Notes 小ワザ集

第65回 文書レビュー 蛍光ペン編

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

第64回でご紹介したパーマネントペンに引き続き、Notes クライアント上で文書をレビューする時に活躍するのは、蛍光ペンです。

文書を編集モードにして、ツールバー上のアイコンを選択するか、メニューの「文字」 - 「蛍光ペン」 - 「(黄色/ピンク/青色)の蛍光ペンを使用」を選択すると、カーソルが蛍光ペンアイコンに変わります。

蛍光ペンで目立たせたいテキストにカーソルをあわせて、左から右にドラッグします。本物の蛍光ペンで紙にマーキングするのと同じ感覚に近いのではないでしょうか?

蛍光ペンでマーキングした図

ただし、本物と大きく違うのは、一度マーキングしたものがきれいに消せること。その場合は蛍光表示されたテキストを右から左にドラッグします。

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335598
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第65回 文書レビュー 蛍光ペン編
publish-date=03222017