技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (45 製品)

    (90 トピック)

    (0 インダストリー)

    (4 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 706 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
DB2 pureScale をクラウド環境で動かしてみよう
この記事では、だれでも利用できるクラウド環境上で、テストや評価の目的に特化した DB2 pureScale を構築する手順を説明します。
記事 2017/4/18
DB2 Ingestユーティリティ利用ガイド
 
記事 2017/4/13
dashDB Local FAQ
dashDB Local は、分析用に設計された Docker コンテナで提供される DWH ソフトウェアアプライアンスです。コンテナベースの SDE (Software Defined Environment) 環境として提供されるため、プライベートクラウドの物理、仮想環境へ迅速かつ簡易に配置でき、高速性と柔軟性、簡易性を合わせ持つ次世代の分析ソリューションです。
記事 2017/4/12
DB2 HADR環境のアップグレード手順ガイド
 
記事 2017/4/07
DB2 for LUW 11.1 移行手順ガイド
 
記事 2017/4/04
Jupyter で BigInsights の pyspark を実行する
IBM InfoSphere BigInsights は、100%オープンソースの IOP をベースに IBM の SQL ソリューションを含む IBM の Hadoop ソリューションです。BigInsights の IOP は Spark を含んでおり、Spark を利用して Hadoop に貯めたデータの分析や機械学習の実行が可能です。本稿では、IBM BigInsights に Jupyter を導入して Spark から利用する方法を記述します。
記事 2017/3/02
ハイブリッド・データウェアハウス
データウェアハウスは、もはや一種類で全ての要件を満たす時代ではなくなりました。 サービスレベルやそれを満たすことの重要性、必要な柔軟性のレベル、ソリューションのコスト、分析ワークロードに必要な制御等の要素を考慮する必要があります。
記事 2017/2/21
オフライン環境でBigInsights4.x IOPとIBM Value-addedサービスのインストールを実行する
IBMはBigInsights をインストールするための公開リポジトリサーバーを用意しています。しかし、自社ネットワーク外に存在するサーバーへの接続は難しい場合があります。このような場合には、事前に必要なファイルをダウンロードしておき、自社ネットワーク内にミラー・リポジトリサーバーを構築してインストールを実施する必要があります。
記事 2017/1/16
オンプレミス環境からクラウドデータベース dashDB への移行
難しいプログラミングは一切無しに、使い慣れたオンプレミスのデータベースから、IBM のクラウド DB へのデータ移行を可能とする「Bluemix Lift」を紹介します。
記事 2016/12/26
DB2 Express-C 11.1 for Windows クイックインストール
このドキュメントでは DB2 Express-C 11.1 for Windows (以下 DB2 Express-C) をインストールする方法をご紹介します。
記事 2016/9/14
DB2 Express-C 11.1 for Linux クイックインストール
このドキュメントでは DB2 Express-C 11.1 for Linux (以下 DB2 Express-C) をインストールする方法をご紹介します。
記事 2016/9/14
SPSS+dashDB連携 —SQLプッシュバックによる分析処理のパフォーマンス向上—
お手持ちのデータを気軽に/手軽に分析してみませんか? データマイニングツールSPSS Modelerとクラウド型分析基盤dashDBを組み合わせれば、お手軽かつ高速なデータ分析環境の実現が可能です。 この記事では、SPSSとdashDBの連携による分析効率化/処理パフォーマンス向上を支える技術の1つである「SQLプッシュバック」の概要およびメリット、設定方法についてご紹介します。
記事 2016/6/29
DB2 11.1 for Linux, UNIX, and Windows 登場!
DB2 for Linux, UNIX, and Windows (以下、DB2) の最新バージョンとして、バージョン 11.1 が 2016年6月15日に出荷開始された。DB2 for Linux, UNIX, and Windows は、20年以上 IBM のデータベースのコア製品として市場・お客様のニーズとともに進化をし続けてきた。OLTP 業務も Analytics 業務でも、オンプレミスもクラウドでも、小規模構成もペタバイト級の大規模構成でも、お客様のビジネスをご支援できるバリアフリーなデータベースである。この新しい DB2 11.1 のメリットと機能拡張を紹介する。
記事 2016/6/28
DB2 Express-C 10.5 for Windows クイックインストール
このドキュメントでは 無料で使えるDB2 Express-C 10.5 for Windows をインストールする方法をご紹介します。
記事 2016/3/03
FixPack (修正モジュール) からの DB2 新規導入ガイド
記事 2016/2/16
ユーザー作成辞書ファイルを IBM SPSS Modeler Text Analytics に取り込む方法
IBM SPSS Modeler Text Analytics の日本語版には、基本語彙や時事用語など一般に用いられている単語のほか、感性分析のための辞書が製品にビルトインされています。それゆえ、ユーザー側で特に辞書を作らなくとも、ある一定水準の抽出結果を得ることができます。 その一方、固有の言い回しや用語についてはうまく認識されないケースがあります。調査・研究・業務などに特化したユーザー独自の用語リストが手元にあるならば、これを IBM SPSS Modeler Text Analytics のテンプレートエディターに取り込むことによって、抽出精度をさらに向上させることができます。 本稿は、テンプレートエディターに取り込む手順を解説するとともに、日本語を扱う上での幾つかの留意点を示します。また、内容を修正したファイルを再度取り込む場合など、さまざまなケースを想定して解説を行います。
記事 2015/10/22
サービスとしてのデータ・インテグレーションとデータ・アナリティクス、第 1 回: DataWorks
データ・インテグレーションの専門家のほとんどは、ソースからターゲットへのデータのロードやマイグレーションは時間がかかる上に面倒な作業であるのが普通だと考えています。しかし IBM Bluemix DataWorks サービスを利用すると、さまざまなソースからさまざまなターゲットへのデータのロードやマイグレーションを容易に行うことができます。IBM DataWorks サービスには DataWorks API と DataWorks Forge が含まれているため、開発者は DataWorks サービスを利用することで、さまざまなターゲットへのマイグレーションをシームレスに行えるほか、データのロード、クレンジング、プロファイリングを行うこともできます。DataWorks Forge は主に知識労働者のために設計されており、データの選択、視覚化、さらにはデータの品質を強化、改善した後で使用するための準備などを支援します。このチュートリアルは、サービスとしてのデータ・インテグレーションとデータ・アナリティクスについて説明する連載の第 1 回です。
チュートリアル 2015/10/22
IBM Cognos 10 暗号化サービス 【CSK編】
過去にCognosの管理者が運用(メンテナンス)中にサービスが起動できなくなるという報告事例がありますが、セキュリティーの仕組みを正しく理解した上で暗号化サービスを適切に設定しておくことで、こういった事例は未然に防ぐことができます。本稿ではIBM Cognos Business Intelligence のセキュリティーの仕組みを大きく2つ (暗号化サービスと暗号化プロバイダ) に分け、暗号化サービスの内容や設定の理解を深めることを目的としています。
記事 2015/10/20
Java Integration ステージにおけるユーザコードのデバッグ
IBM InfoSphere Information Server バージョン 9.1 から提供されている Java Integration ステージを使用することにより、InfoSphere Data Stage and Quality Stage のパラレル・ジョブから Java コードを呼び出し、データを加工・変換する ETL (Extract, Transform, Load) ジョブに統合することが可能となります。お客様がもつ Java コードの資産や多種多様なオープンソース API やフレームワークの利用により、より付加価値の高いデータの生成が可能となります。本稿では、Java Integration ステージ上で動作するユーザコードのデバッグ方法について説明します。
記事 2015/10/14
IBM InfoSphere Optim Archive Solution 解説: 第 2 回 削除サービスおよびリストア・サービスの作成と実行
IBM InfoSphere Optim Archiveはデータベースのデータの保存・削除・復元を行うためのソリューションです。この記事では、外部ファイルに保存されたデータをデータベースから削除する削除サービスと、データベースに戻すリストア・サービスの使用方法について説明します。
記事 2015/9/18
SQLDB データベースを管理するための DB2 CLI コンソールをビルドする
クイックにビルドして IBM クラウド・プラットフォーム Bluemix にデプロイできるアプリケーションを使用して、SQLDB データベースを簡単に管理します。
チュートリアル 2015/8/27
dashDB サービスを利用して、Ruby でビジネス・インテリジェンスおよびアナリティクス・サービスを作成する
IBM Bluemix で利用可能な dashDB サービスは、ビジネス・インテリジェンスとアナリティクス・タスクに対応した、アジャイルかつ強力で使いやすいプラットフォームを提供します。エンタープライズ規模で管理されるこのサービスには、最適化された列編成のインメモリー BLU Acceleration データウェアハウス・テクノロジーが採用されています。この記事では、dashDB サービスをアプリケーションに組み込むのがいかに簡単であるか、またそうすることでアプリケーションに専念できることを実際の例で説明します。
記事 2015/7/23
Java、Weka、そして dashDB サービスを利用してデータ・マイニング・アプリケーションを構築する
dashDB サービス (以前は Analytics Warehouse サービス、または BLU Acceleration サービスと呼ばれていました) は、IBM Bluemix 上でデータウェアハウジングとアナリティクスをサービスとして提供します。開発者は、クラウド内で提供される、極めて高速に動作する IBM BLU データベースのテクノロジーを利用して重要な分析アプリケーションを開発し、デプロイすることができます。IBM BLU 列指向データベースを活用し、Weka 統計分析ツールを使用してデータ・マイニング・アプリケーションを開発する方法を学んでください。
記事 2015/7/16
試してみたくなる Bluemix の 4 つの試験サービス
結合テスト、データ管理、コンテンツ管理、アプリケーションの品質、アプリケーションのインフラストラクチャーといった分野からのセレクションをはじめとし、IBM Bluemix のもうすぐ一般向けになる最新のボイラープレートとサービスを調べてください。
記事 2015/7/09
IBM Content Navigator におけるカスタム・ビューアーの開発
この記事では ICN プラグイン・フレームワークを利用したカスタム・ビューアーの開発手順について紹介します。ICN の利用者はこのフレームワークを利用することで、独自の機能をもったカスタム・ビューアーを開発し、簡単に ICN 上で利用することができます。本記事では具体的な開発手順として、画像を原寸大で読み込んで表示するだけの機能をもつ単純なビューアーを作成する手順を紹介します。また、今回紹介する手法をベースにして作成したカスタム・ビューアーの有用性を示す例として、上記ビューアーに拡大・縮小・回転などの拡張機能を追加したビューアーについても紹介します。
記事 2015/7/02
IBM InfoSphere Optim Archive 解説: 第 1 回 アーカイブ・サービスの作成と実行
IBM InfoSphere Optim Archive はデータベースのデータの保存・削除・復元を行うためのソリューションです。この記事では、データベースのデータを外部ファイルに保存するアーカイブ・サービスの使用方法について説明します。
記事 2015/6/23
クラウドのデータ・ストレージを最適化する
データ・ストレージは、もはやウェアハウジングの問題ではありません。至るところにデータが存在する新しい世界では、暗黙のうちにデータの検索や、データへのアクセス、データの利用を効率的に行える方法が潜在しています。これらのデータの多くはクラウド上に存在するため、クラウド・プラットフォーム内でデータ・ストレージの結びつきが弱くならないよう、データ・ストレージを最適化する方法を知っておく必要があります。ストレージ手法とソフトウェア・ツールを利用することによって、データおよびデータベースの最適化を実現できるだけでなく、ソフトウェア・レイヤーから仮想化データ・ストレージを管理することもできます。この記事では、ストレージ最適化ツールが果たす役割を探ります。
記事 2015/6/18
大規模なデータ統合: RDF を使用してデータの Web を作成する
データ統合の標準とテクノロジーに関する、全 5 回からなる連載記事の第 1 回では、Brian Sletten が OSLC (Open Services for Lifecycle Collaboration) と呼ばれる新しい標準一式の基礎となっている RDF (Resource Description Framework) について紹介します。RDF は、World Wide Web Consortium (W3C) のセマンティック Web テクノロジー・スタックの一部として、複数の参加者の間で大々的な事前調整を行うことなく情報の統合を容易に行えるように設計されたものです。
記事 2015/6/11
クラウド・ストレージ・アプリケーションを作成する
IBM が提供する Bluemix の Object Storage サービスを利用する単純な Node.js アプリケーションを作成する方法を学んでください。このアプリケーションで示すのは、ユーザーのアクセス・トークンを取得する方法や、フォルダーを作成する方法、文書をアップロードする方法などです。このアプリケーション・コードのなかには、ユーザーのフォルダーを一覧表示するリクエスト、フォルダー内の文書を一覧表示するリクエスト、文書を削除するリクエストをはじめとする各種リクエストを扱うためのコード・ブロックも見つかります。このチュートリアルでこれから学ぶことを活かせば、Object Storage サービスを利用して素晴らしいアプリケーションを迅速かつ容易に作成することができます。
記事 2015/4/23
IBM Enterprise Records V5.2 概説
この記事では企業の各種データのレコード管理を支援する IBM Enterprise Records の概要を紹介し、IBM Enterprise Records が膨大な量のデータをどのように管理するかについて説明します。
記事 2015/4/16
Geospatial Analytics サービスを利用してモバイル端末をモニターする
Bluemix の Geospatial Analytics サービスを利用する Node.js スターター・アプリケーションを取得して実行し、拡張してください。Geospatial Analytics サービスを利用すると、モノのインターネットに接続された移動中の端末をモニターすることができます。Geospatial Analytics サービスは、MQTT からの端末メッセージ・ストリームを分析し、1 つ以上の地域に関して端末の位置情報をリアルタイムで追跡します。
記事 2015/4/16
IBM Case Manager カスタム・ウィジェットにおけるプロパティー、カスタム・アクション、およびイベント
以前の記事では IBM Case Manager (ICM) カスタム・ウィジェットを開発するための手順、およびプロパティー・ビューにおけるカスタム・エディターの開発手順を解説しました。本記事では、カスタム・ウィジェットで扱うことができるプロパティー、カスタム・アクション、およびイベントについて解説します。これらを利用してカスタム・ウィジェットの汎用性や機能性を向上させることができます。
記事 2015/2/19
さわってみよう dashDB
この記事では、IBM Insight2014 で発表された dashDB について紹介します。Bluemix アカウントの作成から dashDB の環境の作成、サンプルデータを元にした簡単な分析までを紹介しているので、ぜひ dashDB をさわってみてください。
記事 2015/1/14
これだけはおさえたい DB2 の運用: 障害回復のためのバックアップ・リカバリー
この記事では、データベースのバックアップと、障害発生時におこなうデータ復元の手順についてご紹介します。このシリーズは DB2 10.5 を前提としますが、DB2 9.7/DB2 10.1 など最近の DB2 であれば基本的に共通となる内容としています。
記事 2014/12/24
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 を "見える化" するためのモニタリング運用
「これだけはおさえたい DB2 の運用」シリーズのなかで、この記事ではデータベースのモニタリングを取り上げます。万一の障害を素早く検知したり、過去のデータベースの稼働状況を振り返ったりするためにはモニタリングが不可欠です。この記事で紹介するモニタリング手法を習得して、必要に応じて適切な分析ができるようにしましょう。
記事 2014/12/12
Bluemix の SQL Database サービスを利用して SQL Database との間でデータのインポートやエクスポートを行う
Bluemix SQL Database にデータをインポートする方法を学んでください。また、どのようにすればデータをエクスポートすることが可能であるかを示すサンプル・アプリケーションを参照してください。
チュートリアル 2014/12/04
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 の自動メンテナンス機能でここまでできた
DB2 には、多数の自動メンテナンス機能が備わっている。この記事では、DB2 の自動メンテナンス機能にどのようなものがあるか、これによって何ができるのか紹介する。
記事 2014/11/27
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 5 回 Optim Server、Optim Manager およびその他の機能の使い方
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution はアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、Optim Server や Optim Manager などの使い方について説明します。
記事 2014/11/04
Arduino と Rails を使用して Bluemix 上で IoT アプリケーションを開発する
このチュートリアルでは、モノのインターネット (IoT: Internet of Things) に適用できるテクノロジーを使用するアプリケーションの開発方法を紹介します。このチュートリアルで開発するサンプル・アプリケーションは、加速度計からデータを収集して Web サーバーに保管し、それらのデータを加速度計の読み取り結果として即座に Web ページに表示するというものです。
チュートリアル 2014/10/30
Bluemix のキャッシュ・サービスを利用してクラウド内でキャッシュ・アプリケーションを作成する
このチュートリアルでは、IBM クラウド環境上でキャッシュ・アプリケーションを作成することを取り上げます。記録された実行時間は、キャッシュ・サービスにアクセスする速度を示しています。
記事 2014/10/23
Guardium Active/Standby 環境におけるエージェントのログ送信先コレクターの取得方法
IBM InfoSphere Guardiumは、データベースの監視とセキュリティのための製品で、データベース・アクティビティを監査し、レポートの作成を行います。この記事では、Guardium コレクターを Active/Standby 環境で利用している際に、エージェントのログ送信先コレクターを取得する方法に関して説明します。
記事 2014/10/22
Hadoop に対処する: IBM Worklight と IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights を統合して、モバイル・アプリでビッグ・データとしての動画をストリーミングする
この記事では、動画データのストリーミングをモバイル・アプリケーションに統合する方法を説明します。この方法を説明する中で、IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights、そして IBM Worklight といった最先端のテクノロジーを使用することによって対処できるビジネス問題のいくつかと、これらのテクノロジーによってもたらされる可能性の一部についても明らかにします。この記事では、従わざるを得ないトレンドの一例として、ビデオ・ストリーミングに対応するために、クラウド・サービスを利用してモバイル端末にビッグ・データを統合することを要求するトレンドを取り上げます。
記事 2014/10/16
これだけはおさえたい DB2 の運用: パフォーマンス維持のための運用 (REORG と RUNSTATS) 編
この記事では、統計情報の収集 (RUNSTATS) と再編成 (REORG) の運用方法について、ご紹介します。これらのコマンドを定期的に実行することで、データベースのパフォーマンスを維持しましょう。
記事 2014/10/10
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 4 回 Optim Designer による挿入およびロード・サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution はアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データをデータベースに挿入する挿入サービスおよびロード・サービスの使用方法について説明します。
記事 2014/10/07
IBM PureApplication System における WebSphere eXtreme Scale ベースのキャッシュ・サービスを探る
クラウド・エンタープライズ・アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティーの問題に対処するには、キャッシュ・サービスがソリューションとしてよく使われます。この記事では、IBM PureApplication System のクラウド・システムに用意されている 3 つのキャッシュ・サービスについて探ります。対象とするのは、組み込みキャッシュ・サービス、WebSphere eXtreme Scale をベースにクラスターで仮想システム・パターンを使用して作成するキャッシュ・サービス、そして同じく WebSphere eXtreme Scale をベースに仮想システム・パターンとコア OS イメージを使用して作成するキャッシュ・サービスです。
記事 2014/10/02
IBM Case Manager のカスタム・ウィジェット開発手順
IBM Case Manager (ICM) はバージョン 5.2 から IBM Content Navigator (ICN) をベースとしたアーキテクチャーに刷新されました。これに伴い、カスタム・ウィジェット開発の方法も ICN のプラグイン開発に基づいた方式に大きく変わりました。この記事では ICM 5.2 における新しいカスタム・ウィジェット開発方法について、開発からデプロイまでの手順についてサンプルを交えながら紹介します。
記事 2014/9/18
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 3 回 Optim Designer による変換サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution はアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データベースから外部ファイルに保存された個人情報をマスクする手順について説明します。
記事 2014/9/12
これだけはおさえたい DB2 の運用: DB2 運用管理の概要編
データベースには、顧客データや取引データをはじめとし、様々な重要なデータが大量に保持されています。データへのアクセスに対し、データベースが良好なレスポンスを保ち、問題を起こさないことはシステムが健全に稼働するための大前提です。また、サービスの継続性に加えてコンプライアンスなどの観点からも、データを失わないことが必須となります。
記事 2014/9/05
Bluemix SQLDB サービスを利用して、学生の数学演習用の簡単な Web アプリケーションを作成する
管理されたデータベース・サービス SQLDB を利用して、アプリケーションの苛酷な Web ワークロードおよびトランザクション・ワークロードに対処する Node.js アプリケーションを作成する方法を学んでください。
記事 2014/8/28
Guardium ポリシー作成の基礎知識
IBM InfoSphere Guardiumは、データベースの監視とセキュリティーのための製品で、データベース・アクティビティーを監査し、レポートの作成を行います。この記事では、Guardiumのセキュリティーおよび監査の方針を決定するポリシーの観点から適切なログの収集を行うための設定を解説します。
記事 2014/7/31
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 2 回 Optim Designerによる抽出サービスの作成
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solutionはアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、データベースからデータを外部ファイルに保存する手順について説明します。
記事 2014/7/31
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ3】
このラボでは、オペレーターを追加することで、これまで構築してきたアプリケーションを強化します。これにより、追跡している各車両別に、5 つの観測ごとの平均速度を計算します。その後、Streams Console を使用し、結果を視覚化します。
記事 2014/5/07
InfoSphere Streams Quick Start Editionのご案内
InfoSphere Streams Quick Start Edition は、「非商用環境」において、無期限・サイズ無制限で利用可能です。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ4】
このラボでは、オペレーターを追加することで、これまで構築してきたアプリケーションを強化します。これにより、追跡している各車両別に、5 つの観測ごとの平均速度を計算します。その後、Streams Console を使用し、結果を視覚化します。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ2】
このラボでは、車両データのフィルタリング・アプリケーションの開発をさらに進めていきます。また、データ・フローに対する理解を深め、実行中のアプリケーションをモニタリング・確認する Studio 機能について詳しく学びます。分かりやすくするため、データがなくなる前に何が起こっているのかを見られるようにする 2 つの拡張機能を作成していきます。1 つ目は流れを遅くする機能 (そのままでは、Streams は速過ぎます)、2 つ目は複数のファイルを読めるようにする機能です。これは、開発とデバッグの一般的な設計パターンです。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【ラボ1】
このラボでは、シンプルなシナリオに合わせ、アプリケーションを開発します。ここでのシナリオは、車両のロケーション、速度、およびその他のセンサーに関するデータをファイルから読み取り、特定の車両の観測値を探し、選んだ観測値を別のファイルに書き込むというものです。これは厳密に言うとデータのストリームではありませんが、ファイル I/O が Streams アプリケーションの開発において、なぜ、どのように重要となるのかを考察し、後ほどデータ・ストリームのシミュレーションに、どのように活用できるのかをお見せします。
記事 2014/5/07
IBM InfoSphere Streams 3.2ハンズオン・ラボ: 入門編【概要】
IBM InfoSphere Streams (「Streams」) により、大容量の変動する情報を継続的かつ非常に迅速に分析できるようになり、ビジネス上の洞察と意思決定を改善できるようになります。また、InfoSphere Streams は、データ・ストリーム内に存在する情報の取り込み、フィルタリング、分析、相関を行う、ユーザーが開発したアプリケーションの実行プラットフォームやサービスともなります。
記事 2014/5/07
最適なDB2 10.5のエディションを選択する方法
本記事を読むことによって、IBM DB2 10.5 for Linux, UNIX, and Windowsの各エディションのユニークな機能について確認することができます。各エディションの仕様、ライセンスの許諾条件、これまでのDB2のリリース・サイクルを通じての変更点、およびDB2の有益な活用シナリオについても説明します。なお、将来的にフィックスパックとともに同じバージョンに関してライセンスの許諾条件が変更された場合は、本記事も更新されます。
記事 2014/2/26
高可用性(HA)環境においてDB2 10.5の分散データ・サーバーのライセンスを取得する方法
高可用性環境を構築するために、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsのバージョン10.5のライセンスを正確に取得する必要がありますか?製品発表レターやライセンスの許諾条件を正しく理解したいとお考えですか?本記事は、2013年6月14日に提供が開始されたDB2 10.5についてわかりやすく説明します。
記事 2014/2/26
DB2 10.5の分散データ・サーバーのさまざまなエディションの機能を比較する
比較表を提供することによって、DB2 10.5 for Linux, UNIX, and Windowsのサーバー・ファミリー製品のエディションの基本的なライセンスの許諾条件、機能、およびフィーチャーの違いを説明します。情報は2013年6月14日時点のものです。
記事 2014/2/26
【ISE 技術文書】DB2 V10.1 HADR + TSA 連携 構築/運用ガイド
当ガイドでは、DB2 HADR (High Availability Disaster Recovery)機能と、TSA (IBM Tivoli System Automation for Multiplatforms)を組み合わせたクラスター構成の、設計例、構築手順、運用例、および、当ガイドと併せて提供されるサンプル・シェル・スクリプトについて、紹介・解説しています。
記事 2014/1/15
【ISE Residency】Qレプリケーション:セルフスタディー・キット
当資料は2012年10月~11月に実施されたISE レジデンシー・プログラム『一から学ぶ Qレプリケーション設計・構築 スキルの習得』 の成果物です。
記事 2014/1/15
【ISE Residency】DB2 HADR マルチスタンバイ構築手順書
当ガイドは2012年10月~11月に実施されたISE Residency プログラム「目指せ!HADR マイスター!DB2 v10 マルチスタンバイ」の成果物です。
記事 2014/1/15
Modeler と Cognos BI を連携してテキストマイニングの手法で SNS から事業に役立つ知見を導出するための手法
本稿ではテキストマイニングの手法でビッグデータから事業に役立つ知見を導出する例をご紹介します。ビッグデータの定義として、数テラバイトから数ペタバイトにもおよぶ大量のデータの集積物であるという容量の観点での定義と、企業システムで通常扱っているような構造化データではなく不定形なテキストなど非構造化データであるという多様性の観点での定義と、二つの観点での定義が知られています。本稿では、容量 (Volume) ではなく多様性 (Variety) という観点で、ビッグデータ=非構造化データをビジネスへ活用する方法を模索します。
記事 2013/12/24
SoftLayer への移行: Racemi Cloud Path サービスを使用して、IBM DB2 Enterprise Developer V9.7.1 64 ビット版 BYOL VM を SCE から SoftLayer にマイグレーションする
IBM SmarterCloud Enterprise から IBM SoftLayer に IBM DB2 Enterprise Developer V9.7.1 64 ビット版のインスタンスを安全にマイグレーションする方法を学びましょう。
記事 2013/12/19
IBM Content Navigator におけるプラグイン開発手順
この記事では、IBM Content Navigator (ICN) のプラグイン開発手順について紹介します。ICN が提供するプラグイン・フレームワークを利用することで ICN をベースとしたカスタム・アプリケーションを効果的に開発することができます。ICN のプラグイン開発について、開発環境の準備からサンプル作成と実行までを順を追って紹介することにより、プラグイン開発のよい出発点になることを目的としています。
記事 2013/12/19
Datacap Taskmaster V8.1 概説
2013年 5月に Datacap TaskmasterV8.1 FP1 が出荷されました。このリリースから、日本語の認識がサポートされ、日本のお客様にも使用していただくことができるようになりました。本稿では、Datacap の概要およびアプリケーションを作成する上でのヒントを紹介します。
記事 2013/12/19
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solution 解説: 第 1 回 コンポーネントの構成と機能の概要
IBM InfoSphere Optim Test Data Management Solutionはアプリケーション開発において、効果的なテスト・データ管理を実現するソリューションです。この記事では、製品に含まれるコンポーネントの構成と機能、およびテスト・データの作成手順の概要について説明します。
記事 2013/12/18
IMS データベース再編成ツール: IMS Online Reorganization Facility によるオンラインデータベースの再編成
IMS Online Reorganization Facility for z/OS (以下 ORF) は、IMS 全機能データベース及び HALDB のための再編成ツールで、オンラインのトランザクションやアプリケーションへの影響を最小に抑えてデータベースを再編成する機能を提供します。24 時間 365 日のデータベース運用には欠かせないツールであり、2013 年 11 月 22 日にリリースされた IMS Database Solution Pack for z/OS V2.1(5655-DSP) にも新たに追加されました。本稿ではこの最新の IMS Database Solution Pack の概要と、それに含まれる ORF の機能と仕組みについて説明します。
記事 2013/12/12
External Data Service の概説
IBM Content Navigator における External Data Service の概要と構成方法を解説し、ユース・ケースに基づいてその機能について詳しく紹介します。
記事 2013/12/12
Oracle 経験者向け DB2 9.7 ハンズオントレーニング資料
記事 2013/11/26
「DB2 9.7 エバリュエーション・ガイドブック」サポート・ページ
記事 2013/11/26
IBM Accelerator for Machine Data Analytics 第2部: 新規のログタイプのスピーディーな分析
さまざまなデータソースが生成するM2Mデータ(マシンデータ、センサーデータ、ログなど)は、企業内で大量に発生しています。IBM Accelerator for Machine Data Analyticsを活用すれば必要なシステムを簡単に実装できるため、準構造化、非構造化、構造化の特徴を持つテキスト・データをスピーディーに分析することができます。
記事 2013/11/22
IBM Accelerator for Machine Data Analytics第3部: マシンデータの検索をスピードアップする
さまざまなデータソースが生成するM2Mデータ(マシンデータ、センサーデータ、ログなど)は、企業内で大量に発生しています。IBM Accelerator for Machine Data Analyticsを活用すれば必要なシステムを簡単に実装できるため、準構造化、非構造化、構造化の特徴を持つテキスト・データをスピーディーに分析することができます。
記事 2013/11/22
製品別技術情報
記事 2013/10/31
Informix製品の日本語処理機能解説
記事 2013/10/31
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第2部): コマンドライン・プロセッサーを使用する
アプリケーション環境が急速に変化するなか、さまざまなアプリケーション・レイヤー間でデータを保存・交換するための柔軟なメカニズムが必要となっています。JSON (JavaScript Object Notation)はスキーマ設計のオーバーヘッドを削減し、データ加工を行う必要がないため、モバイル環境をサポートするインタラクティブなアプリケーションの構築のためには不可欠なテクノロジーとなっています。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。本記事では、NoSQLアプリケーションをサポートするためにDB2データベースの設定を行い、独自のアプリケーションを開発することを目的としたNoSQLによるコマンドライン・プロセッサーの基本的な活用方法を確認します。
記事 2013/10/21
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第4部): IBMによるDB2に対応するNoSQLの通信リスナーを使用する
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。この記事では、IBMによるDB2に対応するNoSQLの通信リスナーについて紹介します。本通信リスナーはMongoDBの通信プロトコルに基づいてメッセージを解析します。そのため、MongoDBのコミュニティーに提供されるさまざまなドライバーを使用し、これらのドライバーを使用する際に身に着けたスキルを活用することによって、DB2をJSONストアとして使用したうえでJSON文書の保存・更新・検索を行うことができます。
記事 2013/10/21
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第3部): Java APIを使用してアプリケーションを作成する
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。DB2によるJSONサポート機能に基づくJava APIはコマンドライン・プロセッサーと通信リスナーの基盤となる機能を提供し、カスタム・アプリケーションの作成をサポートします。本記事ではサンプルのJavaプログラムに基づいて基本的な使用方法について紹介し、JSON文書の保存と検索を最適化するためのオプションを説明します。
記事 2013/10/21
IBM InfoSphere Guardiumを使用し、IBM DB2 for iのデータベース・アクティビティーのモニタリングと監査を行う方法
IBM InfoSphere Guardium は全社的な情報の監査と保護を行うソリューションであり、本ソリューションを活用することによってさまざまな種類のリレーショナルなデータソースと非リレーショナルなデータソース(Oracle、Teradata、IMS、VSAM、Microsoft SharePoint、IBM Netezza、IBM DB2 for z/OS、および IBM DB2 for Linux, UNIX and Windows を含む)に含まれる情報の保護と監査を行うことができます。InfoSphere Guardium バージョン 9.0 の提供によって DB2 for i もデータソースに含まれるようになり、製品に標準で提供されるインターフェースと SQL を通じてアクセスをモニタリングできるようになりました。本記事は InfoSphere Guardium アーキテクチャーの簡単な概要、アクセスの設定方法(パフォーマンスを改善するためのベストプラクティスを含む)、およびデータ・アクティビティー・レポートへのアクセス方法について説明します。
記事 2013/10/17
IBM SmarterCloud 上で DB2 と WAS をセットアップする: 前編
IBM のパブリック・クラウド・サービスである SmarterCloud Enterprise (SCE) は、SaaS 提供基盤としてはもちろん、開発・検証環境としてもお役立ていただけます。DB2 の新機能を試してみたい、最新版の WAS でアプリケーションの動作確認をしたい、といったご要望に柔軟に対応することが出来ます。ぜひお試しください。前編では SCE 上にインスタンスを作成し、クライアントから接続するまでの手順を解説します。
記事 2013/9/19
IBM SmarterCloud 上で DB2 と WAS をセットアップする: 後編
IBM のパブリック・クラウド・サービスである SmarterCloud Enterprise (SCE) は、SaaS 提供基盤としてはもちろん、開発・検証環境としてもお役立ていただけます。DB2 の新機能を試してみたい、最新版の WAS でアプリケーションの動作確認をしたい、といったご要望に柔軟に対応することが出来ます。ぜひお試しください。後編では SCE 上のインスタンスに、DB2 および WAS をセットアップする手順を解説します。
記事 2013/9/19
PureApplication System 仮想パターン構築の極意: 第 2 回 仮想パターン構築において役立つ手法 (その 1)
当シリーズでは、ISV アプリケーションを IBM PureApplication System 上の仮想パターン (仮想アプリケーション・パターン (Virtual Application Pattern: 以下、VAP) と仮想システム・パターン (Virtual System Pattern: 以下、VSP)) として構築する上で筆者らが取得したノウハウやベストプラクティスをご紹介します。その中で今回は、VAP 開発手法を 3つ、VSP 開発手法を 6つご紹介します。
記事 2013/9/12
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第1部): DB2のNoSQLによるJSONサポート機能の概要
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。本記事ではDB2のNoSQLによるJSONサポート機能を提供するテクノロジー・レビューの概要について説明します。
記事 2013/8/27
IBM InfoSphere Master Data Management Reference Data Management Hub V10について
2012年7月に発売したIBM InfoSphere Master Data Management (MDM) Reference Data Management Hub v10.0 (RDM)は、さまざまな機能(包括的なオーサリング機能、ライフサイクル管理機能、バージョン管理モデル、ロールに基づくセキュリティー、およびアクセス制御を含む)に基づいて情報に含まれるリファレンス・データ(以降、参照データ)をシームレスに管理するために必要な一連の機能を提供する新製品です。
記事 2013/6/17
IBM Accelerator for Machine Data Analytics 第1部: マシンデータのスピーディーな分析
さまざまなデータソースが生成するM2Mデータ(マシンデータ、センサーデータ、ログなど)は、企業内で大量に発生しています。IBM Accelerator for Machine Data Analyticsを活用すれば必要なシステムを簡単に実装できるため、準構造化、非構造化、構造化の特徴を持つテキスト・データをスピーディーに分析することができます。
記事 2013/3/18
IBM InfoSphere Guardiumを使用して、ビッグデータのセキュリティーと監査を実現するには
本記事を読むことによって、InfoSphere Guardium が提供するデータベース・アクティビティーのモニタリング機能と監査機能について学び、Hadoopのデータ保護機能を既存のエンタープライズ・データ・セキュリティー・システムにシームレスに統合できるようになります。システムの設定方法について学び、InfoSphere Guardiumが提供するHadoop環境に特化したセキュリティー・ポリシーとレポートの活用方法を確認することができます。さらに、IBM InfoSphere BigInsightsでのみ提供される、クイック・モニタリング機能の実装についても確認することができます。
記事 2013/1/30
InfoSphere Guardiumによるアプリケーション・ユーザーの検出
現代の多くの企業では、データの監査要件によってどのアプリケーション・ユーザーが特定のデータベース・トランザクションを実行しているのか確認する必要があります。パフォーマンスを改善するために接続プールを使用している環境では、エンドユーザーを特定することは困難です。IBM InfoSphere Guardiumを使用して、この基本的なガバナンスに関する問題を解決する5つの手法について確認し、自社の環境に最も適しているのはどれか理解することができます。
記事 2013/1/30
IBM Content Navigator 概説
2012年 12月に IBM Content Navigator V2.0.1 が出荷されました。Content Navigator はコンテンツ・リポジトリーに保管されたコンテンツ (Office 文書、画像、動画など) を利用するためにユーザーに提供される最新の Web クライアントです。この記事では、IBM Content Navigator の概要について紹介します。
記事 2013/1/10
PureApplication System 仮想パターン構築の極意: 第 1 回 カスタム・ワークロード標準
当シリーズでは、PureApplication System の仮想パターン(仮想アプリケーション・パターンと仮想システム・パターン)を構築する上で、役に立つノウハウやベストプラクティスをご紹介します。今回は、仮想アプリケーション上の DB を柔軟に構成するための機能であるカスタム・ワークロード標準について、その定義方法と利用方法をご紹介します。
記事 2012/12/12
OpenStack で DB2 をサポートする
OpenStack は、データ・センター内にある大規模な計算リソース、ストレージ・リソース、ネットワーク・リソースのプールを制御するクラウド・オペレーティング・システムです。すべてのリソースはダッシュボードで管理され、管理者はダッシュボードでリソースを制御できる一方、ユーザーは Web インターフェースからリソースをプロビジョニングすることができます。OpenStack はデフォルトのデータベースとして MySQL、SQLite、PostgreSQL をサポートしています。この記事では、OpenStack で迅速に DB2 をサポートできるようにする方法を説明します。
記事 2012/12/06
PHPアプリケーションをMySQLからDB2に移行するプロセス: 第4部 (アプリケーションの実装)
PHP アプリケーションを DB2 に移行する意義を確認したうえで、IBM のイントラネット・アプリケーションの事例に基づいた移行の計画、実行およびその後のメンテナンス、発生する恐れのあるリスクへの対応方法について説明します。本シリーズは 4 部に分かれており、IBM 社内で ibm.com のコンテンツの製作のために使用されるミッション・クリティカルな PHP に基づくイントラネット・アプリケーション (世界中に 4,000 名のユーザーが存在) を MySQL から DB2 にスムーズに移行したプロジェクトから得られた教訓について説明します。本シリーズの第 4 部では、アプリケーションの実装とメンテナンスのステップについて説明します。
記事 2012/11/30
PureApplication System 仮想パターン構築の極意: 第 3 回 仮想パターン構築において役立つ手法 (その 2)
当シリーズでは、ISV アプリケーションを IBM PureApplication System 上の仮想アプリケーション・パターン (Virtual Application Pattern: 以下、VAP) と仮想システム・パターン (Virtual System Pattern: 以下、VSP) として構築する上で筆者らが得たノウハウやベスト・プラクティスをご紹介します。その中で今回は、問題発生時の対応の際に役立つ手法を中心にご紹介します。
記事 2012/11/29
高可用性 (HA) 環境における DB2 10.1 分散データ・サーバーのライセンス
IBM DB2 10.1 for Linux, UNIX, and Windows を高可用性環境で使用する際に必要なライセンスの許諾条件を、わかりやすく説明します。
記事 2012/11/13
エージェントレスな手法を使用して効率的なバックアップとリカバリーを行う
クラウドに関する現在の状況は数年前とは少し異なるようです。大きな違いの 1 つは、今やクラウドには一般コンシューマー向けの Web アプリケーションが置かれるのみならず、企業向けの製品レベルのアプリケーションもクラウドでホストされるようになっている点です。また、仮想化されたクラウド・データ・センターは、高速かつ効率的な方法でのデータ・アクセスおよびデータの格納、さらには潜在する問題が発生した場合のエンタープライズ・アプリケーション・データのデータ・リカバリーなどを行う上で効果的なバックアップを実践しているため、こうしたデータの扱いをするための優れた選択肢となります。この記事では、従来のエージェント・ベースのバックアップ手法よりも優れたクラウド指向のデータ・リカバリー手段を提供するエージェントレスなバックアップ手法を提案します。まず始めにバックアップ手法の選択肢を紹介し、続いて著者らが開発した、IBM SmarterCloud Enterprise 上で実行される実際のエージェントレス・クラウド・リカバリー・システムについて説明します。
記事 2012/11/08
最適なDB2 10.1のエディションを選択する方法
本記事を参照することによって、IBM DB2 10.1 for Linux, UNIX, and Windowsの各エディションのユニークな機能について確認することができます。各エディションの要件、ライセンスの許諾条件、これまでのDB2のリリース・サイクルにおける変更点、ならびにDB2の有益な活用シナリオについても説明します。なお、将来的にFix Packとともに同じバージョンに関してライセンスの許諾条件が変更された場合は、本記事も更新されます。
記事 2012/9/28
DB2 10.1データベース・サーバーのさまざまなエディションを比較する
DB2 10.1 for Linux, UNIX, and Windowsのサーバー・ファミリーのさまざまなエディションの2012年4月30日時点における基本的なライセンスの許諾条件、機能やフィーチャーの違いを比較表にして分かりやすく説明します。
記事 2012/9/28
PHPアプリケーションをMySQLからDB2に移行するプロセス: 第3部PHPコードの変換
PHPアプリケーションをDB2に移行する意義を確認したうえで、IBMのイントラネット・アプリケーションの事例に基づいて、移行の計画を立て、実行し、その後のメンテナンスを行い、発生する可能性のあるリスクに対応する方法について説明します。本シリーズは4部に分かれており、IBM社内でibm.comのコンテンツの製作のために使用されるミッション・クリティカルなPHPに基づくイントラネット・アプリケーション(グローバルに4,000名のユーザーが存在)をMySQLからDB2にスムーズに移行したプロジェクトから得られた教訓について説明します。本第3部では、PHPコードを変換するステップについて説明します。
記事 2012/8/27
Apache Cassandra データベースについての検討
NoSQL ストレージは、リレーショナル・データベースに代わる、柔軟でスケーラブルな手段となります。NoSQL ストレージは数多くありますが、なかでもよく選ばれているものの 1 つが Cassandra です。この記事では、Cassandra に関してよく知られている詳細から一歩踏み込んで、あまりよく知られていない詳細を探ります。具体的には、Cassandra のデータ・モデル、ストレージ・スキーマの設計、アーキテクチャー、そして Cassandra に関する意外な事実を詳しく探ります。
記事 2012/8/02
InfoSphere BigInsightsを活用して分析するソーシャル・メディアのデータと構造化データ
コードやスクリプトを書くことなくビッグデータを活用したいのであればBigSheetの活用を検討すべきでしょう。BigSheetsは、オープンソースのApache Hadoopプロジェクトに基づいて構築されたIBM InfoSphere BigInsightsのプラットフォームに含まれるビジネス・アナリスト向けのスプレッドシート形式のツールです。本記事ではBigSheetsの基本的な使用方法を説明し、BigInsightsに含まれるサンプル・アプリケーションを使って収集したソーシャル・メディアのデータと構造化データを分析する方法を紹介します。BigSheetsを使って行う、データのモデリング、組み込まれたマクロや関数を使ったデータの加工、分析内容を可視化するためのグラフの作成、そして分析結果をさまざまな出力形式でエクスポートする方法を確認いただけます。
記事 2012/8/02

1 - 706 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)