Notes 小ワザ集

第62回 MIMEメールのソースを見る方法

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

文字化けなどを見る機会はほとんどなくなりましたが、インターネットメールなどMIME形式のメールを受信した際、様々な理由からソースを見たくなる場合があります。

ソースを見るにはメールを開き、「表示」 - 「表示」 - 「ページソース」を選択します。すると、ヘッダーを含めソースが表示されます。これをコピー&ペーストして企業のヘルプ・デスクに送信すれば、メールトラブルの対応などがやりやすくなります。

「表示」 - 「表示」 - 「ページソース」を選択した図
「表示」 - 「表示」 - 「ページソース」を選択した図

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335553
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第62回 MIMEメールのソースを見る方法
publish-date=02202017