Notes 小ワザ集

第55回 改行された文字列を表にする

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

第54回でご紹介した「形式を選択して貼り付け」を使った小ワザをご紹介しましょう。単純に改行している文字列を Notes クライアント上で表形式にするのは大変です。

東京
大阪
名古屋
福岡
広島
北海道

これを表にするには、

  1. 文字列を選択してコピーします。
  2. 表計算ソフトを開いて貼り付けをします。
  3. 貼り付けした列の幅を好きな幅にします。(これが Notes の表の列幅とほぼ同じサイズになります。)
  4. 表計算ソフトの該当部分をコピーします。
  5. Notes クライアントのメニューから「編集」-「形式を選択して貼り付け」から、リッチテキスト形式で貼り付けます。
罫線がついた表の図
罫線がついた表の図

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335515
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第55回 改行された文字列を表にする
publish-date=01122017