製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(17 トピック)

(0 インダストリー)

(4 種類)

1 - 82 件のうちの 82 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Docker と Kubernetes を導入する
Docker と Kubernetes は次世代の DevOps に不可欠となる要素です。このチュートリアルに従って、Docker イメージをビルドする方法、イメージをローカルで実行する方法、そして IBM Cloud 内で稼働する Kubernetes クラスターに Docker イメージをデプロイできるようにするために IBM Cloud アカウントにイメージをプッシュする方法を学んでください。
記事 2018/9/06
DevOps をコグニティブおよび人工知能システムに適応させる
このチュートリアルでは、コグニティブ・アプリケーションまたは人工知能アプリケーション向けに DevOps の最良の部分を改良し、適応させる「コグニティブ DevOps」プロセスの概要を説明します。具体的には、トレーニング・データ、モデル化、パフォーマンスの評価を含め、コグニティブ・システムのトレーニング・プロセスに DevOps を適用する方法を見ていきます。
記事 2018/7/12
IBM Cloud Continuous Delivery の紹介, パート 2: IBM Cloud サービスを利用するアプリをデプロイする
IBM Cloud と IBM Cloud Continuous Delivery を紹介するこのシリーズで、これらの製品をどのように利用して時間の無駄をなくすのかを把握してください。このパート 2 では、パート 1 で作成した単純なアプリを使用して、IBM Cloud サービスを利用するアプリをデプロイする方法を説明します。続くパート 3 では、IBM Cloud の新しいサービスを利用するコードを作成する方法を説明します。パート 4 では、Delivery Pipeline サービスを利用する方法を説明します。このサービスを利用して、チームの他のメンバーがプロジェクトのリポジトリーにコードをプッシュするたびに自動的にアプリケーションが IBM Cloud にデプロイされるようにします。
記事 2018/5/24
IBM Cloud Continuous Delivery の紹介, パート 1: 単純なアプリをデプロイして更新する
IBM Cloud と IBM Cloud Continuous Delivery を紹介するこのシリーズで、これらの製品を利用して、時間の無駄をなくす方法を発見してください。このシリーズでは、単純なアプリケーションを迅速かつ簡単にデプロイする方法、IBM Cloud サービスを使用するアプリをデプロイする方法、および新しい IBM Cloud サービスを利用するためのコードを作成する方法を説明します。セットアップ不要の Web IDE を試し、アジャイルな計画ツールを使用する方法を学ぶこともできます。このシリーズのサンプルに取り組むことで一連の知識を得られるだけでなく、おまけとして、オンライン・ストアで商品の価格を自動的にチェックしてくれるアプリケーションを手に入れることができます。このアプリケーションがあれば、お気に入りの商品がセールに出されているかどうかを確かめるために Web を見て回る必要がなくなります!
記事 2018/3/08
PowerVC の OpenStack REST API を探る
IBM PowerVC (Power Virtualization Center) は、Power Systems 環境における仮想リソースの管理を単純化することを目的として OpenStack をベースに設計された、IBM Power プラットフォーム用 IaaS クラウド・ソリューションです。PowerVC では、GUI でも RESTful API でも、Power System の仮想管理タスクを行えるようになっています。この記事では、PowerVC Standard Edition と Cloud PowerVC Manager の両方の REST API にハイライトを当てます。
記事 2018/2/06
Git/Jenkins 連携によるルール・アプリケーション開発の自動化
本ガイドでは、DevOps に取り組む環境の多くで採用されている Git と Jenkins で構築されているシステムに、ルール・アプリケーションのコード管理、ビルド自動化、デプロイ自動化を実装する方法についてガイドします。
記事 2018/2/02
ビヘイビア駆動開発者向け Infrastructure as Code 入門
この記事では、ビヘイビア駆動開発とは何か、そして Ansible による Infrastructure as Code プロジェクトに対してビヘイビア駆動開発をどのように適用できるかを説明します。常に最新の状態に維持された、実行可能なサーバー・ドキュメントを作成する方法を学んでください。
記事 2018/1/18
Travis CI を使用して Kubernetes ポッドを IBM Cloud Container Service にデプロイする
Travis CI を使用して Kubernetes アプリケーションを IBM Cloud にデプロイする方法について学習します。
チュートリアル 2017/12/21
IBM Cloud によってホストされる専用レジストリー入門
IBM Cloud Container Service を使用するメリットの 1 つに、IBM Cloud によってホストされる専用レジストリーにアクセスできることがあります。それによってユーザーは、それぞれの専用レジストリーで Docker イメージをプッシュ/プルできるようになります。
チュートリアル 2017/12/21
Kubernetes への NodeJS プロジェクトの移動
IBM Cloud で NodeJS アプリを CloudFoundry から Kubernetes に移す方法について学習します。
チュートリアル 2017/12/15
アジャイル手法に沿ったソフトウェア・プロジェクトのスコーピング
このチュートリアルでは、プロジェクトの要件を完全に見極め、変更のプレッシャーに対処し、目的にかなったソフトウェア製品のデリバリーを予定通りに、予算の範囲内で達成するために、アジャイル方法論を採用してプロジェクトのスコーピング・プロセスを管理する利点について探ります。
記事 2017/11/30
現代企業にとっての最新の言語
エンタープライズ・サーバー上で JavaScript (Node.js)、Swift、および Java 言語を使用することが理にかなっているのはなぜなのかを学んでください。
記事 2017/9/14
IBM Rational Team Concert から GitHub への移行
このチュートリアルでは、現在 IBM Rational Team Concert を使用中で、GitHub にすぐにでも移行できる開発者および管理者を対象に、IBM での実装経験、ヒント、秘訣を紹介します。
記事 2017/6/29
アジャイルな世界での Rational ツールによる機能テストの自動化
このチュートリアルでは、複数のコンポーネントからなる大規模システムの機能とシステムのリグレッション・テストを自動化する方法を説明します。また、テスト・ツールに自動化機能を追加するために作成したカスタム成果物のいくつかを紹介します。
記事 2017/1/12
UrbanCode を利用して IBM MQ 構成の継続的デプロイメントをサポートする
このチュートリアルでは、IBM MQ サーバーおよび環境の管理を目的に IBM MQ 構成のデプロイメントを自動化する際のモデルを紹介します。
記事 2016/12/22
IBM Application Delivery Intelligence の検証
IBM Application Delivery Intelligence は、データ主導型の解析結果により、製品開発、デリバリー、メンテナンスのライフ・サイクルで継続的にプロセスを改善していくための意思決定を支援する、Jazz フレームワークで構築された Web ベースのツールです。この記事では、日本で使用されている z/OS のプログラム開発支援ツール IBM Developer for z Systems HLL/WB Edition で作成した COBOL ソースを IBM Developer for z Systems の単体テスト支援機能であるzUnit を用いてテストを行い、その結果を ADI で解析するシナリオの検証事例をご紹介します。
記事 2016/12/22
導入を推し進め、変化に対する抵抗を克服する
変化に対する抵抗をどのようにして克服するのかを含め、企業でどのように DevOps を推進し始めるべきかを学んでください。
記事 2016/11/17
スマーター・モニタリング: 継続的パフォーマンス・モニタリング手法
このチュートリアルでは、スマーター・モニタリング手法を採用したことにより、初期の問題分析にかかる時間が数時間から数分に短縮されたという事例研究を紹介します。スマーター・インスツルメンテーションではログに記録される情報も増えることから、パフォーマンスの問題を分析する時間も短縮される結果となりました。このチュートリアルでは、1 日あたり、70 GB に相当する 5 億件のログ・エントリーを取り込む際の実装手法についても簡単に説明します。
記事 2016/11/17
クラウド・アプリケーションのレシピ
この数年にわたり、ソフトウェア開発、アーキテクチャー、そして運用におけるパターンの価値が広範囲にわたって検討されてきました。今では、アプリケーションを完全にクラウドに移行する場合でも、ハイブリッド・モデルに移行する場合でも、その移行計画の手段としてアーキテクチャー・パターンを利用できるようになっています。この記事では、3 つの基本的なアーキテクチャー構成要素を使用してアプリケーションのパターンを評価するにはどうすればよいのか、そしてそれらのパターンをクラウドのランタイムとサービスに対応させるにはどのようにするのかを説明します。この記事で説明する手法によって、クラウドへの移行計画にかかる時間と労力を節約できます。
記事 2016/11/17
進化するハイブリッド統合リファレンス・アーキテクチャー
組織に必要な統合のサーフェス・エリアは、ここ数年で急激に拡大しています。現在、統合の取り組みではクラウドを最優先で扱い、これまで以上に広い範囲のユーザーからの多岐にわたる要求に対処しなければならなくなっています。この記事では、変化を推進する主な要因を考え、新しい需要に応じて進化する統合リファレンス・アーキテクチャーについて考えます。
記事 2016/10/20
継続的テスト: IBM の見解
テストには、時間もコストもかかります。複雑なハイブリッド・クラウドの世界で複数のシステムとプラットフォームにわたってテストを行うとなると、時間とコストは尚更かかることになります。テストの効率性と有効性の向上に成功したチームは、テストにかかる経費と時間を大幅に減らし、しかもより品質の高い革新的ソリューションをエンド・ユーザーに提供しています。すべてをテストすることは不可能です。また、すべてのテストを自動化することもできません。したがって、とりわけリスクが高いエリアで実行すべきテストのサブセットを特定することが不可欠となります。また、サービス仮想化も重要です。サービスを仮想化し、欠けている依存関係を模倣することによって、ビルドと同時にテストを開始できるようになるからです。テスト自動化とサービス仮想化を組み合わせると、チームはより早い段階で (シフト・レフト) 継続的にテストを行えるようになり、その結果、かつてないほど迅速にフィードバックを集められるようになります。
記事 2016/9/29
OpenWhisk: 小規模なアジャイル・チームの開発プロセスを根本から単純化する
マイクロサービス・アーキテクチャーは、堅牢かつスケーラブルなクラウド・ネイティブのソリューションをエンジニアリングするのに最適な手法として出現したものです。このアーキテクチャーでは、アプリケーション・ロジックが小さな疎結合されたサービスにカプセル化され、それらの分散されたサービスが言語に依存しない API を介して相互通信します。
記事 2016/9/29
Rational Performance Tester および Citrix のトラブルシューティングとベスト・プラクティス
Rational Performance Tester の Citrix 拡張機能は、Citrix ICA シミュレーション API を使用して仮想ユーザーの操作による負荷をシミュレーションします。IBM Rational Performance Tester と Citrix クライアント・ソフトウェアの間のやりとりは複雑なため、パフォーマンス・テスターが問題に突き当たることはよくあります。このチュートリアルでは、よくある問題のいくつかについて詳しく探り、その解決策を説明します。また、Citrix 負荷テストを最適化するためのベスト・プラクティスも提供します。
記事 2016/9/23
Rational Quality Manager に Slack および Jenkins を統合する
使いやすさとチーム・コラボレーションに役立つ Slack と Jenkins を統合して、Rational Quality Manager のテスト自動化ワークフローを拡張します。
記事 2016/9/23
実行中のクラウド・アプリをダウンタイムなしで更新する
Bluemix 内で Delivery Pipeline の Active Deploy 拡張機能を利用して、ダウンタイムを発生させることなくアプリの更新をデプロイしてください。
チュートリアル 2016/7/28
Bluemix DevOps Services デリバリー・パイプラインを使用してサーバーのプッシュを自動化する
IBM Bluemix DevOps Services のアプリケーション・デリバリー・パイプラインを使用して、Bluemix でのサーバー・ディレクトリーのプッシュを自動化してください。
記事 2016/7/21
Scaled Agile Framework 入門用リソース
IBM では、SAFe 手法に基づくエンタープライズ・スケールでのアジャイル開発をサポートしています。この記事では、そのサポート内容を説明するリソースに簡単かつ迅速にアクセスできるよう、リソースを一覧にしました。
記事 2016/7/14
考え方を変えてクラウドの能力を最大限に引き出す: 第 1 回 クラウド・ソリューションと従来の Web アプリとの比較
クラウド・コンピューティングには計り知れない可能性があることは広く認められているものの、実際に期待通りの結果をフルに実現しているクラウド・プロジェクトはほんのわずかしかありません。ほとんどの場合、その原因は、クラウドについての理解が足りず、クラウドによって技術関連のコストを削減できる仕組みを把握していないことにあります。この全 3 回からなるシリーズでは、アプリケーションの設計プロセス、開発プロセス、そして IT 管理プロセスといった分野でベスト・プラクティスを採用することでクラウドがもたらすメリットを最大限にすることが可能な IT ソリューションを作成するために必要な事項に焦点を当てます。第 1 回では、クラウド・ソリューションが従来の Web アプリケーションとはどのように異なるかを見ていきます。
記事 2016/4/07
考え方を変えてクラウドの能力を最大限に引き出す: 第 3 回 経験から学んだ教訓、トップ 11
クラウド・コンピューティングには計り知れない可能性があることは広く認められているものの、実際に期待通りの結果をフルに実現しているクラウド・プロジェクトはほんのわずかしかありません。ほとんどの場合、その原因は、クラウドについての理解が足りず、クラウドによって技術関連のコストを削減できる仕組みを把握していないことにあります。この全 3 回からなるシリーズでは、アプリケーションの設計プロセス、開発プロセス、そして IT 管理プロセスといった分野でベスト・プラクティスを採用することでクラウドがもたらすメリットを最大限にすることが可能な IT ソリューションを作成するために必要な事項に焦点を当てます。第 1 回では、クラウド・ソリューションが従来の Web アプリケーションとはどのように異なるかを探りました。第 2 回では、クラウド対応アプリケーションが真のアジャイル開発をどのように促進するかを探りました。この最終回の記事では、IBM で進められた実際の開発プロジェクトで学んだ教訓に基づき、クラウドの潜在能力をフル活用できるように開発プロセスを適応させる方法を紹介します。
記事 2016/4/07
IBM Bluemix DevOps Services の紹介: パート 4 デリバリー・パイプラインを使用して Bluemix へ自動的にデプロイする
この IBM Bluemix DevOps Services を紹介する 4 部構成のシリーズでは、Bluemix DevOps Services を使用して時間を節約する方法がわかります。パート 4 では、迅速かつ容易に単純なアプリケーションをデプロイし、Bluemix のサービスを利用するアプリケーションもデプロイし、Bluemix の新しいサービスを利用するコードを作成し、マルチステージ・デリバリー・パイプラインを構成します。そしてセットアップ不要の Web IDE を試し、アジャイル・プランニング・ツールを使用する方法を学びます。おまけとして、オンライン・ストアでの商品の価格を自動的にチェックしてくれるアプリケーションを手に入れることができます。このアプリケーションがあれば、お気に入りの商品がセールに出されているかどうかを確かめるために Web を見て回る必要がなくなります。
記事 2016/2/18
IBM UrbanCode を使用してハイブリッド・クラウドに Docker コンテナーをデプロイする: 第 1 回 セットアップ
この記事は、IBM UrbanCode を使用して多層マルチコンテナー・アプリケーションを迅速に作成してハイブリッド・クラウドにデプロイする方法を説明する、全 2 回からなるハウツー・ガイドの第 1 回です。このガイドでは、IBM UrbanCode Build、Docker Trusted Registry、そして IBM UrbanCode Deploy 用の新しい Docker プラグインが、どのようにしてオンプレミス・クラウドやハイブリッド・クラウドなどのさまざまな環境への Docker 化されたアプリケーションの配信を自動化し、エンタープライズ・レベルのガバナンス、トレーサビリティー、コントロール、セルフサービスを提供するかを説明します。IBM Bluemix はパブリック・クラウド環境を提供し、オンプレミス Docker Swarm はプライベート・クラウドとして機能します。この 2 つを組み合わせることで、IBM UrbanCode によってオーケストレーションされるマルチコンテナー・アプリケーション用のハイブリッド環境が実現します。また Docker アプリケーションは IBM Bluemix Secure Gateway サービスを利用して、オンプレミスの Docker Swarm クラスター内で実行されているバックエンド・コンテナーに接続します。
記事 2015/12/03
IBM UrbanCode を使用してハイブリッド・クラウドに Docker コンテナーをデプロイする: 第 2 回 デプロイメント
この記事は、IBM UrbanCode を使用して多層マルチコンテナー・アプリケーションを迅速に作成してハイブリッド・クラウドにデプロイする方法を説明する、全 2 回からなるハウツー・ガイドの第 2 回です。このガイドでは、IBM UrbanCode Build、Docker Trusted Registry、そして IBM UrbanCode Deploy 用の新しい Docker プラグインが、どのようにしてオンプレミス・クラウドやハイブリッド・クラウドなどのさまざまな環境への Docker 化されたアプリケーションの配信を自動化し、エンタープライズ・レベルのガバナンス、トレーサビリティー、コントロール、セルフサービスを提供するかを説明します。IBM Bluemix はパブリック・クラウド環境を提供し、オンプレミス Docker Swarm はプライベート・クラウドとして機能します。この 2 つを組み合わせることで、IBM UrbanCode によってオーケストレーションされるマルチコンテナー・アプリケーション用のハイブリッド環境が実現します。また Docker アプリケーションは IBM Bluemix Secure Gateway サービスを利用して、オンプレミスの Docker Swarm クラスター内で実行されているバックエンド・コンテナーに接続します。
記事 2015/12/03
Ansible を使って Docker コンテナーをプロビジョニングする
Docker とそのコンテナー・ワークフローでは、アプリケーション環境をパッケージ化、共有、デプロイすることができます。そのような Docker と相性良く動作する自動化ツールである Ansible は、リモート・サーバー上のコンテナーを管理するために強力なインターフェースを使用します。この記事では、Docker と Ansible の最も優れている部分を融合するために、なぜ Ansible の拡張可能な設計を利用するのか、そしてどのように利用できるのかを探ります。
記事 2015/11/05
モバイル DevOps: 第 2 回 UrbanCode Deploy を使用してエンタープライズ規模の iOS 継続的デプロイメントを実装する
iOS を対象にエンタープライズ規模の継続的デプロイメントを実装してください。IBM Apple Solutions Team が IBM UrbanCode Deploy を使用して、その継続的デプロイメント機能をどのようにカスタマイズしているかを調べてください。
記事 2015/10/15
Docker を IBM POWER Linux プラットフォーム上でビルドして使用する
Docker を POWER Linux プラットフォーム上で使用する方法を学んでください。このチュートリアルでは、gccgo をコンパイラー・バックエンドとして使用して Docker バイナリーをコンパイルする方法や、プライベート Docker イメージをホストする Docker プライベート・リポジトリーを作成する方法についても取り上げています。チュートリアルの最後には、関連する他の参考文献のリストを記載してあります。
チュートリアル 2015/10/01
マルチテナント環境での継続的デリバリー・プロセス
SaaS (Software as a Service) マルチテナント環境でのアップグレード・プロセスを設計、実装する方法を学んでください。これに必要なステップでは、それぞれの顧客環境を、同じマシン上にある他の環境からは独立して更新します。
記事 2015/9/17
Bluemix と DevOps Services を利用する理由のトップ 10
IT で起こっているクラウド革命について聞いたことがないとしたら、この 3 年の間、洞窟の中に住んでいたか、別の惑星に住んでいたに違いありません。今やクラウドはあらゆるところに偏在し、情報を保管および共有する方法を大々的に変えています。クラウド・コンピューティングは否応なしに、組織に新しいビジネス・モデルを適用させ、チームはアプリケーションの開発方法や提供方法をまったく新しい方法に変えなければなりません。クラウド・アプリケーションを作成してデプロイする計画を立てているとしたら、IBM Bluemix を検討すべきです。この記事では、その理由のうち 10 個を紹介します。モバイル・アプリケーションと Web アプリケーションを広範にサポートする Bluemix には、次の素晴らしいアイデアを発展させるために必要なすべてのサービスが揃っています。
記事 2015/9/17
アジャイルな IBM i を実現する
ARCAD ツールセットと IBM による DevOps のツールセットについて学んでください。これらのツールセットが、IBM i 開発を継続的インテグレーション・ストラテジーに正確かつ自動的に組み込むために必要なサポートを提供します。
記事 2015/8/27
Bluemix DevOps Services デリバリー・パイプラインで Maven を使用する
既存の Apache Maven プロジェクトを Bluemix DevOps Services のデリバリー・パイプラインに統合する方法と、Maven プロジェクトを Bluemix DevOps Services プロジェクトとして使用できるようにセットアップする方法を学んでください。
記事 2015/8/06
モバイル DevOps: 第 1 回 UrbanCode Deploy を使用してエンタープライズ規模の iOS 継続的ビルドを実装する
iOS アプリ用にエンタープライズ規模の継続的ビルド・システムを実装してください。IBM Apple Solutions Team が、このシステムの継続的ビルド機能をカスタマイズするために IBM UrbanCode Deploy をどのように使用したかを理解してください。
記事 2015/6/25
Maximo シリーズ: Part 10 – クラスター構成
Tivoli Process Automation Engine (以下 TPAE) は Maximo Asset Management 製品群(以下 Maximo) および IBM Control Desk (以下 ICD) の基礎となるフレームワークです。本稿では、TPAE が実行されるアプリケーション・サーバーのクラスター構成について解説します。
記事 2015/6/11
Jenkins を使って継続的デリバリー・フレームワークをセットアップする
この記事では Jenkins に関する基礎知識を提供するとともに、Jenkins を使用して継続的デリバリー・フレームワークをセットアップする方法を説明します。このフレームワークを利用すれば、ソース・コードのビルドとスキャン、成功したビルドのインストール、テストの実行、そして結果の送信を自動的に行うことができます。
記事 2015/5/21
結合テストでの環境の制約を打破する
高い品質のソフトウェアを頻繁に配信するには、結合テストを迅速に行うことがカギとなります。しかし、環境の可用性が結合テストの実行を制限する要因になることが多々あります。この記事では、環境の可用性を向上させるためのいくつかのストラテジーと、それぞれのストラテジーをいつ適用すべきかについて検討します。
記事 2015/4/30
Git のコマンドだけでなく、その仕組みを学ぶ
CVS (Concurrent Versions System) や SVN (Subversion) といった従来型のソース・コード・リポジトリーを使用してきた場合、Git の柔軟性と可能性を理解するのは難しいかもしれません。この記事では、Git の仕組みについて説明するとともに、それぞれの機能が全体でどのように組み合わされているかを説明することを目指しています。Git の仕組みを理解していれば、コマンドを覚えようとする必要はなく、やるべきことを把握してさえいればよいのです。
記事 2015/4/02
Maximo シリーズ: Part9 - 署名オプション
Tivoli Process Automation Engine (以下 TPAE) は Maximo Asset Management 製品群および IBM Control Desk の基礎となるフレームワークです。本稿では、セキュリティと GUI の制御を兼ね備えた署名オプションについて解説します。
記事 2014/12/18
Bluemix アプリケーションを IBM DevOps Services を利用してチーム開発する
この記事では IBM の PaaS (Platform as a Service) オファリングである Bluemix 上で稼働する Web アプリケーションを、同じくクラウド上でコラボレーション型開発環境を提供する DevOps Services を利用して開発していく方法を解説します。
記事 2014/12/11
Bluemix 上で稼動する Web アプリケーション開発方法 - Java 編
Bluemix 上のランタイム「Liberty for Java」を利用して Web アプリケーションを開発する手順をステップ・バイ・ステップで解説します。
チュートリアル 2014/12/11
IBM Case Manager プロパティー・ビューにおけるカスタム・エディターの開発
IBM Case Manager (ICM) は 2014 年 9 月にバージョン 5.2.1 がリリースされ、5.2.0 と比べて数々の新機能が追加されました。この記事ではそれらの中からからプロパティー・ビューを拡張するためのカスタム・エディターの開発について説明します。具体的な手順についてサンプルを交えながら紹介します。また、カスタム・ウィジェットやカスタム・エディターの開発を支援する Eclipse プラグインについても紹介します。
記事 2014/12/11
Maximo シリーズ: Part 8 – Workflow 詳解
Tivoli Process Automation Engine (以下 TPAE) は Maximo Asset Management 製品群および IBM SmarterCloud Control Desk の基礎となるフレームワークです。本稿では、Maximo のビジネス・プロセスを管理する上で重要な機能を果たすワークフロー管理の詳細な機能について解説します。ワークフローで使用できる機能の実例を示すことでより詳細な内容について理解を深めます。
記事 2014/11/06
Bluemix のボイラープレートと DevOps Services を利用して短時間で Node.js アプリケーションを作成する
Lauren Schaefer が、完全に動作する Node.js アプリケーションを、Bluemix のボイラープレートを使用してわずか 90 秒足らずで作成する方法をデモします。さらに、さまざまな目的で IBM DevOps Services を利用する方法をデモします。具体的には、Web IDE を使用してアプリケーションを編集する目的、変更内容を Git リポジトリーにプッシュするだけで自動的にアプリケーションをデプロイする目的、アプリケーションを開発するためのコラボレーティブ・チーム環境を構築する目的などがあります。
記事 2014/10/16
IBM UrbanCode Deploy を使用して継続的デリバリーを実装する
IBM UrbanCode Deploy を使用して SoftLayer クラウド・サーバー上に継続的デリバリー・ソリューションを実装する方法を、設計の側面から実装の詳細まで学んでください。
記事 2014/10/09
ソフトウェアを対象としたフロー測定
DevOps とは、大きな成功を収めているリーン管理のプラクティスを、ソフトウェアが含まれるビジネス・プロセスに適用することであると理解されています。しかしながら、バリュー・ストリーム・マッピングやフロー管理などのリーン手法は、製造工程やロジスティクスなどといった、制御しやすいビジネス・プロセスに適用されるのが一般的です。この記事では、DevOps を成果物中心のビジネス・プロセスとして扱うことで、リーン手法を拡張してソフトウェアを含むプロセスに適用します。この取り組みを通して、DevOps のインスツルメンテーションおよび測定を可能にしてビジネス目標の達成に役立てる方法を明らかにします。
記事 2014/10/02
サービスの継続性を提供することによって継続的デリバリー・プロセスを管理する
サービスの継続性を提供するために、IBM UrbanCode Deploy を使用して継続的デリバリー・プロセスを構成してください。この記事では、実際のシナリオを使用して、サービスを中断することなく、ステージング環境と本番環境のコンポーネントをアップグレードする方法について説明します。
記事 2014/9/25
Software Defined Networking を使用して IaaS を最適化する
この記事では IaaS (Infrastructure as a Service) を、相互運用性、ユーザーとプロバイダーの期待値マネジメント、開発者と管理者の要件、効果的なリスク軽減といった点で強化および最適化する手法としての SDN (Software Defined Networking) ソフトウェア抽象化層を介したネットワーク管理手法 について探ります。
記事 2014/9/18
アジャイル・データ分析 ― 先進的なワークフローと R の統合
アジャイル・データ分析を本番環境で行うには、必要なユーザー操作を最小限に抑えたテストを、データの処理に統合する必要があります。つまり、そのような分析ツールの構成は、プログラムによって行わなければならないということです。さらに、分析結果をグラフィックで視覚的に表すレポート作成機能に迅速にアクセスして、さらなる調査が必要かどうかを判断できるようにする必要もあります。この記事では、KNIME (データ分析およびレポート作成のための Eclipse ベースのグラフィカル・ワークベンチ) の先進的なワークフロー手法と R 分析パッケージを組み合わせて使用することで、実用に耐えるワークフローを作成し、そのワークフローの任意のポイントで、処理済みデータを複合的なグラフィックで表現する方法を紹介します。
記事 2014/9/18
DevOps Services を利用してクラウド内でアプリを開発する
この記事では、他の人と協力してクラウド内でソフトウェアの計画、追跡、開発、デプロイを行うために、DevOps Services (JazzHub) を利用し始める方法を説明します。サンプル・アプリケーションを使用して、DevOps Services 上で開発する方法と、IBM Bluemix にデプロイする方法を学んでください。
記事 2014/8/28
ソフトウェアの生産を迅速化する DevOps
さまざまなテクノロジーを扱う企業にとって、事業を運営する上での要求を満たせるだけの短期間で IT ソフトウェア・ソリューションを生産するのは、次第に難しさを増しています。IT ソフトウェア・ソリューションを生産するプロセスは、たくさんの人手を要します。このプロセスでは手順を何度も繰り返す必要があり、しかもコードの統合、コンパイル、テストに、24 時間いっときも注意を怠ることはできません。これに対する対応としては、問題のあるところにリソースを追加で投入することが、一見、論理的な解決策のように思えますが、それよりも有効な解決策があります。それは、大量生産の自動化にも持ちこたえられるレジリエンシー (回復力) を備えたフレームワークを使用して、ソフトウェア・アプリケーションの開発を迅速化することです。そのようなフレームワークとなる DevOps を、RAD (Rapid Application Development) と組み合わせることで、企業は高い品質標準を維持しながらも、ペースの速いプロトタイピング、テスト、デリバリーを実施できるようになります。
記事 2014/8/07
PaaS を脆弱性テストのベースに使用する
この記事では、さまざまなシナリオでのセキュリティー・テストに関する各種概念を評価、統合、定義します。また、セキュリティー・テスト・モデルのベースとしての、ユーザーの PaaS テスト環境のサンプル構造についても詳しく探ります。
記事 2014/7/31
継続的なイノベーションのために DevOps を導入する
DevOps とは、リーン思考に基づく一連の原則とプラクティスのことです。リーン原則をソフトウェア・デリバリー組織に適用すると、ソフトウェア開発がよりアジャイルかつ効率的になります。この記事は、DevOps のプラクティスに関する基本的な知識を必要とする読者 (作業担当者から経営幹部まで) を対象としています。
記事 2014/7/24
モバイル・アプリケーションでの DevOps の課題とベスト・プラクティス
モバイル・アプリケーションに DevOps を適用すると、これまでの DevOps にはない複雑さが新たに生じますが、それに対する見返りは無視できないほど大きなものです。モバイル・エンタープライズによる継続的ソフトウェア・デリバリーの能力を高めるための 10 のベスト・プラクティスを理解してください。
記事 2014/7/17
モバイル開発のための DevOps
開発チームや運用チームにとって、モバイル・コンピューティングは現在おそらく最もホットなトピックです。大企業の従業員も中小企業の従業員も、さまざまなモバイル機器を持ち、それらの多くは個人の所有物ですが、彼らはそれらの機器を業務に使用しています。モバイル・コンピューティングを容易にするアプリケーションを顧客やユーザーに提供することにより、モバイル市場でのシェアを高めたいと考えている企業は世界中に存在します。そのため企業にとって重要なのは、モバイル機能の開発について十分に検討する一方で、それらの機能のデプロイ方法、そして (それらの機能が時間の経過と共に変わることを考慮し) それらの機能の継続性を保証する方法についても十分に検討することです。この記事では、アプリケーションのさまざまなバージョンを多様な機器にデプロイするという問題に取り組む上で、DevOps (Development & Operations) がどのように役立つかを説明します。
記事 2014/2/13
Rational Team Concertによるアジャイルな組込みプロダクトライン開発
アジャイルの成功ストーリーは、ITの領域ではもはや当たり前の話になっていますが、組込み系プロダクトライン・システムにおけるアジリティについてはあまり公に語られてはいません。ここではHarry Koehnemannが、IBM Rational Team Concertを採用してアジャイル・エンジニアリング・プラクティス(実践法)を支えていこうとするある組込み製品部門について深く探ろうと試みます。321 Gang社のHarry Koehnemannは、その会社のハードウェア、ソフトウェア、そして製品を管理するチームがいかに協調しているか、そこでのアジャイル・テクニックの使用、そして、Rational Team Concertへの移行について説明します。彼らがどんな課題に直面したのか、彼らの助けになったプラクティスやツールの変更とは、そして更なるチャレンジは何かといったことがわかると思います。
記事 2013/10/04
STAF/STAX によるテストの自動化と継続的インテグレーション
リグレッション・テストとインクリメンタル・テストは、数百、あるいは数千もの要件で構成されるアプリケーションをテストする際に重要な役割を果たします。インクリメンタル・テストは手動で実行できる場合もありますが、リグレッション・テストには自動化ツールまたは自動化フレームワークが欠かせません。さまざまなオペレーティング・システム、アーキテクチャー、ミドルウェア・ソフトウェア (アプリケーション・サーバーやデータベースなど) に対応するのであれば、なおのこと自動化フレームワークが差し迫って必要になってきます。この記事では、STAF/STAX テスト自動化フレームワークについて概説し、STAF/STAX を使用して複雑なテスト・ベッドでのテストの自動化と継続的インテグレーションに対応するためのフレームワークを構築する方法を説明します。
記事 2013/6/06
アジャイル DevOps: サイロを解体する
DevOps を採用するチームでは、ツールを効果的に使用することが不可欠ですが、最大の効率とイノベーションを実現するには、古いスタイルのソフトウェア開発における従来型組織のサイロを解体することが重要です。連載「アジャイル DevOps」の今回の記事では、コミュニケーションを阻害するサイロのスタイルを採用するのではなく、コラボレーションを行う機能横断型チームのスタイルを採用する方向へ、組織を移行させる方法を著者の Paul Duvall が説明します。
記事 2013/5/30
アジャイル DevOps: クラウド内でのソフトウェアの継続的デリバリー
開発部門と運用部門がコラボレーティブな方法で一緒に作業する場合、ソフトウェア・デリバリー・プロセスと変更のパイプラインを 1 ヶ所で管理しなければならないことがよくあります。こうしたニーズに対処するのが継続的デリバリー (Continuous Delivery: CD) プラットフォームです。「アジャイル DevOps」の今回の記事では、DevOps のエキスパートである Paul Duvall が、オープンな CD プラットフォームである OpenDelivery の使い方を説明します。
記事 2013/5/16
アジャイル DevOps: 動的な構成
アプリケーション、環境、そして個々のインスタンスの間で、皆さんは構成値の管理にどれくらいの時間をかけているでしょうか?おそらく皆さんは、予想以上の時間、または認めたくないほどの時間を費やしているはずです。しかし、構成管理にそれほど手間をかける必要はありません。この記事では DevOps のエキスパートである Paul Duvall が、デプロイ時のエラーにつながる可能性がある重複や構成の誤りを削減するには構成データをどのように管理すればよいかを説明します。
記事 2013/5/09
成功するディシプリンド・アジャイル・デリバリー・チームを編成するための 5 つのヒント
「ディシプリンド・アジャイル・デリバリー (DAD: Disciplined Agile Delivery)」とは、大規模なソフトウェア開発チームが小規模なソフトウェア開発チームと同様にアジャイル開発で成功を収められるよう支援するために IBM が提唱している一連のプラクティスです。DAD は単なるアジャイル手法の 1 つではありません。DAD は、既存のさまざまな実証済みアジャイル・プラクティスから最も優れたガイダンスを選び出して組み合わせたハイブリッド・フレームワークを提供します。DAD はさらに、一般的なアジャイル手法を企業向けのガイダンスで補完します。そのため、20 名を超える規模のプロジェクト・チームを抱える組織がアジャイル開発手法から最大限の成果を得るために利用できます。DAD チームを編成する際には、考慮すべき事項が数多くあります。そのうちの最も重要な 5 つが、この記事のテーマです。
記事 2013/4/18
アジャイル DevOps: あらゆるものをバージョン管理する
バージョン管理しなければならないのはどのタイプのソフトウェア・システム成果物なのでしょうか?連載「アジャイル DevOps」の今回の記事で DevOps のエキスパートである Paul Duvall が DevOps チームにお勧めするのは、アプリケーション・コード、インフラストラクチャー、構成、データ、さらには内部システム成果物までもバージョン管理することです。これらのものをすべてバージョン管理することによって、ソフトウェアを迅速かつ頻繁にユーザーに提供できるようになります。
記事 2013/1/24
アジャイル DevOps: テスト駆動型インフラストラクチャー
ソフトウェア業界に、アプリケーション・コードに対する自動テストを作成することが適切なプラクティスであることに疑問を持つ人はほとんどいません。今やチームは、自動テストを作成するプラクティスをインフラストラクチャーと環境にも適用するようになっています。連載「アジャイル DevOps」の今回の記事では、DevOps のエキスパートである Paul Duvall が、Gherkin を採用している Cucumber などのツールを使用して、インフラストラクチャーを対象とした自動テストを作成する方法を取り上げます。スクリプト化された変更をインフラストラクチャーに対して適用するたびに、このようなテストを実行すれば、その変更によって環境にエラーが取り込まれたとしても確実に素早いフィードバックを得ることができます。
記事 2012/12/06
アジャイル DevOps: Chaos Monkey を使用する
ソフトウェア・システムの一部 (ソフトウェア・システムが実行されているハードウェアを含む) を無作為かつ意図的に強制終了させることが賢明な考えとなるのは、一体どのような場合なのでしょう?また、それを「早い段階から頻繁に」行うのが効果的なのはどのような場合なのでしょう?連載「アジャイル DevOps」の今回の記事では、DevOps のエキスパートである Paul Duvall が、Chaos Monkey (Netflixが付けた名前) を作成して、不可避のシステム障害から本番環境のインフラストラクチャーがリカバリーできることを確実にする手法について説明します。
記事 2012/11/22
アジャイル DevOps: 一時環境
プロビジョニングされた共有環境が、破棄されることなく、エンジニアの手によって継続的に構成が変更されることで、場合によっては何週間も何ヶ月も使われ続けることは珍しくありません。この危険な手法では、デプロイメントの問題や、開発、テスト、本番のサイクルで奇妙な「環境」エラーが頻繁に発生します。そこで、連載「アジャイル DevOps」の今回の記事では、短い期間で破棄される一時環境を作成する方法を説明します。すべての環境がスクリプト化されてバージョン管理されるようになれば、ソフトウェアがデリバリー・パイプラインに沿って本番環境へと移行する間、そのような (スクリプト化されてバージョン管理される) テスト環境が、一連のテストを実行するのに十分な期間だけ使用されるようになります。
記事 2012/11/08
アジャイル DevOps: インフラストラクチャーの自動化
インフラストラクチャーを作成するときに同じ手順を手作業で繰り返し行った経験や、環境のセットアップを別のチームに任せたりした経験はどれくらいありますか?他のソフトウェア・システムと同じように、こうしたアクションのすべてがスクリプト化されていて、バージョン管理されているとしたらどうでしょうか?連載「アジャイル DevOps」の今回の記事では、DevOps のエキスパートである Paul Duvall が、インフラストラクチャーのプロビジョニングを Chef と Puppet によって自動化する方法を紹介します。この 2 つのツールの類似点、使用例、相違点を含め、それぞれのツールの基本事項について説明するとともに、Puppet でスクリプトを作成する場合の動画デモも用意しています。
記事 2012/10/11
アジャイル DevOps: ソフトウェア・リリース・プロセスのフラット化
ソフトウェア・リリース・プロセスを「フラット化」するとは、何を意味するのでしょうか。そして、それによって組織構造にはどのような影響があるのでしょうか。連載「アジャイル DevOps」の第 1 回では、DevOps のエキスパートである Paul Duvall が、開発部門と運用部門が 1 つのソフトウェア・デリバリー・チームとして連携することで、ソフトウェアの開発およびリリースのプロセスを効率化する仕組みについて説明します。テスト駆動型インフラストラクチャー、一時環境、そして Chaos Monkey といった新たなトピックを取り上げ、これらを使用した手法のすべてが、ソフトウェアをより迅速かつより頻繁にユーザーに提供するという目標に向けてどのような効果をもたらすのかを説明します。
記事 2012/9/27
Maximo シリーズ: Part7 - Workflow
Maximo Base Service (以下 Maximo) *1 は Maximo Asset Management だけでなく、2008 年 5 月にリリースされた IBM Tivoli ブランド IBM Service Management (以下 ISM) 製品群の基礎となるフレームワークです。この章では、Maximo のビジネスプロセスを管理する上で重要な機能を果たすワークフロー管理について解説します。Maximo 上で動作する様々なツールを用いてワークフローを実際に作成し、アプリケーション上で実行することで Maximo のワークフロー機能について理解を深めます。
記事 2009/4/24
Maximo シリーズ: Part6 - エスカレーション
Maximo のエスカレーション機能とは、定期的に各種レコードを検査し、設定した条件に合致したレコードがあった場合、様々なアクションを自動的に実行させることのできる機能です。例えば、定期的にインシデントレコードを検査し、インシデントがレポートされてから 24 時間以上、何の応答もされてないレコードがあった場合に、担当者にメールで通知するといったことが可能です。エスカレーション機能と似ている機能として、クーロンタスク機能があります。本稿では、エスカレーション機能とクーロンタスク機能の違いについても説明します。
記事 2009/4/17
Maximo シリーズ: Part 5 - Maximo BIRT Reporting
Maximo Base Service (以下 Maximo) *1 は Maximo Asset Management だけでなく、2008 年 5 月にリリースされた IBM Tivoli ブランド IBM Service Management (以下 ISM) 製品群の基礎となるフレームワークです。このフレームワークの機能としてレポート機能は、Maximo の様々な機能の中で良く使用される機能の 1 つです。Maximo Asset Management 等の資産管理製品や ISM 製品群では製品が活躍する場面は大きく異なりますが、どの場合でもレポート機能は業務を進めていく上では重要な要素です。本稿では、この Maximo レポート機能について BIRT を中心に紹介していきます。Maximo に組み込まれた BIRT レポート機能を理解することにより、強力なレポート機能をユーザーに提供することが可能になります。
記事 2009/4/10
Maximo シリーズ: Part 4 - スタート・センター
Maximo Base Service (以下 Maximo) *1 は Maximo Asset Management だけでなく、2008 年 5 月にリリースされた IBM Tivoli ブランド IBM Service Management (以下 ISM) 製品群の基礎となるフレームワークです。Maximo ではこのフレームワークの柔軟な機能を使用して、ユーザー要件に応じた GUI の変更・DB の構成、独自開発したロジックの組み込みなどを行うことも可能です。本稿では、Maximo にログインすると表示されるスタート・センターの機能及び新規作成、変更/編集の手順について紹介します。
記事 2009/4/03
Maximo シリーズ: Part 3 - Maximo Query
Maximo Base Service (以下 Maximo) *1 は Maximo Asset Management だけでなく、2008 年 5 月にリリースされた IBM Tivoli ブランド IBM Service Management (以下 ISM) 製品群の基礎となるフレームワークです。Maximo がフレームワークとして提供する機能の一つに、Maximo 上で作成されたさまざまなビジネス・オブジェクトを、クエリーを用いて自由に検索する機能があります。Maximo Asset Management 等の資産管理製品や ISM 製品群では製品が利用される場面は大きく異なりますが、このクエリー機能はどの場合でも共通して使用されます。クエリーは検索だけでなくその他の様々な機能でも使用され、ユーザーが業務を効率的に進めていく上で必須の機能です。
記事 2009/1/30
Maximo シリーズ: Part 2 - Maximo フレームワーク概説
Maximo Base Service (以下 Maximo) は、2008 年 5 月にリリースされた IBM Service Management (ISM) 製品群、および Maximo Asset Management のベースとなるフレームワークです。これらの製品では、Maximo が持つデータ管理、ユーザーインターフェイス管理の機能を利用してユーザーの要件に応じた既存アプリケーションの変更や、独自アプリケーションによる拡張が可能になっています。本稿では、Maximo 上でのアプリケーション開発を行う前段階として、アプリケーションの開発に必要なフレームワークの機能と Maximo アプリケーション開発の概要を紹介します。
記事 2009/1/09
Maximo シリーズ: Part 1 - Maximo Basic
Maximo Base Service (以下 Maximo) *1 は Maximo Asset Management だけでなく、2008 年 5 月にリリースされた IBM Tivoli ブランド IBM Service Management (以下 ISM) 製品群の基礎となるフレームワークです。Maximo Asset Management と ISM 製品群では製品が活躍する場面は大きく異なっています。しかし、どの場合でも Maximo がフレームワークとして動作し、各アプリケーションの根幹をなしています。Maximo というフレームワークを理解することはどの製品を扱うにしても重要なことであると言えます。Maximo 上ではこのフレームワークの柔軟な機能を使用して、ユーザー要件に応じた GUI の変更・DB の構成、独自開発したロジックの組み込みなども可能です。 本稿では、そういった Maximo の機能を使用していくにあたり、まず Maximo の基本について紹介していきます。Maximo のお作法ともなる部分です。これから Maximo 戦士として戦っていくあなたの道しるべとなるでしょう。
記事 2008/12/05
IBM Tivoli Monitoringによるデータセンター「グリーン」可視化ソリューションの開発
データセンターのエネルギー消費をコントロールするためには、IT機器の稼働状況に加え、電力や温度などのエネルギー消費状況をどうやって可視化するかがポイントとなります。IBM Tivoli Monitoring (ITM) の強力な監視機能に監視エージェント開発環境「Agent Builder」で開発したエージェントをうまく組み合わせることで、短期間で効果的な "グリーン" 可視化ソリューションを構築することが可能になります。本稿ではその監視エージェントを開発するポイントをわかりやすく解説します。
記事 2008/10/10
Tivoli Identity Managerによるアダプター開発の概要
本稿では、OSやミドルウェアなどに含まれているアカウント情報をIBM Tivoli Identity Manager (TIM) で統合管理するために使用する、アダプターを開発する方法について説明します。
記事 2006/3/03
1 - 82 件のうちの 82 件
概要の表示 | 概要の非表示