Notes 小ワザ集

第49回 メール宛先の入力補完機能を利用する

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

メールの宛先フィールドで送信相手の名前を数文字入力すると、自分が最近連絡先したユーザーから該当する一覧が表示されます。

この候補は個人アドレス帳の「最近使用した連絡先」ビューから検索され、該当するものが無ければ ディレクトリを検索することもできます。(個人アドレス帳の設定により動作が異なることがあります。)

相手の名前やアドレス分かっている場合には、宛先選択画面を出すより便利です。例えば新規メールの画面で「ishikawa」と入力すると最近メールを送信した「Ishikawa」さんの一覧が表示され、選択することができます。また、「×」マークでこの入力補完機能で非表示にすることもできます。

メール宛先の入力補完機能

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335767
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第49回 メール宛先の入力補完機能を利用する
publish-date=12052016