WebSphere Process Server クライアントを使用した IBM WebSphere Portal V7 と IBM WebSphere Process Server V7 の統合

IBM WebSphere® Portal 7.0 は、IBM WebSphere Process Server のワークフロー・システムと統合する複数の方法も含め、数多くの統合機能を展開しています。その 1 つの可能性として Enterprise Java™ Bean (EJB) API を使用した統合があり、これには WebSphere Process Server Client が WebSphere Portal 上にインストールされていることが必要です。この統合は、すぐに使用可能な「タスク・リスト」ポートレットによってサポートされています。このホワイト・ペーパーでは、WebSphere Portal 7.0 と WebSphere Process Server の統合について、構成およびセットアップを詳細に説明します。(原文公開日: 2010年 9月 29日)

目次

  • はじめに
  • 計画的な統合の概要
  • WebSphere Portal サーバーへの前提ソフトウェアのインストール
  • ポータル・ページおよびポートレットの構成
  • ポータル・ページおよびポートレットの構成
  • プロセス統合のセットアップの確認
  • プロセス対応ポータル・サーバーのフェデレーション
  • 図を使用した詳細な説明
  • スタンドアロン WPS のインストール
  • クロスセル・セットアップ用のサンプル・プロパティー
  • トラブルシューティングのヒント
  • 名前空間バインディング
  • まとめ
  • リソース
  • 著者について

ダウンロード可能なリソース


関連トピック

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=607385
SummaryTitle=WebSphere Process Server クライアントを使用した IBM WebSphere Portal V7 と IBM WebSphere Process Server V7 の統合
publish-date=01142011