製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(10 製品)

(72 トピック)

(4 インダストリー)

(6 種類)

1 - 709 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Weather Underground でのサーバーレス・アプローチ
次のプロジェクトの開発と運用にかかるコストを削減したいとしたら、サーバーレス・アーキテクチャーの採用を検討してください。この記事では Weather Underground で私たちが行ったことを紹介します。
記事 2019/8/08
IBM Blockchain VS Code 拡張機能を使用してスマート・コントラクトを開発する
IBM Blockchain Platform の Visual Studio Code 拡張機能を使用して、スマート・コントラクトを開発、テスト、デプロイするプロセスを簡素化する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/8/08
YAML の基礎と Kubernetes 内でのその使用方法
このチュートリアルでは、YAML の基本構造と YAML ファイルの作成方法の基礎を学びます。 また、サンプル・ファイルを基に、Kubernetes 内での YAML ファイルの使い方を具体的に説明します。
チュートリアル 2019/7/25
コンテナー化: Docker と IBM Cloud で始めよう
このチュートリアルでは、Dockerfile の概要と、Docker イメージをローカルと IBM Cloud 内のそれぞれでビルドする方法について説明します。
チュートリアル 2019/7/25
Kubernetes RBAC とサービス・アカウントを使用する
Kubernetes に備わっている強力な側面の 1 つは、アプリケーションによる Kubernetes API の呼び出しによって構成を拡張できることです。
チュートリアル 2019/7/25
Kubernetes 入門: Kubernetes について理解するためのラボ
この一連のラボでは入門者向けに、IBM Cloud Kubernetes Service 内の Kubernetes 上で Docker コンテナーを使用する方法を説明します。最後のラボを完了するまでに、Kubernetes の概要、Docker イメージをビルドして Kubernetes を介してデプロイする方法、アプリケーション・デプロイメントを制御する方法、AI サービスを追加してアプリを拡張する方法、そしてクラスターとアプリをセキュリティーで保護してモニタリングする方法を理解できるようになります。
チュートリアル 2019/7/25
Knative 入門: Knative の知識に身に付けるための演習
最新のサーバーレス・ワークロードのビルド、デプロイ、管理に対応する、Knative という Kubernetes ベースのプラットフォームを紹介します。
チュートリアル 2019/7/25
Helm 入門: アプリケーション・パッケージ・マネージャ―を理解するための入門者向けラボ
一連の Helm 入門ラボで、Helm を使用してアプリケーションを Kubernetes にデプロイする方法と管理する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/7/25
Knative: その実態と魅力
最近、開発者たちの間ではサーバーレス、Kubernetes、Knative が大きな話題となっています。まずはともあれ、このエコシステム内での Knative の位置付けと、その差別化要因を探っていきましょう。
記事 2019/7/18
Kubernetes でのネットワーキング: ネットワーキングの基本概念について学習するラボ
この一連のラボでは入門者向けに、IBM Cloud Kubernetes Service 内の Kubernetes 上で Docker コンテナーを使用する方法を説明します。最後のラボを完了するまでに、Kubernetes の概要、Docker イメージをビルドして Kubernetes を介してデプロイする方法、アプリケーション・デプロイメントを制御する方法、AI サービスを追加してアプリを拡張する方法、そしてクラスターとアプリをセキュリティーで保護してモニタリングする方法を把握できます。
チュートリアル 2019/7/18
Linux の基礎: コンテナーについて学ぶ上での前提条件
Kubernetes の学習コースの多くでは受講者に Linux の基礎知識があることを前提としていますが、万人にこの前提が当てはまるわけではありません。そこで、Windows ユーザー向けのチュートリアルを用意しました。このチュートリアルは、Linux の基本的な概念とコマンドを復習するためにも、Kubernetes を学ぶ上での前提条件を満たすためにも役立ちます。
チュートリアル 2019/7/18
Kubernetes アプリケーションのデバッグとロギング
Kubernetes は、アプリケーションをデプロイ、保守、スケーリングするための一連の基本的なメカニズムを提供し、複数のホストにわたるアプリケーションの一元管理を可能にするオープンソース・システムです。Cloud Native Computing Foundation でホストされているこのオープンソース・プロジェクトを、このチュートリアルでは IBM Cloud Kubernetes Service 上でホストします。
チュートリアル 2019/7/18
IoT 開発者のための 3D プリンティング
3D プリンターでできること、できないこと、そしてこの新しいテクノロジーを最大限に利用する方法を紹介します。
記事 2019/7/12
ローカル・クラスターとリモート・クラスターを使用して Kubernetes アプリケーションを開発する
開発者としては、ローカルでアプリケーション・コードの反復型開発を迅速に進めながらも、開発環境にリモートの本番環境をできるだけ忠実に反映させたいものです。このチュートリアルでは、こうした願いをかなえる方法を紹介します。簡単に説明すると、まず、Minikube を使用して単一ノードの Kubernetes クラスターをローカルでセットアップし、そのクラスターにアプリケーションをデプロイします。その上で、ローカルでは kubeadm-dind-cluster を使用し、リモートでは IBM Cloud Kubernetes Service を利用してマルチノード・クラスターをセットアップします。
チュートリアル 2019/7/12
ブロックチェーン・ネットワークを改良してデプロイする
開発ツールをインストールし、ネットワークの単体テストを行って IBM Cloud にデプロイする
チュートリアル 2019/7/04
Hyperledger Fabric サンプル・アプリのセキュリティーをカスタム CA で保護し、Kubernetes クラスターにデプロイする
Kubernetes クラスターに Hyperledger Fabric ネットワークをデプロイし、ネットワーク・ノード間の重要な通信に対して TLS を有効にする方法を学んでください。
チュートリアル 2019/7/04
独自のデータを Watson Discovery サービスで使用する
データを収集してクレンジングし、エンリッチして Watson Discovery にインポートする手順の概要
チュートリアル 2019/6/27
Watson Studio の Neural Network Modeler と Experiments を利用した深層学習モデル
このチュートリアルでは、深層ニューラル・ネットワークを構築し、署名詐欺を検出するモデルを作成します。このプロセスを通して、Watson Studio の Neural Network Modeler でアーキテクチャーを迅速にプロトタイプ化してテストする方法を説明します。また、Neural Network Modeler から生成されたコードをダウンロードする方法、そのコードを Watson Studio の Experiments に接続し、ハイパーパラメーター最適化を処理する方法も説明します。
チュートリアル 2019/6/27
将来に向けてオープンソースに尽くす
オープンソースにおいて、IBM は最もその価値を知られていない存在です。オープンソース・コミュニティー内部のコントリビューターたちはオープンソースへの移行において IBM が果たしている役割を理解していますが、最近 IBM が Red Hat を買収するまでは、コミュニティー外部の人々が IBM をオープンソースと結び付けて考えることはほとんどありませんでした。けれども実際のところ、IBM は当初からオープンソースによる開かれた世界を推進してきました。
記事 2019/6/20
ブロックチェーンでピザの配送を追跡する
Hyperledger Fabric、Hyperledger Composer、および Python Flask を使用して、エンドツーエンドのブロックチェーン・アプリケーションを作成してください。
チュートリアル 2019/6/20
Watson Visual Recognition でモデルをトレーニングする
atson Visual Recognition の基礎、そして既定の無料枠内で利用する方法を学んでください。
チュートリアル 2019/6/06
IBM Blockchain VSCode 拡張機能を使用して商業手形スマート・コントラクトを実行する
IBM Blockchain Platform VSCode 拡張機能を使用してサンプルの商業手形スマート・コントラクトを Hyperledger Fabric ブロックチェーンにデプロイする方法を学び、サンプル・スマート・コントラクトを実際に実行してみましょう。
チュートリアル 2019/5/30
プライベート Ethereum ブロックチェーンを IBM Cloud Kubernetes Service にデプロイする
プライベート Ethereum ブロックチェーンを IBM Cloud Kubernetes サービスにデプロイするための手引書
チュートリアル 2019/5/23
ローカルの開発用 Hyperledger Composer REST サーバーにインターネット上でアクセスする
ローカルの開発用 Hyperledger Composer REST サーバーにインターネット上でアクセスできるようにする方法を学んでください。
チュートリアル 2019/5/23
1 台の Ubuntu マシン上で Hyperledger Fabric ネットワークを立ち上げる
Ansible と Cello プロジェクトを利用して 1 台の Ubuntu マシン上で Hyperledger Fabric ネットワークを立ち上げる方法を学びます。
チュートリアル 2019/5/16
独自のチャットボット・インスタンスをセットアップして IBM Cloud 上の Kubernetes 環境にデプロイする
Watson Assistant と IBM Cloud Kubernetes サービスを結合して、チームの 24 時間体制のカスタマー・エンゲージメントを実現する
チュートリアル 2019/5/09
Model Asset Exchange 入門
無料のオープンソース深層学習モデルをマイクロサービスとしてデプロイしてアプリケーションやサービス内で利用する
チュートリアル 2019/5/09
アプリケーションのデータをハッカーにとって使い物にならないものにする
Hyper Protect Crypto Services と鍵管理サービスを利用することで、アプリケーションにセキュリティーを簡単に統合し、ハッカーにとってデータを使い物にならないものにする方法を明らかにします。
チュートリアル 2019/4/25
Android Studio 内で Watson Android SDK を使用してアプリケーションを構築する
Watson Android SDK の基礎となっているいくつかの Watson API について学び、Android Studio でサンプル・アプリケーションを構築する
チュートリアル 2019/4/25
クラウド・ベースの健康データを暗号化データベースによって保護する
DBaaS がセキュアかつスケーラブルで高速でなければならない場合の対処方法を探る
チュートリアル 2019/4/18
わずか数分で、Spring マイクロサービスを作成してデプロイする
わずか数分で、Spring マイクロサービスを作成してデプロイする。
記事 2019/3/28
IBM Cloud および IBM ソフトウェアで Spring を使用する
Spring と Spring Boot の概要を学び、IBM が現在、Spring 開発者がアプリケーション内に IBM テクノロジーを簡単に統合できるよう、IBM ソフトウェアおよび IBM Cloud サービス対応の Spring スターターを活発に作成している理由を理解してください。
記事 2019/3/21
Hyperledger Fabric 入門, 第 3 回: コンセンサス/Ordering Service/Kafka/Zookeeper
第 3 回は Hyperledger Fabric のコンセンサス、Ordering Service について紹介します。
記事 2019/3/13
マイクロサービスへのリファクタリング, 第 3 回: マイクロサービス導入へのロードマップ
この第 3 回の記事では、第 1 回と第 2 回で説明したアドバイスを、モノリシックなアプリケーションから一連のマイクロサービスへと 4 段階で変換するロードマップに適用します。
記事 2019/2/28
マイクロサービスへのリファクタリング, 第 2 回: データを移行する際の考慮事項
このシリーズの第 2 回では、従来型のミドルウェア・アーキテクチャーからマイクロサービスにデータを移行すべき場合、移行すべきでない場合について説明します。
記事 2019/2/28
知らないかもしれない Cloud Foundry に関する 5 つの事実
Cloud Foundry を初めて導入する際は、Cloud Foundry が PaaS としてどのように採用されているか、その現状を把握してください。この記事では、現在のコンテナー・プラットフォームに関する全体像の中で見落とされがちな Cloud Foundry に関するいくつかの重要な事実を明らかにします。
記事 2019/2/14
軽量のアジャイル統合アーキテクチャーへの移行
アジャイル統合アーキテクチャーにおけるマイクロサービスの利点を探ります。
記事 2019/2/14
Hyperledger Fabric 入門, 第 4 回: Membership Service Provider
第 4 回は Hyperledger Fabric の MSP (Membership Service Provider) について紹介します。
記事 2019/2/12
マイクロサービスとコンテナーを併用すべき理由
いくつかの難点はあるとは言え、マイクロサービスはアプリケーションとそのユーザーの需要に対して大きなメリットをもたらすことから、開発者や企業の間で揺るぎない評判を維持しています。適切なレベルのマイクロサービスを確立しさえすれば、開発者と企業はその柔軟性を利用して、アプリケーションの開発や更新を迅速化することができます。この記事では、マイクロサービスとコンテナーが連動する仕組みについて説明します。
記事 2019/2/07
Hyperledger Fabric 入門, 第 2 回: Peer/チャネル/Endorsement Policy の解説
今回は第 1 回でも取り上げた Peer について詳しく紹介します。また Peer と関係性のあるチャネル、Endorsement Policy についてもあわせて紹介します。
記事 2019/2/07
Python でのオンデマンド・データ, 第 1 回: Python のイテレーターとジェネレーター
Python でのデータ処理について最も古くから知られている方法は、データをリストや辞書などのデータ構造に組み立てて処理することです。こうした手法が功を奏するケースは数多くある一方で、膨大な量のデータを扱う際、この手法は大きな問題の原因となります。それは、コードの処理速度が痛々しいほど遅かったり、メモリーが枯渇したりするという問題です。この問題に対処するには、ジェネレーターとイテレーターが役立ちます。この 2 つの手法が Python で使われてから長い時間が経ちましたが、それほど十分には理解されていません。ジェネレーターとイテレーターと適切に使用すれば、ハードウェアに多大な投資をすることなくタスクを完了できるまでのサイズにビッグデータを縮小することができます。
記事 2019/1/24
Python でのオンデマンド・データ, 第 2 回: itertools のマジック
これまで常に、Python は「バッテリー同梱」をモットーとしてきました。このモットーは包括的な標準ライブラリーを強調する表現です。標準ライブラリーのモジュールの間では固く守られている秘伝は数多くあります。知名度はあまり高くありませんが、itertools もそのようなモジュールの 1 つです。このモジュールがそれほどよく知られていない理由の 1 つにイテレーターとジェネレーターが周知されていないことがありますが、itertools を利用しない手はありません。itertools や関連するモジュール (functools、operators など) に含まれているルーチンを使用すれば、開発者がビッグデータ演算子を開発する時間を大幅に節約できるからです。数々の例から、最もよく使われている MapReduce スタイルのデータ・サイエンス・タスクに itertools を使用して対処する方法を学んでください。
記事 2019/1/24
IBM Blockchain Platform スターター・プランにサンプル・アプリケーションをデプロイする
のチュートリアルでは、IBM Blockchain Platform 上にネットワークを作成するところから、スマート・コントラクト (チェーンコード) をインストールし、サンプル・アプリケーションを実行してチェーンコードを呼び出すまでの手順を説明します。説明には共有レジャーにデータを取り込んで、レジャーとやり取りするためにローカルのクライアント・アプリケーションからレジャーを呼び出し、クエリーを実行してレジャーを更新する方法も含まれています。
チュートリアル 2019/1/17
Hyperledger Fabric 入門, 第 6 回: Hyperledger Fabric v1.4 のプログラミングモデル
第 6 回は Hyperledger Fabric v1.4 で実装されたプログラミングモデルについて紹介します。
記事 2019/1/15
流行語の真相: マイクロサービスのパターンの略歴
商用アプリケーションの開発をめぐって最新の話題となっているのは間違いなく、マイクロサービスです。マイクロサービスという新しい流行語がアジャイル、DevOps、RESTful といった以前の流行語に取って代わり、履歴書やカンファレンスで欠かせないトピックとなっています。けれども、マイクロサービスは単なる流行語でも、一過性のブームでもありません。実際のところ、マイクロサービスはその由来となっている概念のすべてを集結させた進化であり、アプリケーション開発における長年の問題の多くを切り抜ける手法となる可能性を見せ始めています。
記事 2018/12/27
IBM Cloud Secure Gateway を利用して Docker コンテナーをエンタープライズ・サービスに接続する
IBM Cloud Secure Gateway は、バックエンド・エンタープライズ・サービスを IBM Cloud アプリに対してセキュアに公開するための柔軟な手段を提供します。IBM Cloud のユーザー・インターフェースを使えば、Secure Gateway を作成するのは比較的簡単です。しかし、このゲートウェイがセキュアであることを確実にしてから利用するには、追加のステップが必要になります。このチュートリアルでは、Secure Gateway を構成する方法、宛先をローカル・エンタープライズ・サービスに設定して追加する方法、Docker コンテナーを利用して企業からの接続を確立する方法、そしてアプリからこのエンタープライズ・サービスにアクセスする方法を紹介します。
チュートリアル 2018/12/26
IBM Cloud の Node.js アプリケーション用に多要素認証を構成する
パスワードは完全なセキュリティー・ソリューションではありません。パスワードは盗まれることもあれば、共有されることもあります。このチュートリアルでは、2 つ目の認証要素として e-メールによって提供されるランダムな文字列を使用する方法を説明します。さらに、2 つ目の認証要素を要求するのが妥当かどうかを判断するためにアプリケーションが使用する、リスク分析のいくつかの方法についても取り上げます。
記事 2018/12/26
ブロックチェーンの基礎: 分散型レジャー入門
ブロックチェーン・テクノロジーが組織や機関の取引業務の方法をどのように一変させるようになるのか、その行く末について盛んに予測が行われています。ブロックチェーン・ネットワークの仕組み、ブロックチェーン・ネットワークを利用する方法、そして IBM がこのテクノロジーの進歩に貢献している取り組みについて見ていきましょう。
記事 2018/12/26
Hyperledger Composer の基礎, パート 1: ブロックチェーン・ネットワークをモデル化してテストする
Hyperledger Composer は、迅速にブロックチェーン・ビジネス・ネットワークを構築してブロックチェーン・アプリケーションのプロトタイプを作成するためのツールです。このチュートリアルに従って、Hyperledger Composer を使い始めてください。
記事 2018/12/25
ブロックチェーンの基礎: Hyperledger Fabric と Hyperledger Composer
名前は似ていても、その違いを知ることが、ブロックチェーン開発を開始する際の重要な鍵となります。ヒント: 一方は優れた開発ツール、もう一方はビジネス・ブロックチェーン・ネットワークの強力なエンジンです。この両方を活用する方法を学んでください。
記事 2018/12/20
Hyperledger Composer Playground を使用して選挙用アプリケーションのプロトタイプを作成する
このチュートリアルでは、Hyperledger Composer ベースの選挙用アプリケーションを簡単に作成する方法、そして Composer Playground を使用してローカルでアプリケーションをテストする方法を説明します。
記事 2018/12/06
Hyperledger Fabric で CouchDB のインデックスを設定し、高速な検索を実現する
Hyperledger Fabric ではステート DB として CouchDB を使用することができ、格納した JSON データに対して多彩な検索を行うことができます。しかし、検索性能を上げるためにはインデックスを適切に設定する必要があります。本稿では、Hyperledger Fabric SDK for Node.js を用いてチェーンコードをインストールする際に、インデックスを設定する方法について説明します。また、インデックスが適切に設定されたか確認する方法についても紹介します。
記事 2018/12/06
IBM ブロックチェーンの基礎: 開発者向けクイック・スタート・ガイド
ブロックチェーン革命に参加してください!この developerWorks クイック・スタート・ガイドで対象としている読者は、現在ブロックチェーン・テクノロジーについて調べていて、迅速に本番前のブロックチェーン・ネットワークを開始してサンプル・アプリケーションをデプロイし、クライアント・アプリケーションを開発してデプロイしたいと思っているアプリケーション開発者です。このガイドの単純な手順に従えば、最新の Hyperledger Fabric フレームワークをベースにブロックチェーン・ネットワークをアクティブ化し、チェーン・コード (ブロックチェーン・ネットワーク用のビジネス・ロジック) を作成してインストールし、ビジネス・プロセスとデジタル・インタラクションを効率化するクライアント・アプリケーションを作成できます。
記事 2018/11/29
Hyperledger Fabric 入門, 第 5 回: チェーンコードの書き方
第 5 回は Hyperledger Fabric のチェーンコードの実装方法について紹介します。
記事 2018/11/22
IBM Cloud を利用して、プロジェクトに費やした時間を追跡する, 第 1 回: IBM Cloud、PHP、MySQL を使用してカスタム Web アプリケーションを作成する
この全 2 回からなるシリーズでは、開発者が顧客のプロジェクトに費やした時間を記録するために使用できる、ブラウザー・ベースの時間追跡ツールを作成する方法を紹介します。このツールは、IBM Cloud サービスを利用してアプリケーションとそのデータをホストし、アプリケーションのロジックには Slim PHP マイクロフレームワークを使用します。第 1 回では基本をおさえるために、クラウド・ベースのデータベース・インスタンスを初期化してローカル PHP アプリケーションに接続する方法を説明します。また、Slim フレームワークを使用して、クラウド・データベース・インスタンス上でレコードを追加および変更する方法も説明します。
記事 2018/11/15
IBM Cloud を利用して、プロジェクトに費やした時間を追跡する, 第 2 回: 時間追跡アプリに、プロジェクトごとに費やした時間を記録する機能を追加する
この全 2 回からなるシリーズでは、開発者が顧客のプロジェクトに費やした時間を記録するために使用できる、ブラウザー・ベースの時間追跡ツールを作成する方法を紹介します。このツールは、IBM Cloud サービスを利用してアプリケーションとそのデータをホストし、アプリケーションのロジックには Slim PHP マイクロフレームワークを使用します。第 2 回ではこのアプリケーションに、プロジェクトごとに費やした時間を記録する機能を追加する方法を説明します。時間のエントリーを取得して集計し、プロジェクトごとの労働時間数のレポートを生成します。このレポートは、オンラインで表示できるだけでなく、さらに処理できるよう、構造化形式でダウンロードできるようにもします。最後に、アプリケーションをインターネット上のクラウド内で常に使用できるようにするために、IBM Cloud にアプリケーションをアップロードしてデプロイする手順を紹介します。
記事 2018/11/15
App ID を利用して、Node.js クラウド・アプリケーションのシングル・サインオンをスケーリングする
このチュートリアルでは、App ID サービスを利用する際にスケーラブルな Node.js アプリケーションを実装する方法を学びます。この App ID という IBM Cloud サービスを利用すれば、モバイルおよび Web アプリに認証機能を追加して、IBM Cloud 上で実行中の API とバックエンドをセキュリティーで保護することができます。App ID では、スケーラブルなユーザー・レジストリーを使用して e-メール/パスワードで認証を行うことも、ユーザーが各自の Facebook または Google の資格情報を使用してサインインできるよう、ソーシャル・ログインを追加することもできます。App ID を使用すると、ユーザー・プロファイル情報をホストして、その情報を使って魅力あるエクスペリエンスを創り出すことも可能です。
記事 2018/11/01
Hyperledger Fabric がブロックチェーン・ネットワークにもたらす上位 6 つの技術的メリット
ブロックチェーン・テクノロジーは、すでに業界の経営モデルを劇的に変えています。ビジネスのニーズに応じたブロックチェーン・プラットフォームを選ぶ際に検討しなければならない最も重要な特性は何でしょうか?この記事では、最も重要な上位 6 つの特性について説明します。
記事 2018/10/18
IBM Cloud Node.js アプリケーション入門, 第 1 回: Node.js を使用して受付用訪問者記録アプリケーションを作成する
この記事では、組織が受付で訪問者の出入りを記録するために使用できる Node.js アプリケーションを、IBM Cloud を利用して作成する方法を説明します。手順に沿って、Node.js、Express HTTP サーバー・ライブラリー、Cloudant データベースを使用する方法、そして可用性に優れた IBM Cloud 内で一連のタスクを行う方法を学んでください。この記事は、IBM Cloud プラットフォーム上で Node.js プログラミングを行うための基礎入門です。
記事 2018/10/11
IBM Cloud Node.js アプリケーション入門, 第 2 回: Node.js を使用して受付用訪問者記録アプリケーションを作成する
このシリーズの第 1 回では、IBM Cloud 上で Node.js アプリケーションを作成する方法を説明しました。けれども作成したアプリケーションは、応答性に優れているというわけでも視覚的に魅力的というわけでもありません。今回の記事で、Bootstrap のテーマを使用して見栄えの良いアプリケーションに変身させる方法、そして AngularJS ライブラリーを使用して応答性を向上させる方法を説明します。
記事 2018/10/11
IBM Cloud Kubernetes Service を利用して MongoDB レプリカ・セットをデプロイする
IBM Cloud Kubernetes Service 内で MongoDB レプリカ・セットをデプロイする具体的な手順を学んでください。この記事では MongoDB のクラスター要件を概説し、Kubernetes の StatefulSet について紹介した後、StatefulSet をデプロイする方法を説明します。
記事 2018/10/04
今まで知らなかった 5 つの事項: MicroProfile 1.3
つい最近、Eclipse MicroProfile が Java クラウド・ネイティブ・マイクロサービスの開発を目的とした新しい 5 つの API をリリースしました。この記事では、MicroProfile 1.3 に導入された新機能の注目すべき点を説明します。サンプル・コードを参考に、早速これらの API を使えるようになってください。
記事 2018/9/27
IBM Cloudライト・アカウントによるサンプル・アプリケーション:画像認識編
池澤あやかさん称する “特命デベロッパー” が IBM Cloud と Watson でアプリを無料で作成。どのようにアプリができたかご紹介します。
記事 2018/9/14
IBM Cloudライト・アカウントによるサンプル・アプリケーション
池澤あやかさん称する “特命デベロッパー” が IBM Cloud と Watson でアプリを無料で作成。どのようにアプリができたかご紹介します。
記事 2018/9/14
IBM Cloudライト・アカウントによるサンプル・アプリケーション:AIスピーカー編
池澤あやかさん称する “特命デベロッパー” が IBM Cloud と Watson でアプリを無料で作成。どのようにアプリができたかご紹介します。
記事 2018/9/14
IBM Cloud でアプリケーションを作ろう
Cloudでアプリケーションを作ろう。
記事 2018/9/14
Docker と Kubernetes を導入する
Docker と Kubernetes は次世代の DevOps に不可欠となる要素です。このチュートリアルに従って、Docker イメージをビルドする方法、イメージをローカルで実行する方法、そして IBM Cloud 内で稼働する Kubernetes クラスターに Docker イメージをデプロイできるようにするために IBM Cloud アカウントにイメージをプッシュする方法を学んでください。
記事 2018/9/06
ブロックチェーンを使用したコーヒー取引: ブロックチェーンの真相
ブロックチェーンは、商品、サービス、情報をセキュアに交換する手段です。この記事では具体例を用いて、ブロックチェーンの中心概念を説明します。これには、参加者間で合意されたビジネス・ロジックを自動的に実行するスマート・コントラクトと、商品やサービスの品質と出所を保証する共有レジャーが含まれます。さらに、ブロックチェーンがコラボレーションを可能にし、新しいビジネス・モデルの誕生を促進する仕組みについても説明します。
記事 2018/8/30
IBM Blockchain Platform Starter プランで Hyperledger Fabric ネットワークを立ち上げよう
IBM Blockchain Platform Starter プランの立ち上げ方とその活用方法についてご紹介します。
記事 2018/7/13
IBM Blockchain Platform を支えるハイセキュリティ基盤「LinuxONE」
ブロックチェーンを稼動させるうえにおいて、そのプラットフォーム基盤におけるセキュリティは非常に重要なポイントになります。本稿では IBM Blockchain Platform Enterprise プランを基盤として支える LinuxONE のセキュリティについて解説させていただきます。
記事 2018/7/12
ラムダ関数による迅速なプロトタイピング
管理作業を可能な限り少なくするという、クラウドが提示する展望は、ラムダの持つサーバーレスであるという特性によって満たされます。この新しいクラウド・パラダイムでは、より簡単にプロトタイピングや実験を行うことができ、これまでよりも短時間でフィードバックを収集できるようになります。この記事では、ワークフローをいかに効率化できるか、ワークフローの効率化が初期段階のクラウド・プロジェクトにどのような意味を持つのか、そしてこの新しいパラダイムがどのようにコンテナーに適合するのかを探ります。
記事 2018/6/22
スマートフォンを IoT デバイスに変身させる
スマートフォンをセンサー・デバイスに変身させる方法、スマートフォンからクラウド内の Watson IoT プラットフォームにセンサー・データを送信する方法、そしてセンサー・データを処理して視覚化する IBM Cloud アプリケーションを作成する方法を学んでください。このチュートリアルでは、Internet of Things サービスと Node-RED サービスを利用する Android アプリと 2 つの IBM Cloud アプリを作成します。
記事 2018/6/21
IBM Cloud 上の Decision Composer で大きく視野を広げる
このチュートリアルの手順に従って、Decision Composer アプリケーションを Business Rules サービスにデプロイし、Hadoop 内で実行する方法を学んでください。IBM Cloud Liteは無償で利用できます。
記事 2018/6/14
IBM Cloud Continuous Delivery の紹介, パート 2: IBM Cloud サービスを利用するアプリをデプロイする
IBM Cloud と IBM Cloud Continuous Delivery を紹介するこのシリーズで、これらの製品をどのように利用して時間の無駄をなくすのかを把握してください。このパート 2 では、パート 1 で作成した単純なアプリを使用して、IBM Cloud サービスを利用するアプリをデプロイする方法を説明します。続くパート 3 では、IBM Cloud の新しいサービスを利用するコードを作成する方法を説明します。パート 4 では、Delivery Pipeline サービスを利用する方法を説明します。このサービスを利用して、チームの他のメンバーがプロジェクトのリポジトリーにコードをプッシュするたびに自動的にアプリケーションが IBM Cloud にデプロイされるようにします。
記事 2018/5/24
マイクロサービス / Dockerコンテナー / Kubernetes 概要
本プレゼンテーションは 2018年3月7日 (水)、3月13日 (火) 実施の Web セミナー "今日から始めるクラウド・ネイティブ・コンピューティング" の説明資料を改編したものです。
記事 2018/5/10
IBM Cloud をプラットフォームとして選択する理由のトップ10
このトップ 10 リストでは、なぜ開発者はクラウド・プラットフォームとして IBM Cloud を選択することになるのかという点について Carl Osipov が見解を示します。
チュートリアル 2018/5/10
Data Science Experience (Watson Studio) で始めるデータ分析
Data Science Experience(DSX)とは、分析に必要なツールがまとまった環境です。この記事では、DSX を IBM Cloud から利用し、データの可視化や予測を行います。
記事 2018/5/08
Hyperledger Fabric 入門, 第 1 回: 基本的な構成
Hyperledger Fabric の基本的な構成について紹介します。
記事 2018/4/24
IBM Blockchain Platform にアプリケーションをデプロイする
このチュートリアルでは、IBM Blockchain Platform (Enterprise Membership Plan) 上にネットワークを作成し、そのネットワーク上のチャネル内にスマート・コントラクト (チェーンコード) をインストールして、サンプル・アプリケーションをネットワークにデプロイする方法を説明します。さらに、共有レジャーにデータを取り込む方法、レジャーに対してクエリーを実行する方法、レジャーを更新する方法も学んでください。
記事 2018/4/19
PHP アプリケーションを自動的にテストして IBM Cloud にデプロイする
このチュートリアルで、無償の IBM Cloud Continuous Delivery サービスを利用して、IBM Cloud へのデプロイと GitHub コード・リポジトリーを関連付ける方法を学んでください。このチュートリアルでは、PHP アプリケーションをモニターして GitHub から IBM Cloud 開発環境にデプロイするように IBM Cloud Continuous Delivery ツールチェーンを構成するプロセスを案内します。さらに、Travis CI を統合して、GitHub コード・リポジトリー内でプル・リクエストを作成、テスト、マージできるようにする方法も説明します。
記事 2018/4/12
Hyperledger Composer を使用して強力なブロックチェーン・クエリーを作成する
Hyperledger Composer に組み込まれているネイティブのリッチなクエリー言語を使用すると、資産、トランザクション、その他のリソースに関する複雑かつ強力なクエリーを簡単に実行できます。それにはまず、Hyperledger Composer を使用してクエリーをモデル化し、そのクエリーをランタイム Hyperledger Fabric にデプロイします。後は、アプリケーション内で名前別にクエリーを使用すればよいだけです。さらに、Hyperledger Composer によって自動的に生成される REST API を使って、簡単にクエリーを使用することもできます。この機能がなかったとしたら、コード内でアドホック・クエリーを作成した後、返される結果を理解するのに苦労することになっていたでしょう。
記事 2018/4/05
IoT アーキテクチャーによって IoT ソリューションの開発を単純化する
データ駆動型 IoT アーキテクチャーを計画する際は、この記事で説明する戦略を適用してください。これらの戦略は、開発を単純化し、複雑さに対処するのに役立ちます。さらに、IoT ソリューションのスケーラビリティー、柔軟性、堅牢性を確保する上でも効果があります。
記事 2018/3/29
ビジネスブロックチェーン本格展開のためのプラットフォーム「IBM Blockchain Platform」
ビジネスでブロックチェーンを使うためのプラットフォーム「IBM Blockchain Platform」をご紹介します。
記事 2018/3/29
モノのインターネットに関する人気の記事とチュートリアル
この記事に、これまでに抜粋した最もよく読まれているチュートリアルのすべてを集めています。
記事 2018/3/28
PHP、jQuery Mobile、Google ToDo リストを活用してモバイル・フレンドリーな ToDo リスト・アプリを作成する
ToDo リストを作成および管理するためのシンプルなモバイル・アプリを作成したければ、Slim PHP マイクロフレームワーク、jQuery Mobile、Google ToDo リスト API を使用すると簡単です。この記事では、私がそれを行った方法を紹介します。
記事 2018/3/28
IoT 初級編: IoT 開発を開始する
この developerWorks クイック・スタート・ガイドに従って、IoT ソリューションの開発を開始してください。「IoT 初級編」は、モノのインターネット・テクノロジーに初めて取り組むアプリケーション開発者と、迅速に開発を進めるための手段を探しているアプリケーション開発者を対象としています。
記事 2018/3/27
次の IoT プロジェクトに最適なハードウェアを選択する
この記事では、IoT で一般的に使用されているマイクロコントローラー (例えば Arduino)、シングル・ボード・コンピューター (例えば Raspberry Pi)、組み込みデバイスなどの各種のハードウェアについて、特定の機種に偏ることなく概観します。IoT のコンテキストで、ハードウェアの大まかな構成要素と主要な特性を、必要なセキュリティー機能とファームウェア機能の概要を織り交ぜて紹介するとともに、特定の IoT プロジェクト向けに開発者が特定のタイプのハードウェアを他に優先して選択することになる局面、場所、理由に関するガイダンス、そしてさまざまな業界での使用事例を説明します。
記事 2018/3/27
モノのインターネットの中ですべてのモノを接続する
この IoT 接続ガイドでは、IoT ネットワーキング向けに広く採用されているテクノロジーと標準を紹介し、特定のネットワーク・プロトコルを優先的に選択するほうがよいことがあるのはなぜなのかを説明します。また、IoT でのネットワーキングに関する主な考慮事項と課題についても取り上げます。
記事 2018/3/27
IBM Cloud の紹介
IBM Cloud 内でアプリケーションの開発とデプロイを開始する方法をご覧ください。Doug Tidwell が、世界中で利用できるアプリを開発してデプロイする際の基本的な手順を説明します。
記事 2018/3/26
Watson Assistant (Watson Conversation) の使い方を学ぶ
この記事ではチャットボットを開発するために必要な Watson Assistant の技術的な解説をします。最低限必要な Watson Assistant の知識を付け、この記事をベースにユニークなサービスを作りましょう。なお、今回の解説範囲にチャット画面 (LINE や Slack、独自開発の UI) との連携部分については含まれません。予めご了承ください。
チュートリアル 2018/3/23
Clojure を使用して OpenWhisk のアクションを作成する, 第 2 回: Clojure OpenWhisk の複数のアクションを結合して有用なシーケンスにする
全 3 回からなるチュートリアル・シリーズの第 2 回では、Clojure OpenWhisk の複数のアクションを結合してシーケンスにすることで、実際にブラウザーからリクエストを受信し、処理し、有用な結果を返すサンプル・アプリケーションに仕上げます。
記事 2018/3/15
Clojure を使用して OpenWhisk のアクションを作成する, 第 1 回: Lisp ダイアレクトを使用して OpenWhisk のわかりやすく簡潔なコードを作成する
このチュートリアルでは、Lisp ベースの関数型プログラミグ言語 Clojure を使用して、OpenWhisk のアクションを作成する方法を説明します。Clojure では、JavaScript で作成されたアクションよりもわかりやすく、簡潔なアクションを作成することができます。副次効果に依存しないプログラミングを促す関数型プログラミングは、FaaS (Function as a Service) にはぴったりのパラダイムです。コードのさまざまな部分を異なるアクションに組み込むことによって、コードが細分化されたモジュールになり、保守しやすくなります。
記事 2018/3/15
IBM Cloud Continuous Delivery の紹介, パート 1: 単純なアプリをデプロイして更新する
IBM Cloud と IBM Cloud Continuous Delivery を紹介するこのシリーズで、これらの製品を利用して、時間の無駄をなくす方法を発見してください。このシリーズでは、単純なアプリケーションを迅速かつ簡単にデプロイする方法、IBM Cloud サービスを使用するアプリをデプロイする方法、および新しい IBM Cloud サービスを利用するためのコードを作成する方法を説明します。セットアップ不要の Web IDE を試し、アジャイルな計画ツールを使用する方法を学ぶこともできます。このシリーズのサンプルに取り組むことで一連の知識を得られるだけでなく、おまけとして、オンライン・ストアで商品の価格を自動的にチェックしてくれるアプリケーションを手に入れることができます。このアプリケーションがあれば、お気に入りの商品がセールに出されているかどうかを確かめるために Web を見て回る必要がなくなります!
記事 2018/3/08
Docker Registry を Raspberry Pi 上のプルスルー型キャッシュとしてセットアップする
低速のインターネット接続で、複数のユーザーが Docker イメージをダウンロードして作業しているとしたら、Docker Registry を Raspberry Pi 上のキャッシュとして使用することをお勧めします。こうすることによって、Docker を使用する際の時間と帯域幅の節約が可能になります。Raspberry Pi は持ち運びできて、値段が手頃で、しかも消費電力がごくわずかという、卓越したコンピューターです。このチュートリアルで説明するソリューションを作成すると、イメージをダウンロードするたびにイメージが Pi 上でキャッシュされて、以降のすべてのリクエストでは、ローカル・キャッシュから同じイメージが配信されるようになります。
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 3 回: Kubernetes 内で Spigot サーバーを稼働させる
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。この第 3 回では、第 2 回で作成したプラグインを次の段階に進めるために、Web 上の IBM Cloud 内でプラグインが動作するようにします。
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 2 回: Docker と Eclipse を使って Minecraft 用のプラグインを作成する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成したプラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。第 2 回では、Eclipse でローカル開発環境を構築してから、独自のサーバー・サイド Minecraft プラグインを開発、作成して、そのプラグインをローカル Docker イメージにエクスポートします。
記事 2018/3/08
Minecraft とIBM Cloud, 第 1 回: Docker 内で Minecraft サーバーを実行する
このチュートリアル・シリーズでは、Docker、Eclipse、IBM Cloud を使用して独自の Minecraft サーバーを開発、拡張、ホストする方法を説明します。具体的には、Eclipse を使用して Minecraft プラグインを作成し、作成した Minecraft プラグインをローカルで Docker を使用してテストした後、IBM Cloud を利用してインターネット上で Docker コンテナーをホストする方法を説明します。また、Minecraft 内から IBM Watson の強力な機能を利用して、より教育的かつ対話型のゲームへと拡張します。 第 1 回では、Minecraft および Docker の開発環境をローカルに構築するとともに、Minecraft 用のカスタム・サーバーを構築する上での Docker の強力さを確かめます。さらに、ローカルにホストされた独自のサーバー上で実際に Minecraft をプレイし始めます!
記事 2018/3/08
IBM Blueworks Live REST API を活用する, 第 4 回: Blueworks Live REST API を利用して Java アプリケーションを作成する
Blueworks Live REST API に関するこのシリーズの第 4 回では、REST API 呼び出しの結果を Java™ アプリケーションで処理する方法を説明します。
記事 2018/3/01
IBM Blueworks Live REST API を活用する, 第 2 回: 汎用テスト・ツールを使用して Blueworks Live REST API リソースの詳細を探る
このチュートリアルは、シリーズ「IBM Blueworks Live REST API を活用する」の第 2 回です。今回は、Blueworks Live 内に保管されているビジネス・プロセス情報に関するレポートをカスタマイズして取得する方法を学びます。
記事 2018/3/01
IBM Blueworks Live REST API を活用する, 第 5 回: IBM Cloud 上の Node.js を使用して Blueworks Live REST API 用の Web アプリケーションを作成する
このチュートリアルは、全 5 回からなるシリーズ「IBM Blueworks Live REST API を活用する」の最終回です。Node.js と IBM Cloud を使用して作成した Web アプリケーションから Blueworks Live API にアクセスする方法を学んでください。
記事 2018/3/01
1 - 709 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示