Notes 小ワザ集

第5回 受信ボックスをカンタン整理その4-フォローアップ-

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

日々多くのメールが送信されてくるビジネス・パーソンにとって、メールの処理の効率化は必要不可欠です。これらメールをより効率よく処理する方法を提供しています。

その名はフォローアップ。文字通り、メールに対して後々フォローするように旗(フラグ)を立てておく機能です。この機能により、まずは届いたメールをとりあえず参照し、その中で自分にとって返信する必要があるメールだけに旗を立てておきます。こうすることにより、自分に必要なメールだけを選べるわけです。後でメールを処理する場合には、このフォローアップされたメールに対応すればよいわけです。

このフォローアップは、受信ボックスのアクション・ボタンから選択できる「フラグの追加/編集」から簡単に行え、3種類の旗を立てることができます。

また、「クイックフラグ」としてあらかじめ設定した重要度で旗を立てたり、右クリック・メニューから籏を立てたりできるようになっています。とっても簡単で便利な機能だと思いませんか?このフォローアップの機能で日々送られてくる多くのメールに対抗しましょう。

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)、iNotes Webアクセス
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335776
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第5回 受信ボックスをカンタン整理その4-フォローアップ-
publish-date=02172016