AIM 対応のアプリケーションを Eclipse で作成する

AIM とのインターフェースが可能なアプリケーションを実現する

developerWorksアーカイブより

Nathan A. Good

アーカイブ日付: 2019年 02月 03日 | 初版: 2009年 2月 24日

今日のアプリケーションは、多くの人が既に使用しているインターフェースである IM (Instant Messaging: インスタント・メッセージ) を利用しています。アプリケーションに IM を統合している理由は、IM によるインターフェースが使いやすく、多くの人がそのインターフェースに慣れていて、しかも既に利用しているからです。IM アプリケーションは多くのモバイル・プラットフォームでも利用可能であり、ユーザーは IM を利用することでモバイル機器からアプリケーションとインターフェースを取れるようになります。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Open source, Java technology
ArticleID=377820
ArticleTitle=AIM 対応のアプリケーションを Eclipse で作成する
publish-date=02242009