テクてく Lotus 技術者夜会

仕事帰りに Lotus の勉強会へ参加しませんか?


テクてく Lotus 技術者夜会は、Lotus アプリケーションの開発に携わる方、Lotus ソフトウェアの運用管理を担当されている方を対象とした勉強会です。

勉強会と申しましても、「楽しく」そして「ゆる~く」をモットーにしています。金曜日はカジュアル・フライデーでもありますので、当日は弊社社員はビジネス・カジュアルでお待ちしています。

リモートからの参加を受け付けます!

多くの方からのご要望を受け、このたびリモートへの配信を開始することになりました。ハンズオン等の一部のセッションは実施出来ませんので、予めご了承下さい。参加をご希望の際には下記までご連絡下さい。

宛先 : LOTUSCOM@jp.ibm.com
件名 : XX月度テクてくLotus技術者夜会リモート参加希望
本文 : 社名、お名前、ご連絡先

ザ・コミュニティ編 6月 (※本セミナーは終了しています。)

ザ・コミュニティ編は技術者を対象に開催いたします。前半と後半から構成されるセッション形式を予定しています。

※本セミナーは終了しています。


開催概要


日時

2017年6月16日 (金曜日) 18時から20時 (17時30分開場)



規模

50名


主催

日本アイ・ビー・エム株式会社


テーマ

NDS2017 補足情報 + アルファ


アジェンダ


18時から18時45分

セッション 1 (講義): Teamstudio Adviser で Notes 資産の賢い断捨離、優先順位付けを

アップグレードによる継続利用、モダナイゼーションや Web 化の推進、ノーツクライアント全廃、他製品への移行。現在 Notes/Domino ユーザー企業ではアプリケーションの将来について、多様ななオプションからそれぞれ最善の選択をしようという動きが活発化しています。
スムーズで根拠があり、かつ自信の持てる意思決定を下すには、アプリケーションの利用状況や設計の複雑さの分析から、資産の棚卸しや次のアクションへの優先順位付け、さらにビジネス・バリューを加味した個々のデータベースの将来に対する適切で客観的な提案です。このセッションで、Teamstudio Adviser を使って Notes 資産をどのように断捨離し、次のステップに向けたアクションを取るかをご紹介します。

担当者 :
チームスタジオジャパン株式会社 加藤 満 氏


18時55分から19時40分

セッション 2 (講義): Notes + Verse ハイブリッド環境構築における課題解決と今後の可能性

脱Notesを検討するのではなく、Notes/Dominoを有効活用しつつ、付加価値の追求を検討しませんか。
Notes/Dominoソリューション2017(NDS2017)のセミナーで紹介した内容をベースに、Notes + Verseハイブリッド環境の最新事例や、働き方改革についてお伝えします。また、NDS2017 のフィードバックもあります。

担当者 :
リコージャパン株式会社 小島 雄一 氏


19時40分から20時

セッション 3 (講義): 外部サービス連携アプリ (Java) を作成したのだがみんなの意見を聞かせてもらえないだろうか?

Notes/Dominoソリューション2017(NDS2017) がきっかけで開発スタート。ようやく完成しました。外部サービスとつながることで Notes/Domino を更に活用できないかみなさんの意見を聞かせて下さい。

担当者 :
株式会社ソルクシーズ 吉田 武司 氏


ザ・デベロッパー編 7月

ソフトウェア開発研究所所属の開発者と対話!
ザ・デベロッパー編はアプリケーション開発者を対象に前半はセッション形式で、後半はBirds of a Featherというテーマを決めたディスカッションを行います。

※お申込み登録サイトに移動します。Last name (ex. Suzuki)およびe-メールアドレスを入力後、「送信する」ボタンを押して次にお進みください。


開催概要


日時

2017年7月21日 (金曜日) 18時から20時 (17時30分開場)



規模

50名


主催

日本アイ・ビー・エム株式会社


テーマ

IBM Watson Workspace & IBM Watson Work Services 最新技術情報


アジェンダ


18時から19時

セッション 1 (講義): 「IBM Watson Workspace & IBM Watson Work Services 最新技術情報」

IBM Watson Workspace と、その開発環境を含んだプラットフォームである IBM Watson Work Services はリリースに向けてベータ版が順次拡張されていっており、新たなアプリケーション連携技術などの新機能が搭載されていっています。そこで今回は、IBM Watson Workspace の新機能の紹介と、新たなアプリケーション連携技術である Action Fulfillment をデモを交えながら紹介します。

担当者 : 佐藤 淳, 林田 憲昌


19時から20時

セッション 2 (講義): 「IBM Watson Workspace の可能性について」

IBM Watson Workspace が提供する機能、IBM Watson Work Services によって実現できる外部アプリケーション連携の可能性が形になってきましたので、これらの製品をどのようにビジネスシーンで利用できそうか?また、どのようなアプリケーション連携によってより価値を高められそうかについてディスカッションします。

担当者 : 佐藤 淳, 林田 憲昌