Notes 小ワザ集: 第63回 「返信」で作成途中で「全員に返信」へ切り替える

IBM Notes/Domino小ワザ集

「IBM Notes/Domino 小ワザ集」では IBM Notes/Dominoで利用できるちょっと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。IBM Notes/Dominoをもっと"賢く"利用する為のヒントとしてご活用ください。

developerWorks Japan, 編集室

developerWorks Japan 編集室



2017年 3月 22日 (初版 2007年 8月 01日)

メールの返信作成時に「返信」で文書で作成した後に、途中から全員に返信したくなった場合には、アクションボタンの「全員に返信」を押すと、ccに宛先が入ります。いちいち作り直す必要がありませんから便利です。

アクションボタンの「全員に返信」の図

ccの宛先が多いメールの返信を作成する場合には、誤って送信した時の影響を最小限にするために、とりあえず「返信」で返信メールを作成しておき、完成してからccの宛先を追加する、といった使い方もできます。

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)、iNotes Webアクセス
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335578
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第63回 「返信」で作成途中で「全員に返信」へ切り替える
publish-date=03222017