Notes 小ワザ集

第53回 カレンダーに休日を取り込む

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

Notes クライアントでは、カレンダーに休日を取り込むことができます。

1. 「オプション」-「休日のインポート」を選択します。
「オプション」-「休日のインポート」を選択の図
「オプション」-「休日のインポート」を選択の図
2. 取り込む「休日」グループを選択します。
「休日」グループ選択の図
「休日」グループ選択の図

また、外部で提供されているiCalendar 形式(*.ics)ファイルをカレンダーにインポートすることも可能です。

カレンダーに休日が取り込まれました。ちょっと一息ついて、休日の予定を計画したいものですね。

  • 取り込んだ休日を削除するには、カレンダーで該当休日を選択し、[編集] - [削除] を選択します。
  • なお「休日のインポート」でインポートされる休日の情報はドミノディレクトリに登録されています。祝日の変更や、会社独自の休日を登録したい場合は、システム管理者の権限で修正していただくことが可能です。ドミノディレクトリの[その他]-[休日]で[休日の追加] や[編集]を行ってください。

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335506
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第53回 カレンダーに休日を取り込む
publish-date=01122017