Notes 小ワザ集

第74回 複数ウィンドウで文書を開く

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

文書を『新規ウィンドウ』で開くと、複数ウィンドウで文書を開くことができます。

図1. 複数ウィンドウを開いた例
複数ウィンドウを開いた図
複数ウィンドウを開いた図

通常、Lotus Notesクライアントで文書を開く場合、文書選択しダブルクリックで開きます。この場合、ひとつの Lotus Notesクライアント画面内に複数の文書が表示されます。 

複数ウィンドウで文書を開く場合は、文書をダブルクリックで開かず、文書選択後右クリックで表示されるドロップ・ダウン・リストから『新規ウィンドウで開く(W)』を選びます。 

図2. 文書右クリックで表示されるドロップ・ダウン・リストの例
文書右クリックで表示されるドロップ・ダウン・リストの例

既に開いた文書を別ウィンドウで開く場合は、文書タブを選択後右クリックし 『新規ウィンドウで開く(N)』を選択すると、別ウィンドウで開くことができます。(別ウィンドウで開いた文書は、「Ctrl」+「F6」で切り替えることができます。)

図3. 既に開いた文書を別ウィンドウで開く例
既に開いた文書を別ウィンドウで開く例
既に開いた文書を別ウィンドウで開く例

[動作確認バージョン]
Lotus Notes/Domino 6.0 , 7.0


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=336878
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第74回 複数ウィンドウで文書を開く
publish-date=04022008