Worklight による本番アプリの開発に Mobile Quality Assurance を使用する

developerWorksアーカイブより

Ricardo Oliveri 共著 Karl Weinmeister

アーカイブ日付: 2019年 02月 03日 | 初版: 2015年 4月 23日

この記事では、Ei! Treinador (「こんにちは、コーチ!」という意味のポルトガル語) モバイル・アプリの開発に IBM Mobile Quality Assurance をどのように使用したのかを説明します。2014年ワールドカップ・ブラジル大会で VIP ファンのために作成されたこのアプリにより、ファンはソーシャル・メディアから集約されたセンチメント分析を見ることができました。このアプリに IBM Mobile Quality Assurance をどのようにインストールして構成したのか、そしてアプリをテスターや利害関係者に配布するためにどのように Mobile Quality Assurance を使用したのかを学んでください。Mobile Quality Assurance は内部テストから本番での使用に至るまで、開発サイクルの全フェーズで使用しました。この記事では IBM Mobile Quality Assuranceの本番前のステップと本番でのステップの両方を取り上げます。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Mobile development, Rational, Cloud computing
ArticleID=1003160
ArticleTitle=Worklight による本番アプリの開発に Mobile Quality Assurance を使用する
publish-date=04232015