製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(7 製品)

(61 トピック)

(1 インダストリー)

(6 種類)

1 - 227 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Kabanero、Appsody、Codewind を使用して、Kubernetes 上の Spring Boot アプリケーションを作成する
新しいオープンソースのクラウド・ネイティブ開発ツール Kabanero の概要を把握し、Kabanero を Appsody および Codewind と併せて使用して、Kubernetes 内で実行される Spring Boot アプリケーションを作成する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/10/15
Java EE、Jakarta EE、MicroProfile のどれを使用すべきか、あるいはこれらすべてを使用すべきか
Java EE をベースとして生まれて来るエンタープライズ・テクノロジーがますます増えているようです。エンタープライズ開発者は、どのプラットフォーム、どの特定の標準、どのランタイムをベースにアプリケーションを開発すべきでしょうか?
記事 2019/9/05
Knative 入門: Knative の知識に身に付けるための演習
最新のサーバーレス・ワークロードのビルド、デプロイ、管理に対応する、Knative という Kubernetes ベースのプラットフォームを紹介します。
チュートリアル 2019/7/25
Watson Discovery 入門
この記事では、Watson Discovery の概要を説明します。このサービスはデータに隠されていた価値を明らかにし、簡単に答えを見つけ、傾向をモニタリングし、パターンを表面化できるようにします。その仕組みを学んでください。
記事 2019/7/08
ブロックチェーンでピザの配送を追跡する
Hyperledger Fabric、Hyperledger Composer、および Python Flask を使用して、エンドツーエンドのブロックチェーン・アプリケーションを作成してください。
チュートリアル 2019/6/20
Tekton Pipelines を使用して Knative アプリケーションをデプロイする
Tekton Pipelines は、Kubernetes クラスター内に CI/CD パイプラインを構成して実行するためのオープンソース・プロジェクトです。Tekton Pipelines を使用すると、Knative アプリをビルドしてデプロイするパイプラインを構築できます。
チュートリアル 2019/6/05
ローカルの開発用 Hyperledger Composer REST サーバーにインターネット上でアクセスする
ローカルの開発用 Hyperledger Composer REST サーバーにインターネット上でアクセスできるようにする方法を学んでください。
チュートリアル 2019/5/23
プライベート Ethereum ブロックチェーンを IBM Cloud Kubernetes Service にデプロイする
プライベート Ethereum ブロックチェーンを IBM Cloud Kubernetes サービスにデプロイするための手引書
チュートリアル 2019/5/23
Hyperledger Fabric 入門, 第 4 回: Membership Service Provider
第 4 回は Hyperledger Fabric の MSP (Membership Service Provider) について紹介します。
記事 2019/2/12
Hyperledger Fabric 入門, 第 2 回: Peer/チャネル/Endorsement Policy の解説
今回は第 1 回でも取り上げた Peer について詳しく紹介します。また Peer と関係性のあるチャネル、Endorsement Policy についてもあわせて紹介します。
記事 2019/2/07
マイクロサービスとコンテナーを併用すべき理由
いくつかの難点はあるとは言え、マイクロサービスはアプリケーションとそのユーザーの需要に対して大きなメリットをもたらすことから、開発者や企業の間で揺るぎない評判を維持しています。適切なレベルのマイクロサービスを確立しさえすれば、開発者と企業はその柔軟性を利用して、アプリケーションの開発や更新を迅速化することができます。この記事では、マイクロサービスとコンテナーが連動する仕組みについて説明します。
記事 2019/2/07
Python でのオンデマンド・データ, 第 1 回: Python のイテレーターとジェネレーター
Python でのデータ処理について最も古くから知られている方法は、データをリストや辞書などのデータ構造に組み立てて処理することです。こうした手法が功を奏するケースは数多くある一方で、膨大な量のデータを扱う際、この手法は大きな問題の原因となります。それは、コードの処理速度が痛々しいほど遅かったり、メモリーが枯渇したりするという問題です。この問題に対処するには、ジェネレーターとイテレーターが役立ちます。この 2 つの手法が Python で使われてから長い時間が経ちましたが、それほど十分には理解されていません。ジェネレーターとイテレーターと適切に使用すれば、ハードウェアに多大な投資をすることなくタスクを完了できるまでのサイズにビッグデータを縮小することができます。
記事 2019/1/24
Python でのオンデマンド・データ, 第 2 回: itertools のマジック
これまで常に、Python は「バッテリー同梱」をモットーとしてきました。このモットーは包括的な標準ライブラリーを強調する表現です。標準ライブラリーのモジュールの間では固く守られている秘伝は数多くあります。知名度はあまり高くありませんが、itertools もそのようなモジュールの 1 つです。このモジュールがそれほどよく知られていない理由の 1 つにイテレーターとジェネレーターが周知されていないことがありますが、itertools を利用しない手はありません。itertools や関連するモジュール (functools、operators など) に含まれているルーチンを使用すれば、開発者がビッグデータ演算子を開発する時間を大幅に節約できるからです。数々の例から、最もよく使われている MapReduce スタイルのデータ・サイエンス・タスクに itertools を使用して対処する方法を学んでください。
記事 2019/1/24
IBM Blockchain Platform スターター・プランにサンプル・アプリケーションをデプロイする
のチュートリアルでは、IBM Blockchain Platform 上にネットワークを作成するところから、スマート・コントラクト (チェーンコード) をインストールし、サンプル・アプリケーションを実行してチェーンコードを呼び出すまでの手順を説明します。説明には共有レジャーにデータを取り込んで、レジャーとやり取りするためにローカルのクライアント・アプリケーションからレジャーを呼び出し、クエリーを実行してレジャーを更新する方法も含まれています。
チュートリアル 2019/1/17
Hyperledger Fabric 入門, 第 6 回: Hyperledger Fabric v1.4 のプログラミングモデル
第 6 回は Hyperledger Fabric v1.4 で実装されたプログラミングモデルについて紹介します。
記事 2019/1/15
流行語の真相: マイクロサービスのパターンの略歴
商用アプリケーションの開発をめぐって最新の話題となっているのは間違いなく、マイクロサービスです。マイクロサービスという新しい流行語がアジャイル、DevOps、RESTful といった以前の流行語に取って代わり、履歴書やカンファレンスで欠かせないトピックとなっています。けれども、マイクロサービスは単なる流行語でも、一過性のブームでもありません。実際のところ、マイクロサービスはその由来となっている概念のすべてを集結させた進化であり、アプリケーション開発における長年の問題の多くを切り抜ける手法となる可能性を見せ始めています。
記事 2018/12/27
ブロックチェーンの基礎: 分散型レジャー入門
ブロックチェーン・テクノロジーが組織や機関の取引業務の方法をどのように一変させるようになるのか、その行く末について盛んに予測が行われています。ブロックチェーン・ネットワークの仕組み、ブロックチェーン・ネットワークを利用する方法、そして IBM がこのテクノロジーの進歩に貢献している取り組みについて見ていきましょう。
記事 2018/12/26
Hyperledger Composer の基礎, パート 1: ブロックチェーン・ネットワークをモデル化してテストする
Hyperledger Composer は、迅速にブロックチェーン・ビジネス・ネットワークを構築してブロックチェーン・アプリケーションのプロトタイプを作成するためのツールです。このチュートリアルに従って、Hyperledger Composer を使い始めてください。
記事 2018/12/25
ブロックチェーンの基礎: Hyperledger Fabric と Hyperledger Composer
名前は似ていても、その違いを知ることが、ブロックチェーン開発を開始する際の重要な鍵となります。ヒント: 一方は優れた開発ツール、もう一方はビジネス・ブロックチェーン・ネットワークの強力なエンジンです。この両方を活用する方法を学んでください。
記事 2018/12/20
Hyperledger Fabric で CouchDB のインデックスを設定し、高速な検索を実現する
Hyperledger Fabric ではステート DB として CouchDB を使用することができ、格納した JSON データに対して多彩な検索を行うことができます。しかし、検索性能を上げるためにはインデックスを適切に設定する必要があります。本稿では、Hyperledger Fabric SDK for Node.js を用いてチェーンコードをインストールする際に、インデックスを設定する方法について説明します。また、インデックスが適切に設定されたか確認する方法についても紹介します。
記事 2018/12/06
IBM ブロックチェーンの基礎: 開発者向けクイック・スタート・ガイド
ブロックチェーン革命に参加してください!この developerWorks クイック・スタート・ガイドで対象としている読者は、現在ブロックチェーン・テクノロジーについて調べていて、迅速に本番前のブロックチェーン・ネットワークを開始してサンプル・アプリケーションをデプロイし、クライアント・アプリケーションを開発してデプロイしたいと思っているアプリケーション開発者です。このガイドの単純な手順に従えば、最新の Hyperledger Fabric フレームワークをベースにブロックチェーン・ネットワークをアクティブ化し、チェーン・コード (ブロックチェーン・ネットワーク用のビジネス・ロジック) を作成してインストールし、ビジネス・プロセスとデジタル・インタラクションを効率化するクライアント・アプリケーションを作成できます。
記事 2018/11/29
IBM Cloud を利用して、プロジェクトに費やした時間を追跡する, 第 2 回: 時間追跡アプリに、プロジェクトごとに費やした時間を記録する機能を追加する
この全 2 回からなるシリーズでは、開発者が顧客のプロジェクトに費やした時間を記録するために使用できる、ブラウザー・ベースの時間追跡ツールを作成する方法を紹介します。このツールは、IBM Cloud サービスを利用してアプリケーションとそのデータをホストし、アプリケーションのロジックには Slim PHP マイクロフレームワークを使用します。第 2 回ではこのアプリケーションに、プロジェクトごとに費やした時間を記録する機能を追加する方法を説明します。時間のエントリーを取得して集計し、プロジェクトごとの労働時間数のレポートを生成します。このレポートは、オンラインで表示できるだけでなく、さらに処理できるよう、構造化形式でダウンロードできるようにもします。最後に、アプリケーションをインターネット上のクラウド内で常に使用できるようにするために、IBM Cloud にアプリケーションをアップロードしてデプロイする手順を紹介します。
記事 2018/11/15
App ID を利用して、Node.js クラウド・アプリケーションのシングル・サインオンをスケーリングする
このチュートリアルでは、App ID サービスを利用する際にスケーラブルな Node.js アプリケーションを実装する方法を学びます。この App ID という IBM Cloud サービスを利用すれば、モバイルおよび Web アプリに認証機能を追加して、IBM Cloud 上で実行中の API とバックエンドをセキュリティーで保護することができます。App ID では、スケーラブルなユーザー・レジストリーを使用して e-メール/パスワードで認証を行うことも、ユーザーが各自の Facebook または Google の資格情報を使用してサインインできるよう、ソーシャル・ログインを追加することもできます。App ID を使用すると、ユーザー・プロファイル情報をホストして、その情報を使って魅力あるエクスペリエンスを創り出すことも可能です。
記事 2018/11/01
Hyperledger Fabric がブロックチェーン・ネットワークにもたらす上位 6 つの技術的メリット
ブロックチェーン・テクノロジーは、すでに業界の経営モデルを劇的に変えています。ビジネスのニーズに応じたブロックチェーン・プラットフォームを選ぶ際に検討しなければならない最も重要な特性は何でしょうか?この記事では、最も重要な上位 6 つの特性について説明します。
記事 2018/10/18
IBM Cloud Node.js アプリケーション入門, 第 1 回: Node.js を使用して受付用訪問者記録アプリケーションを作成する
この記事では、組織が受付で訪問者の出入りを記録するために使用できる Node.js アプリケーションを、IBM Cloud を利用して作成する方法を説明します。手順に沿って、Node.js、Express HTTP サーバー・ライブラリー、Cloudant データベースを使用する方法、そして可用性に優れた IBM Cloud 内で一連のタスクを行う方法を学んでください。この記事は、IBM Cloud プラットフォーム上で Node.js プログラミングを行うための基礎入門です。
記事 2018/10/11
IBM Cloud Kubernetes Service を利用して MongoDB レプリカ・セットをデプロイする
IBM Cloud Kubernetes Service 内で MongoDB レプリカ・セットをデプロイする具体的な手順を学んでください。この記事では MongoDB のクラスター要件を概説し、Kubernetes の StatefulSet について紹介した後、StatefulSet をデプロイする方法を説明します。
記事 2018/10/04
今まで知らなかった 5 つの事項: MicroProfile 1.3
つい最近、Eclipse MicroProfile が Java クラウド・ネイティブ・マイクロサービスの開発を目的とした新しい 5 つの API をリリースしました。この記事では、MicroProfile 1.3 に導入された新機能の注目すべき点を説明します。サンプル・コードを参考に、早速これらの API を使えるようになってください。
記事 2018/9/27
IBM Cloud でアプリケーションを作ろう
Cloudでアプリケーションを作ろう。
記事 2018/9/14
IBM Cloudライト・アカウントによるサンプル・アプリケーション:AIスピーカー編
池澤あやかさん称する “特命デベロッパー” が IBM Cloud と Watson でアプリを無料で作成。どのようにアプリができたかご紹介します。
記事 2018/9/14
IBM Cloudライト・アカウントによるサンプル・アプリケーション
池澤あやかさん称する “特命デベロッパー” が IBM Cloud と Watson でアプリを無料で作成。どのようにアプリができたかご紹介します。
記事 2018/9/14
Docker と Kubernetes を導入する
Docker と Kubernetes は次世代の DevOps に不可欠となる要素です。このチュートリアルに従って、Docker イメージをビルドする方法、イメージをローカルで実行する方法、そして IBM Cloud 内で稼働する Kubernetes クラスターに Docker イメージをデプロイできるようにするために IBM Cloud アカウントにイメージをプッシュする方法を学んでください。
記事 2018/9/06
スマートフォンを IoT デバイスに変身させる
スマートフォンをセンサー・デバイスに変身させる方法、スマートフォンからクラウド内の Watson IoT プラットフォームにセンサー・データを送信する方法、そしてセンサー・データを処理して視覚化する IBM Cloud アプリケーションを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、Internet of Things サービスと Node-RED サービスを利用する Android アプリと 2 つの IBM Cloud アプリを作成します。
記事 2018/6/21
マイクロサービス / Dockerコンテナー / Kubernetes 概要
本プレゼンテーションは 2018年3月7日 (水)、3月13日 (火) 実施の Web セミナー "今日から始めるクラウド・ネイティブ・コンピューティング" の説明資料を改編したものです。
記事 2018/5/10
Hyperledger Composer を使用して強力なブロックチェーン・クエリーを作成する
Hyperledger Composer に組み込まれているネイティブのリッチなクエリー言語を使用すると、資産、トランザクション、その他のリソースに関する複雑かつ強力なクエリーを簡単に実行できます。それにはまず、Hyperledger Composer を使用してクエリーをモデル化し、そのクエリーをランタイム Hyperledger Fabric にデプロイします。後は、アプリケーション内で名前別にクエリーを使用すればよいだけです。さらに、Hyperledger Composer によって自動的に生成される REST API を使って、簡単にクエリーを使用することもできます。この機能がなかったとしたら、コード内でアドホック・クエリーを作成した後、返される結果を理解するのに苦労することになっていたでしょう。
記事 2018/4/05
IoT アーキテクチャーによって IoT ソリューションの開発を単純化する
データ駆動型 IoT アーキテクチャーを計画する際は、この記事で説明する戦略を適用してください。これらの戦略は、開発を単純化し、複雑さに対処するのに役立ちます。さらに、IoT ソリューションのスケーラビリティー、柔軟性、堅牢性を確保する上でも効果があります。
記事 2018/3/29
PHP、jQuery Mobile、Google ToDo リストを活用してモバイル・フレンドリーな ToDo リスト・アプリを作成する
ToDo リストを作成および管理するためのシンプルなモバイル・アプリを作成したければ、Slim PHP マイクロフレームワーク、jQuery Mobile、Google ToDo リスト API を使用すると簡単です。この記事では、私がそれを行った方法を紹介します。
記事 2018/3/28
次の IoT プロジェクトに最適なハードウェアを選択する
この記事では、IoT で一般的に使用されているマイクロコントローラー (例えば Arduino)、シングル・ボード・コンピューター (例えば Raspberry Pi)、組み込みデバイスなどの各種のハードウェアについて、特定の機種に偏ることなく概観します。IoT のコンテキストで、ハードウェアの大まかな構成要素と主要な特性を、必要なセキュリティー機能とファームウェア機能の概要を織り交ぜて紹介するとともに、特定の IoT プロジェクト向けに開発者が特定のタイプのハードウェアを他に優先して選択することになる局面、場所、理由に関するガイダンス、そしてさまざまな業界での使用事例を説明します。
記事 2018/3/27
IoT 初級編: IoT 開発を開始する
この developerWorks クイック・スタート・ガイドに従って、IoT ソリューションの開発を開始してください。「IoT 初級編」は、モノのインターネット・テクノロジーに初めて取り組むアプリケーション開発者と、迅速に開発を進めるための手段を探しているアプリケーション開発者を対象としています。
記事 2018/3/27
モノのインターネットの中ですべてのモノを接続する
この IoT 接続ガイドでは、IoT ネットワーキング向けに広く採用されているテクノロジーと標準を紹介し、特定のネットワーク・プロトコルを優先的に選択するほうがよいことがあるのはなぜなのかを説明します。また、IoT でのネットワーキングに関する主な考慮事項と課題についても取り上げます。
記事 2018/3/27
IBM Cloud の紹介
IBM Cloud 内でアプリケーションの開発とデプロイを開始する方法をご覧ください。Doug Tidwell が、世界中で利用できるアプリを開発してデプロイする際の基本的な手順を説明します。
記事 2018/3/26
Minecraft とIBM Cloud, 第 1 回: Docker 内で Minecraft サーバーを実行する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。 第 1 回では、Minecraft および Docker の開発環境をローカルに構築するとともに、Minecraft 用のカスタム・サーバーを構築する上での Docker の強力さを確かめます。さらに、ローカルにホストされた独自のサーバー上で実際に Minecraft をプレイし始めます!
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 3 回: Kubernetes 内で Spigot サーバーを稼働させる
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。この第 3 回では、第 2 回で作成したプラグインを次の段階に進めるために、Web 上の IBM Cloud 内でプラグインが動作するようにします。
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 2 回: Docker と Eclipse を使って Minecraft 用のプラグインを作成する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成したプラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 2 回では、Eclipse でローカル開発環境を構築してから、独自のサーバー・サイド Minecraft プラグインを開発、作成して、そのプラグインをローカル Docker イメージにエクスポートします。
記事 2018/3/08
Docker Registry を Raspberry Pi 上のプルスルー型キャッシュとしてセットアップする
低速のインターネット接続で、複数のユーザーが Docker イメージをダウンロードして作業しているとしたら、Docker Registry を Raspberry Pi 上のキャッシュとして使用することをお勧めします。こうすることによって、Docker を使用する際の時間と帯域幅の節約が可能になります。Raspberry Pi は持ち運びできて、値段が手頃で、しかも消費電力がごくわずかという、卓越したコンピューターです。このチュートリアルで説明するソリューションを作成すると、イメージをダウンロードするたびにイメージが Pi 上でキャッシュされて、以降のすべてのリクエストでは、ローカル・キャッシュから同じイメージが配信されるようになります。
記事 2018/3/08
ペットではなく家畜として扱う: IBM Integration Bus を使用して軽量の統合を実現する
IBM Integration Bus を使用した、軽量の「家畜」スタイルによる統合には、アジリティー、弾性のあるスケーラビリティー、そしてより個別のレジリエンス・モデルという点で、魅力的なメリットがあります。この記事では、家畜スタイルの統合における主要な概念について詳しく探ります。また、Docker などのコンテナー用イメージの作成に関する推奨事項も記載します。
記事 2018/2/22
Node-RED を使用してリアルタイムのチャット・アプリケーションを 5 分で作成する
今や、IBM Cloud と Node-RED を使用すれば、リアルタイムの Web アプリケーションを作成するのは簡単です。この記事では、コンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップして互いにつなぎ合わせるだけで、リアルタイムのチャット・アプリケーションを数分で作成する方法を紹介します。
記事 2018/2/06
Docker コンテナーを使用して迅速にモノのインターネット・アプリケーションを開発する
無線モジュール、センサー、マイクロコントローラーがコモディティー化されて入手しやすくなったこともあって、モノのインターネット (IoT) の急速な成長が進んでいます。しかし、IoT は機器の製造業者にとってだけのビッグ・ニュースではありません。相互に接続された機器の数が増えるにつれ、これらの機器とインターフェースを取って、機器から生成される膨大な量のデータを処理するアプリケーションの需要も高くなってきています。この高まる需要に対応するには、Web およびモバイル・アプリケーションの開発者は、IoT を対象とした開発をスタートさせて、現在の開発プラクティスをこの新しいアプリケーション領域の課題に対処するように適応させていかなければなりません。そのような開発プラクティスの 1 つが、コンテナーを使用する方法です。コンテナーは、仮想化を実現するための軽量の手法であり、開発者はコンテナーを広範に適用することで、IoT アプリケーションの開発、テスト、デプロイ、更新を迅速に行えるようになります。
記事 2018/2/06
Eclipse Orion の紹介: クラウドの中でクラウドに対応
Eclipse Orion プロジェクトの目標は、Web の中で Web を対象に開発することのみに焦点を合わせた、ブラウザー・ベースでオープンソースのツール統合プラットフォームを作成することです。Orion のツールは JavaScript で作成されており、ブラウザー内で実行されます。また、Orion のコンポーネントは個別に利用することもできます。この記事では Orion の概要を紹介するとともに、Orion のツールを理解する上で役立つリソースと解説を提供します。
記事 2018/2/05
IBM のさまざまなクラウド・テクノロジー: その全体像
現在利用可能な各種のクラウド・コンピューティング・システムについて詳しく探るとともに、クラウド・インフラストラクチャー上に実際のアプリケーションをデプロイする上で役立つガイドラインを参考にしてください。
記事 2018/2/05
Geospatial Analytics サービスを利用してモバイル端末をモニターする
IBM Cloud の Geospatial Analytics サービスを利用する Node.js スターター・アプリケーションを取得して実行し、拡張してください。Geospatial Analytics サービスを利用すると、モノのインターネットに接続された移動中の端末をモニターすることができます。Geospatial Analytics サービスは、MQTT からの端末メッセージ・ストリームを分析し、1 つ以上の地域に関して端末の位置情報をリアルタイムで追跡します。
記事 2018/2/05
ブロックチェーンの基礎: 用語集と使用事例
最近、ブロックチェーンが盛んに話題になっています。馴染みのない言葉の意味を理解して、どの業界がこのテクノロジーから利益を得られるかを見極めてください。
記事 2018/2/01
IBM Watson を利用して言語翻訳機能をアプリケーションに追加する
IBM Cloud アプリケーションに、言語翻訳機能を追加してください。このチュートリアルでは、Node-RED と Language Translation サービスを利用して、ユーザーが入力したテキストを翻訳し、そのテキストを基にセンチメント分析を実行するアプリケーションを作成します。
記事 2018/1/18
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル (2017 年 8 月)
この記事ではご参考までに、モノのインターネットに関する記事のうち、最も人気の高い 4 件を抜粋し、そのハイライトを紹介します。
記事 2018/1/18
IBM Cloud ハンズオン・セミナー 中級編 資料
最新の IBM Cloud (Bluemix) の提供機能を利用しつつ、Node.js でチャット・ボットのアプリ開発を体験していただきます。Node.js を少しでも触ったことのある方を対象としてお勧めしますが、一部のコードを修正して動作確認していく流れで進みますので、IBM Cloud 初心者の方でも体験可能です。IBM Cloud (Bluemix) で本格的な開発に入る前の、アプリ開発の手順や Watson を用いたアプリ開発をお考えの方に最適なトレーニングとなっています。
記事 2018/1/16
マイクロサービス入門
このチュートリアルでは、マイクロサービスによって、クラウド・アプリケーションがより管理しやすくなるとともに、アプリケーションのスケーラビリティーと信頼性が向上する仕組みを説明します。クラウド・アーキテクチャーにおけるマイクロサービスの役割を概説し、マイクロサービス・ベースのシステムと従来型のモノリシックなモデルを比較対照します。
記事 2018/1/10
Node-RED: bot 操作の基礎: コースの概要
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 4: コグニティブな Web ページと Messenger ボットの作成
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 3: コミュニティー・ノードと Watson サービスの追加
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 2: Web ページおよび REST API の構築
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: まとめ
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
Node-RED: bot 操作の基礎: ラボ 1: Node-RED ボイラープレート・アプリケーションの作成
音声からテキストへの変換、トーンの分析、別の言語へのテキスト翻訳、Twitter 経由でのツイートの送信、音声機能とビデオ機能の追加、および IBM Watson Conversation サービスと Facebook Messenger を使用したチャット・ボットのセットアップを行う方法を、実地体験を通じて学習します。プログラミング経験も必要ありません。
チュートリアル 2017/12/26
非開発者向け Watson API 使用ガイド
このレシピでは、プログラミング言語を使用せずに Watson REST 呼び出しを行う方法を示します。
チュートリアル 2017/12/21
マイクロサービスへのリファクタリング, 第 1 回: モノリスから移行する際の考慮事項
ここのところ、マイクロサービスが開発の世界に旋風を巻き起こしています。この全 3 回からなるシリーズでは、マイクロサービスが重要な理由、マイクロサービスへの移行手法を計画する際に考慮すべき要因、データ分析の役割を取り上げ、マイクロサービスへの移行プロセスをステップ・バイ・ステップで説明します。第 1 回ではマイクロサービスについて紹介し、アプリケーションをリファクタリングしてマイクロサービス・アーキテクチャーを利用する際の考慮事項を説明します。
記事 2017/12/21
ニューラル・ネットワークの徹底調査
このチュートリアルでは、ニューラル・ネットワークを掘り下げて調べます。ニューラル・ネットワークの背景について説明し、現在の機会学習においてニューラル・ネットワークが優勢な勢力になっているわけを明らかにします。
記事 2017/12/07
IBM Cloud ハンズオン・セミナー 初級編 資料
AIやIoTなど最新テクノロジーを活用したアイディアを素早く実現できるIBM Cloudをご紹介するハンズオン資料を公開いたします。 本ハンズオンは特別なスキルが無くても実施いただけるように最小限のプログラミングでIoTやAIアプリを作成できる内容となっております。AI、IoT活用にご興味のある方は、是非本ハンズオンにチャレンジしてみてください。
チュートリアル 2017/11/28
Watson Discovery のパッセージ取得機能を利用して関連する情報を迅速に見つける
大量の非構造化データの中から関連する情報を見つける際に、IBM Watson Discovery サービスに含まれるパッセージ取得機能がどのようにして役立つのかを学んでください。
記事 2017/11/02
Flask と Python を使用して、スケーラブルで耐障害性を備えた REST エンドポイントを作成する
Cloud Foundry コマンド・ライン・ツールを使用して、AngularJS ユーザー・インターフェースを備えた単純な Flask アプリケーションを IBM Cloud にデプロイする方法を学んでください。このチュートリアルでは、Django、Pyramid、web2py のようなフレームワークではなく、Flask を選びました。それは、Flask は非常に軽量であることから、簡単に理解できるためです。REST エンドポイントを作成するだけであれば、Flask はまさにぴったりの選択肢です。さらに、このチュートリアルでは単一の REST エンドポイントを使用して複数の異なる機能を多重化する方法も紹介します。
記事 2017/11/02
日本で作成された Watson サンプルアプリケーションのご紹介
日本の Watson チームが作成したサンプルアプリケーションをご紹介します。リンク先の README.md も日本語ですので、ぜひアクセスして詳細説明や実際のコードをご参照ください。
記事 2017/10/20
人工知能、機械学習、コグニティブ・コンピューティングの入門ガイド
この記事では、人工知能の歴史を簡単に辿り、ニューラル・ネット・ネットワークと深層学習という最新の手法について概説します。これまで、AI と機械学習の歴史は浮き沈みの繰り返しではあったものの、深層学習やコグニティブ・コンピューティングなどの新しい手法により、この 2 つの分野での水準が大幅に上がっていることは確かです。それはなぜなのかを学んでください。
記事 2017/10/05
コグニティブ IoT アプリケーション対応のブロックチェーンを実装する、第 1 回: IBM Blockchain 内のスマート・コントラクトにデバイスのデータを統合する
医療業界、倉庫業、運送業、物流業をはじめとする多種多様な業界で、モノのインターネット (IoT) ソリューションが採用されて成功を収めています。けれども現在のクラウド・ベースの集中型 IoT ソリューションではスケーリングするのが難しく、大企業が直面するセキュリティーの課題に対処できない可能性があります。そのようなセキュリティー問題を解決する手段となるのが、参加ノード間のトランザクションおよびピア・ツー・ピア通信の分散型レジャーとしてのブロックチェーンです。この記事では、ブロックチェーン対応の IoT ソリューションの概要を説明し、マルチパートナー環境での IoT アプリケーションに IBM Blockchain プラットフォームを利用する方法をデモします。
記事 2017/10/05
デジタル企業におけるハイブリット統合プラットフォーム
企業のアプリケーション、データ、サービスがオンプレミスとクラウド内の両方に拡散するという状況では、ビジネス・プロセス・モデルのありとあらゆる要件に、単一の統合プラットフォームで対処することは不可能です。モバイルと IoT を含め、あらゆる統合のニーズを満たすには、多種多様な統合コンポーネントで構築されたハイブリッド統合プラットフォームが必須となります。この記事では、ハイブリッド統合プラットフォームを配置する使用ケースを 3 つ紹介し、最適に構成されたミドルウェア・コンポーネントを使用して、このようなプラットフォームを設計する手順を説明します。
記事 2017/8/31
IBM Bluemix を使用してビジネス上の意思決定プロセスを Kubernetes 内で実行する
IBM Operational Decision Manager (ODM) を IBM Bluemix 上の Kubernetes クラスター内にデプロイする方法を学んでください。このチュートリアルでは、Docker イメージを出発点に Kubernetes を使用して IBM ODM プラットフォームをクラスター化し、クラウド上で稼働する意思決定プラットフォームにアクセスする手順を説明します。
記事 2017/8/31
MQTT の基本知識
この記事では、MQTT プロトコルを技術の面から紹介します。MQTT とは何か、MQTT が IoT アプリケーションに適している理由、そして MQTT を使用したアプリの開発を始める方法を説明します。
記事 2017/8/24
たった 7 つのステップでコグニティブ IoT アプリを構築する
エッジ・コンピューティング・アーキテクチャーに従って、コグニティブ IoT ソリューションを構築してください。アナリティクスの実行場所をゲートウェイに移し、高度な機械学習によって異常を検出するアプリの作成方法を説明します。
チュートリアル 2017/8/10
Watson Conversation を使用してチャットボットを作成する
Watson Conversation サービスに、さらにもう 1 つの Watson サービス Natural Language Understanding を統合して、ユーザーの音声から抽出可能なエンティティーのリストを拡充する方法を学んでください。
記事 2017/8/03
IBM Cloud for VMware Solutions: 内部の調査
このチュートリアルでは、VMware 仮想化環境をデプロイして管理するための IBM クラウド・オファリング、IBM Cloud for VMware Solutions のアーキテクチャーについて説明します。このオファリングを構成するコンポーネントの内部に目を向け、パブリック・クラウド内で環境をプロビジョニングおよび管理するために、これらのコンポーネントが連動する仕組みを確かめてください。
記事 2017/7/27
Go 開発者のためのチェーンコード、第 2 回: Go で作成した Hyperledger Fabric v0.6 用のブロックチェーン・チェーンコードの単体テストを実施する
このチュートリアルでは、テスト駆動型開発の概念を学び、この開発手法を、Golang で Hyperledger Fabric v0.6 のチェーンコードを作成するプロセスに適用する方法を見ていきます。テスト駆動型開発では、あらかじめブロックチェーン・ネットワークにチェーンコードをデプロイという厄介なステップを抜きにして、すぐにチェーンコードの単体テストを実行することができます。このチュートリアルでは豊富なサンプル・コードを記載して、ブロックチェーン・ネットワークでの住宅ローンおよび購入契約プロセスを具体的に説明します。
記事 2017/7/27
クラウド内のトランザクションを管理する, 第 2 回: 分散トランザクションに頼らずに対処する
シリーズの第 2 回では、クラウド内でのトランザクションの管理に固有の課題に目を向けます。分散トランザクションを利用できないとしても、複数のリソース・マネージャー全体にわたってトランザクション品質を確保するさまざまな方法を調査しました。
記事 2017/7/27
クラウド内のトランザクションを管理する, 第 1 回: トランザクションの基本と分散トランザクション
この全 2 回からなるシリーズの第 1 回では、André Fachat がトランザクションの基本と分散トランザクションについて説明します。トランザクションを利用すると、単一リソースのみでなく、複数リソースにわたってエラーの処理を簡易化できます。今回の記事で、André が 2 フェーズ・コミットによる分散トランザクションの仕組みを紹介し、分散トランザクションは、わずかな期間であるとしても途中で不整合が生じる「結果整合性」モデルであるという点を指摘します。さらに、分散トランザクションでは、トランザクション・マネージャーにトランザクション・ログが存続することがなぜ要件となるのかについても説明します。
記事 2017/6/22
Go 開発者のためのチェーンコード、第 1 回: Hyperledger Fabric v0.6 用のブロックチェーン・チェーンコードを Go 言語で作成する
Go 言語を使用して、Hyperledger Fabric v0.6 をベースとしたブロックチェーン・ネットワークのチェーンコードを開発する方法を学んでください。詳細にまで踏み込むこのチュートリアルでは、Fabric とやりとりするための API をはじめとする基本をおさえると同時に、データ・モデリング、アクセス制御、イベントなどの高度なトピックを取り上げます。また、ブロックチェーン上のプロセスの一例として、サンプル・コードをふんだんに用いて住宅ローンと購入契約のプロセスを説明します。
記事 2017/6/15
グラフ・データベース入門: 第 1 回 グラフ・データベースと CRUD 処理
グラフ・データベースに馴染みがないとしたら、グラフ・データベースを使うのは難しすぎると思うかもしれません。グラフ理論の授業を受けたことのある誰もが、この科目はかなり複雑であると断言するでしょう。けれども、グラフ理論の経験 (または、その経験がないこと) を基に、グラフ・データベースを近寄りがたい存在だと思い込まないでください。実際、完全に管理されたサービスとしてのグラフ・データベースを利用すれば、複雑さを抜きにして、グラフ・データベースのあらゆるメリットを手に入れることができます。このチュートリアルは、全 2 回からなるシリーズ「グラフ・データベース入門」の第 1 回です。
記事 2017/6/09
マイクロサービス・アプリケーションにストラングラー・アプリケーション・パターンを適用する
マイクロサービスは素晴らしいアイデアのように思えるものの、現在巨大なモノリシック・アプリケーションを使用しているため、どのように導入すればよいのかわからないという開発チームは少なくありません。そこで役立つのが、ストラングラー・アプリケーション・パターンです。この記事では、ストラングラー・アプリケーション・パターンを適用する際に派生する問題として、このパターンを適用できる場合と適用できない場合、そしてリリース管理に与える影響について説明します。
記事 2017/5/18
分散されたビジネス・ネットワークに IBM Blockchain サービスを利用する 6 つの理由
Hyperledger Fabric バージョン 1.0 に用意されている IBM Blockchain サービス・ベータ版を利用すると、セキュリティー、パフォーマンス、回復力、モニタリング、アップグレードの容易さ、そしてサポートのすべての点において最適化された、エンタープライズ・グレードのブロックチェーン・ネットワークを簡単にセットアップできます。IBM Blockchain サービスはネットワーク・コンポーネントの動的管理を可能にし、複数の隔離層を設定したガバナンス・ツールにより、極めてセキュアなブロックチェーン・ネットワーク内でデータを保護できるようになっています。
記事 2017/5/11
IBM OpenWhisk で簡単にアクションをプロビジョニングして起動するにはどのようにするのか
IBM OpenWhisk は、着信 REST リクエストに応答して、コードのさまざまな部分をオンデマンドで迅速に起動して実行する、シンプルなオープンソース・サービスです。このチュートリアルでは、OpenWhisk コマンドを手作業で発行するにはどのようにするのかを説明した後、コマンドの発行をさらに容易にする Python ライブラリーの使用方法を説明します。
記事 2017/1/12
IBM Cloud (旧 Bluemix) 利用ガイド
Bluemixの基本情報を体系別にまとめた資料です。ソリューション/サービスの理解やBluemixを実際に操作する際にご活用ください。
記事 2017/1/06
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル (2016 年 12 月)
この記事ではご参考までに、モノのインターネットに関する記事のうち、最も人気の高い 4 件を抜粋し、そのハイライトを紹介します。
記事 2017/1/06
Bluemix と Twilio の IBM Watson アドオンを利用して SMS モニタリング・アプリを作成する
IBM Watson Message Insights サービスと Sentiment Analysis サービスを Twilio マーケットプレースからアドオンとして入手できるようになりました。これらのサービスの力を利用するために、Twilio サービスに送信される SMS メッセージを IBM Watson によって拡充し、それらの拡充されたメッセージを Bluemix Web アプリケーションにどのようにしてルーティングするのかを学んでください。このチュートリアルで説明する 6 つの簡単なステップに従うと、Bluemix にアプリケーションをデプロイして Twilio アカウントを構成し、テキスト・メッセージを拡充するというニーズを満たす IBM Watson の価値を実際に確認できます。
記事 2016/12/15
IBM Cloud 上で VMware を有利に機能させる
IBM Cloud 内で利用できる多彩な VMware コンピューティング・コンポーネント、ストレージ・コンポーネント、およびネットワーク・コンポーネントの選択肢を調べて、これらのコンポーネントの初期実装の設計と仕様を詳しく学んでください。このチュートリアルでは、IBM Cloud 内に用意されている VMware コンポーネントとそれぞれの設計に関する考慮事項について解説し、皆さんがソリューションを作成またはカスタマイズするために必要なコンポーネントを選択できるよう支援します。
記事 2016/12/15
Business Operations Connect を使用してクラウド内でビジネスを変革する
ビジネス・プロセスおよびビジネス・ルールを使用して効率性と洞察を確保することにより、ビジネス運用を変革することができます。これらのビジネス・プロセスやビジネス・ルールという企業資産を、再利用可能な API として公開して簡単にアクセスできるカタログ内で管理すれば、API として公開されたモバイルおよび Web ベースのアプリを他の開発者が簡単に見つけて試せるようになり、他の開発者の革新的な新しいアプリケーションに統合される可能性が広がります。このチュートリアルでは、IBM Business Process Manager (BPM) on Cloud を利用したビジネス・プロセスと IBM Operational Decision Manager (ODM) on Cloud を利用した意思決定サービスをどのようにして作成するのかを説明し、これらの資産を IBM API Connect で API としてどのようにして管理するのかを説明します。
記事 2016/12/15
IoT を自宅に導入する: 自動車と自宅をつなげる
シンプルなスマート・デバイス (Raspberry Pi、Bluetooth デバイス、プログラマブル電源タップ) とシンプルな IoT プラットフォーム (IBM Bluemix、IBM Watson IoT Platform、MQTT) を使って、帰宅途中の自動車が自宅に近づくと、電灯などの電化製品の電源をオンにする IoT を構築してください。
記事 2016/11/24
IBM Cloud Manager with OpenStack (ICM) を構成してその管理対象を PowerVC クラウドまで広げる
IBM Cloud Manager with OpenStack (ICM) は、OpenStack をベースに IBM による機能強化が加えられた、簡単に導入して使用できるクラウド管理ソフトウェア・オファリングです。ICM では、幅広い環境内で異機種混合のクラウドを管理できるだけでなく、さまざまなハイパーバイザーもサポートしています。ICM を使用すれば、テスト用クラウドまたは本番クラウドを作成するために必要なコンポーネントをデプロイして、その管理対象を Power Virtualization Center (PowerVC) クラウドまで広げ、PowerVC を使用して IBM PowerVM を管理できるようになります。この記事では、Power 環境内で ICM を構成する場合の重要なアドバイスを含め、管理対象を PowerVC クラウドまで広げるように ICM を構成する際のベスト・プラクティスと有用な手法について説明します。
記事 2016/11/10
画像からテキストを抽出して感情を分析する
このチュートリアルの手順に従えば、Twitter からデータを取得し、そのデータから Tone Analyzer、Visual Recognition、Alchemy などの IBM Watson サービスを利用してコグニティブ・インサイトを引き出すためのアプリを簡単に構築できます。わずか数分で、ツイートに組み込まれた画像を分析する Python アプリを作成し、Bluemix 上で稼働状態にすることができるのです。
記事 2016/11/03
クラウド・オーケストレーション・テクノロジー: 選択肢を調査する
アプリケーションを開発およびデプロイする際に最もよく使われているクラウド・オーケストレーション・テクノロジーの詳細を学んでください。クラウド・オーケストレーションの基本概念を理解するには、各種のオーケストレーション・メカニズムを比較対照するこの記事が絶好の出発点となります。クラウド・オーケストレーション・ソリューションの実装を考えているとしたら、この記事で、それぞれの実装方法に伴う利点と欠点を探ることができます。
記事 2016/10/20
開発者向けチャットボット・ガイド
チャットボットが、最近のテクノロジー界で流行になっています。このチュートリアルでは、チャットボット・アプリケーションを開発するために使用する主なメッセージング・プラットフォーム・ボット・フレームワーク、そして人工知能 (AI) サービスについて概説します。
記事 2016/10/14
IBM SoftLayer タギング・サービスを利用して業務を能率化する
このチュートリアルでは、SoftLayer API を利用し、Python プログラミング言語を使ってどのようにしてデバイスにタグを付けるのか、そしてタグに基づいてどのようにしてデバイスを一覧表示するのかを説明します。タギングに必要な Python および SoftLayer パッケージをインストールする手順を詳しく説明し、該当する API を呼び出してタグを設定および削除するシナリオや、タグが関連付けられたデバイスを一覧表示するシナリオでの具体的な使用例を紹介します。
記事 2016/9/15
10 分間で感動的な Bluemix アプリを構築する!
この記事では、IBM Bluemix の真の力を実証する、単純なアプリを取り上げます。Node-RED アプリを利用すれば、わずか 10 分で Bluemix の利用を開始できます。この記事の手順に従って、Twitter のフィードを使用して、Twitter で最もよく使われている単語をグラフィックで表現するワード・クラウドを作成するアプリを構築してください。
記事 2016/9/08
Bluemix と NodeBB を利用して最新のフォーラムをデプロイする
超高速で最新のフォーラム・アプリケーションが必要となったとき、私たちが目を向けたのは NodeBB フォーラム・ソフトウェアです。さらに、Cloud Foundry をベースとする IBM クラウド・プラットフォーム Bluemix でこのフォーラム・アプリケーションをホストすることにしましたが、それにはまず、Bluemix にアプリケーションをインストールして構成する方法を突き止める必要がありました。私たちが最終的に答えを、このチュートリアルで紹介します。
記事 2016/8/25
Twitter のリストを RSS に変換する
Twitter ウィジェットからの HTML 出力を構文解析して RSS フィードに組み込むと、フィード・リーダーや、IFTTT レシピ、カスタム・アプリケーションなどで使用できるようになります。
チュートリアル 2016/7/28
IBM Power Virtualization Center (PowerVC) を導入する
クラウド・コンピューティングでは、仮想化が重要な役割を果たします。IBM Power Virtualization Center (PowerVC) は、OpenStack をベースに新たに作成された仮想化管理ツールです。このツールは、Power Systems 環境での仮想リソースの管理を単純化して、管理者の生産性を向上させることを目的に設計されています。このチュートリアルでは、PowerVC の基本概念、インストール方法、基本的な構成方法、ならびにホスト、ストレージ、ネットワークなどの各種リソースを構成する方法を説明します。さらに、仮想マシンとイメージに目を向け、PowerVC を使用して VM を作成および管理する方法を、画面を参考にしながら紹介します。
記事 2016/7/14
クラウド内で気象情報追跡アプリケーションを構築する: 第 1 回
モバイル・アプリや Web アプリケーションに気象情報を組み込む必要がある方は、このチュートリアルを参考にすれば、すべて事足ります。この全 2 回からなるチュートリアルの第 1 回では、オンライン・サービスから世界の都市の緯度と経度の座標を取得して保管するための、ベースとなるアプリケーションを作成する方法を紹介します。このアプリケーションを構築するために、本チュートリアルでは Silex PHP マイクロフレームワークを使用し、データを保管するためには MongoDB を使用し、ユーザー・インターフェースには jQuery Mobile を使用します。
記事 2016/5/19
1 - 227 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示