SWIG を使って PHP 拡張機能を作成する

developerWorksアーカイブより

Martin Streicher

アーカイブ日付: 2017年 04月 12日 | 初版: 2010年 1月 12日

PHP ではコア・ライブラリーや、オープンソースによる貢献によって、数え切れないほどの関数が提供されています。また PHP の拡張機能にも、バイトコード・キャッシングからシステム・コールに至るまで、あらゆるものが用意されています。一方、それらが提供していない特殊な計算が必要な場合には、SWIG (Simplified Wrapper and Interface Generator) を使用することで、独自の拡張機能を作成することができます。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Open source
ArticleID=467960
ArticleTitle=SWIG を使って PHP 拡張機能を作成する
publish-date=01122010