Notes 小ワザ集

第9回 送信/転送インジケーター

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

受信ボックスに届いたメールにきちんと返信を出したかどうか忘れてしまった、という事はありませんか?

返信を出したつもりでいたのに実は出していなかったり、逆に同じメールの返信を2回も送ってしまったり、といった事を防ぐように、IBM Notesの受信ボックスには返信/転送インジケーターがついています。表示の詳細はバージョンによって異なっておりますが、例えば IBM Notes 9.0 の場合、メールを転送/返信すると以下のようなアイコンが表示されます。

  • 「フラグ、返答アイコン列」にアイコンがない場合 - 「転送」、「返信」のいずれも行っていない
  • 左向きの矢印 - 「返信」を行った
  • 右向きの矢印 - 「転送」を行った
  • 両方向の矢印 - 「転送」、「返信」の両方を行った

(注意) メールに「フラグ」も設定している場合、ビューの「フラグ、返答アイコン列」ではフラグが優先して表示されます

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)、iNotes Webアクセス
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=336867
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第9回 送信/転送インジケーター
publish-date=03302016