Notes 小ワザ集

第72回 ネットワーク圧縮機能を使ったパフォーマンス向上

IBM Notes/Domino 小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

Lotus Dominoサーバーとの通信が遅い場合、サーバー管理者がサーバーのデータ圧縮をオンに設定していれば、Lotus Notesとサーバーとの間で転送するデータを圧縮しパフォーマンスを向上させることができます。

zipファイルなど圧縮されたファイルを含む文書の通信には殆ど効果がありませんが、BMPやテキスト・ファイルなど圧縮の余地が大きいものを含む文書の通信に効果があります。

データ圧縮設定は、サーバーとクライアント両方で設定が必要です。

  1. Dominoシステム管理者に、サーバーでのデータ圧縮の設定されているか確認してください。
  2. Lotus Notesクライアントで [ファイル] - [プリファレンス] - [ユーザー] を選択します。
  3. [ポート] をクリックします。
  4. データを圧縮するポートを選択します。
  5. [ネットワークデータの圧縮] を選択し、[OK] をクリックします。
ユーザープリファレンス画面
ユーザープリファレンス画面

[動作確認バージョン]

  • Lotus Notes/Domino 6.0 , 7.0

ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335636
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第72回 ネットワーク圧縮機能を使ったパフォーマンス向上
publish-date=08012007