデータベース製品を利用するには、もっともっとデータベースに依存したシステムの構築を考えてみるといいだろう。そうすることで、自社に合ったデータベースとは何かが、はっきりと見えてくるはずだ。
記事 2010/6/14
Optim: Optim デザイナーを使用したデータ・マスキング
IBM Optim Data Privacy Solution V2.1は、データ・ソース内の機密情報をマスクすることでデータの安全性を保持するソリューションです。IBM Optim Data Privacy Solution V2.1では「名前や住所などの個人情報をルックアップ表に登録されているデータと置き換える」「文字を別の文字で置き換えたり、順番を入れ替える」「JavaScript式を用いてデータの変換方法を詳細に定義する」など、機密データの属性に合わせて多岐に渡ったマスク手法を提供しています。IBM Optim Data Privacy Solution V2.1のコンポーネントの1つであるOptimデザイナーは、上記のような機密データをマスクする操作を「データ管理サービス」として定義・設計することができます。本稿ではOptimデザイナーを使用したデータのマスク手法を、実際の操作方法を含めて具体的に紹介します。
記事 2010/5/14
XML本来の優位性をRDBで活用できるDB2 pureXML
数年前には、XMLはIT業界注目のキーワードだった。しかし、ここ最近はあまり耳にしない。とはいえ、XMLが消えてなくなったわけではない。むしろXMLはほとんどのシステムで、何らかの形で活用されつつある。
記事 2010/5/06
Optim: IBM Optim Data Privacy Solution V2.1 のコンポーネントとその機能
IBM Optim Data Privacy Solution V2.1 は、機密情報をマスクしてテストデータを作成する機能を提供します。マスクの種類としては、データをルールに則って変換するルール・ベース・ポリシー、国によって異なる氏名や住所などが実在のデータに近い形で予め登録されてる表(ルックアップ表)にあるものと置き換えるルックアップ・ポリシー、さらにきめ細かくデータを変換するために利用可能なJavaScriptポリシーがあります。また、構成に使用するOptimデザイナーはアーカイブや抽出などの構成も行うことができ、その実行はIBM Optim Data Growth SolutionやIBM Optim Test Data Management Solutionと連携して行います。この記事では、IBM Optim Data Privacy Solution V2.1 のコンポーネントとその機能について説明します。
記事 2010/4/28
pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 2 回 JSON を公開する pureXML 対応の Universal Services を作成する
pureXML Universal Services for JSON (この記事では以降、JSON Universal Services とします) は、挿入、更新、削除、照会をはじめとするデータベース操作の一式であり、Web サービスとして公開されます。アプリケーションはこれらのサービスを利用することにより、pureXML で JSON を永続化し、その JSON に対してクエリーを実行することが WebSphere Application Server と HTTP を介して容易に行えるようになります。この記事で説明する手順に従って、JSON Universal Services を構成し、テストしてください。
記事 2010/4/27
pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 1 回 DB2 pureXML による JSON の保管とクエリー
Web 2.0 でよく使われているテキスト形式の表記法である JSON (JavaScript Object Notation) は、クライアントとサーバーとの間で情報を交換する際に、オブジェクト (またはデータ構造) をシリアライズしたテキストとして表現するために使用されています。アプリケーションによっては、JSON オブジェクトを保持してセッション間で状態を維持するとメリットがある場合があります。この記事を読んで、単純な JSON と XML とのマッピングを導入することによって DB2 pureXML で JSON の保管、管理、クエリーを可能にする方法を学んでください。
記事 2010/4/27
Optim: Optim Data Privacy Solution によるテストデータの自動生成
ソフトウェアをテストする際に大量のデータが必要になることがありますが、個人情報を処理するシステムでは、データの扱いには特別の配慮が求められます。本稿では IBM Optim Data Privacy Solution V2.1 を使用して、擬似的な個人情報データを生成する方法を紹介します。このツールにより、大量のテストデータを自動的に生成することが可能となり、ソフトウェア品質の向上に貢献できます。
記事 2010/4/24
ワークロードを最適化する: 第 1 回
今やITインフラは「企業活動の道具」という立場から「社会インフラ」へと変貌しつつあります。世界中にコンピューター資源はあふれかえり、アプリケーションもあふれかえっています。アプリケーションはコンピューター資源を不安定に要求するため、大きな要求のあるシステムではピークにあわせて巨大なシステムを用意します。その巨大なシステムを効率よく稼働させることが、最大のコストパフォーマンスを実現する要件となります。
記事 2010/4/13
IBM Database Encryption Expertを利用してデータを保護する: 第 5 回 DB2 HADRやPower HA(旧称:HACMP)と共にDEEを利用する
IBM Database Encryption Expert (DEE) は、アプリケーションがファイル・システムに書き込むデータやデータベースのバックアップ・イメージを暗号化し、アクセス制御する機能を提供します。第5回では、DB2の高可用性災害時リカバリー(HADR)機能やIBMの高可用性ソリューションであるPower HA (旧称HACMP)と共に利用する方法について説明します。
記事 2010/4/09
多層にわたる XML のプログラミング: パフォーマンス、忠実性、そして開発の単純化のために中間層で XML を使用する
この記事で、データベースおよび中間層で XML データを操作する手法として、パフォーマンスに優れた自然な手法を学んでください。記事では XML データベースと Atom サービスの XML データを統合する Web アプリケーションを例に、この手法を説明します。そしてこのようなアプリケーションを構築する手段として、XML データベース、JDBC 4.0 の SQLXML サポート、そして IBM WebSphere Application Server V7.0 Feature Pack for XML を使用します。
記事 2010/3/31
サーバー集約と運用効率向上の機能をDB2の中に見る
企業の中で情報システム部門の役割が増しています。経済状況や個人情報保護法のような規制の強化などの流れの中で外注化は徐々に削減され、情報システム部門自身がシステム開発と運用の主導権を取り戻そうとしています。情報システム部門が置かれたこのような状況の中で、IBM DB2がどのような役割を果たすことができるのか?
記事 2010/3/26
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 第6回 5分でわかる!誰でもできるCLP Plus
「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」です。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやす く5分程度で解説するコーナーです。第6回は、SQL*Plusと同じ操作感のコマンドライン・ツールCLP Plusの解説です。
記事 2010/3/15
IMS データベース診断ツール: IMS HP Pointer Checker V3.1 新機能と移行ガイド
IMS High Performance Pointer Checker for z/OS, V3.1(5655-U09)(以下HPPC)は、IMS のフル・ファンクション・データベースの診断ツールです。データベースの統計情報解析と、データベースの整合性チェック機能をもち、IMSデータベース運用には欠かせない強力なツールです。最近、旧バージョンのHPPC V2.1や V2.2から最新のV3.1へ移行したいというお問い合わせを多くいただいています。本稿では V3.1への移行と機能拡張点について解説します。また、2010年2月10日にアナウンスされたIMS Database Solution Pack for z/OS V1.1(5655-S77) のHPPCについても説明します。
記事 2010/2/26
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 第5回 5分でわかる!DB2のデータ圧縮
「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」です。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやすく5分程度で解説するコーナーです。 第5回は、DB2のデータ圧縮機能をやさしく解説します。
記事 2010/1/25
パラメーター化クエリーを使用して DB2 Ruby on Rails アプリケーションのセキュリティーとパフォーマンスを強化する
企業で Ruby on Rails を利用することへの関心が高まるなか、一部のオブザーバーは、企業による厳しい要件に対応する上での Ruby on Rails の適格性について問題を提起しています。そうした問題の 1 つは、Rails の ORM (Object-Relational Mapper) である ActiveRecord では、Prepared Statement を使用しない (少なくとも今まではそうでした) という点です。しかし、最新リリースの DB2 on Rails では、パラメーター化クエリーが自動的に使用できるようになっており、DB2 on Rails を利用することで Rails アプリケーションのパフォーマンスおよびセキュリティーに大きなメリットがもたらされるようになっています。
記事 2010/1/21
UDFとXQueryでSQLに正規表現パワーを!
この記事では、DB2 9 のSQL上で正規表現を使用する為のUDF (ユーザー定義関数) をご紹介します。
記事 2010/1/04
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 第4回 5分でわかる!DB2 pureXML(2)
「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」です。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやすく5分程度で解説するコーナーです。 第4回は、第3回に引き続きDB2のXMLを扱う機能pureXMLをやさしく解説します。
記事 2009/12/22
InfoSphere DataStage XMLおよび Web サービス・パックを使用したデータの変換と統合
IBM InfoSphere™ DataStage® XML および Web サービス・パックは、XML および Web サービスが含まれる環境において迅速なデータ統合ソリューションの提供を支援する DataStage のコンポーネントです。DataStage Web サービスおよび XML パックの主な機能と操作を詳しく調べてみましょう。データの変換および統合の方法を学び、これら 2 つのパックを使用した Google 検索の Web サービスを実現します。本資料では 4 つの例を上げ、それぞれに簡単な概要、詳細なステップ、説明、および図が付けられています。
記事 2009/12/18
理解が信頼につながる: InfoSphere Foundation Tools 全体を通した共通用語の共有
企業情報資産に対する信頼を築くには、組織でビジネス用語の共通理解を育成および共有する必要があります。これは、InfoSphere Foundation Tools の主な目標の 1 つです。ビジネス・アナリストは IBM InfoSphere™ Business Glossary を使用することで、企業用語および分類システムを作成、管理、および共有できます。InfoSphere Data Architect (旧名は Rational® Data Architect) を使用すると、データ・モデラーは既存データ・モデルまたは新規データ・モデルの定義を使用できるため、ビジネス部門および IT をまたがった調整が可能です。データ・モデラーは、これらの概念を物理データベースにマッピングした情報で定義を拡張できるため、ビジネス・ユーザーは特別な照会またはレポートに使用する適切なデータ・ソースを識別できます。これらの定義は、IBM Information Server でウェアハウスのロード、マージャーのためのデータベース統合、またはマスター・データの構築および管理を実行する基盤にすることもできます。本資料では、InfoSphere Business Glossary、InfoSphere Data Architect、および IBM Information Server の間での簡単なメタデータ共有方法を説明します。
記事 2009/12/18
InfoSphere DataStage Enterprise Edition による DB2 リモート接続の構成
本資料は、 DB2 Enterprise Stage を使用してリモート DB2® インスタンスへの接続を構成する方法を段階的に説明します。また、同じ環境で実行した場合の DB2 API Stage と DB2 Enterprise Stage のパフォーマンスの比較も行います。
記事 2009/12/15
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 第3回 5分でわかる!DB2 pureXML(1)
「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」です。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやすく5分程度で解説するコーナーです。 第3回はDB2のXMLを扱う機能pureXMLをやさしく解説します。
記事 2009/12/15
ネイティブ XML データベースを最適化するための 6 つのヒント
RSS、Atom、マッシュアップ、そして桁外れの検索要件に対応するための技術などが発展してきたおかげで、ネイティブ XML データベースは検索アプリケーションや検索サービスの重要な一部となっています。ネイティブ XML データベースでは、構造が可変の大量のデータに対して非常に効率的に検索を実行することができます。この記事では、XQuery とネイティブ XML データベースを使用するアプリケーションのパフォーマンスを最大限に高めるための常識的なガイドラインをいくつか説明します。
記事 2009/12/15
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 第2回 5分でわかる!DB2の始め方
「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」です。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやすく5分程度で解説するコーナーです。第2回はDB2をインストールする方法をやさしく解説します。
記事 2009/12/08
新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座: 第1回 5分でわかる!講師の自己紹介
「新人OLと学ぶ、5分でわかるDB2講座」です。DB2初心者のわたしが実際にDB2を使いながら体験し、みなさんに分かりやすく5分程度で解説するコーナーです。 第1回は講師の自己紹介と今後の予定をお知らせします。
記事 2009/12/01
IBM InfoSphere Content Collector 詳説
IBM InfoSphere Content Collectorは電子メール、ファイル・システム、コンテンツなどさまざまな形式に対応するアーカイブ・ソリューションです。Lotus DominoサーバーやMicrosoft Exchange Server内の電子メール、Windowsファイル・システム上のファイルを自動的、または対話的にアーカイブ、プレビュー、復元、検索できます。2009年10月に発表された最新版のバージョン2.1.1からは一般のLotus NotesデータベースやMicrosoft SharePointからのアーカイブもサポートします。
記事 2009/11/20
DB2 によるXMLスキーマの進化とXMLデータの管理
「DB2 によるXMLスキーマの管理とXML データの妥当性検証」では、XMLスキーマを利用したXMLデータの妥当性検証と、その情報の取得方法などについて述べましたが、この記事では、XMLスキーマの進化におけるXMLデータの管理方法について紹介します。なお、この記事は、DB2 9.7 for Linux, UNIX and Windows に基づいて述べられています。
記事 2009/11/19
DB2 によるXMLスキーマの管理とXML データの妥当性検証
XMLスキーマには、名前空間を持つものや持たないもの、複数のXMLスキーマから構成されるもの、複数の名前空間から構成されるものなどがあります。この記事では、それらのXMLスキーマやXML データを例に取り上げ、DB2 を利用したXMLスキーマの登録方法やXML データの妥当性検証方法、妥当性検証に利用したXMLスキーマの取得方法などについてご紹介します。 なお、この記事は、DB2 9.7 for Linux, UNIX and Windows に基づいて述べられています。
記事 2009/11/19
pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 3 回 pureXML 対応の OpenSocial ガジェットの作成
OpenSocial ガジェットの Web 2.0 技術を利用すれば、開発者は簡単に、iGoogle や MySpace、そして Hi5、LinkedIn などの人気の高い Web サイトに自分のアプリケーションを組み込むことができます。この記事で DB2 の pureXML 機能を使用したアプリケーションを作成しながら、OpenSocial ガジェットの詳細を学んでください。今回が最終回となるこの 3 回からなる連載では、OpenSocial 対応のあらゆる Web サイトにデプロイできるガジェットをユーザー・インターフェースとして備えた pureXML アプリケーションを構築する方法を説明しています。この記事で説明する手順に従えば、第 1 回目の記事で説明した JSON データを、第 2 回目の記事で作成した JSON Universal Services を使用して保管、取得するユーザー・インターフェースを作成することができます。
記事 2009/11/10
pureXML と JSON に対応したアプリケーションを構築する: 第 3 回 pureXML 対応の OpenSocial ガジェットの作成
記事 2009/11/10
101 - 661 件のうちの 200 件 | 前へ | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示