Notes 小ワザ集

第3回 開いている複数のウィンドウタブを操作する

IBM Notes/Domino小ワザ集

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:Notes 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

IBM Notesはメール、ディスカッション、アドレス帳、業務アプリケーションDBなど、複数のウィンドウを開いておき、タブで簡単に切り替えることができます。気づいたらタブを10個以上も開いていて、全部閉じたり、目的のタブを見つけるだけでも一苦労しているという仕事熱心な方の為に、IBM Notes ではすべてのウィンドウタブを1度で閉じたり、開いているすべてのタブをサムネール表示することが可能です。

すべてのウィンドウを1度で閉じるには、「ファイル」-「すべて閉じる」を選択します。

また、「ウィンドウ」-「サムネールの表示」やショートカット・ボタン(「表示」-「ショートカット・ボタンの表示」で「サムネール」を選択することで表示)、ショートカット・キー([Ctrl]+[Shift]+[T])で開いているウィンドウタブの一覧(サムネール)を表示して選択することができます。

[対象環境]
Notes クライアント(6.0以降)
※この記事は IBM Notes 9.0 クライアント Standard Edition 環境に基づいて作成されております。クライアント環境により記載、画面が異なる場合がございます


ダウンロード可能なリソース

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Lotus
ArticleID=335581
ArticleTitle=Notes 小ワザ集: 第3回 開いている複数のウィンドウタブを操作する
publish-date=02172016